本田

【サッカー 頑張れ日本代表!】 世界驚かす金星を! 本田圭佑選手「ベルギーを利用してサプライズ起こす」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ベクトル空間 ★:2018/07/01(日) 18:36:39.06 ID:CAP_USER9.net

世界驚かす金星を…本田「ベルギーを利用してサプライズを」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?248593-248593-fl

日本代表の西野朗監督は7月2日の決勝トーナメント1回戦で対戦するベルギー代表について
「ベルギーはこれからW杯になると思っているのではないか」と指摘した。

「いい形でスタートして、2試合勝って、メンバーを入れ替えた3戦目だった。
これからという気持ちでいるのではないか」。パナマ、チュニジアに2連勝し、
最終節を前にグループリーグ突破を決めたベルギーはイングランドとの最終戦で
先発9人を入れ替えながらも1-0で勝った。無傷の3連勝で首位突破。
3試合で計9ゴールと圧倒的な攻撃力を見せている。

優勝候補の一角であるベルギーとの対戦に向け、MF本田圭佑は
「少なくともベルギーを見たくて(試合を)見る人はそれなりにいると思う。
それをうまく利用して、日本がサプライズを起こせるかだと思っている」と、番狂わせを誓った。

 日本の2位通過が決まったあとにキックオフされたベルギー対イングランドの試合は
、勝ったチームが決勝トーナメント1回戦で日本と対戦し、負けたチームがコロンビアと対
戦するということが決まっている中で行われた。「僕らと当たるということに対してすごくラ
ッキーだと思っていると思う。コロンビアよりは、というのはそれは当然。結果を出すこ
とで覆したい思いはある」。世界を驚かす金星を狙っている。

「弱点はいくつかピックアップしている。それは選手と共有しているし、今日も試合
を見て、新たに気付いたことがあれば共有したい」。そう分析を進めていることも
明かした本田。このことを報道陣から伝え聞いた指揮官は「頼もしいですね」と思わず笑みをこぼしていた。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530437799
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>“神采配”に脱帽!「西野さん、本当に凄い」「僕が監督でもできなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/06/29(金) 10:16:02.13 ID:CAP_USER9.net

●“0-1で敗れる”苦渋の選択――賭け的采配が成功、勝負師の一面を見せた西野監督

MF本田圭佑も衝撃を受ける采配だったようだ。日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗れた。0-1と日本劣勢の試合中に他会場の情報が入り、消極的なパス回しに終始して会場からブーイングを浴びた日本だが、イエローカード2枚差でグループリーグ突破を決めている。

西野朗監督は賭けとも言える采配を見事に成功させたなか、本田は「僕が監督でもこの采配はできなかった」と脱帽した。

 コロンビア戦とセネガル戦で同じ11人を送り出していた西野監督だが、ポーランド戦では6人の入れ替えを決断。試合は後半14分に先制点を献上して1点リードされたなか、他会場でコロンビアが先制した情報が入り、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。失点とイエローカードを避け、“0-1で敗れる”という苦渋の選択に切り替えたのだ。

 それも全てグループリーグ突破に向けた采配だったが、面白い試合を期待していた会場のファンは日本のリスクを負わないパス回しに大ブーイングを浴びせるなど、会場は騒然となった。最終的に同時刻にキックオフされた他会場でコロンビアが1-0とセネガルに勝利。日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並ぶも、イエローカード数を含めた「フェアプレーポイント」で上回り、辛うじて3度目の16強進出を決めている。

 他会場の結果次第という他力本願の側面も含んだ采配で、“両試合ともこのまま終わる”という想定で下した一種の賭けだった。そして、西野監督は見事に成功させ、勝負師としての一面を見せつけている。

グループ突破に「合格の範囲内」 西野監督の判断に感服「素晴らしい采配だった」

●グループ突破に「合格の範囲内」 西野監督の判断に感服「素晴らしい采配だった」

 そんな指揮官の決断を手放しで称えたのが、この日出場機会のなかった本田だった。「勝って1位通過から、負けて2位通過まで想定していた。合格の範囲内だったという意味では、すごくポジティブに捉えています」とグループリーグ突破を評価した一方、西野監督の判断について次のように見解を示している。

「西野さんがすごくリスクを取りにいって、個人的には結果的に素晴らしい采配だったと思っている。僕が監督でもこの采配はできなかったっていうふうに客観的に見ていた自分もいた。結果が全てだと思います。西野さんは本当に凄いなと思います」

 本田は選手目線だけでなく、監督目線でもポーランド戦を見ていたようだ。僕が監督でもできなかった――。薄氷を踏むような西野監督の“神采配”に本田も感服していた。

ZONE 6/29(金) 10:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00116967-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180629-00116967-soccermzw-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530234962
続きを読む

【サッカー】西野監督の大胆采配に感嘆…本田「僕が監督でもできない」「本当はダメ。いいサッカーをしてナンボなんですよサッカーって」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/06/29(金) 08:12:53.22 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180629-01655698-gekisaka-000-view.jpg


[6.28 W杯グループリーグ第3節 日本0-1ポーランド ボルゴグラード]

大ブーイングの中、タイムアップを迎えた。0-1で負けている日本代表が時間を稼ぐように、ゆっくりとボールを回す。他会場のセネガル対コロンビアの試合でコロンビアが1-0とリードしていたとはいえ、もしもセネガルが追いつけば日本は敗退となる。大胆な賭けだった。

ベンチで試合を終えたMF本田圭佑(パチューカ)は「結果が大事で、僕らは予選通過が目的だった。出ていた選手には少し酷な部分もあるけど、想定内だったし、非常にポジティブな結果だったと思う」と、リードを許しているにも関わらず、攻めにいけないチームメイトに同情しつつも、決勝トーナメント進出という結果を勝ち取ったことを何よりも評価した。

リスクはあった。セネガルが最後に追いついていれば日本は敗退が決まるという紙一重の展開。「その可能性はあった。だからホッとした」。他力本願の賭けに勝った西野朗監督の異例ともいえる指示に「西野さんはリスクを取りに行った。個人的には、結果的に素晴らしい采配だったと思う」と指摘した本田は「僕が監督でも、この采配はできなかった。そう客観的に見ていた自分もいた。結果がすべてなので、西野さんはすごいなと思った」と、ただただ感嘆した。

とはいえ、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないとだれも俺の発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めてきているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボなんですよ、サッカーって」という本田にとって、終盤の大ブーイングは心に刺さるものがあった。

「ブーイングを送っていた、面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかった」。それでも、決勝トーナメントに生き残るという“結果”がこの日ばかりは何よりも重要だった。「次に進まないと、次にいいサッカーをしてファンを喜ばせることはできない。そこは理解してほしい」。日本国内、そして世界中のサッカーファンに理解を求めた。

6/29(金) 6:43
ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-01655698-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530227573
続きを読む

【サッカー】リスク承知の大胆采配に感嘆…本田「僕が監督でもできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:北村ゆきひろ ★:2018/06/29(金) 02:48:01.25 ID:CAP_USER9.net

本田は「僕が監督でも、この采配はできなかった。そう客観的に見ていた自分もいた。結果がすべてなので、西野さんはすごいなと思った」と、ただただ感嘆した。

 とはいえ、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないとだれも俺の発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めてきているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボなんですよ、サッカーって」という本田にとって、終盤の大ブーイングは心に刺さるものがあった。

「ブーイングを送っていた、面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかった」。それでも、決勝トーナメントに生き残るという“結果”がこの日ばかりは何よりも重要だった。「次に進まないと、次にいいサッカーをしてファンを喜ばせることはできない。そこは理解してほしい」。日本国内、そして世界中のサッカーファンに理解を求めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-01655698-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530208081
続きを読む

【サッカー】<ポーランド戦メンバーめぐり温度差!>本田圭佑「入れ替えるべき」 長谷部誠「自分たちが勝ち点を」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/06/26(火) 19:38:37.72 ID:CAP_USER9.net

大一番の戦い方を巡って西野ジャパンが真っ二つだ。ロシアW杯1次リーグ最終戦のポーランド戦(28日、ボルゴグラード)に臨む日本は、ベースキャンプ地で練習を再開した。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるものの、決して楽観はできない状況だ。過密スケジュールもあって選手の起用法が焦点になるが、イレブンの間では大きな温度差がある。

 第2戦の先発組はクールダウンの一方、サブ組はミニゲームなど精力的に汗を流した。決勝トーナメントを見据えてPK練習も開始。日本は第2戦を終えて勝ち点4。ポーランド戦は引き分け以上で1次リーグ突破が確定する。負けてもコロンビア―セネガル戦の結果次第で突破が決まる有利な状況だ。

 万全を期してこれまで通りベストメンバーで戦うのか、それともセネガル戦から中3日という過密日程や控え組のテストと調整を兼ねてメンバーを入れ替えるのか。微妙な状況だけに難しい決断になるが、イレブンの間でも意見が割れている。

 メンバー変更を主張する筆頭格は、今大会で勝負強さを発揮しているMF本田圭佑(32=パチューカ)だ。ポーランド戦に向けて「われわれには3日間しかない。先発メンバーは、すでに2試合やっている」と連戦の疲労を考慮すべきという。その上で戦術に関しても「間違いなく変えなきゃいけない。僕にはいくつか戦略がある」と強く訴えた。

 アピールの場が欲しい本田だけにサブ組の意見を代弁した格好。決勝トーナメント1回戦で敗れた南アフリカW杯の経験から先発を固定して戦うリスクも訴えている。特に「W杯制覇」を公言している本田とすれば、先を見据えた戦いも必要という見解だ。

 しかし、本田の提言に主将のMF長谷部誠(34=Eフランクフルト)は「次の3戦目が運命の試合になる」として異を唱える。「中3日あるので、疲労回復に関しては問題ない。気候もすごく暑いわけでもない」と体調不安を一蹴。メンバーや戦い方の変更にも「こういうシチュエーションは自分のサッカー人生でも経験しているけど、勝ち点を計算したり、相手がどうだってことより、自分たちが勝ち点3を取りに行くことにフォーカスしていくべき」と、うまく機能している現メンバーこそが最善策とした。

 確かに有利な状況とはいえ、メンバーを変更して16強進出を逃すような事態になれば目も当てられない。長谷部は「その辺は監督も策士なので考えていると思う」。第2戦前もベテラン勢の温存策を検討するなど、さまざまなプランを立てていたが、果たして西野朗監督(63)は、どんな決断を下すのか。

東京スポーツ 6/26(火) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000034-tospoweb-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180626-00000034-tospoweb-000-10-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530009517
続きを読む

【まじ本田△】自分以外の日本代表選手を“叩く”ことを控えるように願い出る「上げ下げ楽しむのは僕だけに」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/06/25(月) 06:16:58.88 ID:CAP_USER9.net

6/25(月) 6:09配信
本田、自分以外は“叩かないで”「上げ下げ楽しむのは僕だけに」

 「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)

 値千金の同点ゴールを決め、日本人初のW杯3大会連続ゴールを決めたMF本田圭佑(パチューカ)が、自分以外の日本代表選手を“叩く”ことを控えるように願った。

 今大会はスーパーサブの立ち位置で、コロンビア戦はCKから大迫の決勝ヘッドをアシスト。この試合では自ら決めて日本を救った。W杯では日本人唯一の3大会連続ゴールとなり、大舞台での強さを見せつけたが、その秘訣や理由を問われると「けっこうここで喋ってきましたけどね。逆にそれ、まだ気付いてないのって感じですよね」と本田節も絶好調だった。

 これまでも「僕は環境先行型の人間」と発言したり、逆境になるたびに自分を奮い立たせたりと本田なりの思考でプレーし続けてきている。「ずっと2010年初めてのW杯からやってきてるのが、結果だけを見るんじゃなくて、それは僕だけじゃなくてね、ここの代表にいる連中っていうのは、出てないメンバーも含めて、ホント日本人が想像もできひんような努力をしてきて、この場にいるという」と自分以外の選手も含めて、プロセスも考慮してほしいと求めた。

 その上で、「僕はね、割と叩かれるのホントに感謝してる部分があるんで、楽しんでる部分もあるんですけど」と切り出した。「そうじゃない人もたくさんいるから、それはちゃんとみんなが守ってあげないといけないと僕は思っているんで、メディアの皆さんもね、割とそこの上げ下げを楽しむのは僕だけにしておいて欲しいなというふうに思います」と、自分以外の選手には温かく見守るように願い出ていた。

 日本はセネガルと引き分けたことで勝ち点を4にした。28日のポーランド戦で引き分け以上なら自力で10年南ア大会以来となる決勝トーナメント進出が決まる。負けた場合は他会場のセネガル-コロンビアの結果を待つことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000033-dal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180625-00000033-dal-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529875018
続きを読む

【サッカー】“スタメン要求” 本田がオレ様FK宣言 セネガル戦に向け個人契約スタッフと弱点研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あずささん ★:2018/06/23(土) 17:12:12.21 ID:CAP_USER9.net

■サッカーW杯1次リーグH組日本(FIFAランキング61位)-セネガル(同27位)24日午後8時(日本時間25日午前0時)、エカテリンブルク

【エカテリンブルク(ロシア)22日=久保武司】2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を懸けてセネガル戦に臨む日本代表は、試合会場の当地に到着。第1戦のコロンビア戦に続いて途中出場となる見込みのMF本田圭佑(32)=パチューカ=は、終盤ワンチャンスのセットプレーにすべてをかける覚悟だ。実はベンチスタートに不満もある。なぜ俺様を先発させないのか。そんな悔しさを込めて振り抜くフリーキック。西野朗監督(63)に対する“スタメン要求”でもある。

「(セネガルの)弱点は自分の中でいくつか見つけている。そこをどう突けるかだと思っている」

この日、ベースキャンプ地のカザンを出発する際、本田はセネガル戦について、自信ありげにそう言い放った。

前日21日まで右太ももの打撲を理由に別メニュー調整だったが、この日からスパイクを履いてフルメニュー参加。「(打撲は)両足だったが、問題ないです」

2日後に控えた決戦。セネガルは1次リーグ初戦でポーランドを破っている。エースのFWマネ(リバプール)を中心に人間離れしたスピードを持つ顔ぶれがズラリと並んだ難敵だ。ただ、アフリカのチームは、集中力が切れやすく、セットプレー(CKやFK)から失点することが多いといわれる。

「今のところアフリカ勢のほとんどのチームが解決できていない、弱点のひとつであることは間違いない」(本田)

昨年7月にメキシコリーグ・パチューカへ移籍後、日本協会スタッフとは別に、専属の戦術分析スタッフと個人契約。早くからセネガルの研究を進めていることが、自信の発言の根拠になっているとみられる。

本田は前日の21日に公式インタビューに答えた際、セネガルの弱点について「セットプレーがキーになる」と具体的に話している。

「組織力という点では、アフリカの中ではセネガルが高い印象はあるものの、90分間の中ではスキがあるかなと。セットプレーを含めトリッキーなプレーをすれば、結構ひっかかるんじゃないか」

セットプレーの日本代表きっての名手といえば誰か?

言うまでもなく、それは“俺様”。

セネガルの弱点を対セットプレーに求めた発言は、西野監督に対するアピールでもある。『オレに終盤のセットプレーしかやらせないのか。先発フル出場させれば、他にももっと得点のチャンスはあるじゃないか』という心の声に他ならない。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180623/spo1806230012-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529741532
続きを読む

【サッカー】本田圭佑「人の悪いところを粗探ししてる人、僕は味方ですから」自身への批判に反応か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ひかり ★:2018/06/22(金) 22:17:17.89 ID:CAP_USER9.net

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で白星発進した日本代表のMF本田圭佑(32)が
22日、こうツイートした。

「人の悪いところを粗探しして優越感にひたろうとしている人。

悪口を言い合える仲間を見つけて安心する人。

気持ちは分かるし、僕は味方ですからね。

僕も才能がなく祖父母からも「お前なんかがプロになれるか!」と言われて、コンプレックスだらけだったので。

ありがとう!これからも宜しくです!」(原文ママ)

 真意は分からないが、自身に対する批判や意見に対する、本田なりの反応のようだ。

 本田ら日本代表は、ベースキャンプ地のロシア・カザンで次戦のセネガル戦(24日)に向けた練習を行い、
昼食後、会場のエカテリンブルクに向かっている。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00246799-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529673437
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ