レヴァークーゼン

地元紙がレヴァークーゼンMF細貝萌の特集記事を掲載「彼は極東からの謙虚なテリア」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2013/01/13(日) 11:57:37.40 ID:???0

ドイツ地元紙『Rheinische Post』電子版が、レヴァークーゼンMF細貝萌の特集記事を掲載した。細貝は「冷静、アグレッシブ、ハード。日本人の細貝萌は前半戦においてレヴァークーゼンのチームで勝ち組の一人だ」として紹介されている。

記事は「極東からの謙虚なテリア」と題されている。「テリア」は、かつてはドイツ代表でハードなマンマークを特徴としていたベルティ・フォクツ(現アゼルバイジャン代表監督)のニックネームでもある。

同紙は、まずレヴァークーゼンの冬季キャンプ地について書いている。地元での練習後とは違って、ポルトガルでの合宿地では日本人記者の姿が見られず、細貝にとっては見慣れない光景、とした。

練習後は常に少なくとも20分程、記者の質問に答える細貝は「日本人の記者はいつも多くのことを聞く。でも自分は礼儀正しく対応する。5人に5つの質問があれば、一つ一つ答えていくよ」と述べている。

レヴァークーゼンのヴォルフガング・ホルツホイザーGM(ゼネラルマネジャー)が2011年1月からアウクスブルクへレンタル移籍で送り出していた細貝を夏にクラブに戻すことを明かしたとき、
多くの人は細貝を苦言を漏らさないレヴァークーゼンのバックアップ要員としていた。

「夏にレヴァークーゼンが呼び戻したのは、アウクスブルクで見せたプレーの評価の証」と述べる細貝だが、バックアップどころか、DFミハル・カドレツが10月末から長期離脱しているため、左サイドバックとしてレギュラーメンバーになっている。

今シーズンの前半戦、細貝はリーグ戦12試合、ヨーロッパリーグ3試合、DFBポカール2試合に出場している。『Rheinische Post』紙は、細貝は慌てずに、守備を重視しながらカドレツの代役をこなしている、と評価した。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130113-00000000-goal-socc

2 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2013/01/13(日) 11:57:51.23 ID:???0

本人は「一番好きなポジションではない。だが、(サシャ・レヴァンドフスキ/サミ・ヒーピア)監督がそこで信頼を寄せるのなら、左サイドバックとしてチームを助けることを試みる」と述べる。

『Rheinische Post』は、特にチームメートの助けとなったのは、11月17日のシャルケ戦でマッチアップしたジェフェルソン・ファルファンをアグレッシブかつハードな対応で苛立たせ、結局ゲームから消したとき、とした。

インタビューの際には通訳がつく細貝だが、サッカー用語はマスターしているようだ。

ピッチでも「Weiter, weiter」(「もっと、もっと」)など、彼の口からチームメートを元気づける言葉が聞こえる。本人は「グラウンドで重要な言葉は理解できている」と説明している。

ブンデスリーガで戦うほかの日本人選手とも交流を持つ。特にニュルンベルクの清武弘嗣、ハノーファーの酒井宏樹、シャルケの内田篤人とは仲が良いという。

昨シーズンまでボルシア・ドルトムントにいた香川真司は、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、

細貝は「自分にとってはヨーロッパのどの国でプレーするかは重要ではない。目指すのは、トップクラブで(定位置を)勝ち取ること」と語る。

細貝は、すでに自分はトップクラブに所属していると考えているようだ。今シーズンは最低でもチームとしてリーグ3位以内に入ることを目指している。

同選手は「AFCチャンピオンズリーグを優勝した経験はあるが、欧州チャンピオンズリーグでプレーするのが目標」と意気込みを語った。

同紙は、細貝はチームメートに「ハッチ」と呼ばれている様子も伝えている。レヴァークーゼンでは本職のボランチではなく、サイドバック起用が続く細貝だが、地元での評価が向上しているようだ。

写真
http://amd.c.yimg.jp/im_siggQTQkvPtGlXVXnBP4qSs3kA---x300-y187-q90/amd/20130113-00000000-goal-000-0-view.jpg



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1358045857
続きを読む

レヴァークーゼンでの半年間を振り返った細貝萌「自分の選択に間違いはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/12/28(金) 01:54:48.15 ID:???0

 レヴァークーゼンに所属する日本代表MF細貝萌は27日、「バイエルアスピリン 細貝萌 親子サッカー教室」を開催。親子50組を対象に指導を行った。

 サッカー教室を終えた後、囲み取材に応じた細貝は今年1年を振り返った。

 今夏、細貝はレンタル先のアウクスブルクからレヴァークーゼンに復帰。

「個の能力の違いやクラブの大きさを感じる中で、アウクスブルクを離れる時点で、自分の選択は間違っていないという思いで来たので、

結果論として、左サイドバックとしてある程度、試合に出ることはできました。ただ、試合に出ていなかったとしても自分は成長できただろうし、自分の選択に間違いはなかったと思っています」

と、強い意思を持って復帰したことを明かした。

 今シーズン、本職のボランチでの起用より、左サイドバックでの出場が増えている点については、「戸惑う部分はたくさんあります。

でも色々なポジションをできるというのは、自分の強みの一つだと思っているので、そういうところで勝負していきたいです」とコメント。

 負傷で離脱している左サイドバックのチェコ代表DFミハル・カドレツ復帰後のポジション争いについて聞かれると、

「周りは『また(試合に)出られなくなるかもしれない』と思っているかもしれないですけど、自分がやることは変わらないと思っています。

逆に左サイドバックの選手が試合に出ることで、練習から中盤をできる可能性が増えるわけで、ポジティブな面も多いのかなと思っています」と、前向きな気持ちを明かした。

 ブラジル・ワールドカップ出場権獲得が目前に迫ってきている日本代表については、

「サッカー選手の一番トップのところだと思っていますし、日本を代表して戦うわけですから、しっかりとした気持ちを持ってやっていきたいなと思います」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121228-00000302-soccerk-socc


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1356627288
続きを読む

細貝萌フル出場、宇佐美は途中から ホッフェンハイム対レヴァークーゼンは後者に軍配

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/26(月) 08:19:03.28 ID:???0

25日に行われたブンデスリーガ第13節、ホッフェンハイム対レヴァークーゼンの試合は、2-1でレヴァークーゼンが勝利した。

レヴァークーゼンMF細貝萌は左サイドバックで先発フル出場し、勝利に貢献。ホッフェンハイムFW宇佐美貴史は83分から途中出場し、85分にシュートを放つなど存在感を見せた。

前節に続く連勝を狙う5位のレヴァークーゼンと、3試合ぶりの勝利を目指す16位のホッフェンハイムによる一戦。

序盤はアウェーのレヴァークーゼンが主導権を握ったが、無理なプレスをかけずにリトリートして守るホッフェンハイムを崩すことができない。

それでも、シュールレやキースリンクといった前線のタレントを使ってテンポよくボールを繋ぐことで次第に攻略する。

15分にFKを得ると、こぼれ球を3度のヘディングで繋いでゴール前に運び、最後はヴェンダーが押し込んで幸先よく先制を果たす。

追い付きたいホッフェンハイムだが、奪ったボールをミスによってキープできず、ロングボールやフェルミーノの個人技に頼る単調な攻撃が続く。

30分にはフィルミーノが左足で放った強烈なシュートがレヴァークーゼンゴールのバーを強襲するが、それ以外は見せ場がなかった。

38分には、2度のワンツーパスでいとも簡単に右サイドをカルバハルに破られると、最後の砦であるGKカステールスもかわされて2点目を献上。早い段階でリードを広げられる苦しい展開にバッベル監督も顔をしかめた。

だが後半、2点差を追うホッフェンハイムがようやく反撃の狼煙をあげる。縦に強い左サイドを拠点にボールを集め、クロスを中央に供給して一点を奪いにかかった。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00000034-goal-socc

2 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/26(月) 08:19:18.65 ID:???0

48分には、左サイドのウォラントのクロスに後半から投入されたデルディヨクが足で合わせるも、枠をとらえきれない。

それでも、59分に右からのクロスがファーサイドに流れ、最後はフリーのヨンソンの足元にこぼれる。ヨンソンは一度ボールを抑え、シュートコースを探ってから右足でシュート。これがDFに当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれた。

1点を返して波に乗るホッフェンハイムは、同点弾を奪うべくさらに攻勢に出る。両サイドにボールを振ってレヴァークーゼンを揺さぶり、生まれた隙を突くことで次第に相手を自陣に押し込み始めた。

65分には左CKをファーサイドでシプロクが中央へ折り返し、中の選手が触ればゴールという場面も見られる。

一方、後半後手を取ったレヴァーグーゼンは、ボールを回されて嫌な時間帯が続く中、66分にシュールレの無回転フリーキックがバーを叩く。

その後も1点が奪えないホッフェンハイムは、83分に宇佐美を投入。すると2分後分、ボールを得た宇佐美が迷いなくシュートを放つも、これはGKの正面へと飛んだ。

結局、ホッフェンハイムは追い付くに至らず、試合は終了。後半に反撃したホッフェンハイムにとっては、前半の2失点が悔やまれる内容となった。

■試合詳細
http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10236702


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1353885543
続きを読む

独紙がレヴァークーゼンの細貝萌をベストイレブンに選出「スズメバチのよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/19(月) 20:26:57.73 ID:???0

17日に行われたブンデスリーガ第12節のレヴァークーゼン対シャルケは、ホームのレヴァークーゼンが2-0で勝利を飾った。

レヴァークーゼンの細貝萌は左サイドバックとして先発フル出場を果たし、その活躍についてドイツメディアが高く評価している。

『ビルト』、『キッカー』紙は同選手に「2」を付け、さらに『キッカー』は第12節のベストイレブンにも選出。

なお、19日付けの同紙はこの試合での細貝のパフォーマンスについて、「細貝はスズメバチのよう」との見出しで以下のように語っている。

「(シャルケの右サイドハーフの)ジェフェルソン・ファルファンはうんざりしていた。完全にいら立った様子でピッチを去った。

筋骨たくましいペルー人は昨シーズン、レヴァークーゼン戦で1-0の決勝点を挙げた選手として喜ばれたが、(この日は)周りにいらいらした反応をするのみだった。その原因の名称は細貝萌。レヴァークーゼンの14番だ」

さらに同紙は、「日本人(細貝)は早い段階からファルファンとはスピードで競うのは無理と把握した。

だからファルファンがボールを持とうとするたびに、彼は試合開始1分目から攻撃し、うっとうしいスズメバチのように飛び囲み、可能な限りハリで刺した」と、細貝のファルファンに対する守備を手放しで褒め称えている。

また、それ以外の部分に関して、「フィジカルでの不足があっても積極的にこらえ、自身の攻撃に関しては賢く分配。

アンドレ・シュールレが中央へ進攻できるようにカバーリングを行った」と全体のバランスを取る働きにも評価を与えている。

また、同紙は「獲得したばかりのセバスティアン・ボーニシュとのポジション争いが計画されていたとしたら、現時点では細貝がそれを制した」と、

戦線離脱中のミハル・カドレツとダニエル・シュワーブが残した左サイドバックの穴を埋めるのは細貝という結論で締めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121120-00000027-goal-socc

写真
http://amd.c.yimg.jp/im_siggLL9saL.MDXxlrECnXmyJWg---x300-y187-q90/amd/20121120-00000027-goal-000-0-view.jpg



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1353324417
続きを読む

レヴァークーゼン、シュールレのゴラッソなどでシャルケに完勝 細貝は左SBでフル出場しファルファンに仕事させず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:DJかがみんφ ★:2012/11/18(日) 04:22:48.09 ID:???0

 バイヤー・レヴァークーゼン 2-0 シャルケ04
□レヴァークーゼン・細貝萌は左SBでフル出場 シャルケ・内田は怪我でベンチ外
1-0 45' アンドレ・シュールレ
2-0 67' シュテファン・キースリンク


http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10236692


順位表
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1353180168
続きを読む

レヴァークーゼンがホームで逃げ切り2連勝…日本代表MF細貝萌は2試合連続フル出場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/05(月) 11:55:48.07 ID:???0

 ブンデスリーガ第10節が4日に行われ、日本代表MF細貝萌の所属するレヴァークーゼンとフォルトゥナ・デュッセルドルフが対戦。細貝はリーグ戦2試合連続で先発出場した。

 ホーム戦に臨んだレヴァークーゼンは、16分にシドニー・サムがGKとの1対1でループシュートを沈めて、均衡を破った。

 前半終了間際の40分にはセットプレーからフォルトゥナ・デュッセルドルフに1点を返されるが、直後の41分にアンドレ・シュールレが勝ち越し点を奪取。右サイドのクロスボールが、ゴール前にこぼれたところを蹴り込んだ。

 レヴァークーゼンは1点リードで後半を迎えたが、63分に途中出場したシモン・ロルフェスが2分後に危険なタックルを仕掛けたとされ、一発退場の処分を受けてしまう。

 数的不利に陥ったが、直後の66分に追加点を挙げる。中盤でボールを奪ったダニエル・カルバハルがドリブルで一気にゴール前まで持ち込み、ラストパス。走り込んだゴンサロ・カストロがゴールに流しこみ、3点目をマークした。

 リードを2点に広げたレヴァークーゼンは、86分に2失点目を喫するが逃げ切りに成功して3-2で勝利。リーグ戦2連勝で、7試合負けなしとなった。なお、細貝は2試合連続でフル出場している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121105-00000302-soccerk-socc

左SBでフル出場の細貝が公式戦4連勝に貢献、レバークーゼンは4位浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121105-01109394-gekisaka-socc




引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1352084148
続きを読む

細貝萌、アウクスを残留に導き来季レヴァークーゼンに復帰へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:依頼179@落花流水ρ ★:2012/04/30(月) 21:30:01.20 ID:???0

細貝萌、アウクスを残留に導き来季レヴァークーゼンに復帰へ
SOCCER KING 2012年4月30日(月)21時0分配信

 アウクスブルクにレンタル移籍中の日本代表MF細貝萌が来シーズン、所属元のレヴァークーゼン
に復帰すると、ドイツ紙『rp-online』が報じている。

 レヴァークーゼンはドイツでも指折りの強豪クラブでチャンピオンズリーグでの実績もある。しかし、
今シーズンは5位で、チャンピオンズリーグへの出場権獲得は厳しい状態となっている。

 レヴァークーゼンが低迷した要因の一つに中盤の駒不足が挙げられる。一方、細貝はアウクス
ブルクで1年を通して安定したパフォーマンスを披露。不動のレギュラーとして、チームを1部残留に
導いた。細貝を呼び戻すことでレヴァークーゼンは中盤を強化し、チームの立て直しを図る見込みだ。


□SOCCER KING
http://www.soccer-king.jp/news/germany/article/201204302100_hajime_hosogai.html
▽ドルトムント戦では香川真司を完封し、存在感をみせつけた細貝
http://www.soccer-king.jp/files/topics/18642_ext_03_0.jpg


続きを読む

レヴァークーゼンのCEO「ブンデスは上位4チームで優勝決定戦を行なうべき」「それこそが本当のクライマックスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:五十京φ ★:2012/03/31(土) 13:39:13.61 ID:???0

現地時間30日(以下現地時間)、レヴァークーゼン(ドイツ)のCEO(最高経営責任者)であるヴォルフガング・ホルツホイザー氏が、
ブンデスリーガは現在のルールを改革し、シーズン終了時にプレーオフによる優勝決定戦を行なうべきとの見解を示した。
ロイター通信が報じている。

ホルツホイザー氏は同クラブのスタジアム・マガジンに寄せた文で「私の長年の夢は、上位4チームがタイトルをかけて
真の最終決戦を行なうことだ。つまり、準決勝や決勝を行なうんだ。それこそが本当のクライマックスだ」と述べた。

さらに同氏は「リーグ側は保守的な立場を捨て、よりよい解決策を追求すべきだ。物事を変える勇気を示すべきなんだよ」と力説し、
プレーオフ制を採用することでよりエキサイティングな仕組みにした方がいいと綴っている。

なお、現在5位のレヴァークーゼンは31日、ホームでフライブルクと対戦する。

SM 3月31日(土)13時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000016-ism-socc

続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ