長友

【サッカー】<長友佑都>伊メディアも高評価!「正しい姿勢で出場している」ガゼッタ「6」コッリエレ「6・5」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 17:00:21.84 ID:CAP_USER9.net

現地時間9月16日、インテルの長友佑都は、セリエA第4節のクロトーネ戦で途中出場し、クラブ通算200試合出場という記録を達成した。メモリアルゲームとなった一戦のパフォーマンスは、現地メディアからも好意的な評価を受けているようだ。
 
 前節スパル戦で新戦力ダウベルトにスタメンの座を譲った長友は、この日も2試合連続となるベンチスタート。だが、スコアレスで迎えた64分、そのダウベルトとの交代でピッチに立つと、82分の先制点につながるFKを獲得するなど貢献した。
 
 クラブの公式サイトで、長友は試合後に「このユニホームを着るのは、自分にとっていつだって大変名誉なことだ」と、200試合出場を喜びつつ、さらなる貢献に意気込んだ。
 
「こうやって続けていき、すべての試合で勝利を目指す。気合が入っているし、常に試合に出る準備は整えているよ。いつでも全力を尽くしたい。それが自分の姿勢であり、常に全力で仕事する」
 
 また、長友は、「ダウベルトも非常に良いプレーをしたし、素晴らしい選手」とライバルを配慮しつつ、「大切なのは勝ったということ」と勝利を喜んでいる。
 
 そのダウベルトは、イタリア・メディアから厳しい採点を下された。『スカイ・スポーツ』や『メディアセット』は5、『コッリエレ・デッラ・セーラ』や『calciomercato.com』、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』は5.5をつけている。
 
 対照的に、長友は高評価だ。メディアセットやcalciomercato.com、ガゼッタ・デッロ・スポルトが6、スカイ・スポーツやコッリエレ・デッラ・セーラ、コッリエレ・デッロ・スポルトは6.5と、多くのメディアで及第点以上の採点がついた。
 
 寸評でも、「先制点につながるFKを獲得するなど、うまく試合に入った」(コッリエレ・デッラ・セーラ)、「すぐに試合に入り込んだのは手柄。継続的にプッシュし、イバン・ペリシッチとうまく対話した」(calciomercato.com)、「正しい姿勢で試合に出場し、うまく守った。とてもポジティブだ」(コッリエレ・デッロ・スポルト)と、好意的なコメントが寄せられている。
 
 ルチアーノ・スパレッティ監督は試合後、精彩を欠いたダウベルトを擁護したが、この試合のパフォーマンスを受けて長友の今後の起用に変化があるか注目だ。なお、開幕4連勝を飾ったインテルは9月19日にボローニャと対戦する。

9/17(日) 15:05配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030085-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505635221
続きを読む

【サッカー】<インテルDF長友佑都のライバルDFにファンから早くも疑問の声>「本当にこんなのを2カ月も追っていたのか」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/12(火) 00:43:39.25 ID:CAP_USER9.net

インテルで日本代表DF長友佑都に代わり、今シーズン初先発を果たしたDFダルベルト・エンリケに対し、観客から不満の声が漏れた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日に伝えている。

インテルは10日のセリエA第3節において、昇格組のスパルと対戦。FWマウロ・イカルディのPKで先制に成功したインテルが2-0で勝利を収めた。この試合において輝きを放った新加入のセンターバック、DFミラン・シュクリニアルが称賛を受ける一方、左サイドバックのダルベルトは課題が浮き彫りとなった。

「ダルベルトは相手陣内奥までたどり着くことができず、守備ではマヌエル・ラザリを追走するのに苦労した。ドリブルでは2回抜かれ、6回クロスに持ち込まれた」と指摘している。観客席からは、「本当にこんなのを2カ月も追っていたのか」といった声や「ニースに2000万ユーロ(約26億円)も出したなんて」などとパフォーマンスに幻滅する意見が上がっていたと伝えている。

ただし、シュクリニアルが早々にインテルにフィットしたことについては、移籍金が2000万ユーロだけでなくFWジャンルカ・カプラーリの所有権も含まれており高額だった点や、加入が6月末と早かった点を考慮する必要があると言及。インテルは6月からダルベルトの獲得に向けて、ニースと交渉を行っていたものの、なかなか合意に至らず、加入が8月9日にずれ込んだ。「皆が絶賛するあの左足の真価が分かるまでにはまだ時間はある」と結論づけ、サポーターに辛抱を促している。長友との熾烈なポジション争いはますます注目が集まるところだ。

9/11(月) 19:35配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000026-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170911-00000026-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505144619
続きを読む

【ゲンダイ】ハリルの「必要不可欠な6人衆」 本田、香川、長友、岡崎、川島、吉田、長谷部はロシア行き確実

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 17:55:49.18 ID:CAP_USER9.net

日刊ゲンダイ 2017年9月4日

監督の話に耳を傾ける本田(C)Norio ROKUKAWA/0ffice La Strada

 ロシアW杯アジア最終予選最終節のサウジアラビア戦(日本時間6日午前2時30分キックオフ)に向け、試合会場のジッダに入ったハリルホジッチ日本代表は現地2日目(日本時間4日午前0時45分から)、1時間半のトレーニングを行った。

 W杯出場を決めた豪州戦(8月31日)は、先発したMF井手口(21=G大阪)、FW浅野(22=シュツットガルト)がゴールを決めた一方、二枚看板のFW本田(31=パチューカ)とMF香川(28=ドルトムント)が90分間、ベンチを温めていたことで世代交代を強烈に印象付けた。特に31歳の本田は年齢的な衰えに加えて、戦力外となったセリエAの名門ミランからメキシコに移籍した都落ち感も重なり、今度のサウジ戦が「日本代表としての最後のキャリアになるのでは?」という声も聞こえてくる。

 しかし、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏は、「ハリルホジッチ監督には《必要不可欠な6人衆》がおり、その中のひとりである本田は間違いなくロシアW杯メンバーに入るとみています」とこう続ける。

「本田、香川、そしてインテルDF長友、レスターFW岡崎、メスGK川島、サウサンプトンDF吉田、フランクフルトMF長谷部は、たとえ所属クラブで出番を失ったとしても、指揮官は必ずロシアに連れていくと決めています。オーストラリア戦の前の記者会見でハリルホジッチ監督が、コンディションが万全ではない本田、香川を選出するにあたって【存在していること自体が重要】と評しましたが、その言葉通りに高く評価しているのです。本田についてはオランダ、ロシア、イタリアでの海外経験値の高さもさることながら、長く日本代表の主軸としてプレーしたことで培ってきた【ここ一番で日本代表を救ってくれる選手】という厚い信頼感です。ハリルホジッチ監督の本田に対する思いは、就任当初から全く揺らいでいません」(六川氏)

 30歳オーバーの川島、長谷部、本田、岡崎に20歳代後半の吉田と香川がベテラン組を形成。これに浅野や井手口といった若手をうまく融合させることでチーム内の競争意識を活性化させ、全体の底上げを図りながらロシアに乗り込んでいく――というのが、ハリルホジッチ監督の描いている青写真である。

 この日の本田は練習メニューを順調に消化。コンディションが上向いていることをアピール。サウジ戦では出番が回ってきそうだ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/212845


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504515349
続きを読む

【サッカー】平愛梨、第1子妊娠 長友佑都がパパに

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 21:06:47.73 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表の長友佑都選手(30)が2日、自身のブログを更新。妻の平愛梨(が第1子を妊娠したことを報告した。

「この度、W杯出場に続き、嬉しい報告があります! 妻である愛梨のお腹に愛すべき大切な命を授かりました」と喜びの報告。「お腹の子供が無事に産まれて来てくれるように妻をサポートしていきます!」と決意するとともに「これからは今まで以上に責任と喜びを胸に、そして産まれてくる子供に会える期待を抱き歩んでいきます。これからも長友家を宜しくお願い致します」と力強く呼びかけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000329-oric-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504354007
続きを読む

【サッカー】世代交代を求める声に待ったをかける長友佑都 「真司や圭佑が出ていたら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/01(金) 05:56:36.66 ID:CAP_USER9.net

苦手としていたオーストラリア代表に快勝し、6大会連続となるW杯の出場権を獲得した日本代表。
これまでレギュラーだった選手たちが、最後までベンチを温め続けた試合後には、世代交代を求める声も聞かれた。
しかし、この試合でFW浅野拓磨の先制点をアシストしたDF長友佑都は、必ずしも世代交代が必要なのではないと説く。

的中したハリルホジッチ監督の選手起用

日本代表の先発メンバーが発表されたとき、多くの人が驚いただろう。
そこにはこれまで長らく日本代表を引っ張ってきた本田圭佑、香川真司の名前はなく、代わりに22歳の浅野拓磨、21歳の井手口陽介の名前があった。
一部で、この試合の結果によっては自身の進退問題にも発展すると報じられていたヴァイッド・ハリルホジッチの選択が明らかになると、「博打」「抜擢」といった言葉が配信された。

今回の代表メンバーを発表する会見でも、指揮官は若手を信頼して起用することの重要性を説いていた。
しかし、若手起用に関してネガティブな記憶が残っている人も多かったはずだ。
W杯アジア最終予選の第1節、ホームでのUAE戦では、先発で起用されたMF大島僚太が本来の力を発揮しきれず、相手にPKを与えるなど敗戦に関与していた。
浅野、井手口にとってこの試合はA代表デビュー戦ではなかったが、
経験が重視されるアジア最終予選という大舞台での先発起用が、失敗に終わっていれば批判は免れなかっただろう。

だが、ハリルホジッチ監督の采配は的中する。
ボールをつなぐことに執念を燃やすオーストラリアに対して、走力を生かして上下動を繰り返し、球際で戦い続ける浅野、井手口の存在は、抜群に効いていた。
連係面やクロスで右ウィングとしてのプレーに物足りないところもあった浅野だが、前半41分には、DF長友佑都からのクロスを受け、喉から手が出るほど欲しかった先制点を決めて見せた。
最後まで運動量の落ちなかった井手口は、終盤まで可能な限り高い位置まで飛び出して行き、相手にプレスをかけ続けた。
後半37分には途中出場していたMF原口元気が体を張ってつないだパスを受け、勝利を決定づける豪快なミドルシュートまで決めた。

相手の戦い方を分析し、しっかりとそれに応じた戦術と選手を用意したハリルホジッチ監督の手腕は、評価されるべきだろう。
あるいは「博打」「抜擢」とも評された采配は、もしかしたら本来、ハリルホジッチ監督がやりたかった、自身の目指す戦い方なのかもしれない。
試合後、記者会見に臨んだハリルホジッチ監督は、「プライベートで大きな問題があった」と質疑応答を受け付けずに、サウジアラビア戦後の退任さえほのめかした。
それでも冒頭では「私は若手を信頼して使うべきだと思っていますが、それが正しいことが示せたと思います。
日本のサッカーにとっても、良いことでしょう」と、プライドの滲む言葉を発している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00010000-victory-spo
9/1(金) 5:30配信

3 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/01(金) 05:58:12.13 ID:CAP_USER9.net

若い選手たちは新たな日本のスタイルを示したが

この試合は、今後、W杯に向けて準備を進める日本代表にとって、ターニングポイントとなるかもしれない。
相手にボールを保持させながら、プレッシングでミスを誘発して、ボールを奪ったら素早く攻め込む。
この戦い方は自分たちより強い相手と戦う上で、必要になってくる。
次節、日本にとっては消化試合となった敵地でのサウジアラビア戦でも、その戦い方に磨きをかけることになるかもしれない。

継続してこの戦い方を続けるのであれば、ボールテクニックに秀でる本田や香川よりも、ボールがないところでもハードワークを続けられる浅野、井手口の方が適任だろう。
過去8試合、W杯やW杯予選で一度も勝てなかったオーストラリアに完勝した後、このまま一気に世代交代を進めるべきではないかという声も、多くあがっていた。

そうした声に待ったをかけるのが、先制点をアシストした長友だ。
長友自身、「球際で戦える選手、1対1に強い選手、走れる選手があれだけ出ていて、こういうサッカーができました。
新たな日本のサッカーのスタイルが、もしかしたら確立されていくのかもしれません」と、この日の戦いぶりに大きな手ごたえを感じていた。

だが同時に、同年代の本田や香川が出ていたら、もっと違った戦い方ができていたとも主張する。
「若い選手たちがこれだけ頑張ってくれて、今日も結果を残せましたが、
真司や圭佑が出ていたら、もっと試合をコントロールできていただろうし、もっと落ち着かせる場面があったと思います。
結局、今日もオーストラリアにボールを持たれて、(パスを)回されるというシーンが、後半も含めてたくさんありました。
あそこで圭佑や真司がいたら、落ち着かせて、タメもできた。
もっと良いサッカーができていたのではないかと、個人的には思っています」と、持論を展開した。

完勝したオーストラリア戦の戦い方は、評価されるべきである。
しかし、だからといってこれまで積み重ねてきたものを、ゼロにする必要もないだろう。

長友は「両面とも大事」と言い、「若い選手たちがこれだけ頑張って、ベテランの僕らに刺激を与えてくれました。
今度は悔しい思いをした僕らが頑張る。チームとして、これが最高なんじゃないかな」と、チーム内の競争を歓迎した。
そして、最終的には23人の選手たちが状況に応じてバリエーションのある戦い方ができるようになることを、チームの目標に掲げた。

「相手からしたら、(バリエーションが多いのは)最悪ですよね。(ベンチで)真司も待っている。圭佑も待っている。
若い活きの良い選手たちも待っている。相手は誰がスタートから出てくるのかさえ、分からない状況でしょうからね。
オーストラリアも、今日のスタメンは読めなかったと思います。僕自身も読めていないくらいなので」(長友)

試合終了直後、キャプテンのMF長谷部誠は「ここにいる誰一人、W杯に行ける保証はありません」と、23の枠をめぐる争いが勃発することを強調していた。
同年代の本田、香川が90分をベンチで終える姿を目にした長友も「コンディションを重視する監督なので、僕自身もコンディションを落としたら、すぐに外されるでしょう。
今日はたまたま出られただけ。インテルに帰ったら、また厳しい競争が始まりますが、
それに勝って試合に出続けないと、日本代表でのプレーは難しいかなと感じています」と、気を引き締めた。

まだまだポテンシャルがあることを示した日本代表は、W杯までの残された期間で、どれだけ力を付けていけるだろうか。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504212996
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司>左FWで起用か!? 長友との “ONライン”でレッキー封じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 08:59:52.96 ID:CAP_USER9.net

「W杯アジア最終予選、日本-オーストラリア」(31日、埼玉スタジアム2002)

 サッカー日本代表は29日、勝てば6大会連続6度目の本大会出場が決まるオーストラリア戦に向け、さいたま市内で冒頭15分間をのぞく非公開練習を行った。オーストラリアの強烈なサイド攻撃対策としてFW岡崎慎司(31)=レスター=が左サイドに入る戦術もテストしたという。

 ハリルホジッチ監督は大一番に秘策を用意していた。この日行われた戦術練習では岡崎を左FWで起用。運動量に秀でた岡崎-長友の“ONライン”でオーストラリアのサイド攻撃を封じ込める。

 3-6-1布陣のオーストラリアはスピードのあるレッキー(ヘルタ)を配した右サイドが脅威となる。コンフェデ杯などを分析した結果、指揮官は解決策にたどり着いた。

 岡崎は「勝つしかない。深くは考えない」と本能をむき出しにし、長友は「中央はフィジカルが強いのでサイド勝負になる。3バックの裏を狙った速いカウンターが効く」と攻略のイメージを描く。

 代表通算50得点を刻んだ侍ストライカーは「持っている力を見せ付けて勝ちたい。W杯に行く資格があることを見せたい」と力強く言葉を結んだ。

8/30(水) 6:02配信 ディーリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000015-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170830-00000015-dal-000-2-view.jpg


岡崎“聖域弾”だ!右FW先発浮上「自分の出せる全てを出す」

8/30(水) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000019-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504051192
続きを読む

【サッカー】インテルSDが長友佑都先発の理由を指摘「ナガトモだって世界レベルの重要な選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 19:27:10.39 ID:CAP_USER9.net

インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は20日のセリエA開幕戦フィオレンティーナ戦(3-0でインテルが勝利)キックオフを前に、イタリアメディア『プレミアム・スポーツ』のインタビューに応じた。日本代表のDF長友佑都について言及している。

インテルは9日、ニースから左サイドバックを主戦場とする23歳のDFダルベルト・エンリケを獲得。ポジション争いでは当初、プレシーズンを通して好印象を残していた長友が一歩リードしていた。しかし長友が胃腸炎で欠場した12日の親善試合レアル・ベティス戦(1-0でインテルが勝利)でダルベルトが先発出場を果たすと、報道が逆転。イタリア複数メディアが新加入の若きサイドバックの開幕戦先発を予想する中、指揮官はベテランの長友を先発の座に据え、メディアを驚かせた。

アウジリオSDはスパレッティの選択について、戦術理解度を重視した采配であったと指摘し、自身の見解を示している。

「ダルベルト? 彼はたった4回しかチームと一緒に練習をしていない。加入してすぐに親善試合で起用されたのは、若者にインテルの雰囲気を感じさせるためでもあった。一方で、何カ月も前から監督と一緒に準備をしている選手たちがいる。特に守備面での戦術理解度は進んでいるわけで。だから監督は今回、ナガトモに託したのだろう。ナガトモだって世界レベルの重要な選手だよ」

なお、長友はフィオレンティーナ戦にフル出場。主将FWマウロ・イカルディへロングパスを送り、先制点につながるPKを誘引したほか、完封勝利に貢献している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000017-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503311230
続きを読む

【サッカー】<長友のライバルに移籍話浮上!>インテル新監督の信頼掴み、ポジション争いで優位に..地位は強固なものになることが予想

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/11(金) 17:56:23.06 ID:CAP_USER9.net

インテルの日本代表DF長友佑都と左サイドバックのレギュラーを昨季から争っているアルゼンチン人DFクリスティアン・アンサルディに移籍話が浮上している模様だ。イタリア紙「レプブリカ」が報じている。

 アンサルディは昨季にジェノアから加入し、一時は長友を抑えて完全にレギュラーの座を獲得していた。しかし、昨季終盤に負傷離脱したこともあり長友が復活。ルチアーノ・スパレッティ監督が就任した新シーズンに向けたプレシーズンマッチでも、長友がスタメン出場を重ねている。

 そうした状況に、一度はアンサルディを手放したジェノアが買い戻しを計画しているという。交渉が成立するとすれば期限付き移籍ともされているが、さらにアンサルディを獲得しようとするライバルも現れたという。

 それが、昨季に4位と躍進して今季はUEFAヨーロッパリーグを戦うアタランタ。かつてインテルの指揮も執ったジャンピエロ・ガスペッリーニ監督がアンサルディの獲得を熱望しているという。

 残り約3週間となった移籍市場でアンサルディが退団となれば、インテルでの長友の地位は強固なものになることが予想される。新シーズンに向けて放出候補と評価されていた長友だが、プレシーズンで新監督の信頼を掴みつつあり、ライバルとのポジション争いでは優位に立っている模様だ。

8/11(金) 15:20配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-00010009-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170811-00010009-soccermzw-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502441783
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ