長谷部

【サッカー】「長谷部だけは欠かせない」ハリル監督胸中に迫る W杯史上初8強へ、“ビッグ3”は代表に戻ってくるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/01/11(木) 11:31:09.61 ID:CAP_USER9.net

2018年1月10日 17時10分
 2018年サッカーW杯ロシア大会は6月14日に開幕する。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)率いる日本代表は、強豪揃いのグループリーグを勝ち抜き決勝トーナメント進出、さらには史上初のベスト8まで駆け上がることができるか。ここにきて、メディアからの批判に神経質になっている様子もうかがえる指揮官を、これまで人一倍衝突してきた(?)夕刊フジ記者が直撃。その胸の内に迫った。(取材構成・久保武司)

 ハリル監督は明らかにイライラしている。“国内組”だけで臨んだ17年12月のE-1選手権は、北朝鮮、中国には1点差で競り勝ったものの、最後の韓国戦に1-4の惨敗。暗雲が垂れ込めている。

 やはり本田圭佑(31)=パチューカ、香川真司(28)=ドルトムント、岡崎慎司(31)=レスター=の“ビッグ3”は欠かせないのか。

 しかし、ハリル監督がキーマンとして名前を挙げたのは、その3人ではなかった。

 長年日本代表の主将を務め、ロシア大会でメンバー入りすれば3大会連続出場となるMF長谷部誠(33)=フランクフルト=である。17年3月に右膝軟骨損傷の内視鏡手術を受け、その後の回復具合が懸念されているところだ。

 --もし長谷部が本大会に間に合わなかった場合、代役やプランは

 ハリルホジッチ監督(以下ハリル)「(首を横にふりながら)そんなことは考えたくもない」

 --故障で出場できなくても、チームのまとめ役として長谷部を連れて行く手もある。考えているか

 ハリル「NO! それは絶対にNOだ。私にそんな考えはない。選手をツーリスト(旅行者)としてW杯に連れて行くことこそ、酷なことだと思わないか」

 --しかし日本は過去に、ベスト16入りした2002年大会でFW中山とDF秋田、10年大会ではGK川口を、戦力というよりまとめ役としてメンバー入りさせた

 ハリル「問題を抱えているのは、長谷部だけではないんだ。本田も香川も。DF森重だってそうだし、GK川島(メス)も出場機会が保証されているわけではない。長谷部自身、もう34歳になる(1984年1月18日生まれ)。W杯も(グループリーグで)3試合フル出場は難しいだろう」

 ハリルジャパンの弱点のひとつは、主力にベテランや故障を抱えた選手が多く、彼らにフル出場を期待できないこと。したがって、“まとめ役”というだけでメンバー入りさせる余裕はないのだ。長谷部の体調について、指揮官は祈るような思いだろう。

 グループリーグで対戦する3カ国を見ておこう。

 初戦の相手コロンビアには、4年前のW杯ブラジル大会で1-4と惨敗。この試合の後半45分に得点したMFハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)は、26歳とまさに今が旬だ。前回はケガの影響で出場しなかったFWファルカオ(モナコ)も今季絶好調。日本は勝つに越したことはないが、いかに勝ち点1(引き分け)を取るかがカギになる。

 2戦目のセネガルとは15年ぶりの対戦となる。エースFWマネ(リバプール)は今大会きっての注目のストライカー。アフリカ人特有の驚異的なスピードと体の強さがある。FWケイタ・バルデ(モナコ)との2枚看板を、日本の守備陣がいかに抑えるか。

 最後に控えるポーランドにも、FWレヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)という警戒すべきエースがいる。同国歴代最多得点記録保持者だが、ドルトムントでは2季日本代表MF香川とコンビを組んだ。対策を練る上で香川がキーマンになるかもしれない。

 混戦が予想されるが、日本は前述のE-1選手権・韓国戦の惨敗以降、ハリル監督への風当たりが激しさを増している。指揮官は同戦終了直後のテレビインタビューで「韓国が日本より強いことは、試合前から分かっていた」と発言し、ひんしゅくを買った。

 記者会見で夕刊フジが「この結果に日本国民全員が絶望しています」と問いただすと、「それは私とは違った意見だ。大会で2勝したことは素晴らしい結果だった。この試合に監督のせいで負けたと思うなら、そういう記事を書いてくれて結構だ」と目をむいた。

 ハリル「私は毎回正直に、私が真実だと思っていることを話している。決して何かを批判しているわけではありません。見たことを確認して、思っていることを伝えているだけです。(メディアの皆さんは)これからもどんどん批判してください」


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14139127/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515637869
続きを読む

【サッカー】“ガラスの主将”長谷部はW杯に行けるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/01/11(木) 11:10:48.11 ID:CAP_USER9.net

1/11(木) 11:01配信
 6月のロシアW杯でハリルジャパンの命運を握るのは“ガラスの主将”の動向だ。日本代表の大きな懸案がMF長谷部誠(33=Eフランクフルト)の右ヒザの問題で、患部は完治の見通しが立っていない。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は万全でなければW杯メンバーから外す方針を固めたが、主将として唯一無二の存在とあって“代替案”の模索が急務となっている。

 長谷部は昨年3月に手術を受けた右ヒザの状態が思わしくなく、復帰と再発を繰り返している。W杯切符がかかった昨年8月31日の最終予選オーストラリア戦に出場したものの、リハビリを急ピッチで進めた無理がたたり患部は腫れ上がった。その後はクラブで出場しても、またすぐに欠場の繰り返し。12月のリーグ戦は3試合連続で欠場した。

 ドイツ1部リーグの冬季中断期間で帰国し、故郷の静岡・藤枝市でサッカー教室を開催した際には、右ヒザについて「完璧ではない。(痛みと)付き合っていかなければいけないけど、楽観的にいる。6月には完治すると思う」と説明。本番ギリギリまで予断を許さない状況だ。

 日本代表にとって長谷部はキープレーヤーで、主将として絶対的な存在となっている。ハリルホジッチ監督も「選手としても人間としてもチームにとって重要。他の選手に対する大きな影響力を彼は持っている」と全幅の信頼を寄せている。

 それでも指揮官は現実的だ。故障を抱えていても精神的支柱の役割を担う“メンタルプレーヤー”としてW杯に同行させることも可能だが「ツーリストとして連れて行く選手はいない。プレーできないことが分かっている上で連れて行くことはしない」。さらに「もちろん、長谷部がいなかったら、プレーできなかったらということは考えている」と本大会で長谷部不在のケースも想定し始めている。

 とはいえ、簡単に長谷部を切れないのが今の日本代表の大きな悩み。人材難で主将の代役候補が見当たらないのだ。

 DF吉田麻也(29=サウサンプトン)や、ベテランのGK川島永嗣(34=メス)、DF長友佑都(31=インテル)などが代行経験を持つが、代表の主将には特有の資質が必要でハリルホジッチ監督が合格点を出すには至っていない。協会関係者も「ハセのような働きができる選手はなかなかいない」と嘆く。

 長谷部が不在だった昨年10月シリーズでは、格下のニュージーランドとハイチを相手にホームで大苦戦。そのため指揮官は国内組だけで臨んだ12月の東アジアE―1選手権で新たな候補も模索したが「MF今野(泰幸=34、G大阪)にやってもらおうと思ったが、プレッシャーに感じるみたいだ。選手がやりたくないと言うなら強制もできない」と解決策は見つからないままだ。

 右ヒザの状態にかかわらず長谷部を“当確”させる手もあるが、ハリルホジッチ監督はあえてその選択肢を排除。自らの首を絞めることにならなければいいが…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000004-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515636648
続きを読む

【サッカー】<中島翔哉>長谷部や鎌田の同僚に?フランクフルトが獲得を検討中と報道!会長「彼を残すことを望んでいるが、難しくなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/06(土) 12:06:39.54 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF長谷部誠や鎌田大地が所属するフランクフルトは、ポルティモネンセでプレーする元U-23日本代表MF中島翔哉に興味を抱いているようだ。ポルトガルメディア『ゼロゼロ』が伝えている。

昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入した中島は、これまでリーグ戦11試合に出場し6ゴールをマーク。昨年末にはポルトガル国内ではベンフィカやポルト、またドイツのヴォルフスブルクからの関心も伝えられていた同選手だが、フランクフルトが具体的な動きを見せているという。

『ゼロゼロ』によると、フランクフルトは中島の獲得に向けたオファーを準備しており、4日に関係者がポルティモネンセと接触したとのこと。一方、中島の保有権の20%を確保しているとされるポルティモネンセは、他クラブへの売却を進めるためには残り80%をFC東京から買い取ることが必要になる。レンタル契約に盛り込まれている移籍金400万ユーロ(約5億4000万円)で買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得することを検討しているようだ。

また、ポルティモネンセのロディネイ・サンパイオ会長は先日、『オ・ジョゴ』で中島の去就について「彼を残すことを望んでいるが、難しくなるだろう」と言及。さらに「どの選手にも定められた価値がある。大きなクラブが我々の選手を欲しがり、条件を受け入れれば、そのクラブが(移籍金を)支払うことになる。我々はそれに対して、何もできない」と認めていた

1/6(土) 9:21配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000000-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515207999
続きを読む

【サッカー】≪ フランクフルト長谷部 ≫引退後もドイツに残ると独紙に明言

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/01/05(金) 06:05:59.45 ID:CAP_USER9.net

1/5(金) 5:04配信
 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠(33)がドイツのキッカー誌で3日、引退後もドイツ“残留”することを明言。現役引退後について「(こちらに)住みたい。僕の家族もフランクフルトがとても気に入っています。もう100回も言いましたが残りたい」と引退後も日本には帰国せず、ドイツに残ると語った。

 痛めている右膝はすでに問題なく、練習もフルにこなしている。痛み止めも必要がなくなっている状況だ。フランクフルトとの契約は今夏に切れる。だが、ボビッチ・スポーツディレクターは「彼のキャリアを高く評価している。膝の問題さえ解決すればもう1年は決まりだ」と契約延長の見通しだ。

 膝について本人は「復帰するのに時間はかかった。(状態が)いい日もあったし、悪い日もあったが、けがの後にはよくあること。でも、状態はよくなったので、ピッチでいいパフォーマンスを見せたい」と、13日から始まる後半戦に意欲を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000345-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515099959
続きを読む

【サッカー】長谷部フル出場のフランクフルト、ヘルタを下して8位浮上/ブンデス

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/04(月) 13:12:24.95 ID:CAP_USER9.net

12/4(月) 12:34配信
長谷部フル出場のフランクフルト、ヘルタを下して8位浮上/ブンデス

 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間3日、第14節の残り2試合が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地所属の9位フランクフルトが敵地で原口元気所属の11位ヘルタ・ベルリンに2対1と勝利した。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地とヘルタの原口元気はベンチ外だった。

 序盤にゼルケの先制点を許したフランクフルトだが、26分のヴォルフのゴールで追いつき、80分にボアテングが逆転弾。ベルリン出身でヘルタのユースで育ち、トップチームでも公式戦53試合に出場した過去を持つボアテングは、古巣への敬意からゴールを祝わなかった。フランクフルトは8位に浮上。ヘルタは12位に転落した。

 一方、4位ボルシアMGは敵地で14位ヴォルフスブルクに0対3と完敗。2位ライプツィヒが敗れ、3位シャルケが引き分けていたため、勝てば2位に浮上できたが、好機を逸して4位にとどまることになった。

 立ち上がりにマリが先制点を挙げたヴォルフスブルクは、さらにそのマリのおぜん立てからディダヴィが追加点。後半にギラヴォギのダメ押し弾で勝負を決し、11位に浮上している。(STATS-AP)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000012-ism-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171204-00000012-ism-000-0-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512360744
続きを読む

【サッカー】<ハリル監督>「日本のFWにエゴイストはいない」「長谷部がいないと(ピッチ上で)日本の選手で声を出す選手がいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/11/28(火) 21:12:32.81 ID:CAP_USER9.net

日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が27日、都内で元日本代表DF宮本恒靖氏(40=G大阪U―23監督)とスペイン1部リーグのバルセロナとレアル・マドリードが対戦するクラシコに向けた対談(12月22日、WOWWOWプライムで無料放送)の公開収録を行った。

 ハリルホジッチ監督は来月23日の“伝統の一戦”に向け両チームの戦力分析で宮本氏との対話が盛り上がると、日本代表についても言及。

バルセロナのFWルイス・スアレス(30)のエゴイストぶりを絶賛し「日本のFWにエゴイストはいない。杉本(健勇=25、C大阪)も大迫(勇也=27、ケルン)もなれていない。ちょっとでも見習ってほしい」と注文をつけた。

 それでも国際親善試合ベルギー戦で杉本が見せた姿勢を評価。「パスをすれば、味方が(相手GKと)1対1になれるシーンがあったが、杉本はシュートをした。普通ならボールを出すべきだが、本人には『フリーの選手がいたけど、それでいいんだ』と言った」。FWとして何が何でも自分が決めるという意思表示は、ストライカーの第一歩というわけだ。

 またMF長谷部誠(33=Eフランクフルト)の存在を改めて強調。バルセロナのMFセルジオ・ブスケツ(29)が指示を出す姿や危険察知能力などを語っているうちに「長谷部がいないと(ピッチ上で)日本の選手で声を出す選手がいない」と嘆く場面も。対談後の取材でも「日本代表に長谷部ほどの選手はいない」と繰り返していた。

11/28(火) 16:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000040-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511871152
続きを読む

【サッカー】<W杯を知る男たち ジーコ論・下>厳しい選手選考、MFには小野、俊輔、中田がいたので…。長谷部連れていけず残念

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/11/25(土) 16:03:41.08 ID:CAP_USER9.net

<W杯を知る男たち ジーコ論・下>

 06年W杯ドイツ大会で日本代表監督を務めたジーコ氏(64)は、選手時代にはブラジル代表として78、82、86年大会に出場、いくつもの名勝負を演じてきた。「ジーコ論」の2回目ではW杯への気構え、選手時代の思い出、さらに優勝候補に挙がるブラジル代表について語ってもらった。【取材=エリーザ大塚通信員】

 ジーコ氏はW杯を迎える際の気構えをこう話す。「W杯に参加する、そのステータスを得たことへの責任。責任は重くなっていくし、人々は自分の能力やキャパシティーを信じてくれる。それらを背負う覚悟が必要です」。

 もちろん選手と監督では違いもある。「選手なら体をつくり、技術を磨き、精神を鍛える。自身をベストコンディションに仕上げる必要がある。監督は全員に気を配らねばならない。落ち着いて決断を下さねばならない。サポートがあっても最終決断するのはいつも私でした。誰を選ぶのか、落とすのかなど、すべて私の決断です」。

 選手選考は難しい仕事だった。「本当に残念だったのは、既にMF陣が埋まっていたので、1人の選手を連れていけなかったこと。(当時)浦和の長谷部誠です。MFには稲本潤一、小野伸二、中村俊輔、中田英寿、遠藤保仁がそろっていたので…。若い才能を連れていけなかった。23人しか選べないので」。

 逆に選ばれる立場だった選手時代は代表発表で「アルファベット順の時はいやでしたね。Zは最後なので」と振り返る。また、幾多の栄光を重ねたジーコ氏にも、苦い思い出がある。72年ミュンヘン五輪代表に選ばれると信じていたが、落選した。「自分の世界が崩れていき、ボールを蹴ることをやめる寸前までいきました。当時まだ10代で…。予選でゴールも決めていたし、絶対に選ばれると確信していたのに」。

 W杯での思い出深い試合を2つ挙げた。78年アルゼンチン大会1次リーグ初戦のスウェーデン戦。「試合終了間際、ネリーニョのCKを受けた時に主審が笛を吹いて試合を終わらせた。その時に私がゴールに決めたヘディングは笛の後だったとされ、得点は無効にされました。ゴールだったら2-1で勝利。勝っていたら次のスペイン戦(0-0)への士気も上がった。勝っていたら(C組1位となり)2次リーグで(優勝した)アルゼンチンと同組にならなかった。もしかしたらこのヘディングシュートはW杯の歴史を変えていたのかもしれません。それが無効にされたのです!」と語気を強めた。

 一方、82年スペイン大会2次リーグでのアルゼンチン戦。「あの勝利は最高でした。アルゼンチンはいいベースを持ち、マラドーナもいた。そこで3-1で勝ったのです!」。ジーコ氏は前半10分に先制点を決めた。両チームとも4強入りを逃したが、「お互いにライバル視している相手だったので、とても重要な試合でした」。

 最後に現在のブラジル代表について、16年夏に就任したチチ監督の影響が大きいという。「彼の存在が変化を生んだ。14年W杯終了後から彼を監督にすればよかった。2年間もロスした。でも巻き返せた。選手は14年に何が起きたか理解しています」。前回大会は地元開催ながら、準決勝でドイツに1-7と歴史的大敗を喫した。「『ブラジル』という名前は必ずしも勝利に結びつかない。尊敬はされても、敵は必要ならブラジルをたたきつぶしに来る」。それでも後輩たちの成長は感じている。「私はブラジルに対して楽観的に考えている。きっと決勝まで行くと思います」。(おわり)

 ◆ジーコ 1953年3月3日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。本名アルトゥール・アントゥネス・コインブラ。フラメンゴで活躍し、81年トヨタ杯リバプール戦で来日。83~85年はウディネーゼでプレー。ブラジル代表は76年に初選出され、通算72試合52得点。W杯では78年3位、82年2次リーグ敗退、86年8強。91年に鹿島入りし、94年引退。02年W杯後に日本代表監督になり、06年W杯は1分け2敗で1次リーグ敗退。

11/22(水) 11:11配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00058768-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511593421
続きを読む

【サッカー】長谷部はベルギー戦欠場へ、2日連続の別調整

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/11/14(火) 06:55:35.06 ID:CAP_USER9.net

11/14(火) 2:40配信
長谷部はベルギー戦欠場へ、2日連続の別調整

 14日の国際親善試合でベルギーと対戦する日本代表は13日、ベルギー・ブルージュにある試合会場のヤン・ブレイデルスタディオンで公式練習を行った。

 MF長谷部誠(フランクフルト)は2日連続の別調整となり、ベルギー戦の出場は微妙となった。コンディション調整のため前日12日も別メニューだったキャプテンは練習前に早川直樹コンディショニングコーチとともにバヒド・ハリルホジッチ監督と話し合う姿があった。

 練習冒頭はチーム全員でランニングを行っていたが、長谷部は途中で離脱。早川コンディショニングコーチと2人でペースを落として走り、別調整となった。練習後、報道陣の取材に「僕自身はできる状態ではあったけど、今日は別で」と説明。3月に手術した右膝の状態が悪化したわけではないと強調した。

「(ベルギー戦に)間に合うどうこうというより、悪くなっているわけではない。ただ、これは監督が決めること。チームとコンタクトも取っていると思うし、それでいろいろあると思う」。ブラジル戦から中3日での連戦となるベルギー戦。クラブ事情も考慮し、起用を見送ることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-01646287-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171114-01646287-gekisaka-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510610135
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ