日本代表

【バスケット】男子日本代表買春 Bリーグ大河チェアマン 早期再生論にクギ「敗者復活うんぬんはまだ早い」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:鉄チーズ烏 ★:2018/08/21(火) 18:00:47.40 ID:CAP_USER9.net

 インドネシア、ジャカルタで行われているアジア大会で、バスケットボール男子日本代表で、Bリーグ所属の4選手が公式ウエアを着たまま深夜の歓楽街に立ち入り、買春行為を行ったとされ、日本オリンピック委員会(JOC)から選手団の認定を剥奪されたことを受けて、同リーグの大河正明チェアマン(60)は21日、都内で取材に応じ、「本当にBリーグ所属の4選手が日の丸をつけた競技大会で起こした不祥事で、他の競技団体にもご迷惑をお掛けした。改めてお詫びを申し上げたい」と、謝罪した。

 処分を受けたのは橋本拓哉(23)=大阪エヴェッサ、今村佳太(22)=新潟アルビレックス、佐藤卓磨(23)=滋賀レイクスターズ、永吉佑也(27)=京都ハンナリーズ=の4人で、いずれもB1チームに所属。9月5日に行われる日本バスケットボール協会の理事会で決まる選手たちへの処分を待って、リーグとしての対応も決めていく。

 前日の日本協会の謝罪会見では三屋会長から「敗者復活」という言葉で4選手の再生させる意欲も語っていたが、協会の副会長も務める大河チェアマンは「個人としては敗者復活うんぬんはまだ早い。何が起こって、責任を誰がとるか。反省から入るべき」と、まず厳粛な対応をする意向を示した。


8/21(火) 17:26配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000093-dal-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534842047
続きを読む

【バスケ】日本代表4選手が買春か 強制帰国 アジア大会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/08/20(月) 11:40:40.96 ID:CAP_USER9.net

アジア大会>バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

8/20(月) 11:37配信
毎日新聞

 【ジャカルタ倉沢仁志】日本オリンピック委員会(JOC)は20日、ジャカルタ・アジア大会に出場しているバスケットボール男子代表の選手4人が、日本選手団の公式ウエアを着用して、夜の歓楽街を訪れ、女性を買春した可能性があることを明らかにした。JOCは19日付で4人の選手団員としての認定の取り消し処分を科し、20日早朝に帰国させた。

 処分を受けたのはプロのBリーグに所属する橋本拓哉(23)=大阪▽今村佳太(22)=新潟▽佐藤卓磨(23)=滋賀▽永吉佑也(27)=京都--の4人。

 JOCによると、選手たちは16日夜、公式ウエアでジャカルタの歓楽街を訪れた。日系人に声をかけられ、女性が接客する店を紹介された。その後に女性とホテルに行き、17日未明に選手村に戻ったという。記者会見を開いた日本選手団の山下泰裕団長は「深夜に買春することは許されない」と説明。「誠に残念である、心よりおわびしたい。全力で再発防止に取り組みたい」と頭を下げた。

 JOCの行動規範には「アジア大会への派遣は国費で賄われる。国民の期待に応えるためには、競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」と示している。

 日本代表は16日午後6時半から行われた1次リーグ2戦目のカタール戦で初勝利を挙げた直後だった。これまで1次リーグ1勝1敗で、次は22日に香港と対戦する。登録選手は12人で、今後は残った8人で試合に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000022-mai-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534732840
続きを読む

【バスケット】アジア大会の男子日本代表4人、公式ウェアで女性を連れ出すことができるカラオケ店に JOCが処分へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニーニーφ ★:2018/08/20(月) 01:01:41.16 ID:CAP_USER9.net

 ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で、バスケットボール男子の日本代表4人が17日未明、
女性を連れ出すことができるカラオケ店を公式ウェアを着たまま訪れていた。
日本オリンピック委員会(JOC)は「日本代表選手団としてふさわしくない行動があったことは事実」としており、
関係者によると、当該選手を帰国させる厳しい処分になる見込みだという。

 日本代表チームは16日、午後6時半からあった1次リーグ2戦目のカタール戦に出場。
その後の17日午前1時ごろ、選手4人が「JAPAN」の文字が入った白いポロシャツ姿で、
ジャカルタの歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを
朝日新聞の記者が目撃した。従業員の女性によると、「店の友達何人かと(店外で)ご飯を一緒に食べた」という。

 JOCの代表選手団の行動規範には「アジア競技大会への派遣は国費で賄われる。
(中略)競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」とある。
JOCの担当者が確認したところ、選手たちは未明に歓楽街にいたことを認め、
日本選手団として行動規範に抵触すると判断したという。

 今大会、バスケットボール男子はファジーカス(川崎)、八村(米ゴンザガ大)ら主力は派遣されておらず、若手中心。
1次リーグ2戦を終えて1勝1敗となっている。(池田良、照屋健)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000056-asahi-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534694501
続きを読む

【サッカー】<アジア大会>【U-21】日本代表【U-23】ベトナム代表に敗れるも2位通過!16強では韓国破った【U-23】マレーシア代表と対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/19(日) 21:30:49.71 ID:CAP_USER9.net

【U-21日本 0-1 U-23ベトナム アジア大会D組第3節】

 アジア大会2018男子サッカー・グループリーグD組第3節の試合が19日に行われ、U-21日本代表とU-23ベトナム代表が対戦した。

 日本とベトナムはいずれもネパールとパキスタンに勝利を収めて勝ち点6を獲得し、決勝トーナメント進出を決定済み。最終節の直接対決は首位通過を争う一戦となった。

 2試合を終えた時点での両チームは成績は得点5、失点0で並んでいた。どちらかのチームが勝利を収めれば首位通過、引き分けならフェアプレーポイントでの順位決定となる。試合前の時点ではベトナムがフェアプレーポイントで1ポイント上回っていた。

 開始からわずか2分あまりを過ぎたところで、日本はミスから今大会初失点を喫してしまう。GKオビ・パウエル・オビンナからのパスを受けたMF神谷優太がトラップミスでボールを失い、ベトナムのグエン・クアン・ハイが先制のシュートをゴール左へ蹴り込んだ。

 そのままチャンスを作れない日本は1点ビハインドで前半を終了。後半立ち上がりからの2枚替えで岩崎悠人と松本泰志を投入するも、最後までゴールを奪えずに試合終了を迎えた。

 この結果、日本はグループを2位通過。ベスト16にあたる決勝トーナメント1回戦では、韓国を下してE組首位通過を決めたマレーシアと対戦する。

8/19(日) 19:53フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00286017-footballc-socc

グループDで2位通過となり、決勝トーナメント1回戦ではグループE1位のU-23マレーシア代表と対戦することになった。

8/19(日) 19:53フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00129554-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180819-00129554-soccermzw-000-5-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534681849
続きを読む

【サッカー】U21日本代表、ベトナムに完封負け…グループ2位で決勝T進出 アジア大会男子サッカー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/08/19(日) 19:55:33.66 ID:CAP_USER9.net

8/19(日) 19:53配信

日本vsベトナムの一戦は白熱した展開に [写真]=Getty Images

 第18回アジア競技大会・グループD第3節が19日に行われ、U-21日本代表とU-23ベトナム代表が対戦し、日本は0-1で敗北した。

 ボールを支配しかけた日本だったが、思わぬ形で失点してしまった。3分、GKからボールを受けようとディフェンスラインまで下がってきた神谷優太がトラップミス。自陣ペナルティエリアすぐ外でボールを奪われると、ガラ空きのゴールに流し込まれた。

 素早い縦の攻撃を仕掛けてゴールに迫るベトナムとは対照的に、前半の失点こそなかったものの、日本はなかなかチャンスを作れず。時間が経つにつれて徐々にボールを支配し始め、前田大然の俊足を生かした攻撃を披露するも、日本は前半のうちに追いつくことはできなかった。

 70分には遠藤渓太が惜しいシュートを放ち、80分にはスルーパスに抜け出した前田がオフサイドの判定を受けるもいい動き出しを見せ、徐々にゴールの可能性が感じられた。さらに90分には、スルーパスに抜け出した上田綺世がGKをかわしシュートを放ったが、同点弾とはならず。

 最後までゴールを奪えなかった日本は、グループD2位で決勝トーナメント進出。1回戦は24日にグループEの1位と対戦する。

【スコア】
日本代表 0-1 ベトナム代表

【得点者】
0-1 3分 クゥワン・ハイ(ベトナム)

【スターティングメンバー】
オビ・パウエルオビンナ:杉岡大暉、原輝綺、立田悠悟:初瀬亮、三笘薫(46分 岩崎悠人)、三好康児、遠藤渓太、渡辺皓太、神谷優太:前田大然(80分 上田綺世)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815542-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534676133
続きを読む

【テレビ】<マツコ・デラックス>現役東大生のミス・インターナショナル日本代表に絶叫!「もう腕力でしか勝てないじゃない!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/18(土) 15:36:45.62 ID:CAP_USER9.net

タレントのマツコ・デラックスが、きょう18日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00~)で、歴代のミス・インターナショナル日本代表たちの美貌を絶賛する。

今回は、ミス・インターナショナルのOG会に潜入。ミス・インターナショナル日本代表だった女性たちに、当時のエピソードやその後の人生を深掘りする。

銀座にある会場に一歩足を踏み入れると、そこに集まるOGたちから漂う何とも言えないオーラに、マツコも「威圧的ね…」と早くも圧倒された様子。96年度の日本代表だったという女性は、現在45歳ながら年齢からは考えられないあまりにも容姿端麗な姿に、「奇跡の45歳!」と賞賛する。

「モテたでしょう?」と聞いてみると、学生時代には化粧もほとんどしたことがなかったが、大会当日にメイクをしてもらって日本大会に出場して受賞してしまったのだという。

他にも、ITバブルの頃、社長たちにちやほやされていたにもかかわらず、自分自身で稼ぎたいと事業を立ち上げた女性や、テレビキャスターを経て、ジャイアンツの選手と結婚したという誰もが憧れるような人生を送っているOGが次々登場。非の打ちどころがない女性たちに、思わずマツコも前のめりになって話を聞き出す。

そして、世界大会を秋に控えた、今年の日本代表も登場。現役の東大理学部だと聞くと「もう腕力でしか勝てないじゃない!!」と絶叫する。

2018年8月18日 8時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15175141/

写真http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/d/bdcca_1223_3aed484e_e8a48938.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534574205
続きを読む

【U21サッカー】日本代表GKオビ・パウエルオビンナが初先発へ アジア大会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/08/18(土) 09:33:33.73 ID:CAP_USER9.net

8/18(土) 8:12配信
スポニチアネックス

 CKキャッチで、レギュラーもキャッチだ。U―21日本代表は19日に決勝トーナメント1位通過を懸けてベトナムと対戦。

右膝負傷の小島に代わりGKは残る一人のオビ・パウエルオビンナが今大会初先発する可能性が高くなった。ナイジェリア人の
父を持つ流通経大の長身守護神。得失点差まで並ぶため引き分けの場合はPK戦決着となる大一番へ「まずは失点をしない
ということだけを考えたい」と気合を入れた。

 小島の負傷により、16日のパキスタン戦では5月のトゥーロン国際大会に続いて2大会連続で途中出場。対応し
て2戦連続完封に導いたが、ある悔いが残った。CKの場面。落下点をわずかに誤りキャッチがパンチングになった。
W杯ロシア大会では、ベルギーGKクルトワが、日本戦の最終盤に本田のCKをキャッチしたところから速攻で逆転。
パンチングでゴールからボールを遠ざける方がリスクが少ないが、20歳は「世界はもうキャッチしている。
そういうところを目指して意識してプレーする必要がある」と力を込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000064-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534552413
続きを読む

【サッカー】<日本代表監督の問題点 >なぜ国際経験のない日本人から選ぶのか?「選手は欧州で懸命にスキルを磨いているのに」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/17(金) 06:17:46.73 ID:CAP_USER9.net

ロシアW杯の1次リーグを突破した日本代表。急ごしらえの指揮官・西野監督は男を上げた格好だが、西野ジャパンは継続されることなく、日本サッカー協会(JFA)は既定路線だった「オールジャパン体制」として森保・五輪監督の代表監督兼任を発表した。この<日本化>に不安要素はないか? ブンデスリーガ1部クラブ元コーチの鈴木良平氏、サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏、ワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏の3人の論客が、森保ジャパン誕生の経緯と問題点をズバリ斬る!

■中山「選手は欧州で懸命にスキルを磨いているのに」

鈴木「W杯史上初の1次リーグ敗退に終わったドイツだが、W杯期間中にレーウ監督の留任を発表し、全面的バックアップを表明した。ドイツ復活のために指揮官は誰が適任なのか、じっくりと検証して結論を導いた」

六川「翻って日本の場合は、まずは<日本人監督を据える>という既定路線があった。代表監督を選ぶのに国籍ありきではなく、誰が日本代表を強くできるのか、何よりも<個々の名前>で選ぶのが筋ではないか」

中山「日本代表選手の多くが欧州に渡って言葉を覚え、コミュニケーションを図り、懸命にスキルを磨きながら世界と戦っている。なのに次期監督を国際経験のない日本人の中から選ぼうとし、実際に森保監督がA代表を兼任することになりました。日本人監督の“正当性を補完する”ためにオールジャパン、日本人らしいサッカー、ジャパニーズウエーといった言葉が使われ始めました」

■六川「森保バックアップ体制がまったく見えない」

鈴木「森孝慈・元日本代表監督は1979年にドイツに向かい、名門ケルンの名将バイスバイラーの薫陶を受けた。日本代表を託するにふさわしい若手指導者を日本サッカー協会や日本体育協会(現日本スポーツ協会)が、積極的に欧州に送り出して国際経験を積ませようとしたのです。そういうやり方が、今後は必要となる」

六川「そもそもJFAの技術委員会は、機能していると言えるのか? 森保監督は現在、東京五輪世代のU―21を率いて14日スタートのアジア大会を戦うためにインドネシアに滞在中。決勝まで進むと帰国は9月に入ってから。9月7日からはA代表監督としてキリンチャレンジ杯を戦う。森保監督を補佐するコーチの適任者は誰なのか、欧州組や国内組の代表候補をスカウティングするのは誰なのか、どんなバックアップ体制がとられているのか、まったく見えてこない。ロシアW杯の決勝T進出という<熱気に浮かされる>格好で何も進んでいない」

中山「森保監督自身も不安でしょう。国際経験に乏しく、何も分からないのにアジア大会に臨み、A代表の監督として初采配となるキリンチャレンジ杯を戦い、そして来年1月にはアジアカップが控えているわけですから」

■鈴木「独のようなチームマネジャーが必要」

鈴木「ドイツ代表にチームマネジャーという役職があり、元代表FWだったビアホフが務めている。彼がメディア対応などを担当し、レーウ監督の負担を大きく軽減している。代表候補選びにしても、かなりの人数のスカウティング担当者が全国を回り、詳細なリポートを作成している。日本サッカーのかじ取り役を森保監督に決めたJFAは、ビアホフのようなチームマネジャーを探し出し、強力にバックアップしていくべきだろう」

六川「ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチ監督は、JFA技術委員会の委員長だった霜田J2山口監督が連れてきたが、そういう役回りを西野前委員長、関塚現委員長がこなせるのか、と聞かれると、返答に窮してしまう。森保監督のバックアップ体制が、なかなか決まらないことは、大きな不安材料と言っていい」

2018.08.17
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/235504


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534454266
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ