長谷部

【サッカー】<長谷部誠(フランクフルト>“ワールドクラス”と監督絶賛! 「メッシとロナウドに近かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/06(土) 07:13:25.67 ID:CAP_USER9.net

ELラツィオ戦で3バックのリベロとして勝利に貢献「守備の決定的な安定剤になった」

 フランクフルトの元日本代表主将MF長谷部誠は、現地時間4日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節で、ホームにイタリアの強豪ラツィオを迎えた一戦にフル出場。3バックのリベロとして4-1の勝利に貢献し、アディ・ヒュッター監督から「マコトはメッシやロナウドらワールドクラスに近かった」と大絶賛された。ドイツラジオ局「Hessenschau」が報じている。

 試合は前半4分にフランクフルトがドイツ人DFダニー・ダ・コスタのゴールで先制。その後に1点ずつを取り合った前半アディショナルタイムに、ラツィオのセルビア代表DFドゥサン・バスタが2枚目のイエローカードで退場。後半に入ってフランクフルトが1点を追加して3-1とした後の後半14分には、ラツィオのアルゼンシン代表MFホアキン・コレアが一発退場で9人に。フランクフルトは試合終了間際に1点を追加して大勝した。

 3バックの中央でフル出場した長谷部について、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」はチーム2位タイの「7.5点」を与え、「非常に良かった。慎重で、精密で、勤勉で、多くのボールを“掃除”した。彼はしばしば、ピンチになりそうな状況を未然に解決するのに成功していた」と称えていた。

 記事では「守備の決定的な安定剤になった」とパフォーマンスを評価し、試合後にヒュッター監督が発した“ハセベ評”を紹介している。

「私は常に称賛には慎重だ。私の中でワールドクラスはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだけだが、今日のマコトは彼らに近かった」

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退し、今季からクラブに専念している長谷部は、円熟味を増したプレーを見せている。

10/6(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00139445-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181006-00139445-soccermzw-000-1-view.jpg


動画
https://www.football-zone.net/archives/139445/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=139445_6


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538777605
続きを読む

【サッカー】リーグ戦初出場の長谷部、いきなり独誌選出の今節ベストイレブンに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/09/24(月) 23:42:46.52 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が、ドイツ紙『キッカー』によるブンデスリーガ第4節のベストイレブンに選出された。

 23日のライプツィヒ戦で今シーズン初出場を果たした長谷部は、1が最高で6が最低の同紙の採点では2と高評価を受け、センターバックとして今節のリーグベストイレブンに選出された。パスの成功率は69%、デュエル(対人戦)の勝率は80%を記録している。

 ライプツィヒと1ー1で引き分けた現在13位のフランクフルトは、26日にボルシアMGと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00837908-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537800166
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠>フランクフルトの粘り勝ちに貢献!ドイツ地元紙が高評価!「我々にはハセベが必要なんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/22(土) 00:16:22.44 ID:CAP_USER9.net

「フランクフルトに必要なリーダーシップを備えている」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180921-00047610-sdigestw-000-7-view.jpg


ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節、グループHのマルセイユ対フランクフルト戦は、2-1でアウェーのフランクフルトが勝利した。

【動画】長谷部が喜び、嘆いた試合のダイジェスト映像はこちら!

 試合会場のヴェロドロームは、昨シーズンのサポーターの不祥事により無観客。がらんとしたスタジアムが独特な雰囲気を醸し出すなか、これまでリーグ戦では開幕3試合で出場がなかった長谷部誠がスタメン入り。酒井宏樹はベンチスタートとなった。

 1-1で迎えた59分、フランクフルトはウィレムスが2度目の警告で退場し、1人少ない状態になってしまう。しかし粘り強く守り、終了間際の88分、交代出場のヨビッチが勝ち越しゴールを決めて、敵地で勝利をもぎ取った。

 フランクフルト紙『Frankfurter Neue Presse』は、「中央で守備と攻撃を担った長谷部という選択肢は、結果的にチームを強固にした」と綴り、この逆転劇を支えた存在として長谷部を高く評価した。

 また、ドイツ紙『BILD』も「彼の特徴であるハードラン、ボールをセーフティーに扱う能力、そしてデュエル。この試合で、これらは常に必要とされる場所にあった」と、その貢献ぶりを称賛している。

 実はこの数日前、フランクフルト地元紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』が、「Sky Sports」司会者のマーク・ベーレンベック氏の弁として、「長谷部がフランクフルトに必要である」というコラムを掲載し、その理由を以下のように挙げている。

「長谷部のようなリーダーシップを持つ選手が、今のフランクフルトには少ない。ふたつめに、ドルトムントのような攻撃力の高いチームと当たる時には、5バックを検討すべき。その場合、ボランチは長谷部が最適だ。

 そして3つめに、現レギュラーのジェルソン・フェルナンデスとルーカス・トッロが満足なパフォーマンスを見せていない。

 経験豊富な長谷部は、チームが不安定になった時、そのサポートと、戦略をもたらすことができる選手だ。我々には、彼が必要なんだ」

 まさに、ここで語られたことが、マルセイユ戦で発揮されたというわけだ。

 当の長谷部は、試合後に自身のインスタグラムを更新。チームの勝利を喜びながら、「改めてサッカーはファンサポーターがいて成り立つものと実感」と、ハッシュタグで本音を吐露している。

9/21(金) 20:10配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00047610-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537542982
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠が中田英寿に伝えたいこと>「日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る...」「書いといてください!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/18(火) 15:54:10.65 ID:CAP_USER9.net

「ヒデさんはサッカー界に携わってもらわなきゃ」

 「これまで本物の、真のビッグクラブでプレーした選手って、ヒデさんのローマ、シンジ(香川真司)のマンチェスター・Uくらいかな。だから欧州のトップでプレーする選手が、もっともっと出てきてほしいという気持ちはありますね。それは日本代表とか、日本サッカーの強化につながると思います」

 その日本人選手の欧州移籍のパイオニアである中田英寿については、憧れと尊敬の気持ちを込めてメッセージを託してきた。

 「ヒデさんはやっぱり、別格だと思いますよ。21歳でペルージャに行って、2点取ったユベントスとのデビュー戦も、『すっげーな』と思いながらテレビで見ていました。それからローマでスクデットも取って。

 ヒデさんって、まだ41歳でしょ? 俺、34ですよ(笑)。同じ時代にサッカーをやりたかったですね。サッカー観とか、合いそうな気がするんですよね。あの人は強さもあり、うまさもあり、ダイナミックさもあって。一緒にボランチでコンビを組んでやりたかったって、一番思う選手かもしれない。

 僕なんかが偉そうに言うのはあれですけど、やっぱりヒデさんはどういう形であれ、日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る人だと思いますね。監督なのか、コーチなのか、協会のスタッフなのか、どういう立場かはわからないですけど、何かしら関わってほしい人。ああいう人がいると日本サッカー界もより盛り上がるし注目されると思う。だから、そう書いといてください!」

 最後は茶目っ気たっぷりながら、とても長谷部らしいメッセージだった。

 ヒデさん、読んでますか? 

9/18(火) 15:11 ナンバー 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00831891-number-socc&p=3


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537253650
続きを読む

【サッカー】「パスタが美味すぎて…」長谷部誠の同僚だった元ガーナ代表MFがフランクフルトを退団した驚きの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:THE FURYφ ★:2018/09/12(水) 19:58:52.89 ID:CAP_USER9.net

起用法、移籍金、そしてチーム事情に人間関係…選手が新天地を求める理由は様々だ。しかし、“食”を理由に移籍を決めるのは、
かなり珍しいケースと言えるだろう。ある選手の移籍理由が話題を呼んでいる。元ガーナ代表MFのケビン・プリンス・ボアテングだ。

2017年8月から2年間、元日本代表MFの長谷部誠とともにブンデスリーガのフランクフルトに在籍したボアテングは、中心選手として
チームを牽引。昨シーズンには、決勝でバイエルンを撃破してのDFBカップ制覇にも貢献していた。

そんな31歳のベテランは、今夏の移籍市場でセリエAの小クラブ、サッスオーロに移籍した。一体なぜ、ボアテングは安住の地を捨て、
4年間プレーしたミラン時代以来となるカルチョの世界に舞い戻ったのか? その驚きの理由を本人が語った。

サッスオーロの地元メディア『Canale Sassuolo』の取材に応じたボアテングが明かした移籍理由は、なんと、「そこにパスタがあるから」
だったのだ。元ガーナ代表は、次のように語っている。

「移籍を決めた理由かい? フランクフルトに比べ、サッスオーロにはミラノへ向かえるハイウェイがあるし、そして何よりここには
パスタがあるんだ。美味すぎるパスタがね。最近行ったレストランで食べたのは最高だった。厨房にまで入っていってシェフを
抱きしめたほどさ」

確かにサッスオーロがあるイタリア北東部のエミリア=ロマーニャ州は、世界でも有数の“美食処”だ。「イタリアチーズの王様」とも
呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノやボローニャソーセージ、ロマーニャワイン、そして「タリアテッレ・アル・ラグー」と呼ばれる
ボロネーゼなど、食の誘惑は多い。

もちろんそれだけが移籍理由ではないだろうが、ボアテングが“食”の誘惑に負けたのも無理はないか(?)。しかしながら本人は、
「ここの食い物は美味すぎて普通じゃない。だから太らないように気をつけないと」と続け、グルメとしての顔を覗かせた。

セリエAの第3節が終了した時点で2位と、好調な滑り出しを見せているサッスオーロ。今週末には、クリスチアーノ・ロナウドを擁する
ユベントスとの大一番を控えているが、そこでボアテングのパスタ・パワーは炸裂するだろうか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047180-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536749932
続きを読む

【サッカー】遠藤航が狙うのは長谷部の後釜!主将の代表引退で「ひと枠空いたのはみんなが感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/09/08(土) 06:57:58.01 ID:CAP_USER9.net

「誰が食い込んでいくかは日本代表にとって大事なポイント」

日本代表が7日、札幌市内でトレーニングを行なった。6日に発生した地震の影響でチリ戦が中止になったことを受け、この日は紅白戦を取り入れた実戦練習を実施。4-4-2のボランチとサイドバックでプレーした遠藤航は、まず「こういう被害があったので、今はチーム一つになって、次の試合に全力で向かっていく。少しでもプレーで勇気や感動を与えられるようにすることしかできないのかなと思います」と被災者たちに心を寄せた。
 
 森保ジャパン初の紅白戦だったが、今回は「どっちかというとコンディショニング」がメインで、「次の大阪での試合を考えたら、やっておいたほうがよかった。細かい戦術の話は特になかったし、与えられたフォーメーション、いろいろポジションを変わったりというのがあるなかで、それぞれがしっかりプレーしたという感じです」と調整の意味合いが強かったようだ。
 
 森保監督と言えば、サンフレッチェ広島でも採用した3バックをメインシステムとしているが、今回の紅白戦では4バックをテストしている。遠藤は「たぶんどっちもイメージしてるとは思います。監督のなかでは、ある程度3バックはイメージしやすいというか、自分のなかで確立されたものがあると思うので、それプラス4枚のオプションなのかメインにするのかは分からないですが、やっておきたいというのがあるんだと思います」と複数のシステムを並行していく意図を感じたようだ。
 
 実際に手応えも得ている。「チームとしての完成度がそんなに高くないのは当たり前ですけど」と前置きしたうえで、「僕はボランチとサイドバックをやりましたが、ボランチとして前との関係性はすごく良かったと思うし、下がって受けすぎずに、できるだけ高い位置で相手の間でボールを受けられるようにしたなかで、FWとの距離感をよくしながらやれたと思うし、サイドバックでも最後にチャンスを作れました。自分の良さをそれぞれのポジションで出していければいいし、お互いのちょっとした部分でのコミュニケーションは、少しの練習期間のなかでも取れてはいたので、今日もその辺は出せたと思います」と自身のプレーを総括した。
 
 狙うのは、代表引退した長谷部誠の後釜だ。遠藤は「あんまりそこはイメージしすぎず」と言いつつも、「でも、そこがひと枠空いたというのは間違いなくみんなが感じているので、誰が食い込んでいくかは日本代表にとって大事なポイントになる。もちろん、僕もそこで出たいという想いを持った中でベルギーに行ったのもあるし、今はそこを目指しながら、3バックだったり、サイドバックに入ることもあると思うので、いろんな考え方とオプションを持ちながらやっていければいいかなと思います」と、まずはボランチでの出場を考えていると明かした。
 
 所属クラブのシント=トロイデンでは、「今一番いいのはチームで中盤で出られていること」とスタメンの座を確保し、4試合で2得点と結果も残している。今後もコンスタントに出場機会を確保できれば、持ち前の高い守備力はもちろん、本人が意識する攻撃面についても欧州基準にブラッシュアップされていくだろう。いよいよ動き出した森保ジャパンでの存在感も増していくはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180908-00046902-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536357478
続きを読む

【サッカー】 長谷部ベンチ外 監督「ベンチにDF3人置けない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:春の呪い ★:2018/09/02(日) 09:56:33.66 ID:CAP_USER9.net

<ブンデスリーガ:フランクフルト1-2ブレーメン>◇1日◇フランクフルト

MF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでブレーメンに1-2で敗れた。

長谷部はベンチ入りしなかったが、これに関してヒュッター監督は「DFをベンチに3人置きたくなかった。まぁ長谷部がボランチを出来ることも知っているが」とコメントした。(鈴木智貴通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00317781-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535849793
続きを読む

【サッカー】ELで日本人対決実現!酒井宏と長谷部&鎌田が対戦へ…乾はミランと同組に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/08/31(金) 22:08:35.10 ID:CAP_USER9.net

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が31日に行われた。

 酒井宏樹のマルセイユと長谷部誠、鎌田大地のフランクフルトがグループHに入り同組に。南野拓実のザルツブルクはセルティックらと同組のグループB。森岡亮太のアンデルレヒトはフェネルバフチェらと同組のグループD。乾貴士のベティスはミランらと同組のグループFとなった。

 グループステージ第1節は9月20日に実施され、今シーズンの決勝戦はアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアムで行われる。

 グループステージの組み合わせは以下の通り。

グループA
・レヴァークーゼン(ドイツ)
・ルドゴレツ(ブルガリア)
・チューリッヒ(スイス)
・AEKラルナカ(キプロス)

グループB
・ザルツブルク(オーストラリア)※南野拓実
・セルティック(スコットランド)
・ライプツィヒ(ドイツ)
・ローゼンボリ(ノルウェー)

グループC
・ゼニト(ロシア)
・コペンハーゲン(デンマーク)
・ボルドー(フランス)
・SKスラヴィア・プラハ(チェコ)

グループD
・アンデルレヒト(ベルギー)※森岡亮太
・フェネルバフチェ(トルコ)
・ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
・FCスパルタク・トルナヴァ(スロバキア)

グループE
・アーセナル(イングランド)
・スポルティング(ポルトガル)
・カラバフ(アゼルバイジャン)
・FCヴォルスクラ・ポルタヴァ(ウクライナ)

グループF
・オリンピアコス(ギリシャ)
・ミラン(イタリア)
・ベティス(スペイン)※乾貴士
・F91デュドランジュ(ルクセンブルク)

グループG
・ビジャレアル(スペイン)
・ラピード・ウィーン(オーストラリア)
・スパルタク・モスクワ(ロシア)
・レンジャーズ(スコットランド)

グループH
・ラツィオ(イタリア)
・マルセイユ(フランス)※酒井宏樹
・フランクフルト(ドイツ)※長谷部誠、鎌田大地
・アポロン・リマソール(キプロス)

グループI
・ベシクタシュ(トルコ)
・ヘンク(ベルギー)
・マルメ(スウェーデン)
・サルプスボルグ08(ノルウェー)

グループJ
・セビージャ(スペイン)
・クラスノダール(ロシア)
・スタンダール・リエージュ(ベルギー)
・アクヒサル(トルコ)

グループK
・ディナモ・キエフ(ウクライナ)
・アスタナ(カザフスタン)
・レンヌ(フランス)
・FKヤブロネツ(トルコ)

グループL
・チェルシー(イングランド)
・PAOK(ギリシャ)
・BATEボリソフ(ベラルーシ)
・ヴィデオトンFC(ハンガリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00823388-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535720915
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ