日本代表

【サッカー】英メディアが「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表 アジアからは日本代表戦士を選出 「最高品質のエンジンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆がーる ★:2018/08/16(木) 05:38:26.97 ID:CAP_USER9.net

英国の人気サッカーサイト『HITC』が「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表した。公式ツイッターによるファン投票を交えながら、アルフィー・ポッツ・ハーマー記者が選定。なんと同メディアが厳選した“アジア最優秀”は、ハンブルガーSV所属の元日本代表SB酒井高徳だった。
 
 同記者はこんな寸評を添えている。
 
「アジアは全7大陸の中でももっとも選択が難しいエリアだった。イランは伝統的に守備が固く、日本と韓国は個の能力が秀でた守備者が数多い。韓国ならパク・チュホとキム・ジンス、日本ならユウト・ナガトモ(長友佑都)、マヤ・ヨシダ(吉田麻也)、ヒロキ・サカイ(酒井宏樹)の名が挙がって然りだろう。だが私はあえてゴウトク・サカイを選ぶ。ニューヨーク生まれで日本人の母とドイツ人の父を持つサイドバックは、日本代表として42キャップを刻み、ロシア・ワールドカップ終了後に27歳の若さで代表引退を表明した。ディフェンダーとしての汎用性とハードワークが特筆に値する、まさに最高品質のエンジンだからだ」
 
 シュツットガルトで始まったブンデスリーガでの戦いも、今季で8年目。名門ハンブルクを1年で1部に返り咲かせるべく、2018-19シーズンはキャリアを通して初めて2部リーグでの戦いに身を投じている。
 
 南米大陸からウルグアイ代表のディエゴ・ゴディンを、欧州大陸からはスペイン代表のセルヒオ・ラモスを選出しており、単なる独断と偏見のセレクトではないようだ。ただし、7番目の「南極大陸」は問題だろう。ロジャー・フィルンという知る人ぞ知る名手を紹介しているが、正体はペンギンというオチなのである。

以下が、ハーマー記者の選んだ7大陸のベストDFたちだ。
 
[アジア大陸]
酒井高徳(元日本代表/ハンブルク)
 
[アフリカ大陸]
カリドゥ・クリバリ(セネガル代表/ナポリ)
 
[ヨーロッパ大陸]
セルヒオ・ラモス(スペイン代表/R・マドリー)
 
[南米大陸]
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表/A・マドリー)
 
[北米大陸]
ジョン・ブルックス(アメリカ代表/ヴォルフスブルク)
 
[豪州・オセアニア大陸]
ウィンストン・リード(ニュージーランド代表/ウェストハム)
 
[南極大陸]
ロジャ-・フィルン(所属不明)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045742-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534365506
続きを読む

【サッカー】<もっと私をもてなせよ!>夫・宇佐美貴史の愚痴噴出の妻に、視聴者ドン引き!「日本代表の妻なのに」「ありえない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/15(水) 15:21:20.42 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表のサッカー日本代表・宇佐美貴史選手の妻で女優の宇佐美蘭が14日にトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、夫の愚痴を披露し、ネット上で物議を醸している。

 この日は「ややこし夫VSイライラ妻」として、スタジオに登場したゲストがお互いの夫・妻に関するトークを展開。そんな中、「イラッとくる夫の言動」というトークテーマで話を振られた宇佐美蘭は「主人が、海外旅行が嫌い」とコメント。宇佐美選手は現在ドイツのサッカーチームでプレーしており、車で海外旅行に行ける環境にあるものの、全く行こうとしないところにイライラすると話した。

 さらに、宇佐美蘭は「オフの日ぐらい楽しませろって思うじゃないですか。もっと私をもてなせよって思うんですよ」と宇佐美選手を非難。明石家さんまはじめスタジオの共演者が「サッカーで疲れてると思う」とフォローしても、「こっちは育児毎日してるんですよ」「サッカーは一日の練習時間は2時間とかそんなもんなんですよ。だからほとんど家で過ごしてる時間が多いから」となおも反論していた。このトークを見かねたジャングルポケットの斉藤慎二が「休んだりすることも練習というか仕事だから」「スター選手ってオンなんですよ常にきっと。オフにできないんですよ」と宇佐美選手フォローするも、「何も知らないじゃないですか!」とバッサリ。他の共演者の説得も聞こうとせず、頑なな態度を取り続けていた。

 一方、この放送に対し視聴者からは「宇佐美が可哀想。支えるつもりがない。日本代表の妻なのに」「宇佐美の奥さんとても感じが悪かった。不快にしかならなかった」「スポーツ選手の妻なのにありえない。わがまま言う前に夫を支えなよ」といった批判が続出してしまった。

 サッカー日本代表に選出されるほどの選手の妻なのに関わらず、夫の仕事を支えようとしていないと感じたサッカーファンも多かった模様。ネット上にはいまだ批判の声が書き込まれている。

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/e/6ef26_188_fc9c1f7f_584a9dad.jpg


2018年8月15日 12時20分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15161600/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534314080
続きを読む

【サッカー】<中島翔哉>「日本代表」への胸中「ハリル監督が更迭されて、監督が代わり正直メンバー入りは厳しいと思ってました」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/13(月) 21:16:45.13 ID:CAP_USER9.net

 「1カ月半休みがあって、それだけ休んだのは初めてだったので、何をしたらいいか分からなかったです。家でゆっくりしたり、思い出に残ってることといえば、リスボンを観光したのは楽しかったですね

 海外挑戦1年目となる昨シーズン、ポルトガルのプリメイラ・リーガのポルティモネンセに所属し10得点12アシストの好成績を残しリーグ戦を終えた。オフの思い出を中島翔哉が語った。

 何をしたらいいか分からなかった1カ月半のオフに、世界中が熱狂したロシアワールドカップが開催された。

 5月31日、西野朗監督(当時)によりロシアワールドカップ(W杯)に挑む23人の日本代表メンバーが発表された。

 そのメンバーの中には、ポルトガルのポルティモネンセで大ブレイクを遂げ、3月の日本代表のヨーロッパ遠征で唯一の収穫とも言われたFW中島翔哉の名前がなかった。

 このニュースは、日本だけでなく、ヨーロッパ各地でも大きく報道された。

 「ハリルホジッチ監督が更迭されて、監督が代わり正直メンバー入りは厳しいと思ってました。実際にそうなりましたが、ワールドカップだけがサッカーの全てではないと思ってるので、落ち込むことはなく、常にサッカーを楽しむ事を1番に考えています」

■中島翔哉がみたロシアワールドカップ

 大会前は「年功序列ジャパン」と揶揄されたメンバーだが、戦前の予想を大きく覆し、決勝トーナメントへ進んだ。ロシアワールドカップ3位となったベルギー代表に激闘の末敗退し、悲願のベスト8まで、あと一歩と迫った日本代表のサッカーを中島翔哉はどのように感じたのか。

 「ベスト16という結果は日本にとってはいい結果だと思いますし、これを次の大会に活かしていかなければいけないなと思います。メンバーも変わると思うので、そこで若い選手がもっと選ばれていくような国というかチームになっていければと思っています。

 ベスト8以上の国っていうのはサッカーが文化になっている国ばかりだと思うのでその違いもあると思いますし、ヨーロッパ、南米のチームの方がよりシンプルにサッカーを考えていると思うので、その差は大きいと思います」

 ロシアワールドカップでベスト8以上で印象に残った選手としてフランス代表のムバッペ、グリーズマンとともに、ベルギー代表のアザールといった攻撃的な選手を挙げ、日本人にはなかなか真似の出来ないプレーが印象に残っていると言う。

つづく

8/12(日) 6:00配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00233181-toyo-soci

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180812-00233181-toyo-000-1-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/08/13(月) 21:17:00.34 ID:CAP_USER9.net

 それは、日本代表がベルギー代表にロスタイムで奪われた逆転ゴールもそうだ。

 「カウンターの時に中盤でボールを受けて迷わず相手ゴールに向かうドリブルが多いですけど、その迷いのなさというのは、日本人にはなかなか真似できないというか、その感性を表現出来る日本人は少ないと思います」

 フランスの優勝で幕を閉じた2018年のロシアワールドカップ。日本代表もロシアの地で世界のサッカーシーンに大きなインパクトを残し、その勢いを引き継ぐべく7月26日、日本代表監督に森保一(もりやす・はじめ)氏が就任した。

 森保監督は、東京オリンピック代表監督を兼任する形で2022年のカタールワールドカップを目指すことになる。

 「年代間の融合をはかり世代交代を進める」というスローガンを掲げ、日本代表に新たな風を吹かせるような、若手選手の抜擢や強化が最も重要なポイントになる。

 日本代表は、9月、10月、11月にも親善試合のキリンチャレンジカップが各月2試合ずつ組まれている。

 森保監督体制での初陣は9月7日に行われるチリ戦だ。

 そして、2019年は1月からAFCアジアカップ2019(開催地はUAE)が開催される。

 長いようであっという間に巡ってくる4年後のワールドカップを中島翔哉は、どうイメージしているのか。

 「ワールドカップが毎年あったらいいんですけどね(笑)。

 簡単には4年後は想像できないですけど、小さい頃からの憧れの場所なので選ばれたら日本のためにプレーしたいと思いますし、これから4年間、海外で活躍してより良いプレーヤーになれるように日々のトレーニングから頑張っていきたいと思います」

■中島翔哉が所属するポルティモネンセとは

 クラブ創設は1914年と古く、ポルトガル最南端のリゾート地、ポルティモンに本拠地を置く。ポルティモンは人口3万人の小都市だ。2017-18シーズンはリーグ戦を18チーム中10位で終え、中島翔哉も初のヨーロッパ挑戦ながらも10ゴール12アシストと申し分のない結果を残した。

 8月14日に開幕する新シーズンからは、背番号が10番になった。さらなる飛躍を期待される中島翔哉がポルティモネンセの魅力を語った

つづく

3 名前:Egg ★:2018/08/13(月) 21:17:25.28 ID:CAP_USER9.net

 「ポルトガルのリーグは全体的に攻撃的なサッカーをするチームが多いので、ポルティモネンセもボールを持ったらゴールに全員が向かう、縦に速いサッカーが基本なので見ている側はすごく面白い。サッカーのスタイルもすごく攻撃的で速くて強い選手や上手い選手がたくさんいて日本人がやりやすいクラブだと思います」

 現在ポルティモネンセのテクニカルディレクターとして活躍するのは、Jリーグの浦和レッズで大活躍したロブソン・ポンテ。チームとして5年間のプロジェクトを掲げ、若い選手を連れて来て、1年目はアダプテーション(適応)とモチベーションを高め、エリート軍団の若い選手を育成している。

 ポルティモネンセは、ポルトガルのプリメイラ・リーガでは年齢の若い選手が最も多く、海外からも積極的に選手を集めているチームで、現在7国籍の選手が在籍している。

 ブラジル、ポルトガル、ガーナ、ナイジェリア、スペイン、アルゼンチン、日本。

 国際的なチームを目指しながらも、クラブには5人の日本語を喋れるスタッフもいることから、将来は、5、6人くらいの日本人選手を連れて来て日本向きのヨーロッパのチームに育てたいという意向がある。

 中島翔哉が移籍後すぐにフィットできた理由には、チームメイト・監督・スタッフの人たちが快く受け入れてくれたことも大きい。はじめからプレーしやすい環境だった。

 「チーム全体がゴールに直結する動きを90分し続けるので、そこが自分に1番あっている部分なのかなって思います。チームメイトが本当にいいパスをくれることも多かったですし、みんなで協力してとった得点だと思います」

 昨シーズンの活躍でビッグクラブへの移籍報道が過熱するなか、ポルティモネンセが設定している移籍金を満額払えるようなクラブはまだ現れていない(8月11日時点)。

 中島翔哉は、ヨーロッパでプレーする事によって様々なチャンスを掴みながら、どこのリーグやクラブでプレーしたいという願望より、そのクラブがどういうプレーを志し、自分がしっかりフィット出来るかを大事にしているという。

■中島翔哉が描く未来像

 ロシアワールドカップ開幕2週間前に行われた東洋経済オンライン編集部主催のTREND CAMPというイベント内で発表された、読者が選ぶ「もっとも期待する選手」(注:5月31日のメンバー選考直前に読者1042人に聞いたアンケート)。

つづく

5 名前:Egg ★:2018/08/13(月) 21:18:08.60 ID:CAP_USER9.net

本田圭佑、乾貴士に続く3位に中島翔哉の名前が挙がった。

 ロシアワールドカップを見ていても、もしも中島翔哉がいたらと思う試合、シーンは何度かあった。

 左サイドからカットインしてからの右足シュートでゴールを狙う形が十八番であるが、爆発力と攻守両面にわたる献身性をチームに与える事が出来たかもしれない。

 日本代表で攻撃のキーマンとして大活躍した乾貴士はワールドカップ後に、2022年のカタールW杯へ向けて「同じポジションに若くて良い選手がいる」と発言をした。名指しこそしなかったが、これは中島を指すと考えても間違いではないだろう。

 乾貴士らのゴールだけでは越えられなかったワールドカップベスト16の壁を、4年後は中島翔哉のゴールでベスト8へ導く、そんな未来を期待しながら、1番大切にしているという“サッカーを楽しむ”姿を世界中のサッカーを愛する人々に届けてほしい。

 (文中敬称略)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534162605
続きを読む

【サッカー】<G大阪>神戸の元日本代表FW渡辺千真を完全移籍で獲得し、神戸はG大阪FW長沢駿を期限付き移籍で獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/13(月) 06:26:45.46 ID:CAP_USER9.net

G大阪が神戸の元日本代表FW渡辺千真(31)を完全移籍で獲得し、神戸はG大阪FW長沢駿(29)を期限付き移籍で獲得することが12日、決定的になった。
17位とJ2降格圏に低迷するG大阪は、今夏に得点力のある前線の選手獲得を模索。

横浜M、F東京、神戸と所属した3クラブで計4度の2ケタ得点をマークしてきたが、
今季は元スペイン代表MFイニエスタらの加入で出場機会を減らしていた渡辺の獲得を目指していた。

神戸は今夏仙台に移籍した元日本代表FWハーフナー・マイク(31)に続き渡辺も流出する事態に、G大阪で昨季10ゴールを挙げ192センチの高さを誇る長沢を評価。
異例といえるFW同士の“トレード”が確実になり、近日中にも両クラブから発表される見込みとなった。

8/13(月) 6:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000039-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534109205
続きを読む

【サッカー】Jクラブが争奪戦を繰り広げる16歳! U-16日本代表 桐光学園2年生10番、西川潤【マリノスJY)が放ったエースの輝き!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/08/12(日) 22:43:06.92 ID:CAP_USER9.net

「苦しい時こそ自分がなんとかしなければいけない」

[インターハイ3回戦]桐光学園3-1明秀日立/8月9日/三重交通G

1回戦、2回戦で「眠っていた」(鈴木勝大監督)桐光学園のナンバー10・西川潤がようやく目を覚ました。

U-16日本代表であり、1年時から名門の10番。そして早くも『来年の最大の目玉』としてJクラブの争奪戦が始まっている16歳は、
1回戦の一条戦ではチームのオープニングゴールを決めたが、これはPKだった。

2回戦の習志野戦では左サイドを得意のドリブルで活性化させたが、ゴールに直結するプレーは見せられず、チームは1-1からのPK戦で薄氷の勝利を掴んだ。

そして、迎えた3回戦の相手は明秀日立。連戦とインターハイ開幕から最も高温に見舞われた気候も重なり、西川を含めて全体の動きは重かった。
前半12分にDF内田拓寿が鮮やかなボレーシュートを叩き込み、先制に成功はしたが、追加点を奪えずに時間が経過。
後半13分には左サイドでボールを受けた明秀日立・DF大山航に鋭い切り返しからループシュートを決められ、1?1の同点に追いつかれてしまった。

「嫌な流れになって行くのが分かった。ここでこっちが点を獲らないと、負けてしまうと思った。チームが苦しい時にこそ、自分がなんとかしないといけないと思った」

相手に流れが傾きかけたことを察知した西川は、エースとして、FWとして自分が何をすべきかを考えた。

「自分が気の抜けたプレーをしてはいけないと思ったし、同時に前半からこれまでの自分のプレーを考えたら、『俺は一体何をやっているんだ!』と思った。
何もしていない。だからこそ、ここでボールを持って積極的に前に運んで行くことでチャンスを作らないといけない。みんなを助けるプレーをしないといけない」

眠っていたエースとしての自覚が呼び覚まされた。
すると61分、左サイドでドリブルを仕掛けると、一度は相手DFに引っかかるが、すぐに奪い返して、一気に相手を振り切ってカットイン。
ペナルティエリア内まで進入すると、ニアサイドにフリーで飛び込んで来た途中出場のMF田中彰真の動きを見逃さなかった。
シュートをちらつかせながらも、冷静に田中へマイナスのパス。これを田中が押し込んで、桐光学園が勝ち越した。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=45402
2018年08月10日

https://pbs.twimg.com/media/DkYsqoTU4AA3M9P.jpg

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/252000/251643/news_251643_1.jpg



 


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534081386
続きを読む

【サッカー】190センチ大型DF松坂暖(20)、日本国籍取得へ…「日本代表を目指したい」 ロンドン生まれ、英クラブ下部出身

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★:2018/08/11(土) 07:56:23.68 ID:CAP_USER9.net

J3カターレ富山に新加入したDF松坂暖(20)が、
20年東京五輪に向け、日本国籍を取得して代表入りすることに意欲を見せた。

日本人の父と英国人の母を持ち、英ロンドンで生まれ育った190センチの長身センターバックは、
現在は英国籍だが「22歳までに日本国籍を取って、日本代表を目指したい」と目を輝かせた。

英3部サウスエンドでプレーしていたが「日本人がうまい足元の技術を学び、成長したい」と考え、5月に来日。

Jリーグ3クラブの練習に参加し、1日に富山加入が発表された。
10日は富山市内で、リーグ戦再開となる25日のホーム・福島戦に向けた全体練習に参加。

「僕はヘディングが強く、攻撃も得意。みんなうまいので、いいバトルをして試合に出たい」と
レギュラー争いを勝ち抜いてJデビューをつかむつもりだ。

地元開催の12年のロンドン五輪を振り返り「すごく盛り上がった。(東京五輪で)日本が盛り上がるのを日本で見たい」と熱望。

英国で幼少期からアニメ「ドラえもん」などを見て、日本人学校にも通い、日本語は堪能だ。

15年11月にはU―18日本代表の英国遠征で、トレーニングパートナーを務めたイケメンDFは、
日の丸を背負うため「僕のスタイル、パワープレーでアピールしたい」と、力強く語った。

https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180810-OHT1T50330.html

松坂暖
http://www.kataller.co.jp/member/players/25.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533941783
続きを読む

【サッカー】元日本代表監督のアギーレ、“八百長疑惑”に言及 「自分の人生を考えさせられた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/08/04(土) 12:28:39.27 ID:CAP_USER9.net

エジプト代表新監督に就任、身の潔白を改めて主張 「この話題は終わったことだ」

2014年8月から15年2月まで日本代表を率いたハビエル・アギーレ氏が、1日にエジプト代表新監督に就任した。
米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、日本代表監督を解任される要因となった
サラゴサ監督時代の八百長疑惑に関するアギーレ氏のコメントに注目している。

エジプト代表はロシア・ワールドカップ(W杯)に28年ぶりの出場を果たしたものの、グループリーグ3戦全敗で敗退。
チームを率いたエクトル・クーペル監督が退任となり、
後任には今年4月に日本代表監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏らも候補に挙がっていた。

そうしたなか、エジプトサッカー協会は最終的にアギーレ監督に舵取りを任せる決断を下した。
02年の日韓W杯、10年の南アフリカW杯で母国メキシコ代表をベスト16に導いた実績が決め手になったと伝えられている。

一方、アギーレ監督は14年8月に日本代表監督に就任したものの、同年12月にサラゴサ監督を務めていた
11年5月のリーガ・エスパニョーラ最終節レバンテ戦で八百長に関与した疑惑が浮上し、スペインの検察当局から告発された。
そして前回王者として臨んだ15年1月のアジアカップでUAEにPK戦の末に敗れてベスト8敗退を喫すると、翌2月に日本サッカー協会から解任された。

記事ではエジプト代表新監督に就任したアギーレ氏に、
八百長疑惑に関する質問が飛んだことを取り上げており、指揮官自身はこれについて関与していないことを改めて強調している。

「私の仕事には影響しない」

「まず第一に、現段階で全てはクリアになっていることをはっきりと言っておかなければならない。
全てはクリアだ」と、アギーレ新監督は疑惑をキッパリと否定。
日本代表監督の職を解かれた後、「私を含めた42人の人間が事情聴取に呼び出された。
何も発覚せず、暗礁に乗り上げた。
スペイン検察当局が再調査を行ったのか、私には分からない。まだ捜査されているという話もあるが、もうこの話題は終わったことだ」と、
疑惑は過去のものであると強調した。

自身の身に降りかかった一連の騒動については、「自分の人生を考えさせられるものになった」としたものの、
「私の仕事に影響することはない」「私のキャリアに影響をもたらすことができるのは、未来での出来事だけだ」と身の潔白を改めて強調。
自らの名声を取り戻すためにも、エジプト代表での成功により一層の熱意を抱いているのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00126279-soccermzw-socc
8/4(土) 12:25配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533353319
続きを読む

【テレビ】<嵐・二宮和也>サッカー日本代表DF長友佑都の体脂肪率に「消費税より低い」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/05(日) 12:49:28.37 ID:CAP_USER9.net

8月4日に放送された「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)に、サッカー日本代表の川島永嗣選手が登場。川島選手にまつわるうわさの真偽について本人が語った。

海外でプレーする川島選手には、7カ国語が話せるといううわさが。

「キーパーで試合に出ていて、選手に声掛けるのは何語なんですか?」と松本潤が尋ねると、「フランスならフランス語」と、そのチームで使われている言語で話していると明かす。

しかし、発音が難しく「どうやってこれ大声で言うの?」って思うこともあり、また言語を覚えたての頃は、何て言えばいいか考えている間に「(相手選手と)1対1になっている」と危機になっていたこともあったと話した。

また美しい筋肉質な体を持つ川島選手に、二宮和也が「体脂肪率はどのくらいなんですか?」と質問。

「今は基本9%ぐらい」と回答する川島選手に、松本は「サッカー選手、9%で動けるんですか?」と驚くが、川島選手は自分より低い人もいて、長友佑都選手は4%くらいだという。

すると二宮は「消費税より低いんすね」と笑いを取りながら驚きを表した。

また川島選手のPK阻止率も発表。一般的な阻止率が14%なのに対し、川島選手は83.3%と分かり、松本は「マジ!」と声を出し、二宮は「もう入りません。何やっても入らないの」とそのすごさを表現した。

そんな川島選手に視聴者は、「カッコいい!」「本当にすごい」「4年後のW杯も出て欲しい!」などとコメントしていた。

8/5(日) 11:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00157154-the_tv-ent


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533440968
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ