香川

【ゲーム依存症】<伊集院光>香川県のゲーム利用時間規制条例案に持論「脳トレのゲームもバカになるの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/16(Thu) 09:15:36 ID:VRRamI0h9.net

タレントの伊集院光が、1月13日に放送されたラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、「ゲーム依存症」について私見を述べた。

 先日、香川県議会が、ゲームやインターネット依存症への対策として、高校生以下の子どもを対象に「ゲームなどの利用時間は1日あたり平日60分、休日は90分」と制限する素案を条例に盛り込むことを明らかにした。

 この取り決めについて伊集院は、「ゲームをやめられないからバカになっちゃうのか、俺みたいなバカがゲームをやめられないのかは、凄く難しいところじゃない?」と問題提起し、「あとこれからアンタたち、同じ口で『プログラミング教育』とか言うんだよね?」と疑問を投げかけた。

 続けて、「ゲームっていうのは、何をもってゲームなのかわからないんだけど」と述べた伊集院。「多分、みんな“ブロック崩し”だと思ってる。この法案出してる人は、『ブロック崩しなんか60分やったらもう十分だろ』って(笑)」とし、「だってさ、脳トレのゲームとか出来てるじゃん。脳トレのゲームもダメ? バカになっちゃうの?」と指摘していた。

 さらに伊集院は最近、東京大学名誉教授で『バカの壁』の著者・養老孟司氏と共著を執筆するべく対談を重ねていると言い、「あの人、ゲームをやる人なんですよ。もともと、『ときメモ』とかもやる人なんですよ」と明かした。その上で、「楽しいことがやめられなくなり、制御が利かなくなる人はいつの時代にもいる」ことのたとえとして、養老氏から聞いた二宮金次郎の話を披露し始めた。

 「二宮金次郎が農家の子供に生まれたあの時代は、二宮金次郎が本を読んで勉強するっていうことは、今の一般社会の学生がゲームをするよりも、下手すれば無駄。『面白いか何か知らないけど、本を読んで学問を蓄えるっていうことなんて一生役に立たない』って言われていた時代だった」と説明した伊集院。「でも、ニノキンは『もうやめらんねぇから』って。ニノキンはDS的な感覚で本を読んでるんだよね(笑)」と解説し、「結果、(学問は)役には立ったし時代は変わったけど、要はヤツは無駄な勉強中毒だったとも言える……っていうこと」と結論付けた。

 そんな話を養老氏から聞いたことについて伊集院は、「嬉しかった」と言い、「年長者のしかも学問やってる人なんて、みんな『ゲームダメだ』っていうに決まってるのに、説得力があった」と嬉しそうに振り返った。

1/16(木) 7:02配信 リアルサウンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010003-realsound-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200116-00010003-realsound-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579133736
続きを読む

【サッカー】サラゴサ香川に欧州、中東、MLSクラブ接触も…「正式オファーなし」と地元紙報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/12(日) 20:26:02.56 ID:nhCOG+XD9.net

今冬の去就報道が過熱も…香川側は残留の意向と地元紙が伝える

スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司は、現地時間11日に行われたスペイン国王杯のヒムナスティック・タラゴナ戦に先発フル出場し、3-1の勝利に貢献した。
その一方で地元メディアでは去就を巡る報道が続いており、
同日付のサラゴサ地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」は香川に対して多くのクラブから調査やコンタクトがあるものの、正式オファーは届いていないと報じている。

香川は2019年8月にサラゴサ移籍を果たし、憧れ続けたスペインの地に降り立った。開幕直後こそリーグ第2節ポンフェラディーナ戦(1-1)と第5節エストレマドゥーラ戦(3-1)でゴールを決めるなど活躍したが、
その後は体調不良も影響して徐々に失速。年明け初戦となった7日の第22節スポルティング・ヒホン戦(2-0)でもベンチスタートとなっており、スペインメディアでは今冬の移籍市場での退団の可能性も報じられていた。

そうしたなか「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」紙は、香川の「サラゴサでのレベルは期待されていたものではなく、
クラブは日本人のトップ下選手が今月に出て行くのであれば容認すると認めている」と、周囲から厳しい視線に晒されていることを伝えたうえで、
「しかしサラゴサは、これまで選手(香川)が出て行くべきだといったことは言っておらず、おそらく今後もそれはしないし、選手も今季終了まで続けていくのを諦めていない」と、
あくまでも2021年まで契約を残す香川の意思次第であり、本人は残留の意向を示しているとしている。

そんな香川のもとには「米MLS(メジャーリーグサッカー)クラブからの調査を受けており、またトルコ、ドイツ、フランス、ギリシャから同様のものがある」と、複数のコンタクトがあるようだ。
しかしいずれも正式なオファーではなく、「現状で一番経済的に魅力的なものはカタールからとなっている」と伝えている。

一方で同紙は、現在リーグ3位のチームが仮に来季1部昇格を達成した場合、現状のパフォーマンスでは香川の去就は不透明なものになると言及。
「多くの試合で灰色の出来で、すぐにガソリン切れを起こした。だからこそ、そのレベルは次のシーズンに向けた計画を練り直すものになる」と、後半戦での復調がなければ立場は厳しいものになるとの見方を示した。

スペイン1部でのプレーを目標に今季サラゴサ入りを果たした香川だが、現地での評価を一変させるパフォーマンスを見せチームを昇格へと導けるだろうか

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00240441-soccermzw-socc
1/12(日) 20:10配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578828362
続きを読む

【サッカー】サラゴサ香川真司、状況一変でアメリカ移籍も スペイン紙報道「MLSからオファー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/10(金) 12:35:25.45 ID:3HdOUtBH9.net

昨夏スペイン2部に移籍、今季リーグ戦18試合2ゴールも移籍の噂が急浮上

スペイン2部サラゴサに所属する日本代表MF香川真司に米MLS(メジャーリーグサッカー)からオファーが届いているという。
スペイン紙「AS」は「香川はMLSのクラブからオファーを受けている」と報じている。

香川は2019年8月に憧れ続けたスペインの地へ移籍。新天地サラゴサで開幕直後こそゴールを決めるなど活躍したが、体調不良も影響して徐々に失速。
一時はスタメンから外れる時期もあり冬の移籍市場で退団の可能性が噂されている。

そうしたなか、スペイン紙「AS」は「香川真司は最近、MLSのクラブからオファーを受けている」と伝えている。
今季リーグ戦18試合2ゴールの香川は、7日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で途中出場。
記事手は「日本人は今のところ移籍を考えていない」と記しているものの、状況が一変する可能性を指摘した。

「しかし実際には、香川のパフォーマンスに加え、ハビ・プアドとの契約もあり、出場機会が減りつつある。
さらにポルトガル人ストライカー、アンドレ・ペレイラの加入はさらなる競争を意味し、計画変更の可能性もある」

サラゴサは今冬、ポルトからヴィトーリアに期限付き移籍中のFWアンドレ・ペレイを補強しており、前線の争いは激化する。
また香川のチーム2番目という給与もポイントに挙がっており、MLS移籍はあり得ると見ている。

9日にはベルギー1部ヘントFW久保裕也がMLSシンシナティへ移籍した。岐路に立たされている香川はどのような決断を下すのか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00239981-soccermzw-socc
1/10(金) 11:00配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578627325
続きを読む

【サッカー】<香川真司>トルコに電撃復帰も!?長友佑都所属ガラタサライへの移籍の噂浮上..

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/07(火) 23:08:47.38 ID:vm2zg7B09.net

スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司に、トルコ1部のガラタサライへの移籍の噂が浮上している。トルコ『ヒュリエット』など複数メディアが7日付で伝えた。

 香川は昨季後半戦に、ボルシア・ドルトムントからのレンタルの形でトルコのベシクタシュに在籍。今季はサラゴサへ完全移籍し、スペイン2部で戦っている。

 ベシクタシュのライバルクラブであるガラタサライも、過去に香川の獲得への関心がたびたび噂されていた。昨年夏にもトルコメディアなどで移籍の可能性が取りざたされたこともあったが、実現には至らなかった。

 今回もまた、代理人などを通して香川の移籍の話がガラタサライに持ちかけられたという。トルコメディアは「サプライズ」「爆弾」としてこの動きを伝え、ファティ・テリム監督が“逆オファー”に応じるかどうかに注目している。

 サラゴサではここまでリーグ戦17試合に出場している香川だが、シーズン序盤に活躍をみせた後は低調が続き、本領を発揮することはできていないとスペインメディアでも評されている。途中交代が多いことも含め、現状に不満を抱いているようだとも伝えられている。

 ガラタサライには日本代表のチームメートであるDF長友佑都も所属。だが長友は冬の移籍市場でガラタサライを離れる可能性が高いとも報じられている。

1/7(火) 17:34配信https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00356701-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200107-00356701-footballc-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578406127
続きを読む

【サッカー】リーガ2部第21節 約5年ぶり“シンジ対決”は先制弾 4点目の岡崎に軍配!…香川はバー直撃FKも57分途中交代

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/23(月) 02:42:28.11 ID:jFVE3as89.net

リーガ・エスパニョーラ2部第21節が22日に行われ、FW岡崎慎司が所属するウエスカとFW香川真司が所属するレアル・サラゴサが対戦した。

スペイン北東部のアラゴン州を本拠地に構えるチーム同士の“アラゴン・ダービー”で、岡崎は3トップの中央、香川は左MFでそれぞれスタメン入り。
岡崎がマインツに、香川がドルトムントに所属していた2015年2月以来、4年10カ月ぶりの“シンジ対決”が実現した。

試合は16分、ゴール前に飛び出した岡崎がセルヒオ・ゴメスのアーリークロスに合わせてゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。
それでも20分、再びS・ゴメスが左サイドからグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前の岡崎が左足で押し込んで先制点を奪った。岡崎の今シーズン4点目で、2連敗中のウエスカが先制に成功した。

4試合無敗(3勝1分け)のサラゴサは28分、左サイドのFKで香川が直接ゴール右隅を狙ったが、シュートは惜しくもクロスバー直撃。
ウエスカは31分、岡崎が右サイドからのクロスでヘディングシュートを放ったが、追加点にはつながらず。

前半アディショナルタイム1分、エリア中央へ走り込んだアルベルト・ソロがハビ・プアドからラストパスを受けると、左足を豪快に振り抜いてゴール。
サラゴサが前半の内に試合を振り出しに戻した。

後半に入って55分、ウエスカはダビド・フェレイロがクロスを入れると、岡崎がこぼれ球を拾ってフリーでシュートを打ったが、枠を捉えられず。
サラゴサは57分、香川を下げて、ジェームズ・イグベケメを投入した。

スコアが再び動いたのは69分。ウエスカはS・ゴメスのFKをペドロ・モスケラが折り返すと、ゴール前のジョズエ・サが合わせて勝ち越しゴールを挙げた。

再び1点ビハインドとなったサラゴサは76分、フリアン・デルマズがS・ゴメスへのファールで一発退場。
さらに82分には、岡崎を引っ張り倒したアルベルト・ギティアンがレッドカードをを受けて、9人での戦いとなり万事休す。

ウエスカがダービーを制して3試合ぶりの勝利。サラゴサは5試合ぶりの黒星となった。
なお、香川は57分までプレー。岡崎はフル出場で1ゴールを挙げた。

次節、ウエスカは1月5日にアウェイでエルチェと、サラゴサは同日にホームでスポルティング・ヒホンと対戦する。

【スコア】
ウエスカ 2-1 レアル・サラゴサ

【得点者】
1-0 20分 岡崎慎司(ウエスカ)
1-1 45+1分 アルベルト・ソロ(サラゴサ)
2-1 69分 ジョズエ・サ(ウエスカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-01011893-soccerk-socc
12/23(月) 1:52配信

https://www.youtube.com/watch?v=zpAGdU0_HCE
岡崎慎司が今季4点目。香川真司との日本人対決 2019年12月22日


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577036548
続きを読む

【サッカー】岡崎慎司、香川真司との日本人ダービーで今季4点目を記録!グラウンダーのクロスを泥臭く押し込む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:豆次郎 ★:2019/12/23(月) 00:56:03.21 ID:B2i/VMf59.net

GOAL12/23(月) 0:30配信
岡崎慎司、香川真司との日本人ダービーで今季4点目を記録!グラウンダーのクロスを泥臭く押し込む

22日のリーガ・エスパニョーラ2部第21節、アルコラスでのウエスカ対レアル・サラゴサで、ウエスカFW岡崎慎司が今季4点目を記録した。

アラゴン州ダービーであり、岡崎とサラゴサMF香川真司の日本人ダービーともなったこの一戦。ダブル・シンジはどちらも先発を果たし、まず岡崎が魅せた。

4試合ぶりの先発出場を果たした岡崎は20分、左サイドを突破したセルヒオ・ゴメスのグラウンダーのクロスに反応。ゴール手前で倒れ込みながらボールを押し込み、ウエスカに先制点をもたらしている。

岡崎にとってこのゴールは、今季4得点目。8試合ぶりの待望の得点となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00010000-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577030163
続きを読む

【サッカー】名伯楽クルピ、引退へ。日本代表選手を多数育成…教え子に香川、乾、清武、柿谷、南野ら

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/12/17(火) 13:35:46.71 ID:YKLxdnkt9.net

セレッソ大阪で日本サッカーの重要人物に
セレッソ大阪とガンバ大阪を指揮したレヴィー・クルピ氏が引退を決断したようだ。『FOX SPORTS』などが報じている。

今年4月にアトレティコ・ミネイロの指揮官を解任されていたクルピ氏。66歳の名伯楽はブラジル『Globo』のインタビューで、「私のキャリアは終わりだ。もう十分だろう。これからは孫のお世話をしていく。まだ公式にはしていなかったが、(引退について)明かすのは始めてだ。もう66歳だ。十分、素晴らしかった」と語り、引退の決断について口にした。

現役時代に母国の数クラブでプレーしたクルピ氏は、1985年に指導者のキャリアをスタート。母国の様々なクラブを渡り歩くと、1997年にC大阪の監督に就任。1年でブラジルに戻って再び母国で多くのクラブを指揮したのち、2007年に10年ぶりにC大阪の監督に復帰した。

そして、C大阪では当時18歳だった香川真司を主軸に抜擢すると、着実にチームを強化。2009年には香川と共に乾貴士を軸としたチームを構築し、J2からJ1への復帰を果たした。2010年にJ1で3位にチームを導いたあと、2011年に家庭の事情で退任するも、2012年の夏に再び復帰。柿谷曜一朗や清武弘嗣、山口蛍、扇原貴宏、南野拓実など、数多くの名選手を指導してきた。2014年に母国に戻った後、2018年にはG大阪の指揮官に就任し、若手を積極的に起用したが、結果を残すことができずにシーズン途中で退任していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00010016-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576557346
続きを読む

【サッカー】<クロップ監督>南野拓実について多くを語らなかったものの、日本人の特徴に言及!香川への指導は「最高の経験」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/12/14(土) 07:33:52.41 ID:4pRFmU+X9.net

ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプール移籍が報じられる南野拓実について多くを語らなかったものの、日本人選手の特徴に関して口を開いた。

【動画】南野拓実、英紙でチーム最高評価…アンフィールドでスーパーボレー弾

今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で、台風の目になることを期待されたザルツブルクの主力として活躍した南野。アンフィールドでの一戦で1ゴールを挙げてサポーターを魅了すると、先日のリヴァプール戦でも大きなインパクトを残した。そして、CL最終節の翌日以降、イギリスメディアが一斉にリヴァプールが南野獲得に動くと報道し、一部では来冬の移籍が確実視されている。

そんな中、14日に行われるワトフォード戦前の会見に出席したクロップ監督は、その場にいた日本人記者が挙手した際、「なぜ君はここにいるんだ?」と冗談交じりに言及。さらに「私たちはこれから頻繁に会うことになるだろうね」と日本代表MFの獲得を示唆するような発言を残している。

南野についての質問には「今言えることは何もない」と移籍についてのコメントを控えた一方で、「彼はとても良い選手だと言うことができる。しかし、ザルツブルクにはまだまだ見たいと思える以上の選手が何人もいた」と言葉を選びながら言及した。

また、南野の代わりにドルトムント時代に指導した香川真司について問われた同指揮官は「彼のことは大好きだ。最高で、スマート。シンジとの仕事は大好きだったし、最高の経験だった」と話し、日本人選手の特徴について自身の見解を示した。

「なぜかって?シンジに会うまで日本人選手のことについてほとんど知らなかった。私たちは彼の映像を見て、そして契約したんだ。確信はなかったが、最初のトレーニングの後の控え室で、コーチみんなで“オーマイゴッド!スーパープレーヤーを獲得した”と言いながら抱き合ったよ」

「日本人選手の姿勢は素晴らしく、スマートだ。いつも本当に良いテクニックを持っていて、運動量も素晴らしく、本当にダイナミックで、ナイスガイだ。今でも彼のキャリアを追っている。最高の経験だった」

GOAL12/14(土) 7:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00010001-goal-soc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191214-00010001-goal-000-1-view.jpg

【サッカー】<複数の英メディア>リバプール、南野拓実を来年1月獲得合意と報道!移籍金10.4億円。ザルツブルクSDクラブ間交渉認める★6
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576233715/

【サッカー】<南野拓実獲得を進言したのは選手たち!>リヴァプール、セレッソ大阪時代から注目していた日本代表FWを1月獲得へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576207814/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576276432
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ