日本代表

【サッカー】<森保ジャパン>ウルグアイ戦が日本の若手に与えた大きな刺激!長友「久しぶりに日本代表、強いなと思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/23(火) 07:53:17.05 ID:CAP_USER9.net

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181023-00183012-diamond-000-1-view.jpg


ウルグアイ戦では若手の中島翔哉、南野拓実、堂安律が目覚ましい活躍を見せた 

● 森保ジャパンが出足好調 若い世代が大健闘

 ロシアW杯で日本代表をベスト16に導いた西野朗氏の後を引き継ぎ、代表監督(五輪代表も兼任)に就任した森保一氏が手腕を発揮している。

 初仕事は就任直後の8月に行われたアジア大会。同大会の男子サッカーは五輪と同様、U-23代表+オーバーエイジ(OA)3人のレギュレーションが採用されている。だが、日本は東京五輪に向けた強化のため、U-21代表・OAなしで大会に臨んだ。U-23とU-21、たった2歳違いとはいえ経験値などで差がある。もちろんU-21日本代表選手も若くしてJリーグクラブやトップレベルの大学で活躍する俊英ばかりだが、若干のハンデを負って戦うことになったわけだ。

 実際、序盤のグループリーグでは苦戦が続いた。大差勝ちして当然のネパールには1点しか取れなかったし、ベトナムには0-1で敗れた。グループリーグは突破したものの、内容的には先が思いやられる出来だった。

 だが、決勝トーナメントに入ると、強いチームになっていった。1回戦こそマレーシアに1-0の辛勝だったが、準々決勝以降はサウジアラビア、UAEという難敵を撃破し、決勝に駒を進めた。

 決勝戦の相手、韓国はU-23のうえ、OAにイングランドの強豪トットナムで活躍するソン・フンミンを擁する。サッカー通からは大差負けを危惧する声が上がった強敵だ。ところが試合は90分間で0-0。延長戦で失点し、1-2で敗れたが、大健闘といっていい内容だった。

 森保監督は、若く未完成のチームでも勝ち切れる采配をし、結果を出すことで選手に自信をつけ、短期間で成長させたわけだ。

● A代表も3連勝し、 極めつけはウルグアイ戦

 続く9月、10月はA代表を率いて国際親善試合に臨み3連勝。ロシアW杯にも出場したコスタリカとパナマには、いずれも3-0で完勝した。

 そして極めつけが16日に行われたウルグアイ戦だ。相手はFIFAランク5位でロシアW杯でもベスト8になった強豪(W杯優勝が2回)。だが、この日の日本代表はまったく臆することなく対等以上のプレーを見せた。

 なかでも目を見張ったのは攻撃を担った堂安律、中島翔哉、南野拓実の躍動だ。この3人は相手ゴールを脅かし続けた。堂安と中島にボールが渡ると果敢なドリブル突破あり、絶妙なパスあり、ボールを奪われても粘って取り返すし、相手が少しでも隙を見せると思い切ってシュートも打つ。前線ではボールをしっかりと収める大迫勇也とともに、南野が強気のプレーでチャンスを決め切る仕事をした。また、他の選手もこの攻撃陣のイケイケの姿勢に呼応するように自分の役割を果たす見事なプレーを見せた。しかも、強豪ウルグアイを相手に、だ。

 長年、日本代表戦を見てきたファンが「こんな日本代表を見てみたい」と願っていた試合が、この日、実現したと言っていいほどの内容だった。

 そう感じたのは観戦者だけではない。長い代表歴を持ち(A代表出場数110)、この試合でもプレーした長友佑都は「ぼく自身、やっててワクワクしました。久しぶりに日本代表、強いなと思った」と語っている。また、長友は相手GKのムスレラと現在所属するトルコ・ガラタサライのチームメイトだが、試合後、言葉を交わし「凄いな、日本代表はこんなに強いのか」と言われたという。同じピッチでプレーした選手をも驚かせる試合をこの日の日本代表は見せたのだ。

10/23(火) 6:01配信 ダイヤモンドオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00183012-diamond-soci

2 名前:Egg ★:2018/10/23(火) 07:53:30.06 ID:CAP_USER9.net

そして、それを実現に導いたのは森保監督である。出場メンバーを選び、彼らを生かす戦術を授けた。細かなパスで崩すことより、ドリブル突破や裏へのパスでより速く相手陣に入ることを優先。守りの形が整う前にゴールを狙うというものだ。それができる選手を起用し、伸び伸びとプレーさせることで、この凄い試合が生まれた。

● ウルグアイ戦の若手躍動が 他の選手に与える刺激

 日本代表がこのような試合をウルグアイ代表相手にできたことはもちろん収穫だが、この試合にはそれとは別の重要な意味があったと考えられる。他の日本選手に与えたであろう大きな刺激だ。

 長友同様、ロシアW杯で実績を残した代表選手も、この試合内容には刺激を受けただろう。とくに堂安、中島とポジションがかぶる香川真司や乾貴士などは、うかうかしていられないと発奮材料になったはずだ。

 また、堂安、中島、南野に共通するのは所属クラブが欧州4大リーグではないことだ。4大リーグはスペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの1部リーグを差すが、堂安はオランダ1部のフローニンゲン、中島はポルトガル1部のポルティモネンセ、南野はオーストリア1部のザルツブルクだ。

 これらのリーグは4大リーグに比べ、レベルが落ちると見られがちで、日本のファンだけでなくサッカー関係者も4大リーグに一目置く傾向がある。実際、過去の日本代表の海外組も多くが4大リーグ所属選手だった。が、4大リーグ以外の欧州リーグもかなりハイレベルの戦いをしている。

 もちろん4大リーグのクラブでレギュラーの座を勝ち取り、常時試合に出場しているなら、それに越したことはない。が、各国の代表クラスが集まり競争の激しい4大リーグのクラブで出場機会が限られているのであれば、それ以外のリーグでもレギュラーとして活躍している選手の方がいいと森保監督は考え、代表に招集しているわけだ。

 今回の日本代表では遠藤航も、初招集ながらパナマ戦で好プレーを見せた冨安健洋もベルギー1部のシント・トロイデン所属だ。森保監督はリーグの格よりも、クラブから実力を認められレギュラーとして活躍している選手を正当に評価する目を持っているわけだ。

つづく

3 名前:Egg ★:2018/10/23(火) 07:53:49.77 ID:CAP_USER9.net

欧州でプレーしている選手は誰もが、レベルの高い欧州リーグでもまれることで実力を高め、代表入りすることを目標としている。4大リーグ入りはハードルが高いが、現在所属しているクラブでも結果を残せば、森保監督は評価してくれることが実感できたはずだ。

● 次は誰が活躍する? “非”4大リーグにいる期待の若手

 4大リーグ以外の国のクラブでレギュラーとして活躍している選手は数多くいる。たとえばベルギー1部KASオイペンに所属する豊川雄太。鹿島から岡山に移籍し、U-22日本代表でも活躍した選手だが、昨シーズンの終了間際、オイペンに移籍した。サッカーファンはご存じだろうが、ここで豊川はいきなり奇跡的偉業を成し遂げる。オイペンは最終節で3点差をつけて勝たなければ2部降格の崖っぷちの状況にあったが、試合は0-0で後半へ。誰もが残留は絶望と思っていた残り30分ほどで豊川が途中出場、ハットトリックと1アシストを決め、1部残留を決めたのだ。そのためサポーターから豊川はクラブの救世主とも呼ばれ、今季もレギュラーとして活躍している。

 オランダ1部のヘーレンフェーンに所属する小林祐希もレギュラーの座をキープしている。小林は磐田で活躍し、2016年にはA代表も経験しているが、オランダ移籍後は招集されていない。が、相手の弱点を衝くプレーができ、本田圭佑を彷彿とさせる強気発言も代表向き。代表で観たいファンも多いはずで、今の活躍を続けていれば、復帰の可能性は出てくるだろう。

 過去の実績よりも現在の活躍を重視するという森保監督の方向性はJリーグの選手にも希望を与えたに違いない。ウルグアイ戦の日本代表が多くの選手に与えた刺激は実力向上へのモチベーションにつながり、さらなるレベルアップを促すだろう。ひいてはそれが世界の壁を突破する原動力になるかもしれない。

 ウルグアイ戦の試合内容はそれほどの意味があると言っていいのではないだろうか。

 (スポーツライター 相沢光一)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540248797
続きを読む

【サッカー】 「みんな、気を付けてな!」 日本代表DF槙野がファンに要望「“選手”と付けた方がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:X_ファイル ★:2018/10/23(火) 00:15:19.06 ID:CAP_USER9.net

「街中や、練習場で声を掛ける時は…」 浦和DF槙野が持論ツイートで反響

日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)が22日に自身の公式ツイッターを更新し、街中やトレーニング場で選手に声を掛ける際のポイントを記してファンに呼び掛けている。

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した槙野は、森保一監督率いる日本代表に招集されると、新体制初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)、今月12日のパナマ戦(3-0)と2試合連続フル出場を果たした。

 ロシアW杯後も代表戦士として存在感を放つ男が自身の公式ツイッターを更新し、「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」と提案。“選手”という一言を添えた方がいいと綴った。

 その理由について、「そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから」と槙野は記しており、選手側の気持ちを代弁する形で思いを伝えている。代表とクラブのムードメーカーらしく、最後はフランクに「みんな、気を付けてな!」と呼び掛けた。

 返信欄には様々なコメントが並び、多くの人がリツイートするなど、日本代表DFのツイートが大きな反響を呼んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00143111-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540221319
続きを読む

【ラグビー】キン肉マンとラグビー日本代表が初コラボ 会場限定グッズも販売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:THE FURYφ ★:2018/10/22(月) 21:04:50.09 ID:CAP_USER9.net

 日本ラグビー協会は22日、11月3日に東京・味の素スタジアムで行われる「リポビタンDチャレンジカップ2018」
日本―ニュージーランド戦を盛り上げるため、W杯日本大会が開催される来年に生誕40周年を迎える大人気漫画
『キン肉マン』とコラボレーション企画を実施すると発表した。世界ランキング1位の世界最強国を迎え撃つ日本代表を
後押しするため、「鍛え抜かれた筋肉と正義の心で戦う超人たちを起用した応援キャンペーンが実現しました」としている。

企画では主人公のキン肉マンやテリーマン、ロビンマスクら人気キャラクターが桜のジャージーを着用したビジュアルを作成。
東京メトロ各駅でポスター掲出やデジタルサイネージを表出するほか、29日から11月4日には京王新宿駅をジャックし、
ホーム柱やデジタルサイネージを展開する。また、試合当日は会場内でのみ購入できる限定グッズを販売。ジャージー姿の
キン肉マン、テリーマン、ロビンマスクの等身大パネルを展示したフォトスポットも設ける。

キン肉マンは『週刊少年ジャンプ』で1979年から87年まで、387話が掲載された大人気漫画。アニメ化や映画化もされ、
2011年からは週プレNEWSでも毎週月曜日に連載中。ゆでたまご氏のデビュー作かつ代表作で、男性を中心に現在でも
根強い人気を誇る日本を代表するプロレス格闘漫画だ。

日本代表は現在、宮崎市内で合宿を行い、5年ぶりとなるラグビー王国との対戦に向けて準備を進めている。日本協会は
17日時点で入場チケットの販売状況を約7割と説明しており、さらなる販売促進に向けても強力な援軍となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000146-spnannex-spo

画像
https://amd.c.yimg.jp/im_siggKfrty.Ix.dTv1t38fD0TKA---x900-y637-q90-exp3h-pril/amd/20181022-00000146-spnannex-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540209890
続きを読む

【サッカー】<元日本代表DF岩政大樹>現役引退をブログで発表!「プロサッカー選手を引退します」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/22(月) 12:13:04.15 ID:CAP_USER9.net

元日本代表DF岩政大樹(36)が22日、自身のブログで現役引退を発表した。午前11時49分にアップし、「私はプロサッカー選手を引退します」と表明した。

 岩政は山口・岩国高から東京学芸大をへて2004年にJ1鹿島入り。その後はテロ・サーサナ(タイ)、J2岡山などでプレーし、2017年からは関東1部リーグの東京ユナイテッドに移籍した。

 J1通算290試合35得点、J2通算82試合10得点。日本代表として2010年南アフリカW杯に参加。国際Aマッチ8試合無得点だった。

元日本代表DF岩政が現役引退をブログで発表「プロサッカー選手を引退します」

10/22(月) 12:09配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000064-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540177984
続きを読む

【テレビ】<松本人志>日本代表の活躍で前園へ「サッカー調子いいと、どんどん前園さんも呼ばれるから、もう笑いが止まれへんよね?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 11:18:05.09 ID:CAP_USER9.net

元サッカー日本代表でタレントの前園真聖(44)が21日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し
16日のサッカーキリンチャレンジカップ2018でFIFAランキング54位の日本が同5位のウルグアイに4―3で勝利した一戦について選手間で
「競争意識が生まれて代表として活性化していいんじゃないか」と解説した。

これを受けてダウンタウンの松本人志(55)が「サッカー調子いいと、どんどん前園さんも呼ばれるから、もう笑いが止まれへんよね?」
と突っ込まれると前園は「そうですね。だから活躍してもらえれば」と返した。

さらに松本が「TBSとかTBSとか」と突っ込み続けると「そうですね、いろんなポジションでやっていきたいなと思っています」
とうなずくと松本は「局のことポジションって言うんや」と話していた。

10/21(日) 11:13配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000028-sph-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181021-00000028-sph-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540088285
続きを読む

【サッカー】<日本代表・南野拓実> フォルランから「なぜパスをよこさない?」と詰め寄られた際に放った言葉「うるさい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 08:14:56.92 ID:CAP_USER9.net

10月16日のウルグアイ戦で2ゴールを決め、サッカー日本代表の新司令塔に名乗りを挙げた南野拓実には、“負けん気の強さ”を示すエピソードがあった。

サッカー日本代表は、16日に行われた国際親善試合で、FIFAランク5位の強豪・ウルグアイ代表と対戦。激しい点の取り合いの末、4-3で勝って、森保一監督は初陣から3連勝を飾りました。W杯ロシア大会で8強のウルグアイは、ほぼベストメンバーだっただけに、日本の着実な進化を示す1勝となりました。

この勝利に大きく貢献したのが、MF・南野拓実(23歳、ザルツブルク)です。前半10分、中島翔哉(ポルティモネンセ)からのパスを受けると、ペナルティーエリア内でシュート。ボールはGKの足に当たってからネットを揺らし、先制ゴール! これで南野は、代表で初ゴールを挙げてから3試合連続のゴールとなりました。Jリーグ発足後では、2015年の岡崎慎司以来3人目の快挙です。

その後、ウルグアイに2度追い付かれた日本ですが、「半端ないって」の大迫勇也(ブレーメン)と、東京五輪代表世代の20歳・堂安律(フローニンゲン)が相次いでゴールを決め、3-2とリード。

追加点の欲しい後半21分、堂安が放ったシュートのこぼれ球に素早く反応し、4点目を奪ったのが南野でした。その後も追いすがるウルグアイを、4-3で振り切った日本。南野の2ゴールが大きくものを言ったのです。試合後、南野は、

「チームの勝利に貢献できて、素直にうれしいです。きょう2ゴールできたことは自分にとって自信になる。アジア杯までのサバイバルのなかで、監督にアピールできたのはよかった」。

また先制ゴールについて、

「(中島)翔哉があそこで右足でボールを持ったときは狙っていた。ターンからシュートはイメージ通りスムーズにできた」

と、2016年リオ五輪でともに戦った中島とのコンビネーションを強調。さらに、

「(気持ちは)いつも通りでした。相手が強いのはわかっていたけど、だからって気負うことはないし」

と言ってのけたのです。

今回大活躍した南野・中島・堂安の若手トリオは、本田圭佑・香川真司・岡崎慎司の「ビッグ3」に代わって、日本代表の未来を担う「新ビッグ3」と呼ばれています。

とくに南野は、代表戦3戦4発の固め打ちで、一躍トップ下の香川を脅かす存在になりましたが、

「まだ早いし、次選ばれることに集中したいし。先のことはあんまりしゃべりたくない。また結果を残さないと代表はない」

と、あくまで謙虚。しかし、負けん気は誰よりも強いのです。

南野がセレッソ大阪に在籍していた2014年、W杯南アフリカ大会でMVPに輝いたフォルラン(元ウルグアイ代表)とチームメイトでした。パスを出さずに自らシュートを打つと「なぜパスをよこさない?」と詰め寄られることもありましたが、物怖じせず「うるさい!」とにらみ返したと言います。

「W杯を戦ったメンバーにすごいリスペクトがある。とはいえ、そのメンバーを脅かす存在になって行かないといけない」

という南野。新司令塔候補の、さらなる進化に期待です。

10/21(日) 7:02配信 ニッポン放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010021-nshaberu-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181021-00010021-nshaberu-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540077296
続きを読む

【サッカー】レアル下部組織のMF中井を初招集 U―15日本代表フランス遠征で初の日の丸

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/10/19(金) 19:02:06.78 ID:CAP_USER9.net

10/19(金) 18:49配信 スポーツ報知


 日本サッカー協会は19日、U―15日本代表のフランス遠征メンバー18人を発表し、スペインの名門レアル・マドリードの下部組織、カデーテAに所属するMF中井卓大(14)を初招集した。中井が世代別の日本代表に選出されるのは初。


 滋賀県出身の中井は、2012年夏に日本で行われた「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012」で優秀選手に選ばれ、13年4月にはスペインで「チャレンジキャンプ」に参加。同9月の入団テストに合格し、9歳で名門の下部組織に加入した逸材だ。その経歴から同じくスペインの名門バルセロナに所属していたFW久保建英(17)=横浜M=と比較される。

 U―15代表は「バル・ド・マルヌU―16国際親善トーナメント2018」に参加。10日にU―15オーストラリア代表、11月1日にはU―15フランス代表、同3日にはU―15イングランド代表と対戦する。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000121-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539943326
続きを読む

【サッカー】「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/18(木) 14:38:20.16 ID:CAP_USER9.net

10/18(木) 5:14配信
「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!

「我々は日本アタッカー陣のスピードとコンビネーションに屈した」
 
 試合後、ウルグアイ代表を率いるオスカール・タバレス監督の言葉が印象的だった。
 
 新生日本代表は4-3の快勝に終わったウルグアイ戦で、その長所と短所を鮮明に描き出していた。長所とはもちろん、攻撃である。ここまで攻撃がストロングポイントとして浮かび上がったチームを私は知らない。四半世紀以上、日本代表を取材してきて、初めての感覚ではないかと思う。
 
 ポジティブな要素は数え切れない。
 
 明らかに勝ちにきた骨のある相手に、3試合で10得点を挙げた。南野拓実はそのうち4得点を決め、本物のストライカーであることを証明。中島翔哉の卓越したプレービジョン、高精度のパス&キックの精度、そしてどこからでも貪欲にシュートを撃つ姿勢が目を引く。森保ジャパンにおける変革の旗頭は間違いなく彼だ。
 
 堂安律も素晴らしい。ウルグアイ戦では代表初得点を綺麗に決めたし、とりわけその後半、右サイドで構築した酒井宏樹との連携が圧巻だった。急造とは思えない円滑さで、ホットラインと形容するに相応しい。日本の波状攻撃を引き出し、ウルグアイ守備陣にとっては脅威以外のなにものでもなかった。中島と長友佑都の左サイドも然りで、日本の両翼は躍動したばかりでなく、娯楽性も十二分だったと言える。

 
 これまで長きに渡って、日本代表の強みは常に中盤にあった。中田英寿、中村俊輔、小野伸二らが活躍した時代、日本が誇る世界的な名手はいずれもミッドフィルダーだった。換言すれば、サッカー少年や若手が目ざした憧れの対象もまた彼らミッドフィルダーで、香川真司や本田圭佑らがバトンを受け継いだ。
 
 とはいえ、最大の長所なりチームカラーは攻撃だ、と断言できる時代はなかった。ロシア・ワールドカップが良い例だろう。前述の3選手のほか、大会では大迫勇也や乾貴士、原口元気、柴崎岳といったタレントが異彩を放ったが、かならずしも“攻撃的”ではなかった。FIFA(国際サッカー連盟)のテクニカルレポートによれば、出場32か国で「敵ペナルティーエリア内に侵攻した平均回数」で、日本は下から4番目。韓国、パナマ、イランをわずかに上回ったに過ぎない。数字上でも明らかで、攻撃的とは言えないチームだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048926-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181018-00048926-sdigestw-000-7-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539841100
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ