吉田麻也

【サッカー】日本代表ハリル監督解任報道に、吉田麻也「マジっすか?ベルギーとは良い戦いができたし、そんなにドン底という感じじゃ…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ラッコ ★:2018/04/09(月) 11:24:58.68 ID:CAP_USER9.net

吉田麻也「そんなどん底じゃ…」 ハリル監督解任報道に

 ハリルホジッチ監督の下、日本代表の守備の柱でワールドカップ(W杯)ロシア大会出場に導いたDF吉田麻也(サウサンプトン)は8日、
イングランド1部リーグ、アウェーのアーセナル戦後に取材に応じた。代表監督の解任の可能性についての報道があったことを報道陣から聞かされ、「まじっすか?」が第一声だった。

 けがのため、3月の欧州遠征のマリ、ウクライナ戦は不参加だったため、最近のチームの雰囲気については「さすがにわかりかねますよ。
最後に(日本代表に)行ったのは昨年11月なんで。少なくとも11月はブラジルは強かったですけど、ベルギーとは良い戦いができたし。
そんなにどん底という感じじゃ……。今のサウサンプトンに比べたら、まだまだポジティブかな」。1部から降格の危機にあるクラブと比較して、やや自虐気味に答えた。

 一般論としてW杯直前で監督が交代した場合の影響については「でも、(オーバーエージ枠で入った2012年ロンドン)五輪の時も、
僕が入った当初は悲惨な状態でしたけど、結果(4位)も出たし、それがサッカー。何があるかわからないのがサッカーで、まあ結果がすべてでしょう。
結果を出せばねえ、皆さんもコロッと変わるから」と答えた。(稲垣康介)

2018年4月9日09時40分
https://www.asahi.com/articles/ASL492VLGL49UTQP00T.html
画像:W杯ロシア大会出場を決め、喜びを分かち合うハリルホジッチ監督(右端)と吉田(左端)=2017年8月31日
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180409000500_comm.jpg


<関連スレ>
【サッカー】ハリル監督解任へ 視聴率低下など人気低迷によるスポンサー側の不満もあり、解任は不可避と判断したもよう
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523239678/
【サッカー】ハリル監督は既に自宅 仏報道では「代表を外された元代表選手たちが協会に働きかけをした」と示唆★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523239058/
【サッカー/電撃解任】日本代表ハリル監督、自身2度目の悲劇…コートジボワール代表監督時代もチームを南アW杯に導くも、本大会前に解任
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523234971/
【サッカー】ハリル監督解任報道に仏メディアも反応。「W杯に導いた監督をクビに?」という声も
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523221508/
【サッカー】ハリル監督解任へ 後任候補は西野氏最有力 U21森保監督にA代表兼任プランも 9日に緊急会見★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523236339/
【サッカー】岡田武史氏が監督引退「もう監督やらないと決めた」W杯指揮あり得ない 監督資格S級ライセンス返上
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523233563/
【サッカー】<日本代表ハリル監督電撃解任!>日本サッカー協会、9日14:00から緊急記者会見の開催を発表★17
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523232365/

<昨年の関連スレ>
【サッカー】日本代表0-1でベルギーに敗れる! 国際親善試合★9
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510735542/
【サッカー】日本代表1-3でブラジルに敗れる!、国際親善試合★11
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510391777/

<4年前の関連スレ(※アルジェリア代表の監督はハリルホジッチ)>
【サッカー】W杯決勝T1回戦 ドイツがアルジェリアに2-1勝利! 両キーパーの好守で延長戦、シュールレのヒール、反撃凌ぐ[07/01]
https://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1404167641/
【サッカー】W杯H組 アルジェリア追いつき初の突破!韓国は数的優位生かせず アルジェリア1-1ロシア、韓国0-1ベルギー★4
https://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1403832371/
【サッカー】W杯H組 アルジェリアが韓国に4-2勝利!スピード、運動量で圧倒し前半3発、後半パワープレー跳ね返す(韓国「最高の抽選結果」)★6
https://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1403491020/
【サッカー/W杯】H組の16強進出の可能性、1位ベルギー79.2%、2位ロシア73%、3位韓国36.7%、4位アルジェリア11%…米スポーツ専門局ESPN
https://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1386510921/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523240698
続きを読む

【サッカー】ハリル「(吉田麻也、(酒井宏樹、(香川真司にいてほしかった」 ケガ人の多さを嘆く

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/03/29(木) 00:44:03.02 ID:CAP_USER9.net

3/22(木) 21:52配信
「麻也、宏樹、真司にいてほしかった」ハリルはケガ人の多さを嘆く

 ケガ人の多さを嘆いた。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は23日のマリ戦に向けた公式会見で「4、5人ほど予定していた選手が来られなかった」とコメント。DF酒井宏樹(マルセイユ)がケガのため不参加となり、負傷離脱中のDF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)も招集できなかった。

 酒井宏については「少し驚いたのは、ケガをしているにもかかわらず、その状態で2試合もクラブで試合をしてしまったということ」と指摘。「それが原因で、ああいう状況になってしまったと私は思っている」と、クラブに対して苦言も呈した。

「(吉田)麻也、(酒井)宏樹、(香川)真司にいてほしかった。もっともっともたらせられるからだ」と嘆く一方、「いる選手でやらないといけない。他の選手にチャンスを与える。見せてほしいし、さらに厳しい競争をつくり出してほしい」と、これまで出場機会に恵まれなかった選手の発奮を促した。

「5月20日には本大会に向けた合宿がスタートする。そこまでにできるだけ多くの情報を持っておきたい。もし本大会中にケガ人が出たらどうするか。そういう最悪なことが起こることも予想しておかないといけない」。今後、新たなケガ人が出ないとも限らない。「世界のどんな監督も自分の理想のチームを持ちたいと思うだろうが、そういうわけにはいかないので、準備しておかないといけない」と力説した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-01651822-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180322-01651822-gekisaka-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522251843
続きを読む

【サッカー】<どうなる日本代表メンバー>ロシアW杯、ポジション別最終チェック/CB編...吉田麻也のパートナーは槙野か、昌子か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/01(木) 20:05:19.67 ID:CAP_USER9.net

◆ロシアW杯、どうなる日本代表メンバーポジション別最終チェック/第1回:センターバック編

ロシアW杯の開幕が、はや3カ月後に迫ってきた。3月末に欧州遠征を控えた日本代表も、ここからはW杯メンバーの選定が急速に進んでいくことになるだろう。そこで、メンバー入りの可能性を、とりわけ国内組の選手を中心に、ポジション別にチェックしていきたい。1回目は、センターバックの人選について分析する。

◆代表入りの可能性(4枠)
90%=吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
80%=昌子 源(鹿島アントラーズ)
80%=槙野智章(浦和レッズ)
50%=三浦弦太(ガンバ大阪)
45%=植田直通(鹿島アントラーズ)
40%=谷口彰悟(川崎フロンターレ)
15%=その他

 ハリルジャパンが採用する布陣は4バック。センターバック(CB)の定員は通常、スタメン2人、バックアップ2人の計4人だ。これまでの流れを踏まえれば、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)のスタメンは堅そうなので、争点はふたつに絞られる。もう1人のスタメン争いと4枠目を巡る攻防だ。

 吉田と長くコンビを組んできた森重真人(FC東京)が、代表メンバーから外れたのは、いまからおよそ1年前。2017年3月、アジア最終予選のタイ戦を最後に、どういうわけか招集すらされなくなった。

 その森重に代わって、次のシリア戦(2017年6月)から昌子源(鹿島アントラーズ)がスタメンの座に就いたが、昨年11月の欧州遠征(ブラジル戦、ベルギー戦)では、槙野智章(浦和レッズ)が先発の座を奪い、吉田とコンビを組んだ。

 槙野か、昌子か。

 昨年12月に開催された東アジアE-1選手権では、槙野が不参加。同時期に行なわれたクラブW杯に、浦和レッズの一員として出場したためだが、その結果、ファーストチョイスは昌子になった。

 昌子は3試合にフル出場。キャプテンも務めた。2戦目の中国戦では、超ロングシュートも決めた。槙野がわずかにリードしているかに見えた2番手争いは、いま互角の形勢に見える。

 Jリーグ開幕戦、FC東京vs浦和レッズ(2月24日)では、槙野が存在感を示した。柏木陽介の蹴ったCKに鋭く反応。同点ゴールを叩き出し、名前を売ることに成功した。

つづく

2018年3月1日 17時35分 Sportiva
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14372271/

2 名前:Egg ★:2018/03/01(木) 20:05:28.99 ID:CAP_USER9.net

浦和は昨季の途中、監督交代(ペトロヴィッチ→堀孝史)に伴い、3-4-2-1から4-3-3へと布陣を大きく変化させた。槙野のポジションも、3バックの左から4バックのCB(左)へ移動。わずか数mの違いながら、この変化が代表選考レースに好影響をもたらすことになった。

 浦和が3バックだった頃、代表に呼ばれると槙野はCBのみならず、左サイドバック(SB)の控えも同時に兼ねた。多機能型選手と言えば聞こえはいいが、そのときのプレースタイルがハリルジャパンの4バックに、きれいにハマらなかったことに原因はある。

 そんな、よく言えば便利屋的な曖昧な印象が当時はあったが、いまの槙野にそれはない。完全に払拭された状態にある。代表チームでのプレーを連想しやすい、わかりやすい選手になった。

 とはいえ、槙野は昨季のJリーグベスト11では選外だった。選手の互選で決まるこのベスト11。ディフェンダーとして選ばれたのは、昌子、西大伍(鹿島)、車屋紳太郎(川崎F)、エウシーニョ(川崎F)の4人で、そのうち3人がSBという特殊な内訳だった。

 唯一のCB、すなわち国内ナンバーワンCBとして存在感を際立たせることになった昌子。槙野の落選は、逆に際立つ格好になった。

 ハリルホジッチはこの結果をどう見るのか。次のマリ戦(3月23日/ベルギー)でスタメンを飾るのはどちらか。状況はほぼ互角なだけに見ものだ。

 吉田が泡を食いやすいタイプであることを考えると、プレーに落ち着きのある昌子のほうが、コンビとして適役のようにも見えるが。

 もうひとつの焦点は、吉田、昌子、槙野に次ぐ4枠目を巡る争いだ。

 東アジアE-1選手権で、昌子と最も長い時間コンビを組んだのは三浦弦太(ガンバ大阪)。2戦目(中国戦)、3戦目(韓国戦)にスタメン出場を果たした。

 一方、それまで代表で、三浦と4枠目を争っていた植田直通(鹿島)は、右SBとして起用された。その可能性を試されたのか、CBとしては厳しいと判断された結果なのか定かではないが、あえて植田が三浦に劣る点を挙げるならば、それはフィード力になる。CBに縦に長いボールを蹴らせたがるハリルホジッチ好みには、三浦のほうがマッチしていると見る。

 G大阪では今季、23歳の若さながらゲームキャプテンも務める三浦。同じく23歳の植田が、昌子あっての選手に見えてしまうのとは対照的だ。昌子同様、三浦には中心選手らしい風格が芽生え始めている。

 しかし、Jリーグ開幕戦で存在感を際立たせたのは、植田のほうだった。アウェーの清水エスパルス戦(2月25日)、その高い身体能力を生かしたパワフルな守りを披露。代表CBの4番手争いで、不利な立場にいる自分の状況を認識しているような、アピール度の高いプレーを見せた。

 三浦か、植田か。だが、その前に忘れるべきでないのは、実力者の谷口彰悟(川崎F)だ。東アジアE-1選手権では、2年4カ月ぶり(2015年8月、中国の武漢で行なわれた同大会以来)に代表復帰。4枠を巡る争いに割り込んでくるものと思われた。

 ただ、初戦の北朝鮮戦に先発するまではよかったが、以降2試合は出番なし。武漢で行なわれた前回大会と同じ扱いを受けた。改めて、ハリルホジッチとの相性の悪さを見た気がする。

 フロンターレ的サッカーを好まないハリルホジッチ。そこでビルドアップの起点の役を果たしている谷口に対しても、認めようとする余裕が持てないのだろう。

 とはいえ、谷口はJリーグ開幕戦のジュビロ磐田戦(2月25日)で、槙野同様、ゴールをしっかり奪っている。センターバックがアピールする手段として、ゴールほどわかりやすいものはない。それは、ハリルホジッチに届くのか。監督と合わず、実力のわりに出場機会に恵まれない選手がサッカーには多くいるが、谷口はそのひとりと言っていい。

 その他では、ユーティリティーなベテラン、今野泰幸(G大阪)を使う手も考えられるが、選択肢はその程度。中山雄太(柏レイソル)はまだ少し早い気がする。

 最後に、CBは人材豊富とは言えない、将来が案じられるポジションであることをひと言付け加えておきたい。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519902319
続きを読む

【サッカー】吉田麻也は左膝内側側副靱帯損傷、ブログで明かす「パワーアップして帰ってきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/19(月) 00:51:38.19 ID:CAP_USER9.net

2/18(日) 23:52配信
 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が18日に自身のブログを更新し、16日の練習中に負傷した膝について、損傷箇所が左膝の内側側副靱帯であることを明かした。

 左膝に装具を付けた写真とともに「膝のケガでしばし離脱します」と報告。「やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですがパワーアップして帰ってきたいと思います」と無念さをのぞかせつつも前向きな姿勢を示した。

 クラブから全治期間など、詳細はまだ発表されていない。

 吉田は17日に行われたイングランド協会(FA)杯5回戦のウェストブロミッジ戦を欠場。試合後、ペジェグリーノ監督は「きのう(16日)の練習で麻也はカリージョとぶつかり膝を少しひねった。重症ではない」と説明した上で「週明けに精密検査を行うのでその後、判断したい」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000187-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518969098
続きを読む

【サッカー】吉田麻也はベンチが続いており、ワールドカップへ向けた重要なこの時期にポジションを失っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/02/12(月) 14:22:45.96 ID:CAP_USER9.net

ファン・ダイクの後継者は吉田麻也ではなかったのか 英紙が認めたのは24歳のスティーブンス


急激に成長するスティーブンス photo/Getty Images

指揮官もファン・ダイクの穴埋めできると自信

サウサンプトンは今冬にリヴァプールへ売却したDFフィルジル・ファン・ダイクの穴をどう埋めるのか。これは大きな注目ポイントだった。今季前半戦の戦いぶりからするとヴェスレイ・フートと日本代表DF吉田麻也の2人で埋めるはずだったのだが、英『Daily Mail』は24歳のジャック・スティーブンスをファン・ダイクの後継者候補と呼び始めている。

サウサンプトンは11日にリヴァプールと対戦し、この試合もセンターバックのコンビはフートとスティーブンスだった。吉田はベンチが続いており、ロシアワールドカップへ向けた重要なこの時期にポジションを失っている。海外組の中でも継続的に出場機会を確保していた選手だけに、ファン・ダイクが抜けた今ポジションを失うのは予想外の事態だ。

指揮官のマウリシオ・ペジェグリーノも現戦力でファン・ダイクの穴を埋められると考えており、特にスティーブンスに大きな期待をかけている。

「我々はファン・ダイクの穴を埋めるのに十分な選手を抱えていると思う。吉田、フート、ジャック、若いがヤン・ベドナレクもいる。ジャックは重要な選手になる潜在能力を持つホームグロウンプレイヤーだ。昨季もジャックは後半戦にかけて徐々にプレイタイムが増えたが、今も同じだ。フィルジルが抜けてジャックにはよりチャンスがあり、彼は成長するために謙虚にハードワークを続けないとね。我々は彼がフィルジルの穴を埋められると自信を持っているよ」

スティーブンスは2011年にプリマスからサウサンプトンに加入し、そこからスウィンドン・タウンやミドルズブラなどレンタル移籍を経験してサウサンプトンへ戻ってきた。年齢的にもポジションを確保するには最適な時期にきている。吉田としては想定外のライバルとなっており、スティーブンスが真のファン・ダイクの後継者なのかもしれない。
https://www.theworldmagazine.jp/20180212/01world/england/196499


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518412965
続きを読む

【サッカー】<プレミアリーグ第21節>サウサンプトンがマンチェスター・Uとスコアレスドロー!吉田麻也はフル出場で無失点に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/31(日) 08:38:47.45 ID:CAP_USER9.net

■プレミア第21節 マンチェスター・U 0-0 サウサンプトン

現地時間30日、イングランド・プレミアリーグ第21節が行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦しスコアレスドローに終わった。吉田はキャプテンとしてフル出場を果たし、クリーンシートに貢献している。

レスター・シティ、バーンリー相手に2試合連続でドローに終わり、首位を独走するマンチェスター・シティとの勝ち点差は「15」にまで開いてしまったユナイテッド。一方のサウサンプトンも7試合白星に見放され、吉田も「危機的状況」と評するほど、長いトンネルから脱することができずにいる。

ともに浮上のキッカケとしたい両者の一戦は、立ち上がりから球際で激しい攻防を見せたものの、7分に負傷者を出してしまう。ロメル・ルカクがヴェスレイ・フートとの競り合いで頭部を打ち、倒れたまま起き上がれず。約5分間の治療の末、14分に担架に運ばれてピッチを後にし、代わってマーカス・ラッシュフォードが投入される。

試合再開後はユナイテッドが攻勢に試合を進めるが、サウサンプトンも粘り強い守備で応対。33分には、ジェシー・リンガードがペナルティーエリア内で浮き球をコントロールしたところを戻った吉田がブロック。リンガードは手に当たったとアピールするが、笛は吹かれなかった。

アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、互いに決め手を欠き、膠着した展開のままスコアレスで後半へ。ユナイテッドは投入されたラッシュフォードが気を吐いて前線で起点となるが、左サイドに入ったヘンリフ・ムヒタリャンがクロスの精度を著しく欠き、決定的な場面を作るには至らなかった。

後半に入ると、前半よりもサウサンプトンがカウンターのチャンスを増やしていく。50分、カウンターからドゥシャン・タディッチが右に展開し、ピエール=エミル・ホイビュアの折り返しをゴール前でシェイン・ロングが合わせるも、GKダヴィド・デ・ヘアが足に当ててゴール上へと外れた。

攻撃に変化を加えたいユナイテッドは65分、ムヒタリアンを諦めてアントニー・マルシャルを投入。左サイドからの打開が期待された。

しかし、70分を過ぎたあたりから、サウサンプトンがユナイテッドゴールへと徐々に近づいていく。80分には、前線で存在感を放っていたロングに代えてマノーロ・ガッビアディーニを投入する。

ユナイテッドも81分、右サイドからのFKがゴール前で混戦となり、最後はポール・ポグバが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定。触らなくても入ったように見えたが、ボールに関わってしまいオフサイドを取られてしまった。

サウサンプトンは82分、タディッチに代えてマリオ・レミナ、85分にはソフィアン・ブファルに代えてネイザン・レドモンドを投入し、交代枠を使い切る。このまま勝ち点1を確保するだけでは満足しないという指揮官の意思が感じられた。

地力で勝るユナイテッドはサイドから執拗にクロスを放り込むが、ゴール前を固めるサウサンプトン守備陣にことごとく跳ね返される。攻撃の変化を加える役もフアン・マタくらいで、ポグバがなかなか高い位置でボールを受けられないためゴールが遠い。

結局、スコアに動きのないまま試合は終了。ともに勝利が欲しい状況だったが、痛み分けで勝ち点1を得るにとどまった。

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171231-00000038-goal-000-2-view.jpg


12/31(日) 4:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000038-goal-socc

【サッカー】<日本人欧州組19人の「前半戦の平均採点」を紹介!>吉田、乾、酒井宏を上回る驚異の7点台を叩き出したのは?
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514627501/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514677127
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、強豪ベルギー相手に粘り強く守るも失点「全員が一瞬気を抜いてしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/15(水) 08:31:38.73 ID:CAP_USER9.net

現地時間14日にベルギーのブルージュで国際親善試合が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。
ベルギー戦後、日本代表DF吉田麻也が試合を振り返っている。

対戦したベルギー代表の印象については「彼らが明らかにフラストレーションがたまりながらプレーしてるのは感じられた。
だからうまく我慢してよかったんですけど、結局ワンチャンスをモノにする差が大きく顕著に出てしまったかなと。
決めるところしっかり決める選手はやっぱりあのチームにはいますし、ホントに1つだけだと思います」と、決定力の差が勝敗を分けたとの考えを示した。

一方で「これを善戦したってことだけで終わりにせずに、やっぱりもう1個2個足りないってのはキッチリ理解して、前に進んでいかなきゃいけないなと思います」と語っている。

ロメル・ルカクに決勝点を決められた失点シーンについては「ホントに一瞬気を抜いてしまったんじゃないかと、全員がね。
誰か1人だけじゃなくて、中盤も後ろも一瞬気を緩めてしまったがゆえに、中に入られてしまった。
本来だったら外に外に追い込むべきだと思うんですけど、クロスもすごくよかったですし、ボックスに入った後はノーチャンスだったと思います。
その前で止めるべきだったと思います」と指摘している。

ただ、手応えは感じているようで「ブラジルは正直、だいぶ差があるなと思いましたが。
ベルギーとの差はそんなに、ブラジルと同じくらいあるかっていったらそうじゃないと思う。特に彼らが好調な時だったらまた難しいと思いますけど。
明らかに調子がよくないなと。多くの選手がイングランドでやってるんで、チームでやってるのと全然違うパフォーマンスだなと感じました。
そういう相手に対してそういうコンディションならやれるんだってのをしっかり把握してほしいと思います」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00241084-footballc-socc
11/15(水) 8:20配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510702298
続きを読む

【サッカー】吉田麻也警戒“ルカク包囲網”だ! 14日ベルギー戦「強くて速くてうまい」身長193センチ、体重94キロ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/14(火) 07:24:46.26 ID:CAP_USER9.net

「国際親善試合、ベルギー-日本」(14日、ブリュージュ)

親善試合・ベルギー戦(14日・ブリュージュ)に臨むサッカー日本代表は12日(日本時間13日未明)、ベルギー入り後の初練習を行った。
荒天の影響で約1時間弱で練習は切り上げられたが、紅白戦を行い戦術を確認した。
DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=は、相手エースFWロメル・ルカク(24)=マンチェスターU=を封じ込めるために“ルカク包囲網”を形成する考えを示した。

規格外のストライカーを封じて、勝利をつかみ取る。ベルギー戦に向け、横殴りの風雨の中での練習を終えた吉田が、相手エース対策を口にした。
ベルギーについて「タレントで言ったらブラジルとひけをとらない。世界トップクラス」。
その上でプレミアでも対戦するルカクについて問われると「何度もやっていますけど、強くて速くてうまい」と警戒心を強めた。
その上で「1人だけじゃなくて、2人、3人で守らないと」と包囲網形成を誓った。

マンチェスターUのルカクは身長193センチ、体重94キロという圧倒的なフィジカルと、高い決定力を持つ点取り屋。
まだ24歳だが、10日のメキシコ戦でも2得点を挙げ、ベルギー代表史上の歴代最多得点記録(30得点)に並んだ。
「1個、2個チャンスがあれば必ずものにしてくると思うので、90分を通してそこをどれだけ抑えられるか」。
DF長友も「皆の感覚がどれだけ一つになっているかが大事」と話した。

格上相手との一戦。守備陣が担う役割は多いが「僕らが彼ら以上にハードワークしないと。
南ア(W杯)の前も闘莉王さんとか言ってましたけど(日本は)うまくないんで。
もっとがむしゃらに、死にものぐるいでやっていかないといけない」と吉田。魂の守備で勝利につなげる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000015-dal-socc
11/14(火) 6:04配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510611886
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ