本田

【サッカー】日本代表 「例えば本田の先発はあるのか」。タイ戦のスタメンを訊かれたハリルは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 17:56:10.61 ID:CAP_USER9.net

「チームのベースはコレクティブ」。

 3月27日、埼玉スタジアムでタイ戦の前日会見が行なわれた。そこでヴァイッド・ハリルホジッチ監督は相手の印象に言及。
「彼らの実力を過少評価してはいけない」と警戒を強めた。

「本当にすごく良いプレーをしている。オーストラリアを相手に勝ちそうな試合をしていますし、
サウジ戦やUAE戦でも良いプレーをしていました」

「UAE戦の勝利はタイを破ってこそ意味がある」と強調していたハリルホジッチ監督はチームとしてまとめられるかが重要とも語っていた。
そのスタンスを改めて印象付けたのが「本田の先発はあるか」という質問に対しての答だ。

「昨日の練習で、いろんなソリューションを用意した。皆さんはまだヴァイッド(・ハリルホジッチ)のことを理解していない。
11人が先発というわけではない。23人が先発です。これが、このチームの長所。
ここまで20試合以上戦ってきましたが、ひとりでチームをたせることができる選手はいない。
例えばひとりで5人抜いて勝ったことはない。

 (この予選も)コレクティブなサッカーで勝ってきた。チームのベースはコレクティブです。
コレクティブという長所のところに個人の能力は必要ですが、コレクティブな組織があることを忘れてはいけない」

「スターはいらない。チームこそスター」と就任当初に言っていたハリルホジッチ監督の信念はぶれていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023900-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490604970
続きを読む

【サッカー】実質オーナーの本田、ホルンの経営から離脱か クラブ内に火種…現地メディア「現実的なシナリオ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 07:18:06.94 ID:CAP_USER9.net

15年に本田のマネジメント会社が買収 今季2部で10チーム中7位に沈む

ACミランの日本代表MF本田圭佑のマネジメント会社が2015年に買収したオーストリア2部SVホルンから離脱する可能性が浮上していると、
オーストリアのスポール専門メディア「SPOX.com」が報じている。

本田のマネジメント事務所である「HONDA ESTILO株式会社」が2015年6月に当時オーストリア3部のホルンを買収。
昨季は3部1位で見事に2部昇格を果たしたが、今季2部では8勝5分12敗で10チーム中7位に沈む。
自動降格圏の9位と勝ち点差わずか2という苦境に立たされている。
元名古屋グランパスの長身DFハーフナー・ニッキ、明治大卒業後に加入したMF矢島倫太郎などが出場しているが、目標の1部昇格に向けて厳しいシーズンが続いている。

そして、地元メディアは「SVホルン、本田は離脱するのか?」と特集。
「今季終了時点の『ホンダ・エスティーロ』の離脱は現実的なシナリオだ」と報じている。

クラブのマネジャーであるソンケ・ニクラス氏は昨年10月に同メディアに「我々は日本人の経営者側との問題を持っている。
小さなネジを締めていかなければならないし、それができれば向上できる」と問題点を明らかにしていた。

“本業”で苦境、ホルンも厳しい現状に

今月13日、クラブは国際連合(国連)の掲げる取り組みに賛同し、ホルンのユニフォームの胸部分とホームスタジアムの看板に、
国連が掲げる「世界を変えるための17の目標」のロゴを掲出すると発表。
国連とタッグを組む姿勢を見せたが、一方でクラブ内部の問題は火種として依然残っているようだ。

本田自身もミランで今季先発出場わずか1試合と戦力外状態で、
いわば“本業”で苦境に直面しているなか、経営参画するホルンも1部昇格が厳しい現状となっている。
実質的なオーナーである本田がわずか2年間で離脱する可能性があると現地メディアは見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010002-soccermzw-socc
Football ZONE web 3/28(火) 7:10配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490653086
続きを読む

【サッカー】本田のハリル戦術への警鐘に “不動の左MF”原口元気は同調せず 敵地タイ戦と「同じイメージでいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 00:58:37.59 ID:CAP_USER9.net

Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010019-soccermzw-socc

UAE戦では守備で奮闘 本拠地タイ戦へ向け「ミドルシュートは決めたいポイント」
 
ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で4戦連続ゴールをマークするなど、今やハリルジャパン攻撃陣のキーマンとなっているFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は、
28日の本拠地タイ戦に向けて持論を展開した。

前日にFW本田圭佑(ACミラン)が、日本の堅守速攻はタイ相手に苦戦を強いられるとの見解を示していたが、
原口は「同じイメージでいい」と、昨年9月に2-0で勝利した敵地での一戦と同じ戦い方で問題ないと語った。

日本代表「UAE戦データ12項目全ランキング」

23日の敵地UAE戦(2-0)では、左サイドでハードワークし対峙した相手のキーマン、MFオマル・アブドゥルラフマンを封じるなど守備面での貢献が光った。
思うように攻撃に出られず、今予選で続いていた4試合連続ゴールの記録も途絶えたが、仕切り直しとなるタイ戦に向けては「ミドルシュートは決めたいポイントですね」と語る。

その理由は、日本代表での得点パターンがゴール前でのシュートに限られていることだ。今予選で原口は4ゴールを挙げているが、
「僕のゴールパターンは代表だとワンタッチが多い」と話し、「そういう(ミドルレンジの)ゴールは日本はあまりないので、
それが増えないとバリエーションは少ない」と、距離のあるシュートからのゴールが少ないことがハリルジャパンの課題だと指摘した。

「左からの方が中に入って行けるし、ミドルが打てるとなるとキックフェイントも効く。そういうイメージを(相手に)つけさせるくらい、1本決めたい」と、タイ相手のプレーイメージを膨らませていた。

「引いてくるならサイドがポイントになる」
 そして前日に本田が、タイ戦に向けて「(日本がボールを)保持するイメージが皆さん湧きますか?」と報道陣に逆質問したことが話題を呼んだが、
これについて原口は、昨年9月の敵地タイ戦と同じようなプレーをすれば問題ないとの手応えを得ているという。

「相手がどう出てくるか、いまいち分からないけど、引いてくるならサイドがポイントになる。そうなれば、僕のポジショニングが大事。
張るタイミングもそうだし、張り過ぎていると右サイドからの攻撃に送れるので、どのタイミングで中に入るか、サイドバックがどのタイミングで上がるかと話し合わないといけない。
前のタイ戦も別に、そんなに悪くなかったと思うし、同じイメージでもいいと思う。恐れないですね。どう出てきてもいいように、対応できると思う」

さらにMF今野泰幸とFW大迫勇也が離脱し、MF遠藤航とFW小林悠が追加招集されたことも「別に誰が出ても変わらないというか、変わらなくはないけど十分にやれる」と問題ではないと話した原口。
逞しさを増すサイドアタッカーには、タイ戦で本来の攻撃面での本領発揮に期待したいところだ。

タイ攻略に自信を見せた原口。ミドルシュートの精度向上を誓っていた【写真:Getty Images】
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggRLKCZ4k.zbiBTwgUwhso6w---x900-y616-q90-exp3h-pril/amd/20170326-00010019-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490630317
続きを読む

【サッカー】タイ戦は「CF本田」の奇策!?  離脱した大迫の役割をこなせる唯一の存在だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 06:16:08.01 ID:CAP_USER9.net

SOCCER DIGEST Web 3/27(月) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023876-sdigestw-socc&p=1

大迫のようなポストワークができるのは本田のみ。
 
3月28日にタイとのワールドカップ予選に臨む日本代表。23日のUAE戦(2-0)前に怪我に倒れた長谷部誠に続き、
25日には今野康幸、髙萩洋次郎、大迫勇也の故障離脱が決定する(追加招集は遠藤航と小林悠)など、ここにきて満身創痍の状態にある。
 
長谷部、今野、髙萩を欠く中盤センターと並ぶタイ戦の大きな注目ポイントが、大迫の代役問題だ。
昨年10月に代表復帰して以降、UAE戦まで3試合連続でCFに入った大迫は、随所で確度の高いポストワークを披露。
DFを背負いながらボールを受けた後、中盤への落とし、そして両ウイングへの直接のスルーパスという2つを駆使し、攻撃の軸として機能してきた。
 
日常的にブンデスリーガで屈強なDFたちと競い合っているからだろう。

少なくともアジア・レベルにおける大迫のポストワークはほぼ無敵の状態で、
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任当初から提唱する「縦に速い攻撃」のキーマンたる活躍ぶりを見せた。
 
この「縦の速い攻撃」というのは、一般的にカウンターと同義語にされがちだが、実際はそう単純な話ではない。
相手の陣形が整う前に攻め込む(つまり速攻)という狙いがある一方、
ビルドアップの早い段階で縦に楔のパスを入れることで敵の最終ラインを下げさせ、敵2ライン(DFとMF)間にスペースを作るという意味合いもある。
 
大迫がCFに入ったここ3試合は、その両方で機能性が確実に上がっており、明確な形が見え始めてきた。
ハリルホジッチ監督はUAE戦にこれまで以上の大きな手応えを感じていただけに、タイ戦でも基本的には同じスタイルを踏襲するはずだ。
 
大迫の代役候補は、今回の招集メンバーで5人。岡崎慎司、浅野拓磨、久保裕也、小林、そして本田圭佑だ。
ただ、岡崎、浅野、小林はポストプレーよりも裏に抜けるのが得意なタイプで、
ここ2試合は右ウイングを務める久保も右SBの酒井宏樹と良好な関係を築いているだけに、あえてCFに回すのは最善策とは言えない。
 
そこで浮上するのが、本田だ。昨年10月のオーストリア戦ではCFに入って見事なポストワークを披露。
後方からのボールをワンタッチで裏のスペースに流し、原口元気の先制点をアシストしてもいる。
ハリルホジッチ政権下でチーム最多の9ゴールを挙げるなど、決定力も申し分がない。

2 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 06:16:20.38 ID:CAP_USER9.net

試合勘やコンディションに不安はあるものの…。
 
もちろん、不安はある。所属するミランで出番を失っているだけに(2017年のプレータイムはアディショナルタイムの1分間のみ)、
試合勘とコンディションの両面で招集そのものに疑問の声が挙がったのは周知の通りで、途中出場で15分弱プレーしたUAE戦でも大きなインパクトを残せなかった。
 
しかし、前述した大迫と同様の役割をこなしうる能力(フィジカル、技術、経験)を持つのは、
今回の招集メンバーで本田のみだ。岡崎など他の選手をCFに置けば、スタイルの微調整が必要になってくる。
 
その本田は3月25日の練習後に取材に応じ、タイ戦を次のように展望している。
「思った以上に厳しい試合になると思います。タイは引いてくるはずで、いまの日本がやっているサッカーは攻められるほうが特長を活かせる。

引かれるとカウンターができないので。でも、(今のチームが)ポゼッションで戦うイメージが沸きますか? 
僕らが沸かさないといけないんでしょうけど、こないだのUAE戦でそれだけの内容を見せられなかった。
タイ戦はUAE戦とまったく同じサッカーをしたらいいわけじゃないし、まったく違う試合になるでしょう。それはみんな分かっていると思います」
 
さらに、タイが最終予選グループBの最下位でホームということもあり、大量得点での勝利が期待されている現状については、こう釘を刺した。
 
「そういう雰囲気や情報は危ない。思ったより締めたほうがいい。思った以上に厳しい試合になると思っていったほうがいいですよ。
オシャレに2人抜いてやろうかとかそういうプレーはせず、簡単なパスを簡単に繋ぐとかを徹底したい」
 
オーストラリア戦でのCF本田をはじめ、最終予選初戦で初キャプの大島僚太、サウジアラビア戦で2試合目の久保、
先のUAE戦で第3GKと思われていた川島永嗣をスタメンに抜擢するなど、ハリルホジッチ監督は周囲をあっと驚かせる采配も少なくない。
 
そもそもミランで苦しむ背番号4を、「チームに必要不可欠な存在」と位置付けて強行招集している。
それだけに、指揮官が「CF本田」という奇策をタイ戦で用いる可能性は、十分にあるだろう。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490562968
続きを読む

【サッカー】本田、ラストチャンスか。タイ戦で先発復帰案も浮上、強気で挑むサバイバルマッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 12:48:38.10 ID:CAP_USER9.net

フットボールチャンネル 3/26(日) 10:30
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010009-footballc-socc&p=1

本田圭佑が、代表キャリアにおける危機に立たされている。代表のエースに君臨し続けてきた本田だが、これまでプレーしてきた右サイドのポジションでは久保裕也がUAE戦で1ゴール1アシストの活躍を見せるなど、ポジションを奪われつつある。28日に行われるタイ戦では先発に復帰する可能性もあるが、もし十分な出場機会を与えられなければ、代表の立場も危うくなる。それでも、「試練がすごく楽しい」と強気な姿勢でサバイバルマッチに挑もうとしている。(取材・文:元川悦子)


右サイドは23歳の久保が好調。崖っぷちに追い込まれた本田

 敵地UAEでの勝ち点3を手にして、2018年ロシアワールドカップ・アジア最終予選グループBの2位を死守した日本代表。24日の帰国後、25日夕方から次戦・タイ戦(埼玉)に向け再スタートを切ったが、UAE戦の功労者である今野泰幸(G大阪)と大迫勇也(ケルン)の2人が負傷で離脱することが決まった。

 右足親指を痛めて別メニューを強いられていた高萩洋次郎(FC東京)もチーム離脱が決定し、遠藤航(浦和)と小林悠(川崎)を追加招集したものの、戦力的に厳しいのは確か。グループAの韓国が23日、グループ最下位の中国に敗れる波乱が起きた例もあるだけに、日本も万全の態勢で挑まないとグループB最下位のタイに足をすくわれる可能性もある。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最終予選突入後、2連戦の時には必ずと言っていいほどスタメンを入れ替えてきた。UAE戦でフル出場した面々は、長距離移動と気候の変化も重なって疲労が蓄積しているだけに、今回も数人を入れ替えるはずだ。

 そこで気になるのが、久保裕也(ヘント)に右サイドのレギュラーの座を奪われつつある本田圭佑(ミラン)の動向だ。23歳の成長著しいアタッカーが2日前の大一番で1ゴール1アシストの大活躍を見せたことから、長年エースに君臨してきた男は崖っぷちに追い込まれている。

2 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 12:48:47.44 ID:CAP_USER9.net

久保のレギュラー奪取は「何ら不思議なことはない」。タイ戦での起用法は?

 しかし、本田は動じることなく自身の立場を冷静に客観視している

「UAE戦での裕也の活躍? 嬉しいですよ。それは別に危機感がないと言うことではなくて、サッカーのスタンダード。何ら不思議なことはない。最近、僕がミランでもここでもレギュラーというポジションを取られているってだけの話なんで。これは起こり得る現実。むしろそれくらいのレベルに日本代表がなってきたっていうふうに捉えていい。逆に僕がここで競ることができて、もう1回、(ポジションを)取り返せるような状況を作れれば、もっと日本代表がいい感じになるんじゃないかなと思います」

 久保のコンディションに問題がなければ、タイ戦でも先発となるのが定石だろう。とはいえ、ボスニア人指揮官のこれまでの采配を見ると、本田の復調を期待して先発復帰させる可能性も少なからずある。久保は1トップもシャドウもサイドも全てこなせる万能型だから、大迫や原口元気(ヘルタ)の位置でプレーすることも十分できる。本田がスタメン復帰するとしたら、久保を別のポジションで使うケースも予想される。

 もし久保を右のまま動かさずに本田がスタメンに名を連ねるとしたら、昨年10月のオーストラリア戦(メルボルン)同様、1トップに入る形が考えられる。大迫の代役一番手にはレスターで一気に調子を上げてきた岡崎慎司がいるが、UAE戦の87分に原口の絶妙のスルーパスを外すなど、鋭い得点感覚が失われている印象が否めない。

「(原口からラストパスをもらった)ああいうところで自信を持って打ちきれなくなっている。ストライカーとしての自分をこの代表で取り戻したい」と背番号9も焦燥感を露わにしていた。その岡崎を信じて使うのか、9月に行われたアウェイのタイ戦(バンコク)で抜擢した浅野拓磨(シュトゥットガルト)に再びチャンスを与えるのか、それとも追加招集の小林悠か、あるいは本田か。ハリルホジッチ監督が4つの選択肢のうち何を重視するのか注目したい。

「UAE戦でも点を取りたかった。もう10分くらい長ければ…」

 一方、長谷部誠(フランクフルト)、今野、高萩が離脱したボランチも、本田がCSKAモスクワ時代に定位置だったポジション。彼なら屈強なフィジカルを活かしてボールを奪い、ゲームの組み立てもできる。ただ、タテに速いスタイルを志向するハリルホジッチ監督体制では一度もテストされておらず、指揮官も現時点では構想外の様子だ。

 となると、やはり本田が出場するとなった場合、可能性があるのは右サイドか1トップのいずれかだろう。タイ戦でどの程度の出場時間が与えられるか分からないが、ゴールに絡む明確な仕事を見せられれば、苦境打開への一歩になりそうだ。

「UAE戦でも点を取りたかった。相手もバテていたし、もう10分くらい長ければ、たぶんもう1~2個ビッグチャンスがあったかなという感じがしましたけどね。今は『本田は一体、どういうプレーをするのか』ってみんなが分からない状況。それを普通に見せて、また点を取ることができれば、『やっぱりこのくらいはできるんだ』ってことになるし、またチャンスが増えてくる」

 本人もそう強調するように、本田ならではの「ここ一番の勝負強さ」や「得点に直結する決定的な仕事」を示せれば、この先も日の丸を背負ってプレーし続けられる。

 逆に出場機会を与えられながら全く機能しなければ、それこそ世代交代の波に飲み込まれてしまう。久保を筆頭に若い世代は今、猛烈な勢いで伸びているのだ。その現実を直視し、代表落選の覚悟を持って、背番号4は数少ないチャンスをつかまなければならない。
「4年後を目指す」と断言したブラジルW杯。その夢が断たれる可能性はゼロではない

 2010年南アフリカワールドカップの時に中村俊輔(磐田)からエースの座を奪い取ってから足掛け8年。日本代表をけん引し続けてきたエースにもプライドがあるはず。

 だからこそ彼は「試練がすごく楽しい。試練が起きれば起きるほど自分自身が試されている気がするから。でも(苦境脱出の)道筋は見えてます」と普段通りの負けん気の強さを押し出していた。

 とはいえ、中村俊輔も「集大成」と位置付けた南アで輝くことができないまま代表を去ったように、誰もがいつかはエースの座から降りることになる。本田も屈辱的な敗戦に打ちのめされた2014年のブラジル大会で「4年後を目指します」と断言したが、その夢が志半ばで断たれる可能性はゼロではない。

 果たして歴史は繰り返すのか…。今回のタイ戦は彼にとって最大の岐路と言っても過言ではないだろう。

(取材・文:元川悦子)

フットボールチャンネル


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490500118
続きを読む

【サッカー】「本田圭佑は外す理由がない。絶対に必要」霜田元技術委員長と都並氏が日本代表を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 02:26:53.92 ID:CAP_USER9.net

都並氏、岩政氏らが独自解説で番組を盛り上げる!

3月24日、視聴者参加型のサッカー情報番組『スカサカ!ライブ』の公開収録がスカパー東京メディアセンターで行なわれた。
 
レギュラー放送に先駆けた2時間拡大版生放送の収録には、元日本代表DFで番組のレギュラー出演者である岩政大樹氏をはじめ、
前日本サッカー協会技術委員長・ナショナルチームダイレクターの霜田正浩氏、サッカー解説者の都並敏史氏、さらにサッカー通の将棋士・野月浩貴氏ら豪華ゲストが登場した。
 
番組では、現地時間3月23日に行なわれたロシア・ワールドカップアジア最終予選のUAE戦を中心に、サッカー界のホットな話題を振り返った。
 
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を招聘したことでも知られる霜田氏は、「本当に良かった。結果が全てですから」と、中東でのアウェー戦で勝点3を手にした日本代表へ安堵のコメントを残した。
 
さらに同氏は、守護神の川島永嗣の名前も挙げ、20分に相手FWとの1対1を凌いだビッグセーブがチームに流れをもたらしたとした。
 
都並氏は、「相手の中盤を潰すシステム変更がピタリと当たった」とハリルホジッチ監督の巧みなシステム変更を勝因に挙げた。

また、番組放送後には出演陣へのメディア取材が行なわれ、そこで霜田氏と都並氏に「日本代表のキーマンはどれか?」という問いが飛び、両氏ともにハリルホジッチ監督の名前を挙げた。
 
霜田氏は、「勝たなければいけないギリギリの試合の中で、競争が激しくなって、世代交代がある。
ある特定の選手に頼って、その選手が新聞の見出しを飾るという時代ではなくなっている。
そういった中で監督が選手を同じ方向に引っ張っていけるかが重要」と、その理由を明かした。
 
また所属するミランで出場機会を失い、招集が疑問視された本田圭佑について都並氏は、
「あれだけの実力者を外す理由がない」とし、霜田氏も「日本にはまだ絶対に彼の力が必要」という見解を示した。
 
なお、『スカサカ!ライブ』は、4月7日から毎週金曜日21時からレギュラー放送が開始する。
毎週、編集長のジョージ・ウィリアムズ氏を中心にサッカー界をにぎわすテーマに、ゲストと視聴者とともに切り込んでいく

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00023832-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 3/25(土) 12:46配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490462813
続きを読む

【サッカー】セルジオ越後「本田の存在価値は何もなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 00:30:07.07 ID:CAP_USER9.net

<W杯アジア最終予選:日本2-0UAE>◇B組◇23日◇UAE・アルアイン

世代交代というか、結果的に久保、今野が得点したことが象徴的だ。
ビッグクラブでベンチを温める選手より、リーグの格は下でも所属チームで出続けている選手が活躍した。
国内組からあと1人、2人連れていってもよかった。

出番のない選手は呼ばれないというのは、世界では当たり前のこと。
この日の試合で本田の存在価値は何もなかった。ハリルホジッチ監督は采配以前に、
呼んでも使えない選手を呼び、結局はコンディションのいい選手を出して勝った。
いっそ代表から本田を外して刺激を与えればいい。国内組と競争させればいい。本田本人のためにも。

これでUAEは脱落した感じだ。サウジアラビア、オーストラリアとのトップ争いになる。
一方でオーストラリアと引き分けたイラクは侮れないことが分かった。
次のホームでのタイ戦は勝つだけでは物足りない。得失点差を稼ぐ相手だ。(日刊スポーツ評論家)
http://www.nikkansports.com/soccer/column/sergio/news/1797490.html


セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

◆セルジオ越後(せるじお・えちご) 1945年7月28日、サンパウロ生まれ、日系2世。
18歳で名門「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍しブラジル代表候補にも選ばれる。
72年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。
辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多い。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490455807
続きを読む

【サッカー】本田圭佑「道筋は見えています」若手台頭も気迫十分

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 22:24:53.97 ID:CAP_USER9.net

日刊スポーツ 3/25(土) 22:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-01797769-nksports-socc

 日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)が25日、W杯アジア最終予選B組のタイ戦(28日、埼玉)に向けたさいたま市内での練習後、取材に応じ、台頭する若手との競争を歓迎した。

 23日のUAE戦ではFW久保裕也(23=ヘント)にスタメンを譲り、後半から途中出場も無得点に終わった。絶対的な存在だった本田は、世代交代をささやかれることもある。UAE戦で得点した久保について聞かれると、嫌な顔をすることなく答えた。

 「うれしいですよ。それは危機感がないということではなくて、サッカーのスタンダードですから。何も不思議なことはないし、僕がミランでもここでもレギュラーというポジションを奪われているだけの話。今までが奪われてなかったというだけなので。これは起こりうる現実」

 所属チームでプレー機会がほとんどない自身に対し、ヘントで移籍後7戦5発とゴールを重ねる久保。結果を残すことで道を切り開いてきた本田らしく、自分についても現状はもの足りないとばっさり切った。

 とはいえ、表情に悲壮感はない。要因はACミランで出場機会を失っていることだと理解している。

 「チームで出られてないことが要因。なかなかこの状況を打開する場がない。本田はいったいどのようなプレーをするのか、みんなが分からないと思う。そこだけだと思う。

普通に見せることが出来て、点を取ることができれば『やっぱりこれぐらいはできるんだな』というふうにまたチャンスは増えてくるんじゃないかと思う」

 実戦でのプレーが不足していることは分かっている。それでも、試合に出れば結果は残せる。その自信は失われていない。

 本田はむしろ、新たな成長の機会に出会ったと前向きだ。

 「僕はすごく今が楽しくて。こういうことが起これば起こるほど、なんかこう、自分自身が試されている気がして。右肩上がりにしていく、それをどうしていこうか、考えるのが好きだし乗り越えていくのも好きなんで。この期間を非常に楽しんでいる。道筋は見えていますよ」

 話す目には力がこもり、口調もはっきりと力強い。このままでは終わらせない。後輩の台頭を認めて“共闘”を語る口ぶりの陰に、気迫があふれていた。【岡崎悠利】


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490448293
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ