バイエルン

【サッカー】トゥヘル氏、バイエルンに断りをいれアーセナルの監督就任へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/03/25(日) 22:25:31.59 ID:CAP_USER9.net

バイエルン・ミュンヘンの後任監督候補として名前があがっていたトーマス・トゥヘル氏だが、kickerが得た情報に寄ればその行き先はロンドン。アーセナルを長年指揮してきたアーセン・ヴェンゲル氏の後任となるようだ。

昨シーズンにポカール優勝という形でチームを後にしていた同氏。それ以来ここまで、サッカーとの距離をおいて次へのタスクのために十分に充電ための時間をかけてきたなかで、これまで幾度となくバイエルンの後任監督候補として浮上。

しかしながら金曜日にはバイエルンの首脳陣に対して監督就任の意思がないことを伝え、海外のクラブとの契約にサイン、その行き先はパリSGともいわれたが、kickerが得た情報によれば新天地はプレミア・アーセナルとなるようだ。

ユルゲン・クロップ監督のあとを受けてモダンなサッカーを展開していた43歳は、就任1年目で勝ち点78を獲得しリーグ戦2位でフィニッシュ。さらに週末にはドルトムントにとって5年ぶりのタイトルとなるDFBポカール優勝を果たした。

しかし昨季はフメルス、ミキタリアン、ギュンドアンら数多くの主力選手の移籍に伴い大幅な入れ替えを余儀なくされた他、さらにはデンベレ、モア、ゲレイロ、イサクをはじめとする若手を積極登用。その結果、勝ち点は64にとどまったものの、チャンピオンズリーグ出場権の獲得に成功している。

しかしながらクラブ首脳陣との溝は広がるばかりとなり、最近ではCLモナコ戦でのバス襲撃事件の対応を巡ってヴァツケCEOとの改めて浮き彫りに。同監督の代理人は改めて残留を強調し、ポカール決勝後には改めてトゥヘル監督も「契約を全うする考えだ」と語っていたのだが、しかし同じくポカール決勝後には主将シュメルツァが采配に対して公の場で批判。最終的にはそのままチームを後にする結果となった。

なおアーセナルには、先日までドルトムントに在籍し、バイエルンからの関心が伝えられながらロンドンへと向かったスウェン・ミスリンタト氏も在籍。これまで香川真司やピエル=エメリク・オーバメヤン、ラファエル・ゲレイロ、さらにウスマン・デンベレらの獲得において、スカウト担当として大きな役割を果たしてきたが、しかし昨年10月にはトーマス・トゥヘル前監督との確執が伝えられ、最終的には昨年末にアーセナルへと移籍。ただアーセナル首脳陣に対しては、クラブの考えと自身の仕事への忠義を貫くことを約束しているという。
http://kicker.town/bundesliga/2018/03/84052.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521984331
続きを読む

【サッカー】前人未踏の6連覇へ…バイエルンは今週末にもブンデス優勝が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/03/12(月) 21:52:44.09 ID:CAP_USER9.net

バイエルンの優勝が近い。10日に行われたブンデスリーガ第26節・ハンブルガーSV戦では圧巻の強さを見せ、6-0の完勝。あと8試合を残し、2位シャルケと勝ち点20差まで開いたことで、次節にも優勝の可能性が出てきた。

 優勝の条件は、第27節でシャルケ(勝ち点46)がボルフスブルク相手に引き分け以下に終わり、バイエルン(勝ち点66)がライプツィヒに勝利した場合だ。この場合、7試合を残して勝ち点差は22以上になる。同様に3位のドルトムント(勝ち点45)もハノーファーに引き分け以下となると勝ち点23以上の差が生まれるため、逆転は不可能となる。

 ブンデス史上最速の優勝記録はジョゼップ・グアルディオラが率いた2013-14シーズンのバイエルンで第27節での優勝だった。今季序盤に失速したバイエルンだが、ユップ・ハインケス監督の手腕で大復活。前人未踏の6連覇はほぼ手中に収めつつ、今週末の第27節で史上最速タイのスピード優勝を決められるかにも注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-01651422-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520859164
続きを読む

【サッカー】<バイエルンの退屈な1強支配にメス!>ブンデスリーガの斬新すぎリーグ改革案「ノックアウト方式のプレーオフ導入を」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/10(土) 23:46:00.01 ID:CAP_USER9.net

あまりにも強すぎる。ブンデスリーガ第25節終了時点で、バイエルンが2位のシャルケに勝ち点20差をつけて首位を独走しているのだ。

最後に負けたのは第13節(対ボルシアMG)で、それ以降は11勝1分けと非の打ちどころがない。

 最短では第27節終了時点で、絶対王者によるリーグ6連覇が確定する。リーグ戦における最大の関心事であるはずの優勝争いは、今シーズンもドイツには事実上存在しなかった。

 バイエルンの1強支配が長引き、ブンデスリーガの魅力が薄まっているのは否定しようがない事実だ。 

スポーツTVチャンネル『Sport1』のセバスティアン・ミッターク記者は「バイエルンの支配によって生み出された“退屈”が、人々のリーグへの関心を低下させている」と嘆く。バイエルンのホームタウン、ミュンヘンの『Abendzeitung』紙でさえ「ブンデスリーガは、もはやエキサイティングなプロダクトではない」と言い切るほどだ。

熱狂で包まれていたスタジアムに空席が。

 昨シーズンよりリーグ全体の平均観客動員数が増えているからと言って、ファンの絶対数が増えているとも限らない。なにしろ今季の昇格クラブはホームスタジアムの規模が大きいシュツットガルトとハノーファーなのだから。むしろ空席が目に付く試合も散見されるし、ファン離れが危惧されている状況だ。

 ボルシアMGの主将を務めるラース・シュティンドルは『WELT』紙のインタビューにこう答えている。

 「ヴォルフスブルクとのニーダーザクセン州ダービーで、ハノーファーのスタジアムに空席が目立ったのには驚いたよ。理由は分からない。キックオフが日曜の夜だったからかもしれない。でも、僕はハノーファーの人々がどれだけスポーツに熱狂的か知っている。リーグが誤った方向に向かわないように注意しなければいけないよ」

 リーグ全体の競争力も、一時期の“バブル”がはじけた印象が強い。今季のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に参加したドイツの7チームで、グループステージを突破したのはバイエルンのみ。

 ドルトムントとRBライプツィヒがCL敗退後に参戦したELで16強まで勝ち上がっているのがせめてもの救いだが、他の4チームは欧州の舞台から早々と姿を消している。当然、バイエルン以外が不甲斐ないという見方もある。

つづく

3/10(土) 11:31配信 Number
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00830143-number-socc

2 名前:Egg ★:2018/03/10(土) 23:46:11.22 ID:CAP_USER9.net

ノックアウト方式のプレーオフ導入を。

 それこそ天変地異でも起きないかぎり、絶対王者の優位性は揺らがないだろう。

 バイエルン以外のドイツ勢にハメス・ロドリゲス級のスターを引き付けるブランド力や経済力はなく、外国資本の参入などを阻んでいる50+1ルール(例外を除き、個人や企業が1クラブの株式を49%までしか保有できない規則)が存在するかぎり、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティのようなリッチクラブが突如として出現することも期待できない。

 バイエルンと他クラブの間に横たわる溝が埋まらないとなると、リーグ戦をいかに盛り上げていけばいいのか。その解決策として話題になっているのがヴォルフガンク・ホルツホイザー氏による改革案だ。

 ドイツサッカー連盟の要職やレバークーゼンのマネージングディレクターを歴任し、現在はスポーツコンサルタントとして活躍する同氏は、かねてより「優勝プレーオフ」の導入を訴え続けている。理想とするのはアメリカのプロスポーツで、NBAやMLB、MLSのようにレギュラーシーズン終了後にノックアウト方式のトーナメントで年間王者を決めようという提案だ。同氏はこう主張する。

 「マイスター(チャンピオン)争いの行方が面白くなるし、優秀なチームとそうではないチームのギャップを減らせる。スポーツ的な部分だけでなく、(スポンサー収入が見込める意味で)財政的な観点からもいいだろう」

欧州カップ戦を含めた過密日程が問題。

 もちろん、問題はある。その1つが過密日程だ。欧州カップ戦で最終盤まで勝ち上がっているチームにとって、試合数の増加は諸手を挙げて賛成できないはずだ。心身ともに疲労のピークを迎えているはずの選手たちを無視した、マーケティング優先のイベントと揶揄されても不思議はない。

 現時点では反対の声が大きく、レバークーゼンのルディ・フェラーSDは「リーグ戦が歪められる」と慎重な姿勢を貫く。

 ただ、バイエルンのトーマス・ミュラーが「一種の改革を推し進めるのは良いアイデア」と語れば、『Sport1』がウェブサイト上で行ったアンケートでは約30%のユーザーが賛成の意を示してもいる。

つづく

3 名前:Egg ★:2018/03/10(土) 23:46:34.22 ID:CAP_USER9.net

名手エッフェンベルクの大改革案。

 一方で、元ドイツ代表のシュテファン・エッフェンベルクは、もっと大掛かりな改革を提案している。リーグの構造自体にメスを入れるというアイデアだ。

 まず開幕前の時点で、トップリーグの18チームをグループA、グループBに9チームずつ分ける。各チームは同じグループの対戦相手とクリスマスまでにホーム&アウェーの計16試合を消化。各グループの上位4チーム+グループAとBの5位で成績の良いチームがグループIに進出し、1月から5月にかけて優勝および欧州カップ戦出場権を争う。

 そして、残りの9チームはグループIIで残留を懸けたサバイバルに挑むという構図だ。前半戦の成績は反映させず、グループI、IIは勝ち点や得失点がゼロのフラットな状態でスタートする。

 この“エッフェ案”はギリシャやベルギーが導入済みの優勝プレーオフとは異なり、欧州の主要リーグでは類似例のない斬新なアイデアだ。もちろん、グループIへの参加権を逃したチームのモチベーション低下に加え、グループIIへのファンの関心度の低下など気がかりな点は思い浮かぶ。

 それでもエッフェは『Sport1』で「夏のドローイベントはドイツ中で注目を集める巨大なイベントになるだろう」と熱弁し、自身の改革案に自信たっぷりの様子だ。ちなみに、「ウインターブレイクは撤廃する」とも主張している。

 他にも50+1ルールの撤廃やテレビ放映権料の分配率の見直し、さらにはドラフトやサラリーキャップ制の導入など、ブンデスリーガを再びエキサイティングにするためのプランはいくつも挙がっている。はたして改革へと舵を切るのか、それとも伝統重視で変革を避けるのか。華々しく映るブンデスリーガが岐路を迎えているのは間違いない。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520693160
続きを読む

【サッカー】<バイエルン>フンメルスとレバンドフスキ練習中に口論!「マジで靴ひもを直してたのか。ふざけんな!」「黙れ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/01(木) 20:19:41.92 ID:CAP_USER9.net

バイエルン・ミュンヘンの練習中にDFマッツ・フンメルスとFWロベルト・レバンドフスキが衝突したと、1日の独紙ビルトが報じた

 2月28日の午後に行われたトレーニング中にフンメルスとレバンドフスキが激しく口論した。練習最後の紅白戦でのこと。守備の局面にもかかわらずレバンドフスキが靴ひもを直しだし、そのために失点されたことにフンメルスが「レビー、それがお前の本気か? マジで靴ひもを直してたのか。ふざけんな!」と激怒。

レバンドフスキは「そういうお前は今ボール取られたばっかりだろうが」と反撃。フンメルスは「俺のはミスだ。お前のは心構えに関してだ」と返す。レバンドフスキは「何度もボールを取られて口だけか」とカウンターを繰り出すと、「黙れ! 謝れよ」と詰め寄る。練習後は距離を開けたままで謝罪もなかった。

  こう伝えた同紙は以下のように結んでいる。

 ブンデスリーガは退屈なものになってきているが、Bミュンヘンでは氷点下のトレーニングでも自分たちで熱くなっていた。

3/1(木) 19:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00138855-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180301-00138855-nksports-000-4-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519903181
続きを読む

【サッカー】今後数年もバイエルンの“一人勝ち”? ギュンドアンがブンデスに言及

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/02/13(火) 17:58:21.29 ID:CAP_USER9.net

今シーズンもバイエルンが首位を独走しているブンデスリーガ。2位ライプツィヒとの差は18ポイントで、史上初となるバイエルンの6連覇が確実視されている。

 バイエルンが“一人勝ち”状態にあるブンデスリーガについて、マンチェスター・Cのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが言及した。同選手はスイスメディア『Blick』のインタビューに応じている。

 バイエルンと他クラブとの間にあまりにも大きな戦力差があることから、ブンデスリーガについて「退屈過ぎる」、「ブンデスリーガよりもプレミアリーグのほうが面白い」といった意見も出始めている。

 かつてニュルンベルクやドルトムントでプレーしていたギュンドアンも「ブンデスリーガでは試合中に起きる出来事が少なすぎる。ほとんどのチームが、自分たちでアクションを起こすことよりも確実性やミスをしないことを重視している」と指摘。ブンデスリーガを退屈にしている要因の一つについて、自身の考えを明かした。

 またギュンドアンは、バイエルンの首位独走が続いている状況について「バイエルンは数十年にわたって高いクオリティーを維持しているし、他のクラブが今後数年のうちに彼らを抜くのは難しいと思う。それに比べると、プレミアリーグでは優勝を狙えるチームがいくつかあるから、バランスが取れているね」とコメント。今後も数シーズンはバイエルンの独走が続くと予想している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714752-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518512301
続きを読む

【サッカー】<バイエルン・ミュンヘン>25節で史上最速優勝の可能性と独紙

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/02/05(月) 22:06:18.08 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガで首位を走るバイエルン・ミュンヘンが史上最速優勝もありうると、5日の独紙ビルトが報じた。

 すでに2位レーバークーゼンとの勝ち点差は18に開いている。第21節終了時でここまでの勝ち点差がついたのは過去にない。理論上第25節3月4日のフライブルク戦で優勝が決まる可能性さえある。これまでの最速優勝はペップ・グアルディオラ政権時の13-14年に達成した第27節での優勝だ。

 だが、リーグ戦での単独首位が続く中、欧州CLに向けてどのように緊張感を保ち続けることができるだろうか? マッツ・フンメルスは「セルフモチベーションが1つのポイントになる。どのポジションにも競争がある。メンバー入りするのも簡単ではない。誰もが自分の最高のパフォーマンスを出すために、あらゆる試合を大事にしたいと思っている」とコメントした。

2/5(月) 18:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00117884-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517835978
続きを読む

【サッカー】<ハメス・ロドリゲス(バイエルン)>ジダン監督に皮肉?「僕はお気に入りじゃなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/06(土) 19:37:15.10 ID:CAP_USER9.net

ドイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、
前所属レアル・マドリード(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督に対する皮肉とも取れる表現で
レンタル移籍先の現所属チームで引き続きプレーしたいとの意向を示しているという。
6日までにスペインのマルカ紙などが伝えた。

同選手は昨季までの“上司”にあたるジダン監督について
「監督にはそれぞれお気に入りの選手たちがいて、僕は試合に出た時には点を取ったりアシストをしたりしていたけど、
その中にはいなかった。でもジダンの考えを尊重しなければならない」と語り、チームを出て行かなければならない必然性があったとしている。

ドイツでの現状については「ハインケスは偉大な監督。彼がスペイン語を話すのは僕にとって大きな助けになっていて、
少しずつ試合出場時間を得て調子は上がってきている」と手応えを得ている様子。

レアルとの契約を残し、来季までのレンタル移籍中の身だが
「バイエルン・ミュンヘンに残りたい。僕は幸せでとても快適にやっている。ほかのことは考えていない。ブンデスリーガは偉大なリーグ」だと語っている。

1/6(土) 19:12配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000151-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggfFq8BY5u_qkrnD0QU_l2hQ---x900-y722-q90-exp3h-pril/amd/20180106-00000151-dal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515235035
続きを読む

【サッカー】シャルケのドイツ代表MFゴレツカ、契約延長せずバイエルン移籍へ ビルト報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:カイキニッショク:2018/01/03(水) 23:21:20.71 ID:CAP_USER9.net

ゴレツカのバイエルン移籍は「まだ決断していない」

1/3(水) 18:57配信

日刊スポーツ

ホッフェンハイムから1300万ユーロ(約17億6000万円)の移籍金でバイエルン・ミュンヘン入りしたサンドロ・ワーグナーは、
ロベルト・レバンドフスキのバックアップとしての役割を期待されている。
3日の独紙ビルトによると、ユップ・ハインケス監督は
「ここ数年非常にポジティブな成長を遂げ、代表選手にもなった。我々を助けてくれると思う」とコメントした。

また、スポーツビルト誌の情報によると、シャルケのレオン・ゴレツカがクラブとの契約を延長せずにBミュンヘンへ移籍するという。
Bミュンヘンのハインケス監督はゴレツカについて「いい選手。気に入っている。素晴らしい成長を遂げた」と話し、
移籍については「まだ待たなければならない。正しくは、彼の代理人(イェルク・)ノイバウアーは『まだ決断していない』と言っていた」としていた。

アシスタントコーチのペーター・ヘアマンはシャルケ時代に仕事をしていた。
同監督は「彼はシャルケで一緒にやっていた。しっかりとしたインテリジェンスのある選手に違いない。
何が自分にとってベストかしっかりとわかっている」と話していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00092038-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514989280
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ