吉田麻也

【サッカー】吉田麻也はベンチが続いており、ワールドカップへ向けた重要なこの時期にポジションを失っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/02/12(月) 14:22:45.96 ID:CAP_USER9.net

ファン・ダイクの後継者は吉田麻也ではなかったのか 英紙が認めたのは24歳のスティーブンス


急激に成長するスティーブンス photo/Getty Images

指揮官もファン・ダイクの穴埋めできると自信

サウサンプトンは今冬にリヴァプールへ売却したDFフィルジル・ファン・ダイクの穴をどう埋めるのか。これは大きな注目ポイントだった。今季前半戦の戦いぶりからするとヴェスレイ・フートと日本代表DF吉田麻也の2人で埋めるはずだったのだが、英『Daily Mail』は24歳のジャック・スティーブンスをファン・ダイクの後継者候補と呼び始めている。

サウサンプトンは11日にリヴァプールと対戦し、この試合もセンターバックのコンビはフートとスティーブンスだった。吉田はベンチが続いており、ロシアワールドカップへ向けた重要なこの時期にポジションを失っている。海外組の中でも継続的に出場機会を確保していた選手だけに、ファン・ダイクが抜けた今ポジションを失うのは予想外の事態だ。

指揮官のマウリシオ・ペジェグリーノも現戦力でファン・ダイクの穴を埋められると考えており、特にスティーブンスに大きな期待をかけている。

「我々はファン・ダイクの穴を埋めるのに十分な選手を抱えていると思う。吉田、フート、ジャック、若いがヤン・ベドナレクもいる。ジャックは重要な選手になる潜在能力を持つホームグロウンプレイヤーだ。昨季もジャックは後半戦にかけて徐々にプレイタイムが増えたが、今も同じだ。フィルジルが抜けてジャックにはよりチャンスがあり、彼は成長するために謙虚にハードワークを続けないとね。我々は彼がフィルジルの穴を埋められると自信を持っているよ」

スティーブンスは2011年にプリマスからサウサンプトンに加入し、そこからスウィンドン・タウンやミドルズブラなどレンタル移籍を経験してサウサンプトンへ戻ってきた。年齢的にもポジションを確保するには最適な時期にきている。吉田としては想定外のライバルとなっており、スティーブンスが真のファン・ダイクの後継者なのかもしれない。
https://www.theworldmagazine.jp/20180212/01world/england/196499


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518412965
続きを読む

【サッカー】<プレミアリーグ第21節>サウサンプトンがマンチェスター・Uとスコアレスドロー!吉田麻也はフル出場で無失点に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/31(日) 08:38:47.45 ID:CAP_USER9.net

■プレミア第21節 マンチェスター・U 0-0 サウサンプトン

現地時間30日、イングランド・プレミアリーグ第21節が行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦しスコアレスドローに終わった。吉田はキャプテンとしてフル出場を果たし、クリーンシートに貢献している。

レスター・シティ、バーンリー相手に2試合連続でドローに終わり、首位を独走するマンチェスター・シティとの勝ち点差は「15」にまで開いてしまったユナイテッド。一方のサウサンプトンも7試合白星に見放され、吉田も「危機的状況」と評するほど、長いトンネルから脱することができずにいる。

ともに浮上のキッカケとしたい両者の一戦は、立ち上がりから球際で激しい攻防を見せたものの、7分に負傷者を出してしまう。ロメル・ルカクがヴェスレイ・フートとの競り合いで頭部を打ち、倒れたまま起き上がれず。約5分間の治療の末、14分に担架に運ばれてピッチを後にし、代わってマーカス・ラッシュフォードが投入される。

試合再開後はユナイテッドが攻勢に試合を進めるが、サウサンプトンも粘り強い守備で応対。33分には、ジェシー・リンガードがペナルティーエリア内で浮き球をコントロールしたところを戻った吉田がブロック。リンガードは手に当たったとアピールするが、笛は吹かれなかった。

アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、互いに決め手を欠き、膠着した展開のままスコアレスで後半へ。ユナイテッドは投入されたラッシュフォードが気を吐いて前線で起点となるが、左サイドに入ったヘンリフ・ムヒタリャンがクロスの精度を著しく欠き、決定的な場面を作るには至らなかった。

後半に入ると、前半よりもサウサンプトンがカウンターのチャンスを増やしていく。50分、カウンターからドゥシャン・タディッチが右に展開し、ピエール=エミル・ホイビュアの折り返しをゴール前でシェイン・ロングが合わせるも、GKダヴィド・デ・ヘアが足に当ててゴール上へと外れた。

攻撃に変化を加えたいユナイテッドは65分、ムヒタリアンを諦めてアントニー・マルシャルを投入。左サイドからの打開が期待された。

しかし、70分を過ぎたあたりから、サウサンプトンがユナイテッドゴールへと徐々に近づいていく。80分には、前線で存在感を放っていたロングに代えてマノーロ・ガッビアディーニを投入する。

ユナイテッドも81分、右サイドからのFKがゴール前で混戦となり、最後はポール・ポグバが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定。触らなくても入ったように見えたが、ボールに関わってしまいオフサイドを取られてしまった。

サウサンプトンは82分、タディッチに代えてマリオ・レミナ、85分にはソフィアン・ブファルに代えてネイザン・レドモンドを投入し、交代枠を使い切る。このまま勝ち点1を確保するだけでは満足しないという指揮官の意思が感じられた。

地力で勝るユナイテッドはサイドから執拗にクロスを放り込むが、ゴール前を固めるサウサンプトン守備陣にことごとく跳ね返される。攻撃の変化を加える役もフアン・マタくらいで、ポグバがなかなか高い位置でボールを受けられないためゴールが遠い。

結局、スコアに動きのないまま試合は終了。ともに勝利が欲しい状況だったが、痛み分けで勝ち点1を得るにとどまった。

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171231-00000038-goal-000-2-view.jpg


12/31(日) 4:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000038-goal-socc

【サッカー】<日本人欧州組19人の「前半戦の平均採点」を紹介!>吉田、乾、酒井宏を上回る驚異の7点台を叩き出したのは?
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514627501/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514677127
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、強豪ベルギー相手に粘り強く守るも失点「全員が一瞬気を抜いてしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/15(水) 08:31:38.73 ID:CAP_USER9.net

現地時間14日にベルギーのブルージュで国際親善試合が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。
ベルギー戦後、日本代表DF吉田麻也が試合を振り返っている。

対戦したベルギー代表の印象については「彼らが明らかにフラストレーションがたまりながらプレーしてるのは感じられた。
だからうまく我慢してよかったんですけど、結局ワンチャンスをモノにする差が大きく顕著に出てしまったかなと。
決めるところしっかり決める選手はやっぱりあのチームにはいますし、ホントに1つだけだと思います」と、決定力の差が勝敗を分けたとの考えを示した。

一方で「これを善戦したってことだけで終わりにせずに、やっぱりもう1個2個足りないってのはキッチリ理解して、前に進んでいかなきゃいけないなと思います」と語っている。

ロメル・ルカクに決勝点を決められた失点シーンについては「ホントに一瞬気を抜いてしまったんじゃないかと、全員がね。
誰か1人だけじゃなくて、中盤も後ろも一瞬気を緩めてしまったがゆえに、中に入られてしまった。
本来だったら外に外に追い込むべきだと思うんですけど、クロスもすごくよかったですし、ボックスに入った後はノーチャンスだったと思います。
その前で止めるべきだったと思います」と指摘している。

ただ、手応えは感じているようで「ブラジルは正直、だいぶ差があるなと思いましたが。
ベルギーとの差はそんなに、ブラジルと同じくらいあるかっていったらそうじゃないと思う。特に彼らが好調な時だったらまた難しいと思いますけど。
明らかに調子がよくないなと。多くの選手がイングランドでやってるんで、チームでやってるのと全然違うパフォーマンスだなと感じました。
そういう相手に対してそういうコンディションならやれるんだってのをしっかり把握してほしいと思います」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00241084-footballc-socc
11/15(水) 8:20配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510702298
続きを読む

【サッカー】吉田麻也警戒“ルカク包囲網”だ! 14日ベルギー戦「強くて速くてうまい」身長193センチ、体重94キロ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/14(火) 07:24:46.26 ID:CAP_USER9.net

「国際親善試合、ベルギー-日本」(14日、ブリュージュ)

親善試合・ベルギー戦(14日・ブリュージュ)に臨むサッカー日本代表は12日(日本時間13日未明)、ベルギー入り後の初練習を行った。
荒天の影響で約1時間弱で練習は切り上げられたが、紅白戦を行い戦術を確認した。
DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=は、相手エースFWロメル・ルカク(24)=マンチェスターU=を封じ込めるために“ルカク包囲網”を形成する考えを示した。

規格外のストライカーを封じて、勝利をつかみ取る。ベルギー戦に向け、横殴りの風雨の中での練習を終えた吉田が、相手エース対策を口にした。
ベルギーについて「タレントで言ったらブラジルとひけをとらない。世界トップクラス」。
その上でプレミアでも対戦するルカクについて問われると「何度もやっていますけど、強くて速くてうまい」と警戒心を強めた。
その上で「1人だけじゃなくて、2人、3人で守らないと」と包囲網形成を誓った。

マンチェスターUのルカクは身長193センチ、体重94キロという圧倒的なフィジカルと、高い決定力を持つ点取り屋。
まだ24歳だが、10日のメキシコ戦でも2得点を挙げ、ベルギー代表史上の歴代最多得点記録(30得点)に並んだ。
「1個、2個チャンスがあれば必ずものにしてくると思うので、90分を通してそこをどれだけ抑えられるか」。
DF長友も「皆の感覚がどれだけ一つになっているかが大事」と話した。

格上相手との一戦。守備陣が担う役割は多いが「僕らが彼ら以上にハードワークしないと。
南ア(W杯)の前も闘莉王さんとか言ってましたけど(日本は)うまくないんで。
もっとがむしゃらに、死にものぐるいでやっていかないといけない」と吉田。魂の守備で勝利につなげる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000015-dal-socc
11/14(火) 6:04配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510611886
続きを読む

【サッカー】吉田麻也「アホなこと…」「なぜプレミアがVARを導入しないか分かった」W杯へ日本VAR対策急務

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:渋柿の木 ★:2017/11/13(月) 16:48:38.51 ID:CAP_USER9.net

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“怖さ”を日本も味わった。前日ブラジル戦の開始早々に初めて体験。
DF吉田のファウルがVARで認定され、3失点崩壊につながるPKを献上。後半は、DF酒井宏と競ったFWネイマールに警告が出た。
ただ、こちらはピッチ中央で大勢に影響がないのに、1分ほど待ち時間が発生。観客席からブーイングが飛んだ。

吉田は「アホなことした」と猛省した上で
「イングランドだったら全員ファウル。なぜ(肉弾戦が好まれる)プレミアがVARを導入しないか分かった」と戸惑った。
一方で「自分の理解不足が悪い。本大会でもやるんですよね?」と報道陣に逆質問した。
FIFAのインファンティノ会長が「サッカーの未来」とまで言い、W杯で導入する見通し。
新システムを無視するわけにはいかなくなった。

日本戦の前夜に行われたW杯欧州予選プレーオフ・スイス-北アイルランド戦では、スイスの選手のシュートがDFの右肩後部に当たり、決勝PKを獲得。
北アイルランドの監督が「VARがあれば…」と嘆き、物議を醸した。
JリーグではW杯翌年の19年から導入する可能性を模索しているが、直近のW杯まで残り7カ月。
世界との差を詰めるだけでなく、VAR対策も急務となった。【木下淳】

日刊スポーツ
吉田麻也「アホなこと…」W杯へ日本VAR対策急務
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201711120000041.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510559318
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、VARでPK献上「ゲームを台無しにしてしまうようなミスだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/11(土) 06:12:17.55 ID:CAP_USER9.net

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

日本代表は現地時間10日、ブラジル代表との国際親善試合に臨み1-3で敗れた。

吉田麻也は試合後、「ゲームを台無しにしてしまうようなミスだった」と振り返った。
前半早々、ブラジルのCKの際に吉田はPA内で相手と交錯。数分後、ビデオ・アシスタント・レフェリーで吉田のファウルとされ、ブラジルにPKが与えられた。

ここで失点したことで、試合の流れが決まってしまった。吉田は「フェルナンジーニョにブロックされて、それをはがそうとしたらちょっと必要以上に振りほどいてしまった。
前半の立ち上がりは失点しないでしのごうというのがプランだったので、本当にアホなこと、もったいないことをしてしまったなと思います」と、悔しさを滲ませた。

それでも、「これを1回体験できたというのは、僕にとっての今日の収穫じゃないかなと思う」と前向きに話していた。

ブラジルには力の差を見せられたが、後半は奮闘した。吉田は「もっと全然やれるんじゃないか」と手応えを感じつつこう語る。

「勘違いしてはいけないのは、相手も抜いたんだってのは理解しとかなきゃいけない。過信することなく、しっかり自信を持って次のベルギー戦に挑まなければいけない」

VARをはじめブラジル戦で得た教訓を活かし、次戦に向かいたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171111-00240169-footballc-socc
11/11(土) 1:23配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510348337
続きを読む

【サッカー】<ハリルジャパン>次期主将めぐる“熱きバトル” 現在はDF吉田麻也が“主将代行”を務め、次期候補の最有力

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/10/03(火) 19:12:14.65 ID:CAP_USER9.net

今後のハリルジャパンではレギュラー争いに加え、次期主将をめぐるアツい戦いにも注目が集まる。

 2010年南アフリカW杯から長らく主将を務めるMF長谷部誠(33=Eフランクフルト)にはハリルホジッチ監督も絶大な信頼を寄せている。だが3月に手術した右ヒザの状態が悪く、今後いつまで代表でプレーできるかは不透明。今回も大事をとる形で代表メンバーから外れた。長谷部自身もいつでも主将を禅譲する意思を見せており、いつ主将の交代があってもおかしくない状況だ。

 所属チームで主将経験があるという点では、ドイツ1部の名門ハンブルガーSVで昨季途中から主将に抜てきされたDF酒井高徳(26)に期待がかかる。「(吉田)麻也君がしっかりチームをまとめているし、僕はクラブとも役割がまた違ってくるから」と謙遜するが、代表でも人望が厚いだけに資格は十分だ。

「代表にはそういう面でも素晴らしい選手がたくさんいる」と酒井高が話すように、他にも適任の人材が豊富にいる。DF昌子源(24=鹿島)がプッシュするのが、今回はケガで招集されていないMF柴崎。「岳には長谷部さんと同じようなオーラがある。背中で引っ張れる」と主将の資質を見込んでいる。

 他にもC大阪で主将経験のあるMF山口蛍(26)や手倉森ジャパンで主将のMF遠藤航(24=浦和)、慶大時代からリーダーシップに定評のあるFW武藤嘉紀(25=マインツ)など候補者は多い。現在はDF吉田麻也(29=サウサンプトン)が“主将代行”を務め、次期候補の最有力だが、長谷部が主将に就任したのが26歳。若手への世代交代のハードルは決して高くはない。

2017年10月3日 16時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13698634/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507025534
続きを読む

【サッカー】<日本代表CB>吉田麻也が29歳バースデーにサウサンプトンと契約延長…2020年まで新契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 23:40:04.96 ID:CAP_USER9.net

8/24(木) 23:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000027-goal-socc

現地時間24日、プレミアリーグのサウサンプトンが日本代表DF吉田麻也と2020年までの新契約を締結したと発表した。


この日24日、29歳の誕生日を迎えた吉田はこれまで名古屋グランパス、VVVフェンロを経て12-13シーズンからサウサンプトンに在籍。今シーズンでプレミア挑戦6年目を迎えていた。

レ・リード副会長は「マヤはここで大きく成長したプレーヤーで、ヴィルヒル・ファン・ダイクやジャック・ステーフェンスとともに素晴らしい連係を見せている。彼は昨季リーグ・カップでのファイナル進出に欠かせない存在だったからね」と、吉田との契約延長に喜びのコメントを寄せた。

また、吉田もクラブ公式メディアを通して、「ここは僕にとってホーム。サウサンプトンで旅を続けることができて嬉しく思っています。僕のキャリアにとって新しい章になる」と、セインツとの新契約に歓喜の言葉を発した。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503585604
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ