長谷部

【サッカー】日本代表、W杯予選UAE戦の見どころは?長谷部誠の穴を埋めるのは…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 20:56:50.83 ID:CAP_USER9.net

2017年ワールドカップ予選初戦で絶対的なキャプテン・長谷部誠が負傷離脱。その影響が心配されるが、果たして日本代表は無事に勝利を収め、帰国できるのか。現地で取材する元川悦子が、アラブ首長国連邦(UAE)戦の予想スタメン、そして勝敗のカギを握るポイントを分析する。


前半の5試合を終えた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選。日本は、首位のサウジアラビアと勝ち点10で並び、出場権を獲得できる2位となっている。しかし、3位のオーストラリアと4位のアラブ首長国連邦(UAE)は、いずれも勝ち点9。4カ国が勝ち点1の間にひしめき合う大混戦で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「最後まで戦うことになると思う」と危機感を募らせており、予断を許さない状況だ。


それだけに日本にとって3月23日に行われる第6戦・UAE戦(アル・アイン)は絶対に負けられない大一番となる。昨年9月1日のホーム初戦で苦杯を喫した相手にリベンジを果たさなければ、6大会連続世界切符を得るのが難しくなるだろう。

まさに命運を大きく左右する決戦を前に、日本はキャプテン・長谷部誠(フランクフルト)が右ひざ負傷で離脱するというアクシデントに見舞われた。絶対的キャプテンを最終予選で欠いたことは、2010年の南アフリカW杯から一度もない。大黒柱不在がチームの一体感や結束力に影響を及ぼす可能性も否定できない。ハリルホジッチ監督は「キャプテンマークは麻也(吉田/サウサンプトン)、森重(真人/FC東京)、佑都(長友/インテル)が巻くかもしれない」と代役候補を口にした。さらに、20日に34歳の誕生日を迎えた守護神・川島永嗣(メス)や強靭なメンタリティーを持つ本田圭佑(ミラン)らを含めて、経験豊富な面々が意識的にチーム引き締めを図っていくことが肝要だ。

長谷部が抜けたボランチの穴をどう埋めるかというのも極めて重要なテーマだ。ボスニア人指揮官就任後、予選を通してレギュラーを張っている山口蛍(セレッソ大阪)の先発は確実だとして、パートナーが誰になるのかが気になる。その候補者筆頭と見られるのが、2年ぶりに代表復帰した34歳の今野泰幸(ガンバ大阪)だ。国際Aマッチ87試合出場を誇る経験豊富なボランチなら、非常事態でも問題なくプレーできるはずだ。しかも、今野にとってUAEは、かつて2003年ワールドユース(現Uー20W杯)でキャプテンとして8強の原動力となり、2004年アテネ五輪最終予選でも奮闘した、ゲンのいい土地。今野の底力が遺憾なく発揮されるだろう。

山口とボランチコンビを組んだことがない点は不安視されるものの、日本屈指のボール奪取職人が2人並べば、相手エースのオマル・アブドゥラフマンも好き勝手にはプレーできない。UAE代表のアリ監督が前日会見で日本でのゲームで2得点を挙げたモハメド・ハリル欠場の可能性を口にしたが、彼がいてもいなくても、オマルをつぶせばアリ・マブフートを含めた前線の決定的仕事も激減するに違いない。彼らの高い守備能力が大いに期待される。

振り返ってみれば、ホーム初戦で黒星を喫した時は長谷部と大島僚太(川崎フロンターレ)のボランチコンビが機能せず、相手にスキを与える形になった。その反省を踏まえ、今野と山口という安定感あるボランチがしっかり守備から入ってくれれば、最悪のシナリオは逃れられるはず。今回もボランチの一挙手一投足が試合の明暗を分けそうだ。

その上で、いかに点を取るかを考える必要がある。今回の日本攻撃陣は、昨年11月のサウジアラビア戦(埼玉スタジアム2002)を踏襲した形になる公算が高い。1トップは目下ドイツで絶好調の大迫勇也(ケルン)が陣取り、2列目右サイドは今年1月のヘント移籍後、7戦5発とブレイク中の久保裕也のスタメンが有力だ。同左サイドはもちろん最終予選4試合連続ゴール中の原口元気(ヘルタ・ベルリン)となる。

トップ下は前回、清武弘嗣(C大阪)が先発出場したが、今回は合宿2日目まで別メニューで、コンディションはいまひとつ。そのため、香川真司(ドルトムント)がスタメン復帰すると見られる。試合勘に問題のある本田のベンチスタートはほぼ確実だが、レスターで復調気味の岡崎慎司を右サイドに回す、あるいは時間帯によって大迫と2トップで起用するといったオプションも考えられる。とはいえ、基本的には上記4枚がファーストチョイスと見るべきだ。

http://m.goal.com/s/jp/news/125/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97/2017/03/23/33918352/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8w%E6%9D%AF%E4%BA%88%E9%81%B8uae%E6%88%A6%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0%E3%81%AE%E7%A9%B4%E3%82%92%E5%9F%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AF

2 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 20:57:23.09 ID:CAP_USER9.net

>>1 続き

大迫、原口、久保はホーム初戦に先発しなかった面々。特に大迫は「UAEに苦手意識は全くない」と自信満々にコメントしていて非常に頼もしい存在だ。3月18日のヘルタ・ベルリン戦で決めたスーパーゴールを見ても分かる通り、今は得点への道筋が明確に見えている状態だ。「ゴール前ではシンプルに頭をクリアにしてどんどん狙っていくことが大事だと、あらためて感じた」と本人も強調したように、この試合でもチャンスと見るや迷いなくシュートを打っていい。それはクラブで結果を出している久保、代表最大の得点源である原口も同じ。香川がドルトムントでやっているように彼ら3人の良さをうまく生かし、得点チャンスをお膳立てしてくれれば、攻撃陣は必ず機能する。今野、山口が高い位置でボールを奪って素早いカウンターを仕掛けていくことも意識的に実践したい。

この陣容だとリスタートのキッカーが気掛かりではあるが、香川も久保もCKやFKを蹴れる。吉田や森重ら高さのある選手が打点の高いヘッドを見せてくれば、得点の確率も高まる。これまでも苦しい状況で吉田がゴールを決める場面が何度もあった。最近はサウサンプトンでもコンスタントに出場していて状態もいいだけに、彼には守備のみならず攻撃面でチームをリードしてもらいたい。

後半戦スタートとなるこの一戦をモノにできれば、今後の戦いは楽になる。今の日本代表の持てる力を全て出し切って、勝ち点3を持ち帰ってほしい。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490270210
続きを読む

【サッカー】<日本代表/考察>長谷部に代わってキャプテン役が相応しいのは?本田?長友?それとも……

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 15:16:30.00 ID:CAP_USER9.net

長谷部に代わるキャプテン役は本田、長友、それとも……。

 ハリルジャパンの不動のキャプテン、長谷部誠離脱のショックの余韻はまだ冷めやらない。本人は20日の練習後、決戦に挑む選手たちを気遣ってか、「僕がこのチームを離れれることでの影響は、個人レベルで考えるとそれほどないと思う。何も心配はしていません」とした。しかし、その存在が安心感を生み、チームを円滑に機能させていただけに、やはり影響は大きいと言わざるを得ない。
 
 本田圭佑は「影響のことは今ここでは話したくない」と言及を避けたが、「これ(報道)を他の選手も読むから、そこまで(発言を)考えないと。でも、たとえ影響があったとしても、影響はないというふうに思わないとまずはダメ」と精神論を展開する。
 
 では、UAE戦は長谷部に代わって誰がキャプテン役を務めるのか。過去にキャプテンマークを巻いた経験のある本田圭佑や岡崎慎司は、黒子役としてその役割をこなすだけのメンタルタフネスを備えている。特に、本田は強烈なリーダーシップの持ち主なのは言うまではないが、ミランでの出場状況から考えるとスタメン起用の可能性は高くないだけにどうか。
 
 一方、年齢的には最年長に当たる今野泰幸(34歳)や川島永嗣(34歳)も浮上する。ただし、前者は15年3月以来の代表復帰に加え、長谷部の代わりにボランチに入るとなれば、プレーに専念させたいところ。「長谷部に代わりリーダーはいない」と言う川島も、「僕もコンちゃん(今野)もそうですけど、声をかけながらチームが良い方向に行くようにやっていければいい」としつつも、「そこまで気を配る余裕はないですよ(苦笑)」と本音ものぞかせている。
 
 今後の代表を考えると、ロンドン五輪世代の山口蛍により責任のある仕事を任せるのも一手だろう。物静かな彼が、殻を破れば……と成長を望む声もあるだろうが、ワールドカップ出場を懸けた“大一番”だけに、負担が大きすぎる懸念はある。
 
 経験を重視した場合、長友佑都は候補者のひとりか。インテルでは2017年に入って公式戦13試合で出番を得たのは2試合で、プレータイムはわずか93分本田同様にコンディションや試合勘に不安を抱える。しかし、20日の練習では4対4や7対7の練習でマッチアップ相手に激しく当たりに行くなど、軽快な動きを見せていた。スタメンは当確でないものの、有力な候補者であるのは間違いないだろう。
 
 もっとも、現実問題としてキャプテンの穴をひとりで埋めるのは難しい。選手一人ひとりが自覚と責任感を持ち、チーム一丸となって初めてUAE戦の勝利が見えてくるはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

SOCCER DIGEST Web 3/21(火) 20:47
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00023693-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490163390
続きを読む

【サッカー】長谷部誠が代表離脱でUAE戦回避 左膝治療を優先

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 23:34:54.50 ID:CAP_USER9.net

 日本協会は20日、左膝手術の可能性が浮上していた日本代表MF長谷部誠(33=フランクフルト)が、
W杯ロシア大会アジア最終予選でUAE遠征中のチームから離脱すると発表した。

 11日のBミュンヘン戦で痛めた左膝について、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)や
メディカルスタッフに報告するため、19日(日本時間20日)にドイツから代表宿舎へ到着。
自力で歩きながら「話し合うために来た」と説明していたが、その後の診察の結果、
23日UAE戦の強行出場は断念し、治療を最優先する方針を固めた。

 この負傷に関しては、フランクフルトが16日のMRI検査の結果を受けて18日に
「手術を受ける」「無期限離脱」と発表。地元メディアも「一時帰国し、内視鏡手術を受ける」と追随していた。
この日は、ドイツ紙ビルトも「ハセベは21日に日本へ出発し、手術を受けることになるだろう」と報道。
患部は「半月板」と推測し、重傷の場合は今季のブンデスリーガ復帰は絶望と伝えていた。
代表にとっても、昨年9月に敗れたUAEとの再戦を主将不在で迎えることが決まった。

 長谷部はW杯最終予選に初出場した08年以降、出場停止だった3試合を除く、すべての最終予選に出場してきた。
その3試合も、すべて本大会出場決定後の消化試合。
離脱によって、初めて「長谷部抜きの真剣勝負の最終予選」をチームは強いられることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-01795232-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490020494
続きを読む

【サッカー】左ひざ手術の長谷部、ハリル監督と話し合いのためUAEで代表合流へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 11:26:39.84 ID:CAP_USER9.net

2017年3月19日10時1分 スポーツ報知

 来週中に左ひざの手術を受けることになった日本代表のMF長谷部誠(33)=フランクフルト=について、日本サッカー協会広報は「現在のところ」と前置きした上で「代表に呼ぶ方針。こっちでスタッフと話し合うことになる」と、UAEで日本代表に合流する見通しを明かした。日本代表は23日のW杯最終予選UAE戦(アルアイン)に備え、UAEで事前合宿に入る予定となっている。

 長谷部は11日のバイエルン戦でゴールポストに左足が激突。すねを6針縫う負傷を負いながら17日の練習には一時復帰した。だが、フランクフルトのコバチ監督とチームドクターの話し合いで、来週中に手術を受けると、クラブのホームページで18日に発表した。UAE戦の出場は厳しい情勢だが、一度バヒド・ハリルホジッチ監督(64)らと面会し、話し合うとみられる。

http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20170319-OHT1T50107.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489890399
続きを読む

【サッカー】長谷部、ひざの手術 長期離脱へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 02:44:12.68 ID:CAP_USER9.net

アイントラハト・フランクフルトは3月18日、長谷部誠が来週ひざの手術を受けることを発表した。

長谷部は前節バイエルン・ミュンヘン戦でゴールポストに激突し、すねを6針縫うけがを負った。15日には当サイトのインタビューで「今週末の試合に向けて調整しています」と話しており、クラブ公式サイトによると前日まで今節ハンブルガーSV戦への出場に向けてトレーニングを行っていたという。

日本代表はFIFAワールドカップアジア最終予選で3月23日にアラブ首長国連邦戦(アウェー)、28日にタイ戦(ホーム)を控えているが、キャプテン抜きで戦うことになるだろう。

http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E3%81%8C%E3%81%B2%E3%81%96%E3%81%AE%E6%89%8B%E8%A1%93%E3%81%B8.jsp

16 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 02:48:53.79 ID:CAP_USER9.net

>>1
>Summary
>フランクフルト長谷部、来週ひざの手術へ
>前節バイエルン戦でポストに激突し、すねを6針縫う
>日本代表のW杯アジア最終予選も含め、長期離脱の見込み

スレタイ訂正 長期離脱へ → 長期離脱の見込み


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489859052
続きを読む

【サッカー】ハリル監督、負傷長谷部の最終予選招集を明言「彼は強い選手だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 21:51:22.80 ID:CAP_USER9.net

スポーツ報知 3/14(火) 21:48配信

 11日のドイツ1部バイエルン戦で左すねを6針縫う裂傷を負った日本代表主将のMF長谷部誠(33)=フランクフルト=のロシアW杯アジア最終予選UAE戦(23日、アルアイン)への招集について、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)が14日、「(招集は)問題ない」と語った。長谷部はバイエルン戦で相手シュートをクリアした際にポストに左すねを強打し、後半途中に負傷交代。その後、自身のインスタグラムで患部を6針縫ったことを明かしていた。

 回復具合が心配されていたこの日、アジア・チャンピオンズリーグの鹿島―ブリスベン戦を視察したハリル監督は「私はすべて把握している。土曜日の試合(ハンブルガーSV戦)にも出られるそうです。彼は強い選手だ」と絶大な信頼を口にした。

 日本のいるB組は、5試合を終えて勝ち点1差に4チームがひしめく大混戦となっている。日本は、首位サウジアラビアと勝ち点10で並んでいるが、得失点差で下回り2位。最終予選初戦で1―2の黒星を喫したUAEに再び負けるようなら6大会連続W杯出場の道は厳しさを増す。さらにアルアインでの試合は、完全アウェーが予想される。厳しい戦いに向けて、頼れる主将の不在は避けられそうだ。代表メンバーは16日に発表される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000217-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489495882
続きを読む

【サッカー】長谷部誠は引退後もドイツで生活?「日本に帰ることは想像できないです」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/11(土) 12:39:30.58 ID:CAP_USER9.net

アイントラハト・フランクフルトに所属し日本代表でキャプテンを務める長谷部誠が、ドイツ紙『Bild』のインタビューに応じた。

長谷部は、2008年の1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入した。以来ドイツでのプレーを続け、ブンデスリーガの日本人出場記録で奥寺康彦を抜き歴代1位に躍り出た。もうすっかりドイツに溶け込んだ長谷部だが、来独当初について次のように振り返っている。

「今となっては当たり前ですけど、天気は良くなかったです。夕方4時には暗くなってしまうことには驚かされました。言葉や食についても驚きはありましたが、フェリックス・マガト監督のトレーニングは衝撃的でした」

また、規律や秩序など、ドイツに来る前から抱いていたイメージと相違がなかった面もあったようだが、サッカーに関しては「ファイトが必要でした。それに180cmという身長は、日本では大きい部類に入るのですが、ブンデスリーガでは一番小さい方でした」と、想像と異なっていたことを明かしている。

続けて、お手本としているドイツ人選手についても言及。今シーズン限りでの引退を表明しているバイエルン・ミュンヘンのDFフィリップ・ラームの名前を挙げ、「彼はどこでもプレーができます。右サイドバック、左サイドバック、中盤と高いレベルでこなすことができる」と、ポリバレント性を称えた。

■将来について

最後にドイツにあるもので、日本に持ち込みたい物を問われた長谷部は「静寂」と回答し、「日本では皆が僕のことを知っているんです。ここでは、何も気にすることなく外に出られます」とその理由を説明。さらに長谷部は「だから今の段階では日本に帰ることは想像できないんです。どちらかというとドイツで暮らすことを考えています」と、将来的にもドイツに留まる可能性を示唆した。

現在33歳の長谷部だが、一番の成功を問われた際には「個人で言えば、ここフランクフルトです」と現在が最も充実していることを明かした。フランクフルトは11日、ドイツ王者バイエルンと対戦する。敵地でのバイエルン戦とあって難しい試合が予想されるが、手本とするラームにも勝る活躍が期待されるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000012-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489203570
続きを読む

【サッカー】長谷部、地元紙から「新記録おめでとう」…大迫はバイエルン戦の活躍で高評価

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/07(火) 14:44:37.28 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第23節は3日から5日にかけて各地で行われ、フランクフルトのMF長谷部誠がフライブルク戦でブンデスリーガ通算235試合目の出場を果たし、奥寺康彦氏の持っていた日本人最多出場記録を31年ぶりに更新した。

 地元紙からは記録達成の祝福を受けたものの、試合後の採点は敗戦という結果も反映して平均点以下の評価となった。

 FW大迫勇也のケルンはバイエルンとホームで対戦。試合は0-3と完敗を喫したが、フル出場の大迫に対して地元紙は「ベストプレーヤー」と高い評価を与えている。

 また、ハンブルガーSV主将のDF酒井高徳とヘルタ・ベルリンのMF原口元気が対決。酒井は途中出場、原口は先発し、試合はハンブルガーSVが1-0で勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はヴォルフスブルク戦で先発し、後半途中までプレーした。

 各選手の採点と寸評は以下の通り。(いずれも最高1点、最低6点)

■大迫勇也
対バイエルン(0-3●)フル出場
『EXPRESS』
採点:3
寸評:「マヌエル・ノイアーが大迫のスーパーへディングをクリア。失点の場面ではハビ・マルティネスにやられた。PKを見逃された。ケルンのベストプレーヤー」

『Koelner Stadt-Anzeiger』
採点:2.5
寸評:「前半に2度のチャンスがあったが、ノイアーに封じられた。ケルンが脅威を与えるほぼ全てのシーンに絡んでいた。先制点を奪われた場面は、背後からやられている」

■武藤嘉紀
対ヴォルフスブルク(1-1△)先発出場、67分交代
『Allgemeine Zeitung』
採点:4
寸評:「まだ背番号10のポジションに慣れていない。奮闘したが結果につながらず」

■長谷部誠
対フライブルク(1-2●)フル出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:So lala(=まあまあ/4点相当)
寸評:「安定感をもたらすべく骨を折ったが、追いつかれた場面は状況を把握していなかった。いつものような存在感がなく、アイデアも不足していた。そうした中でも、日本人選手最多となる235試合出場の新記録を達成。おめでとう」

■原口元気
対ハンブルガーSV(0-1●)先発出場、84分交代
『Hamburger Morgenpost』
採点:-
寸評:「彼のベストプレーをチームメートの(ヴェダド・)イビシェヴィッチが台無しにしてしまった。67分の(オンドレイ・)ドゥダとの連係以外は、これといったプレーもなかった」

■酒井高徳
対ヘルタ・ベルリン(1-0〇)73分交代出場
『Hamburger Morgenpost』
採点:4
寸評:「73分から投入されるとすぐにゲームに入り込んだ。ジョーカーとしても適任だった。少しばかり運が足りない面もあったが、彼のような必死さがあれば、いつか必ず報われるはず」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00559734-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488865477
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ