長友

【サッカー】“平成最後の怪物” 堂安律は一体何がすごいのか?本物のスターへ…長友の明るさと本田の強気をかねそなえた男

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★:2018/11/17(土) 15:19:02.48 ID:CAP_USER9.net

堂安律は、「平成最後の怪物」になるだろうか――。

森保一日本代表監督のスタートとなった9月のコスタリカ戦で代表デビューを果たすと、
アッという間に代表の右MFのポジションを確保し、10月のパラグアイ戦では代表初ゴールを決めた。
11月の2連戦にも招集され、今や中島翔哉、南野拓実とともに日本の攻撃の中軸になりつつある。
所属クラブのオランダ1部リーグのFCフローニンゲンでもリーグ戦12試合で3ゴールを挙げ、
欠かせない存在になっている。

本物のスターになるために必要なこと

クラブのエースであり、日本代表でも指定席を確保しつつあるが、
人気選手が本物のスター選手になっていくには、いくつか必要な要素がある。

一時代を築いた中田英寿、中村俊輔、本田圭佑に共通していたのは、質の高いプレーと結果で築き上げられたカリスマ性だ。

中田はペルージャから成り上がり、ASローマでは2001年、ユベントス戦で2ゴールを挙げ、スクデット獲得に貢献した。

中村はセルティックで2005年から3年連続優勝に貢献し、
2006年チャンピオンズリーグ、マンチェスターユナイテッド戦でのFKは今や伝説になっている。

本田は、2010年南アフリカW杯のカメルーン戦で決勝ゴールを挙げ、一気にブレイクした。
2013年にCSKAモスクワからACミランに移籍し、10番を背負った。

彼らは、誰かのコピーではなく、自分だけのカリスマ性を育んで輝く選手になった。
だが、彼らの本当の凄さは、そのカリスマ性を何年も継続したことだ。

堂安は、カリスマ性で言えば、スターの萌芽が膨らんできたところだ。

鋭いドリブル、左足の強烈なシュートを持ち、時折見せる的確なスルーパスは非常に質が高い。
卓越した技術に加え、いり乱れる選手の位置を把握し、わずかなスペースを見つける能力も高い。
立体的に認識しているので絶妙のパスを出したり、スペースを見つけて自ら仕掛け、決定的なシーンを作ることができるのだ。
そうした視野の広さは簡単の身に付くものではないが、堂安はボールを蹴るのと同じように身に付けている。

(以下略、記事全文はソースで)

・“伸び代”に期待できる

・長友の明るさと本田の強気をかねそなえた男

・「20歳でA代表は世界的に見ると早くない」

http://bunshun.jp/articles/-/9701


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542435542
続きを読む

【サッカー】<日本代表/中島・南野・堂安の新ビッグ3>4戦連続破壊力を示せるか?長友不在の守備の連係も注目/ベネズエラ戦プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 17:19:43.39 ID:CAP_USER9.net

予想フォーメーション
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181116-00010003-goal-001-view.jpg

屈強なフィジカルとテクニックのベネズエラ

来年1月に迫ったアジアカップ(UAE)で8年ぶり5回目のアジア王者を目指す日本代表。
本日11日16日に大分で開催されるキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦は、ビッグトーナメントを控えた数少ない調整の場となる。

森保一監督も「9、10月の戦いはベストなことにトライし、いい結果を得られたが、それが11月の試合に勝たせてくれるという保証にはならない。
今回も個の良さを出すことと、チームのクオリティを上げることの両方に選手たちにはトライしてほしい」と意気込みを新たにする。

FIFAランク29位のベネズエラは武藤嘉紀(ニューカッスル)の同僚FWサロモン・ロンドンらに象徴される通り、屈強なフィジカルを擁する選手が多いチーム。
ただ、そのフィジカル的長所を前面に押し出すのではなく、丁寧にボールをつないで組み立てるテクニカルなサッカーを志向する。
昨年のU-20ワールドカップ韓国大会準優勝の若い世代も台頭しており、タフな相手なのは間違いない。

引いて守る相手の多いアジアカップのシミュレーションにはなりづらい部分もあるが、決勝トーナメントで対峙するであろう韓国やオーストラリアなどを視野に入れた一戦としては有効だ。
アジアを制するためには、相手によって戦い方を変化させられる柔軟性が求められてくるだけに、今回のベネズエラ戦で日本の新たな一面を示せれば理想的なシナリオだ。

中島・南野・堂安の新ビッグ3は4戦連続破壊力を示せるか?長友不在の守備の連係も注目/ベネズエラ戦プレビュー
ベネズエラ戦予想フォーメーション(C)Goal
ウルグアイ戦のメンバー中心に先発の見込み
「ベネズエラ戦に関しては、今のところ(10月の)ウルグアイ戦のメンバーをベースに考えています」と指揮官も明言。今回は4-3で打ち勝ったタフな一戦の先発がほぼピッチに立つだろう。

GKは東口順昭(ガンバ大阪)、最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、冨安健洋(シントトロイデン)、吉田麻也(サウサンプトン)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、
ボランチは遠藤航(シントトロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)、2列目は右から堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、1トップ・大迫勇也(ブレーメン)という顔ぶれが有力視される。

肺気胸で離脱中の長友佑都(ガラタサライ)のポジション左SBは、森保監督の秘蔵っ子である佐々木が務める見通し。
今回初招集された山中亮輔(横浜F・マリノス)含めて、彼らで長友不在の穴をカバーできるのか否かはチェックしなければならない点だ。

センターバックに関しても、ウルグアイ戦は吉田と三浦弦太(G大阪)のコンビだったが、長身揃いの相手ディフェンス陣がリスタート攻撃時に上がってくることを考えると、
190cm近い吉田(189cm)冨安(188cm)のコンビを試しておきたいところ。冨安にとっては自らのミスで苦杯を喫した1年半前のU-20ワールドカップのリベンジの場となる。

吉田も同じプレミアリーグで戦うサロモン・ロンドンとの対戦ということで負けられない。「優れた選手というのはよく知っている」とロンドンも警戒心を口にしていただけに、2人のマッチアップは興味深い。
いずれにしても、ウルグアイ戦で3失点したことを忘れてはならない。今回はセットプレーの守備含めて完封を狙っていきたいもの。

>>2以降につづく

11/16(金) 11:53配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00010003-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181116-00010003-goal-000-view.jpg

2 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 17:20:00.43 ID:CAP_USER9.net

求められる多彩な攻撃バリエーション

一方、中盤の柴崎と遠藤航は攻守のいいバランスを保つことが肝要だ。特に柴崎は所属のヘタフェで出場機会に恵まれていないだけに、彼自身の状態が気になるところ。
「今、自分にできることはすべてやっている」と本人は言うものの、ウルグアイ戦では少し動きの重さが見えた。彼のところから攻撃のスイッチを入れるタテパスが入って初めて、新ビッグ3も生きてくる。
背番号7の戦術眼とゲームコントロール力にかいあらためてフォーカスしたい。

その彼がお膳立てする2列目トリオがこれまで3戦を超える輝きを示せるかどうかは、ベネズエラ戦最大の注目点と言っていい。
森保体制になってから南野が4点、堂安が1点、中島はゴールこそないが、数多くの得点機を演出している。

指揮官も「彼らが思い切ってプレーしてくれて、個の良さを出し、連係・連動やコンビネーションも考えながらいいプレーをしてくれている」と大きな手ごたえをつかんでいる様子だ。

とはいえ、本田圭佑(メルボルン)・岡崎慎司(レスター)・香川真司(ドルトムント)の「旧ビッグ3」もつねに爆発し続けたわけではない。
例えば、4年前の2015年アジアカップオーストラリア大会で、グループステージまでは3人が揃って得点を挙げていたものの、準々決勝・UAE戦で彼らに得点は生まれず、日本はPK負け。まさかの8強止まりに終わった。
新ビッグ3もいつ壁にぶつかるか分からないのだ。

「今はうまくいっているところが多いかもしれないけど、苦しくなってきた時に何ができるかだと思うし、大会になってみないと分からないところはある。親善試合は評価が難しいので、僕自身は周りの声は気にせず、しっかりプレーすることだけを意識しています」

4試合連続ゴールへの期待が懸かる南野も言うように、ここで自身を研ぎ澄ませておくことが肝要だろう。

「3人の長所はタテへの推進力。全員がつっかけてゴールへ迫って行ける」と遠藤航も語っていたが、その形を止められた時に違った引き出しや解決策を見せることもベネズエラ戦のテーマの1つではある。
1トップ・大迫を含めた攻撃陣には先々に希望を感じられるような多彩な攻撃バリエーションを強く求めたい。

「アジアカップにいい形でつなげていくためにも、まずは勝利という結果が大事。それと同時に内容にもこだわる必要がある」。2015年アジアカップの数少ない経験者である柴崎が強調した通り、
9・10月シリーズの勢いを持続しながら、森保体制4連勝を挙げること。まずはそこに注力してほしいものだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542356383
続きを読む

【サッカー】肺気胸で離脱の長友がコンヤスポル戦で復帰と地元紙

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/11/13(火) 18:52:38.26 ID:CAP_USER9.net

肺気胸の影響で離脱中のガラタサライ(トルコ)DF長友佑都が、23日のコンヤスポル戦で復帰する可能性が出てきた。

13日のトルコ紙ミリエットが伝えた。やはり離脱していたフェルナンド、エレンとともに、代表ウイークの期間中にピッチへ戻り、次回のホームで行われるコンヤスポル戦では試合に出場する予定になるという。

長友の状況について、テクニカルスタッフは常に詳細をチェック。試合に出るかどうかの最終的な判断は、選手自身が主導権を持って決めるとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00391101-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542102758
続きを読む

【バレー】FC東京が今季初勝利 長友「課題のサーブが走って自分たちのバレーができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:きりん ★:2018/11/12(月) 19:56:52.96 ID:CAP_USER9.net

バレー男子・FC東京は11月10日、東京・墨田総合体育館で大分三好ヴァイセアドラーに3-1(25-21、21-25、25-15、25-17)と、今シーズンリーグ戦初勝利を飾った。FC東京の長友は「自分たちのバレーができた」と勝利を喜んだ。試合後会見の主なやりとりは次の通り。

長友優麿
2セット目、チーム全体として硬かったのかなという印象が強い。2セット目が終わって、10分間の休憩の時に「もっと楽しんでやろう」と伝えた。3セット目以降、メンバーがころころ替わりながら、自分たちがずっと課題にしていたサーブが走って(うまくいって)、自分たちのバレーができたのが、今日の勝利の要因かなと思います。

手塚大
試合を通して、ミスが連続してしまうところもあったんですけど、そこで切り替えて、試合に集中して決めきれることができたので良かった。

――今シーズン初のホームゲーム。昨シーズンとの違いを、お二人に何か感じたことがありましたら教えてください?

長友:えーと…、変わったものは…、何か変わった?(と苦笑いしながら手塚選手を見る)ホームゲームをする前に、自分たちで墨田区の祭とかに参加し、今まで来たことない人たちの呼び込みをやってきた。ひょっとしたら来てくれているかもしれないですし、来てくれてないかもしれないですし。新しい人たちが観戦に来てくれていたら、変わっているところだと思います。あとはイベントのグッズだったり、今までと少し変えて、今回はスタッフ側じゃなくて選手側からも「こうしたらいいんじゃないか」という意見が結構バンバン出ていた。そういった意味では、選手とスタッフがホームゲームのために準備できたかなと思います。

――(手塚選手に)ありますか?

手塚:いや、ないです。すいません。

――今日まで3連敗していた。ホームゲームを前にどう臨んでいこうとしていたのか。お二人に。

長友:先週の堺戦からそうだったが、サーブのターゲットをしっかりと、そこに打てるように。練習の時から6(人)対6(人)の(試合形式の練習の)時も、そのターゲットの選手に打つ練習はずっとこの2週間やってきた。一番やってきたのはサーブ。今日は相手(大分三好)の4番(勝将哉)を狙っていくというのがあったので、そこは練習の成果が出たのかなと思います。
以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00010001-vbm-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542020212
続きを読む

【サッカー】<日本代表に食い込める逸材たち>長友の代わりはこの選手を呼べ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/06(火) 16:04:15.30 ID:CAP_USER9.net

森保一監督が率いるサッカー日本代表は11月16日に大分でベネズエラ、20日には豊田でキルギスと対戦する。今週発表されるメンバー選考を前に注目されるのは「左サイドバック」のチョイスだ。

 過去3大会のW杯に出場し、10月のウルグアイ戦でも健在ぶりをアピールした長友佑都(ガラタサライ)がUEFAチャンピオンズリーグで負傷し、肺気胸で離脱となった。手術は無事成功に終わったが復帰時期は未定となっている。

 また9月の合宿に招集された車屋紳太郎(川崎フロンターレ)も左のハムストリングを負傷しており、11月の代表選考では対象外となる見込みだ。森保監督の就任から続けて招集されている佐々木翔(サンフレッチェ広島)の選出は確実と見られるが、もう一人は新戦力がリストアップされそうだ。

 筆者が有力候補として想定しているのが杉岡大暉(湘南ベルマーレ)と山中亮輔(横浜F・マリノス)だ。さらにあげるなら松原后(清水エスパルス)か。3人ともにJリーグで実力を示しているが、A代表でのパフォーマンスは試してみないと分からない部分が多い。そのため森保監督が誰により可能性を感じ、当面の大目標である来年のアジアカップで戦力になると見るかでチョイスが決まって来るはずだ。

 森保監督の基準に照らし合わせるなら、一番有利なポジションにいるのは杉岡だろう。これまで東京五輪を目指すU-21日本代表でも継続的に招集されており、プレーの特徴やメンタル面がよくわかっているため、A代表と五輪代表を兼任する森保監督が計算しやすいことも大きい。

 指揮官は世代間の融合をコンセプトに掲げ、実際に堂安律(フローニンゲン)、冨安健洋(シントトロイデン)、伊藤達哉(ハンブルガーSV)といった東京五輪世代を招集してきたが、8月にインドネシアで行われたアジア大会にも出場した杉岡がこのタイミングでA代表に加われば、さらにそうした流れを進めることができる。

 20歳の杉岡は攻撃の推進力があり、守備のハードワークをベースにチャンスがあれば果敢に仕掛けて局面を打開する。左足のキック力の高さはルヴァン杯決勝のスーパーゴールでも証明済みだ。湘南では左ウィングバックでプレーしており、森保監督が“代名詞”でもある3-4-2-1をテストする場合にも格好のチョイスとなる。

 湘南のチョウ監督に植えつけられたファイティングスピリットは言わずもがな、守備の対人能力も高い。昨年のU-20W杯では4バックの左で奮闘した経験を持ち、対角線のクロスをはね返す強さもある。ただし、A代表での左サイドバックをどれだけこなせるかは未知数な部分が大きい。また同時に発表が予定されるU-21代表との兼ね合いも気になるところだ。

つづく

11/6(火) 16:00配信 アエラ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00000002-sasahi-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181106-00000002-sasahi-000-1-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/11/06(火) 16:04:25.45 ID:CAP_USER9.net

25歳の山中はもともと“超攻撃的な左サイドバック”として鳴らしていたが、今季はボールを動かして主導権を取るポステコグルー監督のもとで“偽サイドバック”のポジショニングを身につけ、アウトサイドからもインサイドからも仕掛けて直接チャンスに絡める打開力はA代表でも魅力だ。左足のシュート決定力は日本人随一だろう。リオ五輪を目指す代表で長く主力を担いながら怪我の影響もあり、最後に外れた苦い経験は“日の丸”の並々ならぬモチベーションに繋がっている。

 不安視されるのは守備面で、横浜FMのモンバエルツ前監督も山中がA代表の資質を十分に持つことを認めながらも、“ハリルジャパン”で代表に縁がなかった理由の可能性に守備のバランスをあげていた。ただし、ディフェンスの基礎能力が低いわけではなく、代表なりの攻守のバランスワークを意識して取り組めれば引き出しを増やすきかっけにもなりうる。

 22歳の松原は182cmの恵まれたサイズに加えて上下動ができ、4-4-2のゾーンをベースとする清水において、柔軟なスライドから体をはったディフェンスもできる。もともと攻撃的なポジションの選手であり、いざ攻め上がってからクロスに持ち込む能力も高い。インサイドでの決め手は杉岡や山中ほど無いが、アウトサイドで攻守にわたるハードワークと局面の強さを発揮できる選手だ。

 メンタルの強さも清水では定評があり、ピンチを救う体を張ったディフェンスに加え、劣勢時ほど機を見たオーバーラップで起死回生のチャンスを呼び込むこともある。サイドバックでありながらセットプレーの空中戦で“高さ”を発揮できることも強みだ。U-17、U-18での代表経験はあるが、杉岡や山中より“日の丸”に縁のないキャリアを歩んできている。このタイミングで森保ジャパンに選出されればサプライズではあるが、能力的にはいつ呼ばれてもおかしくない選手で、その意味では今回が好機とも言える。

 誰が選ばれても長友の経験値を補えるわけではない。杉岡か山中、あるいは松原の誰かがメンバーに名を連ねることが予想できるが、直近のアジアカップを見据えて経験が豊富な山本脩斗(鹿島アントラーズ)などが浮上してきてもおかしくない。若手にチャンスを与える意味では長友の不在をある種の“好機”と捉えることもできるが、森保監督の決断に注目だ。(文・河治良幸)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541487855
続きを読む

【サッカー】<森保ジャパン>長友代役に横浜FマリノスDF山中亮輔が浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/01(木) 18:26:31.63 ID:CAP_USER9.net

 森保ジャパンの左サイドバック(SB)候補に横浜MのDF山中亮輔(25)が浮上していることが31日、分かった。森保一監督(50)はシーズンを通して活躍するレフティーを高く評価しており、今月の親善試合(16日・ベネズエラ、20日・キルギス)に呼ぶことを検討しているもようだ。

 左SBは新戦力が必要な状況だ。10月16日のウルグアイ戦で先発したDF長友が肺気胸の手術を受け、当面は治療に専念。有力候補の川崎DF車屋も負傷明けで、万全なのは広島DF佐々木だけ。代役について指揮官は「これまで視察してきた中で他のスタッフと話して決めていきたい。上下動できる運動量に加えて、いい守備からいい攻撃に移っていける選手になると思う」と話している。

 そこで浮上したのが山中だ。今季横浜Mではここまでリーグ戦全30試合に出場。左足の正確なクロスと強烈なミドルシュートが武器で、SBながら4得点をマーク。セットプレーのキッカーも任されており、課題だった守備も改善している。

 他にも鹿島DF安西幸輝、湘南のU―21日本代表DF杉岡大暉らも候補に挙がっており、来月上旬の代表発表まで精力的に視察を重ねる予定。「11月もいろいろな選手を試していきたい」という指揮官が、長友の離脱を代表の底上げにつなげる。

11/1(木) 6:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000216-sph-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181031-00000216-sph-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541064391
続きを読む

【サッカー】森保ジャパン 長友ら負傷でルヴァン杯MVPの杉岡大暉を抜てき

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/11/01(木) 17:13:47.48 ID:CAP_USER9.net

11/1(木) 16:34配信
森保ジャパン 長友ら負傷でルヴァン杯MVP男抜てき

 サッカー日本代表の森保一監督(50)が、今月のA代表合宿で2020年東京五輪世代から、さらなる抜てきをもくろんでいる。

 指揮官は、11月の国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分)と同キルギス戦(20日、豊田)に向けた人選について「まだまだ選手は幅広く招集させてもらいたい」と語っており、U―21日本代表のDF杉岡大暉(20=湘南)を招集したい意向だ。すでに東京世代ではMF堂安律(20=フローニンゲン)とDF冨安健洋(19=シントトロイデン)をA代表でデビューさせており、実現すれば3人目の招集となる。

 杉岡は、高卒1年目の昨季からJ2で37試合に出場し、J1に舞台を移した今季も主力としてプレー。身長182センチとフィジカルに恵まれ、左SBには珍しい左利きだ。3バック時は左ストッパーや左ウイングバックもこなせる器用さもある。10月27日のルヴァンカップ決勝では決勝ゴールを決めてMVPに輝き、視察した森保監督が「もともとの堅実なプレーにプラスして得点を狙うところも成長している」と高く評価したほどだ。

 当初はU―21日本代表として11月にUAEで行われる国際親善大会に出場する可能性が高かったが、左SBの状況は一変した。DF長友佑都(32=ガタラサライ)は、10月24日(日本時間25日)の欧州チャンピオンズリーグ・シャルケ戦で肺気胸を発症したため来年1月のアジアカップ(UAE)すら出場が危ぶまれている。DF車屋紳太郎(26=川崎)も先月17日の練習中に負傷し、左太もも肉離れで全治3~4週間と診断された。

 相次ぐアクシデントは森保監督にとって痛手だが、結果的に自身の目指す世代間の融合がさらに進んでいきそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000034-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541060027
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>退院を報告!「破壊力抜群のエンジン積んで帰ってきます」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/01(木) 06:40:53.59 ID:CAP_USER9.net

肺気胸のため27日に胸腔(きょうくう)鏡手術を受けたガラタサライの日本代表DF長友が10月31日、自身のSNSで退院したことを報告した。

 「退院して家に帰ってきました。しっかりリハビリして破壊力抜群のエンジン積んで帰ってきます!」などとつづっている。患部は10月24日の欧州CLシャルケ戦で負傷。今後はリハビリに力を注ぐが、来年1月のアジア杯(UAE)出場は絶望的となっている。

11/1(木) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000048-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541022053
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ