長友

【サッカー】<長友佑都の“神ボディ”>現地トルコ紙も衝撃!筋骨隆々の肉体絶賛「ブルース・リー・長友」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/12(土) 06:52:30.27 ID:CAP_USER9.net

「動ける身体の結果」と綴る長友、自身のSNSで鍛え上げられた肉体を披露

写真
https://pbs.twimg.com/media/Dcl-VyVXcAIcTTf?format=jpg

トルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、これまで自身の公式ツイッターでトレーニング風景などを度々公開してきたが、7日には鍛え抜かれた上半身を惜しげもなく披露。割れた腹筋をはじめ、筋骨隆々の上半身姿にトルコ紙「ミッリイェト」は「ブルース・リー・長友」と報じている。

「ガラタサライの日本人選手であるユウト・ナガトモのSNSが大きな関心を集めた」と報じたのは、トルコ紙「ミッリイェト」だ。長友は自身の公式ツイッターで「魅せる身体ではなく、動ける身体の結果。日々の食トレやコンディションサポートに感謝」と綴る、上半身裸の写真を投稿した。

 同記事では「フィットネスルームで体を誇示した」と報じ、「まるでブルース・リーだ」というファンの声も伝えている。実際、返信欄では伝説のアクションスターであるブルース・リー、ジャッキー・チェン、そして長友の筋肉美を比較するような写真が貼られている。数々の神業で衝撃を与えてきたブルース・リーに比肩すると称賛された長友。その身体はもはや“神ボディ”とも言える高純度なもので、海外ファンにも高く評価されているようだ。

 長友はあくまで「動ける身体」を追求した結果と言い切っており、その後の投稿でも「またトレーニング動画載せます!」と意気込んでいる。「フィジカルモンスター」と称される男は、飽くなき探求心で高みを目指し続けていく。

フットボールZONE 5/11(金) 21:20
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00103275-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526075550
続きを読む

【サッカー】長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Glide Across The Line ★:2018/05/09(水) 07:12:00.72 ID:CAP_USER9.net

2018.5.8 13:31
長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180508/sci18050813310005-n1.html

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/305f56e6186bb3c5df3c772e68bc87a4/5B8F4C92/t51.2885-15/e35/31198424_187667408527404_5631192979688390656_n.jpg


 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が7日、ツイッターを更新し、インテルミラノ時代の旧友であるMFヴェスレイ・スナイデルと再会したことを報告した。

 スナイデルは、2009年夏から2013年冬にかけてインテルミラノに所属。2011年冬にチェゼーナからミラノへやって来た長友とは、2年間ともにプレーした。その後、スナイデルはガラタサライへ移籍。4年半にわたりトルコで活躍したのち、ニースを経て、現在はカタールのアル・ガラファでプレーしている。

 今年1月、ガラタサライからオファーを受けた長友はスナイデルに相談をして「考えずに行け。素晴らしいクラブで、素晴らしい街だ。きっと後悔しない」と後押しを受け、トルコ移籍が実現した経緯がある。その言葉通り、元インテルミラノDFは移籍後すぐにイスタンブールの環境に適応。レギュラーの座をつかみ、ロシア・ワールドカップへ向けて充実した日々を送る。

 長友は、イスタンブールを訪れた親友と5年ぶりの再会を果たしたことをSNSで報告。「親友スナイデル。5年ぶりの再会。最高の時間。楽しすぎた。また一緒にプレーしたい。何でこんなに気が合うんだ。笑 We had the wonderful time. (一緒に最高の時間を過ごしたよ)」と久々の再会を喜んだ。(以下ソース参照)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525817520
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>トルコ移籍は大正解!インテル時代以上に攻撃で存在感示し、ロシアW杯へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/08(火) 00:50:34.05 ID:CAP_USER9.net

ワールドカップが迫っている冬に移籍の判断を下すのは大きなリスクもあるが、ガラタサライに向かった日本代表DF長友佑都の選択は大正解だったと言えるのではないか。インテル愛を貫いてきた長友にとって移籍は厳しい判断だったはずだが、ここまではその判断が良い結果に繋がっていると言える。

トルコ『Fanatik』も長友が左サイドバックの問題を解決したと称え、特にアシストを決めた4月30日のベジクタシュ戦など今週は最も重要なパフォーマンスを披露している1人と捉えられている。すでにトルコのシュペル・リーグでは3アシストを記録しており、インテルに在籍していた頃よりも攻撃で存在感を発揮する機会は確実に増えている。

またチームが優勝争いをリードしていることも大きく、現在ガラタサライは勝ち点69を稼いで首位だ。2位のフェネルバフチェとは勝ち点差が3開いており、残り2試合を勝利で終えればガラタサライの優勝が決まる。セリエAに比べれば少しリーグの質は落ちるが、それでも優勝争いの緊張感を味わえるのは大きい。ワールドカップ前に貴重な経験を積むことができているのではないか。

日本代表は土壇場での監督交代もあって最終メンバーが予想しにくくなっているが、サイドバックは右の酒井宏樹、左の長友で固定されている。酒井も今季はヨーロッパリーグでファイナルまで駒を進めるなどマルセイユで最高のシーズンを過ごしており、長友とともにサイドバックは日本のストロングポイントとなるはずだ。

2018年5月7日 20時30分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14681554/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/b/1b993_1638_52f460c2_83423197.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525708234
続きを読む

【サッカー】長友佑都、約8億円でガラタサライに完全移籍へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ぴこぐらむ ★:2018/05/05(土) 18:34:38.14 ID:CAP_USER9.net

 トルコのガラタサライにレンタル移籍中の日本代表DF長友佑都が、所属のイタリア1部リーグのインテル・ミラノから600万ユーロ(約7億8000万円)で完全移籍することになりそうだ。5日付のコリエレ・デロ・スポルトが報じた。

 それによると、インテルはすでに来季に向けてのメルカート構想を練っており、譲渡する選手のリストを作成中だ。その中には今年1月、冬のメルカートでトルコに渡った長友の名前も含まれており、完全移籍した場合にはインテルには500万ユーロ(約6億5000万円)から600万ユーロ(約7億8000万円)が入るという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000114-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525512878
続きを読む

【サッカー】長友佑都は「日本のミラクル」 ピッチ内外での振る舞いを現地メディア絶賛 トルコ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/05/01(火) 16:10:27.07 ID:CAP_USER9.net

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/2/22c06_1610_2806bc23_0369a5e2.jpg


ベシクタシュとの上位対決で攻守に貢献 「パフォーマンスには拍手が送られた」

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、現地時間4月29日に行われたベシクタシュとのリーグ戦上位直接対決に先発フル出場。

 先制点のアシストを含む攻守にわたった貢献で高い評価を受け、トルコメディア「SABAH」では「ミラクル」と絶賛されている。

 首位を走っていたガラタサライは、本拠地で2位ベジクタシュと対戦。左サイドバックで先発した長友は、前半23分にオーバラップしてペナルティーエリア内でパスを受けると、左足でゴール前へクロスを供給。これに元マンチェスター・シティのブラジル人MFフェルナンドが合わせて先制ゴールが生まれた。

 先制アシストを決めた長友は、その後も奮闘。守備では対峙したポルトガル代表FWリカルド・クアレスマに自由を与えず、2-0での勝利に多大な貢献を示した。

 記事では、「日本のミラクル:ユウト・ナガトモ」という見出しで日本のダイナモが特集された。「ナガトモはフェルナンドの先制ゴールを導き、対戦相手のクアレスマを打ち負かした。その貢献とパフォーマンスには拍手が送られた」と絶賛されている。

 さらに専属シェフや理学療法士をつけていることを指摘し、「道徳とプロフェッショナリズムを持っている」とプレー以外にサッカーに臨む姿勢そのものを称えている。

 長友は「ワールドカップの11人に入るためにハードワークする日本人選手は、チームメイトからも好感を得ている」とピッチ内外で好印象。イタリアでも“お辞儀パフォーマンス”を定着させて同僚やファンから愛された男は、新天地トルコでも相変わらずの人気ぶりを発揮している。

2018年5月1日 14時20分
Football ZONE web
http://news.livedoor.com/article/detail/14656109/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525158627
続きを読む

【サッカー】長友佑都は「かなりの負けず嫌い」 妻との真剣勝負に勝利し「ドヤ顔」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/04/23(月) 14:12:02.01 ID:CAP_USER9.net

長友佑都さん・平愛梨さん夫妻
https://www.j-cast.com/assets_c/2018/04/news_20180423123731-thumb-autox380-136033.jpg


サッカー日本代表の長友佑都選手(31)が2018年4月22日、休日の過ごし方をツイッターで明かした。

妻との勝負でも勝ちにこだわる姿勢に、ファンらは「大人気ない(笑)」「ハンデもうちょっとあげて」などと冗談交じりにたしなめている。

■「妻とクロールでガチ勝負」

22日、長友さんが妻の平愛梨さん(33)とクロールで対決したことを明かした。

“「今日は久しぶりの休日で、家族でジムとプールへ。
妻とクロールでガチ勝負。
しっかりと勝利し、ドヤ顔です。笑」

上記の投稿には、30秒の動画がアップされている。動画は2人がプールの中で並んで立っているところから始まる。長友さんは平さんより少し遅れて泳ぎ始めるも、終盤で平さんを追い抜き、先にゴールした。

夫婦の仲睦まじい様子に「ラブラブ夫婦」「素敵」といった感想が寄せられる中、こんな声も。

“「かなりの負けず嫌いですね(笑)」
「ちょっとは手加減してー」
「大人げないね(笑)負けてあげないと」
「ハンデもうちょっとあげて...」

夫との勝負に敗れた平さんは同日、「初めて勝負 負けたやないかぃ!!」とツイートしている。

2018/4/23 12:43
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/04/23326806.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524460322
続きを読む

【サッカー】ミキッチが推奨する日本代表布陣 CF岡崎 中盤は長友、中村憲剛、山口蛍、酒井宏樹 リベロ長谷部 GK西川

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/04/14(土) 12:34:20.97 ID:CAP_USER9.net

3-4-2-1を推奨【画像:Football ZONE web】
https://amd.c.yimg.jp/im_siggMJLBpFmBSj5amc1TXyL2fQ---x900-y818-q90-exp3h-pril/amd/20180414-00010007-soccermzw-001-7-view.jpg

ゲームメーカー役として川崎の中村を“推薦”

 日本代表は5月14日にワールドカップ(W杯)予備登録メンバー35人の提出期限を迎える。同30日のガーナ戦を経て本大会登録メンバー23人が発表される見込みだが(提出期限は6月4日)、果たしてどのような顔ぶれが並ぶのか。クロアチア時代にUEFAチャンピオンズリーグを経験し、Jリーグ挑戦も10年目に突入するなど、日本と海外のサッカー事情に精通する湘南ベルマーレMFミキッチに、ロシアに連れていくべき選手を訊いた。

【写真】「なんて素晴らしい振る舞いだ!」と海外絶賛! 本田圭佑、ピッチに乱入した小さな女の子に“神対応”…ユニフォームを脱いでプレゼント

 日本が入ったグループHは、ポーランド(FIFAランク10位)、コロンビア(同16位)、セネガル(同28位)が同居する。決して油断はできないが、ミキッチは他グループに比べて恵まれた組み合わせだと話す。

「(W杯初出場の)1998年、2002年の日本代表とは全然違う。今は多くの選手がヨーロッパに出て、大舞台で強度の高い試合、クオリティーのある相手と常日頃対戦しているからね。ポーランドはベストチョイスだと思う。他の第1ポットの国(ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、フランス)に比べたら少し力が落ちる。初戦で当たるコロンビアもハメス(・ロドリゲス)という良い選手はいるけど、日本代表が手も足も出ないと驚くようなスーパーな存在はそこまでいない」

 いわゆる短期決戦のW杯で結果を出すには何が必要か。ミキッチに「連れていきたい選手」を問うと、すぐさまJリーグの顔である37歳の司令塔を“指名”した。

「ケンゴ・ナカムラ。年齢は別にして、単純に力を見れば彼は行くべきだと思う。代表に相応しい選手だ」

浅野のスピードは「ジョーカーとして必要」

 川崎フロンターレ一筋16年目のMF中村憲剛は、連覇を目指す今季も6試合で1得点3アシストと攻撃を牽引。2016年には歴代最年長の36歳でリーグMVPに輝くなど、年齢を重ねるごとに円熟味を増している。

「特に素晴らしいのは、この2年がキャリアの中で最も素晴らしいプレーをしていること。(37歳で)いまだにトップフォームを保っている。日本代表にはゲームメーカーが必要だ。ケンゴはその能力が最も高いし、ただ単にボールを持った時に上手いだけでなく、走れる選手だという点も忘れてはいけない」

 そして、もう一人名前を挙げたのがシュツットガルトFW浅野拓磨だ。日本が誇る韋駄天アタッカーはドイツ2年目の今季、控えに甘んじて所属クラブでの出場機会が激減。3月の欧州遠征でもそれが原因でメンバーから落選している。しかし、サンフレッチェ広島で3年半ともにプレーしたミキッチは、浅野の能力が日本には必要だと力説する。

「タクマはジョーカーとして必要だ。途中出場する選手は最後の数十分で流れを変える役割だけど、そのエネルギーが彼にはある。タクマのスピードはチームを勢いに乗せるし、すごく重要だと思う。ただ、使う場所はサイドではなくトップ(センターフォワード)。彼の力はそこで一番発揮されるからね」

以下略
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180414-00010007-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523676860
続きを読む

【サッカー】西野ジャパン誕生で本田、長友、香川、岡崎の“ビッグ4”復権

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/04/10(火) 17:35:33.00 ID:CAP_USER9.net

4/10(火) 16:43配信
西野ジャパン誕生で本田、長友、香川、岡崎の“ビッグ4”復権

 西野ジャパンの誕生で“現状打破”だ。9日に電撃発表されたサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、現技術委員長の西野朗氏(63)の新監督就任は日本中に大きな驚きを呼んだ。西野新監督はW杯本大会までわずか2か月間で新チームをつくり上げることになるが、その期待値は高い。FW本田圭佑(31=パチューカ)ら“ビッグ4”が主軸として復権する見込みで、スター軍団として本番に臨むことになるからだ。

 ハリルホジッチ監督更迭という非常事態で、新たな指揮官に指名されたのは西野氏だった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は「非常に厳しい決断でしたが、1、2%でもW杯で飛躍できる可能性にかけ、今回の監督交代を決めました。W杯まで2か月と時間がなく内部昇格しかないと。日本サッカーの英知を結集すべき時と考えています」と説明した。

 西野氏といえば、1996年アトランタ五輪に臨んだ男子代表を指揮。MF中田英寿、MF前園真聖らを擁し、サッカー大国ブラジルから大金星を挙げた「マイアミの奇跡」を演出した。J1G大阪の監督時代にも2008年のアジアチャンピオンズリーグ制覇をはじめ数々のタイトルを獲得し、J1最多の270勝を誇る名将だ。

 では、2か月後に迫るロシアW杯に向けてどんなチームをつくるのだろうか。J1クラブの強化担当は「緊急事態だから、実績のある選手が代表に戻ってくるんじゃないか。中でも岡崎(慎司=31、レスター)や本田は軸になれる選手。W杯まで短期間でチームをつくらなければいけないから、軸は固定したほうがいいしね」と分析した。

 ハリルジャパンではしばらく招集されなかった“侍ストライカー”と、3月の欧州遠征で半年ぶりに復帰した元エースの本田に加え、10番を背負ってきたMF香川真司(29=ドルトムント)にDF長友佑都(31=ガラタサライ)と、欧州で結果を残した“ビッグ4”を中心に西野ジャパンを構築していくことになる。

 一方、西野氏自身も五輪代表では甘いマスクもあって選手たちから「プリンス」と呼ばれたスター監督だ。当時はテレビCMに出演したほどで、田嶋会長が「(早稲田)大学時代の西野さんはいつも後ろに200人くらいの追っかけ女性たちがいた。(筑波大の)僕はせいぜい20人くらい」とかつて話していたように、日本サッカー界では異例の人気ぶりだった。

 ハリルジャパンは成績不振で試合内容も低調だった上に、テレビ視聴率が低迷。ファン、サポーターからの支持もまったく得られない“不人気チーム”だった。しかし西野ジャパンは、この2か月で一気にスター軍団へと生まれ変わるのは間違いないだろう。

 西野氏は9日、協会を通じて「このような状況になったことについて、技術委員長として責任を感じています。自分の立場を考えるのではなく、現状況を打破することが第一義だと判断し、日本代表の指揮を執ることにしました。全身全霊で取り組んでいきます」とのコメントを発表した。

 新チームの指導は5月中旬となるが、再スタートを前に日本代表の人気回復は確実。あとはピッチでどんなサッカーを見せられるのか。

 ☆にしの・あきら 1955年4月7日生まれ。埼玉県出身。早大時代から日本代表に選ばれ、日立製作所(現J1柏)でプレー。96年アトランタ五輪では日本を率い、ブラジルを破る金星を挙げた。G大阪で2005年のJ1優勝、08年のアジアチャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトルを獲得したのをはじめ、柏、名古屋などの監督としてJ1最多の270勝を誇る。16年3月から日本サッカー協会の技術委員長を務めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000029-tospoweb-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180410-00000029-tospoweb-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523349333
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ