長谷部

長谷部誠にフランクフルトから契約延長のオファー、引退後の役職も

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:牛丼 ★:2019/12/29(日) 19:03:32.16 ID:yV+sA8Yh9.net

サッカーの元日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は29日、クラブから契約延長のオファーを受けたことを明かした。現在の契約は2020年夏までで、来年1月に36歳になる長谷部も更新に前向き。「キャリアが終わった後の具体的なオファーもいただいている」と将来、引退した後の役職も提案されているという。帰国中の長谷部は同日、自身の運営する、子ども向けサッカークラブのイベントを静岡県内で開催した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00050114-yom-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577613812
続きを読む

長谷部誠にフランクフルトから契約延長のオファー、引退後の役職も

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:牛丼 ★:2019/12/29(日) 19:03:32.16 ID:yV+sA8Yh9.net

サッカーの元日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は29日、クラブから契約延長のオファーを受けたことを明かした。現在の契約は2020年夏までで、来年1月に36歳になる長谷部も更新に前向き。「キャリアが終わった後の具体的なオファーもいただいている」と将来、引退した後の役職も提案されているという。帰国中の長谷部は同日、自身の運営する、子ども向けサッカークラブのイベントを静岡県内で開催した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00050114-yom-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577613812
続きを読む

【サッカー】長谷部誠 ドイツ1部リーグで通算300試合出場 13シーズン目、外国人選手では史上19人目

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:伝説の田中c ★:2019/12/21(土) 22:25:25.65 ID:bhj40eVJ9.net

 アイントラハト・フランクフルトのDF長谷部誠(35)がドイツ1部リーグで通算300試合出場を達成した。

 18日、ホームのケルン戦にMF鎌田大地(23)とともにフル出場し、3バック中央で守備陣を統率。前半30分まで2―0とリードしたが、その後4連続失点で2―4と逆転負けを喫し、節目の一戦を白星で飾れなかった。

 藤枝東高出身の長谷部はJ1浦和を経て2008年2月にウォルフスブルクでドイツ1部初出場。2013年にニュルンベルクに移籍し、翌年にEフランクフルトに加入した。2017年3月には235試合出場で、ブレーメンなどで活躍した奥寺康彦の234試合を上回る日本人最多記録を樹立。外国人選手では史上19人目となる300試合出場に13シーズン目で到達した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000201-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576934725
続きを読む

【サッカー】長谷部誠 ドイツ1部リーグで通算300試合出場 13シーズン目、外国人選手では史上19人目

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:伝説の田中c ★:2019/12/21(土) 22:25:25.65 ID:bhj40eVJ9.net

 アイントラハト・フランクフルトのDF長谷部誠(35)がドイツ1部リーグで通算300試合出場を達成した。

 18日、ホームのケルン戦にMF鎌田大地(23)とともにフル出場し、3バック中央で守備陣を統率。前半30分まで2―0とリードしたが、その後4連続失点で2―4と逆転負けを喫し、節目の一戦を白星で飾れなかった。

 藤枝東高出身の長谷部はJ1浦和を経て2008年2月にウォルフスブルクでドイツ1部初出場。2013年にニュルンベルクに移籍し、翌年にEフランクフルトに加入した。2017年3月には235試合出場で、ブレーメンなどで活躍した奥寺康彦の234試合を上回る日本人最多記録を樹立。外国人選手では史上19人目となる300試合出場に13シーズン目で到達した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000201-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576934725
続きを読む

【サッカー】J2福岡、長谷部茂利新監督の就任発表!今季水戸を躍進

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/11/26(火) 17:30:35 ID:5iRITB1f9.net

J2アビスパ福岡は26日、新監督に今季までJ2水戸を率いた長谷部茂利氏(48)の就任が決まったと発表した。

 神奈川県出身の長谷部氏はV川崎(現東京V)などでプレー。2018年から水戸の監督となり、今季はチームを7位に躍進させた。長谷部新監督は福岡を通じて「Avispa Styleに加え、攻守両面において選手が躍動し、連動するチームを目指します」とコメントした。

 また強化部長に大分トリニータ監督などを務めた柳田伸明氏(48)の就任が決まったことも発表された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010022-nishispo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574757035
続きを読む

【サッカー】J2福岡の新監督に水戸監督の長谷部茂利氏 強化部長も外部招聘へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/11/25(月) 12:14:52.71 ID:eUbfh6hi9.net

J2福岡の新監督に、J2水戸の長谷部茂利監督(48)が就任することが分かった。24日の最終節までJ1参入プレーオフ進出の可能性を残していた水戸は総得点差で6位の山形に及ばず、J1昇格の可能性がなくなった。

 長谷部監督は現役時代はMFで中大からV川崎(現東京V)に進み、神戸や市原(現千葉)などでプレー。引退後は神戸や千葉のコーチを務め、千葉で2016年7月から監督代行、昨年から水戸の監督に就任。豊富な運動量を選手に求め、17年に14位だった水戸を昨季は10位、今季は序盤に首位を走るなど躍進させた。

 強化部長は鈴木健仁氏に代わり、大分で強化・育成部長や監督などを歴任した柳田伸明氏が就任する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00010002-nishispo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574651692
続きを読む

【サッカー】2019年のAFC年間アワードの候補者が発表! 最優秀選手賞の槙野智章をはじめ、長谷部誠や安部裕葵ら日本人10名がノミネート

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/11/16(土) 21:29:08 ID:WZ1EbFZX9.net

アジア最優秀選手賞の受賞なるか?
 アジアサッカー連盟(AFC)が、2019年の年間最優秀選手賞など各賞の候補リストを開示した。日本からも、選手と監督を合わせて10人がノミネートされている。

 男子の年間最優秀選手賞では、浦和レッズのDF槙野智章が選出。ほかには、ペルセポリスのイラン代表GKアリレザ・ベイランバンド、アル・サードのカタール代表MFアクラム・アフィフがノミネートされた。槙野の選出理由については、「アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に浦和が決勝進出するまで、実に6試合のクリーンシート達成に貢献した」と綴られている。

 女子では、なでしこジャパンの主将であるDF熊谷紗希(リヨン)が、中国代表のリー・ヤン、インド代表のアシャラタ・デビィとともにノミネート。熊谷については、「日本代表を女子ワールドカップ・フランス大会でベスト16に導いたほか、その活躍は欧州でも高く評価されている」としている。

 そのほか、国際舞台で活躍する「AFCアジア国際年間最優秀選手賞」には、ブンデスリーガで活躍する長谷部誠(フランクフルト)が、ソン・フンミン(トッテナム)、サルダール・アズムン(ゼニト)とともにリストアップされた。長谷部が選ばれれば、2年連続の受賞となる。

 また、若い世代を対象とした「年間ユース最優秀選手賞」の候補には、安部裕葵(バルセロナ)、遠藤純(日テレ・ベレーザ)と男女一人ずつがリスト入り。また、フットサルの年間最優秀選手賞には、吉川智貴と関口優志のふたりが候補に挙がった。

 そして最優秀監督部門では、なでしこジャパンの高倉麻子監督、浦和の大槻毅監督、鹿島アントラーズの大岩剛監督がそれぞれ候補に入った。

 最終結果は、12月2日に香港で行なわれる表彰式で発表される。浦和は11月24日にACL決勝第2レグ、アル・ヒラルとのホーム戦を控えており、見事に戴冠を果たせば、槙野や大槻監督が受賞する可能性が高まることになるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00066741-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573907348
続きを読む

【サッカー】<UEFA-ヨーロッパリーグ GS第4節>5クラブが決勝トーナメント進出決定!日本人は長谷部、堂安、鎌田、菅原、浅野が出場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/11/08(金) 09:23:32.17 ID:54v22u+C9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191108-00996247-soccerk-000-1-view.jpg

ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が6日と7日に各地で行われた。

 グループLのマンチェスター・Uは浅野拓磨が所属するパルチザンとホームで対戦。アントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードのゴールで3-0と快勝し、決勝トーナメント行きを確定させた。

 グループAではセビージャがデュドランジュの本拠地に乗り込んだ。ムニル・エル・アダディがハットトリックを達成するなど敵地で5得点を奪い、大会開幕から無傷の4連勝を記録。決勝トーナメント行きの切符を掴んだ。

 他にも、グループCのバーゼル、グループEのセルティック、グループHのエスパニョールが揃って勝利。今節を終えて、合計5クラブがグループステージ突破を決めている。

 開幕から3連勝と好スタートを切ったアーセナルは、敵地でヴィトーリア・ギマランイスと激突。試合を通して主導権を相手に渡す展開となったものの、81分にシュコドラン・ムスタフィがゴールを決め、かろうじてドローに持ち込んだ。

 日本人選手はPSVの堂安律、フランクフルトの長谷部誠、パルチザンの浅野がスタメン出場。AZの菅原由勢とフランクフルトの鎌田大地は途中出場を果たした。ポルトの中島翔哉はベンチ入りしたものの出場機会は訪れず。ヘントの久保裕也、CSKAモスクワの西村拓真はメンバー外となった。

11/8(金) 8:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00996247-soccerk-socc

2 名前:Egg ★:2019/11/08(金) 09:23:41.49 ID:54v22u+C9.net

EL・グループステージ第4節の結果・順位表は以下の通り。

■グループステージ第4節結果
▼グループA
APOEL 2-1 カラバフ
デュドランジュ 2-5 セビージャ

▼グループB
コペンハーゲン 1-1 ディナモ・キエフ
マルメ 0-0 ルガーノ

▼グループC
バーゼル 2-1 ヘタフェ
クラスノダール 3-1 トラブゾンスポル

▼グループD
LASKリンツ 4-1 PSV
ローゼンボリ 0-2 スポルティング

▼グループE
クルージュ 1-0 レンヌ
ラツィオ 1-2 セルティック

▼グループF
ヴィトーリア・ギマランイス 1-1 アーセナル
スタンダール・リエージュ 2-1 フランクフルト

▼グループG
レンジャーズ 2-0 ポルト
フェイエノールト 1-1 ヤング・ボーイズ

▼グループH
エスパニョール 6-0 ルドゴレツ
フェレンツヴァローシュ 0-0 CSKAモスクワ

▼グループI
ヴォルフスブルク 1-3 ヘント
オレクサンドリーヤ 2-2 サンテティエンヌ

▼グループJ
ボルシアMG 2-1 ローマ
ヴォルフスベルガー 0-3 イスタンブール・バシャクシェヒル

▼グループK
ウルヴァーハンプトン 1-0 スロバン・ブラチスラヴァ
ブラガ 3-1 ベシクタシュ

▼グループL
アスタナ 0-5 AZ
マンチェスター・U 3-0 パルチザン

■グループステージ第4節順位
▼グループA
1位 セビージャ(勝ち点12)☆
2位 APOEL(勝ち点4)
2位 カラバフ(勝ち点4)
4位 デュドランジュ(勝ち点3)

▼グループB
1位 コペンハーゲン(勝ち点6)
1位 ディナモ・キエフ(勝ち点6)
3位 マルメ(勝ち点5)
4位 ルガーノ(勝ち点2)

▼グループC
1位 バーゼル(勝ち点10)☆
2位 クラスノダール(勝ち点6)
2位 ヘタフェ(勝ち点6)
4位 トラブゾンスポル(勝ち点1)

▼グループD
1位 スポルティング(勝ち点9)
2位 LASK(勝ち点7)
2位 PSV(勝ち点7)
4位 ローゼンボリ(勝ち点0)

▼グループE
1位 セルティック(勝ち点10)☆
2位 クルージュ(勝ち点9)
3位 ラツィオ(勝ち点3)
4位 レンヌ(勝ち点1)

▼グループF
1位 アーセナル(勝ち点10)
2位 スタンダール・リエージュ(勝ち点6)
2位 フランクフルト(勝ち点6)
4位 ヴィトーリア・ギマランイス(勝ち点1)

▼グループG
1位 ヤング・ボーイズ(勝ち点7)
1位 レンジャーズ(勝ち点7)
3位 ポルト(勝ち点4)
3位 フェイエノールト(勝ち点4)

▼グループH
1位 エスパニョール(勝ち点10)☆
2位 ルドゴレツ(勝ち点6)
3位 フェレンツヴァローシュ(勝ち点5)
4位 CSKAモスクワ(勝ち点1)

▼グループI
1位 ヘント(勝ち点8)
2位 ヴォルフスブルク(勝ち点5)
3位 サンテティエンヌ(勝ち点3)
3位 オレクサンドリーヤ(勝ち点3)

▼グループJ
1位 イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点7)
2位 ボルシアMG(勝ち点5)
2位 ローマ(勝ち点5)
4位 ヴォルフスベルガー(勝ち点4)

▼グループK
1位 ブラガ(勝ち点10)
2位 ウルヴァーハンプトン(勝ち点9)
3位 スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点4)
4位 ベシクタシュ(勝ち点0)

▼グループL
1位 マンチェスター・U(勝ち点10)☆
2位 AZ(勝ち点8)
3位 パルチザン(勝ち点4)
4位 アスタナ(勝ち点0)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573172612
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ