川島

【サッカー】<川島永嗣>マンチェスター・シティの補強候補に浮上! 第2GK離脱で英紙「適した穴埋め」「経験豊富」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/22(水) 18:59:53.18 ID:CAP_USER9.net

ブラーボが練習でアキレス腱断裂 イングランド移籍市場閉幕で無所属の川島に白羽の矢



マンチェスター・シティは、守護神2番手のチリ代表GKクラウディオ・ブラーボが20日のトレーニングでアキレス腱断裂の重傷を負い、今季絶望の可能性も囁かれている。

プレミアリーグの移籍市場はすでに閉幕しており、来年1月までは新戦力を獲得できない状況だ。そこで、地元紙は唯一獲得が可能な無所属のGKをリストアップ。三人の候補者の一人に、日本代表GK川島永嗣がノミネートされている。

 シティは15日に中盤の柱であるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが右膝を負傷し、約3カ月の長期離脱が決定。ショッキングなニュースからわずか2日後、今度は第2GKブラーボがアキレス腱断裂の重傷と故障者が相次いでいる。

 プレミアリーグは9日に夏の移籍市場が閉幕しており、無所属の選手以外は新戦力を獲得できない。正守護神のブラジル代表GKエデルソンがいるとはいえ、控えがユースでの試合経験しかない20歳のGKダニエル・グリムショーしかいないのは心許ない。

 英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、「グアルディオラは経験豊富なシュートストッパーを獲得する必要があるかもしれない」と言及。昨季はクリスタル・パレスに所属していた35歳の元ブラジル代表GKジエゴ・カバリエリ、アトラスでプレーしていた32歳のアルゼンチン人GKオスカル・ウスタリとともに、昨季限りでフランス1部メスを退団した川島の名前も挙げている。

「35歳はブラーボが不在の間、シティに適した穴埋めができる経験豊富な選択肢だ。カワシマはグアルディオラのスタイルである足元に優れたタイプのGKではないが、シーズンが進むにあたっては一定のカバーが見込めるだろう」

 パスサッカーを標榜するペップ・グアルディオラ監督は、GKに高いレベルの足元の技術を求めることで知られる。川島はその分野に関してはとりわけ秀でているわけではないが、豊富な経験とシュートストップ力は十分に役立つと分析されている。

 果たして、昨季プレミア王者に川島が加入するチャンスは巡ってくるだろうか。

8/22(水) 18:10 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00130096-soccermzw-socc

写真
">https://amd.c.yimg.jp/amd/20180822-00130096-soccermzw-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534931993
続きを読む

【サッカー】プレミア王者のマンチェスター・シティが元メスの川島永嗣を獲得か?英紙「適した穴埋め」「経験豊富」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/08/22(水) 18:56:39.88 ID:CAP_USER9.net

8/22(水) 18:10配信 Football ZONE web

川島永嗣、シティの補強候補に浮上 第2GK離脱で英紙「適した穴埋め」「経験豊富」

現在はフリーの立場となっている川島【写真:Getty Images】

ブラーボが練習でアキレス腱断裂 イングランド移籍市場閉幕で無所属の川島に白羽の矢
 マンチェスター・シティは、守護神2番手のチリ代表GKクラウディオ・ブラーボが20日のトレーニングでアキレス腱断裂の重傷を負い、今季絶望の可能性も囁かれている。プレミアリーグの移籍市場はすでに閉幕しており、来年1月までは新戦力を獲得できない状況だ。そこで、地元紙は唯一獲得が可能な無所属のGKをリストアップ。三人の候補者の一人に、日本代表GK川島永嗣がノミネートされている。

【写真】「レジェンド守護神のお二人」「素敵な関係」とファン歓迎 日本代表GK川島永嗣とレジェンドGK楢﨑正剛の“師弟ショット”

 シティは15日に中盤の柱であるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが右膝を負傷し、約3カ月の長期離脱が決定。ショッキングなニュースからわずか2日後、今度は第2GKブラーボがアキレス腱断裂の重傷と故障者が相次いでいる。

 プレミアリーグは9日に夏の移籍市場が閉幕しており、無所属の選手以外は新戦力を獲得できない。正守護神のブラジル代表GKエデルソンがいるとはいえ、控えがユースでの試合経験しかない20歳のGKダニエル・グリムショーしかいないのは心許ない。

 英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、「グアルディオラは経験豊富なシュートストッパーを獲得する必要があるかもしれない」と言及。昨季はクリスタル・パレスに所属していた35歳の元ブラジル代表GKジエゴ・カバリエリ、アトラスでプレーしていた32歳のアルゼンチン人GKオスカル・ウスタリとともに、昨季限りでフランス1部メスを退団した川島の名前も挙げている。

「35歳はブラーボが不在の間、シティに適した穴埋めができる経験豊富な選択肢だ。カワシマはグアルディオラのスタイルである足元に優れたタイプのGKではないが、シーズンが進むにあたっては一定のカバーが見込めるだろう」

 パスサッカーを標榜するペップ・グアルディオラ監督は、GKに高いレベルの足元の技術を求めることで知られる。川島はその分野に関してはとりわけ秀でているわけではないが、豊富な経験とシュートストップ力は十分に役立つと分析されている。

 果たして、昨季プレミア王者に川島が加入するチャンスは巡ってくるだろうか。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00130096-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534931799
続きを読む

【サッカー】これは意外な噂!川島永嗣、ボカ・ジュニオルス加入に前向き?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/07/27(金) 08:34:08.21 ID:CAP_USER9.net

『AS』など各メディアは、「日本代表GK川島永嗣は、ボカ・ジュニオルスに加入することに前向きだと話した」と報じた。

現在ボカ・ジュニオルスはゴールキーパーに苦しんでいる。

守護神アグスティン・ロッシはミスで批判されており、サブのギジェルモ・サラはニューウェルスへの移籍が確実視されている。

ボカが獲得すると言われたエステバン・アンドラーダはスペインのビジャレアルと競合しており、ラヌースからも遺留されているという。

噂に上がったウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)は給料が高く、ボカが獲得できる可能性は低い。

そして獲得リストに加わったのがワールドカップで好パフォーマンスを見せた川島永嗣であると伝えられる。

彼はメスとの契約がすでに満了となっており、フリーエージェントの状態である。

『TyC』の取材でボカからの関心を伝えられた川島は、「ボカ・ジュニオルスのようなビッグクラブから関心を受けるのは嬉しい。世界で最も大きなチームの一つで、子供の頃から知っていた」と答えたとのこと。

フランスでは川島永嗣に対してトゥールーズやディジョン、マルセイユが獲得に関心を抱いていると伝えられていた。

https://qoly.jp/2018/07/27/kawashima-eiji-interested-in-boca-juniors-kgn-1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532648048
続きを読む

【サッカー】乾貴士「日本代表メンバー」でお付き合いするなら誰?「川島選手がが一番マシ」アメトーク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/07/27(金) 12:02:29.50 ID:CAP_USER9.net

7月26日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に、サッカー・2018FIFAワールドカップ ロシアで2ゴールを決めた日本代表の乾貴士選手がスペシャルゲストとして出演。「緊急!サッカー日本代表応援芸人」が放送された。

山崎弘也(アンタッチャブル)が「日本代表メンバーで自分が女性だとしてお付き合いするなら誰?」と質問すると、「難しいなそれ。うわ難しい、いいひんな~」と迷いを見せた。

山崎から「長谷部(誠)さんは?」と聞かれると、「面倒くさい、面倒くさいです!」とバッサリ。「あんな細かい人無理でしょ」とその理由を説明。

宮迫博之(雨上がり決死隊)から「本田(圭佑)選手は?」と質問されると、「圭佑くんはいい男だけど、ちょっと無理です…」、仲良しの岡崎慎司選手に対しても「岡ちゃん、汚い!!」と即答した。

さらに蛍原徹から「川島(永嗣)選手?」と畳み掛けられると、「永嗣さんが一番、マシ…」「西野(朗監督)さんですか!? 西野さんも、ちょっと無いです…」と回答して、スタジオを沸かせた。

SNSでは「選手同士の仲の良さみたいの感じてすごく良い」「乾選手面白い!すごく好感が持てる雰囲気」など、乾選手を絶賛するコメントが多く見られた。

次回の「アメトーーク!」は、8月2日(木)深夜に放送予定。(ザテレビジョン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180727-00155695-the_tv-ent

7 名前:久太郎 ★:2018/07/27(金) 12:03:39.42 ID:CAP_USER9.net

>>1
タイトルミスです
【サッカー】乾貴士「日本代表メンバー」でお付き合いするなら誰?「川島選手がが一番マシ」アメトーク

【サッカー】乾貴士「日本代表メンバー」でお付き合いするなら誰?「永嗣さんが一番マシ」アメトーク


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532660549
続きを読む

【サッカー】<元イタリア代表GK>日本代表GK川島永嗣のパフォーマンスを分析!「技術的なミスは2つのみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/26(木) 22:58:21.91 ID:CAP_USER9.net

文・インタビュー:ジョヴァンニ・バッティスタ・オリヴェーロ
翻訳:小川光生

「GKのミスというのは元来目立つもの」(マルケジャーニ)

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00798574-soccerk-001-1-view.jpg


カワシマのロシアでのプレーを分析するのに、私は2人の友人に助けを求めた。

いずれも、世界で最も難儀な職業のひとつである代表GKの役を、「GK大国イタリア」という看板を背負いながら担ってきた人物たちである。

一人目は、ルカ・マルケジャーニ。セリエAではラツィオ、キエーヴォなどでプレー。代表では、主にジャンルカ・パリュウカのサブとして、1992年から96年まで通算9試合に出場している。現在は、テレビ解説者として独特な視点からの分析が視聴者に好評だ。

 そのマルケジャーニが言う。
「今回のW杯においてカワシマが見せた技術的なミスは、2つのみだと思う。一つ目は、コロンビア戦、フアン・キンテーロのグランダーのFKをゴールにしてしまったこと。二つ目は、セネガル戦の中途半端なパンチングによる失点だ」

「まず、コロンビア戦のケースから解説していきたいと思う。シュートは壁の下を通っている。弾道が見えにくくなっていたことには同情するが、キンテーロがシュートを打った瞬間、そのことも予想しながらもう少し早く始動するべきだった。また、その後の動きももう少し迅速にできたのではないかと思う。確かに不運な面もあったが、代表GKならやはり止めてほしいゴールではあった」

「次にセネガル戦での失点だが、キャッチにいくかパンチングにいくか。それはGKそれぞれの考え方だ。ただ、いずれにしろカワシマはもう少しアグレッシブにボールに向かっていくべきだった。GKはエリアの中では守られている存在だ。たとえ、寄せてきていたサディオ・マネとの接触があったとしても、レフェリーは敵のファウルをとる可能性が高い。私なら、マネの動きが目に入っていたとしても、もっとずる賢くブロックを作るような形でキャッチ、あるいはパンチングにいく。それで衝突しても歩があるのはGKのほうだ」

「GKのミスというのは元来目立つものだが、今大会のカワシマには好セーブも何本もあった。セネガル戦の38分のセーブ、あるいはベルギー戦で再三見せた好守備。彼が防いだ失点は決して少なくなかった」

つづく

7/25(水) 18:06配信サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00798574-soccerk-socc&p=1

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00798574-soccerk-000-1-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/07/26(木) 22:59:45.75 ID:CAP_USER9.net

「もしあそこでスーパーセーブが出ていたら……」(アメ―リア)

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00798574-soccerk-002-1-view.jpg


もうひとりの論客、マルコ・アメーリアも「カワシマがロシアでおかした決定的なミスは2つだけ」と言う。クラブではリヴォルノ、ミランなどでプレー。アッズーリでは、2005年~09年まで活躍しキャップ数はマルケジャーニと同じ9。2006年ドイツW杯では、ジャンルイージ・ブッフォンの控えとしてイタリアの史上4度目の世界制覇をかげでサポートした。彼もマルケジャーニ同様、現在は解説者として活躍している。

 アメーリアが付け加える。
「ルカが挙げた2つに加えて、もう少し厳しく見るなら、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦、敵の追撃弾となったゴールへの対応で、もう少し何かできたかなとは思う。もっとも、ヤン・フェルトンゲンのヘディングはゴールを狙って打たれたものではなかっただろう。とにかく中央に折り返し、誰かがそれを押し込んでくれたらいいという感じに見える。ただ、その時のエイジのポジションを見ると決して理想的なものではない。一概にどことは言い難いが、次のプレーを事前に読み、ポジションを変える。技術というより経験によって少しずつ培われていく能力だ。彼ほど国際経験の豊富なGKなら、あの場面でもう少しその能力を発揮してもらいたかった。もしあそこでスーパーセーブが出ていたら、ベルギーも精神的に追い込まれていっただろう。そういう意味では勝敗を分けたプレーのひとつだったとも言える」

「高さがなければ“特別な武器”を常に進化させていく必要がある」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00798574-soccerk-003-1-view.jpg

世界の守護神の高身長化が進む中で、やはり日本のGKは高さでどうしても劣る部分がある。この“高さ不足”の側面について2人はどう考えているのだろうか。

 アメーリアの意見はこうだ。
「もちろん、高さがあるほうが助かるよ。あとは手足の長さも。腕を広げた時、ゴールを覆うイメージが強くなれば、シュートを打つ敵へのプレッシャーも大きくなる。あとは単純に、コーナーやFKなどのセットプレーの時は高さが大きな武器になる。もしそれがない場合は、俊敏さ、それからさっき言ったポジショニングセンスあるいは次のプレーを読む能力、そういった“特別な武器”を持ち、それらを常に進化させていく必要がある」

 マルケジャーニの意見はどうだろう。
「高さが役に立つこともある。ただ必ずしもそうだと言い切れないのは、例えば低いボールへの対応などハンディキャップとなる部分も備えているからだ。私はGKの理想というのは、バランスだと思う。もちろん、背が高く俊敏で足技に長けていたら、それに越したことはないわけだが……」

3 名前:Egg ★:2018/07/26(木) 23:00:20.21 ID:CAP_USER9.net

最後にマルケジャーニがおもしろい話をしてくれた。彼は、「カワシマは決して悲観することはない」と言うのだ。元ラツィオの守護神が語る。

 「今回のカワシマを見て、私は1978年アルゼンチン大会のディノ・ゾフのケースを思い出していた。あの大会、アッズーリは4位に終わるが、2次リーグの最後と3位決定戦での彼のプレーが非難のまとになった。特にオランダとの三位決定戦では、遠目からの2本のシュートにまったく触れることのできなかったゾフに厳しい声が集中した。もっとも今見ると、2本とも彼の責任ではまったくないシュートだけれどね(笑)。当時、ゾフは36歳。その大会を最後に代表から引退しようと考えていた。ところが、その不当な非難を受け、彼の闘争心は再び燃え上がったというんだよ。彼は代表でのプレーし続けることを決め、1982年スペイン大会、40歳でキャプテンとしてチームを引っ張り、イタリアを優勝へと導いたんだ。特に準決勝のブラジル戦でみせたスーパーセーブは今でもイタリアでは語り草になっている。エイジは今35歳だって? まだやれるよ。もし彼の中にまだ熱いものが残っているなら、私はぜひ4年後のカタール大会まで頑張ってほしいね。そう、屈辱を4年後の栄光につなげた偉大なGK、ディノ・ゾフのように……」


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532613501
続きを読む

【サッカー】<日本代表GK川島永嗣>フランス1部マルセイユに移籍浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/25(水) 12:01:20.30 ID:CAP_USER9.net

ロシアW杯を戦った日本代表GK川島永嗣(35)がフランス1部マルセイユに移籍する可能性が出てきた。昨季限りでメスとの契約が満了。地元誌「フランス・フットボール」は、昨季フランス1部リーグ4位でDF酒井宏樹(28)の所属するマルセイユをはじめ、同11位のディジョン、同18位のトゥールーズが日本の守護神に興味を示していると報じた。

 海外でのプレー続行を希望する川島は22日、自宅のあるフランスに向かう際、自身の去就について「できるだけ早くいい報告ができればいい」とコメントした。

 また、ベルギー1部アンデルレヒトのMF森岡亮太(27)に同1部アントワープ移籍が浮上している。地元メディアによると、ハイン・バンハーゼブルック新監督(54)が就任し、新シーズンの開幕に向けて調整を続けているが、昨季途中で加入した森岡の状態が上がらずに構想外になりつつあるという。

 すでにアンデルレヒト側は森岡の代役としてロコモティブ・ザグレブ(クロアチア)のMFルカ・イバヌセッチ(19)の獲得に動いていると報じている。ドイツ1部でMF長谷部の所属するEフランクフルトのMF鎌田大地(21)も退団の可能性があるという。

7/25(水) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000014-tospoweb-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00000014-tospoweb-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532487680
続きを読む

【サッカー】<川島永嗣>リーグ・アン残留の可能性…酒井所属マルセイユなどが興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/24(火) 09:16:46.69 ID:CAP_USER9.net

日本代表GK川島永嗣はリーグ・アンに残留する可能性があるようだ。フランス誌『フランス・フットボール』が報じている。

川島は昨シーズンまでメスでプレー。しかし、チームは最下位での2部降格が決まり、契約も昨季いっぱいだったため、35歳の川島の去就は不透明となっていた。リーグ・ドゥ降格が決まっても残留を希望する旨のコメントを残していた川島だが、1部クラブから興味を示されているようだ。

それが昨季11位のディジョンと、辛くも残留を勝ち取った18位のトゥールーズ。ともにフランスでは中堅以下のクラブで、経験ある日本代表GKを求めているという。さらには、日本代表DF酒井宏樹もプレーするマルセイユが、第2GKで同じく35歳のヨアン・プレに退団の可能性があるため、熱視線を送っているという。

新天地がいまだ決まらない日本の守護神。新シーズンもフランスでプレーすることになるのか、注目が集まるところだ

7/24(火) 7:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000040-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532391406
続きを読む

【サッカー】<川島永嗣が語るミスと批判>日本に必要なGK育成の考え方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/22(日) 12:33:33.48 ID:CAP_USER9.net

21日放送、テレビ東京「FOOT×BRAIN」に、サッカー日本代表の川島永嗣が出演。ロシア・ワールドカップ(W杯)を振り返り、日本に必要な守護神の育成法について話した。

セネガルとの第2戦でミスから失点を招くなど、批判を浴びていた川島。自らもチームに貢献できていないと感じていたといい、
「もどかしい部分があったので、1回話をしたいと思った」「信頼してくれているのにそういう風にしかできていないから申し訳ない」と、西野朗監督と話し合ったそうだ。

西野監督の返事の内容は明かさなかった川島だが、「自分の中でつっかえていた物っていうのは取れた」と、指揮官と面と向かって話し合うことで切り替えることができた様子をうかがわせた。
セネガル戦ではミス以外に好守も見せた川島だが、GKは一つのミスで批判にさらされるポジションだ。だが、川島は「そういう覚悟がなければあの場に立っていられない」とコメント。
「自分の責任」であり、「それを受け入れなければ前には進めない」と語る。

そのうえで、川島は「自分が、何が正しくて何が正しくないのかってはっきり思っていることが大切」とも強調。
「正しくないって思ったら、どうやったら次に進めるのかってことを考えなければ、自分は前に進めないので、周りの人が何を言っているかではない」ともつけ加えた。

海外で厳しい挑戦を続けながら成長していった川島。イタリア留学やベルギー、フランスでのプレー経験から、
「GKに求められるものや考え方が違うと感じさせられた」という。それだけに、「本質を掘り下げていかない限り、レベルは上がっていかないんじゃないか」と考えているそうだ。

では、日本が世界で戦えるGKを育成していくには、何が必要なのだろうか。川島は「やれることの大きさ、基準の高さ」が違うと指摘。「考える基準がより高い」と語る。

また、川島は、ミスを恐れる日本の風潮も大きく影響すると考えているようだ。「最高のものを出そうと思ったら、常に(リスクが)隣り合わせ」という川島は、
「リスクを負わないとより良いものが出てこない」とコメント。その点が「日本の中では欠けている」と指摘した。

だが、川島は「日本人は絶対やれるポテンシャルがある」とも強調。いつまでも「世界との壁」「世界レベルとの差」と言っていたらいけないとし、
「日本人だからこそやれることの多さもたくさんある」「今回のW杯の中でそれをはっきりと証明できた」と胸を張る。

それだけに、川島は「持っているものをどれだけ伸ばせるかが一番大きい。そこにもっと注目したほうがいい」と、日本人としての強みを武器にしていくべきだと訴えた。

2018年7月22日 8時35分 Sports Watch
http://news.livedoor.com/article/detail/15046977/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532230413
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ