日本代表

【サッカー】<日本サッカー協会>2019年の日程を発表!日本代表のコパ・アメリカ参戦決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/11(火) 17:56:50.70 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)が11日、日本代表に関する2019年の日程を発表した。

 まず、1月5日から2月1日まではAFCアジアカップUAE2019が開催される。グループステージでは1月9日にトルクメニスタン代表と、1月13日にオマーン代表と、1月17日にウズベキスタン代表とそれぞれ対戦する予定だ。

 3月22日には日産スタジアム、3月26日にはノエビアスタジアム神戸、6月5日には豊田スタジアム、6月9日にはひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップが開催される。6月14日から7月7日までブラジルで開催されるコパ・アメリカには日本代表も参戦する。

 9月2日から9月10日、10月7日から10月15日、11月11日から11月19日まではFIFAインターナショナルウィンドウの期間となり、12月10日から12月18日までは韓国で開催されるEAFF E-1 サッカー選手権大会に参加することになる。

2018.12.11フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00300736-footballc-socc

写真
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/11/181120_japan_tnk.jpg


2 名前:Egg ★:2018/12/11(火) 17:57:17.19 ID:CAP_USER9.net

【日本代表】

 ▼1月5日~2月1日 アジア杯(UAE)

 ▼3月22日 キリンチャレンジ杯(日産ス)

 ▼3月26日 キリンチャレンジ杯(ノエスタ)

 ▼6月5日 キリンチャレンジ杯(豊田ス)

 ▼6月9日 キリンチャレンジ杯(宮城)

 ▼6月14日~7月7日 南米選手権(ブラジル)

 ▼9月2~10日 インターナショナルウィンドー

 ▼10月7~15日 インターナショナルウィンドー

 ▼11月11~19日 インターナショナルウィンドー

 ▼12月10~18日 東アジアE―1選手権(韓国)

※9、10、11月はカタールW杯アジア予選が開催予定

 【U―22日本代表】

 ▼3月22~26日 U―23アジア選手権予選(ミャンマー)

 ▼5月29日~6月16日 海外遠征(フランス)

 ▼9月2~11日 海外遠征(未定)

 ▼10月7~16日 海外遠征(未定)

 ▼11月17日 国際親善試合(Eスタ)

 ▼12月28日 国際親善試合(トラスタ)

 【U―20日本代表】

 ▼1月下旬 合宿(未定)

 ▼3月17~26日 海外遠征(未定)

 ▼4月14~16日 合宿(未定)

 ▼5月25~6月16日 U―20W杯(ポーランド)

 【U―18日本代表】

 ▼2月2~10日 海外遠征(スペイン)

 ▼3月17~26日 海外遠征(UAE)

 ▼5月中旬 合宿(未定)

 ▼6月5~14日 海外遠征(ポルトガル)

 8月8~11日 SBS杯(静岡)

 ▼9月2~10日 海外遠征(未定)

 ▼9月28日~10月7日 U―19アジア選手権予選(未定)

 ▼12月中旬 海外遠征(未定)

 【U―17日本代表】

 ▼2月17~26日 スポーツフォートゥモロー南米大会(チリ)

 ▼3月17~21日 合宿(未定)

 ▼5月6~14日 海外遠征(未定)

 ▼6月3~5日 合宿(未定)

 ▼7月13~15日 国際ユースサッカー(新潟)

 ▼9月2~10日 海外遠征(未定)

 ▼10月5~28日 U―17W杯(ペルー)

 【U―16日本代表】

 ▼4月13~23日 海外遠征(未定)

 ▼6月12~16日 U―16インターナショナルドリームカップ(ユアスタ)

 ▼12月中旬 海外遠征(未定)

 【U―15日本代表】

 ▼2月11~15日 合宿(未定)

 ▼4月23日~5月6日 デッレナツィオーニトーナメント(イタリア)

 ▼5月27~29日 合宿(未定)

 ▼6月30日~7月8日 海外遠征(未定)

 ▼8月4~7日 合宿(未定)

 ▼9月14~23日 U―16アジア選手権予選(未定)

 ▼10月28日~11月5日 海外遠征(未定)

 ▼12月8~11日 合宿(未定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000120-sph-socc

18 名前:Egg ★:2018/12/11(火) 18:02:38.54 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)が11日、日本代表に関する2019年の日程を発表した。この会見の中で、関塚隆技術委員長もコメントしている。

 コパ・アメリカがA代表になっているが、どういった編成で臨むのか。U-22代表は森保さんが直接指揮をとる機会が少ないが、五輪前年になる。どういう形で直接指揮をとる機会を増やすのかといった質問に対して関塚氏は「森保監督が兼任ということで、非常にスケジュール的にはA代表活動が中心になるのでどうしても重なってきます。今年はしっかり3つの大会で戦い方はコーチングスタッフや選手に浸透してきていると思います。この成長を2020年につなげていくために、最大限の形をこれからも模索しながら続けていきたい」と答えた。

 コパ・アメリカに関しては「A代表でいきます」と語り「これから選手選考を詰めていきますが、しっかりとしたA代表を作って臨みたいと思っています。U-22は3月にアジア選手権が重なってきますが、その後のところでしっかりと2020年につなげていきたいと思っています」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00300750-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544518610
続きを読む

【カーリング】W杯 女子日本代表のロコ・ソラーレが韓国に勝って初優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:muffin ★:2018/12/10(月) 15:48:50.37 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181210/k10011741551000.html
2018年12月10日 12時17分

今シーズンから新しく始まったカーリングのワールドカップの第2戦がアメリカで行われ、女子の日本代表として出場したロコ・ソラーレが決勝で韓国に勝って、ワールドカップで初めて優勝しました。

カーリングのワールドカップは今シーズンから新しく始まった大会で、世界ランキングの上位チームなど合わせて8チームが出場します。

女子の日本代表は、ことし2月にピョンチャンオリンピックで銅メダルを獲得したロコ・ソラーレで、アメリカのネブラスカ州で行われた第2戦で9日の決勝に臨み、先月のパシフィックアジア選手権で敗れた韓国と対戦しました。

ロコ・ソラーレは2点リードの第2エンドに4点を失って逆転され、その後は点を取り合う展開になりました。

1点を追う最終の第8エンドは不利な先攻ながら2点をスチールして逆転し、7対6で勝ってワールドカップで初めて優勝しました。

ワールドカップの第3戦は来年1月から2月にかけてスウェーデンで行われ、それぞれの優勝チームなどが来年5月に中国の北京で行われるグランドファイナルに出場します。

https://stat.ameba.jp/user_images/20181210/13/loco-log/74/91/j/o0800045014318427239.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20181210/13/loco-log/84/6b/j/o0800045014318427243.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20181210/13/loco-log/bc/ea/j/o0800045014318427238.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20181210/13/loco-log/ad/44/j/o0800045014318427251.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544424530
続きを読む

【サッカー】<川崎フロンターレ>C大阪の元日本代表MF山村和也の獲得決定的 三度目オファーで決断 両クラブに意思伝える

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/10(月) 06:18:02.99 ID:CAP_USER9.net

リーグ連覇を達成した川崎Fが、C大阪の元日本代表MF山村和也(29)を獲得することが9日までに決定的となった。
複数の関係者によれば山村は新天地での新たな挑戦を決断。既に両クラブに対してその旨を伝えたという。

川崎Fは過去に流通経大時代を含め2度のオファーを出しており、今回はまさに三度目の正直での獲得となった。
1メートル86の長身を誇る山村は本職のボランチのほか、トップ下、センターバックも高いレベルでこなすユーティリティープレーヤーで
トップ下にコンバートされた昨季は自身最多の8得点。

その点も高く評価する川崎Fはリーグ3連覇も懸かる来季へ、補強の目玉として白羽の矢を立てていた。

12/10(月) 5:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000007-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181210-00000007-spnannex-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544390282
続きを読む

【サッカー】元日本代表FWハーフナーが来季タイ期限付き移籍へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/10(月) 06:04:44.78 ID:CAP_USER9.net

J1神戸で仙台に期限付き移籍していた元日本代表FWハーフナー・マイク(31)が、
来季はタイ1部バンコク・ユナイテッドへの期限付き移籍が濃厚となっていることが9日、分かった。

複数の関係者によると、今季リーグ2位のバンコク・ユナイテッドはかねて194センチの長身を生かした空中戦に定評のあるハーフナーを高く評価。
来年2月にアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフを控えるなど前線の補強は急務で、昨冬に続く2年連続のオファーに至ったという。

17年夏に神戸へ加入し、約5年半ぶりの日本復帰を果たしたハーフナーは今夏から仙台に期限付き移籍。今季リーグ戦では10試合2得点だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000031-dal-socc
12/10(月) 6:01配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/600040/238
成績


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544389484
続きを読む

【サッカー】Jクラブ注目の桐光学園2年生エース西川潤がU-19日本代表入り!! 久保建英、斉藤光毅とともに飛び級選出!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/08(土) 12:26:40.56 ID:CAP_USER9.net

12月13日からのブラジル遠征に参戦。21日にU-19ブラジル代表と激突!
日本サッカー協会は12月7日、同13日に出発するU-19日本代表のブラジル遠征メンバーを発表した。

メンバーには、9月に開催されたU-16アジア選手権でMVPを獲得して日本の優勝に貢献した桐光学園高の2年生エース、FW西川潤が初選出され、久保建英(横浜)、斉藤光毅(横浜FCユース)とともに飛び級選出となった。
西川は今冬の高校サッカー選手権にも神奈川代表として出場。2020年シーズンの新卒加入を見込んで、多数のJクラブも注目する逸材だ。

その他には10月のU-19アジア選手権に参加したGK谷晃生(G大阪)、DF橋岡大樹(浦和)、齊藤未月(湘南)、田川亨介(鳥栖)などが選ばれたほか、筑波大の角田涼太朗が大学生として唯一選ばれている。

U-19日本代表のブラジル遠征メンバーは以下の通り。
 

GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷 晃生(ガンバ大阪)
 
DF
橋岡大樹(浦和レッズ)
宮本駿晃(柏レイソル)
角田涼太朗(筑波大)
川井 歩(サンフレッチェ広島)
瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)
菅原由勢(名古屋グランパスU-18)
小林友希(ヴィッセル神戸U-18)
 
MF
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
中島元彦(セレッソ大阪)
郷家友太(ヴィッセル神戸)
山田康太(横浜F・マリノス)
平川 怜(FC東京)
斉藤光毅(横浜FCユース)
西川 潤(桐光学園高)
 
FW
田川亨介(サガン鳥栖)
宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
中村敬斗(ガンバ大阪)
久保建英(横浜F・マリノス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181208-00051226-sdigestw-socc
12/8(土) 11:14配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/252000/251686/news_251686_1.jpg
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/soccermama2018/wp-content/uploads/2018/07/03004432/5a3144f4db765ac100e6cee3a32efee5-480x640.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544239600
続きを読む

【サッカー】鹿児島 元日本代表MF稲本潤一(39)獲り!来季J2昇格元年の目玉に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/08(土) 07:29:00.80 ID:CAP_USER9.net

来季J2に昇格する鹿児島が7日、元日本代表MF稲本潤一(39)の獲得に動いていることが分かった。
複数の関係者が明かした。

鹿児島は札幌との契約を満了した稲本をリストアップ。
出身地は大阪だが、生まれが鹿児島県姶良郡湧水町で“地元”であるのも大きな要因だという。
今季J3で2位に入り来季の昇格を決めたチームは若い選手が多く、豊富な経験を還元してもらいたいと考えている。
また、日本代表だけでなく、欧州のさまざまなクラブでプレーしたこともあり、昇格元年の目玉選手として期待しているという。

稲本は札幌退団の際に、クラブを通じて「まだまだ現役でやるつもりなのでどこかで会えれば声をかけてください」とコメントしている。
本人は関東のクラブでのプレーを希望しており、今後は他のクラブも獲得に動く可能性がある。
02、06、10年と3大会W杯に出場したボランチの行方は注目を集めそうだ。

 ◆稲本 潤一(いなもと・じゅんいち)1979年9月18日、鹿児島県生まれ。39歳。
G大阪ユースから97年にトップ昇格。
ユース時代に当時J1最年少となる17歳6か月25日で出場を果たした。
その後はアーセナル、フラム、フランクフルト、レンヌなどでプレーし、2010年に川崎に加入。
15年から札幌でプレーしていた。
99年世界ユース選手権(現U―20W杯)準優勝メンバー。
02、06、10年W杯代表。国際Aマッチ通算82試合5得点。妻はモデルの田中美保。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000324-sph-socc
12/8(土) 6:08配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544221740
続きを読む

【サッカー】<来季J2に昇格する鹿児島ユナイテッドFC>元日本代表MF稲本潤一獲り!本人は関東のクラブでのプレーを希望

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/08(土) 06:15:19.91 ID:CAP_USER9.net

来季J2に昇格する鹿児島が7日、元日本代表MF稲本潤一(39)の獲得に動いていることが分かった。複数の関係者が明かした。

鹿児島は札幌との契約を満了した稲本をリストアップ。出身地は大阪だが、生まれが鹿児島県姶良郡湧水町で“地元”であるのも大きな要因だという。
今季J3で2位に入り来季の昇格を決めたチームは若い選手が多く、豊富な経験を還元してもらいたいと考えている。
また、日本代表だけでなく、欧州のさまざまなクラブでプレーしたこともあり、昇格元年の目玉選手として期待しているという。

稲本は札幌退団の際に、クラブを通じて「まだまだ現役でやるつもりなのでどこかで会えれば声をかけてください」とコメントしている。
本人は関東のクラブでのプレーを希望しており、今後は他のクラブも獲得に動く可能性がある。02、06、10年と3大会W杯に出場したボランチの行方は注目を集めそうだ。

◆稲本 潤一(いなもと・じゅんいち)1979年9月18日、鹿児島県生まれ。39歳。G大阪ユースから97年にトップ昇格。ユース時代に当時J1最年少となる17歳6か月25日で出場を果たした。
その後はアーセナル、フラム、フランクフルト、レンヌなどでプレーし、2010年に川崎に加入。15年から札幌でプレーしていた。99年世界ユース選手権(現U―20W杯)準優勝メンバー。
02、06、10年W杯代表。国際Aマッチ通算82試合5得点。妻はモデルの田中美保。

12/8(土) 6:08配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000324-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181207-00000324-sph-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544217319
続きを読む

【サッカー】<日本代表の夢を打ち砕いたベルギー戦>「14秒のプレー」NHKがオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し徹底検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/07(金) 22:11:38.08 ID:CAP_USER9.net

ロシア「ロストフアリーナ」でおこなわれた、サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本代表対ベルギー代表戦(7月2日)。
日本サッカー史上初のベスト8進出の夢を打ち砕いた14秒のプレーについて、『NHKスペシャル』が追った。

W杯開幕前のFIFAランキングでは、日本代表の61位に対して、ベルギーは3位。MFエデン・アザール、MFケヴィン・デ・ブライネ、FWロメルー・ルカク、GKティボ・クルトゥワら、
黄金世代が全盛期で、欧州予選を9勝1分という圧倒的な強さで勝ち抜き、優勝候補に。本大会でも予選グループGを3戦全勝と首位通過し、前評判通りの強さを見せつけた。

しかし、いざ試合が始まると、日本代表は大善戦。序盤から高い位置から積極的にプレスを仕掛け、後半に入ると原口元気と乾貴士が立て続けにゴール(48分、52分)を決め、
一時は2-0とベルギー代表をリード。慌ててベルギーは選手を交代、猛攻を仕掛けることとなる。瞬く間にスコアをタイに戻された日本代表。
そして、終了間際のアディショナルタイムに、あの14秒のプレーに襲われることとなる。

そのプレーの発端は、ベルギー陣内でおこなわれた日本代表によるコーナーキック。蹴るのは途中出場の本田圭佑。
W杯というガチンコの大会で、強国をあと一歩まで追い詰め、あと1点とれば夢のベスト8という場面。

しかし、空中を舞ったボールは、GKクルトワの手に収められ、すぐさまMFデ・ブライネへ。約50メートルのドリブル後、DFトーマス・ムニエへパス。
そして、ムニエのクロスに、ルカクはシュートせずにスルー。最後に走り込んだFWナセル・シャドリがゴールにボールを叩き込んだ。

番組では、長谷部誠、長友佑都、ルカク、クルトワら両チームの選手のほか、かつての日本代表を率いたオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し、
この「14秒のプレー」がどう生まれたのかを検証。浮かび上がってきたのは、一瞬のうちに交錯した判断と世界最高峰の技術、そして、この瞬間に至るまでの巧妙な罠(わな)と意外な伏線・・・。

この一戦に人生を賭けた男たちが、全力を尽くしたからこそ生まれた14秒のドラマだった。この模様は12月8日・夜9時から放送される。

12/7(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00053551-lmaga-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544188298
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ