岡崎

【サッカー】<レスターFW岡崎慎司>勝利に導く1ゴール1アシスト! リヴァプール下し4回戦進出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 05:43:17.50 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
レスター 2-0 リヴァプール

【得点者】
1-0 66分 岡崎慎司(レスター)
2-0 78分 イスラム・スリマニ(レスター)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11085887

フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦が19日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがリヴァプールが対戦した。

 岡崎はベンチからのスタート。レスターのFWはイスラム・スリマニ、レオナルド・ウジョアという組み合わせになった。

 試合はフィリペ・コウチーニョやドミニク・ソランケを中心にリヴァプールが攻める展開。しかしレスターも粘り強い守備でゴールは割らせず前半をスコアレスで折り返した。

 後半に入り8分が経過したところでレスターは岡崎をウジョアに代えて投入。するとのその岡崎が66分、ビセンテ・イボーラの落としをエリア内で受けると、ワントラップし右足でゴール左に流し込んだ。

 さらに78分、スローイングの流れから左サイドで前を向いた岡崎がスリマニにパス。スリマニはゴール前まで持ち込み、左足を振り抜くとボールはゴール左上に突き刺さった。

 試合はここで終了のホイッスル。代わって入った岡崎が1ゴール1アシストと大活躍、劣勢だったチームを勝利に導いた。

 4回戦(ベスト16)の組み合わせは後日発表される。

9/20(水) 5:38配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00644885-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170920-00644885-soccerk-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505853797
続きを読む

【サッカー】<日本代表>未明にサウジ戦、ガチ布陣!FWは本田、岡崎、原口 中盤には井手口や柴崎ら

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/05(火) 12:21:56.31 ID:CAP_USER9.net

ジッダ(サウジアラビア)4日】ハリルジャパンのロシアロード、第3章の幕が開く。8月31日のオーストラリア戦で18年W杯ロシア大会出場を決めた日本は5日(日本時間6日)、
アジア最終予選最終戦でサウジアラビアと対戦する。

バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はこの一戦から先をチーム作りの「第3章」と位置付け、W杯で世界を驚かせる準備に入る。
消化試合だが、DFラインを中心に主力級を多数先発起用する“ガチ布陣”で臨む見通しだ。この日は記者会見と公式練習が行われた。

ちょうど1年前に、解任の文字が飛び交っていた。昨日のことのように、今はっきりと思い出すことができる-。
第2章の幕開けだった昨年9月の最終予選初戦。ホームでUAEにまさかの敗戦を喫した。続くイラク戦に向け、ハリルホジッチ監督の進退が取り沙汰されていた時期だ。

あれから1年。オーストラリア戦に勝ってW杯出場を決め、余裕を持ってサウジアラビアにやって来た。
チームには勝者の余裕と充実感が漂う。試合前日の公式会見で指揮官は「今のグループの状態に満足している」とした上で、この最終戦の意義を語った。

「我々はどこの国に行っても勝利を求めて戦っている。野心を持って。雰囲気も環境もかなり“熱い”ものになる。これは本大会に向け、素晴らしいテストになる」。

ここから本大会までの準備期間を「第3章」と定義している。チーム作りの中で「最も厳しい、最も難しい」と語る時期。
確かな芽が出た世代交代を一気に推し進めるのか、本田、岡崎ら北京五輪世代の奮起をうながしつつ見極める。

2日の会見では「今現在、本日のチーム状況ではW杯では結果を残せない」と言い切ってもいる。
サウジアラビアはW杯出場権獲得をかけ、死に物狂いで向かってくる。貴重な実戦、真剣勝負のテスト機会となる。

指揮官は最終ラインを中心に、主力級の多い“ガチ布陣”で送り出すことが濃厚だ。前線は3トップの中央に岡崎、右に本田、左に原口と第2章序盤の主力を並べる見込み。
一方、中盤には井手口や柴崎ら、第3章で期待を寄せる2人を組み込むことも。

GK川島は「今までの監督の言ってること、行動を考えれば(W杯に)呼ばれることは(誰も)保証されてない」と危機感を口にする。
イスラム教の聖地メッカへと続くジッダの地で第3章、新たな物語の幕が開く。なんでもないような夜にはしたくない。確かな手応えがほしい。【八反誠】

<W杯ロード第1、2章終わって第3章「生存競争」>

▼ハリル第1章「格下に」 W杯アジア2次予選の初戦から始まる。15年6月16日、当時FIFAランク52位の日本はホームで同154位シンガポールに0-0で引き分け。
日本がW杯に初出場した98年以降、W杯予選の初戦で勝てなかったのは初めて。

▼ハリル第2章「茨の道」 W杯アジア最終予選からスタート。初戦のUAE戦はホームで1-2と敗戦。
アジア最終予選がホームアンドアウェー方式となった98年フランス大会以降、黒星スタートでW杯に出場した例はなかったが、8月31日のオーストラリア戦勝利でジンクスを破った。

9/5(火) 7:50配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-01883024-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170905-01883024-nksports-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504581716
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司>左FWで起用か!? 長友との “ONライン”でレッキー封じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 08:59:52.96 ID:CAP_USER9.net

「W杯アジア最終予選、日本-オーストラリア」(31日、埼玉スタジアム2002)

 サッカー日本代表は29日、勝てば6大会連続6度目の本大会出場が決まるオーストラリア戦に向け、さいたま市内で冒頭15分間をのぞく非公開練習を行った。オーストラリアの強烈なサイド攻撃対策としてFW岡崎慎司(31)=レスター=が左サイドに入る戦術もテストしたという。

 ハリルホジッチ監督は大一番に秘策を用意していた。この日行われた戦術練習では岡崎を左FWで起用。運動量に秀でた岡崎-長友の“ONライン”でオーストラリアのサイド攻撃を封じ込める。

 3-6-1布陣のオーストラリアはスピードのあるレッキー(ヘルタ)を配した右サイドが脅威となる。コンフェデ杯などを分析した結果、指揮官は解決策にたどり着いた。

 岡崎は「勝つしかない。深くは考えない」と本能をむき出しにし、長友は「中央はフィジカルが強いのでサイド勝負になる。3バックの裏を狙った速いカウンターが効く」と攻略のイメージを描く。

 代表通算50得点を刻んだ侍ストライカーは「持っている力を見せ付けて勝ちたい。W杯に行く資格があることを見せたい」と力強く言葉を結んだ。

8/30(水) 6:02配信 ディーリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000015-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170830-00000015-dal-000-2-view.jpg


岡崎“聖域弾”だ!右FW先発浮上「自分の出せる全てを出す」

8/30(水) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000019-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504051192
続きを読む

【サッカー】<セルジオ越後>豪州戦はハリルの度胸が試される。先発で杉本を使うべきだ!本田、岡崎は勝負所で投入したい

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 17:41:46.10 ID:CAP_USER9.net

■杉本以外はほぼ不動のメンバーに。

ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦(8月31日)とサウジアラビア戦(9月5日)に臨む日本代表のメンバーが発表されたね。
 
 サプライズはセレッソの杉本が初選出されたくらいで、小林祐や柴崎は復帰したけど、ほぼ不動の顔ぶれとなった。メンバー発表の直前にハリルホジッチ監督はACLのフロンターレ対レッズの試合を視察したけど、調子が良かった小林悠や大島よりも、やはり海外組のほうが信頼を置けるということなんだろう。アントラーズの金崎を含めてアピールをしていた選手はいただけに、少し残念に感じたよ。
 
 でも、オーストラリア戦はハリルホジッチ監督にとって進退の懸かった一戦になるから、自分が最も信じられるメンバーを選ぶのは致し方ない。これで言い分けはできなくなったわけだし、もし、オーストラリアに敗れれば、クビになってもおかしくないよ。

 ただ、大一番に向けて不安は尽きない。CFの軸だった大迫が7月下旬に右足首の靱帯を痛めるなど、コンディションが整わない選手が目立つ。ハリルホジッチ監督は、アクシデントに対応できるよう、27人の選手を招集したが、苦しい台所事情に変わりはない。この27人をどう料理するのかは興味深いよ。
 
 そのなか、オーストラリア戦のポイントになるのはスタメン選びだろう。90分をフルに戦い抜ける選手をスタートから何人送り出せるか。そこが勝負の別れ目だ。選手たちのコンディションを見極めるのが最優先事項で、くれぐれも試合の途中までしか体力がもたないような選手を使う事態は避けてもらいたい。
 
 現状では、CFに岡崎、左右のウイングに原口と本田、トップ下に香川、ボランチに山口と長谷部、最終ラインに長友、吉田、昌子、酒井宏、GKに川島という11人がスタメンに近いんじゃないかな。でも、本田はパチューカでのデビュー戦でゴールを奪ったけど、後半途中からの出場だったし、チームが3-0というリードを得ていた状況でもあっただけに、正当な評価はできない。怪我明けの長谷部、香川の状態も気がかりだ。

つづく

8/25(金) 6:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170825-00029192-sdigestw-socc

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 17:41:57.17 ID:CAP_USER9.net

■本田、岡崎は勝負所で投入したい。

僕だったら先発に好調な杉本を起用するね。彼に前線をかき回してもらい、相手の出鼻を挫く。そして、本田、岡崎ら経験のある選手を勝負どころで投入する。これが理想的な展開だよ。ただ、大一番で杉本を抜擢する度胸がハリルホジッチ監督にあるか。
 
 そもそもオーストラリア戦への準備期間は非常に短い。国内組、海外組ともに週末のリーグ戦を戦ってから集合するわけだし、短期間で選手たちのコンディションを調整しなくてはいけない。その意味でハリルホジッチ監督のチームマネジメント術がなにより重要になる。自分が信じたメンバーと心中する想いで試合に臨むのなら、止めはしないが、冷静な状況判断が必要だ。
 
 もし先発をいつもと変わらないメンバーにするなら、せめて交代策でチームを活性化してもらいたい。6月のイラク戦では井手口、酒井宏、久保が相次いで負傷するアクシデントに見舞われたとはいえ、原口を倉田に代えるタイミングが早すぎた。イラク戦のように試合の流れを読み違えると、致命傷になる。
 
 極端なことを言えば、最終戦のサウジアラビア戦への準備はまず考えず、オーストラリア戦に全神経を集中すれば良いと思うんだ。引き分けではダメ、絶対に勝たなくてはいけないと、覚悟を決める。それくらいの気持ちで挑まないと、ワールドカップ予選では一度も勝ったことのないオーストラリアを破るのは難しいよ。

■サウジアラビアとUAEの結果も重要だ。

 もっとも、8月29日(日本時間30日)のサウジアラビア対UAEの試合結果も、オーストラリア戦に少なからず影響しそうだ。
 
 もしサウジアラビアが勝てば、勝点19となり、グループBの1位へと躍り出る。その時点で日本は勝点17の2位、オーストラリアは勝点16の3位。その後、日本がオーストラリアに敗れるようなことになれば、日本はオーストラリア、サウジアラビアと勝点2差で最終戦を迎えなくてはいけない。
 
 最終戦の舞台は高温多湿なサウジアラビアだ。ただでさえコンディションに不安を抱える選手が多いだけに、やはりオーストラリア戦に勝って、1試合を残してワールドカップ出場を決めるのがベストと言える。
 
 もしグループ3位で最終予選を終え、プレーオフに回れば茨の道が待っている。監督交代という事態になればチームは混乱するはずだし、ワールドカップに出場できない可能性だって出てくるよ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503823306
続きを読む

【サッカー】日豪決戦へ好調・岡崎に注目 米メディア「彼は本田や香川のように美しい選手ではないが……」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★@\(^o^)/:2017/08/23(水) 20:39:04.80 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00010017-theworld-socc

8月31日に行われる2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選の日本代表VSオーストラリア代表の大一番へ向け、米『ESPN』はプレミアリーグでプレイする2選手に注目している。1人はレスター・シティで開幕から2試合連続ゴールと波に乗る日本代表FW岡崎慎司、もう1人は昇格組のハダーズフィールド・タウンで奮闘するオーストラリア代表MFアーロン・ムーイだ。

岡崎の活躍は前述した通りだが、ムーイの所属するハダーズフィールド・タウンも昇格組ながら開幕2連勝を達成。ムーイも2節のニューカッスル戦では決勝点を記録するなど、主力の1人としてチームに貢献している。

同メディアも31日に2人が代表の一員として激突することに注目しており、岡崎のことを高く評価している。岡崎はケルンで活躍する大迫勇也が成長したこともあり、現在のハリルJAPANではベンチスタートの機会が増えている。しかし今の大迫は負傷から回復している途中で、オーストラリア戦で状態が良いのは岡崎の方だろう。

同メディアはそんな岡崎について、「岡崎は本田圭佑や香川真司のように美しいタイプの選手ではない。しかし彼の成績は評価されるべきだ。大迫、久保裕也の2人は岡崎よりもテクニックがあるが、岡崎のフィジカル的な部分は持ち合わせていない」と評価しており、プレミアリーグで結果を出す岡崎には代表でも同様のパフォーマンスを期待したいところ。

同メディアも日本の入っているグループBが大混戦となっていることに注目しており、勝ち点17で首位の日本は31日に同16で3位のオーストラリアを直接叩けばワールドカップ出場が決まる。9月にはサウジアラビア戦も控えているが、今海外組で最も勢いに乗っている男でもある岡崎はカギを握る選手の1人と言えそうだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503488344
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司(レスター)を英紙と指揮官が絶賛!>「まるで密猟者!」 「チームに不可欠!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 16:06:43.83 ID:CAP_USER9.net

「彼は相手を脅かす」と指揮官のシェイクスピアも称える。
 
レスターの岡崎慎司に賞賛の声が集まっている。現地時間8月19日、日本代表FWはキングパワー・スタジアムで開催されたプレミアリーグ2節のブライトン戦で
開幕節に続いて先発としてピッチに立ち、開始わずか52秒でいきなり魅せたのだ。

右サイドから仕掛けたリャド・マハレズがカットインからシュートを放つと、
これを相手GKが弾き、そのこぼれ球に岡崎がすかさず反応。ゴールネットを揺らしたのだ。
 
この岡崎の先制弾で流れを引き寄せたレスターは、54分に新戦力のハリー・マグワイアがコーナーキックからヘディングで追加点。
ブライトンを突き放し、2-0で本拠地開幕戦で今シーズン初白星を飾った。
 
開始早々に2試合連続ゴールを決めたほか、前線からの激しいプレッシングでチームに貢献した岡崎。
76分にピッチを退く際にはスタンドのサポーターから万雷の拍手が送られてもいた。そんな日本代表FWへ英国メディアは高評価を寄せた。
 
英紙『ガーディアン』は、「オカザキとマグワイアがブライトンにプレミアリーグの厳しさを教えた」と綴り、昇格組のブライトンに格の違いを見せつけたことを評価した。
 
また、地元紙『レスターマーキュリー』は、寸評採点において、2点に絡んだマハレズにチーム最高評価の「9」を付けたうえで、岡崎にはそれに続く「8」を与え、
「オカザキは密猟者のような動きでシーズン2点目をゲットした。彼をチームから外すことは難しくなった」と、チームに必要不可欠な存在であると称えた。
 
また、指揮官のクレイグ・シェイクスピアも試合後に岡崎の重要性を説いている。
 
「彼はボールを持っていない時にとても勤勉だし、中盤の選手の周りを走り回って、かき回したり、ボールを奪う手助けをしてくれる。
そして、彼はゴールを脅かす選手で、2試合で2点を決めた。彼自身も全体的なパフォーマンスに喜んでいるに違いない」
 
現地メディアと指揮官から高い評価を与えられ、幸先の良いスタートを切った岡崎。現地時間8月26日に行なわれる次節のマンチェスター・U戦でも、そのパフォーマンスに大いに注目だ。

8/20(日) 13:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00029019-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170820-00029019-sdigestw-000-view.jpg


【サッカー】<プレミアリーグ第2節>マンU、ルカクら決めて2戦連続4G圧勝!アーセナルは早くも黒星
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503200405/

【サッカー】<地元紙も岡崎慎司に“8点“評価!>サポーターも2戦連発に驚き「止まらない。アジアのロナウドに」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503193600/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503212803
続きを読む

【サッカー】レスター岡崎が開始50秒でゴール! こぼれ球を押し込み2試合連発

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 23:11:20.29 ID:CAP_USER9.net

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、19日に行われたプレミアリーグ第2節で今シーズン2点目を記録した。

 ブライトン戦に先発出場した岡崎は1分、リヤド・マフレズが放ったシュートのこぼれ球を押し込み、先制ゴールをマークした。

 岡崎は開幕節のアーセナル戦でもゴールを決めており、2試合連続の得点となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629923-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503151880
続きを読む

【サッカー】マインツ武藤嘉紀「岡崎さんよりもゴールを決めたい」今季は先輩の記録が目標

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 21:19:45.27 ID:CAP_USER9.net

ドイツメディア『ビルト』がマインツのFW武藤嘉紀について特集記事を展開している。

武藤は12日に行われたドイツカップのリューネベルク戦で2ゴールを決め、3-1の勝利に貢献した。その活躍を受け、ゲームキャプテンを務めたシュテファン・ベルは「ムトウはゴール前でまさにゴールマシーンだね。エリア内ではキラーだよ」と賛辞を贈った。

リューネブルク戦での活躍について、武藤は「3ゴールにすべて関与できたことはうれしく思っています」とコメント。

間もなく開幕を迎えるリーグ戦については「新シーズンの目標はまず、ケガをしないこと。そして、2つ目の目標は(13-14、14-15シーズンにマインツでプレーした)岡崎慎司さんよりもゴールを決めること」と語っている。

現在、レスターでプレーする岡崎はマインツ時代の13-14シーズンにリーグ戦15ゴール、14-15シーズンに12ゴールを決めており、3シーズンで合計10ゴールだったシュトゥットガルト時代から大きな飛躍を遂げた。

また、同メディアは岡崎がマインツ時代の2シーズンで、出場した5502分で27ゴールを記録したと紹介。一方、武藤は過去2年間の2515分で12ゴールを記録しており、出場時間に対してゴールの割合は、実はそれほど岡崎と武藤の間に差がなく「マインツとしては効果があった」と分析している。

マインツは19日にブンデスリーガ開幕戦で、ハノーファーと対戦する。果たして武藤は開幕スタメンを勝ち取ることができるのか。そして、ロシア・ワールドカップを前にシーズンを通してゴールを量産できるのか、活躍が期待されるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000018-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502713185
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ