日本代表

【サッカー】<元日本代表FW鈴木隆行>引退試!豪華メンバー集結!合「区切りがついた。プロの監督を目指す」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/13(土) 16:32:21.85 ID:CAP_USER9.net

サッカーの元日本代表FWで15年に引退した鈴木隆行氏の引退試合が13日、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。
鈴木氏は試合後のセレモニーでマイクをとり、涙を流しながらあいさつした。

「今も夢を見ます。自分がヒリヒリした試合の中で得点を決める。最高の気持ちで夢を見て起きたとき、もうプレーしないんだと思うと寂しく思います。
でもこれで区切りがつきました。これからはプロの監督を目指して頑張りたいです」。指導者として歩むことを第2の目標とした。

試合は02年W杯日韓大会のメンバーや鈴木氏の鹿島時代のチームメートらで編成した「SUZUKI FRIENDS」と、
水戸在籍時のチームメートを中心に編成した「MITO SELECTIONS」が対戦して開催された。

鈴木氏は前半を「MITO-」で出場して2得点。後半はGK楢崎(名古屋)、MF中村(磐田)、FW柳沢氏(鹿島コーチ)、DF中沢(横浜M)ら02年W杯の豪華メンバーがそろう
「SUZUKI-」に移り、柳沢氏と2トップを組んで出場して3得点した。1点を追う後半44分に同点ゴール。
後半ロスタイムに決勝点となるPKをゴール右スミに豪快に決めて試合終了。9155人のコールと手拍子の中、胴上げされた。

FW中山(沼津)は「久々に隆行の我(が)を通すプレーが見られた。覚えているのはW杯ベルギー戦のゴール。
先制されてヤバいと思った直後の点で、日本を救った」と振り返った。

柳沢氏は「アントラーズと日本代表で同じピッチでともに戦った。昔を思いだして一緒に戦いました。オンオフを分けながら一緒に成長した」と現役時代を懐かしんでいた。

1/13(土) 16:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000075-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180113-00099364-nksports-000-view.jpg


FW鈴木隆行の引退試合 水戸で豪華メンバー集結
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00099364-nksports-socc

4 名前:Egg ★:2018/01/13(土) 16:33:07.41 ID:CAP_USER9.net

>>1 スレタイ訂正  

【サッカー】<元日本代表FW鈴木隆行>引退試合!豪華メンバー集結!合「区切りがついた。プロの監督を目指す」


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515828741
続きを読む

【サッカー】<日本代表>3月の欧州遠征の結果次第でハリル解任、岡田監督の再任なるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/13(土) 07:10:43.40 ID:CAP_USER9.net

平昌五輪と並ぶスポーツ界のビッグイベントといえば、ロシアで開催されるサッカーワールドカップ(以下W杯)。
6大会連続6度目のW杯出場となる日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアと同組となった。

強豪ひしめくグループに、専門家からは「全敗濃厚」「よくて1分2敗」の声が多く、
残念ながら、ハリルホジッチ監督率いる日本代表は予選敗退が濃厚と見られている。サッカージャーナリストの大住良之氏が語る。

「現実的に考えれば、私も1分2敗で予選敗退の可能性が高いと思います。でも、W杯までに監督が変われば、話は変わってきます」
 昨年12月の東アジアE-1選手権で、ライバル・韓国に1対4で惨敗。結果も残せず、選手からの求心力も失った今、すでにハリル更迭論が巻き起こっているが、3月の欧州遠征の結果次第では、W杯前にハリル監督の解任が現実味を帯びている。

「W杯本番まで3か月を切っての監督交代ですから、日本人をよく知る監督がベターでしょう。そうなると、“ピンチヒッター”が得意な、“岡ちゃん”こと元日本代表監督の岡田武史さんの名前が真っ先に挙がると思います」(大住氏)
岡田氏は過去に2度のW杯で指揮を執っているが、2回とも“代打”での代表監督就任だった。しかも2010年の南アフリカ大会ではベスト16に導いている。

「当時の日本代表はW杯直前の強化試合で4連敗という最悪なチーム状況でした。今回同様、日本中が期待薄という雰囲気の中、
岡田監督はチームのエースをけがで調子が上がらなかった中村俊輔選手から成長著しい本田圭佑選手へ入れ替え、さらに守備を重視したなりふり構わない戦術に切り替えて、見事予選突破を果たしました。
岡田監督なら短期間でもチームを立て直してくれるはず」(大住氏)

大会での命運を分けるのは初戦だと大住氏は言う。
「対戦相手のコロンビアは強豪で、前回大会でも日本は1対4と大敗しています。向こうからすれば日本は格下で、勝って当たり前。W杯の初戦は番狂わせが起こりやすく、コロンビアが油断していれば、日本にもチャンスはあります」

1勝1敗1分になると、決勝トーナメント進出の可能性が俄然出てくるだけに、初戦の対コロンビアはなんとしても勝ちたいところ。
「初戦を勝利したチームは勢いが違います。決勝トーナメントで1つでも勝てばベスト8。その可能性は充分あると思います」(大住氏)

※女性セブン2018年1月18・25日号

1/13(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00000005-pseven-spo

【サッカー】<本田圭佑>クラブW杯期間中もハリルJをチェック! 危機的状況を心配
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515503571/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515795043
続きを読む

【サッカー】日本代表FW杉本健勇、C大阪残留 ヘタフェからのオファー断る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2018/01/11(木) 15:45:46.58 ID:CAP_USER9.net


1月11日(木)14時48分 スポーツニッポン

 J1のC大阪は11日、日本代表FW杉本健勇(25)と今季の契約更新に合意したと発表した。

 昨季はJ1リーグ戦34試合に出場してリーグ2位の22得点をマーク。YBCルヴァン杯決勝では開始47秒で決勝ゴールを決めてクラブの初タイトル獲得に貢献してMVPにも輝いたが、昨年12月21日には左足関節関節内遊離体の除去手術を受け、全治6週間の診断を受けていた。

 今冬にはスペイン1部ヘタフェから獲得オファーが届いていたが、熟慮の末に断り、残留を決めた。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0111/spn_180111_0636677597.html
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515653146
続きを読む

【サッカー】<元U―23日本代表MF中島翔哉(ボルチモネンセ)>名門FCポルトが獲得に動く!地元紙報道

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/11(木) 22:10:34.21 ID:CAP_USER9.net

ポルトガル1部ポルティモネンセの元U―23日本代表MF中島翔哉(23)について、地元スポーツ紙ボラ(電子版)は11日、ポルトガル1部の名門ポルトが本腰を入れて獲得に動いていると報じた。

 中島は昨年8月にFC東京からポルティモネンセに加入し、ポルトガル1部で13試合で7ゴールと活躍。9月22日のポルト戦でも1得点を挙げており、元ポルトガル代表MFのセルジオ・コンセイソン監督(43)もウイングとしての能力を高く評価しているという。移籍すればアルジェリア代表FWヤシン・ブラヒミ(27)、メキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナ(25)らとポジションを争うことになる。

 同紙によると、ポルトとともにポルトガルの“ビッグ3”の一角を占めるベンフィカ、ブンデスリーガのフランクフルト、ボルフスブルクも獲得に興味を示している。ポルトは、ポルティモネンセ側が設定するする移籍金を下げさせる代わりに、ポルティモネンセに期限付き移籍しているブラジル人DFイナシオ(21)を譲渡し、さらにブラジル人FWガレノ(20)をレンタル移籍させることで交渉をまとめたい考えという。

 ポルティモネンセのロディネイ会長は今月5日に地元紙ジョゴのインタビューで、当初期限付き移籍だった中島の所有権を既に獲得したこと、契約解除の違約金(移籍金)を1000万ユーロ(約13億3000万円)に設定したことを明かしていた。

1/11(木) 21:43配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000162-spnannex-socc

【サッカー】<中島翔哉>値千金の同点弾!5試合ぶりの一撃で数的不利のポルティモネンセを救う
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515446817/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515676234
続きを読む

【サッカー】<宇佐美貴史が語る日本代表>「海外組から見下されている気がした」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/11(木) 12:21:06.80 ID:CAP_USER9.net

現地で直撃取材、第3回目のテーマは「招集外が続く日本代表とロシアW杯」

日本では得られない刺激を求めて再びドイツへと渡ったデュッセルドルフのFW宇佐美貴史だが、思うように出場機会を得られずに苦戦を強いられている。そうした影響もあり、2015年3月に約2年半ぶりに復帰を果たした日本代表からは、17年3月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ戦(4-0)以来、遠ざかっている状況だ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となった15年3月のチュニジア戦(2-0)で途中出場を果たした宇佐美は、同年のラストマッチまで全13試合に連続起用された唯一の選手だ。 指揮官から寵愛を受けたが、J1ガンバ大阪からアウクスブルクに移籍した16年夏以降は代表から外れ、久しぶりに声がかかったタイ戦は途中出場。以降は招集リストに名を連ねることはなかった。

 全5回にわたってお届けする「独占告白」の第3回テーマは、選外が続く日本代表についてだ。代表で自信を持って戦うために決断した二度目のドイツ挑戦だったが、現実はかけ離れたものになっている。宇佐美はその現状を、どのように受け止めているのだろうか。

◇◇◇

 海外に活躍を求めた理由の一つは、日本代表として海外組の選手とプレーした際に感じた劣等感を克服するためでもある。

 というのも、ガンバ大阪での活躍を評価してもらい15年に約2年半ぶりに日本代表に選出された際、海外組の選手からどことなく見下されている気がしたというか。いや、彼らはきっとそんなつもりはなかったはずだと考えれば、僕が勝手に劣等感を抱いただけだとは思うよ(笑)。

「永遠に海外組と対等に戦えない気もした」

 でも、僕自身はJリーグでの活躍に対して、海外組の選手に言われた「凄いね~」「点、取るよね~」という言葉を「本心ではないな」と思ったし、勝手な深読みかもしれないけど、「よくJリーグで点を取ったくらいで満足できるよね」と言われている気がした。

 それは自分も11年の夏からの2年間、ブンデスリーガという世界最高峰のリーグで、しかもそのうち1年はバイエルンという世界屈指のビッグクラブでプレーしたことで、改めてJリーグ、日本人選手のレベルを実感したからでもある。

 と同時に、だからこそ海外での成長を求めなければ、永遠に海外組の選手と対等に戦えない気もした。

 もっとも、これを決断することで日本代表に選ばれなくなる可能性も考えないではなかったよ。でも僕の中では、海外移籍によって日本代表の道が絶たれてしまうことと、日本でプレーしてワールドカップには出場したけど何もできなかった、というのは同じレベルな気がしたというか。

 そういう意味では今、日本代表から外れていることに対しても、そこまで気持ちは揺れていない。そもそも日本代表に選ばれるためにサッカーをしてきたわけではないしね。

「W杯を意識している自分がいるのも事実」

 もちろん、選ばれたら嬉しいし、ワールドカップに出場すれば新たな人生の広がり方をするかも知れないとは思う。先にも話した通り、ロシア・ワールドカップを意識している自分がいるのも事実だしね。

 でも僕の目標はあくまで選手として成長すること。それはJリーグでプレーしている時から変わっていないし、この先も変わらないと思う。(第4回に続く)

1/11(木) 10:10配信
https://headlines.yahoo.c.jp/article?a=20180111-00010003-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515640866
続きを読む

【サッカー】<京都サンガ>元日本代表DF田中マルクス闘莉王と契約更新…昨季は15得点、FWとしても出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/10(水) 11:28:05.44 ID:CAP_USER9.net

京都サンガF.C.は10日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王と2018年シーズンの契約を更新したと発表した。

闘莉王はブラジル出身の36歳。2017年、名古屋グランパスから京都に移籍した。昨季はDF登録ながら、FWとしても出場。J2リーグ戦31試合に出場して15得点を記録した。

J1リーグ戦に通算395試合出場して75得点、J2リーグ戦は通算73試合出場で25得点。日本代表としては、2010FIFAワールドカップ南アフリカに参加するなど、43試合に出場して8得点を記録している。

1/10(水) 11:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000000-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00000000-goal-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515551285
続きを読む

【サッカー】<元日本代表10番・中村俊輔が選んだ「マイベスト11」>「ヤナギさんを見てるみたい」とFWを絶賛!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/10(水) 08:06:54.53 ID:CAP_USER9.net

鹿島の昌子や横浜FMの山中を選出、川崎の中村憲剛は「ならではの駆け引き」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00010000-soccermzw-000-1-view.jpg


J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔が、独自の視点で昨季のJリーグベストイレブンを選出した。Jリーグ公式YouTubeチャンネルでその様子を公開している。かつてスコットランドのセルティックなどで活躍し、今でもその左足から繰り出される精度の高いキックはJリーグでも随一。稀代のレフティーは、どのようなメンバーを選んだのだろうか。

【動画】Jリーグ公式が公開! 元日本代表10番MF中村俊輔が選ぶ、最高の11人「マイベストチーム」
http://www.football-zone.net/archives/86635/3

 GKには柏レイソルから日本代表の中村航輔を「波に乗っている」と選出。右サイドバックは「力量が素晴らしい」と川崎フロンターレからDFエウシーニョが選ばれた。センターバックは横浜F・マリノスの元日本代表DF中澤佑二、鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源、左サイドバックには横浜FMのDF山中亮輔を選び、昌子と山中については選出のポイントを語った。

「昌子くんは、鹿島のディフェンスはゾーンが広く、個で守る。サイドバックが付いていって、スペースが空いていても一人でカバーする。クリアのショートバウンドの処理の仕方もすごく伸びている。山中くんは、ボランチからサイドハーフに出る前からスタートを切っている。それが早いので、出ていくセンス」

 中盤は、川崎から元日本代表MF中村憲剛と日本代表MF大島僚太、柏からMF大谷秀和を選出した。中村憲剛については「憲剛ならではの駆け引き。低いボールのインサイドで、分かっていても取れないようなスルーパス」と長所を解説。大島については「もっとゾーンが広ければ可能性がある。トップ下もサイドハーフもできる、無限の可能性がある選手」と絶賛した。そして、大谷については「もっと評価されていい」と選出のコメントを残している。

「ヤナギさんを見てるみたい」とFWを絶賛


◼・・コ俊輔が選んだ「マイベスト11」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00010000-soccermzw-001-1-view.jpg


前線は柏のFWクリスティアーノ、鹿島の日本代表FW金崎夢生、川崎の日本代表FW小林悠を選んだ。クリスティアーノを「何もないところからゴールまで持っていけるのが助っ人」と称賛し、金崎は「どのチームも1トップは相手のディフェンスを打ち破る選手がいると後ろが合わせやすい」と話す。そして小林については「30点くらいは絶対に絡んでいる。ボールがない時にDFから消えるのが上手い。ヤナギさん(柳沢敦/元日本代表FW)を見てるみたい」と、昨年のJリーグMVPプレーヤーを称えた。

 ベスト11全体では、優勝した川崎の他に鹿島、横浜FM、柏との混合になった。セットプレーだけでなく、必殺のアシストを持つ中村俊輔の目にはこうしたプレーヤーたちが昨年のJリーグで輝きを放ったと映っていたようだ。中村航輔、昌子、山中、大島といった、このメンバーの中では若手に分類される選手たちが、新シーズンどのような活躍と成長を見せてくれるのかも楽しみだ。

1/10(水) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010000-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515539214
続きを読む

【サッカー】<元日本代表FW森本貴幸>J2アビスパ福岡へ完全移籍!「またいつか、川崎に戻ってきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/07(日) 10:46:47.77 ID:CAP_USER9.net

J2福岡は7日、川崎Fから元日本代表FW森本貴幸(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

 川崎市出身の森本は東京Vジュニアユースに所属していた04年3月13日の磐田戦(ヤマハ)に、当時史上最年少の15歳10カ月6日で出場し、Jリーグデビュー。06年にはイタリア・セリエAのカターニアへ移籍し、イタリアでの7シーズンで104試合19得点の成績を残した。

 13年8月にJ2千葉で7年ぶりにJリーグ復帰。16年から川崎Fに加入し、17年はリーグ11試合で3得点だった。日本代表としては08年北京五輪、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を経験している。

 森本は両クラブを通じてコメントを発表。川崎Fを通じては「2年間、お世話になりました。大好きな街、川崎に戻ってきてプレーすることが出来て良かったです。自分自身の成長の為に新しいチャレンジに挑みます。またいつか、川崎に戻ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とメッセージ。

 新天地となる福岡を通じては「今シーズンより、川崎フロンターレから加入することになりました森本貴幸です。これまで培ってきた全てのものを出し、アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」とした。

1/7(日) 10:38配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000106-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180107-00000106-spnannex-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515289607
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ