岡崎

【サッカー】<英紙が独自に選出!アジア人選手ベスト50>日本人選手は9人選出!3位岡崎慎司、6位原口元気、香川真司は19位...1位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/25(木) 12:00:38.39 ID:CAP_USER9.net

日本人選手も数多く選出

近年はアジアの選手が海外のリーグで活躍することも特別珍しいことではなくなり、日本や韓国の選手の中には欧州五大リーグのクラブで主役級の働きを見せている者も多い。では、今季アジア人選手で最も活躍したのは誰なのか。

英『FourFourTwo』は独自にアジア人選手ランキングを作成しており、今回トップ50を発表。日本人選手は合計で9人選ばれている。

まず1人目は43位で川崎フロンターレMF中村憲剛だ。中村は昨年のJリーグMVPに輝いたことが高い評価を得ており、ベテランながら日本を代表する選手として称賛されている。

その中村の1つ上の42位がケルンFW大迫勇也だ。今季の活躍を見るともう少し順位が上でもいように思えるが、ブンデスリーガで月間MVPなどを獲得したことなどが取り上げられている。

その次は大きく飛んで23位にマルセイユDF酒井宏樹だ。酒井はシーズンを通して右サイドバックのポジションを任され、フランス国内でも高い評価を受けている。同メディアもリーグ・アン最高の右サイドバックの1人と伝えており、なぜハノーファーが簡単に手放したのかとクオリティを絶賛している。

ブンデスリーガ勢も忘れてはならない。19位はドルトムントMF香川真司、17位にはフランクフルトで様々な役割を担ったMF長谷部誠の2人が選ばれている。

香川は以前から実力が評価されていたこともあり、選出は当然と言える。一方で同メディアは複数のポジションを器用にこなし、リーダーシップも発揮した長谷部のことを高く評価している。今季のフランクフルトを象徴する選手だったのは間違いない。

16位にはサウサンプトンの柱になったDF吉田麻也だ。こちらはもはや説明不要で、今季は海外でプレイするアジア人選手の中でも最も安定感あるシーズンを過ごした選手の1人と言えるはずだ。

13位はヘントで大爆発したFW久保裕也だ。その得点力は驚異のレベルにあり、同メディアは来年はこのランキングでトップ5に入ってくるはずと評価しており、今後の活躍が期待されている。

ここからはトップ10だ。6位にはヘルタ・ベルリンFW原口元気が選ばれた。クラブではそれほど得点に絡めなかったが、日本代表ではワールドカップアジア最終予選で4試合連続得点を記録。ここが高く評価されたようだ。

3位にはレスター・シティFW岡崎慎司だ。昨季に比べるとややインパクトが薄いかもしれないが、今季も献身性を武器にチームに貢献。昨季と変わらずよく走る選手として評価されているようだ。

日本人選手はこの9人となり、2位にはトッテナムFWソン・フンミン、1位にUAEが誇る天才オマル・アブドゥルラフマンが選ばれている。今季の活躍を考えると圧倒的にソン・フンミンが1位でもおかしくないが、昨年アジア最優秀選手賞に選ばれたアブドゥルラフマンが1位になっている。

heWORLD(ザ・ワールド) 5/25(木) 11:40
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010005-theworld-socc

50 best Asian footballers 
https://www.fourfourtwo.com/my/asia-50-2017-asias-best-footballers

韓国の欧州組はどうだったのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170524-00071251/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495681238
続きを読む

【サッカー】<乾貴士>バルサ相手に衝撃2ゴール!スペイン紙が最高評価! レスター岡崎もSNSで称賛「サッカー小僧が伝説残した」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 13:54:44.05 ID:CAP_USER9.net

現地時間5月21日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ38節で、バルセロナ相手に2得点を奪う衝撃の活躍を見せたエイバルのMF乾貴士にスペイン紙が高評価を与えている。
 
 21日の『アス』紙はこの試合の乾に対し、最高評価となるクローバーマーク3つをつけている。これはリオネル・メッシのPKをストップする活躍を見せたGKのジョエル・ロドリゲスと並びチームトップだ。
 
 また『マルカ』紙も同じく星3つの満点評価。こちらもジョエルと並びエイバルでは最高で、「乾は可能な限りで最高のパフォーマンスを披露した」と評した。
 
 バルサ相手にゴールを奪った初の日本人選手となった乾だが、プレミアリーグのレスターに所属する日本代表FWの岡崎慎司も自身の『ツイッター』でその偉業を讃えている。
 
「乾たかしがカンプノウで2発。 このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う。 負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。 サッカー小僧が伝説残したと思う。 興奮が冷めない」
 
 試合は2-4と敗れてしまったものの、バルサ相手に衝撃の活躍を見せた乾。最高の形で今シーズンを締めくくった日本人MFのさらなる飛躍を期待したいところだ。

SOCCER DIGEST Web 5/22(月) 11:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00025974-sdigestw-socc

【サッカー】<乾貴士>バルセロナから2ゴール!カンプ・ノウで左足2発の衝撃..試合はバルサが逆転勝利 ★2
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495411564/

【サッカー】<欧州各国メディア>乾貴士のバルサ戦2発に衝撃!「信じられない」「バルサ相手に初めてゴールを決めた日本人」★2
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495414433/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495428884
続きを読む

【陸上/サッカー】<ウサイン・ボルト>8月の世界陸上を最後に現役引退を表明しサッカー転向! 香川より岡崎慎司とのコンビならアリ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 09:33:36.90 ID:CAP_USER9.net

“世界最速の男”ことウサイン・ボルト(30歳)は、今年8月の世界陸上ロンドン大会を最後に現役引退を表明した。

言うまでもなく、ボルトは巨万の富を築いた陸上界のスーパースター。引退後は母国ジャマイカでゴージャスな暮らしを満喫するのかと思っていたら…なんとサッカー選手を目指すとか!

5月6日、AFP通信が伝えたところによると、ボルトは「シーズン20ゴール以上。世界のプロサッカー界でトップ50に入る選手になりたい!」と表明。世界陸上終了後の9月にもドイツ入りし、ブンデスリーガのドルトムント(香川真司の所属チーム)の練習に参加する予定だという。

果たして、ボルトは本当にプロのサッカー選手になれるのか? スポーツジャーナリストの折山淑美氏はこう言う。

「彼の走力なら、敵DFをあっという間に置き去りにできるでしょう。また体幹と跳躍力に優れ、身長も196cmあるので、ゴール前での制空権争いも強いはず。ロングパス、クロスボールを多用するチームのセンターFWとしてゴール前で待ち構えるプレースタイルなら通用しそう」

ただし、ボルトが入団を熱望するマンチェスター・ユナイテッドなど、欧州のトップチームでの活躍は難しいかも。スポーツライターの井川洋一氏はこう話す。

「スプリント力だけではダメ。キックの精度、敏捷(びんしょう)性、ステップワークなどの基本技術を高めなければ、トップクラスでは戦えません」

やっぱり、夢物語なのか?

「ただ、ボルト本人はフランス2部など、下部リーグからのキャリアスタートを否定していない。ならば、下部リーグでまずは経験とトレーニングを積み、次のステップとしてイングランド・プレミアリーグのレスターあたりの入団を狙ってみては?

レスターの主力は下部リーグからの叩き上げが多い。しかも戦術は基本的にロングカウンター(ゴール前を守備で固め、自陣の深い位置でボールを奪取した後、敵陣に放り込んで一気にゴールを奪う戦術)。ボルトのスプリント力を生かすにはぴったりです。

試合終盤に投入される“前線のジョーカー”であれば面白い。スタミナ切れの敵DFの最終ラインの裏にタイミングよく飛び出し、独走状態でゴールする、そんなシーンが見られるかも」(井川氏)

レスターには日本代表FWの岡崎慎司がいる。174cmの岡崎と196cmのボルトが凸凹コンビを組んで仲よく例の弓引きポーズを決める…ぜひ見てみたい!

週プレNEWS 5/21(日) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00084956-playboyz-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495326816
続きを読む

【サッカー/プレミア】岡崎先発 レスターはトッテナムに大敗

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 9946-PySf [221.111.201.173]):2017/05/19(金) 05:36:16.93 ID:CAP_USER9.net


第34節 5/18(木)27:45 キングパワー・スタジアム

レスター・シティ 1-6 トテナム・ホットスパー

得点
ハリー・ケイン(前半25分)
ソン・フンミン(前半36分)
ベン・チルウェル(後半14分)
ハリー・ケイン(後半18分)
ソン・フンミン(後半26分)
ハリー・ケイン(後半44分)
ハリー・ケイン(後半45分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927918
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495139776
続きを読む

【サッカー】<レスターFW岡崎慎司を敵将グアルディオラが名指しで称賛>美技見せた侍ストライカーの働きを高評価!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:@Egg ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 08:56:14.65ID:CAP_USER9.net

0-2とレスター劣勢のなか、前半42分に岡崎が高速ボレー弾
 
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が13日の敵地マンチェスター・シティ戦で約5カ月ぶりとなる今季リーグ戦3得点目を左足ボレーシュートで決めた。

レスターは司令塔マフレズがPKで同点に追いつくチャンスを外して1-2負けを喫したが、
相手の名将ペップ・グアルディオラ監督はレスターの戦いぶりとともに侍ストライカーも称賛している。地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

レスターが来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏4位以内を目指すシティを追い詰めた。
0-2とレスター劣勢で迎えた前半42分、侍ストライカーが一世一代の美技で決めた。左サイドのMFマーク・オルブライトンが右足でゴール前へクロスを送ると、
ゴール前でフリーになった岡崎が体をひねりながら左足一閃。高速ボレー弾はゴール右隅に突き刺さった。

後半31分にはシティのエリア内でDFクリシーからファウルを受けたリヤド・マフレズはPKを獲得。
自らキッカー役を務めたが、キック直前で滑った軸足でもボールに触れてしまい、二度ボールに触ったためゴールは無効とされた。

「オカザキ、スリマニ、マフレズがいる」

同点の危機を辛くも乗り切ったグアルデォラ監督は試合後、
「レスターはとても面倒な相手だ。私は完璧に理解している。この試合だけではないが、ここに昨季優勝した理由があるんだ」と語った。

「(キャスパー・)シュマイケルは素晴らしいパス能力を持っているので、彼らにハイプレッシャーをかけることはできない。パスを回したり、
サイドバックにボールを持たせることもできない。なぜなら、オカザキ、(イスラム・)スリマニ、マフレズがいるからだ。それをコントロールすることは難しい」

ゴールを決めた岡崎のみならず、マフレズ、スリマニの前線からの苛烈なプレッシャーで、シティの目指すパスサッカーがしづらい状況だったと振り返っている。
ワールドクラスのゴールで称賛を受けている侍ストライカーだが、世界的な知将は疲れを知らない運動量と前線からのプレッシングという岡崎の武器を高く評価している。

Football ZONE web 5/14(日) 22:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010027-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170514-00010027-soccermzw-000-view.jpg


【サッカー】<岡崎慎司(レスター)のシティ戦高速ボレー弾>英メディア称賛の嵐!「何てゴールだ!」「バイオレンスな一撃」 
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494685853/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494806174
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司(レスターのシティ戦高速ボレー弾>英メディア称賛の嵐!「何てゴールだ!」「バイオレンスな一撃」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/13(土) 23:30:53.96ID:CAP_USER9.net

◆約5カ月ぶりとなる今季リーグ3得点目、GK為す術なしのワールドクラスの一撃

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が13日の敵地マンチェスター・シティ戦で約5ヶ月ぶりとなる今季リーグ戦3得点目を左足ボレーシュートで決めた。相手GKも為す術がないワールドクラスの一撃に、英メディアは「何てゴールだ!」「バイオレンスな一撃」と称賛の嵐を送っている。

 0-2で迎えた同42分に侍ストライカーが目覚めた。左サイドのMFオルブライトンが右足でゴール前へクロスを送ると、ゴール前でフリーになった岡崎が体をひねりながら左足一閃。目にも止まらぬ高速ボレー弾がゴール右隅に突き刺さった。

 英地元紙「ガーディアン」電子版は速報で衝撃の一撃を「何てゴールだ!」とレポート。そして、「コンパニはボールの軌道を見誤り、オタメンディは滑った。それが岡崎に体をひねることを許した。そして、とてつもない高速ボレーをネットに突き刺した。カバジェロは完璧なスピードを伴ったバイオレンスな一撃に打ち負かされた」と称賛している。

 レスターの公式ツイッターも「オカザキ! なんてゴールだ、シンジ!イエース!」と興奮ツイート。岡崎にとっては昨年12月3日のサンダーランド戦(1-2)以来、約5カ月ぶりのゴール。23試合連続で無得点だったが、ついに終止符を打った。

Football ZONE web 5/13(土) 22:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170513-00010018-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggSrne5owycJX_28BJQ2uczA---x900-y548-q90-exp3h-pril/amd/20170513-00010018-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494685853
続きを読む

【サッカー】岡崎慎司、マンC戦でスーパーボレー弾!マンC vs レスター結果

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/13(土) 22:28:20.01ID:CAP_USER9.net


第37節 5/13(土)20:30 エティハド・スタジアム

マンチェスター・シティ 2-1 レスター・シティ

得点
1-0 ダビド・シルバ(前半29分)
2-0 ガブリエル・ジェズス PK(前半36分)
2-1 岡崎慎司(前半42分)

(後半33分 マレズ PK失敗)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927946
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/manchester-city-vs-leicester-city/1-2252545/

後半28分 岡崎慎司 → イスラム・スリマニ
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494682100
続きを読む

【サッカー】岡崎「降格しなかった、胸を張っていいんじゃないかと思う」レスターのプレミア残留決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/07(日) 18:26:38.30ID:CAP_USER9.net

◆プレミアリーグ レスター3―0ワトフォード(6日、キング・パワー・スタジアム)

 日本代表FW岡崎慎司のレスターはホームでワトフォードを3―0で下して暫定9位に浮上、残り2試合の18位ハル・シティに勝ち点9差をつけてプレミア残留を決めた。先発した岡崎は無得点で、後半18分に退いた。

 岡崎に聞く

 ―今日の勝利でプレミアの残留が決まった

 「怒とうの2、3カ月だったな、という気がします」

 ―シェークスピア監督が率いてから7勝2敗1分け。(過去10戦だけを見たら)欧州チャンピオンズリーグに行けるペースだよね?

 「レスターは後半戦に強い、というのが、あるかもしれないですね。あの危機的な状況のときには、自分自身も(試合に)出られるとは思っていなかった。チームも最後まで(残留争いで)もつれる、と思っていたけど…。(ラニエリ)監督もどうしたらいいのか悩んでいた部分が、選手に露骨に伝わっていたと思う。それがフロントが、(監督を)変えなきゃいけないと思った一因だと思う。ひとつの起爆剤になったと思う。これで降格していたら何も言えないですけど、自分たちは降格しなかったんで、胸を張っていいんじゃないかと思う」

 ―今日の試合では岡崎選手が交代のとき、スタンディングオベーションが起こった。パフォーマンス的なものはどうだった?

 「なんか、満足っていうか、もう変えることがないっていうか、プレーしていても、何度もボールを追いかけるしか、やることがないっていうか…。これでいいのかな、と思ってしまうことが多々ある。このまま何もないまま、(ボールを)追いかけ回して45分が終わったら、たぶん交代だろうな、とか考えてしまうんで…。もちろん、やることは変えないつもりですけど、ただゴール前に入っていく回数をなるべく多くして…。自分のタイミングでボールが来れば、間違いなく、いい状態でゴールには行けるんですけど、やっぱりワンテンポ、自分が早いのか、味方が遅いのか。(パスが)通るか、通らないか、というよりは、あぁ行ける、行けるっていう、そういう確認が…。ただ、今日に関しては、なかなかチャンスはなかったんで…」

 ―またアシストがつくようなプレーはひとつあった。ゴール前に飛び込んで、ブロックされたけど、惜しいチャンスがあった

 「そうですね、激しくプレーしながら、決める瞬間にスッと入っていくことは、間違いなくできてきてる。相手が降格圏から脱出しているチームで、どちらかといえばメリハリがなかった。ボールを取られても、(守りに)帰っては来るけど、最後の失点とかも、4、5人いてあんなに釣られるかっていうぐらい(笑)。それはないだろってくらいの守備だった。やっぱり(今季の目標がなく)シーズンが終わっているチームの戦い方だなと思いました」

 ―そういう意味(シーズンが終わっているという意味)ではレスターも同じだと思うが?

 「まあそうですね。やっぱり前半の、1点を取るまではタイトな試合になるんですよね、レスターってチームは。でもそこから(先制点から)自信を得ていくというか、昨季もそうでしたけど。ボーナスタイムに入ったら、もうイケイケ状態で、(パスも)バシバシ通るみたいな。(今日は)そんな感じの展開になった。あのセットプレー(先制点の起点になったCK)までは、点が入るような感じじゃなかった。Wブロミッジの時もそうでしたけど、やっぱ1点入ると変わるなって」

 ―あのセットプレーの前(コーナーの前のフリーキック)は岡崎選手の体を張ったプレーで取ったものだった。そういう意味ではもう一歩のところの状態が続いている?

 「結果が出れば、僕もなんとでも言えるんですけど、結果が出ていないんで。岡崎、得点感覚がなくなっているんじゃないかみたいに言われてもしょうがないと思いますけど、自分の中では本当に、限界とまでは言わないが、今できる最大の飛び込みはしているつもり。何かもう一つ越えられればというところで、別に昔と比べてどうということじゃなくて、現状で自分にもう一つ上積みされたら、多分何か、解放されるんじゃないかなと思っている」

2 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/07(日) 18:26:57.54ID:CAP_USER9.net

 ―残り3試合でどんな結果をつかみたい?

 「今日見てもらったらわかると思うんですけど、やっぱり、決まっているんで、交代というのも。多分この調子でいくと、決まっているんで、何人かは代えてくると思うんすよね。(代えられるのは)絶対俺じゃないかっていうのも、やっぱり頭に入っているんで。途中からでも出るチャンスがあれば、点を取りにいきないなと思うし、もちろん先発で行けば、今日のような役割をしながらゴールを狙っていきます。やることは変わらないっすけどね。ジタバタしても3試合しかない。正直言って、シーズン10点という目標は、今もうそれは不可能なんで」

 ―今季の残留が決まり、来季もレスターにいればプレミアでやることは決まったが、来季のことはもう考え始めている?

 「まだ全然考えてないです。でもやっぱり僕は周りにどう思われようと、自分が自分に一番期待している。そういうプレーをしたいというか、もっと上にもっと上にという。絶対に満足しないというか…。別にステイするのか出るのかというのも、誰も分からないことだと思うし、じゃあステイして自分がどんなプレーをするかというのも誰にも分からないと思うんです。やっぱり自分はチャレンジを続けていきたいと思う。もっと期待されたい。『お前は役割を終えたら、いいよ』みたいな感じは僕は嫌なので。そういう意味ではチームに話していきたいと思うし、自分が点を取ったりもっと調子が良かったら、もっと(出場時間を)伸ばしてほしい。やっぱり意志が来シーズンは必要になってくると思う。僕はそういう風に使われるのが一番嫌なので(苦笑)。それだったらサブに置いてもらった方が、いいと思っている。点を取れると思うんだったら、サブからでもいいから『得点チャンスに決めてくれ』みたいな。それでも試合にも出たいので(苦笑)。監督がそういう信頼しているのであればというところで、もっと信頼されるプレーヤーに、このレスターでなりたい」

 ―その信頼というのは「点を取る」という部分での信頼? チームの中で欠かせない役割としては、完全に信頼されていると思うが?

 「その『欠かせない』というところも…じゃあ90分僕を置いて、リヤド(マレズ)とかは点を取るか取らないか(の選手)じゃないですか。でも今シーズンは点を取ってきていないじゃないですか。じゃあ何で使うの? と、逆に言えば。バーディーがいるので、どっちかを残せばいいじゃないですか。でもどっちも残して、リスクを高くして勝ちに行く。まあ監督次第ですけど、監督が僕を信頼して90分使い続けてくれたら、例えば自分が調子が良ければ、90分のうちなら点を取るチャンスがあるかも知れないわけじゃないですか。今日のアルブライトン(の3点目)みたいな感じで。やっぱり60分だと可能性はより低くなる。負けたら負けたで自分を真っ先に代えるというのも、今シーズン続いている。『結果が出ていないからしょうがない』と言われれば、しょうがない話ですけど、実際やっぱり自分が出て(レスターの)サッカーが成り立っているって思う。そういうところでの意志を来シーズンは出していきたいなと」

 ―やっぱり90分。

 「そうですね。90分やって、無理だったら代えてくれればいいけど。今みたいに、例えば前の(欧州CL)Aマドリード戦で45分しか出られなくて、『(交代は)戦術理由だ』と言われて。それで、次の試合で先発から外されるようだと、やっぱり『俺って何だんだ?』って疑心暗鬼みたいになる。もちろん、それは厳しい世界、プロの世界だから、しょうがない。それだったらそれで別にいいですけど、でも僕は期待したいです。監督に期待されなくても、自分は期待したい。だから別に、いろんな選択肢があっていいかなと思いますけど」

 ―シェークスピア監督のことはどう思っている?

 「正直、これまでのノリでここまで来ていると思う。先に、シンプルなレスターの戦いに戻した、というところが結局、結果を残すことになったと思うんです。選手ひとりの意見が通る世界ではないので。監督が一番。僕目線でなにか言いたいってことはないですね」

3 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/07(日) 18:27:08.75ID:CAP_USER9.net

 ―残留が決まったことで、残り3試合への意味合いは変わったか。もっと得点を狙ってやろうというか。

 「去年、優勝した時と全く同じだと思う。結局、あんまり変わらない。自分がどんなに力んだって、チームにやっぱり委ねてしまうところもある。今の自分のプレースタイルに関して言えば。チームがもっと前からいってほしいなというか、その中で俺がやるべきことは限られている。でも、本当にやるべきことは変わらない。もしレスターにいるとしたら。ずっと」

 ―プレミアのサッカーに関しては? まだまだここでやりたいという思いは強いか?

 「強い思いはありますね」

 ―得点に近づいている感じはするが…。

 「ただなんかやっぱり、簡単に落として守備して。なんか、このままで俺はいいのかなとか。FWってやっぱりチャレンジしてナンボじゃないですか。ミスしたら交代という雰囲気になっていたら、やっぱり厳しいと思うんですけどね。俺は」

 ―それでも今日や前節の縦パスは並の選手ではないという感じはするが?

 「やっていくうちにいろいろね。いろんな幅が広がっていくと思うんですけど。ただなんかFWとしては、このままでいいのかなと。もっと前線で勝負する方が自分にとっては…。なんて言うんですかね。位置がやっぱり全然違うじゃないですか。日本代表だともっと前の位置になって、(下がってもすぐに?)前に戻るとか。こうなると、なんか、代表でやっている方がすごくFWっぽくて。点を取るかとらないかで、出るかでないかが(決まる)。体を張れるか張れないかで(勝負する)とか。センターバックとやり合うというのがFWって普通じゃないですか。レスターにいるということはそこでの勝負になってくると思うんで、もっと手前の方、どっちかというと、今はどっちかというとボランチとかその辺との戦いになる訳じゃないですか」

 ―でも岡崎選手がああいうボールを出すことで、バーディーなんかも岡崎選手に対するケアが良くなるという部分もあると思うが?

 「相性はいいですけどね。あとはあいつの反応に自分がどれだけ入ってくるかというか。FWって自分の反応に(味方の)パスが合ってくるっていうじゃないですか。でも今の僕がやっているのは、味方のボールに自分が合わせている。だからみんなからすると一歩遅く見えるんですよ。でも俺からしたら限界なんですよ。でもなんかあるんじゃないかと思って、ちょっと探っています。今は」

 ―岡崎選手が動き出して、ここぞというタイミングでパスが入ってこない。

 「はい。ストレスはたまりますよね。頑張ります」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00000168-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494149198
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ