バイエルン

【サッカー】絶対王者バイエルンの7連覇は確実?2018-19シーズンのブンデスリーガ優勝争いは…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 18:18:08.04 ID:CAP_USER9.net

第二勢力の成長なくして歴史は動かない

新シーズンのブンデスリーガはどうなるのだろうか。バイエルン・ミュンヘンの7連覇かそれとも…。絶対王者の優勝を阻むためには第二勢力の果てしない成長が求められる。(文=遠藤孝輔)

優勝するのはバイエルンだろう。戦力、経験ともに他の追随を許さない絶対王者が、7連覇を逃すシナリオは描きにくい。昨シーズンの得点王であるロベルト・レヴァンドフスキを擁する最前線から、主将のマヌエル・ノイアーが君臨する最後尾まで陣容に穴らしい穴はなく、ロシア・ワールドカップ参加者が合流して間もなかったDFLスーパーカップではフランクフルトを5-0と一蹴。プレシーズンマッチでユヴェントスとマンチェスター・シティに敗れた不安をかき消す会心のパフォーマンスをいきなり見せつけて、今シーズンの初タイトルを手にした。「バイエルンが優勝する」と語るシャルケのドメニコ・テデスコ監督など、戦前からいわば白旗を振っている指揮官は少なくない。

焦点は優勝チームの予想ではなく、いつまで首位争いが繰り広げられるか。例年のように、ウインターブレイクの時点で趨勢が決するようでは、昨シーズンにメディアを賑わせたリーグ改革案(優勝プレーオフの導入など)が再びドイツサッカー界で議論されることになりそうだ。対抗馬に挙がるドルトムントやホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が警戒するレヴァークーゼン、昨シーズン2位のシャルケあたりの奮起を願う中立のファンは少なくない。主軸の高齢化や監督交代(ユップ・ハインケス→ニコ・コバチ)などバイエルンに不確定要素がないわけではないが、第二勢力の成長なくして歴史は動かないだろう。

“教授”率いる平均年齢が最も若いチームが台風の目に?

個人的に期待しているのは、昨シーズン6位のRBライプツィヒだ。攻守の要だったナビ・ケイタがリヴァプールに移籍したものの、得点源のティモ・ヴェルナー、チャンスメーカーのエミル・フォルスベリ、近未来のワールドクラス候補生であるセンターバックのダヨ・ウパメカノなど、メガクラブが興味を示すタレントが残留濃厚になっている。未完の大器に照準を絞るお馴染みのリクルーティングで、フランスU-21代表のノルディ・ミュキエレやヨーロッパリーグ予選で2得点の19歳マテウス・クーニャら有望株も加えており、ケイタが抜けたセントラルMF以外のポジションは戦力アップ。スポーツディレクターとの兼任で、3シーズンぶりに現場の指揮を執ることになった“教授”ことラルフ・ラングニック新監督が舵取りを誤らなければ、トップチーム登録者の平均年齢が最も若く、成長の余地を残すRBライプツィヒが首位争いに加わるかもしれない。

2 名前:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 18:18:42.86 ID:CAP_USER9.net

日本人所属クラブで仕上がり具合が良いのは…

日本人選手の所属クラブに目を向ければ、香川真司の去就が気になるドルトムントに期待を抱いているファンが最も多いだろう。得点源だったミヒー・バチュアイ(現バレンシア)が退団したストライカーの穴埋めが実現していないが、中盤にはワールドカップで異彩を放ったアクセル・ヴィツェルとトーマス・ディレイニーが加わった。スイスの智将リュシアン・ファーヴルがどんなチームに仕上げるか要注目だ。

一方で、見通しが明るくないのが、長谷部誠と鎌田大地を擁するフランクフルト。近年の躍進に導いたニコ・コバチ監督が去っただけでなく、昨シーズンにブレイクしたMFマリウス・ヴォルフ、オマル・マスカレル、不動の守護神だったルーカス・フラデツキー、重鎮ケビン・プリンス・ボアテングが退団し、チームの戦力値は大きく下がっている。DFBポカール1回戦で4部のウルムに不覚を取ったのは決して偶然ではなく、アディ・ヒュッター新監督の組織固めが遅々として進んでいない印象だ。

同じく4部のヴォルマニア・ヴォルムスに6-1ときっちり勝利したブレーメンは、まずますの仕上がり具合を見せている。頼もしいのはケルンから加入した大迫勇也だ。ワールドカップのコロンビア戦での一発がきっかけになったのか、プレシーズンマッチ、そしてW・ヴォルムス戦でヘディングゴールを決めるなど、新たな武器を見せつけている。この日本代表ストライカーに加え、ドルトムントに引き抜かれたディレイニーの穴埋め役を担うオランダ代表MFダフィ・クラーセンがキーマンになるかもしれない。35歳の青年監督であり、GK出身者でありながら攻撃的なスタイルを好むフロリアン・コーフェルトのサッカーにも注目だ。

原口元気と浅野拓磨を新たに獲得したハノーファーの状態も悪くない。プレシーズンマッチではウディネーゼやアスレティック・ビルバオなど骨のある相手を撃破。DFBポカール1回戦では3部のカールスルーエに6-0と力の差を見せつけた。選手のクオリティー不足をハードワークや組織力で補っているチームが、昨シーズンのように意外な健闘を見せるかもしれない。

宇佐美貴史のレンタル期間延長を実現させたデュッセルドルフ、そして、ブンデスリーガ初参戦となる久保裕也が所属するニュルンベルクは、残留できれば御の字。特に昇格1年目のデュッセルドルフとニュルンベルクは、戦力値が1部の水準からかけ離れている。選手の推定市場価格の合計額(どちらも3000万ユーロ台。transfermarkt参照)が、2部のケルンやハンブルガーSVより低いほどだ。厳しい戦いが予想される中で、宇佐美や久保はどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010006-goal-socc&p=2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535102288
続きを読む

【サッカー】「今のブンデスには魅力がない」 バイエルンOB、移籍市場で消極的なドイツ勢に警鐘

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/08/17(金) 17:21:02.39 ID:CAP_USER9.net

8/17(金) 17:10配信

ドイツ・ブンデスリーガはトッププレーヤーにとって魅力がなく、このままでは他国リーグとの差が開くばかりだろう──元ドイツ代表MFシュテファン・エッフェンベルク氏が、移籍市場で“消極的な”ドイツ勢に警鐘を鳴らした。

欧州では今オフもビッグプレーヤーの移籍が相次いだ。ユベントスはレアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、リバプールはローマからブラジル代表GKアリソンを手に。アリソンの移籍金6700万ポンド(約95億円)はその時点ではGKとして史上最高額だったが、ベルギー代表GKティボー・クルトワをレアルに放出したチェルシーが、これを上回る移籍金7100万ポンド(約101億円)でアスレチック・ビルバオからスペイン代表GKケパ・アリサバラガを獲得。大金が右へ左へと動いている。

 一方、ドイツのメガクラブであるバイエルンは、フリートランスファーでシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得し、ホッフェンハイムからレンタルバックでドイツ人FWセルジュ・ニャブリが復帰しただけで、多くの選手を獲得するには至っていない。

 こうしたなか、同クラブのOBでもあるエッフェンベルク氏は、ドイツメディア「T-Online」のコラムで、記者から「ブンデスリーガは移籍市場で非常に消極的なのでは?」と尋ねられると、「ブンデスリーガ所属クラブの動きを見ていて目につくのは、外部から来た有名な選手というのが、ドルトムントに加入したアクセル・ヴィツェルということ。彼が良い選手であるのは疑いようもないが、中国の天津権健から来た選手で、欧州のトップリーグでの経験が一度もない。最も有名な新加入選手の一人がそういうことなら、今のブンデスリーガがトッププレーヤーにとって魅力がないということは明らかだ」とコメントした。

<選手はボルシアMGやシャルケより、フルハムやストークを選ぶ>

さらにエッフェンベルク氏は「それゆえ、ブンデスリーガはプレミアリーグやその他トップリーグにはるかに後れを取ることになるだろうと私は強く思っている。この傾向を止めるには、ブンデスリーガのクラブがアプローチを変え、もっとリスクを冒さなくてはならなくなる。そうでなければ、もう選手を獲れなくなるだろう」と続け、「もし、一人の選手がブンデスリーガのクラブとプレミアリーグのクラブからオファーを受けたとしたら、その選手はイングランドに行くだろう。グラートバッハ(ボルシアMG)やシャルケより、フルハムやストーク・シティを選ぶだろう」と、ブンデスリーガの現在の“地位”について辛辣な見解を示した。

 先頃、バイエルンのニコ・コバチ監督は、補強に高額を投じたプレミアリーグ勢を引き合いに、ドイツは異なるとして「大きなお金を費やしたとしても、全てのトロフィーを手にするわけではない」とのコメントを口にしていた。しかし、バイエルンOBであるエッフェンベルク氏の考えは違うようだ。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00129009-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534494062
続きを読む

【サッカー】バイエルン監督、プレミア勢の高額補強に苦言 大金投じても「結果は保証しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/08/11(土) 15:34:01.91 ID:CAP_USER9.net

8/11(土) 14:30配信
コバチ監督がバイエルンとプレミア勢の補強スタンスの違いに言及

バイエルン・ミュンヘンのニコ・コバチ監督は、プレミアリーグのクラブが移籍市場で投資した金額がトロフィーを保証することはないと主張しつつ、自身のクラブが静かな夏を過ごしていることについて言及した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 今季からバイエルンを率いるコバチ監督は12日、昨季まで指揮したフランクフルトとのドイツ・スーパーカップに臨む。今季のバイエルンはフリートランスファーでシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得し、ホッフェンハイムからレンタルバックでドイツ人FWセルジュ・ニャブリが復帰しただけで、多くの選手を獲得するには至っていない。ただ、放出したのも先日バルセロナに移籍したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルのみで、クラブとしては昨季の戦力をほぼ維持することに成功している。

 コバチ監督は10日に行われた記者会見に出席。今夏の移籍市場におけるバイエルンとプレミアリーグ勢の違いについて、自身の考えを明かした。

「イングランドにはお金があり、どこのチームも最高の選手を集めようとしている。この事実とバイエルンは大きく違う。我々には投資家もオーナーもいない。ここにはチームのことを知っているエキスパートがおり、彼らが昔からチームを築いてきたんだ。我々は自分たちの考えを保ち続けるだろう。それはバイエルンだけでなく、ドイツの体制自体が変わらないと信じているよ」

フランクフルトの昨季DFB杯制覇で証明

 またコバチ監督は、「大きなお金を費やしたとしても、全てのトロフィーを手にするわけではない」と語りつつ、昨季まで率いたフランクフルトがDFBポカールを制したことについて、「わずかな資金でも達成できることを示している」と強調。お金を使ったからといって、結果は「保証できない」と語っている。

 プレミアリーグの移籍市場のやり方に苦言を呈したコバチ監督は、欧州の舞台で違いを見せることができるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127647-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533969241
続きを読む

【サッカー】バイエルンのティアゴ・アルカンタラが マドリー移籍へ個人間合意

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/08/11(土) 16:02:51.27 ID:CAP_USER9.net

バイエルン・ミュンヘン所属のMFティアゴ・アルカンタラがレアル・マドリーと移籍の口頭合意を結んだ、とスペインの『オンダ・セロ』局が報じた。同局によると、マドリーはコヴァチッチの後任としてティアゴ・アルカンタラを欲しがっているという。

ティアゴのバルサ移籍がもたらすプラスとマイナス

今後、ティアゴの所属クラブのバイエルンとの交渉を進めていく。マドリーの新監督ジュレン・ロペテギは、スペイン代表の監督当時からティアゴに多大な信頼を寄せていた。

元FCバルセロナ所属のティアゴは、バイエルンに完璧に順応してはおらず、レアル・マドリードへの移籍を望んでいるという。一方でマドリーは4,000万ユーロ(約50億円)から5,000万ユーロ(約63億円)とも言われるティアゴの移籍金を支払う準備がある。

ティアゴの父親であり代理人のマジーニョ氏がバイエルンとの交渉を行うことになる。
初めの第一歩として、ティアゴとマドリー間での合意は成立しているため、バイエルンさえ説得すればティアゴのマドリー移籍が確定することになる。

(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00010006-sportes-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533970971
続きを読む

【サッカー】バイエルンDFボアテング、マンU移籍拒否の理由は…「CLで優勝できないと考えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/08/09(木) 17:46:25.36 ID:CAP_USER9.net

バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングはマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から直接電話で勧誘を受けたにもかかわらず、移籍を拒否したという。その理由はユナイテッドに欧州一となる力がないと感じていることにあった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

今夏の移籍市場でレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアやバルセロナのコロンビア代表DFジェリー・ミナ獲得に動くなど、ユナイテッドはセンターバックの補強を必要としている。

 ボアテングに白羽の矢を立て、モウリーニョが直接電話で口説き落とそうとしたが、バイエルンのニコ・コバチ新監督からの慰留もあって、ボアテングは残留を決意したという。9月に30歳を迎えるドイツ代表DFはさらなるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを熱望しているというが、記事では「ユナイテッドは今季のチャンピオンズリーグで優勝できないと考えた」と指摘しており、欧州一になる可能性がより高いクラブを選んだようだ。

 2013年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、近年は宿敵マンチェスター・シティなどライバルに遅れを取っている“赤い悪魔”。移籍市場でも苦戦を強いられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00127264-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533804385
続きを読む

【サッカー】インテル、バイエルンMFビダル獲得へ…買い取りオプション付きレンタルか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/07/31(火) 18:49:22.17 ID:CAP_USER9.net

インテルがバイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを獲得することで合意に達したようだ。30日、ドイツ紙『シュポルト・ビルト』が報じた。

 バイエルンとの現行契約が2019年で満了するビダルは、契約を1年延長した後にインテルに1年間の期限付き移籍することになるようだ。また、この移籍には、同選手の買い取りオプションが付随し、2000万ユーロ(約26億円)ほどの金額でレンタル終了後に買い取りができる見通しとなっている。インテルは、今夏に大型補強を敢行すると、ファイナンシャル・フェアプレーに違反する可能性があり、交渉の末こうした形で決着がついたと伝えられている。

 ビダルは、2015年にユベントスからバイエルンに加入。インテル移籍が決定すれば、3年ぶりのイタリア復帰となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-10803414-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533030562
続きを読む

【サッカー】ブンデスリーガ弱体化の原因とは。バイエルン「1強」時代が示す、ドイツサッカー界への影響

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/07/26(木) 16:10:43.03 ID:CAP_USER9.net

日本人選手が多く在籍していることから我々にも馴染みの深いブンデスリーガ。だが、同リーグは現在、我慢の時を迎えている。UEFAリーグランキングでは7年ぶりにセリエAを下回った。ここまで弱体してしまった原因には何があるのだろうか。(文:小澤祐作)

日本代表選手が多く在籍しているブンデスリーガは現在、我慢の時期を迎えていると言ってもいいだろう。バイエルン・ミュンヘンの完全なる一強時代は今後しばらく続きそうであり、絶対王者と他のクラブの実力差は開くばかりである。

欧州の舞台で結果を残しているのはやはりバイエルンのみ。UEFAカントリー(リーグ)ランキングでは7年ぶりにイタリア・セリエAに抜かれ、4位に転落。2018/19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)は制度が変更されたため4チーム参加できるが、ドイツサッカー界からすれば不本意な形となってしまったのは間違いない。



ブンデスリーガの弱体は代表チームにも影響を及ぼしているという。

 ロシアワールドカップでグループリーグ敗退に終わったドイツ代表。その直後に国内では「バイエルンのみが国際舞台に付いていけている」(『エクスプレイス』)と同国代表敗退の一つの理由としてこう述べているのだ。

 ワールドカップに臨んだ23名中15名がブンデスリーガ所属の選手であった今回のドイツ代表。やはり自国リーグの衰退は、国全体に影響を与えてしまうのである。

 バイエルンの一強がブンデスリーガ衰退の要因なのか。そこに確実な答えは出せないが、明らかに世間からの注目度は薄れている。

 それを阻止すべく、ドイツサッカー界はある動きをみせた。早期のリーグ優勝決定を防ぎ人々からの感心を集めるため何らかの形でプレーオフ制度を導入するというのだ。詳しくはまだ明かされていないが、恐らく上位に入ったチームでトーナメント組み、最終順位を決めるというものだろう。バイエルンが圧倒的すぎる故に国がこうした行動を起こすのも珍しいことではある。

 だが、これには様々な意見が挙がっている。トーマス・ミュラーはこの制度に賛成の意見を述べているようだが、レバークーゼンのルディ・フェラーSDは「我々のリーグ戦を偽物にしてしまう」とコメントするなど反対の意見もやはり多い。

 一つ言えるのは、こうしたプレーオフの導入が施されたとしても、バイエルンが優勝できないという保証は一切ない。ブンデスリーガ全体のレベルを上げるにはもう少し時間が必要なのかもしれない。

全文はこちらから
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180726-00010000-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532589043
続きを読む

【サッカー】<バイエルン>“カナダの怪物”17歳MFアルフォンソ・デイビスを「MLS史上最高額の移籍金」で獲得へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/25(水) 12:59:33.38 ID:CAP_USER9.net

メジャーリーグサッカー(MLS)史上最高額の1300万ドル(約15億円)でバンクーバー・ホワイトキャップスに所属する17歳のカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスがバイエルン・ミュンヘンに移籍する見通しとなった。24日に米メディア『ESPN』が報じている。

 同メディアによると、ボーナスなどを加えれば最高1900万ドル(約21億円)の取引になるという。クラブ間合意に達したが、18歳になるまでブンデスリーガでプレーすることは出来ないため、11月の誕生日を迎えた後の2019年1月の移籍市場でバイエルンに加入する見通しとなっている。

 デイビスは“カナダの怪物”と言われる逸材。15歳の時にトップチームへ昇格し16歳で代表入りを果たした。代表デビューから3試合で3得点決める活躍を見せている。

7/25(水) 11:54 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282916-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180725-00282916-footballc-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532491173
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ