バイエルン

【サッカー】<屈辱の7失点大敗!>バイエルンに打ちのめされたトッテナムの面々の反応は?「恥ずかしい」「このうえなく傷ついている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/02(水) 22:38:54.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

【動画】大量7失点…。トッテナムがバイエルンに打ちのめされたハイライトはこちら


 現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

 英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

 それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
 そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

 さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

 グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

10/2(水) 18:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064817-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191002-00064817-sdigestw-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570023534
続きを読む

【サッカー】<屈辱の7失点大敗!>バイエルンに打ちのめされたトッテナムの面々の反応は?「恥ずかしい」「このうえなく傷ついている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/02(水) 22:38:54.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

【動画】大量7失点…。トッテナムがバイエルンに打ちのめされたハイライトはこちら


 現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

 英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

 それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
 そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

 さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

 グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

10/2(水) 18:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064817-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191002-00064817-sdigestw-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570023534
続きを読む

【サッカー】元ドイツ代表GKカーン氏、古巣バイエルンの執行役員に! 22年からはCEOにも就任

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/08/30(金) 21:15:40.89 ID:SNqYlFkl9.net

 バイエルンは29日、オリバー・カーン氏(50)をクラブ執行役員に任命することを発表した。監査委員会のミーティングでは満場一致で決議したという。

 2008年に現役引退したカーンはドイツ代表として4回のワールドカップ出場経験を持ち、02年日韓大会では最優秀選手賞を受賞。87年にカールスルーエでデビューすると、94年から引退した08年までバイエルンでプレーした。

 クラブ公式サイトによると、カーンは20年1月から5年間を執行役員として務める。21年12月31日にはカール・ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長が退任し、カーンが次期社長を務めるという。監査委員会会長のウリ・ヘーネス氏は「未来への視点を向けると、オリバー・カーンは次期代表取締役社長の職にとって完璧な解決策だと確信している」とコメント。「献身性と意志を持って常に先頭に立って先導した彼は現役引退後、経営管理論のMBAを取得して同時に自身の会社を立ち上げた。オリバー・カーンはサッカーとビジネスを熟知している、彼の中にはFCバイエルンのDNAが流れているよ」とレジェンドの現場復帰を歓迎し、「オリバーが将来のFCバイエルンを先導する正しい人物だと自信を持って言える」と伝えている。

 また、同サイトではカーンの言葉も掲載。「私はこのクラブと深く繋がっており、バイエルンが私の人生を決定的に形成した」と感謝を語り、「競技面とビジネス面での成功、ファンとの強固な関係、クラブの価値と歴史への責任…そのためにバイエルンは存在している。今後私は共に働くスタッフ、同様に執行役員と監査委員会の同僚とこれらの発展に努力していきたい」と意気込みを語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-43471073-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567167340
続きを読む

【サッカー】<バイエルン>コウチーニョ獲得合意を発表…1年間のレンタル、買い取りOP付き

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/08/17(土) 08:00:05.51 ID:YVtoSZiD9.net

バイエルンが、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョの獲得で正式合意に至ったとクラブの公式メディアを通して公表した。

声明によると2020年6月までの1年契約で、バイエルンには買い取りオプションが付いているという。ミュンヘンで近日中にメディカルチェックが行われ、その後正式にサインを交わす見通し。

今回の契約についてクラブ幹部のハサン・サリハミジッチは「いくつか詳細を詰める必要があり、まだすべて決まったわけではない。だが、バイエルンにこのような素晴らしいプレーヤーを迎え入れることができたし、
バルセロナに感謝したい」とのコメントを公表している。

また、ニコ・コバチ監督も「このようなトップ選手を招くことは、バイエルンだけに限らず、ブンデスリーガ全体、そしてドイツサッカー界にとっても大きなこと。今から楽しみにしている」と述べている。
2018年1月にリヴァプールからバルセロナに加わったコウチーニョ。カタルーニャで1年半プレーし、今季はミュンヘンへと新天地を求めることが確実となった。

8/17(土) 7:45配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010004-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190817-00010004-goal-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565996405
続きを読む

【サッカー】<背番号10はロッベンからコウチーニョへ…>バイエルンが期限付き移籍加入を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/08/19(月) 19:15:57.64 ID:12hPl/PP9.net

バイエルンは19日、バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョの期限付き移籍加入を正式発表した。契約期間は20年6月30日までとなっている。

 昨季限りで退団したFWアリエン・ロッベンが背負っていた背番号10を着けるコウチーニョは、「僕にとって、この移籍は新しい国での新たな挑戦となる。本当に楽しみにしているよ。僕にもバイエルンにも大きな目標があり、新しいチームメイトとそれができると確信しているよ」と語っている。

 なお、スペイン『アス』によると、レンタル料は850万ユーロ(約10億円)で、1億2000万ユーロ(約142億円)での買い取りオプション付きとなるようだ。

8/19(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470702-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190819-43470702-gekisaka-000-3-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566209757
続きを読む

【サッカー】<バイエルン>コウチーニョ獲得合意を発表…1年間のレンタル、買い取りOP付き

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/08/17(土) 08:00:05.51 ID:YVtoSZiD9.net

バイエルンが、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョの獲得で正式合意に至ったとクラブの公式メディアを通して公表した。

声明によると2020年6月までの1年契約で、バイエルンには買い取りオプションが付いているという。ミュンヘンで近日中にメディカルチェックが行われ、その後正式にサインを交わす見通し。

今回の契約についてクラブ幹部のハサン・サリハミジッチは「いくつか詳細を詰める必要があり、まだすべて決まったわけではない。だが、バイエルンにこのような素晴らしいプレーヤーを迎え入れることができたし、
バルセロナに感謝したい」とのコメントを公表している。

また、ニコ・コバチ監督も「このようなトップ選手を招くことは、バイエルンだけに限らず、ブンデスリーガ全体、そしてドイツサッカー界にとっても大きなこと。今から楽しみにしている」と述べている。
2018年1月にリヴァプールからバルセロナに加わったコウチーニョ。カタルーニャで1年半プレーし、今季はミュンヘンへと新天地を求めることが確実となった。

8/17(土) 7:45配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010004-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190817-00010004-goal-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565996405
続きを読む

【サッカー】久保建英がレアルデビュー! ICCバイエルン戦の後半から出場、好機演出も1-3で敗戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/07/21(日) 11:00:41.98 ID:b+1DIX0T9.net

0-1で迎えた後半開始からピッチに投入 新加入のヨビッチ、ロドリゴらとプレー
 レアル・マドリードは現地時間20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦、バイエルン戦に臨んだ。今夏移籍した日本代表MF久保建英は後半からの出場で実戦デビューを飾った。試合はポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキのスーパーゴールなどで、バイエルンが3-1で勝利した。

 2018-19シーズンを無冠で終えたレアルは、ジネディーヌ・ジダン監督の下で巻き返しを期す新シーズンとなるなか、プレシーズン初戦となる一戦のスタメンに新加入のベルギー代表MFエデン・アザールを起用。その一方でベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらこれまでの主力を並べ、久保はベンチスタートとなった。

 試合は前半15分、バイエルンのMFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったMFコランタン・トリッソのシュートは一度クルトワがストップしたものの、こぼれ球を再びトリッソが押し込み、バイエルンが1-0と先制に成功した。

 その後レアルはブラジル代表DFマルセロの果敢なオーバーラップなどで攻勢をかけるものの、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの存在感もあってゴールを破れずハーフタイムを迎えた。この状況でジダン監督は久保の投入を決断。「背番号26」の久保がピッチに送り出され、“白い巨人”でのデビューを飾った。

 左インサイドハーフに入った久保はキックオフ直後、鋭いドリブルで相手陣内深くに入りクロスを上げるなど、いきなりチャンスを作った。日本サッカーの未来を担うであろう逸材が、“白い巨人”での第一歩を記した。後半17分には前方へのスルーパスでFWヴィニシウスの決定機を創出。それをヴィニシウスが決めきれなかった際には、悔しそうな素振りも見せた。

しかしスコアを動かしたのはバイエルンの絶対的エース、レバンドフスキだった。同22分、後方からのロングボールを冷静に収めて、一度はゴールを背にしてマーカーを背負ったものの、軽やかにターンしつつシュートを放つ。これがコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの手をすり抜けてゴールネットを揺らし、バイエルンが2-0とリードを広げた。

 バイエルンはレアルの気落ちを見逃さない。追加点から2分後にレアルのビルドアップミスを奪い、MFセルジュ・ニャブリがフリーとなって3点目をゲット。試合を決定づける得点となった。

 試合はその後、後半36分に途中出場のGKスベン・ウルライヒが一発退場。そこで得たFKを新加入MFロドリゴが叩き込み、レアルが1点を返した。数的優位に立ったレアルは、試合終了までゴールを狙ったものの、新加入の久保やセルビア代表FWルカ・ヨビッチの連係が発展途上であることをうかがわせる展開となった。1-3で敗れたとはいえ、久保がレアルの中で大きな第一歩を刻んだことは確かだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00205155-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563674441
続きを読む

【サッカー】<久保建英>トップデビュー目前!バイエルン戦(日本時間午前9時前日練習で“超”がつくスター軍団の中でたしかな存在感

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/07/20(土) 14:48:12.37 ID:wW+IlrIf9.net

【ヒューストン(米国)19日(日本時間20日)=岡崎悠利】日本人で初めて「銀河系軍団」としてピッチに立つ。日本代表FW久保建英(18)が所属するスペインの名門レアル・マドリードは20日(同21日午前9時)、インターナショナル・チャンピオンズカップの初戦でドイツの強豪、バイエルン・ミュンヘンと対戦する。チームはカナダ・モントリオールでのキャンプを終え、この日にヒューストン入り。プレシーズンマッチとはいえ、久保のトップチームでのデビューは目前に迫った。

“白い巨人”の愛称とは正反対の、黒い練習着に身を包んだ久保。試合会場での前日練習も、18歳らしからぬ落ち着きぶりだった。ウオーミングアップでは、ステップを踏んでからダッシュの動きをそばで見ていたDFマルセロと談笑。実戦的な練習が始まれば、そのマルセロの前をダミーで走り、ベルギー代表FWアザールへのパスコースを作る好連係。“超”がつくスター軍団の中で、たしかな存在感を示していた。

リーグ優勝33回、欧州チャンピオンズリーグ制覇は7回。その全盛期を選手として過ごしたジダン監督は会見で久保について「質が高い。ずっとチームにいたように見える」と順応の速さを評価。「(この先)間違いなくクラブにとって大切な選手になるだろう」と、今後の伸びしろにも期待を寄せた。

今大会の3試合を通してできる限り多くの選手を起用したい考えを明かした指揮官。同日にカスティージャ(Bチーム)の1人としてクラブ公式サイトに紹介された久保も、例外ではない。昨年はブラジル代表FWビニシウスが同じ立場からデビューを果たし、トップチームまで駆け上がった。今季はBチームが主戦場となる見通しの久保にとって、今大会は絶好のアピールチャンスでもある。

日本代表として南米選手権(ブラジル)に出場していたさなかに発表された、世界最高峰への挑戦。わずか1カ月で、トップチームに交じってピッチに立とうとしている。プレシーズンマッチの位置づけながら、つい最近まで日本人がプレーする姿など想像もつかなかった場所に18歳はいる。

日本ではすでに快挙だが、求められているのは結果だ。かつて在籍した元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタは「たとえ欧州チャンピオンズリーグを制覇しても、翌年がダメなら使い物にならないと烙印(らくいん)を押される。それがRマドリード」と、その重圧を表現した。かつて日本人が誰も経験したことのない挑戦の道を、久保が歩み出す。【岡崎悠利】

7/20(土) 14:33配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-07200389-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190720-07200389-nksports-000-3-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563601692
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ