長谷部

【サッカー】長谷部の妻・佐藤ありさ、ママになっても「可愛いさ変わらず」…森麻季アナが最新ショット公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/07/30(月) 18:47:29.46 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180730-00000115-sph-000-view.jpg


元日本テレビアナウンサーで現在フリーの森麻季(37)が30日、自身のインスタグラムを更新。サッカーW杯ロシア大会で日本代表主将を務めたMF長谷部誠(34)=フランクフルト=の妻でタレントの佐藤ありさ(29)との写真を公開した。

日テレ系「Going! Sports&News」のお天気キャスターを務めていた佐藤は長谷部と2016年7月に結婚。昨年7月に長谷部がインスタグラムで第1子が誕生したことを報告していた。佐藤のインスタは2月の投稿が最後でW杯中は更新されておらず、久々の元気な姿となった。

5月に長男を出産した森アナは「帰国中のアーリーと10か月くらいの差でもだいぶオトナに見える」とコメントし、抱っこひもで赤ちゃんを抱いた佐藤とのショットをアップ。「ドイツから帰国中 W杯奥様もお疲れ様でした 沢山の感動をありがとう」とつづり、「goingで共演してから8年近く 今ではママ友に 時の流れを感じる アーリーの可愛いさは変わらず」と記していた。

7/30(月) 16:04
スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000115-sph-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532944049
続きを読む

【サッカー】サッカー協会・田嶋会長が代表引退を表明の選手“復帰”に言及、長谷部・高徳・ケイスケホンダらを説得予定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/07/27(金) 16:51:33.01 ID:CAP_USER9.net

7/27(金) 16:32配信
サッカー協会・田嶋会長が代表引退を表明の選手“復帰”に言及

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が、日本代表からの引退を表明した選手の“復帰”に言及した。ロシアW杯後、主将のMF長谷部誠(34=Eフランクフルト)とDF酒井高徳(27=ハンブルガーSV)が代表から引退することを表明。MF本田圭佑(32)も時期こそ明確にしていないが、次回W杯には出場しないことを明言した。だがいずれもまだ活躍が見込めるだけに、森保新監督が戦力として希望した場合、田嶋会長が選手の代表復帰を説得するという。同会長は「まずは森保が(選手と)話さなきゃいけない」とし、指揮官も交えて選手たちと話し合う機会を設ける考えだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000044-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532677893
続きを読む

【サッカー】<乾貴士>長谷部の「スベった」ギャグをばらしちゃった!ご飯食べる時に『いただきマンモス』。めちゃおもんないでしょ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/21(土) 15:56:15.13 ID:CAP_USER9.net

 「おもんない(面白くない)ですよ」

 サッカー日本代表の乾貴士選手(30)がテレビ番組で、あるチームメートについてこうキッパリ述べた。その人物とは、主将・長谷部誠選手(34)。プライベートで「スベった」エピソードを暴露した。

【写真:長谷部選手と代表を共にした期間が長い川島永嗣選手】

■「うちの子供まだ小さかったんですけど...」

 乾選手は2018年7月20日放送のバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)にゲスト出演した。そこで、ワールドカップ(W杯)3大会で主将をつとめた長谷部選手の話題になると、乾選手はまず「人間としても出来すぎている」と一言。松本人志さんや坂上忍さんらレギュラー陣が頷くなか、直後に乾選手は「でも、おもんない(面白くない)ですよ」として語り始めた。

  「俺、フランクフルトで一時期一緒にやらせてもらって、何年か前に。家族で食事に行った時に長谷部さんも来てくれたんですよ」

 2人は14-15年シーズン、ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトでチームメートだった。乾選手には10年7月生まれの長男がおり、当時5歳。長谷部選手はどうにか喜んでもらおうとしたのか、

  「うちの子供まだ小さかったんですけど、(長谷部選手が)ご飯食べる時に『いただきマンモス』とか言って。めちゃおもんないでしょ。おもんないでしょ」

と、少々ニヤけながらぶっちゃけた。松本さんも坂上さんも大爆笑だ。なお、滋賀県生まれの乾選手は、高校も同県立野洲高校、Jリーグ時代はセレッソ大阪の在籍が長く、今なお話し言葉は関西弁と、バリバリの関西人だ。

 思わぬ形でネタにされてしまった長谷部選手だが、真面目さゆえにちょっとズレることは時々あるらしい。

愛されキャラだけど...「もう少し空気読めよ!」

 最近でも7月5日のW杯帰国会見で、「次世代の選手に受け継いでほしいことは」と聞かれた際のこと。「『散歩隊』は続けてほしいなと思うんですけど。...まあ僕はそんなに参加しなかったんですけど」と述べた後、静まり返る会場で、

  「まあ今のはちょっと、みなさんに笑ってもらうところなんですけど」

と、ボケだったことを自ら説いた。「続けてほしい」と言いつつ「自分は参加していない」というのが笑い所だったのかもしれないが、反応は鈍かった。

 「真面目か!」の意味で「長谷部か!」というツッコミが、日本代表の仲間の間で誕生したのは有名だ。元日本代表の今野泰幸選手(35)は、17年8月8日放送の「グッと!スポーツ」(NHK)にVTR出演した際、この日スタジオゲストの長谷部選手について「たまにボケたりする。全然面白くないんですけど」と一言。その上で、「長谷部は意外といじっても大丈夫なので、若手からも結構いじられています」と、「愛されキャラ」であることを明かしていた。

 ともに3大会連続でW杯を戦った盟友・川島永嗣選手(35)も、かつて長谷部選手の「天然」エピソードを語ったことがある。15年1月19日のアジアカップ・ヨルダン戦前日会見で、「長谷部選手に要望はないか」と問われ、

  「昨日(1月18日)が(長谷部選手の)誕生日だったので、プレゼントを買おうと思って散歩に行ったんですけど、ついてくるんですよ。何も買えなかったんです。そういうところは、もう少し空気読めよ!って思いますけどね」

と笑いを誘っていた。

7/21(土) 14:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000004-jct-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532156175
続きを読む

【サッカー】長谷部、子供たちとW杯ポーランド戦の「ボール回し」をマジ討論 「結果が一番だと思ったから、あのプレーになった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/07/17(火) 18:49:44.59 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180716-00000126-dal-000-view.jpg


サッカー日本代表MF長谷部誠(34)=E・フランクフルト=が16日、静岡県浜松市で自ら主催するサッカースクール「MAKOTO HASEBE SPORTS CLUB」で、幼児から小学生まで127人にサッカーを指導した。

練習前、子供たちに、W杯ポーランド戦の残り10分で、DFラインでボールを回したことについて話した。子供たちからは「見ていてつまんなかった」、「いろいろと考えさせられた」という意見を受けた。「結果が一番だと思ったから、あのプレーになった。みんながどう思うかは人それぞれだから、すべてが正しい」と率直な思いを伝えた。

質問コーナーでは「日本代表になるにはどうしたらいいか」という質問に対して、「それなら半端ない練習をしなきゃダメだぞ」とアドバイス。さらに「半端ない、って分かる?」と問いかけると、子供たちは一斉に「大迫!」と解答。爆笑が起こった。

日本代表からの引退を宣言している長谷部。この日の指導を終えて、若い世代にエールを送った。「これから日本のサッカー界が世界のベスト8、ベスト4、そういうところに入っていくために、これからの年代には頑張ってほしい。その土台となるものは自分たちが作れたかなと思う。小さな年代、若い年代にさまざまな年代に自分の経験を伝えられればと思います」。培った財産を、小さな後輩たちに渡し、夢を託していく。

7/17(火) 0:16
デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000126-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531820984
続きを読む

【サッカー】長谷部、ベルギー戦で腰を骨折 石橋貴明が明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/07/17(火) 00:49:23.44 ID:CAP_USER9.net

7/17(火) 0:25配信
デイリースポーツ

長谷部 ベルギー戦で「腰折れてた」…石橋貴明が明かす

 サッカー教室を開催し小学生を指導する長谷部=16日、静岡県内

 とんねるずの石橋貴明が16日夜、フジテレビ系で生放送された「たいむとんねる」で、サッカー日本代表MF長谷部誠が2日(現地時間)に開催されたW杯ロシア大会・決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で、「腰を骨折していた」と明かした。長谷部は16日、静岡県浜松市内でサッカースクールを開催している。

【写真】長谷部の妻 ピンクのマタニティドレスで登場

 先週、長谷部と元日本代表の中田英寿氏と一緒に食事をし、「今回の番組のために“取材”もしました」という石橋。ベルギー戦では、フェライニに2点目の同点ゴールを決められたが、「ヘディングでフェライニに決められましたよね。あれで長谷部君、競ってドン、とやられて、腰、骨折したらしいです。腰折れちゃったらしいです。折れてた、って」と衝撃の事実を明かした。

 長谷部がベルギーチームについて「とにかく全員の体のデカさ、圧でものすごい時間を追うごとにプレッシャーが(って言ってました)」と語っていたことも伝えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000184-dal-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531756163
続きを読む

【サッカー】長谷部「トレンド変わった」 W杯を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/07/16(月) 20:25:05.73 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表の主将としてワールドカップ(W杯)ロシア大会ベスト16入りに貢献した長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が16日、フランスの優勝で幕を閉じたW杯を振り返り「トレンドが変わった。日本らしさも大事だが、時代に合った対応力が必要だ」と訴えた。

 自身が中心に立ち上げたサッカー教室の浜松市内でのイベント後に取材に応じた。ドイツ、スペインなどボール保持を重視した優勝経験国が早期に敗退。走力や組織戦術をベースにした堅守速攻が隆盛となり、番狂わせも多かった。時代が移り変わり「サッカーは改めて生き物だと感じた」と実感を込めた。

https://this.kiji.is/391540597406090337


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531740305
続きを読む

【サッカー】<W杯後の日本代表に選ぶべき若き新戦力4人>懸案は長谷部の後継者か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/10(火) 00:48:53.01 ID:CAP_USER9.net

W杯の現場で眺める日本代表の躍動は、格別なものがあった。コロンビア戦、セネガル戦、ベルギー戦といずれも勝ち負けは違ったわけだが、誇らしい気持ちにさせられた。

「日本人が自分たちに誇りを持ってくれるような戦いをしたかった」

主将である長谷部誠は、すべての戦いを終えた後に語っている。

では、新生日本代表に求められる指標とは?

それは、選手の顔ぶれやプレースタイルは多少違ったとしても、人の心を動かせるか、にあるべきなのだろう。

今大会の日本代表チームは、平均年齢が明らかに高かっただけに、世代交代は急務だろう。

もっとも、単純に若返ればいいわけではない。また、ロシアW杯を戦った選手たちが伝えるべきものも多分にある。さらに、若い選手が自らポジションを奪い取るような野心がなければ、本当の世代交代は起こらない。「ベテランを切り、若い選手を登用するだけ」という世代交代では、むしろ競争力が落ちてしまうはずだ。

代表として力をつけるには、やはりひとり一人の選手のレベル向上が欠かせない。その点、海外で揉まれ、ポジションをつかんだ選手はすぐにでも抜擢すべきだろう。

オランダリーグで二桁得点した堂安律、ポルトガルリーグで二桁得点した中島翔哉、スペイン2部で3シーズンを過ごしている鈴木大輔、オーストリアでたくましさを増した南野拓実。4人の欧州組は、新生代表に選ばれるべきだ。

そのうえで、さらに多くのJリーガーの渡欧が求められる。たとえば、大島僚太はJリーグ屈指のセンスの持ち主だが、厳しい国際舞台では通用しなかった。しかし、ヨーロッパの強度の高い試合の中で、自分の持ち味を生かす術を身につけられたら、日本を代表するプレーメーカーになれるはずだ。

結局、明暗は勝負のディテールにある。

たとえばベルギー戦は、後半アディショナルタイムに敵陣でCKをとりながら、GKティボ・クルトワにキャッチされ、スローをカウンターに持ち込まれている。もしキッカーである本田圭佑がショートコーナーを選択し、クロスを上げて終わるようなタイミングで蹴っていたら......。左利きの本田が左CKを蹴る場合、ボールはゴールから逃げていく軌道を描くために、GKとしては前に出る計算が立ちやすかった。しかも、クルトワはそういうプレーを得意としているのだ。

つづく

7/9(月) 16:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-01065220-playboyz-socc

2 名前:Egg ★:2018/07/10(火) 00:49:04.29 ID:CAP_USER9.net

その点、日本は試合巧者だったとはいえない。

実は、カウンターをストップする機会は他にもあった。ボールをキャッチしたGKクルトワの前を即座に遮って、スローを妨害できていたら。あるいは、前がかりになりすぎず、スローを受けたケビン・デ・ブルイネの前に誰かが立てていたら。駆け引きの部分で、イノセントだった。

そのしたたかさは、ヨーロッパでしか獲得できない。

数的優位で戦ったコロンビア戦以外は勝ち切った試合がないように、90分間のマネジメントには波があった。2-2のセネガル戦は立ち上がりにスイッチを入れられず、相手ペースのまま失点。2-3のベルギー戦も2点をとった後、ピッチに立つ選手たちは浮き足立つところがあった。

また、選手層の薄さも露呈した。ベルギーは3枚の交代カードを切って、状況を好転させている。一方の日本は2枚しかカードを切れず、しかもこの日は空回りだった。

ロシアW杯で結果を残した大迫勇也、乾貴士、原口元気、香川真司、柴崎岳、酒井宏樹、昌子源、吉田麻也という主力は、今後もベースになるだろう。各ポジションにバックアッパーは出てきているが、どこまで迫れるか。若手の台頭がなければ、戦力的に足りない。来年1月のアジアカップまでに、今回のメンバーの半分近くは入れ替わっていることが理想だ。

懸案は長谷部誠の後継者だろう。

周りを補完して、生かすクレバーさは、長谷部の専売特許といえる。ポーランド戦、終盤にピッチに入っただけで、猛火のようだった相手の攻撃を鎮火した。正しいポジションを取るだけで、周りが無理なくプレーできる。最高のバランサーだ。

現時点では、三竿健斗、橋本拳人が後継者として有力に映るが、欧州移籍して主力になることが条件になるか。大島や井手口陽介を推す声もあるが、長谷部に近いのは三竿、橋本の方だろう。大島は柴崎とキャラクターが近く、井手口は山口蛍に近い。

西野朗監督が退任し、これから誰が日本代表の監督になるかで、スタイルや戦い方は明確になってくる。しかし、誰になったとしても、選手個人の戦う力が下がってしまったら、今回以上の成績は望めない。

「日本らしさ」

それを今回のロシアW杯で示したことは、この先の大きな糧になるはずだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531151333
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠>本田圭佑とは「価値観がまったく合わなくて、言い合いになったときもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/09(月) 20:55:05.25 ID:CAP_USER9.net

8日放送、TBS「S☆1」では、サッカー日本代表からの引退を表明した長谷部誠にインタビュー。ロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退したキャプテンの責任や重圧を伝えた。

大会前から代表引退を決めていたという長谷部。「心の支えになっていた」代表だけに「喪失感がとてつもない」としつつ、「やりきったという清々しい気持ちもある」という。

主将就任後は「個人よりもチームにフォーカスすることが断然多くなった」が、そのためには「結局自分のパフォーマンスも上げていかなければ、
ほかの選手からの信頼とか発言力という部分では、求心力もなくなってくる」「それが自分のプレーにも反映される」と明かした。

もちろん、「苦しいことも多々あった」。だが、「後悔だけはしたくないというその一心」で戦ってきた長谷部は「日本代表キャプテンという誇りのほうが常に上回っていた」と振り返る。

それでも、主将の重圧はすさまじい。「最初のころよりも年々背負う物が大きく」なったという長谷部は、「自分の中で無理やりにでも自分自身にプレッシャーをかけていた」ところもあったという。

そんな長谷部が「自分のハイライトとしては大きな試合」と位置付けたのは、初戦でホームにもかかわらず敗れ、厳しいスタートとなった今大会のアジア最終予選のオーストラリア戦。
ケガから復帰したばかりの長谷部が、かつてない重圧に打ち勝って出場権を獲得したホームでの一戦だ。

支えとなったのは、ファンやサポーターからの後押しや仲間との絆。長年ともに戦ってきた本田圭佑とは「価値観がまったく合わなくて、言い合いになったときもある」という。
だが、「志は同じだった」という長谷部は、本田と「同じ時代にサッカーができて幸せ」だったと述べた。

自身の代表引退について話す中で、吉田麻也が涙を流したことについては、「こういうことを言ってくれるというのは、愛情を感じますよね」「このように涙してくれるというのは、本当に心にグッとくるものがあります」と喜んだ。

代表での戦いには区切りをつけたが、「まだまだ選手として高みを目指していきたい」という長谷部は、「あまり先のことを考えても、本当に答えは出ない」とコメント。
今は「目の前の目標一つひとつを全力でやっていくことによって、未来が開けていくのかなという感覚」と明かした。

2018年7月9日 10時0分 Sports Watch
http://news.livedoor.com/article/detail/14983911/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531137305
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ