ブレーメン

【サッカー】大迫勇也と浅野拓磨が移籍即決。大迫ははケルンからブレーメン、浅野はシュツットガルトからハノーファー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/05/25(金) 17:14:00.01 ID:CAP_USER9.net

5/25(金) 17:01配信
Number Web
大迫勇也と浅野拓磨が移籍即決。W杯後の新天地でエース級活躍を!

ロシアW杯では日本の最前線として期待される大迫勇也。名門ブレーメンでも万能性を発揮したい。

 ドイツの移籍市場は動き出しが非常に早い。

 今夏も例外ではなく、各クラブの主力級が次々と新天地でのチャレンジを決断。例を挙げれば、アウクスブルクの正GKを務めたマルビン・ヒッツがドルトムントへ、ハノーファーのDFリーダーだったサリフ・サネがシャルケへとステップアップを決めている。

 5月30日のガーナ戦に向けた日本代表候補の大迫勇也と浅野拓磨も、それぞれ移籍先が決定済みだ。周知のとおり、前者はケルンからブレーメン、後者はシュツットガルトからハノーファーへと戦いの場を移す。

 大迫が加入するブレーメンは、今季のリーグ戦を11位でフィニッシュした。開幕10試合で1つも白星を挙げられなかったが、第11節から指揮を執ったフロリアン・コーフェルト監督の下で復調。余裕の残留を果たした。

 35歳の青年監督が植え付けたのは創造的で魅力溢れる攻撃サッカーで、前線から激しくプレスを仕掛けるなど守備時もアグレッシブだ。

クルーゼとの連係が確立すれば期待大。

 前線は1トップが基本だが、クラブのスポーツディレクターを務めるフランク・バウマンが「1トップもセカンドトップもできるし、サイドやトップ下でもフレキシブルにプレーできる」と評する大迫の加入に伴い、2トップの採用も増えるかもしれない。

 バウマンSDが「1年前も獲得の可能性を探った」と語り、コーフェルト監督自らが直接口説き落とした大迫に期待されるのは、もちろん主力級の活躍だ。指揮官がすでに起用法を本人に伝えたように、レギュラー待遇になるはずだ。

 不動のエースとして君臨しているマックス・クルーゼと良好なコンビネーションを築き、攻撃陣を引っ張れるかどうかが焦点だ。ゴールへのこだわりを持つ大迫にとって、優秀なフィニッシャーであり、卓越したチャンスメーカーでもあるクルーゼは、頼もしい相棒になるだろう。

ペップを信奉する監督のもとで。

 大迫が「情熱的」と表現するコーフェルト監督に言及するなら、選手たちになにより向上心を求めるタイプの指揮官だ。どんなに好調でも満足することを嫌い、日々のトレーニングに前向きな姿勢で取り組む選手を重宝する。

 現役時代はアマチュア止まりだったが、大学でスポーツ健康科学を学び、2014-15シーズンのフースバルレーラー(S級ライセンス)講習を首席で修了。大きな影響を受けた指導者はジョゼップ・グアルディオラで、アクティブな攻撃サッカーを志向する。

 コーフェルトの戦術浸透がさらに進むようなら、大迫を含むブレーメン攻撃陣は数多くのゴールチャンスに恵まれるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00830876-number-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527236040
続きを読む

【サッカー】<大迫勇也> ブレーメンへの移籍が決定! 奥寺康彦氏以来の日本人選手に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/16(水) 21:55:03.51 ID:CAP_USER9.net

ブレーメンは16日、ケルンから日本代表FW大迫勇也を獲得したと発表した。
移籍金などは双方合意の下、非公表と発表されているがドイツメディアでは移籍金600万ユーロが支払われる見込みと報じられている。 

大迫は2014年6月に1860ミュンヘンからケルンへ完全移籍で加入。
加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合に出場して4得点2アシストを記録し、チームと同様に苦しいシーズンを送ることとなり、ケルンは2部降格が決まってしまった。
去就に注目が集まる中、ハノーファーやデュッセルドルフなどからの関心が報じられていたが、ブレーメンへの移籍が決まった。

大迫は移籍に際し、「ブレーメンには素晴らしいファンと多くの伝統があるクラブだと認識していました。ここでのプレーを楽しみにしていますし、貢献していきたいです」と、コメントしている。

ブレーメンは今シーズン途中、35歳のフロリアン・コーフェルト氏が指揮官に就任。開幕10戦勝ちなしと低迷していた状態でチームの再建を託され、以後24試合で10勝7分け7敗と上々の成績を残している。
また、過去には奥寺康彦氏が在籍したことでも知られている。

5/16(水) 21:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00759061-soccerk-socc

PHOTO
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180516-00759061-soccerk-000-view.jpg
"


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526475303
続きを読む

【サッカー】大迫勇也が約8億円でブレーメン移籍へ! 独メディアがメディカルチェック通過を報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/05/15(火) 21:33:23.34 ID:CAP_USER9.net

 今シーズン、開幕からブンデスリーガでは16戦未勝利と大きく躓き、5シーズンぶりの降格という憂き目に遭ったケルン。そのなかで大迫は、25試合に出場して2ゴールという成績にとどまった。

 彼には以前から、ハノーファーやデュッセルドルフといったクラブが獲得に興味を示し、本人も4月30日付のドイツ紙『Bild』で「いくつかオファーを受けている。ケルンに留まるかは分からない」と回答したことで、その去就が注目を集めていた。

 そして、大迫は決断を下したようだ。『DEICH STUBE』によれば、日本代表FWは現地15日の午後にメディカルチェックをパスしたという。同メディアはさらに、移籍の詳細についても綴っている。

「ユウヤ・オオサコの到着は目前だ。ブレーメンは600万ユーロ(約7億8000万円)を支払う準備を進めている。彼はピッチ外では完璧なドイツ語を喋り、ピッチ内では芸術的なトリックを見せてくれる、まさに多彩なプレーヤーだ。おそらく、ワールドカップが始まる前に契約が交わされるだろう」

 ブレーメンは4度のブンデスリーガ優勝を誇る古豪で、過去には奥寺康彦氏が所属していたことでも知られている。しかし、近年は残留争いに巻き込まれるなど苦戦が続いており、今シーズンは11位で終えた。

 そんな古豪で、大迫がいかなる化学反応を見せるのか。目前とされる移籍合意の知らせを待ちたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00040432-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526387603
続きを読む

【サッカー】香川同点弾アシストもブレーメンに敗北 リーグ戦8試合勝ちなし(3分5敗

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2017/12/10(日) 01:26:19.27 ID:CAP_USER9.net


2017年12月10日(Sun)1時24分配信

ドルトムントに所属する香川真司【写真:Getty Images】

【ドルトムント 1-2 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

 現地時間9日にブンデスリーガ第15節の試合が行われ、ドルトムントはホームにブレーメンを迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。試合開始して26分、マックス・クルーゼからパスを受けたマキシミリアン・エッゲシュタインがドリブルで仕掛けて自らシュートを放つ。これがゴールネットに突き刺さりブレーメンが先制した。

 それでも57分、マルセル・シュメルツァーがDF裏に浮き玉のパスを送ると、香川がヘディングでゴール前に折り返してピエール・エメリク・オーバメヤンが体で押し込みドルトムントが同点に追いつく。しかし65分、コーナーキックからテオドル・ゲブレ・セラシェにヘディングシュートを叩き込まれ再び勝ち越しを許してしまう。

 72分には香川に決定機が訪れたが、シュートはゴール前で転んでいたオーバメヤンの背中に当たり得点ならず。結局、ブレーメンに1-2で敗れたドルトムントは泥沼のリーグ8戦未勝利となった。

【得点者】
26分 0-1 エッゲシュタイン(ブレーメン)
57分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
65分 1-2 セラシェ(ブレーメン)

https://www.footballchannel.jp/2017/12/10/post245662/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512836779
続きを読む

【サッカー】<鎌田大地(サガン鳥栖)>フランクフルトが正式オファー!推定2億円の移籍金を用意。ブレーメンなども興味

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 06:16:15.10 ID:CAP_USER9.net

鳥栖の元U―23日本代表MF鎌田大地(20)が、今夏にドイツ1部フランクフルトに移籍する可能性が高いことが20日までに分かった。
フランクフルトは既に推定2億円の移籍金を用意し、正式オファー。

海外志向の強かった鎌田も移籍に前向きで、日本代表MF長谷部誠(33)も所属するチームで海外に初挑戦することになりそうだ。
鳥栖の関係者によれば、フランクフルトは鎌田を「才能あふれる20歳」とほれ込み、移籍は秒読み段階という。

鎌田は高卒1年目の15年シーズンから活躍。2年目の昨季、イタリア人指揮官のフィッカデンティ監督が就任すると、その才能が一気に開花した。
もともと持っていた高い技術にハードワークも加わり、いまや元日本代表MF中田英寿の再来との呼び声も高い。

昨年のリオ五輪メンバーからは最終的に外れたが、その才能は日本代表のハリルホジッチ監督も認めているという。

フランクフルトのほかに、同じドイツ1部のブレーメンなども興味を示していたというが、
海外初挑戦の鎌田にとって、日本代表のキャプテンも務めている長谷部は頼もしい存在となりそう。

5月には一般女性との結婚も発表。近い将来の日本代表入りも期待される若き逸材の、海を渡る瞬間が近づいてきた。

6/21(水) 5:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000133-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170620-00000133-spnannex-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497993375
続きを読む

【サッカー】大迫 出場せず、ケルンはブレーメン下す「勝ててよかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 06:44:27.06ID:CAP_USER9.net

大迫 出場せず、ケルンはブレーメン下す「勝ててよかった」
スポニチアネックス 5/6(土) 6:24配信

 ◇ブンデスリーガ第32節 ケルン-4―3ブレーメン(2017年5月5日)

 サッカーのドイツ1部リーグは5日行われ、ケルンの日本代表FW大迫勇也(26)はブレーメン戦にベンチ入りしたが出場しなかった。試合はケルンが4―3で勝ち、欧州リーグ(EL)出場権内の暫定6位に浮上した。

 へんとう炎で前節のドルトムント戦はメンバー外となった大迫は2試合ぶりのベンチ入り、試合中ウォーミングアップをする場面もあったが出番はなかった。試合後「チームとしてしっかり勝つことが目標だったので勝てて良かった。(ELの)チャンスが出てきたので次、楽しみですね」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000069-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494020667
続きを読む

【サッカー】<オッツェ氏>「ブレーメンはいい日本人選手がほしい」「昌子? 細かいことは忘れたよ(笑い)」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 12:45:37.34 ID:CAP_USER9.net

<94年J得点王オッツェ氏インタビュー3>

 ブンデスリーガの名門・ブレーメンの強化担当を務める、オッツェことフランク・オルデネビッツ氏(52)が、ニッカンスポーツコムの単独取材に応じた。3回目の今回は、鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源(24)を今夏の補強候補にリストアップするなど、熱視線を送る日本人選手について語った。

 -Jリーグで注目している選手は?

 オルデネビッツ氏 います。Jリーグで活躍する選手の2、3人がリストに上がっています。特別、年齢にこだわりはないですが、若い選手を取って、ブレーメンで成長させるのもありだと思うし、乗りに乗っている選手を取って即、活躍、貢献してもらうケースもある。次のシーズンに向けて動いている事案だから、成就するかは分からない。獲得の希望はクラブに出しますが、決定権があるのは私ではありません。

 -欧州の移籍市場は、各国リーグのビッグネームから移籍が決まっていき、序列が低い日本人選手の移籍も左右されてしまう

 オルデネビッツ氏 欧州の選手がリストの上にいるわけではなくて、要はいい選手か、悪い選手かが問題。今は(インターネットなどで)世界中の選手を見ることが出来る。私はJリーグでもプレーした経験から、日本に知っている人もたくさんいて、情報をもらうこともある。05年にブレーメンのスカウトに就任した時から、かなり集中的に日本人選手のスカウティングをするようになり、今も何人もの選手を見ていますよ。

 -3月4日に湘南ベルマーレとの共同育成プロジェクトを発表した会見で、セビリアからセレッソ大阪に復帰したMF清武弘嗣の獲得に失敗したと明かした。日本人MFを取りたい?

 オルデネビッツ氏 決してMFに限っているわけじゃない。いい日本人選手を、ほっしているのは事実。ポジションにかかわらず、ほしい。

 -ポジション…もっと具体的に言うと、昌子は?

 オルデネビッツ氏 昌子? 細かいことは忘れたよ(笑い)やはり、日本人はブンデスリーガに合うと思っています。既にたくさんの日本人が活躍しているので、続いてドイツやブレーメンに来ることをイメージしやすいという部分で、他の欧州主要リーグより優位性があると思います。日本人選手に来てもらえれば、早くなじんで、チームに貢献し、活躍してくれると見ています。

 -日本人FWが欧州のクラブに移籍しても、サイドで起用されることが多く良さを出し切れなかった。大迫勇也はケルン3季目で、ようやくトップのポジションで起用されている。日本人FWの評価は変わったか

 オルデネビッツ氏 現代サッカーでは、プレーシステムとして1トップを採用することが多く、FWが1トップになり切れるか難しいところがある。バイエルンのレバンドフスキくらいのレベルになれば、そこしかないとなってしまうけれど、1トップ以外なら2列目、1列目と2列目の間などになってしまうかも知れない。FWのポジションが1つしかないなら、そこに座るのは(国籍に限らず)難しいところです。

 -ヘルタで原口元気が活躍している

 オルデネビッツ氏 トップでもサイドでもフレキシブルに出来る点で、ヘルタで生きていると思う。1人の選手がセンターバックとサイドバック、もしくは守備的MFなど幾つかのポジションがこなせることは重要で、非常にいいことだとされる時代。そういう要素を持ち合わせている原口は、もともといい選手だと思っていましたよ。

 -アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍したFW浅野拓磨については

 オルデネビッツ氏 知っています。今、2部でプレーしているけれど、たくさんのゴールを見せてもらいたいし、学んだことをサッカー人生に生かしてもらえたらいいなと。少しレベルが抑えめのリーグでやることで、上に上がれるチャンス、きっかけを得ることもあると思う。浅野は、そこに当てはまって、上に行ってほしいね。

 オッツェ氏は、J2湘南ベルマーレらと小学生年代の育成を行う、共同プロジェクトを立ち上げる契約を結び、神奈川で7月1日に開校する、日独フットボールアカデミー神奈川校の校長に就任する。昌子をはじめとしたJリーガーのブンデスリーガ挑戦、そして日本の育成年代をブレーメンで強化したいという同氏の決意は固い。【村上幸将】

日刊スポーツ 4/23(日) 11:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01810694-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492919137
続きを読む

【サッカー】香川、開幕戦以来の先発フル ドルトムントが再開初戦でブレーメンに2-1辛勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 01:46:40.31 ID:CAP_USER9.net

ドルトムントが再開初戦でブレーメンに2-1辛勝 香川は開幕戦以来のフル出場
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010000-soccermzw-socc

3 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 01:47:08.69 ID:CAP_USER9.net

Football ZONE web?1/22(日) 1:32配信

ブンデス再開初戦で香川はフル出場を果たした【写真:Getty Images】

香川は積極的に動くも得点に絡めず チームも一人少ない相手を攻めあぐねる

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、21日のブンデスリーガ第17節でブレーメンと敵地で対戦。退場者を出したブレーメン相手に苦戦するも、DFピスチェクの決勝ゴールで2-1と辛勝した。2試合連続スタメンの香川は開幕戦以来のフル出場で、積極的にゴール前に顔を出したが、得点には絡めなかった。

 試合が動いたのは開始わずか5分。ドルトムントは右サイドのスローインから攻撃を展開すると、ブレーメンのゴール前へこぼれたボールにFWシュールレが反応。GKをかわしてから左足で、リーグ戦今季初ゴールを決めた。

 同39分にはブレーメンGKドロブニーがエリア外へ飛び出してロイスを倒し、一発退場となった。これでドルトムントは数的優位に立ち、1点リードのまま後半を迎えた。

 同13分、中央からドリブルで攻め上がった香川が左サイドのロイスへスルーパスを通して絶好のチャンスを演出したが、シュートはGKに防がれる。するとその1分後、ブレーメンFWクルーゼの落としを受けたMFバーテルスがドリブルで持ち込み、右足で同点弾をゲット。ホームのブレーメンが少ないチャンスをものにした。

トゥヘル監督の二枚替えで勝ち越しに成功

 追いつかれたドルトムントは積極的な交代策を取り、2点目を奪いに行く。同25分にMFロイス、カストロを下げて、負傷明けのMFデンベレとゲレイロを投入した。これが功を奏し、直後の同26分にCKの二次攻撃からゲレイロのクロスをピスチェクが合わせて勝ち越しに成功した。

 このゴールが決勝点となり、2-1のまま試合終了となった。ドルトムントは苦戦を強いられたものの、4試合ぶりの勝ち点3を手にした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485017200
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ