岡崎

【サッカー】岡崎がダメなら本田がいた…日本代表1トップの系譜。大迫不在のいま再びクローズアップされる最前線の適役は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/10/25(金) 21:39:01.09 ID:o4nQxz989.net

2022年カタール・ワールドカップ アジア2次予選の第2弾となるモンゴル、タジキスタン2連戦に向け、日本代表が7日からさいたま市内で始動した。
今回のシリーズは絶対的1トップ・大迫勇也(ブレーメン)が太もも負傷のため不参加。その穴をどう埋めるのかが最大の懸案となっている。
森保一監督が永井謙佑(FC東京)、浅野拓磨(パルチザン)、鎌田大地(フランクフルト)のFW陣から誰を抜擢するのか。
それとも異なる戦い方にトライするのか。興味は尽きない。

日本代表に重くのしかかる1トップ問題だが、それは今、始まったことではない。この10年間を見ても、絶対的1トップが存在した時期は非常に少なかったのだ。

10年前と言えば、岡田武史監督(現FC今治代表)が2010年南アフリカ・ワールドカップ最終予選を戦っていた頃。当時は23歳の岡崎慎司(ウエスカ)が大躍進を遂げていた。
2009年の代表戦で年間15ゴールという驚異的な数字を残し、岡田ジャパンに不可欠なFWと位置付けられるようになったのだ。
南ア切符を勝ち取った2009年6月のウズベキスタン戦の決勝点を奪ったのもこの男。南ア本番でもエースに君臨すると見られていた。

だが、大会直前にチームは予期せぬ不振に陥った。
苦悩に苦悩を重ね、中村俊輔(横浜FC)ら主力を外す決断をした岡田監督が南アで1トップに据えたのは本田圭佑。
屈強な外国人DFと対峙できる強さと高さ、決定力を兼ね備えた彼しかその仕事を果たせないという判断からだった。
実際、本田は前線で身体を張ってボールを収め、カメルーン戦で先制弾を奪い、デンマーク戦でも直接FK弾を叩き出す圧巻のパフォーマンスを披露する。
この本田と南アで壁にぶつかりながらもめげずに前進した岡崎がいたから、その後の指揮官たちも苦境を乗り切ることができたのだ。

ザッケローニ時代は前田遼一(岐阜)と李忠成(横浜)が最初に重用され、2013年コンフェデレーションズカップ(ブラジル)以降は柿谷曜一朗(C大阪)と大迫が台頭。
ブラジル本大会にも参戦したが、まだ若かった2人は絶対的地位を勝ち得るには至らなかった。
アギーレ時代とハリルホジッチ時代の途中まで岡崎が再び軸となり、小林悠(川崎)や武藤嘉紀(ニューカッスル)らがテストされたが、
そういう中でも「困った時の本田」という状況は何度かあった。

ザック監督は2012年10月のブラジル戦で本田を最前線に起用しているし、ハリル監督も絶対に負けられなかった2016年10月のオーストラリア戦で同様の采配を見せている。
「いつもぶっつけ本番感が強いよね。この想定をもうちょっとしといた方がいいのかな」と本人も苦笑いしていたくらいだ。

結局のところ、この10年間は、岡崎がケガや体調不良、相手との兼ね合いによって使えない時は本田という「最後の逃げ道」があった。
だからこそ、日本は2016年11月のサウジアラビア戦で大迫という傑出したFWを手に入れるまで、時間を稼げたと言っていい。

あれから3年が経過し、大迫が大黒柱に君臨している周知の事実だ。彼の存在価値は当時とは比較にならないほど大きい。
ただ、なんらかのアクシデントが起きた際、「困った時の本田」という手はもう使えない。岡崎は6月のコパ・アメリカ(ブラジル)のようにイザとなれば呼び戻せるが、
森保監督も「今は新オプションを作る時期」と辛抱しつつ先を見据えている。そうしなければいけない時期に来ているのは確か。万能型FWとは言えない永井、浅野、鎌田の3人を招集したのも、強い決意の表われなのだろう。

ただ、過去の流れを見ても分かる通り、国際経験豊富で屈強なDFと互角以上に渡り合える本田、岡崎、大迫クラスの選手を見つけるのはそう簡単ではない。
1トップ問題はより深刻度を増している。彼らの領域に達するのは果たして誰か。今回の3人の中から基準を越える者が出てくれば理想的である。
まずは彼らの動向をしっかりと見極めるところから始めたい。

https://news.livedoor.com/article/detail/17200157/
2019年10月8日 11時53分 サッカーダイジェストWeb

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/18603_ext_04_0_L.jpg

https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2014/01/20140106_maeda_kd.jpg

https://number.ismcdn.jp/mwimgs/9/3/-/img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572007141
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司>2戦連発の今季3ゴール目をゲット!強烈な股抜き弾でウエスカに勝利を呼び込む「オカチャン、グラシアス!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/10/28(月) 06:29:23 ID:wnZjYFca9.net

8試合連続のスタメンで…

現地時間10月27日に行なわれたラ・リーガ2部の第13節で、岡崎慎司が所属するウエスカがホームにエルチェを迎えた。前節のルーゴ戦で4試合ぶりの今季2ゴール目を決めた岡崎は、8試合連続のスタメンとなった。

【動画】ゴラッソ炸裂!岡崎慎司のリーガ初ゴールはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65902

 いつも通り4‐3‐3のCFに入った日本代表FWは、いきなり決定機を作り出す。開始2分、右サイドからのクロスにヘッド合わせたが、GKの好守に阻まれた。

 その後もウエスカが押し込む展開が続いたものの、なかなか決定機を決め切れない。そんななか、均衡を破ったのはこの男だった。

 前半終了間際の45分、巧みな動き出しでファン・カルロスのスルーパスを受けた岡崎が、ワントラップして右足を一閃。GKの股を抜く強烈な一撃を決めてみせた。

 このサムライ戦士の2試合連発弾で先制したホームチームは、後半も主導権を握る。59分にハビ・ガランの折り返しをファン・カルロスが左足でゴールに叩き込み、リードを広げる。

 追加点は奪えなかったものの、79分に岡崎がポスト直撃のシュートを放つなど、その後も次々にチャンスを作り出したウエスカが、このまま2-0で完封勝利。2試合ぶりの白星を挙げた。

 クラブの公式ツイッターには、「ナイス!」、「オカチャン、グラシアス!」、「シンジ~」といったコメントが寄せられている

10/28(月) 3:48配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00065902-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572211763
続きを読む

【サッカー】岡崎がダメなら本田がいた…日本代表1トップの系譜。大迫不在のいま再びクローズアップされる最前線の適役は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/10/25(金) 21:39:01.09 ID:o4nQxz989.net

2022年カタール・ワールドカップ アジア2次予選の第2弾となるモンゴル、タジキスタン2連戦に向け、日本代表が7日からさいたま市内で始動した。
今回のシリーズは絶対的1トップ・大迫勇也(ブレーメン)が太もも負傷のため不参加。その穴をどう埋めるのかが最大の懸案となっている。
森保一監督が永井謙佑(FC東京)、浅野拓磨(パルチザン)、鎌田大地(フランクフルト)のFW陣から誰を抜擢するのか。
それとも異なる戦い方にトライするのか。興味は尽きない。

日本代表に重くのしかかる1トップ問題だが、それは今、始まったことではない。この10年間を見ても、絶対的1トップが存在した時期は非常に少なかったのだ。

10年前と言えば、岡田武史監督(現FC今治代表)が2010年南アフリカ・ワールドカップ最終予選を戦っていた頃。当時は23歳の岡崎慎司(ウエスカ)が大躍進を遂げていた。
2009年の代表戦で年間15ゴールという驚異的な数字を残し、岡田ジャパンに不可欠なFWと位置付けられるようになったのだ。
南ア切符を勝ち取った2009年6月のウズベキスタン戦の決勝点を奪ったのもこの男。南ア本番でもエースに君臨すると見られていた。

だが、大会直前にチームは予期せぬ不振に陥った。
苦悩に苦悩を重ね、中村俊輔(横浜FC)ら主力を外す決断をした岡田監督が南アで1トップに据えたのは本田圭佑。
屈強な外国人DFと対峙できる強さと高さ、決定力を兼ね備えた彼しかその仕事を果たせないという判断からだった。
実際、本田は前線で身体を張ってボールを収め、カメルーン戦で先制弾を奪い、デンマーク戦でも直接FK弾を叩き出す圧巻のパフォーマンスを披露する。
この本田と南アで壁にぶつかりながらもめげずに前進した岡崎がいたから、その後の指揮官たちも苦境を乗り切ることができたのだ。

ザッケローニ時代は前田遼一(岐阜)と李忠成(横浜)が最初に重用され、2013年コンフェデレーションズカップ(ブラジル)以降は柿谷曜一朗(C大阪)と大迫が台頭。
ブラジル本大会にも参戦したが、まだ若かった2人は絶対的地位を勝ち得るには至らなかった。
アギーレ時代とハリルホジッチ時代の途中まで岡崎が再び軸となり、小林悠(川崎)や武藤嘉紀(ニューカッスル)らがテストされたが、
そういう中でも「困った時の本田」という状況は何度かあった。

ザック監督は2012年10月のブラジル戦で本田を最前線に起用しているし、ハリル監督も絶対に負けられなかった2016年10月のオーストラリア戦で同様の采配を見せている。
「いつもぶっつけ本番感が強いよね。この想定をもうちょっとしといた方がいいのかな」と本人も苦笑いしていたくらいだ。

結局のところ、この10年間は、岡崎がケガや体調不良、相手との兼ね合いによって使えない時は本田という「最後の逃げ道」があった。
だからこそ、日本は2016年11月のサウジアラビア戦で大迫という傑出したFWを手に入れるまで、時間を稼げたと言っていい。

あれから3年が経過し、大迫が大黒柱に君臨している周知の事実だ。彼の存在価値は当時とは比較にならないほど大きい。
ただ、なんらかのアクシデントが起きた際、「困った時の本田」という手はもう使えない。岡崎は6月のコパ・アメリカ(ブラジル)のようにイザとなれば呼び戻せるが、
森保監督も「今は新オプションを作る時期」と辛抱しつつ先を見据えている。そうしなければいけない時期に来ているのは確か。万能型FWとは言えない永井、浅野、鎌田の3人を招集したのも、強い決意の表われなのだろう。

ただ、過去の流れを見ても分かる通り、国際経験豊富で屈強なDFと互角以上に渡り合える本田、岡崎、大迫クラスの選手を見つけるのはそう簡単ではない。
1トップ問題はより深刻度を増している。彼らの領域に達するのは果たして誰か。今回の3人の中から基準を越える者が出てくれば理想的である。
まずは彼らの動向をしっかりと見極めるところから始めたい。

https://news.livedoor.com/article/detail/17200157/
2019年10月8日 11時53分 サッカーダイジェストWeb

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/18603_ext_04_0_L.jpg

https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2014/01/20140106_maeda_kd.jpg

https://number.ismcdn.jp/mwimgs/9/3/-/img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572007141
続きを読む

【サッカー】<FW岡崎慎司>今季2ゴール目!!ワンタッチ追撃弾も、ウエスカは3試合ぶり黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/10/20(日) 07:07:18.88 ID:CIHci9Oo9.net

10.19 スペイン2部 ルーゴ3-2ウエスカ

 スペイン2部リーグは19日、第12節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカは敵地でルーゴと対戦した。1トップで先発した岡崎は0-2で迎えた後半9分、クロスに合わせた左足シュートで今季2点目を記録。しかし、その後同点に追いついたウエスカは再び勝ち越され、2-3で敗れた。

 前半9分に左CKから、37分にPKでそれぞれ失点し、0-2のビハインドでハーフタイムを迎えたウエスカ。それでも相手MFが後半開始早々に2枚目のイエローカードで退場すると、まずは7試合連続先発中の背番号12が結果を残した。

 後半9分、ポストプレーを見せたMFフアン・カルロスが右サイドにスルーパスを送ると、攻撃参加してきたDFミゲロンがグラウンダーパスで折り返し、ゴール前で反応した岡崎が左足ダイレクトでプッシュ。美しい崩しから今季2点目を奪った。

 岡崎はすぐさまボールを持ってセンターサークルに向かい、反撃に勢いを与えると、10分後にはDFホルヘ・プリードのロングフィードからミゲロンが決めて同点に追いつく。ところが後半24分、DFジョズエ・サが2度目の警告で退場になり、25分に左CKから再び失点。10人同士の一戦でウエスカは3試合ぶりの黒星を喫した。

10/20(日) 5:06配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-43472928-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571522838
続きを読む

【サッカー】<ドイツ代表GKノイアー>日本人選手を高く評価!「俊敏で器用」特に印象に残った選手にFW武藤嘉紀とFW岡崎慎司を挙げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/10/12(土) 01:04:44.35 ID:FgnhiIwg9.net

ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)で8連覇を目指すバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(33)が日本の報道陣のインタビューに応じた。クラブと代表で主将を務める人格者で、世界最高峰の守護神と長年称されてきたベテランが、リーグ8連覇への思い、シャルケ時代ともにプレーした元日本代表DF内田篤人(31=鹿島)、これまで対戦した日本人選手などについて語った。

 5日のホッフェンハイム戦後に行われたインタビュー。敗戦直後でも丁寧に受け答えするノイアーが一番の笑顔を見せたのは「僕の友人」と表現した元同僚・内田の質問だった。

 「僕たちは“ウチダサン”と呼んでいた。彼がドイツに来た頃、全然話せなかったドイツ語を一緒に学んだ。遠征後の飛行機の中でも。凄く楽しい思い出」と懐かしそうに振り返った。「とても優しいし、素晴らしい能力を持っていた」と高く評価していただけに「負傷してしまったのは残念。おそらく膝のケガが彼のキャリアをより大きく広げることを妨げた」と14年の右膝負傷を残念がった。

 ドイツで数多くプレーしてきた日本人選手については「対戦は本当に難しい。スピードがあり、俊敏で、両足でシュートを打てる選手もいる」と語った上で、特に印象に残った選手にFW武藤嘉紀(現ニューカッスル)とFW岡崎慎司(現スペイン2部ウエスカ)を挙げた。「武藤は凄く良い選手。岡崎がプレミアリーグ(レスター)に行ってしまったのは残念。彼もドイツで良いプレーをしていたから」とマインツでプレーした2人を高く評価。元同僚が在籍するJリーグもチェックするそうで「一緒にプレーした選手は気になる。ポルディ(元ドイツ代表FWポドルスキ)やイニエスタが神戸で何をやっているか、情報は追っている」と明かした。

 昨季チームはリーグ記録を更新する7連覇を達成。今季は第7節でホッフェンハイムに1―2で敗れてリーグ初黒星を喫し、首位から3位に転落した。「昨季もかなり苦労したし、ドイツ王者になるのは簡単ではない」とした上で「勝利を得るためなら全てをささげる。優勝記録更新が我々の一番の目標。個人としてもさらなる優勝を貪欲に目指す」と8連覇を含めたタイトル獲得への強い決意を示した。

 ◆マヌエル・ノイアー 1986年3月27日生まれ、ゲルゼンキルヘン出身の33歳。地元シャルケの下部組織育ちで06年8月に20歳でトップチーム初出場。11年にBミュンヘンに移籍し、13年の欧州CL優勝、リーグ7連覇、ドイツ杯優勝4回などに貢献。ドイツ代表通算90試合出場。14年ブラジル大会で優勝し、大会最優秀GKを受賞。国際サッカー歴史統計連盟主催の年間最優秀GKに13年から4年連続で輝いた。1メートル93、92キロ。利き足は右

10/8(火) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000116-spnannex-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20191008-00000116-spnannex-000-6-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570809884
続きを読む

【サッカー】岡崎慎司がスペイン初ゴール! スーパーボレー弾が決勝点に。1-0でウエスカ勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/09/29(日) 02:58:10.06 ID:84iav2Hl9.net

【ウエスカ 1-0 ジローナ セグンダ・ディビシオン第8節】
 
 セグンダ・ディビシオン第8節、SDウエスカ対ジローナの試合が現地時間28日に行われた。ウエスカが1-0の勝利をおさめている。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は3試合連続の先発出場を果たした。試合開始して43分、味方が頭で折り返したボールを岡崎が一度トラップし、右足を振り抜いて技ありのスーパーボレー弾を決める。岡崎にとってはスペイン初ゴールとなった。

 その後の追加点はなかったものの、岡崎の先制点を守り切ったウエスカが1-0の勝利をおさめている。次節は現地時間10月2日にアウェイでカディスCFと対戦する予定だ。

【得点者】
43分 1-0 岡崎(ウエスカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340218-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569693490
続きを読む

【サッカー】岡崎慎司がスペイン初ゴール! スーパーボレー弾が決勝点に。1-0でウエスカ勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/09/29(日) 02:58:10.06 ID:84iav2Hl9.net

【ウエスカ 1-0 ジローナ セグンダ・ディビシオン第8節】
 
 セグンダ・ディビシオン第8節、SDウエスカ対ジローナの試合が現地時間28日に行われた。ウエスカが1-0の勝利をおさめている。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は3試合連続の先発出場を果たした。試合開始して43分、味方が頭で折り返したボールを岡崎が一度トラップし、右足を振り抜いて技ありのスーパーボレー弾を決める。岡崎にとってはスペイン初ゴールとなった。

 その後の追加点はなかったものの、岡崎の先制点を守り切ったウエスカが1-0の勝利をおさめている。次節は現地時間10月2日にアウェイでカディスCFと対戦する予定だ。

【得点者】
43分 1-0 岡崎(ウエスカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340218-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569693490
続きを読む

【サッカー】岡崎、スペイン2部ウエスカへ=欧州サッカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ゴアマガラ ★:2019/09/05(木) 08:08:16.59 ID:05gs8aak9.net

【バルセロナ時事】サッカーのスペイン2部リーグのウエスカは4日、日本代表FW岡崎慎司(33)の加入を発表した。契約期間は今季終了までの1シーズンで、1年の延長オプション付き。

 岡崎は昨季限りでイングランド・プレミアリーグのレスターとの契約が満了。7月にスペイン2部マラガへ加わったが、夏の移籍市場が閉じる2日までにクラブは経済的な問題から岡崎を選手登録できなかったため、退団していた。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000023-jij-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567638496
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ