宮市

【サッカー】<宮市亮>アシストで勝利に貢献!ダービーのヒーローに!ドイツ誌がMOMと今季3回目となるベストイレブンに選出

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/24(月) 22:39:18 ID:mrBp3VdR9.net

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリは22日、ハンブルガーSV(HSV)とのアウェーでのハンブルク・ダービーに2-0で勝利。ドイツ誌『キッカー』は、この一戦でチームの全得点に絡んだ宮市亮をマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)、そして第23節ベストイレブンに選出した。

今季リーグ戦の全試合に出場する宮市は、ザンクト・パウリ、HSVの双方にとって大事なこのダービーで、右ウィングバックとして先発。20分にハーフウェーライン付近でのインターセプトからFWヘンク・フェールマンの先制弾をアシストし、さらに29分にはDFマット・ペネイによる追加点の起点にもなり、宿敵相手の勝利に大きく貢献した。

『キッカー』ではそんな宮市のパフォーマンスに対する評価をチーム最高タイの「2」とした。さらにMOMに選び、「リョウ・ミヤイチは(相手右サイドバックのティム)ライボルトをDFに縛り付け、チームを度々勢いづけた上で、1点目を演出した」との寸評が記された。また、宮市は同誌では今季3回目となるベストイレブン入りも果たしている。

シーズン前半戦のHSVとのダービーにも勝利していたザンクト・パウリは、これで宿敵相手に連勝。なおヨス・ルフカイ監督は、自身の率いるチームが直近6試合のHSV戦に全勝と、個人記録を更新した。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

2/24(月) 22:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010029-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200224-00010029-goal-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582551558
続きを読む

【サッカー】熱狂ダービーで宮市亮が先制アシスト!St.パウリがHSVに勝利…シュトゥット遠藤は10試合連続先発

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/23(日) 00:24:15 ID:/bS3jWa29.net

ブンデスリーガ2部は22日、各地で第23節が行われた。

14位ザンクト・パウリは、2位ハンブルガーSVと対戦。同じくハンブルガーに本拠を置くチーム同士による“ハンブルク・ダービー”で、宮市亮はリーグ戦23試合連続となる出場を果たし、右ウイングバックに入っている。

開始早々にバー直撃のシュートを許すなど、序盤は押される展開となったSt.パウリ。それでも、20分に先制に成功。起点となったのは宮市だ。フェールマンへラストパスを送り、受けた背番号25がドリブルでボックス内に持ち込み、ネットを揺らした。

リードを手にしたSt.パウリはさらに29分、ペニーがエリア外から強烈なミドルシュートを叩き込み、追加点を奪う。押し込むSt.パウリは67分にベナテッリがネットを揺らしたものの、VARレビューで取り消しに。82分にネットを揺らされたが、VARに救われる。結局前半のリードを守り切ったSt.パウリが、熱狂のダービーを2-0で制した。

4試合勝利がなかった(2分け2敗)St.パウリだったが、重要なダービーを制して5試合ぶりの白星。先制点をアシストした宮市は、フル出場で勝利に貢献している。

3位シュトゥットガルトは、ホームでレーゲンスブルクと対戦。遠藤航は10試合連続で先発し、中盤にポジションを取った。

シュトゥットガルトは21分、マンガラがネットを揺らしたが、VARレビューの結果ゴールは取り消しとなる。逆に50分、レーゲンスブルクのゴールもVARで取り消しに。すると58分、ディダヴィが正真正銘のゴールを奪い、シュトゥットガルトが先制。さらにその1分後にカストロもネットを揺らし、一挙2点のリードを奪う。

試合はこのまま終了。シュトゥットガルトは3連勝を飾った。遠藤はフル出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010031-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582385055
続きを読む

【サッカー】<宮市亮>ザンクトパウリで完全復活!「ケガする前より速くなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/10(月) 21:05:08 ID:FManZOtn9.net

「足の状態もまったく問題ないです」

 ザンクトパウリはウィンターブレイク明けの前節のゲームでグロイター・フュルトに0-3の完敗を喫していました。

 「そうなんですよね。この前は全然上手くいきませんでした。でも、今回は中3日でシュツットガルトが相手ということで、『何が何でもやらなきゃいけない』というチーム内の雰囲気があったんです。本当に3日前の試合が良くなかったですから、『ここ(ミラントーア)でやってやるぞ』という思いでいました。試合前のミーティングではルフカイ監督から『最初のツヴァイカンプフ(1対1)が大事だ』とも言われていたので、それは見せられたかなと思います」

 落ち着いたトーンで話す彼の姿に逞しさを感じます。今一度、あの爆発的なスピードに思いを馳せ、現在のプレー感覚について本人に聞いてみました。

 「僕自身、何度も何度もケガをして、その間にいろいろな取組みをしてきたんですけども、ここに来て、ウィンターブレイクに入る前からだいぶコンディションも上がってきて、今は自分のスピードに自信を持っています。足の状態もまったく問題ないですし、むしろケガをする前よりも速くなっているのは数字の上でも表れているんですよね」

 本当に良かった。いやー、嬉しい。正真正銘の復活ですね。

現地記者もみるみるうちに笑顔。

 「いやー、本当に感慨深いです。僕自身、何度も不甲斐ない思いをしてきました。ずっとここのスタジアムの観客席からピッチを眺めていて、『いつか、ここで戦いたい』と思いながら……。その間、『俺は何をやっているんだ』ともどかしく思うこともありましたけども、こうやって今、コンスタントに試合に出られるのは嬉しい限りです。本当に、周りの人のサポートがなければ、僕はここには立てていなかったと思うんです。そんな方々に感謝しながら、自分自身、プレーでその恩返しができたらなと思っています」

 僕との会話が終わると、彼は「こんな寒いところまで、わざわざ来てくださってありがとうございます」とお辞儀をして、「リョー、リョー」と呼んで待ちわびる現地記者の囲み取材へと歩を進めていきました。

 少し近寄って彼の言葉に聞き耳を立てると、ドイツ人記者が「英語で話そうか?」と言うのを制して「ドイツ語で大丈夫」と返して流暢に話しています。

 記者の皆さんがみるみる笑顔になって、その空間だけ、心の温度が何度も上昇したみたいに蒸気が立ち上がっています。ここにいる誰もが彼のプレーに一喜一憂し、その幸せを享受しているのです。

2/8(土) 9:01配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00842434-number-socc&p=4


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581336308
続きを読む

【サッカー】宮市亮が先制点アシスト! 遠藤航との日本人対決はドロー決着

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/02(日) 00:01:06 ID:FKVdckt79.net

 ブンデスリーガ2部は1日、第20節を行い、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリはホームで日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトと対戦し、1-1で引き分けた。

 宮市は右ウイング、遠藤はボランチの位置で先発し、日本人対決が実現した。0-0で迎えた後半11分、右サイドで1対1を突破した宮市はマイナス方向にクロスを入れ、FWヘンク・フェールマンの先制点をアシストした。

 シュツットガルトも押し返し、後半37分にFWマリオ・ゴメスが左足でゴールを挙げ、試合を振り出しに戻した。宮市と遠藤は揃ってフル出場。試合は1-1のドロー決着に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-43477794-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580569266
続きを読む

【サッカー】<宮市亮>今期絶好調!日本代表復帰を夢見る!「現実になってほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/18(土) 20:44:47 ID:HbyjaX4q9.net

ドイツ2部のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、日本代表への復帰を目標に掲げている。独紙『ビルト』が17日付で同選手のコメントを伝えた。

 宮市はアーセナルからのレンタルでボルトンに所属していた2012年に19歳で日本代表にデビューし、2試合に出場。日本の未来を担う選手の一人となることが期待されていたが、その後は度重なる負傷に苦しむキャリアを歩み、日本代表でプレーするチャンスも訪れなかった。

 だが2015年から所属するザンクト・パウリで、ついに安定してプレーを継続できるコンディションを取り戻している。2017/18シーズンは負傷で棒に振ったが、昨季は自己最多のリーグ戦25試合に出場。今季はブンデスリーガ2部開幕からの10試合連続フル出場も含め、ここまでザンクト・パウリのフィールドプレーヤーで唯一のリーグ戦全試合出場を果たしている。

 16日に行われた練習試合でも宮市は1得点2アシストと活躍。今月末から再開されるリーグ戦に向けて順調な調整ができているようだ。

 その先には、日本代表への復帰も見据えている。「代表チームでプレーできればすごく嬉しいことだと思います。(代表)監督の決めることですが、夢が現実になってほしいですね」と宮市はコメント。現在は代表チームからの直接の連絡はないものの、アシスタントコーチの一人とのメール交換は行っているという。

 だが今夏に開催される東京五輪に関しては「今は考えていません。とにかくザンクト・パウリに集中しています」と宮市。まずはクラブでできる限りのパフォーマンスを見せ続ける姿勢を示した

1/18(土) 19:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200118-00358463-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200118-00358463-footballc-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579347887
続きを読む

【サッカー】宮市亮、首位撃破の活躍に現地紙絶賛。「ストップ不可能」「ベストゲームのひとつ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ぜかきゆ ★:2019/12/23(月) 19:08:48.81 ID:L9feWIkV9.net

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第18節のザンクト・パウリ対アルミニア・ビーレフェルト戦が現地時間21日に行われ、ホームのザンクト・パウリが3-0で勝利を収めた。独紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』はこの試合でFW宮市亮が見せたパフォーマンスを絶賛している。

 今季リーグ戦全試合出場中の宮市は、7試合連続となる先発でフル出場。ダメ押しの3点目をアシストするなどのプレーで、リーグ首位を走るビーレフェルト相手に快勝を収めたチームに貢献した。

 地元紙はこの試合で活躍が目立った選手として宮市をピックアップ。「ザンクト・パウリの日本人が再び好調に」「自らのゴールがなくともザンクト・パウリでのベストゲームのひとつだった」と称えている。

「最初からストップ不可能だった。スプリントを繰り返し、危険な形でゴール前にボールを運んでいた」と宮市のプレーに言及。今季ブンデスリーガ2部の最速記録を保持する宮市のスピードを強調し、「ロケットマン」「ターボ」とも表現している。

 宮市も自身とチームの戦いぶりに満足している様子。決定機を相手GKの好守に阻まれたことは「残念」としながらも、「少なくとも今シーズンの僕のベストパフォーマンスだったと思います」とコメントしている。

 この試合には、いわてグルージャ盛岡でシーズンを終えた弟のFW宮市剛も初めて観戦に訪れていたとのことだ。「特別なモチベーションになった」「幸運をもたらした」と地元紙はその存在に触れている。

フットボールチャンネル編集部 12/23(月) 19:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00354831-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577095728
続きを読む

【サッカー】宮市亮、首位撃破の活躍に現地紙絶賛。「ストップ不可能」「ベストゲームのひとつ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ぜかきゆ ★:2019/12/23(月) 19:08:48.81 ID:L9feWIkV9.net

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第18節のザンクト・パウリ対アルミニア・ビーレフェルト戦が現地時間21日に行われ、ホームのザンクト・パウリが3-0で勝利を収めた。独紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』はこの試合でFW宮市亮が見せたパフォーマンスを絶賛している。

 今季リーグ戦全試合出場中の宮市は、7試合連続となる先発でフル出場。ダメ押しの3点目をアシストするなどのプレーで、リーグ首位を走るビーレフェルト相手に快勝を収めたチームに貢献した。

 地元紙はこの試合で活躍が目立った選手として宮市をピックアップ。「ザンクト・パウリの日本人が再び好調に」「自らのゴールがなくともザンクト・パウリでのベストゲームのひとつだった」と称えている。

「最初からストップ不可能だった。スプリントを繰り返し、危険な形でゴール前にボールを運んでいた」と宮市のプレーに言及。今季ブンデスリーガ2部の最速記録を保持する宮市のスピードを強調し、「ロケットマン」「ターボ」とも表現している。

 宮市も自身とチームの戦いぶりに満足している様子。決定機を相手GKの好守に阻まれたことは「残念」としながらも、「少なくとも今シーズンの僕のベストパフォーマンスだったと思います」とコメントしている。

 この試合には、いわてグルージャ盛岡でシーズンを終えた弟のFW宮市剛も初めて観戦に訪れていたとのことだ。「特別なモチベーションになった」「幸運をもたらした」と地元紙はその存在に触れている。

フットボールチャンネル編集部 12/23(月) 19:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00354831-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577095728
続きを読む

【サッカー】<宮市亮>練習を欠席!前節でひざに打撲…今シーズン公式戦11試合すべてにフル出場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/10/22(火) 18:00:31.94 ID:kAa9qzN79.net

「一番深刻」な可能性も

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属のFW宮市亮は、21日の練習を欠席したようだ。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』や『NDR』が報じている。

19日に行われたブンデスリーガ2部第10節でダルムシュタットをホームに迎え、0-1と7試合ぶりに黒星を喫したザンクト・パウリ。この一戦にフル出場した宮市だが、どうやら試合中にひざに打撲を負い、痛みを訴えていたようだ。

『ハンブルガー・モルゲンポスト』によれば、宮市は21日の練習を欠席し、検査を受けたという。また、『NDR』ではDFジェームス・ローレンスやセバスティアン・オルソンも練習参加が見送られたが、そのなか「一番深刻なのはミヤイチかもしれない」と離脱が懸念されている。

アーセナルからの加入後、両ひざの十字じん帯を断裂するなど度重なる重傷を経験してきた宮市だが、ヨス・ルフカイ監督の下での今シーズンはこれまでの公式戦11試合すべてにフル出場を果たしている。27日のハイデンハイムとのアウェーマッチまでに回復できるのだろうか。

10/22(火) 17:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010023-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191022-00010023-goal-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571734831
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ