吉田麻也

【サッカー】<日本代表「ポジション別最新序列」>招集全68人を5段階評価…右サイドの「堂安vs伊東」が白熱! 吉田麻也の「相棒」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/17(木) 09:11:06.23 ID:NOIZKATf9.net

GKは権田がシュミットとの争いを一歩リード リーダー吉田の相棒争いは再び混沌

 森保一監督が就任した日本代表は、初陣となった昨年9月のコスタリカ戦から直近のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦まで23試合を戦ってきた。

 多くの選手を起用し、様々なトライをしながらチーム作りを進めているなか、各ポジション内での最新パワーバランスはどのような状況になっているのか。招集全68人をポジション別に分け、5段階評価(不動/スタメンクラス/バックアッパー/成長株/未来枠)で見ていく。

【序列内の記号/上から下へ序列高い順】

◎=不動
○=スタメンクラス
△=バックアッパー
☆=成長株
◇=未来枠

■GK
◎ 権田修一(ポルティモネンセ)
〇 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
△ 川島永嗣(ストラスブール)
△ 東口順昭(ガンバ大阪)
△ 中村航輔(柏レイソル)
☆ 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
◇ 小島亨介(大分トリニータ)

 コパ・アメリカ(南米選手権)までは唯一不動を言える存在のいないポジションだった。しかし、権田がシュミットの怪我で急遽先発した9月のパラグアイ戦から4試合連続でクリーンシートを達成し、頭一つ抜け出した感がある。シュミットは「ゴンちゃんはずっと無失点だし、替える理由もないと思う」とし、来たるチャンスに備える胸中を明かしている。大ベテランの川島の継続招集されているなか、リオ五輪世代の中村、コパ組の大迫と小島の突き上げもほしいところだ。

■CB
◎ 吉田麻也(サウサンプトン)
〇 冨安健洋(ボローニャ)
〇 植田直通(セルクル・ブルージュ)
〇 昌子 源(トゥールーズ)
△ 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
△ 槙野智章(浦和レッズ)
△ 三浦弦太(ガンバ大阪)
◇ 立田悠悟(清水エスパルス)

 ディフェンスリーダー吉田の相棒は進境著しい冨安に固定されつつあったなか、モンゴル戦で冨安が負傷離脱して再び“もう一枠”の争いは混沌。タジキスタン戦にフル出場した植田は、ピンチこそあったが最終的に無失点で切り抜けている。今季は怪我がちな昌子を含めて競争は続くだろう。バックアッパーでは、今年3月から継続招集されている畠中が、現段階では槙野や三浦よりも上に立った印象がある。

安西がバックアッパーとして対応 ボランチの一角は遠藤と橋本が一騎打ち
【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
◎=不動
○=スタメンクラス
△=バックアッパー
☆=成長株
◇=未来枠

■右サイドバック
◎ 酒井宏樹(マルセイユ)
△ 冨安健洋(ボローニャ)
△ 安西幸輝(ポルティモネンセ)
△ 室屋 成(FC東京)
△ 西 大伍(ヴィッセル神戸)
◇ 岩田智輝(大分トリニータ)
◇ 原 輝綺(サガン鳥栖)

 酒井の一番手は変わらず不動。左サイドバック同様、レギュラーを脅かす選手がいないのが懸念材料だが、森保監督は9月のパラグアイ戦でセンターバックの冨安を後半からセンターバックで起用する采配を見せた。対戦相手によっては、最終ラインの大型化を図るうえでも“SB冨安”はオプションとして定着するかもしれない。酒井が負傷交代したモンゴル戦では、安西が出場4試合目にして初めて右サイドでプレーしており、室屋とのバックアッパー争いを優位に進めつつある。

■左サイドバック
◎ 長友佑都(ガラタサライ)
△ 安西幸輝(ポルティモネンセ)
△ 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
△ 山中亮輔(浦和レッズ)
☆ 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
△ 車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
◇ 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌.)

 長友の一極化は顕著だが、ポルトガルで研鑽を積む安西が代表定着に向けてアピール。コンスタントに招集されている選手が不在のなかで、バックアップ1番手候補に名乗りを挙げている。東京五輪世代の主力である杉岡が、今度どこまで競争に食い込んでこれるかも、チーム力の底上げという意味では重要なポイントだろう。

2019年10月17日 6時15分 フットボールゾーン
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17244202/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/9/d9e05_1610_7fd6a431_daa9c92c.jpg


2 名前:Egg ★:2019/10/17(木) 09:11:17.37 ID:NOIZKATf9.net

■ボランチ
◎ 柴崎 岳(デポルティボ)
〇 遠藤 航(シュツットガルト)
〇 橋本拳人(FC東京)
☆ 板倉 滉(フローニンゲン)
△ 塩谷 司(アル・アイン)
△ 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
△ 守田英正(川崎フロンターレ)
△ 小林祐希(ワースラント=ベベレン)
△ 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
△ 山口 蛍(ヴィッセル神戸)
△ 大島僚太(川崎フロンターレ)
◇ 中山雄太(PECズヴォレ)
◇ 渡辺皓太(横浜F・マリノス)
◇ 松本泰志(サンフレッチェ広島)

 橋本の台頭で柴崎の相棒争いが激化。アジアカップ以降は故障で招集が見送られていた遠藤もモンゴル戦で代表初ゴールを決めており、フィジカルの橋本、バランスの遠藤と対戦相手によって使い分けるイメージか。1トップと同じく、候補は多くいるが、他の選手は決定打に欠ける印象は否めない。コパ・アメリカでA代表デビューを飾り、9月のパラグアイ戦に出場している板倉は、サイズと展開力、センターバックにも対応可能なユーティリティー性を考えると今後も招集が見込まれそうだ。

右サイドの「堂安vs伊東」が白熱 久保は右サイドハーフ、トップ下のいずれも4番手か
【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
◎=不動
○=スタメンクラス
△=バックアッパー
☆=成長株
◇=未来枠

■左サイドハーフ
◎ 中島翔哉(ポルト)
△ 原口元気(ハノーファー)
△ 浅野拓磨(パルチザン)
△ 乾 貴士(エイバル)
◇ 安部裕葵(バルセロナB)

 中島のキープ力と個で打開する力は、現体制の攻撃においては不可欠だ。守備面で課題を残すのも事実だが、そこは攻守のバランス感覚や運動量に優れた原口で穴埋めする算段だろう。タジキスタン戦では1トップではなく左サイドハーフに配した浅野が、酒井宏樹のクロスに飛び込み、豪快なヘディング弾で2年ぶりのゴールを決めた。浅野のサイド起用はオプションとして加わってくるかもしれない。

■右サイドハーフ
〇 堂安 律(PSV)
〇 伊東純也(ヘンク)
△ 原口元気(ハノーファー)
☆ 久保建英(マジョルカ)
△ 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
☆ 三好康児(アントワープ)
◇ 伊藤達哉(シント=トロイデン)

 現時点では堂安が伊東を上回るが、伊東もモンゴル戦で3アシストを記録するなど目覚ましい活躍を見せており、一時期ほど堂安にアンタッチャブル感はない。中島のバックアッカー役である原口も、西野体制では右サイドハーフを務めていただけに、両ポジションで序列に加わってくる可能性は十分ある。18歳の久保は期待値が大きい反面、試合が決した場面で投入するW杯予選での起用法を見ると、プレー時間獲得にはさらなる信頼の獲得が必要と言えそうだ。コパ・アメリカのウルグアイ戦で衝撃の2ゴールを叩き込んだ三好が競争に食い込んでくれば一層面白くなる。

■トップ下
◎ 南野拓実(ザルツブルク)
△ 香川真司(サラゴサ)
△ 鎌田大地(フランクフルト)
☆ 久保建英(マジョルカ)
△ 北川航也(SKラピード・ウィーン)
△ 天野 純(ロケレン)

 定位置を確保している南野は、W杯予選開幕3戦連続ゴールという偉業を達成するなど絶好調。森保ジャパン最多の10ゴールを挙げており、中島と並ぶ攻撃の軸として不動の地位を築く。サラゴサ移籍で試合勘を取り戻してきた香川が完全に代表復帰した際、競争に変化が生まれるのか見ものだ。タジキスタン戦でトップ下として評価を上げたのが、鎌田だ。持ち前の技術を生かして、両サイドに巧みにボールを散らし、攻撃を活性化させた。トップ下の適性も高い久保は、現段階では4番手と見るのが妥当か。

3 名前:Egg ★:2019/10/17(木) 09:11:47.83 ID:NOIZKATf9.net

“ポスト大迫”の有力候補が不在 トップ下の南野は1トップでもプレーできることを証明

【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
◎=不動
○=スタメンクラス
△=バックアッパー
☆=成長株
◇=未来枠

■1トップ
◎ 大迫勇也(ブレーメン)
△ 永井謙佑(FC東京)
△ 南野拓実(ザルツブルク)
△ 鎌田大地(フランクフルト)
△ 浅野拓磨(パルチザン)
△ 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
△ 岡崎慎司(ウエスカ)
△ 武藤嘉紀(ニューカッスル)
△ 小林 悠(川崎フロンターレ)
△ 杉本健勇(浦和レッズ)
△ 川又堅碁(ジュビロ磐田)
△ 鈴木優磨(シント=トロイデン)
☆ 上田綺世(鹿島アントラーズ)
◇ 前田大然(マリティモ)

 絶対的な存在の大迫と、それ以外の選手の差が激しい。“ポスト大迫”の有力候補が不在のなか、スピードタイプの永井が試合で結果を残し、南野もタジキスタン戦で1トップにポジションを移してから2ゴールを決めている。大迫不在時には両者をベースに、鎌田や浅野、鈴木武蔵らを状況に応じて起用していくことになりそうだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571271066
続きを読む

【サッカー】<吉田麻也>不可解采配の監督に直談判へ!出番なし3失点でダービー歴史的黒星「もう俺が監督に話すしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/09/22(日) 01:57:54.30 ID:RVWExSTA9.net

【サウサンプトン(英国)原田公樹】サッカーのイングランド・プレミアリーグは20日、各地で行われ、サウサンプトンの吉田麻也(31)は1ー3で敗れたホームのボーンマス戦で出番がなかった。

名古屋新監督にフィッカデンティ氏濃厚

 サウサンプトンがホームでの『サウスコーストダービー』で敗れたのは史上初。ベンチで歴史的黒星を見届ける屈辱を味わった吉田は怒気をはらみながら「もう俺が監督に話すしかない」と不可解采配に終始したハーゼンヒュットル監督への“直談判”を示唆した。

 前節・シェフィールドU戦(14日)では吉田を含む3バックで戦い1―0の勝利。だが、ボーンマス戦では吉田抜きの4バックで挑み、ミス連発で次々と失点した。「(この敗北は)ジョークでしょ。前戦でクリーンシート(無失点)で勝っていたのだから変える必要はなかった」と選手を代表して同監督をただす役を買って出た。

9/22(日) 0:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010001-chuspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569085074
続きを読む

【サッカー】<吉田麻也>不可解采配の監督に直談判へ!出番なし3失点でダービー歴史的黒星「もう俺が監督に話すしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/09/22(日) 01:57:54.30 ID:RVWExSTA9.net

【サウサンプトン(英国)原田公樹】サッカーのイングランド・プレミアリーグは20日、各地で行われ、サウサンプトンの吉田麻也(31)は1ー3で敗れたホームのボーンマス戦で出番がなかった。

名古屋新監督にフィッカデンティ氏濃厚

 サウサンプトンがホームでの『サウスコーストダービー』で敗れたのは史上初。ベンチで歴史的黒星を見届ける屈辱を味わった吉田は怒気をはらみながら「もう俺が監督に話すしかない」と不可解采配に終始したハーゼンヒュットル監督への“直談判”を示唆した。

 前節・シェフィールドU戦(14日)では吉田を含む3バックで戦い1―0の勝利。だが、ボーンマス戦では吉田抜きの4バックで挑み、ミス連発で次々と失点した。「(この敗北は)ジョークでしょ。前戦でクリーンシート(無失点)で勝っていたのだから変える必要はなかった」と選手を代表して同監督をただす役を買って出た。

9/22(日) 0:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010001-chuspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569085074
続きを読む

【サッカー】冨安健洋にセルヒオ・ラモスを重ねる吉田麻也「SBの経験は非常にプラス」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/09/06(金) 00:50:45.73 ID:VgMJWUsd9.net

[9.5 キリンチャレンジ杯 日本2-0パラグアイ カシマ]

 前半はセンターバックの相棒として危なげない対応を見せ、後半は右サイドバックとして果敢にアップダウンを繰り返した20歳のDF冨安健洋(ボローニャ)に日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)が言及した。

「僕は若いセンターバックがサイドバックをやることは非常にプラスになると思っている。そういう監督に巡り会えたことも冨安にとってはプラスになると思う」。そう語り始めると、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)やイングランド代表DFジョー・ゴメス(リバプール)の名を挙げて、このように説明した。

「セルヒオ・ラモスももともとは右サイドバックをやってからのセンターバックだし、リバプールのジョー・ゴメスもそう。センターバックは若い選手だとスタミナ的にも物足りなさを感じると思うけど、サイドバックを経験することで運動能力的にも上がっていくと思う。(現代の)サッカーはどんどんスペースがなくなってスピードが上がっている。その中でスピードに対応するセンターバックとして成長するために良い経験をしていると思う」

 一方、自分自身にとっては1月のアジアカップ以来となった代表戦で無失点勝利をおさめたことがひとまずの収穫だ。「久しぶりだったので感覚をつかむのにもう少しかなと思ったけど、ゼロに抑えたし、次に向けて良い準備ができると思う」と手応えを確認しながらスタジアムをあとにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-43471326-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567698645
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、大迫勇也が南米選手権参加せず…森保監督明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/05/13(月) 06:20:44.03 ID:LS9p2iPB9.net

日本代表のDF吉田麻也(30)=サウサンプトン=、FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が、日本代表が出場する南米選手権(6月・ブラジル)に参加しない見通しとなった。
湘南―大分戦を視察した森保監督が吉田について、「招集できないと思います」と明かし、大迫についても、「難しいというか、察してください」と示唆した。

同大会は選手の拘束力がなく、招集には所属クラブの許可が必要になる。関係者によると来季へ向け休養を優先させたいクラブが、招集に応じなかったという。
ただ、拘束力のある6月の国際親善試合2試合(5日・トリニダード・トバゴ戦、9日・エルサルバドル戦)は招集が濃厚だ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000013-sph-socc
5/13(月) 6:05配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557696044
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、大迫勇也が南米選手権参加せず…森保監督明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/05/13(月) 06:20:44.03 ID:LS9p2iPB9.net

日本代表のDF吉田麻也(30)=サウサンプトン=、FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が、日本代表が出場する南米選手権(6月・ブラジル)に参加しない見通しとなった。
湘南―大分戦を視察した森保監督が吉田について、「招集できないと思います」と明かし、大迫についても、「難しいというか、察してください」と示唆した。

同大会は選手の拘束力がなく、招集には所属クラブの許可が必要になる。関係者によると来季へ向け休養を優先させたいクラブが、招集に応じなかったという。
ただ、拘束力のある6月の国際親善試合2試合(5日・トリニダード・トバゴ戦、9日・エルサルバドル戦)は招集が濃厚だ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000013-sph-socc
5/13(月) 6:05配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557696044
続きを読む

【サッカー】サウサンプトン指揮官、吉田麻也の6月の日本代表参加をポロリ?「彼は代表チームに合流しなければならないので…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/05/11(土) 19:23:42.75 ID:zU4dTT519.net

ウイルス感染による体調不良で2試合欠場中
 プレミアリーグ、サウサンプトンに所属する吉田麻也。直近2試合を欠席している理由は、ウイルス感染による体調不良だが、どうやら最終節も欠場するようだ。

現地時間5月12日に行なわれる同リーグ最終節のハダースフィールド戦を控え、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が前日会見に登場。吉田は最終節も欠場すると明言し、現在の状態を次のように説明したようだ。英紙『Daily Echo』が報じている。

「吉田は非常に強力なウイルスに感染していた。回復からまだ時間も十分に過ぎておらず、完全に回復したとはいえない。自転車によるトレーニングもまだ10分でギブアップする状態だ。

 彼は6月に日本代表チームに合流しなければならないので、回復させるためにも完全な休養を与えている。ここでリスクを冒しても何の意味もない」

 サウサンプトンは現在リーグ16位ながら、残留を決めている。吉田の思いがけない離脱にも、指揮官は「テストの意味も含めて、様々な選手を起用したい」と話した。

 日本代表は6月5日にトリニダード・トバゴ、9日にはエルサルバドルとの親善試合を予定。その後、ブラジルで開催されるコパ・アメリカに参加する。現時点では、森保一監督が誰を招集するのかまだ発表されていないが、ハーゼンヒュットル監督の言葉通りなら、6月に吉田がサムライブルーのユニホームを着てプレーする可能性は高いようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190511-00010005-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557570222
続きを読む

【サッカー】<吉田麻也>なぜプレミアで生き残れるのか?歴代監督が重用する理由..英国人記者が語る凄さ「300万ユーロじゃ安すぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/05/04(土) 13:37:10.56 ID:HNVeQ7Mj9.net

歴代監督が吉田を重用する理由

プレミアリーグでプレーしてきた日本人選手について考えるとき、私が最初に思い浮かぶのが、サウサンプトンの吉田麻也だ。

 私がサウサンプトンの試合を見るとき、彼の名前はほぼ毎試合のように先発のラインアップに記されている。チームの中で自分の居場所を取り戻すため、吉田は何度なくポジション争いに挑み、そして常に制してきた。

 プレミアリーグでの通算出場数は日本人最多の146試合。その数字は、絶え間ない努力とプロフェッショナリズムの賜物と言えるだろう。

 吉田がオランダのVVVからサウサンプトンに活躍の場を移したのは2012年8月。それ以来、マウリシオ・ポチェティーノやラルフ・ハーゼンヒュットルなど、合計6人の監督の下でプレーしてきた。

 英国メディアは、監督が変わるたびに吉田のポジションが危ないと指摘してきた。というのも、サウサンプトンが監督を変えるのは、当然ながらリーグの下位に低迷している場合が大半。そして、手っ取り早くチームを向上させる常套手段が、「センターラインの守備のテコ入れ」だからだ。

 しかし、その度に吉田は生き残って、監督からの信頼を勝ち得てきた。これは、彼のフィルカル能力だけでは成し得ないものだと思っている。では、吉田の何が新監督たちに認められるのか? それは圧倒的な英語スキルと高いコミュニケーション能力にあるのではないだろうか。

 彼が英語で話すインタビューを見ていて私が気付いたのは、ハッキリとした口調で、時折、ジョークも挟んでいる点だ。

 英語をマスターしていない選手の場合、緊張感のあるインタビューで、ジョークを交えながら話すというのはなかなか難しい。だが、吉田はそれをいとも簡単にやっているのだ。このスキルに、私は感服している。今年3月に英国内での永住権を取得することにも繋がった語学力は伊達ではない。

 また、吉田は人格者でもある。国内外から数多くの名手たちが揃うプレミアリーグで、長年に渡って生き残るためには、チームに馴染むための個性が非常に重要になる。でなければ、定位置を確保することはおろかチームに残ることも困難だろう。

5/4(土) 7:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00010004-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/58067_ext_04_0_1556890519.webp?v=1556920938

2 名前:Egg ★:2019/05/04(土) 13:37:30.89 ID:HNVeQ7Mj9.net

目の肥えたファンも驚く活躍ぶり

 吉田がプレーするCBは、英国内では伝統的に重要なポジションであり、何よりも相棒との連携が重要だと考えられている。

 トビー・アルデルワイレルド(現トッテナム)、デヤン・ロブレン、フィルジル・ファン・ダイク(ともに現リバプール)、そしてジョゼ・フォンテ(現リール)といった、国籍も言語も違う各国の代表クラスたちとコンビを組んできた彼には、優れたコミュニケーション力が備わっているのだろう。彼が日本代表だけでなくサウサンプトンでもキャプテンを務める理由もそこにあるはずだ。

 プレミアリーグは、他のリーグを圧倒する放映権料によって各クラブが潤っているため、選手の入れ替わりがとりわけ激しい。そのなかで、最も重要視されると言っても過言ではないCBで、7年もサウサンプトン一筋でプレーする吉田の活躍にはイングランドの目の肥えたファンたちも驚いている。

 あるセインツ(サウサンプトンの愛称)の関係者は、こう語っていた。

「マヤはクラブに欠かせない存在だよ。7年前に我々が支払った300万ポンド(約4億2000万円)が、今じゃ安すぎると思えるぐらいだ」

 30歳になりベテランの域に達している吉田が、サウサンプトンを去る日はそう遠くはないかもしれない。その瞬間が訪れたとき、セインツのファンは彼の偉大さを改めて知ることになるはずだ。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556944630
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ