長谷部

【サッカー】<日本代表が直面する「本田&長谷部ロス」>長友佑都らが危惧!森保ジャパンの若手が大人しすぎる...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/14(日) 23:04:05.39 ID:CAP_USER9.net

 日本代表はロシアワールドカップを終え、転換期に差し掛かっている。森保一監督は新世代の若い選手たちと、長年代表を支えてきたベテランたちを融合させようとしているが、浮き彫りになるのは両世代の温度差だった。誰もが「大人しい」と語る若手たちには、今後何が求められるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

写真 今の日本代表には本田圭佑(左)や長谷部誠(右)のような強烈なパーソナリティの持ち主はいない
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181014-00010000-footballc-001-2-view.jpg


長友「これまで以上の刺激をもらっている」

 森保一監督率いる新体制の初陣だった9月のコスタリカ戦に続いて、12日のパナマ戦も3-0で勝利し、順調な滑り出しを見せている日本代表。これまで攻撃陣を支えてきた本田圭佑や岡崎慎司、香川真司のビッグ3不在の中、南野拓実や伊東純也といった新戦力が結果を出し、19歳の冨安健洋がA代表デビューを果たすなど、森保ジャパンには確かに新たな風が吹いている。

 13日の新潟市内での最後のトレーニングでも明るいムードが漂っていた。前日負傷交代した伊東は欠席したものの、それ以外の22人の表情はこの日の天候のように晴れやかだった。

 そんな若手中心の戦いぶりをベンチから見ていたロシアワールドカップ組の筆頭が32歳の長友佑都だ。2008年5月のコートジボワール戦で日本代表初キャップを飾ってから国際Aマッチ出場109試合を数えるベテランサイドバックは素直に「見ていて気持ちがよかった」と前向きに評価した。

「若い選手たちが躍動して結果を出してくれるのはホントに嬉しいし、僕自身もこれまで以上の刺激をもらっている。成長しないと若手に追い抜かれるんだという危機感が芽生えるし、いい感情でした」と言うように、4年後のカタールワールドカップを「通過点」と位置づける男は、16日の次戦・ウルグアイ戦と2019年1月に迫ったアジアカップに向けて、より一層モチベーションを高めたようだ。

つづく

10/14(日) 12:04配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00010000-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181014-00010000-footballc-000-2-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/10/14(日) 23:04:16.12 ID:CAP_USER9.net

●足りないのは経験値、そして「キャラ」

 ただ、ポジティブな方向に進んでいるとはいえ、まだ若い選手だけで世界を倒せるレベルには至っていない。A代表出場歴が少ない新世代の面々には「世界トップとの堂々と駆け引きする力」が足りないからだ。長友を筆頭にロシアで代表をけん引したベテラン選手たちはそういう能力を間違いなく備えていた。

「南米の選手たちは試合の初めに相手を威圧する。危険な場所ではないところでガツンといって、ファウルをして、相手に『こいつ来るな』って思わせるというか。僕がインテルにいた時には、(ハビエル・)サネッティとか(ワルテル・)サムエルとか(エステバン・)カンビアッソとかに『最初にまずいけ』とよく言われた。そういうずる賢さはやっぱり必要になってきますよね」とベテランサイドバックが強調した通り、海外や代表で長いキャリアを持つ選手たちは心理戦で相手を上回る術を熟知していた。

 実際、8年間キャプテンを務めた長谷部誠も、ワールドカップ3大会で4ゴールの偉業を果たした本田も、どんな状況に立たされようともメンタル的に憶することはなかった。

 若い世代には経験値が不足している。ヨーロッパリーグ(EL)参戦中の南野と言えども、国を背負った状態でギリギリの修羅場をくぐった回数は少ない。日の丸をつけて間もない伊東や冨安、堂安律もそのあたりは未知数だ。ウルグアイというFIFAランキング5位の相手と対峙してみて、彼らの本当の力が分かると言っても過言ではない。その厳しさを改めて若い世代に伝えようとしている長友の気配りには敬意を評するべきだろう。

 彼らベテランにあって新世代にないもう1つの重要ポイントが「周囲を動かす強力なパーソナリティとコミュニケーション力」だ。ロシアワールドカップ組と若手の融合の第1弾と位置づけられる今回の10月シリーズが始まってからというもの、年長者たちから「若い選手たちが大人しい」というコメントがあちこちから聞こえてくるからだ。

 長友が「代表のイメージがちょっと変わりましたね。前は濃いキャラのやつがたくさんいたんで。(本田)圭佑とは宇宙の話とか生きる意味とかいろいろ話しましたけど、それを若手にしても引かれるので…」と残念そうに話し、ロシアワールドカップ組の中では口数の少ない方だった大迫勇也も「若手との会話はそこまで多くない」と違和感を吐露するなど、世代間コミュニケーションの方法に微妙な温度差に生じているのはやはり気になる。

つづく

3 名前:Egg ★:2018/10/14(日) 23:04:36.34 ID:CAP_USER9.net

●若手とベテランが真の意味で融合するには?

 槙野智章も1~2年前に「選手の誕生日に何かをやろうと言い出すのはいつも僕。でも自分ももう30ですよ」と盛り上げ役としての悩みを口にしたことがあったが、若い選手が増えれば増えるほど、その傾向が加速しているようだ。その結果、日本代表全体の発信力が低下し、世間からの関心度も薄れていく。それは決していいことではないはずだ。

 長友もこの問題を強く認識しているから、あえて若い選手に話しかけたり、メディアの前で「コミュニケーションの世界大会があったら優勝できるんじゃないかと思うくらい自信を持っている」と発言して笑いを取るなど、日本代表を盛り上げようと努力している。

 長谷部や本田も発信力という点は卓越したものがあった。この2人の大ベテランがいなくなった今、その役割が長友に集中してしまっている。「みんなに刺激を与える部分ではパフォーマンスも必要」と本人も自覚を口にしたものの、30代になってアスリートとしてさらなる成長に挑みつつ、日本代表の地位向上や露出度アップにまで奔走するのは、いくら百戦錬磨の男にしても苦労が多すぎる。

 彼らが若手だった10年前は、ベテランだった中村俊輔や中村憲剛に質問をしたり、意見を言ったりする姿がよく見られた。たとえメディアの前だろうが、遠慮する人間は少なかった。そのように年齢に関係なく選手たちがバチバチやり合うくらいの機運が生まれなければ、日本代表は本当に強い集団にはなれない。

 森保ジャパンの滑り出しは今のところ順調だが、予期せぬ壁にぶつかった時に脆さを露呈する可能性も否定できない。次なる相手・ウルグアイはこれまで2戦とは比べ物にならないほど強い相手だからこそ、若い世代がピッチ内外でどんどん主張して、長友らベテランを動かすくらいの気概を見せるべきなのだ。

 ウルグアイ戦ではコスタリカ戦で「ミラクル3」と称された堂安、南野、中島翔哉の若きアタッカー陣が揃ってスタメン出場すると目される。彼らには長友が求める強いコミュニケーション力や強力なパーソナリティを出す最大限の努力をすべきだ。一方で、長友らベテランは彼らの模範となるような働きをピッチ内外で示すことが求められてくる。新生日本代表に感じられる「長谷部&本田ロス」の空気を払拭するために、背番号5に託されるものは少なくない。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539525845
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠>まさに「不可欠な存在」ドイツ誌の評価では今季全フィールドプレーヤーの4位タイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/10(水) 12:35:26.11 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトは7日に行われたブンデスリーガ第7節でホッフェンハイムに2-1で勝利。元日本代表MF長谷部誠のパフォーマンスを、ドイツメディアが高く評価した。

シーズン序盤はアディ・ヒュッター新監督の信頼を完全に勝ち取っていなかった様子の長谷部。だが、ここ最近の公式戦6試合は連続フル出場で4連勝に貢献している。4日のヨーロッパリーグでのラツィオ戦後も、監督やチームメートたちから名指しで絶賛の言葉が送られていたベテランだが、続くホッフェンハイム戦でのプレーへの評価も高かった。

フランクフルトはこの試合、敵地でエースFWのアンテ・レビッチやルカ・ヨヴィッチのゴールにより2点リードを手にすると、66分にはレビッチが2枚目の警告を受け、10人に。1点返されたものの、リベロ役を務めた長谷部の活躍もあり、チームはなんとか逃げ切り勝ち点3を持ち帰った。

採点を行わず、学校のクラスに例えて選手たちを評価する『フランクフルター・ルンドシャウ』だが、長谷部をGKケヴィン・トラップや得点者の2人とともに“良くできました“カテゴリーに選んでいる。次のようにそのプレーを寸評した。

「常に状況をコントロールし、広い視野、際立つ冷静さを持ってプレー。とりわけ後半にはまたも傑出したパフォーマンスを披露。ゴールライン上のクリアでチームを救った(64分)。不可欠なアンカー的な存在だ」

またヨヴィッチにチーム単独トップの「2」を与え、この一戦のマン・オブ・ザ・マッチに加え、第7節ベスト11にも選出したドイツ誌『キッカー』は長谷部のプレーをレビッチと並んで2位タイの「2.5」と評価。同誌での長谷部に対するここまでの平均点は「2.75」。なお34歳のベテランはブンデスリーガ全フィールドプレーヤーのランキングでは4位タイにつけている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

10/10(水) 12:25配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539142526
続きを読む

【サッカー】長谷部誠は6戦連続フル出場…フランクフルト、10人で1点守りきり2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/08(月) 00:43:36.50 ID:CAP_USER9.net

10/8(月) 0:25配信
長谷部誠は6戦連続フル出場…フランクフルト、10人で1点守りきり2連勝

 ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトはアウェイでホッフェンハイムに2-1で勝利した。長谷部は3バックの中央で先発出場し、公式戦6試合連続のフル出場で勝利に貢献した。

 フランクフルトは40分にアンテ・レビッチがルカ・ヨヴィッチのパスで抜け出し、GKの頭上を超すループシュートを沈めて先制。さらに後半開始35秒でヨヴィッチが相手GKの弾いたこぼれ球を押し込み、追加点を挙げた。しかし64分にレビッチが2枚目のイエローカードを受けて退場。82分にリース・ネルソンに反撃のゴールを許したが、1点を守りきり、2連勝を飾った。フランクフルトはこれで3勝1分3敗、ホッフェンハイムは2勝1分4敗となった。

 次節、フランクフルトは19日にホームでFW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと、ホッフェンハイムは20日にアウェイでFW久保裕也が所属するニュルンベルクと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 1-2 フランクフルト

【得点者】
0-1 40分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
0-2 46分 ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
1-2 82分 リース・ネルソン(ホッフェンハイム)

【スターティングメンバー】
ホッフェンハイム(3-5-2)
バウマン;アクポグマ(66分 ジョエリントン)、フォクト、ポッシュ;ブレネト、デミルバイ、グリリッチュ(60分 ネルソン)、ビッテンコート(52分 グリフォ)、シュルツ;ベルフォディル、サライ

フランクフルト(3-5-2)
トラップ;ルス、長谷部、ヌディカ;ダ・コスタ、アラン(46分 ガチノヴィッチ)、フェルナンデス、デ・グズマン、コスティッチ(80分 ウィレムス);ヨヴィッチ(69分 ハラー)、レビッチ(64分 退場)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844106-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-00844106-soccerk-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538927016
続きを読む

【テレビ】Mr.Childrenの魅力をミスチル芸人と長谷部誠が熱弁「人生に彩りやスパイスを与えてくれる存在」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/07(日) 06:40:21.14 ID:CAP_USER9.net

2018.10.06

 10月5日に『アメトーーーーーーク!踊りたくないUSA&ミスチルのクセが凄い 金曜だけど3時間SP』(テレビ朝日系)が放送され、「Mr.Children芸人」として陣内智則、サバンナ・高橋茂雄、タケト、千鳥・ノブ、Wエンジン・チャンカワイ、和牛・川西賢志郎、祇園・櫻井健一朗、ガーリィレコード・高井佳佑が出演した。


 コーナーの冒頭、ミスチル芸人を代表してノブが、これまで長渕剛芸人、Perfumeスゴイぞ芸人、B’z芸人の特集がされてきたことを振り返り、「ミスチル! ミスチル!」と遅すぎるくらいだと猛アピール。MCの雨上がり決死隊・宮迫博之がボーカル・桜井和寿のルックスを「甘いよね」と表現すると、ノブが「ぱっちり二重じゃないんですよね。切れ長の。だから、細目族の救世主というか」と自身を含め細目の多いミスチル芸人を紹介した。

 まずはノブが「タイアップ曲に選ばれることがめちゃめちゃ多い」として約80曲あるタイアップ曲の中から、ドラマ『同窓会』(日本テレビ系)の主題歌となった「CROSS ROAD」から、ドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の主題歌「HANABI」など厳選した楽曲をピックアップ。しかし、高橋が「youthful day」「HERO」、陣内が「くるみ」とまだまだあるタイアップ曲を挙げ、溢れる思いを表した。「曲の思い出&うんちく」を話す部分では、タケトが「Tomorrow never knows」は桜井が石神井公園をジョギングしている時に思いついたということから実際に石神井公園の近くに引っ越したことを明かし、桜井の気持ちになって石神井公園をジョギングしたが期待のネタは思いつかず先月引っ越したとスタジオメンバーを笑わせた。ノブは妻との出会いがミスチルきっかけだったと話し、ノブが学生の頃に発売されていた「名もなき詩」のCDをプレゼントに渡したことから交際が始まり、披露宴の曲も全てミスチルだったことを明かした。

 コーナーの途中には、“サッカー界のミスチル芸人”として長谷部誠が登場。「長谷部選手にとってミスチルとは」という質問には、一人でドイツに渡り孤独だった時にミスチルの作品に助けられたと振り返り「僕の人生に彩りやスパイスを与えてくれる存在です」と「彩り」「HERO」の歌詞を引用しながら答えた。中でも、お気に入りの曲は「終わりなき旅」であり、〈高ければ高い壁の方が/登った時気持ちいいもんな〉の歌詞を英訳したオリジナルTシャツを着てインタビューに臨むほどだ。「人生の醍醐味がその一文に隠されている。いろんな高い壁にぶち当たることがあるんですけど、この曲を聴くと壁をも自分にとっては必要なものだなと感じさせてくれる」と熱弁した。先日のロシアW杯については、アルバム『REFLECTION』に収録されている「進化論」「足音 ~Be Strong」「Starting Over」を挙げ、その中でも「Starting Over」について「自分の中にあるモンスターと戦う。W杯とか大きな舞台はけっきょく自分との戦い。自分の中でのいろんなプレッシャーは、自分の中にあるモンスターと戦っている。だから、『Starting Over』は試合に入る前に一番最後に聴いていた曲です」と熱く語った。今回、別撮りとなった長谷部のインタビューは30分超えのロングなものになったという。

続きはこちらで↓
https://realsound.jp/2018/10/post-260369_1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538862021
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠(フランクフルト>“ワールドクラス”と監督絶賛! 「メッシとロナウドに近かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/06(土) 07:13:25.67 ID:CAP_USER9.net

ELラツィオ戦で3バックのリベロとして勝利に貢献「守備の決定的な安定剤になった」

 フランクフルトの元日本代表主将MF長谷部誠は、現地時間4日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節で、ホームにイタリアの強豪ラツィオを迎えた一戦にフル出場。3バックのリベロとして4-1の勝利に貢献し、アディ・ヒュッター監督から「マコトはメッシやロナウドらワールドクラスに近かった」と大絶賛された。ドイツラジオ局「Hessenschau」が報じている。

 試合は前半4分にフランクフルトがドイツ人DFダニー・ダ・コスタのゴールで先制。その後に1点ずつを取り合った前半アディショナルタイムに、ラツィオのセルビア代表DFドゥサン・バスタが2枚目のイエローカードで退場。後半に入ってフランクフルトが1点を追加して3-1とした後の後半14分には、ラツィオのアルゼンシン代表MFホアキン・コレアが一発退場で9人に。フランクフルトは試合終了間際に1点を追加して大勝した。

 3バックの中央でフル出場した長谷部について、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」はチーム2位タイの「7.5点」を与え、「非常に良かった。慎重で、精密で、勤勉で、多くのボールを“掃除”した。彼はしばしば、ピンチになりそうな状況を未然に解決するのに成功していた」と称えていた。

 記事では「守備の決定的な安定剤になった」とパフォーマンスを評価し、試合後にヒュッター監督が発した“ハセベ評”を紹介している。

「私は常に称賛には慎重だ。私の中でワールドクラスはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだけだが、今日のマコトは彼らに近かった」

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退し、今季からクラブに専念している長谷部は、円熟味を増したプレーを見せている。

10/6(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00139445-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181006-00139445-soccermzw-000-1-view.jpg


動画
https://www.football-zone.net/archives/139445/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=139445_6


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538777605
続きを読む

【サッカー】リーグ戦初出場の長谷部、いきなり独誌選出の今節ベストイレブンに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/09/24(月) 23:42:46.52 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が、ドイツ紙『キッカー』によるブンデスリーガ第4節のベストイレブンに選出された。

 23日のライプツィヒ戦で今シーズン初出場を果たした長谷部は、1が最高で6が最低の同紙の採点では2と高評価を受け、センターバックとして今節のリーグベストイレブンに選出された。パスの成功率は69%、デュエル(対人戦)の勝率は80%を記録している。

 ライプツィヒと1ー1で引き分けた現在13位のフランクフルトは、26日にボルシアMGと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00837908-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537800166
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠>フランクフルトの粘り勝ちに貢献!ドイツ地元紙が高評価!「我々にはハセベが必要なんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/22(土) 00:16:22.44 ID:CAP_USER9.net

「フランクフルトに必要なリーダーシップを備えている」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180921-00047610-sdigestw-000-7-view.jpg


ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節、グループHのマルセイユ対フランクフルト戦は、2-1でアウェーのフランクフルトが勝利した。

【動画】長谷部が喜び、嘆いた試合のダイジェスト映像はこちら!

 試合会場のヴェロドロームは、昨シーズンのサポーターの不祥事により無観客。がらんとしたスタジアムが独特な雰囲気を醸し出すなか、これまでリーグ戦では開幕3試合で出場がなかった長谷部誠がスタメン入り。酒井宏樹はベンチスタートとなった。

 1-1で迎えた59分、フランクフルトはウィレムスが2度目の警告で退場し、1人少ない状態になってしまう。しかし粘り強く守り、終了間際の88分、交代出場のヨビッチが勝ち越しゴールを決めて、敵地で勝利をもぎ取った。

 フランクフルト紙『Frankfurter Neue Presse』は、「中央で守備と攻撃を担った長谷部という選択肢は、結果的にチームを強固にした」と綴り、この逆転劇を支えた存在として長谷部を高く評価した。

 また、ドイツ紙『BILD』も「彼の特徴であるハードラン、ボールをセーフティーに扱う能力、そしてデュエル。この試合で、これらは常に必要とされる場所にあった」と、その貢献ぶりを称賛している。

 実はこの数日前、フランクフルト地元紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』が、「Sky Sports」司会者のマーク・ベーレンベック氏の弁として、「長谷部がフランクフルトに必要である」というコラムを掲載し、その理由を以下のように挙げている。

「長谷部のようなリーダーシップを持つ選手が、今のフランクフルトには少ない。ふたつめに、ドルトムントのような攻撃力の高いチームと当たる時には、5バックを検討すべき。その場合、ボランチは長谷部が最適だ。

 そして3つめに、現レギュラーのジェルソン・フェルナンデスとルーカス・トッロが満足なパフォーマンスを見せていない。

 経験豊富な長谷部は、チームが不安定になった時、そのサポートと、戦略をもたらすことができる選手だ。我々には、彼が必要なんだ」

 まさに、ここで語られたことが、マルセイユ戦で発揮されたというわけだ。

 当の長谷部は、試合後に自身のインスタグラムを更新。チームの勝利を喜びながら、「改めてサッカーはファンサポーターがいて成り立つものと実感」と、ハッシュタグで本音を吐露している。

9/21(金) 20:10配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00047610-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537542982
続きを読む

【サッカー】<長谷部誠が中田英寿に伝えたいこと>「日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る...」「書いといてください!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/18(火) 15:54:10.65 ID:CAP_USER9.net

「ヒデさんはサッカー界に携わってもらわなきゃ」

 「これまで本物の、真のビッグクラブでプレーした選手って、ヒデさんのローマ、シンジ(香川真司)のマンチェスター・Uくらいかな。だから欧州のトップでプレーする選手が、もっともっと出てきてほしいという気持ちはありますね。それは日本代表とか、日本サッカーの強化につながると思います」

 その日本人選手の欧州移籍のパイオニアである中田英寿については、憧れと尊敬の気持ちを込めてメッセージを託してきた。

 「ヒデさんはやっぱり、別格だと思いますよ。21歳でペルージャに行って、2点取ったユベントスとのデビュー戦も、『すっげーな』と思いながらテレビで見ていました。それからローマでスクデットも取って。

 ヒデさんって、まだ41歳でしょ? 俺、34ですよ(笑)。同じ時代にサッカーをやりたかったですね。サッカー観とか、合いそうな気がするんですよね。あの人は強さもあり、うまさもあり、ダイナミックさもあって。一緒にボランチでコンビを組んでやりたかったって、一番思う選手かもしれない。

 僕なんかが偉そうに言うのはあれですけど、やっぱりヒデさんはどういう形であれ、日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る人だと思いますね。監督なのか、コーチなのか、協会のスタッフなのか、どういう立場かはわからないですけど、何かしら関わってほしい人。ああいう人がいると日本サッカー界もより盛り上がるし注目されると思う。だから、そう書いといてください!」

 最後は茶目っ気たっぷりながら、とても長谷部らしいメッセージだった。

 ヒデさん、読んでますか? 

9/18(火) 15:11 ナンバー 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00831891-number-socc&p=3


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537253650
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ