内田

【週刊文春】日大アメフト部OBが決死の告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:かばほ~るφ ★:2018/06/06(水) 16:16:14.09 ID:CAP_USER9.net

日大アメフト部OBが決死の告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」
週刊文春 2018年6月14日号

5月6日の関西学院大学との定期戦で、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したとされる
日大アメフト部の内田正人前監督(62)。日大アメフト部OBであるA氏が、
内田氏からの依頼で裏金を渡したことを「週刊文春」のインタビューで明らかにした。

「私は2004年から8年間にわたり裏金作りを手伝ってきました。
内田前監督に銀行振り込みや現金手交という形で、1回100~200万円、総額で1500万円を超える
裏金を渡してきたのです。今回の問題で日本大学アメフト部、さらには日本大学の権力構造について
様々な問題が指摘されています。これを機にあらゆる膿を出し切って、母校に再生して
もらいたいという気持ちから、自戒を込めてすべてをお話しすることを決意したのです」

A氏が裏金工作を持ちかけられたのは、03年に内田氏が監督に就任して間もない頃だった。
アメフト部に備品などを納入する会社を経営していたA氏は水増し請求によって裏金を作っていたという。

日大広報部は「本学の施設などの建設、備品購入は、すべて本部管財部が行っており、
不正購入などの余地はないと判断しております」と回答。内田氏が取材に応じることはなかった。

6月7日(木)発売の「週刊文春」では、A氏の独占インタビューを5ページにわたって掲載。
さらに悪質タックル事件の事態収拾にあたる別の常務理事の金銭トラブルも詳報している。

週刊文春
http://bunshun.jp/articles/-/7679
http://bunshun.jp/mwimgs/d/1/1500wm/img_d131ada1e6c8fad0d39337e06957df4941451.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528269374
続きを読む

【アメフト】日大・内田前監督、常務理事辞任も職員として自宅待機6カ月

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:THE FURYφ ★:2018/06/01(金) 19:37:14.45 ID:CAP_USER9.net

アメリカンフットボール部の悪質タックル問題に揺れる日大は1日、千代田区の本部で理事会を開き、
内田正人前監督(62)の常務理事と、理事の辞任を承認した。また、同問題の原因究明に向けた
第三者委員会の設立も発表された。その後、大塚吉兵衛学長、池村正道副学長、石井進常務理事、
大里裕行常務理事が文科省を訪問し、報告に訪れた。

内田氏は常務理事、理事は辞任。大学側が入院中の病院に出向き、辞表を受け取ったという。ただ、
職員としての籍は大学に残っており、人事部長、保健体育審議会の事務局長の役職は、学内の規定で
6カ月の自宅待機となっている。大塚学長は、職員としての処分については「(この日設置された)
第三者委員会と警察の捜査の終結を待って、規則に従って、必要があれば懲戒手続きに入ることになる」と、
話した。

この問題の発端は、6日の定期戦で日大の守備選手が、関学大のQBに悪質なタックルを敢行し、
負傷させたことが発端。SNSや、メディアで広まり、社会問題となった。

内田前監督らは会見や関学大への回答書で悪質タックルの選手への指示を否定していたが、関東学生アメフット連盟は
29日に規律委員会による
調査結果を発表し、選手、コーチ、審判らへの聞き取りの結果、タックルした選手が証言していた内田前監督の
「やらなきゃ意味ないよ」といった
発言を、負傷させる意図があったと事実認定し、内田前監督と、井上前コーチに、最も重い除名処分とし、チームにも
18年度中の公式戦出場停止処分を下した。。また、関東学連に所属する大学などは、体制一新などの十分な再発防止策が
実行されない限り、日大との対戦を拒否する意向を示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000120-dal-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527849434
続きを読む

【速報】≪日大理事会≫内田常務理事の辞任を決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/06/01(金) 14:23:44.48 ID:CAP_USER9.net

ソースはのちほど


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527830624
続きを読む

【アメフット】<日大アメフト 内田前監督>作戦会議で「反則してでも潰せ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/30(水) 13:16:05.30 ID:CAP_USER9.net

日本大学アメリカンフットボール部の悪質なタックル問題で、内田前監督が問題の試合の直前に反則をした選手だけでなく、ほかの選手も集めた作戦会議で、「反則してでも相手のクオーターバックを潰してこい」と指示していたことが新たにわかりました。

 この問題をめぐっては、29日、関東学生連盟の臨時理事会が内田正人前監督と井上奨前コーチに最も重い処分で、事実上の永久追放に当たる「除名」処分を決定しています。

 「(今後は)チームの再建に徹底して頑張りたい。(宮川選手に)もう一回、戻って来てもらいたい」(日大アメフト部員)

 関東学生連盟は29日の会見で、内田前監督らが繰り返している「指示はしていない」という証言が「全面的に信頼性に乏しい」としていましたが、内田前監督が反則を直接指示する様子を複数の現役部員が目撃していることが新たにわかりました。

 「試合前日、または前々日のハドル(会議)の際に内田監督が『QB(クオーターバック)を潰して来い』と言っていたと、これは(部員)みんなが聞いていたとその人は言っています」(関東学連 森本啓司 専務理事)

 この証言について現役部員はJNNの取材に対し、問題の試合前、反則をした宮川選手に向かって内田前監督が「反則してでも相手のクオーターバックを潰してこい」と指示をしたうえで、「俺が責任をとってやる」と発言したと話しています。午後には、監督会議が開かれ、今後について話し合いが持たれる予定です。(30日11:19)

TBS5/30(水) 12:38 動画あり
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180530-00000030-jnn-soci


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527653765
続きを読む

【アメフット】<スポニチの緊急アンケート>29.4%が内田正人前監督ら「除名」処分を「軽すぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/30(水) 08:05:57.18 ID:CAP_USER9.net

日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟が29日、臨時理事会を開き、内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)を永久追放に相当する「除名」処分とすることを発表した。

 スポニチのホームページ「スポニチアネックス」で行った緊急アンケート(回答数3591)では、日大の内田前監督、井上前コーチに対する除名処分について68・7%が「妥当」とし、規定ではこれ以上の処分がないにもかかわらず「軽すぎる」とした意見が29・4%に上った。

一方で、タックルをした当該選手に対する「出場資格停止」については「妥当」が74・0%に達し、「厳しすぎる」とした同情的意見も19・0%あった。

スポニチ 2018年5月30日 5時42分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14787720/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527635157
続きを読む

【アメフット】<日大の内田前監督>コーチの暴力問題も隠ぺい?「部を辞めるなら退学しろ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/28(月) 23:38:30.06 ID:CAP_USER9.net

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル事件で同部は27日、父母会への説明会を開き、加藤直人部長、森琢ヘッドコーチらが謝罪した。
だが、日大側は事件の経緯について、内田正人前監督、井上奨前コーチと宮川泰介選手(20)の理解に乖離があったという従来の説明を繰り返し、参加者らの反発を買ったという。

タックルした宮川選手を守るために部員たちが作成中の声明文は近く発表される予定だが、その「内部告発」は今回のタックル問題にとどまらないようだ。

AERAdotが5月18日に報じた日大アメフト部のAコーチが部員らに昨年、暴力をふるい、20人前後の部員が一斉に退部した経緯なども声明で詳しく明かされるのではないかとされる。

日大現役選手がこう証言する。

「Aコーチが昨年、部員に暴行した時も、内田前監督は暴行したコーチをかばい、その部員を切り捨てました。『スポーツ推薦で入ったんだろう。部を辞めるなら退学しろ』と迫ったそうです。
内田前監督は高校時代は日大系列の高校でブラスバンド部に所属し、アメフトは大学からはじめたので正直、選手としての実績はあまりない。専門的なことはコーチ任せでした」

当の内田前監督はまだ日大の常務理事は続けているが、都内の病院に入院し、現在は職務停止中だ。だが、内田前監督は理事を辞める気はないという。

「内田前監督は田中英壽理事長の側近で、人事権を握る実質ナンバー2です。このポストだけは死守しようとしている。
内田前監督に逆らうと就職などに影響が出るので、コーチや部員も皆、パワハラなどがあっても口をつぐんでいました。だが、今回はきちんと訴えたい」(前出の部員)

騒動以降、トップの田中理事長は雲隠れしたまま、今回の件で謝罪していない。部員らの声明でさらにガバナンスが問われることは必至だ。

(AERAdot編集部)

5/28(月) 18:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00000044-sasahi-spo

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180528-00000044-sasahi-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527518310
続きを読む

【アメリカンフットボール】<日大・大塚吉兵衛学長> 内田監督は「食事もノドを通らない状態」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/26(土) 05:31:27.12 ID:CAP_USER9.net

日大の大塚吉兵衛学長(74)が25日、東京・市ヶ谷の同大本部でアメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題で緊急会見した。

 23日に会見し、反則指示を否定した内田正人監督と井上奨コーチについて、「会ったのは、(問題の試合の)数日後。(23日の)会見の後にも短い時間ですが、会いました。当該選手の発言が全てではないという話をしていました」と明かした。

 入院中の内田監督について、「食事がノドを通らないという状態。(会見の時も)点滴を受けて来たと言っていた」と大塚学長。「今回のことはまさかという思いを感じている。監督、コーチは経験豊富な方だが、指導のあり方を再度、研修していきたい」とした。

 辞任を表明した井上コーチについては「学生たちがどうしたいのか、コーチに対してどう感じているか、調査して、学生たちの気持ちも聞かないといけない。コーチの良しあし、学生だけでは判断できない」とした。

2018年5月25日 16時5分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14767581/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527280287
続きを読む

【アメフト】関学大被害選手父 内田前監督の試合中の動画、写真提供呼びかけ 問題究明へ「残りの人生かける」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あずささん ★:2018/05/24(木) 09:58:21.61 ID:CAP_USER9.net

学生アメリカンフットボールの試合で、日大の選手から悪質なタックルを受けて負傷した関学大QBの父で大阪市議の奥野康俊氏が24日、自身のフェイスブックを更新。日大に対する怒りをつづったほか、ユーザーに対し、問題究明へ向けての協力を呼びかけた。

23日の緊急会見で日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)が反則の指示を否定したことを受け「これでは宮川君が、可哀想でなりません。酷すぎます。指導者2人に対して、体の震えが止まりません」と、加害者ではあるが宮川泰介選手(20)への思いと、両指導者への憤りを言葉にした奥野氏。また、内田氏が会見で問題の場面を見ていなかったと話したことから「試合中のビデオ、動画、写真を撮っていた観客の皆さん、前内田監督が見ているシーン、顔の向きがわかるシーンなんでも結構です。そのデータを頂きたいのですがよろしくお願いします」と呼びかけた。

その上で「私は、この事件に息子と、アメフト、アメフトを愛する両大学の子どもたちの為、日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる所存です」とつづり「すでに、市議会維新代表にも伝えておりますが、私の記者会見前に決断していたことですが、任期満了を持って大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません」と宣言。「残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です。ご協力お願いいたします」と任期満了をもって市議を引退し、問題究明に乗り出すことを表明した。

また、被害届については「告訴も含めて内田前監督、井上コーチの2人だけの名前では受理できないと警察から回答を頂いている」と説明し、「宮川君の減刑、と内田前監督、井上コーチに対する厳重処分の嘆願書も出そうと思います」とつづった。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/05/24/kiji/20180524s00040000103000c.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527123501
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ