日本代表

【サッカー】<日本代表>西野J見えた戦い方...香川・乾ユニットであえて守備重視!90分間ハイプレスの大博打...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/06/18(月) 13:07:16.66 ID:CAP_USER9.net

現地時間19日、いよいよ日本代表がロシアワールドカップ初戦を迎える。相手はコロンビア。この難敵相手にどのように戦うのか。長い合宿を経て、その取材からようやくチームの骨格が見えてきた。

●劇的に変わった西野ジャパン、そして見えた骨格

 いよいよ日本代表のロシアワールドカップ初戦・コロンビア戦まであと1日と迫った。西野朗監督はどのようなイメージで戦おうとしているのか。5月中旬の国内合宿、6月からの欧州合宿、その間の3つのテストマッチとロシアでの合宿を経て骨格がくっきりと見えてきた。

 西野ジャパンはガーナ戦、スイス戦、パラグアイ戦で様々なフォーメーションを用いて、選手起用も試合によってガラリと変えてきた。

 ガーナ戦では突如3バックを試行して驚きを与えたが、後に3バックはオプションに過ぎないことを監督が明言した。始めからオプション想定だったのか、あるいは出来が悪かったからオプションに格下げしたのかは定かでない。

 だが、当初は5バックのようになることを懸念しながら、最近では3バックは守備固めの一環でベタ引きする場合の戦術、つまり5バックになることをいとわないことを示唆している。西野監督は記者会見での発言に嘘と本音をちりばめており、表面上の言葉だけをもって分析すると痛い目を見る。

 スイス戦とパラグアイ戦は【4-2-3-1】で戦っており、これが基本フォーメーションとなる。この2試合で試したかったことは共通している。それは距離感とスピードだ。どこからプレスをかけていくのか、どうやって連動して守っていくのか、ボール奪取から攻撃までにどれだけスピードアップできるか。これらを指揮官は見ていた。

 西野監督は就任当初から「チームは劇的に変えられる」と自信を持っており、その通りにパラグアイ戦ではこれまでと比べ物にならないほどチームは躍動した。スイスとパラグアイのレベル差はあるものの、合宿中取り組んできたことがフィットしたのがパラグアイ戦であり、ようやく骨格ができあがったのだ。

 そして攻撃陣のユニットも定まった。【4-2-3-1】の【3】は、左から乾貴士、香川真司、原口元気でいくはずだ。

●引くのではなく、あえて前から行く理由

 原口はもともと西野ジャパンの外せないキーマン。乾はパラグアイ戦で2得点し、最近の取材時の対応から見ると、主力組で練習していることがわかる。トップ下は本田圭佑と香川の争いだったが、試合でのパフォーマンスおよび乾とのコンビネーションを考えると香川で間違いない。

 攻撃的に見えるこのユニットだが、実は守備を重視している。コロンビア相手にただ引くのではなく、ある程度前からもプレスをかけていく。理由は2つ。1つは、コロンビアの特徴。ハメス・ロドリゲス、クアドラード、バッカ、ファルカオと強烈な攻撃陣を擁するが、彼ら相手にドン引きしてもいずれ決壊する。個の力で上回る相手だけに自陣で何度も自由に仕掛けられては、いずれやられてしまう。

 それよりは、まずは彼らの攻撃の芽を摘むこと。コロンビアの攻撃においてスイッチを入れるのはボランチの2人、アギラールとカルロス・サンチェスだ。彼らが左右にパスを散りばめることで攻撃陣が活きてくる。そこをいかに潰せるかが重要だ。そのためには前からプレッシングしていかなければならない。

 2つめは、選手たちの自信。乾が「たしかに相手が上だが、チャンスはあると思っている」と語るように、日本代表の選手たちは自分たちがそこまで格下だとは思っていない。コロンビアは強いが、対策できないほどではないという認識だ。

 つまり、コロンビアにやりたいようにやらせ、それを耐えしのぐのではなく、コロンビアにやりたいことをさせない。そのために前から守備をはめていく戦術であり、その担い手としての香川・乾ユニットなのである。

 彼らは、相手を待ち構えての守備は得意ではない。だが、自分から仕掛けていくプレッシングやパスコースの分断は上手い。これは本田や宇佐美貴史にはできないことである。

 戦い方は決まった。コロンビア戦は90分間のハイプレスだ。そうでなければ香川・乾を使う意味はない。コロンビアをいかに分断できるか、戦術的な見どころが多い試合になるだろう。

 もちろん懸念点がないわけではない。

つづく

フットボールチャンネル6/18(月) 11:32
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00010004-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180618-00010004-footballc-000-2-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/06/18(月) 13:07:25.98 ID:CAP_USER9.net

●分岐点は60分過ぎ。勝負師・西野朗は何をするか

 岡崎慎司の負傷は実に痛い。岡崎もプレスの担い手として有効で、香川との相性も良かった。だが、負傷によりコロンビア戦は絶望的。恐らく1トップは大迫勇也になるだろう。大迫がどれだけ、香川・乾・原口と連動して前からプレスできるかが鍵になる。

 スタミナ面も心配だ。西野ジャパンの調整方法は、南アフリカワールドカップを踏襲している。スイス・オーストリアといった高地でトレーニングをつみ、心肺機能を高めた。より長い時間走れるようになるためだ。コンディションを一旦落とし、徐々に上げていき、初戦にピークをもってくる。

 そのため、かなり走れるようにはなっているはずだが、コロンビア相手に90分間持続するのは容易ではない。特に前線の4人は疲弊し、60~70分で最低でも1枚は交代のカードを切ることになるだろう。そうなるとあまりに駒が少ない。

 ハイプレスを継続するなら、まずは武藤嘉紀だろう。だが、次がいない。本来なら最も有効な浅野拓磨は「24人目の選手」であり、久保裕也も中島翔哉もいない。本田と宇佐美ではハイプレスの継続は難しく、戦い方を変えるしかない。

 このあたりは、西野監督の采配の妙に期待するしかない。得点状況や選手の疲労度で切るカードは変わってくる。ここを最も得意としているのが西野朗という監督だ。ザックジャパン時代、私は西野監督に毎試合インタビューして分析をしてもらっていた。基本的にザッケローニ氏をリスペクトしていた西野監督だったが、唯一苦言を呈していたのが采配についてだった。

 交代カードの遅さ、指示のタイミングには多くの疑問を投げかけていた。人の配置や戦術変更で、試合の流れをガラリと変えられる自信を西野監督は持っている。それこそが勝負師の本懐と思っており、数多くの状況をシミュレーションして豊富な策を用意してくるはずだ。

 最悪の事態は、当初の想定が狂ってしまうこと。ハイプレスがだめだった場合だ。

●失点しても機能していれば打つ手はあるが…

 たとえ失点しても、想定通りのハイプレスが機能していれば十分にチャンスはある。コロンビアはリードすると、ある程度引いてきて、日本に攻撃のチャンスが増える。そうなれば香川・乾のユニットならば崩しのイメージもつきやすい。

 ところが、ハイプレスが機能しなかった場合は危険だ。早い段階でプランBに変更する、あるいは前半を無失点で切り抜けられれば、やりようはある。守備的な選手を投入するなどして耐えしのぐという選択肢もなくはないからだ。

 だが、機能しないだけでなく早々に失点してしまうようだと打つ手がない。ゴールを奪わなければならない状況だが、香川・乾以上の選手がベンチにいないからだ。せめて中島がいれば可能性はあったのだが後の祭り。

 それでも、西野監督は諸刃の剣である香川・乾ユニットでいくだろう。というより、この大博打に賭けるしかないのだ。勝ち点を奪うための最適解、香川・乾ユニットが西野ジャパンにとってのたったひとつの冴えたやりかたなのだ。

(取材・文:植田路生【カザン】)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529294836
続きを読む

【サッカー/アイドル】元Dream5大原優乃、たわわなバスト披露 ビキニでW杯日本代表応援

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ジョーカーマン ★:2018/06/18(月) 08:56:00.32 ID:CAP_USER9.net

元Dream5で女優の大原優乃が18日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』29号の表紙、巻頭を飾る。

本誌好評連載中のサッカー漫画『アオアシ』をきっかけにサッカー観戦にハマったという大原がW杯特集企画の表紙・巻頭グラビアの登場。

日本代表の公式ユニフォームや、ユニフォームをイメージしたビキニ姿で、日本代表応援グラビアを披露。
たわわなボディーを惜しみなく見せている。

そのほか、日本代表の歴史や日本代表・槙野智章選手へのインタビューもあり。
ロシアW杯で日本代表の応援に備える特集号となっている。

なお、同誌公式サイトでは18日~24日の期間限定でメイキングムービーが公開される。

http://mdpr.jp/news/detail/1773685

「週刊ビッグコミックスピリッツ」29号 大原優乃
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/c4-L/nm/c4-LYtGcK8Vb8Yr4OGbMVDnWOzPEtTFdFgaHgCNKVoE.jpg

http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/HQJ-/nm/HQJ-D9CKqf49JMpm7GJP3WwZMbgwJ_40nAKOxtOIhEo.jpg


元Dream5 大原優乃
http://pbs.twimg.com/media/DTfh465VwAAV4SI.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DI06CD0VwAARwDf.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DcxU_71W0AA36Ib.jpg

http://pbs.twimg.com/media/Dfoo9zbVAAAJz4r.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529279760
続きを読む

【サッカー】<日本代表>柴崎がコロンビア戦先発濃厚!司令塔を務めてきたMF大島僚は腰痛で連日の別メニュー・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/06/16(土) 07:07:24.34 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表合宿(15日、ロシア・カザン)ガクに任せろ!! 

W杯ロシア大会1次リーグ初戦のコロンビア戦(19日、サランスク)に向けて、日本はベースキャンプ地となる当地で2日目の練習を行った。
従来の予定から2日前倒しで冒頭15分以外を非公開。司令塔を務めてきたMF大島僚太(25)=川崎=は腰痛で連日の別メニューとなり、攻撃的MF柴崎岳(26)=ヘタフェ=のスタメン出場が濃厚となった。

カザンの寒空に、半袖のユニホームをまとった選手の笑い声が響く。練習に先立って行われたスタッフを含めた写真撮影。
木々に囲まれたピッチに和気あいあいのムードが広まったのもつかの間、開始15分から報道陣はシャットアウトとなった。

「時間はそんなにない。いいコンディションで第1戦に臨みたい」

コロンビアとの初戦にかけるチームの覚悟が、ロシアでの初練習(14日)を終えたMF柴崎の言葉からにじむ。2日目の練習は急遽(きゅうきょ)、従来の予定を2日も前倒しにして冒頭以外を非公開で行った。
「カザンに入ったらクローズしたいと思っていた。メンバーを固めてやりたいと考えた」と西野朗監督(63)は話し、コロンビア戦まで続ける考えを示した。特に守備に時間を割き、コロンビア対策を進めたという。

パスセンスを買われて司令塔に抜擢(ばってき)されてきた25歳の有望株、MF大島は左腰打撲のため連日の別メニュー。
関係者は「部分合流の可能性もある」と説明したが、4日後に迫る初戦では柴崎が先発する可能性が高まった。

指揮官の期待は大きい。12日のパラグアイ戦後には「コロンビアとしては日本を捉えづらいだろう。見せていないセットプレーもある」と“飛び道具”での難敵攻略を示唆していた。
3日目は攻撃に重点を置く見込みで、柴崎を中心にセットプレーの精度を上げることも考えられる。

初戦のコロンビアに限らず、対戦国はいずれも格上。パスで崩して迎える好機は数限られる。「キッカーの質で全てが決まる意識で蹴りたい。セットプレーが貴重な得点源になる」と柴崎。
右足から正確無比なプレースキックを繰り出す26歳は、自らが勝負の鍵を握ると心得る。

パラグアイ戦では同級生の大島に代わってボランチで先発。スペインリーグでバルセロナやレアル・マドリードの強敵にもまれ、磨きに磨いた長短を使い分けるパスワークは健在だ。
FKではキッカーを務め、クロスバー直撃のボールを蹴ったかと思えば、後半32分にはオウンゴールを誘った。西野監督に初勝利を贈る立役者となった。

前日は500人ものサポーターが詰めかけた歓迎ムードから一転、この日のピッチは非公開で緊張感に包まれた。寡黙で職人かたぎの男は持久力を測定するメニューで黙々と走り込んだ。
「(セットプレーは)1本で1点を取れる精度を求めていく」。冷静沈着な背番号7が静かに闘志を燃やす。

サンスポ 6/16(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000000-sanspo-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180616-00000000-sanspo-000-view.jpg


【サッカー】<日本代表>コロンビア戦勝利へ異例の4日連続非公開!“西野のカーテン”で情報漏れ防ぐ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529100007/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529100444
続きを読む

【サッカー】日本代表、コロンビア戦布陣をスペイン紙が予想 なんと「ホンダ」「カガワ」が共存 本田は右サイド

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/06/16(土) 14:15:36.18 ID:CAP_USER9.net

 運命の初戦を4日後に控える日本代表の現状をレポートしてるのはスペイン紙「AS」だった。

「2018年ワールドカップの初戦を4日後に控え、日本代表は今もストライカーのシンジ・オカザキの回復を待っている」

 記事では岡崎は他のチームメートとは練習せず、ホテルのジムで別メニューをこなしたことを伝えている。

「日本代表監督のアキラ・ニシノは経験豊富なオカザキを23人の中で重要な選手と見ているが、彼を失う可能性を前にしてユウヤ・オオサコをテストした」

スペイン紙の先発予想では本田と香川が共存、果たして本番は…

 岡崎の回復が間に合わなかった場合は大迫の起用が有力だと分析。現状を踏まえて、同紙は「ジャパンは初戦となるコロンビア戦でこのような布陣を敷くだろう」とスタメンを予想している。

GK川島永嗣
DF酒井宏樹、吉田麻也または昌子源、槙野智章、長友佑都
MF長谷部誠、山口蛍
 本田圭佑、香川真司、乾貴士
FW大迫勇也または岡崎慎司

「ボールの扱いに長けたMF3選手、ケイスケ・ホンダ、シンジ・カガワ、タカシ・イヌイのラインとともに形成する4-2-3-1を選択するだろうことを全てが示している」

 同紙はなんと2列目で本田と香川が共存すると見ている。選手の並びを見ると右サイドに本田が入ると見ているようだ。実現すれば大きなサプライズとなるが……。スペイン紙も注目する日本代表の初戦。決戦の時は刻一刻と迫っている。

THE ANSWER編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180616-00026475-theanswer-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529126136
続きを読む

【サッカー日本代表】 武井壮に明かした決意。 本田圭佑選手 「優勝しにいく。世界中に想像を超えるサプライズを提供します」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:代行@ベクトル空間 ★:2018/06/16(土) 09:51:33.55 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000093-sph-socc

タレントの武井壮(45)が16日放送のTBS系「サタデープラス」(土曜・前8時)が生出演し、
ロシアW杯に出場する日本代表のMF本田圭佑(32)から聞いた決意の言葉を明かした。

プライベートで本田と親交があるという武井。
今回の大会に向け「どうですかW杯?」と聞くと、
本田から「世界中に想像を超えるサプライズを提供しますよって返事が来ました」と明かした。

武井は本田を「常にポジティブ。ネガティブなことを普段から一回も聞いたことない」と評した上で
「今回も優勝しに行くって言っていた」と話していた。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529110293
続きを読む

【サッカー日本代表】 みじめな3戦全敗の可能性大。 ファンたちにとって史上最悪の大会へ。 スポーツマスコミにも危機感。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:代行@ベクトル空間 ★:2018/06/16(土) 10:16:35.12 ID:CAP_USER9.net BE:623653551-2BP(1000)

http://img.5ch.net/ico/purin.gif

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000021-nkgendai-socc

開催国ロシアが5-0でサウジアラビアを一方的に破るワンサイドゲームで幕を開けたロシアW杯。
日本国内の盛り上がりもまったくである。

W杯になると日本代表の青色ユニホームを着たサポーターと称する連中が、
渋谷のスクランブル交差点など繁華街の一角を占拠してバカ騒ぎを繰り広げる。
一種の風物詩だが、日本人はW杯に限らず、五輪や野球のWBCでも同じで、
国際大会や日の丸が大好き。世界の桧舞台で活躍する日本人アスリートの尻馬に乗る格好で大騒ぎする。
W杯では普段サッカーに見向きもしない人間まで総サポーター状態。
そうやって日頃のウップンを晴らすわけだが、今回のW杯は、そんなにわかファンにとっても史上最悪の大会になりそうだ。

「西野ジャパンにまったく期待が持てない状況ですからね。
W杯本大会前、最後のテストマッチとなったパラグアイ戦に勝利したとはいえ、
相手はW杯出場を逃した上に若手中心の二軍半。
しかもW杯に出場する日本人選手をケガさせてはいけないという雰囲気がアリアリで、
プレッシャー緩々の中で勝っただけのこと。1次リーグ初戦の相手コロンビアの選手は、
パラグアイの選手と比べてケタ外れに能力が高く、所属クラブもはるかに格上です。
日本はコロンビアに続いて2戦目にセネガルと、3戦目にポーランドと戦うが、
すべて<引き分けて勝ち点1を獲得しただけで番狂わせ>と思えるほどレベル差は歴然としている。
残念ながら、1分け2敗に終わった前回のブラジルW杯よりも惨めな3戦全敗に終わる公算が大きいでしょう」
(スポーツライター・平野史氏)

スポーツマスコミの危機感
そもそも、日本代表の不人気は今に始まったことではない。アジア予選の段階で注目度は低かった。
 テレビの平均視聴率は、4年前のブラジルW杯予選から約10ポイント下落して20%を切り、
94年米国W杯以降の7大会で最も低調な数字となった。
 パラグアイ戦の前、メディア関係者に「過去5大会に比べて日本国内の盛り上がりが低い。どう考えていますか?」
と聞かれた西野監督が、
珍しく気色ばみながら「盛り上がっていないのですか? 今初めて残念な報告を聞きました」と答える一幕もあった。

お祭り騒ぎが大好きな日本のスポーツマスコミでさえ、危機感を覚えているのである。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529111795
続きを読む

【サッカー日本代表に新たな不安要素】 西野監督「ピッチがどこも悪い」 武藤選手「芝が長く、ドリブルしにくい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:代行@ベクトル空間 ★:2018/06/16(土) 09:03:45.25 ID:CAP_USER9.net

◇日本代表カザン合宿(2018年6月15日)

西野ジャパンに新たな不安要素が現れた。

 埼玉スタジアムなど一般的なピッチは20ミリだが、カザンの練習場ピッチの芝は24ミリと長い。
前日の開幕戦の映像を確認した指揮官は「ピッチがどこも悪い。ここも非常にやりにくい。
どうしてもボールがブレる。(初戦の)サランスクはさらに長いと聞いている」と嘆いた。

練習後には武藤や原口、乾がドリブルについて意見交換。
武藤は「芝も長いので、ドリブルがしにくい。(技の)バリエーションや可能性を想定した」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000068-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529107425
続きを読む

【サッカー日本代表・トルシエ元監督】 「日本が1次リーグ突破する可能性は、ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:代行@ベクトル空間 ★:2018/06/15(金) 03:47:34.37 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000082-mai-socc

2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ氏が14日、
W杯ロシア大会に臨む日本の1次リーグ突破の可能性について
「理論上で言わせれば、私としては、日本が上に上がる可能性はない」と語った。
同日に東京都内であったイベントに出席後、報道陣の取材に答えた。

 トルシエ氏はイベントのトークショーで突破の可能性を「60%」としていたが、
数日前のインタビュー記事で「非常に難しい」と話していたことに触れられると、本音を明かした。
ただ「サッカーは理論でやるものではない。初戦が一番大事」と、コロンビア戦がカギを握るとの考えを示した。

国際サッカー連盟の世界ランキングでは日本の61位に対し、
1次リーグH組で対戦するポーランドが8位、コロンビアが16位、セネガルが27位。
トルシエ氏は首位通過をコロンビアと予想し、日本が突破するために必要な最低条件を勝ち点4(1勝1分け1敗)とした。

現在の日本について、12日の強化試合のパラグアイ戦に勝ったことによって
「ちょっとほのかな希望の光が見えてきた」と前向きな見方もしたトルシエ氏。
「世界中のどのチームと戦っても、打ち負かすだけの能力は持っている。必要なのは自信を持つこと」
とエールを送り、パラグアイ戦で見せた一体感を出すことを期待した。

今大会の優勝候補にはフランス、ブラジル、ベルギー、イングランドを挙げた。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529002054
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ