乾貴士

【サッカー】乾貴士が先制点に絡む…エイバルが粘るアラベスから逃げ切って今季初の連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:神々廻 ★:2017/11/25(土) 23:05:07.23 ID:CAP_USER9.net

リーガ・エスパニョーラ第13節が25日に行われた。日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは敵地でアラベスと対戦し、2-0で勝利した。左サイドハーフで先発した乾は、
後半41分までプレー。先制点に絡む活躍で勝利に貢献した。

 前節ベティスに5-0で完勝したエイバルは、スタメンを1人変更。MFゴンサロ・エスカランテに代わってMFジョアン・ジョルダンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は前半8分、アラベスにアクシデント発生。DFアレクシス・ルアノが負傷によりDFカルロス・ビガライとの交代を余儀なくされる。27分には、右サイドのハーフェーライン
付近で乾からボールを奪い、ショートカウンターを発動。FWルベン・ソブリーノが右サイドを一気に駆け上がり、上げたクロスをビガライが右足ボレーもクロスバー上に大きく外した。

 スコアが動いたのは前半33分。エイバルは右サイドからMFイバン・アレホがクロスを供給し、相手のクリアボールからPA左の乾が右足を振り抜く。これは当て損なったが、
再び乾が右足シュートを放つと、相手DFにブロックされてこぼれたボールをジョルダンが左足で押し込み、先制点。背番号24が先発起用の期待に応えた。

 1点ビハインドのアラベスは前半45分、PA内でバイシクルシュートを打ちに行ったFWクリスティアン・サントスの右足がDFアナイス・アルビージャの顔面を捉え、ホイッスルが鳴る。
主審はサントスにこの日2枚目のイエローカードを提示し、アラベスは数的不利に陥った。

 1人多いエイバルは後半24分、緩急つけたドリブルで右サイドを突破したアレホがクロスを上げ、ニアに走り込んだFWシャルレスがヘッドで合わせ、2-0。リードを広げたが、
38分にシャルレスが一発退場となり、エイバルも10人となってしまった。

 乾は後半41分に交代。あわや失点に絡むシーンもあったが、先制点に絡み、左サイドからカットインしてシュートを放つなど、積極的なプレーを披露した。エイバルは
後半アディショナルタイム1分に失点したが、2-1で逃げ切り、今季初の2連勝を飾った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?231772-231772-fl


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511618707
続きを読む

【サッカー】乾貴士が語るスペインサッカーの魅力と違い「日本には頭の良い選手がなかなかいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/11/09(木) 14:33:55.48 ID:CAP_USER9.net

ブラジル戦で期待の乾貴士が語るスペインの違い 「日本には頭の良い選手がなかなかいない」

2017年11月9日 8時30分
サッカー日本代表は10日、国際親善試合でブラジルと対戦する。これまでの対戦成績は9敗2分けと圧倒的に不利。さらに、2006年のドイツ・ワールドカップ以降の3試合では、得点を奪うことすらできておらず、0-4、0-3、0-4と完敗している。

厳しい展開が予想される「王国」との大一番に向け、期待を寄せられているひとりが、スペインで活躍する乾貴士(エイバル)だ。本田圭佑、岡崎慎司、香川真司といったこれまでの主軸が外れた今回のメンバーで、背番号10を託されている。

8日放送、テレビ朝日「報道ステーション」では、サッカー解説者の澤登正朗が乾を取材した。

ことし5月のバルセロナ戦で驚異の2ゴールをマークし、地元紙から絶賛された乾。エイバルのあるバスク州の公共放送のレポーターは「エイバル史上最高の選手と評価されている」と絶賛しており、サポーターも「ずっとエイバルでプレーしてほしい」と述べている。

そんなスペインの地で、乾は何を感じているのか。澤登氏からスペインサッカーの魅力を問われると、乾は「頭が良い選手が多い」と回答した。

乾は「上手い選手はいても、頭の良い選手はなかなかいない」と、今の日本には遠藤保仁(ガンバ大阪)のようなインテリジェンスを持つ選手が少ないと指摘。スペインは「賢くてパスの技術もある選手」が多く、「自分が思っていた以上にレベルが高かった」と明かした。

そのハイレベルなリーグで活躍できているのは、チームに溶け込んでいることも大きいようだ。滋賀県出身の乾はラテンのノリにもなじめている様子。「どうでもいいヤツならいじったりしない」と、チームメートからイタズラされることもうれしいと述べた。

乾の強みといえば、個人技を重視する「セクシーフットボール」が評価された野洲高校で技術を磨いたドリブルだ。本人もドリブルをしているときが「一番楽しい」と認めており、海外で生き抜くための武器にもなったドリブルこそ、自身に求められている点だと自覚している。

そんな乾が「完ぺき」だったと明かしたのが、ドイツ・フランクフルト時代のニュルンベルク戦で決めたゴール。左サイドからドリブルでカットインし、右足でシュートを叩き込んだ得点だ。この場面を解説した澤登氏は、乾の違いをつくる力は今の日本で「ピカイチ」と称賛した。

その違いをつくる力が求められるブラジル、さらにはベルギーという強国との連戦に向け、乾は「自分のやってきたことがどれだけ通用するか試したい」と意気込んだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13865535/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510205635
続きを読む

【サッカー】<どこよりも早い採点>ニュージーランド戦、勝利も収穫は少なく。乾貴士と小林祐希が好アピール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/10/06(金) 21:21:31.34 ID:CAP_USER9.net

10月6日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

■サバイバルの初戦を勝利

【日本 2-1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ2017】

川島永嗣 5 失点はノーチャンスも、その後バタつく場面も

長友佑都 5 守備の強さも見せたが、抑えきることはできなかった

槙野智章 5 集中力は常に高かったが、相手のパワーに気圧された

吉田麻也 5 フィードでチャンスを作るも、相手ストライカーに上から決められた

酒井宏樹 6 連係で守るプレーを体現。勝ち越しゴールをアシスト

井手口陽介 6 ダイレクトパスで攻撃をスピードアップ。状況が見えているから適切な判断ができる

山口蛍 5.5 PKを誘うミドルシュートも判断が遅れるシーンも散見

香川真司 5.5 前半、落ち着いた動きからシュートもポストに嫌われた

武藤嘉紀 5.5 果敢な突破など持ち味は見せたが決定機はなかった

大迫勇也 6 シンプルなプレーで味方を活かすなど、存在感の大きさは感じさせた。PKでゴール

久保裕也 5.5 裏抜けのスピードで相手を置き去りにした

小林祐希 6.5 落ち着き払ったプレーでリズムを作る。彼のところにボールが集まった

杉本健勇 5.5 ゴールが欲しい時間での投入だったが、インパクトは残せず

乾貴士 6.5 キレのあるドリブルを披露。相手守備陣を翻弄した

浅野拓磨 5.5 走り回って相手を翻弄。できることはやった

倉田秋 6 低いボールを頭で合わせ、代表初ゴールを奪った

遠藤航 – 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 主力以外にも出場機会を与えた。レフェリーのジャッジに怒りを示す場面も

10/6(金) 21:15配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00234510-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507292491
続きを読む

【サッカー】<ニュージーランド戦>ハリルJに提言したいスタメン案...前線は中央に武藤嘉紀、左に乾貴士、右に浅野拓磨の3枚を推したい

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/10/05(木) 08:58:31.75 ID:CAP_USER9.net

日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表と対戦する。

 ロシアW杯出場を決めて迎える最初の代表戦。今シリーズはこれまで出場機会に恵まれなかった選手たちのアピールの場となりそうだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ニュージーランド戦ではどのようなスタメンを選ぶのか。

 GKは東口順昭だろうか。ハリルジャパンに継続的に名を連ねているが、ピッチに立った回数は少ない。本人もモチベーションを高く持って代表合宿に取り組んでいるはずだが、出場機会が欲しいところだろう。

 4バックは左から車屋紳太郎、昌子源、植田直通、酒井宏樹というラインナップを推したい。車屋、植田と出場すれば代表初キャップを刻むことになるが、共にJ1で実力を示している。車屋はスピードを活かした攻め上がりや単独突破が可能。植田は長身に加えてスピードもあり、何よりどんな相手にも怯まない闘志が魅力だ。代表でのパフォーマンスは未知数だが、今後に向けて必要な人材のため親善試合で積極的に試してもらいたい。

 とはいえメンバーを一気に入れ替えるのは連係を磨くうえで得策でないだろう。そのため、現在の主力選手から酒井宏樹と昌子を起用。車屋、植田の経験不足を補う意味でも2人の貢献が求められるか。

 中盤は『アンカー・小林祐希』はどうだろうか。オランダ1部・ヘーレンフェーンで欠かせない存在となったレフティーは守備的な仕事も完遂でき、日本にいた頃よりパワーアップしている。攻撃では自由を与えられることで相手の脅威となるが、守備的な役割を担えば求められていることを理解してプレーできる知性を備えている。

 インサイドハーフは香川と井手口のコンビ。井手口は二度追いができ、彼の活動量は攻守でチームの助けとなるはず。それによって香川もある程度自由にプレーできるのではないか。ハリルジャパンのエースとして期待のかかる10番と、新たに台頭した若武者がどのような化学反応を見せるのか、指揮官としてもチェックしておきたいポイントではないだろうか。

 前線は中央に武藤嘉紀、左に乾貴士、右に浅野拓磨の3枚を推したい。武藤は前回のシリーズでベンチ外の悔しさを味わっており、今回の代表戦に期するものがあるだろう。所属クラブで好調をキープしており、コンディションに問題はないだろう。ハリルホジッチ監督は武藤をCFとして考えており、大迫勇也、岡崎慎司の牙城を崩すパフォーマンスが期待される。

 乾と車屋が出場すれば、2人は同サイドに入ることになるだろう。エイバルのMFは中に入ってオーバーラップのスペースを空けるなど、要所での気配りも必要になる。戦術理解度の高い乾であれば、いつ何をすればいいかをプレーで示すことができるはず。またキャリアを重ねる中で周囲を引っ張ることにも意欲的。是非、存在感を発揮してもらいたい。

 浅野は8月のオーストラリア戦でゴールを決めるなど、W杯出場の立役者になった。今回のニュージーランド戦でも、スピードを活かして相手の守備網を破るシーンが見られるだろう。

 指揮官はメンバー発表の際、「2試合で違うメンバーを試すかもしれない」と述べている。この言葉通りであれば、多くの選手は1試合でアピールする必要があるということ。練習から自分を出すのはもちろん、ピッチに立った時に何ができるが重要になる。

 チームとしてやるべき仕事をこなした上で、それぞれが持ち味を発揮する。そうした試合ができれば、ハリルホジッチ監督にとっても大きな収穫となるだろう。

フットボールチャンネル 10/5(木) 7:19配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171005-00234150-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171005-00234150-footballc-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507161511
続きを読む

【サッカー】<乾貴士(エイバル)>今季初アシスト!絶妙クロスで今季ホーム初勝利に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 05:58:41.26 ID:CAP_USER9.net

【リーガエスパニョーラ第4節】

【スコア】
エイバル 1-0 レガネス

【得点者】
53分 1-0 ガルベス(エイバル)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049733

 現地時間15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節でエイバルはレガネスをホームに迎え、1-0の勝利を収めた。MF乾貴士はフル出場で、決勝ゴールをアシストしている。

 開幕戦に勝ったあと2連敗中のエイバルは、2勝1敗の好スタートを切ったレガネスと対戦した。主導権を握りたいエイバルだったが、ここまで3試合で1得点の攻撃は多くのチャンスをつくれず、0-0で折り返す。

 それでも後半に入って53分、エイバルが先制した。センターサークルでボールを奪ったガルベスが持ち上がって左へはたくと、乾が右足でクロス。そのままゴール前に入ったガルベスがニアでヘディングシュートを放ち、1-0とする。

 今シーズン初アシストという結果を残した乾は、雨の中でも活発に動き、62分には良い形でミドルシュートを放つ場面も。これは枠を外れるが、存在感を示していった。

 エイバルは終盤になってもハードに戦い抜き、1点のリードを維持。追加点は生まれなかったものの、1-0で逃げ切って、今シーズンのホーム初白星を手にした。

9/16(土) 5:52配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00231519-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170916-00231519-footballc-000-2-view.jpg


4戦連続先発の乾、“高精度クロス”で今季初アシスト!! エイバルは完封勝利で2勝目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644117-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505509121
続きを読む

【サッカー】乾貴士、代表招集は「本当に嬉しい」…「全力で頑張ります!!」と抱負

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 21:39:53.79 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)は24日、今月31日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第9節のオーストラリア代表戦、9月5日に行われる最終節のサウジアラビア代表戦に向けた日本代表メンバーを発表した。

 エイバルに所属するMF乾貴士も27名の代表メンバーに名を連ねた。招集を受け、同選手はインスタグラムを更新。6月7日に行われたキリンチャレンジカップ 2017のシリア代表戦での自身のプレー写真とともに、喜びと抱負をつづっている。

 乾は「この度、日本代表に選出して頂きました!!」と報告。「本当に嬉しいですし、日本のために全力で頑張ります!!」と喜びをつづり、以下のように続けている。

「ホームでワールドカップを決めて、日本全体で喜べるように全力で頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします!!」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00632951-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503578393
続きを読む

【サッカー】嵐が内田篤人、乾貴士らサッカー選手と『VS嵐』で激突 今夜放送回にはHey! Say! JUMP初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 13:17:47.84 ID:CAP_USER9.net

嵐と豪華ゲストが毎回さまざまなスタジオアトラクションで対決するバラエティー番組『VS嵐』(フジテレビ系)の8月3日放送回に、内田篤人、乾貴士、酒井宏樹、大迫勇也、酒井高徳、三竿健斗ら日本サッカーのトップ選手が集結した「内田篤人軍団」がゲストとして出演する。

 チームを率いる内田は2009年1月10日放送回に「アスリートチーム」の一員として登場して以来の約8年ぶり2度目、そのほかの選手は全員今回が初登場だという。番組中「これだけのメンバーがそろうって、すごくないですか?」と驚く嵐に、内田は「ここ(VS嵐)で集まるか、夜集まるかくらい」と茶化しながらも、前回「アスリートチーム」の一員として惜しくも嵐チームに敗れたため、「今日は勝ちたいので、チームワークのとれた面々を連れてきました」と意気込みをコメント。櫻井翔は「収録前に皆さんに挨拶をした時、乾さんだけ表情がワンランク上だった」と明かすが、実は乾は『VS嵐』をスペインに行ってからも見ており、「ずっと出たかった」番組だったそうだ。

 「バウンドホッケー」や「バルーンシューティング」など恒例のアトラクションに加え、今回は特別企画「サッカー対決」と銘打ち、パスを回す一方のチームから、もう一方のチームがそのボールを奪うまでの時間を競う「鳥カゴ対決」と、コース内に設置されたコーンを交わしながらドリブルで進み速さを競う「スピードドリブル対決」を実施している。

 なお今夜7月27日夜7時から放送の『VS嵐』には、Hey! Say! JUMPが初めてメンバー全員で登場する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170727-00010006-realsound-musi


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501129067
続きを読む

【サッカー】<ポルトガルメディア>久保裕也を「C・ロナウド2世の後継者」に指名!乾貴士にはメキシコ移籍の噂

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 08:11:10.52 ID:CAP_USER9.net

日本代表FW久保裕也と同MF乾貴士の新シーズンの所属クラブが注目されている。

 久保は16-17シーズン前半はスイスのヤングボーイズ、後半はベルギーのゲントでプレー。公式戦23ゴールを決めるなど、大ブレークした。更なる飛躍に期待が集まる日本代表FWに興味を示しているのが、ポルトガルの名門ポルトだという。

 ポルトガルメディアの『desporto ao minuto』は、21ゴールを記録したミラン移籍が決まった“クリスティアーノ・ロナウド2世”と期待されるFWアンドレ・シウバの「理想的な後継者」と期待を寄せている。

 そしてこちらも飛躍が期待される乾には、思わぬところから興味が伝えられている。メキシコ『El Horizonte』は同国のモンテレイが乾に関心を持っていると報道。16-17シーズンの最終節となったバルセロナ戦で決めた2ゴールが、興味を持つきっかけになったと伝え、こちらも退団が決まっているコロンビア代表MFエドウィン・カルドナの後釜として期待が寄せられている。

6/23(金) 22:29配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641170-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498259470
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ