内田

【アメリカンフットボール】<日大・内田正人前監督、解雇無効求め提訴!日大企画広報部「回答は差し控える」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/14(水) 19:34:31.39 ID:CAP_USER9.net

悪質な反則を指示したとして懲戒解雇された日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(63)が、解雇は不当で無効だとして、地位確認などを求めて東京地裁に提訴していたことが14日、分かった。15日に第1回口頭弁論が開かれる。

 日大アメフット部を巡っては、今年5月の関西学院大との定期戦で守備選手が危険なタックルをし、相手選手を負傷させた。日大の第三者委員会は内田氏らの指示で反則をしたと認定。内田氏はコーチとともに懲戒解雇された。

 日大企画広報部は「回答は差し控える」とのコメントを出した。

11/14(水) 19:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000136-kyodonews-soci


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542191671
続きを読む

【アメフト】懲戒解雇された内田前監督、解雇無効を求め提訴 日大の悪質タックル問題…東京地裁

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2018/11/14(水) 19:34:15.25 ID:CAP_USER9.net

懲戒解雇の内田前監督 解雇無効求め提訴 日大タックル問題
2018年11月14日 18時34分

日本大学アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした問題で、
大学を懲戒解雇された内田正人前監督が、処分を不服として解雇の無効を求める訴えを
東京地方裁判所に起こしたことが分かりました。

日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督は、
ことし5月に行われた関西学院大学との定期戦で、
日大の選手が悪質な反則行為をしたことの責任を取って監督を辞任しました。

その後、内田前監督は会見を開き、反則行為を指示したことは否定しましたが、
翌月、日大の第三者委員会に「反則行為は前監督らの指示で行われた」と認定され、
大学から懲戒解雇の処分を受けました。

関係者によりますと、内田前監督は、これを不服として解雇の無効を求める訴えを
起こしたということで、15日、東京地方裁判所で1回目の裁判が開かれることになりました。

この問題で第三者委員会は、現場にいたほかの部員の証言などを有力な根拠として
前監督らの指示で反則行為が行われたと認定しましたが、捜査関係者によりますと、
この部員は警視庁の調べに対し「タックルした選手を守るために実際に聞いていない証言をした」
という趣旨の話をしているということです。

警視庁は、前の監督の刑事責任は問えないと判断していて、
今後、裁判所が前監督の訴えをどのように判断するか注目されます。

日本大学は、「回答は差し控えます」とコメントしています。

NHK NEWSWEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011710571000.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542191655
続きを読む

【悪質タックル】 日大アメフト内田前監督・井上前コーチの刑事責任問うのは困難 警視庁 宮川選手は書類送検する方針

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ベクトル空間 ★:2018/11/13(火) 19:21:33.51 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181113/k10011708591000.html

日本大学アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした問題で、
警視庁が、反則行為を指示したとされた前の監督やコーチについて
刑事責任を問うのは困難だと判断したことがわかりました。
警視庁は、こうした意見や捜査結果をまとめた書類を近く検察庁に送付することにしています。

ことし5月、東京・調布市で行われた試合で、
日大の選手がパスを投げ終えて無防備な状態だった関西学院大の選手に
後ろからタックルする悪質な反則行為をしてけがをさせました。

警視庁は傷害容疑で被害届が出されたことを受け、
日大の内田正人前監督(63)や井上奨前コーチ(29)、
タックルをした宮川泰介選手(20)から任意で事情を聴くとともに、
試合を撮影した複数の映像を解析してきました。

その結果、反則行為を指示したとされた内田前監督と井上前コーチについて、
刑事責任を問うのは困難だと判断したということです。

現場にいたほかの複数の選手にも聞き取りを行いましたが、
反則行為の明確な指示は確認できなかったということで、
警視庁は、こうした意見や捜査結果をまとめた書類を近く検察庁に送付することにしています。

一方、タックルをした宮川選手については、
反則行為を行い相手選手にけがをさせたとして傷害の疑いで書類送検する方針です。
タックルを受けた選手の父親は、
宮川選手について寛大な処分を求める嘆願書を提出し示談がすでに成立していて、
刑事責任については今後、慎重に判断されるものとみられます。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542104493
続きを読む

【アメリカンフットボール】<日大・内田前監督ら>立件見送りへ 警視庁、危険タックル指示なしと判断

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/13(火) 07:44:04.94 ID:CAP_USER9.net

日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁が、傷害罪で刑事告訴されていた日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチについて、宮川泰介選手に対し相手を負傷させる危険なタックルをするよう指示した事実は認められないと判断したことが12日、関係者への取材で分かった。警視庁は近く刑事告訴に基づき傷害容疑で2人を書類送検するが、東京地検立川支部は2人の立件を見送るとみられる。

 宮川選手については、試合の動画解析などから傷害の実行行為を認定し、書類送検する。ただ、関西学院大の被害者側から寛大な処分を求める嘆願書が出ており、地検支部はこうした状況を考慮して最終的な処分を決定するとみられる。日大の第三者委員会と関東学生アメリカンフットボール連盟規律委は宮川選手の証言などを基に、内田氏らによる危険なタックルの指示があったとしていた。

 アメフットのタックルなどスポーツ上の行為は、ルール内であれば正当な業務による行為とされ、相手が負傷しても違法性はない。捜査では、宮川選手に対して「相手を潰せ」などとした指示内容が、正当業務行為の範囲を超えていたかが焦点となった。

 警視庁は捜査1課の殺人事件担当や課内のアメフット経験者、競技場を管轄する調布署員らからなる特別捜査チームを編成。アメフット部の関係者や競技の専門家ら約200人から事情聴取したほか、試合を複数の角度から撮影した動画を解析。記者会見などでの関係者の発言についても裏付け捜査を行った。

 その結果、宮川選手に対し、2人が相手にけがをさせるよう仕向けた言動は確認されなかった。「潰せ」という言葉も「強いタックル」などの意味で一般的に使われており、ルールを逸脱し、相手を負傷させることを意図したものとはいえないと判断した。

 宮川選手は記者会見などで「けがをさせるのが目的で、監督やコーチの指示だった」と説明。内田氏らは「反則やけがをさせることを意図した指示はしていない」と否定していた。

11/13(火) 5:00配信 産経
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000500-san-soci

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181113-00000500-san-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542062644
続きを読む

【サッカー】<内田篤人も称賛…>鈴木優磨は“大迫のバックアップ問題”を解決するのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/10(土) 00:31:44.54 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表の森保一監督は11月16日のベネズエラ戦と20日のキルギス戦に向けた23人のメンバーを発表した。FWでは大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)、前回は追加招集だった北川航也(清水)に加え、鈴木優磨(鹿島)が初招集となった。今回は小林悠(川崎)と浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)のケガも選考に影響したはずだが、鈴木は代表入りの期待が高かった選手でもあり、満を持しての初招集とも言える。

 鈴木の選出について森保監督は「ACL(AFCアジアチャンピオンズリーグ)の決勝に臨み、アジアのチャンピオンを目指す力のあるチームの中で得点という結果を出し、FWの選手として存在感を発揮してくれている」と語っており、アジアの舞台で示している存在感が選出の決定打となったようだ。

 ただ、鈴木はACLでここまで2得点しか挙げておらず、ゴールという基準に照らし合わせれば物足りなさもある。J1では11得点を記録しているが、得点王争いの上位にいるわけではない。しかし、実際に試合を観ていれば、鈴木の献身的なプレーなくして鹿島の躍進はあり得なかったとすら思える。前線からのディフェンス、1タッチの落とし、囲まれても粘り強く味方につなげるパス、ポストプレー、ゴール前でディフェンスを引きつけるスペースメイクなど幅広く貢献している。

 それらは鹿島の先輩であり、現在はドイツで活躍する大迫に通じるものがある。取材で話を聞くと、本人はストライカーとしてゴールにこだわっている様子だが、試合においては鹿島の勝利のために、あえて公に主張しなくてもディフェンス、ポストプレー、スペースメイクは当然するべき仕事として鈴木のマインドにインプットされている。日本代表においても、そうしたスタンダードのプレーは森保監督に要求されるまでもなくこなすはずだ。

 その中でも、鈴木のポストプレーは大迫を除けば興梠慎三(浦和レッズ)と並び、日本人FWで1、2を争うレベルの選手であることは間違いない。身長やサイズなら182cm75kgの鈴木を上回るFWは何人もいるが、相手のディフェンスを背負うことを厭わず、瞬時の動きでマークを外して捌くプレーの質で並ぶ者はそういない。その鈴木を評してチームメートの内田篤人は「優磨はやっぱりポストプレーがうまいから。日本でも1位2位じゃない?」と評価し、ジェイ(札幌)やジョー(名古屋)といった外国人の長身FWに比肩し得ると語った。

つづく

11/9(金) 16:00配信 アエラ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00000002-sasahi-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181109-00000002-sasahi-000-1-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/11/10(土) 00:32:16.68 ID:CAP_USER9.net

それでも、後方からのロングボールを身体に収め、前を向いた2列目の選手に渡す能力に関しては大迫の方が優れていることに疑いの余地はない。鈴木のスペシャリティーは、ゴール前で自分より大きなセンターバックとも粘り強く競り合い、有利な態勢で味方にボールを落とせる、ゴールに直結するポストプレーだ。ディフェンスを自身に引きつける動きもそれと関連する。鹿島では、この形から相棒のFWセルジーニョやサイドアタッカーの安部裕葵、土居聖真、時にはボランチのレオ・シルバやサイドバックの内田、西大伍にまでフィニッシュのチャンスを提供している。

 基本的に相手のディフェンスを引きつけながら、チャンスがあれば効果的な動き出しから味方のクロスやラストパスに合わせ、豪快にゴールネットを揺らす。特にカウンターの局面ではゴール前のスペースへ最短距離で走り、フリーでフィニッシュする場面も少なくない。浅野ほどの爆発的なスピードがあるわけではないし、北川ほどドリブルの技巧はないが、相手の嫌がるポイントを感性で嗅ぎとれるセンスと、ゴールへの執着心がある。また、試合終盤になり、接戦になるほどフィニッシュで違いを生み出せる勝負強さもあり、大迫が順当に先発する試合でも、“試合を終わらせる”選手として森保監督に重宝される可能性も十分ある。

 2011年のアジアカップではサブの一人だった李忠成が決勝ゴールを挙げ、日本を優勝に導く大仕事でヒーローになった。鈴木のメンタルの強さは折り紙つきで、日の丸のユニフォームに臆することはないだろう。日本代表の活動期間は短く、2試合の中でどれだけ時間を与えられるかも分からないが、その中でも持ち味を発揮して来年1月のアジアカップのメンバーに残り、UAEの地で“大迫のバックアップ”以上の存在になっていくことは期待できる。(文・河治良幸)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541777504
続きを読む

【女優】内田有紀振り返るトップアイドル時代…朝ドラ再注目で語った転機

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/10/30(火) 08:48:20.08 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181030-00010003-jisin-000-view.jpg

「無我夢中で駆け抜けてた時期ですね」

取材現場に置かれた20歳時の自分の写真を見るなり、そう笑う内田有紀(42)。放送中のNHK連続テレビ小説『まんぷく』出演で、いま改めて注目が集まる彼女に話を聞いた。

――トップアイドルとして活躍していた90年代。そのころを振り返っていま思うことはありますか?

「当時は、休みはほとんどなかったような……。今思えば、忙しさに心と体を追いつかせるのに必死でした(笑)。今は穏やかに規則正しく過ごせていて、ナチュラルにいられている気がします」

――42歳になっても変わらぬ若々しさにも注目が集まっています。学生時代の同級生の方といまも仲良くされていると聞きましたが、「若い!」と言われませんか?

「あまり自分だとわからないんですが……。でも、周りの同い年の友達、みんな若いかもしれません。肉体的には、多少歳を重ねたので、老いというものとは切っても切り離せませんが、みんな気持ちが若い。それはたぶん私たちより上の世代の先輩の女性たちがみなさん、輝いているから。素敵なお手本がいるから、歳を重ねることにあまり不安を抱いていないんだと思います」

――その先輩の女性というのは、親交の深い加賀まり子さんや天海祐希さん?

「そうですね。よく話に出させていただいているんですけど(笑)。2人とも、私より若いところがある方です。考え方でも、好奇心でも、人との接し方でも。すごくパワフルで、優しくて、柔軟性があって。心の豊かな方々で、尊敬できる先輩です」

――年齢を重ねて、10代や20代のころと内面的に変わったことはありますか?

「明るく清潔感のある人でいたいと思うようになりました。若いときは、ちょっと影のある感じがかっこいいって思いがちでした。でも、年を重ねた今は、わかりやすくて明るくて爽やかなほうがどれだけ素敵かと思います」

――でも、明るくいられないときもありますよね? どうやって明るさを維持させていますか?

「それが、歳を重ねてからはちょっと落ち込むことがあっても、立ち直りが早くなりました。落ち込みから抜け出す方法は、ためないですぐに話すこと。1人で抱えない。すごく変わりましたね。自分でも昔は悩むことの方が大事なんじゃないか、人は悩むものなんだ、って思ってたけど、今は、違うかな……、と。早く抜け出したほうが人生は豊かになるって思います」

――転機はあったのでしょうか?

「ここ数年なんですが、自分を見つめ直してみて、悩みに気持ちが奪われてる時間がもったいないと思うようになって。たぶん素直になったんですよね。歳を重ねてよかったのは、素直になれたことですね。これからもっともっと歳を重ねるけれど、さらに素直になっていって、灰汁がどんどん抜けていけばいい、真白になるくらい突き進めたらと(笑)。

一方で、濁った感情は、女優として必要なものだと思うところもあるので、感情の引き出しとして、自分の中にしまっておいて、必要なときに、衣替えのときにでも出すような気分で、役に準じて引き出せていけたらと思っています」

――素敵に年齢を重ねる方法ってなんだと思いますか?

「少なくとも楽に生きる方法は、1人で抱え込まないことだと思っています。何でも言える家族や友達を作ることが大事。いろんな話ができるお茶のみ友達を探すことが素敵な生き方じゃないかな、と」

――そういうお友達、いっぱいいそうですよね?

「いえ、とんでもないです。いっぱいはいないんです。今は3人くらい。昔は交友関係を広げてみんなで遊んでいた時期もありましたが、徐々に疲れていてしまって……。仕事で全力を出し切るために、プライベートと仕事を切り離して、自分の時間で自分らしくいようと、より濃厚な時間を作るようになりました。

自分の心をさらけ出せる友達と運よく出会えているのは、幸せなことだとこの年齢になるとより身にしみます。高校の同級生ですが、その子がいてくれるから頑張れるという存在ですし、お互いにいろいろ叱咤激励しています。演技のことなど気持ちいいくらいズバズバ言ってくれるので、身を引き締められます。だから、やっぱり正しいことを教えてくれる人がいないと。本当の言葉は友達から聞きますね」

10/30(火) 6:58
女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010003-jisin-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540856900
続きを読む

【朝ドラ】『まんぷく』咲の死…内田有紀の名演に「圧巻」「涙止まらない」の声

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:湛然 ★:2018/10/13(土) 05:05:30.66 ID:CAP_USER9.net

2018/10/12 15:28:56 マイナビニュース
『まんぷく』咲の死…内田有紀の名演に「圧巻」「涙止まらない」の声

女優の安藤サクラが主演を務めるNHK連続テレビ小説『まんぷく』(毎週月~土曜8:00~)の第11回が12日に放送され、ヒロイン・福子(安藤)の姉・咲(内田有紀)の死が描かれた。SNSでは悲しみの声があふれ、また、内田の名演を絶賛する声も続出した。

結核のため入院していた咲。母・鈴(松坂慶子)と福子がお見舞いに訪れているシーンでは、体調が安定しているように見えたが、その夜に「サキキトク」という電報が福子と鈴のもとに届き、2人は急いで病院へ。

そして、咲の夫・真一(大谷亮平)、妹の克子(松下奈緒)とその夫・忠彦(要潤)も見守る中、咲は「ごめんなさい、あなた。ごめんね、克子、忠彦さん、福子、お母さん…ありがとう」と最後の力を振り絞って思いを伝え、息を引き取った。

放送スタート直後から「内田有紀さん美しすぎる」などと話題を呼んでいた咲の早すぎる死に、SNS上では「内田有紀がもういなくなってさみしい」「始まってまだ2週間でロス気分」「内田有紀が死んでしまった…。悲しい」「咲姉ちゃん…こんなに早くいなくなってしまうなんて…」と悲しみの声が続々。

また、「内田有紀さんの迫真の演技に鳥肌…目が虚ろで視点合ってない様子とか、最期の目を閉じる瞬間まですごい気迫だった…」「内田有紀、演技上手すぎた~涙出ました」「内田有紀さんの演技が凄すぎてな…涙止まらんかった…」「内田有紀の寄り目の演技は圧巻だった」「内田有紀さんの演技が素晴らしかった…!」「内田有紀の演技すごかった…」と内田の名演に絶賛の声が上がっている。


https://news.mynavi.jp/article/20181012-705669/images/001l.jpg

https://news.mynavi.jp/article/20181012-705669/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539374730
続きを読む

【サッカー】<鹿島アントラーズ>DF内田篤人、MF中村充孝がともに6週間の離脱…ACL準決勝&決勝の出場絶望的

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/12(金) 13:41:11.68 ID:CAP_USER9.net

J1鹿島は12日、10日のルヴァン杯準決勝第1戦・横浜M戦で負傷したDF内田篤人、MF中村充孝がともに全治まで約6週間を要することを発表した。

 内田は左ハムストリング筋の損傷、中村は右膝内側側副じん帯損傷。準決勝第1戦を終えたACLとルヴァン杯の今季中の出場は絶望的。リーグ戦も最終節の鳥栖戦(12月1日)までの復帰は微妙となった。

10/12(金) 13:26配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000120-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539319271
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ