香川

【サッカー】<16強、西野ジャパンの評価を問う!>乾、香川のセレッソラインを活かせたのは日本人監督だからこそ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/15(日) 13:00:01.55 ID:CAP_USER9.net

西野ジャパンがロシアでの冒険を終えたタイミングで、サッカーダイジェスト誌ライター陣7名に緊急アンケートを実施。
世界の「ベスト16」という結果を残した日本代表への評価、「ベスト8」の壁を超えるためには何が必要なのか、そして次期日本代表監督には日本人が相応しいか? この3点について意見を伺った。

――◆――◆――

回答者:二宮寿朗(スポーツライター)

Q.西野ジャパンのロシアW杯評価(100点満点中)
A.90点

 戦前の低評価からの巻き返しは高得点に値する。パス主体のスタイルに切り替え、守備でもプレッシングとブロックの使い分けも意思統一が出来ていた。
コンパクトに、バランス良く、チャレンジもカバーも。粘り強い守備とアイデアある攻撃は相乗効果で引き上がっていった感がある。西野采配も当たっていた。

 ポーランド戦の“負け逃げ”にはリスクもあり、賛否両論が巻き起こった。しかし筆者は支持したい。あのとき中途半端だけは避けなければならなかった。
ポーランドのカウンターの餌食になりそうな気配も多分にあったためだ。だから西野朗監督は「このままでいこう」と決めたのだろう。主将の長谷部誠は「真実は結果の中にしかない」と語ったが、その通りだ。

6人の先発入れ替えも、香川真司や原口元気らの疲労を回復させたことがベルギー戦の活躍につながった。決勝トーナメントでゴールを奪えなかった過去の大会より一歩前に進めた。
だが選手はもっとやれたと思っているはず。その部分でマイナス10点とした。


Q.日本が8強入りするために最も必要なことは?
A.突破口探知能力

ベルギーは流石だった。空中戦に持ち込んでゴールを奪うと、「高さ」という日本の弱点を重点的に突いてきた。ベースとなる戦い方を磨きつつ、相手の対応をさらに上回っていく力を身につけていかなければならない。


Q.ロシア後の監督も日本人にするべきか?
A.YES

西野監督は歴代代表チームの財産のほか、Jリーグの財産も使っていた。例えば乾貴士、香川のセレッソライン。財産を知っているから、引き出せる。日本人監督ないしはJリーグで日本サッカーを熟知する監督に任せてみたい。

※『サッカーダイジェスト』7月26日号(7月12日発売)より転載。

2018年7月13日 17時51分 サッカーダイジェストWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/15008333/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/7/c7885_1429_9509fea4_e5fc73f3.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531627201
続きを読む

【サッカー】ガラタサライが香川真司に興味、長友に続き「2人目のサムライ」 トルコ紙ミリエットが報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/07/13(金) 21:31:06.65 ID:CAP_USER9.net

香川真司にガラタサライ興味「2人目のサムライ」
2018年7月13日19時55分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201807130000770.html

香川真司
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/201807130000770-w1300_0.jpg


トルコ1部リーグのガラタサライがドルトムントからMF香川真司(29)を獲得しようとしていると、13日にトルコ紙ミリエット電子版が報じた。
今年1月に長友佑都をメンバーとして迎えたガラタサライは、日本からの関心を集めた。そこで「2人目のサムライ」にサインをさせるべく準備中だと伝えた。

ガラタサライが香川の獲得を狙うという話は3月にも持ち上がっていた。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531485066
続きを読む

【サッカー】<香川真司>地元メディアが“不動のスタメン”と激賞!「カガワに適う者はいない!」「ゲッツェはカガワの控え」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/11(水) 08:26:14.03 ID:CAP_USER9.net

ロシア・ワールドカップでの激闘を終え、日本代表MF香川真司は束の間のオフを消化中だ。7月下旬に合流予定のボルシア・ドルトムントはリュシアン・ファーブル新政権がすでにスタート。香川も新監督の下での定位置確保のため、新たな挑戦を始めることとなる。
 
 そんななか、ドルトムントの地元人気サイト『BVB Buzz』が、サムライブルーの10番に特大の期待を寄せた。ファーブル監督の戦術的志向を踏まえたうえで、理想のスタメンを人選。迷うことなく、香川を4-2-3-1システムのトップ下に据えたのだ。
 
「日本人スターの昨シーズンは輝かしいものだった。ワールドカップではその実力をあらためて世界に認知させ、現時点でトップ下のポジションには何人かの候補者がいるが、カガワに適う者はいない。マリオ・ゲッツェにしてもフォームを取り戻せないなら、カガワの控えに甘んじるほかないのである。なによりゲッツよりもチームプレーに徹せられるという意味で、カガワの存在価値は高いのだ」


 以下が予想スタメンの顔ぶれだ。注目の新加入コンビ、アブドゥ・ディアロとトーマス・ディレイニーが名を連ねるなど、昨シーズンとはがらりと様変わりしている。
 
GK:ロマン・ビュルキ
右SB:ウカシュ・ピシュチェク
CB:マヌエル・アカンジ
CB:アブドゥ・ディアロ
左SB:ラファエウ・ゲレイロ
セントラルMF:ユリアン・ヴァイグル
セントラルMF:トーマス・ディレイニー
右サイドハーフ:クリスティアン・プリシッチ
トップ下:香川真司
左サイドハーフ:マルコ・ロイス
CF:マキシミリアン・フィリップ
 
 さらに同メディアは、ドルトムント所属でワールドカップに出場した7選手のパフォーマンスを査定。香川はロイスとともに最高点7(10点満点)を付けられた。「まるでドルトムントでデビューした当時のような鮮烈ぶりだった。3試合で1得点・1アシストという数字だけでなく、“ヘビー級”ベルギーとの一戦では瀬戸際まで敵を追い詰める急先鋒となったのだ」と称え、「ドルトムントのファンが新シーズンに期待を抱くに十分な出来を披露してくれた」と熱っぽく綴っている。

サッカーダイジェスト 7/11(水) 5:05
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00043763-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531265174
続きを読む

【サッカー】<W杯で輝いた香川真司>新生ドルトムントでは茨の道? ブンデス公式の先発予想に名前なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/09(月) 06:55:58.30 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF香川真司は、ロシア・ワールドカップ(W杯)でチームがベスト16進出を果たす立役者の一人となった。勢いそのままに、所属するドルトムントでの活躍にも期待は膨らむが、新シーズンは茨の道が待ち受けているのかもしれない。

 ドルトムントはルシアン・ファブレ新監督を迎え、新体制で2018-19シーズンに臨む。しかし、ブンデスリーガ公式サイトが予想した来季の予想スタメンに、香川の名前がないのだ。

 ファブレ監督は昨季まで指揮していたフランス1部のニースで、4-3-3を採用。記事でも、同様のシステムを想定しているが、香川の主戦場となるインサイドハーフには、新加入のデンマーク代表MFトーマス・ディレイニーとドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが入っている。

 また、ファブレ監督はボルシアMG時代には4-4-1-1を導入していたが、横並びする中盤は、左からFWジェイドン・サンチョ、ディレイニー、MFマフムード・ダフード、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチとなっており、ここでも香川はスタメンではない。

 記事では、ファブレ監督はボルシアMG時代に下部組織の有望株だったダフードを高く評価していたと伝えており、22歳のドイツ人MFを中心に据えてチーム編成を行うことを推測している。

 戦術家としても知られるファブレ監督だけに、サッカーIQの高い香川を重宝する可能性もあるが、ブンデスリーガ公式サイトはベンチスタートと考えているようだ。

7/8(日) 18:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180708-00120297-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531086958
続きを読む

【サッカー】<香川真司>「W杯16強クラックBEST11」に選出!ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/08(日) 11:39:37.72 ID:CAP_USER9.net

ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる
 
ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いは準々決勝に突入。今大会はベスト16で2010年南アフリカ大会優勝のスペイン、
天才FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチン、2016年欧州選手権王者のポルトガルが姿を消した。

海外メディアはベスト8に進めなかったチームからクラック(名手)のベストイレブンを選出。
メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらと並び、日本代表MF香川真司が名を連ねた。

「彼らはすでに去った。これほどのタレントがもういない。ロシアW杯にはまだ多くの才能が残っているが…常に彼らのような名手を恋しくなるだろう」

こうツイッターでメッセージを綴ったのは、衛星放送「FOXスポーツ」メキシコ版だ。
同局は投稿で「ベスト8に進めなかったクラックの理想的ベストイレブン」と題した布陣図を公開。決勝トーナメント1回戦で姿を消した名手のなかから、ベストの11人を選出している。

フォーメーションは3-4-3で、守護神はブラジル戦でも好セーブを連発したメキシコのGKギジェルモ・オチョア。
最終ラインは右からコロンビアのDFサンティアゴ・アリアス、スペインのDFセルヒオ・ラモス、アルゼンチンのDFニコラス・オタメンディが並んだ。

中盤はデンマークMFクリスティアン・エリクセンとスペインMFセルヒオ・ブスケッツが中央でコンビを形成。
サイドにJ1ヴィッセル神戸への加入が決まっているスペインMFアンドレス・イニエスタと香川が配置された。

香川は今大会、ライバルのMF本田圭佑を抑えてトップ下のレギュラーに君臨。グループリーグ初戦のコロンビア戦では先制PKを決め、
決勝トーナメント1回戦ではベルギーの激しいプレッシャーにもほとんどボールを失わず、卓越したテクニックで懸命にゲームメークした。

3トップはメッシとロナウドの二大巨頭に加え、センターフォワードにコロンビアFWラダメル・ファルカオが入った。
世界のスター選手が揃うなかでの香川の選出は、世界的な評価を高めたという意味で価値があるものと言えるだろう。

7/7(土) 20:40配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00120074-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180707-00120074-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531017577
続きを読む

【サッカー】<香川真司>本田圭佑の「メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ」に反応

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/06(金) 21:38:18.35 ID:CAP_USER9.net

●ライバルとして鎬を削ってきた日本の二大エースがSNSで呼応

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いを終え、帰国した5日にチームは解散となった。史上初のベスト8進出こそ叶わなかったが、決勝トーナメント1回戦でFIFAランキング3位の強豪ベルギーを苦しめた戦いぶりは大きな共感を呼んだ。

MF本田圭佑は公式ツイッターに「俺はずっとお前を認めてたよ」とライバルのMF香川真司に思いを綴り、10番もリツイートする形で熱いメッセージに反応している。

 香川は足首の故障を乗り越え、今年5月のガーナ戦で7カ月ぶりに代表復帰。ブラジルW杯に続いて23人のメンバー入りを果たすと、10番を背負ってトップ下のスタメンに君臨した。グループリーグ初戦のコロンビア戦では先制PKを決め、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦でも絶妙なゲームメイクで攻撃を牽引している。

 一方の本田は今大会サブに回ったが、同コロンビア戦ではFW大迫勇也の決勝ゴールをアシスト。セネガル戦では日本史上初のW杯3大会連続ゴールを挙げた。今大会で同時にピッチに立ったのは、決勝トーナメント1回戦ベルギー戦の後半36分からというわずかな時間だったが、長年一緒にプレーしてきた連係プレーは随所に見られた。

●本田の投稿は40万以上の反応が集まる大反響

 ベルギーに敗れ、5日に帰国した本田は自身の公式ツイッターを更新。2008年から代表で共闘してきた盟友・香川について、「シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ」と肩を組んで、笑顔で映った2ショットを公開し、ファンの間でも「泣きそう」「カッコいいわ」「日本サッカーの二大エース」などと反響を呼んでいた。

 本田のツイートは、投稿から約1日でリツイートが6万2000を超え、38万以上のいいねが付いている。そのなかの一人が香川で、熱いメッセージをリツイートしている。ファンの心情的には香川の思いも知りたいところだが、日の丸を背負い、切磋琢磨してきた二人には、語らずとも分かり合えるものがあるのかもしれない。

7/6(金) 21:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180706-00119798-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530880698
続きを読む

【サッカー】「俺は認めてたよ」…本田が香川と2ショット写真で関係悪化一蹴、ファン「泣きそう」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/07/05(木) 22:25:43.81 ID:CAP_USER9.net

7/5(木) 22:19配信
「俺は認めてたよ」…本田が香川と2ショット写真で関係悪化一蹴、ファン「泣きそう」

 日本代表MF本田圭佑(32)が5日にツイッター(@kskgroup2017)を更新し、同MF香川真司(29)との2ショット写真を掲載した。

「シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ。」

 この投稿がされると、瞬く間に多くの反応がみられ、「本田さんやめないで!!!!もう一度代表のユニフォーム着ている姿がみたいな!」「ほんま、泣きそうなってきた。まじでええ写真。関係が良い証拠やな。」といった返信がされている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-01655968-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530797143
続きを読む

【サッカー】香川 英プレミア移籍を決意!本命は“古巣”マンU

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/07/05(木) 11:28:19.23 ID:CAP_USER9.net

7/5(木) 11:00配信
香川 英プレミア移籍を決意!本命は“古巣”マンU

【ロシア・カザン3日(日本時間4日)発】サッカー日本代表MF香川真司(29=ドルトムント)がイングランド移籍へ――。ロシアW杯決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた西野ジャパンで10番を背負った香川は、2014年まで在籍した世界最高峰と言われるプレミアリーグへの移籍を決意していることがわかった。すでに複数のクラブからオファーが届いており、香川は古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰を熱望しているという。

 ロシアW杯で奇跡を連発した西野ジャパンを支えたのは日本の10番だった。1次リーグ初戦コロンビア戦では積極的に仕掛けて敵DFの反則を誘発。退場に追い込んだ上で先制のPKを決めるなど好パフォーマンスを発揮し、日本を決勝トーナメント進出に導いた。

 香川は4年前のブラジルW杯の惨敗後、ロシアW杯のために全てを注ぎ込んできた。リベンジを果たすためだが、同時に今大会の活躍をステップに世界最高峰リーグへの復帰をもくろんでいたという。香川に近い関係者は「真司はもう一度プレミアでプレーしたい思いをずっと持っていて、できれば30歳を前にしたタイミングと考えている」と明かした。

 香川は2012年6月に同リーグ屈指の名門マンチェスター・ユナイテッドに入団し、リーグ戦6ゴールをマーク。当時のアレックス・ファーガソン監督から高く評価されたが、翌シーズンにデービッド・モイーズ監督が着任したのを機に出場機会を減らすと、14年夏に元オランダ代表監督のルイス・ファンハール氏が指揮官に就任すると構想外となり、古巣ドルトムントへ戻った。

 失意のうちにドイツへ再加入した香川は好パフォーマンスを発揮しながらも、再び世界最高峰リーグでリベンジを果たしたいとの意向を持ち続けていた。ドルトムントとの契約は20年夏まであるが、来年3月17日に30歳を迎える前に不退転の決意でイングランド復帰を熱望しているのだ。

 マンU時代はブレークこそできなかったが、チームが低迷していた時期だったため、イングランドでも香川の評価は下がっていない。同関係者によると、W杯での活躍もあって「いくつかのクラブからオファーはある。まだはっきりしていないが、真司が希望するようなところからも声はかかるんじゃないか」という。

 中堅クラブのエバートンやニューカッスル、FW岡崎慎司(32)の所属するレスターなどが、以前から日本の10番に関心を示しており、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督(51)のリバプールも興味を持っていると見られるが、香川が本命と考えているのは古巣マンUだ。

 特に現在チームを率いているジョゼ・モウリーニョ監督(55)はレアル・マドリード(スペイン)監督時代に欧州で売り出し中だった香川の獲得を検討し、自ら面談まで行った過去がある。また、世界戦略を進めているマンUサイドも巨大なアジア市場の拡大を重要視しており、ロシアW杯で活躍した「香川は適任」と考えているという。

 W杯敗退後、香川は今後について問われると「今すぐ答えは分からない。気持ち、体を休めて、整理していきたい」と話したが、背番号10の動向に注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000009-tospoweb-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180705-00000009-tospoweb-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530757699
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ