ブレーメン

【サッカー】<大迫勇也>コパ・アメリカ不参加へ!ブレーメンが許可せず「日本サッカー協会には我々の決定を伝えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/13(水) 11:58:47.31 ID:s6aKf/cE9.net

ブレーメンは12日、同クラブに所属する日本代表FW大迫勇也をコパ・アメリカ2019に派遣しない事を発表した。

 日本は6月14日からブラジルで開催される同大会に大迫勇也抜きで挑むことになった。日本にとって招集に際し強制権がないため、所属先の許可が必要になってくる。

 ブレーメンでマネージャーを務めるフランク・バウマン氏は大迫の出場を許可しない理由について「ユウヤはブレーメン移籍後にロシアワールドカップ(W杯)を戦い、今冬にはアジアカップに出場した。本来休める時期に二つの大きな大会に出場した事で十分な休養をする事が出来なった」と休みが必要と判断したようだ。

 続けて「日本サッカー協会には我々の決定を伝えた」と話し「ユウヤはもちろん代表をチームを助けたいと思っている。しかし協会とクラブは日本代表にとって最も大事な選手に負荷をかけすぎる事に注意を払っている」と話した。

 大迫はW杯では4試合全てに出場し、アジアカップも決勝戦を含む4試合に出場した。一方、アジアカップで痛めた背中の影響でブンデスリーガ第21節アウクスブルク戦を欠場するなどブレーメン復帰後は未だプレー出来ていない。

 今回ブレーメンが拒否した事で日本は絶対的なエース不在の状況で戦う事になる。なおグループCに入った日本はウルグアイ、チリ、エクアドルと対戦することが決まっている。
 
2/13(水) 7:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00309263-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550026727
続きを読む

【サッカー】日本代表に激震…大迫勇也のコパ・アメリカ不出場が決定か。所属元ブレーメンが異例の声明

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/02/13(水) 06:24:47.69 ID:+3ybWnuG9.net

2/13(水) 6:11配信
日本代表に激震…大迫勇也のコパ・アメリカ不出場が決定か。所属元ブレーメンが異例の声明

ブレーメンは、FW大迫勇也のコパ・アメリカに向けた日本代表への招集を認めない構えを取った。クラブは12日、同選手の負傷に関する異例の声明で明かしている。

アジアカップ2019に日本代表として参加していた大迫。エースとして4試合4ゴールを挙げて、サムライブルーの準優勝に大きく貢献した。

大会終了後にクラブに帰還した大迫だったが、9日に行われたブンデスリーガ第21節アウクスブルク戦(4-0)を欠場。試合当日に背中の腱に問題を抱えていることが判明し、フロリアン・コーフェルト監督は同選手がアジアカップの決勝や準決勝に出場していたことについて、JFA(日本サッカー協会)に向けて苦言を呈していた。

そして、クラブは12日に公式ウェブサイトにこの件に関する声明を掲載。「ブレーメンはユウヤ・オオサコの負傷に関して戸惑いを覚えている」と題した文章で、フランク・バウマンSD(スポーツディレクター)の次のようなコメントを引用した。

「ユウヤがアジアカップの準決勝や決勝に出場することは可能で、その試合では負傷が悪化しなかったにも関わらず、合流後我々の下ではプレーできない状態になっていることにはかなりの戸惑いを覚えている」

「もちろん、この現状には満足することはできない」

「ユウヤはブレーメンに移籍してから、昨夏にはワールドカップ、そして冬にはアジアカップに出場したため、2度の準備及び回復期間をまったく利用することができなかった」

そしてクラブは、負傷とは関係なく大迫のコパ・アメリカへの出場を許可しない構えを取るという。「これについては日本の協会には既に伝えている。もちろんユウヤは自分の代表チームの助けになりたいと考えているが、協会もブレーメンも日本代表において最も大事な選手の1人が燃え尽きてしまわないために気を配らなければいけない」と強調した。

なおバウマンSDはドイツ誌『キッカー』に対して、この件について「協会(の立場)も理解できる。だがもちろんこれは批判でもある。代表チームでは物事を短期的にしか考えない。我々は選手の給料を支払い、長期的に考える」とコメント。「ユウヤは昨夏ワールドカップによって負担がより大きかった。そしてこの冬には休みがまったくなかった。当然、それが負傷の原因になったことは考えられる」と続けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010001-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190213-00010001-goal-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550006687
続きを読む

【サッカー】<JFA(日本サッカー協会)に怒り?>ブレーメンのコーフェルト監督、大迫勇也のコンディションに「かなり驚いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/11(月) 12:01:14.73 ID:wwZHQ6Y19.net

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、現地時間10日に行われたブンデスリーガ第21節のアウクスブルク戦(4-0)はベンチ外となった。ドイツ紙『ビルト』は、大迫が背中に問題を抱えながらアジアカップ2019からクラブに戻ってきたと伝えている。

アジアカップ2019に日本代表として参加した大迫。大会前にはコンディションが不安視されていたが、4試合に出場して4ゴールを記録。サムライブルーのエースとして、準優勝に大きく貢献した。

大会終了後、所属クラブであるブレーメンに戻った大迫。しかしアウクスブルク戦ではベンチ外に。『ビルト』によると、背中に問題を抱えているという。同メディアは「コーフェルトがJFA(日本サッカー協会)に怒り」と題し、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督のコメントを伝えている。

「プレーできない状態で戻ってきたことには、かなりの驚きを覚えている。これに関しては、これから数週間話し合いたいね」

また、大迫がアジアカップの準決勝、そして決勝戦に出場したことについて「その試合を欠場するか、それともそっちでもここでもプレーするのかの二択しかないはずだ!」と納得がいかないようだ。

2/11(月) 8:55配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010013-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549854074
続きを読む

【サッカー】冨安健洋、今夏の移籍に現実味?ラツィオやウディネーゼから興味 ブレーメンから600万ユーロのオファーは不成立

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/05(火) 23:37:50.17 ID:cXwIYytG9.net

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋は今夏、クラブに大金をもたらすことになるかもしれない。トム・ファン・デン・アベーレSD(スポーツディレクター)が同選手が今夏に移籍する可能性を示唆した。

2017年秋に日本企業DMM社が経営権を取得したシント=トロイデンは現在ジュピラーリーグで5位と躍進。その中、今シーズンに入ってから中心選手の1人として活躍する20歳の冨安が注目を浴び、既にブレーメンからの獲得オファーが届いていたことやラツィオやウディネーゼからの興味が報じられている。

ドイツ『transfermarkt.de』のインタビューに応じたファン・デン・アベーレSD。ブレーメンからのオファーの事実について問われると、次のように語った。

「この件に関しては否定することも肯定することもない。トミ(冨安)はこれまで素晴らしいプレーを見せてくれているし、この世界のトップリーグでやっていけるだけの大きな才能を持っている。正しいステップを選ぶべきだね。特に、ステップを飛ばさないことに気をつければければね。正しい選択をするかは彼次第となるが、彼は賢い男なので、正しい道を選ぶことを信じている。だが、もちろん彼は妥当な金額でしか出て行けない」

ブレーメンが冨安に対して提示したと言われる移籍金は600万ユーロ(約7億5000万円)。移籍が成立していれば、シント=トロイデンはクラブ史上最高額を手にしていたと見られるが、同SDはこの同選手の価値についてこのように語った。

「彼に対してヨーロッパ各国から強い関心が示されている。ドイツやイタリア以外にも、スペインやイングランド、オランダやフランスでも彼の名前が知られるようになっている。日本代表チームでもレギュラーに数えられ、アジアカップでも常にプレーした。それによって価格が上昇する。我々の幹部のタカユキ・タテイシ(立石敬之CEO)、ユウスケ・ムラナカ(村中悠介COO)はシーズンが終わるころに難しい決断を下さなければいけなくなるだろう」

各リーグの選手の市場価値を推定する移籍専門サイト『transfermarkt.de』では、冨安の市場価値は昨年12月の更新時に35万ユーロから600万ユーロへと急騰。「もちろん、強化部長としては彼を可能な限り長くシント=トロイデンに残したいがね」とも話しているファン・デン・アベーレSDだが、同選手がそれを超える移籍金を残しながら今シーズン終了後にクラブを去ることも考えられるようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000020-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549377470
続きを読む

【サッカー】大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/01/22(火) 23:00:19.63 ID:u1S0tfXK9.net

日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは、さらにアジアからの補強を狙っているかもしれない。20日からアジアカップを視察中のクラブのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)が地元メディア『ダイヒシュトゥーベ』で明かしている。

 バウマンSDは20日にUAE(アラブ首長国連邦)入りし、アジアカップ2019(UAE)ラウンド16のイラン対オマーンを観戦すると、21日には日本対サウジアラビア、オーストラリア対ウズベキスタンを視察。今回について、「アジアのチームの概観をつかむための良い機会」と語る同SDはさらに22日には韓国対バーレーン、カタール対イラクも観戦するという。

 グループステージの試合での視察は「見送った」と話す強化部長だが、「我々にとって日本や韓国、オーストラリアやイランの(選手)市場は興味深い」と強調。具体的な選手名は明かさないも「面白い選手たちについてはもちろん把握している。目的を持って見ている」と認め、「これ以上の詳細は明かせないよ」と明言を避けている。

 一方、サウジアラビア戦で決勝弾を決めたDF冨安健洋は以前ブレーメンからの興味が伝えられていた。所属するシントトロイデンに600万ユーロの獲得オファーを断れたとの報道にやや懐疑的な見方を示していた『ダイヒシュトゥーベ』だが、今回は「バウマンが視察のためにUAEに向かった理由の1つだったことは除外するべきではない」との見解が述べられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000026-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548165619
続きを読む

【サッカー】<FW大迫勇也(ブレーメン)>やっぱり半端なかった!試合後の取材はスルー…その真意は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/10(木) 18:40:13.68 ID:jtBmVs719.net

【UAE・アブダビ9日発】やっぱり半端なかった。アジアカップ1次リーグF組初戦に臨んだ国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタンに先制を許すなど大苦戦したが、
追い込まれたチームを救ったのはFW大迫勇也(28=ブレーメン)だった。後半11分にMF原口元気(27=ハノーバー)の左からのクロスを叩き込み、同点とすると、その4分後には長友のパスに合わせて逆転弾を決めた。

大事な初戦で結果を出したストライカーは「点が欲しいときにしっかりと点を取ることができた。チームが苦しいときに(原口と長友が)良いパスをくれて、決めることができました」と振り返った。
その上で苦戦したことに「きれいなサッカーをしていたら勝てないとみんなで話していました」とし、第2戦に向けては「次はしっかりと気持ちのこもったプレーをすることが大事と思う」とコメントした。

そんな大迫は取材嫌いで知られる。今大会に向けても3日にUAE入りしてからも2度あったメディア対応を拒否。この日も試合直後のテレビインタビューは義務のため応じたものの、
その後は、多くの報道陣が待ち構える取材エリアで記者たちの呼び掛けに“スルー”。言葉を発することなく帰路に就いた。

昨夏のロシアW杯前の国内合宿中に連日の“取材拒否”。欧州合宿に入っても、言葉少なに自ら取材を打ち切ることもあった。
そして自身がゴールを決めた1次リーグ初戦コロンビア戦後に“取材拒否”について「言うことないでしょ。本当にやるだけなんでね。

いくら叩かれても、いくら良いことを書かれても試合はある。その中で結果を出すことが全てだから」と真意を解説していた。
今大会もチームが目標と掲げるアジア王座を奪還するまで“貝”になるのは間違いなさそうだ。

1/10(木) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000029-tospoweb-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190110-00000029-tospoweb-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547113213
続きを読む

【サッカー】<DF冨安健洋>ペペの後釜に!?ブレーメン、ラツィオ、ウディネーゼに続いてトルコの強豪ベシクタシュも獲得に名乗り!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/13(木) 06:23:51.86 ID:CAP_USER9.net

🌑ブレーメンのオファーは断ったとの報道も

18節を終えた時点で全試合フル出場を果たしている冨安。ドイツに続き、イタリア、トルコのクラブも興味を持っているようだ。 (C)STVV
 アジアカップに挑む日本代表に選出されたDFの冨安健洋。現在はベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属しており、ここまでリーグ戦で全試合フル出場を果たすなど、主力として活躍している。

 冨安にはこれまでに、ブンデスリーガのブレーメン、セリエAのラツィオ、ウディネーゼなどが興味を持っていると報じられてきたが、トルコ・メディアの『SPORX』は同国1部の強豪ベジクタシュも獲得に乗り出すようだと報じている。

 ベジクタシュは、不動のCBとしてプレーするポルトガル代表のペペが来夏に契約満了になるため、現在、彼の穴を埋める選手を探しているという。

「ペペの離脱は避けられないと考えているベジクタシュは、シント=トロイデンに解決策を発見した。ブレーメン、ラツィオ、ウディネーゼからも関心を寄せられていると噂される、20歳の日本人プレーヤーだ。

 冨安健洋は現在まで、ベルギーで公式戦20試合(カップ戦含む)に出場し、1ゴールを記録している。日本代表としては今年、2試合に出場した。彼はリベロとしても期待でき、ベジクタシュがペペの後継者として想定している選手像に限りなく近いということから、獲得に乗り出すようだ」

 ちなみに、冨安にいち早く着目したブレーメンからのオファーは、STVV側が断ったと報じられている。ドイツ紙『Bild』によれば、断った理由はオファーの金額だったようで、STVVは1000万ユーロ(約13億円)を提示したという。

 ラツィオ、ウディネーゼから具体的な金額の提示はなく、またベジクタシュがSTVVが要求する金額を用意できるのかどうかはまだ分からないとのことだ。

 ただ、ベジクタシュがペペの後継者を探していることは間違いなく、同紙は「富安が今冬に動く可能性は非常に低いが、来夏の移籍はおそらく間違いないのではないか」と予測している。

12/13(木) 6:14 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51382

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51382_ext_04_0_1544610326.webp?v=1544648745


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544649831
続きを読む

【サッカー】宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰も前半交代で最下位のチームは連敗…大迫ベンチ外のブレーメンが6試合ぶり勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/12/08(土) 09:56:42.20 ID:CAP_USER9.net

[12.7 ブンデスリーガ第14節 ブレーメン3-1デュッセルドルフ]

 ブンデスリーガ第14節1日目が7日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-1で勝利した。大迫は体調不良でベンチ外。宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰。左サイドハーフの位置でプレーしたが、前半のみで交代となった。

 先手を取ったのはホームのブレーメンだった。前半20分、PA左のFWマックス・クルーゼがマークを外して落とすと、走り込んだMFケヴィン・メーヴァルトが強烈な右足ミドルでネットを揺らし、先制に成功。宇佐美は守備に追われたが、前半34分にはフィニッシュに持ち込む場面もあった。

 デュッセルドルフも前半40分、左CKで競り合ったブレーメンDFセバスティアン・ランカンプがVARの末にハンドの判定となり、PKを獲得。キッカーのFWドディ・ルケバキオが左足でゴール右下隅に沈め、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

 1-1で折り返した後半開始と同時に宇佐美は途中交代。後半はブレーメンのペースで試合が進み、同26分、こぼれ球に反応したFWヨハネス・エッゲシュタインのミドルシュートをGKが弾くと、FWマルティン・ハルニクがダイレクトで押し込んだ。

 2-1と勝ち越しに成功したブレーメンは後半33分にもダメ押しゴール。途中出場のU-19アメリカ代表FWジョシュア・ザルゲントがヘッドで押し込み、3点目。期待の18歳がブンデスリーガデビュー戦出場2分で初ゴールをマークした。ブレーメンが3-1で勝利し、6試合ぶりの白星。デュッセルドルフは連敗となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08351654-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544230602
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ