バイエルン

【サッカー】<UEFA-CL>レアルに敗北のバイエルン。怒れる3人が審判控え室に乗り込んで警察登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/19(水) 21:27:50.59 ID:CAP_USER9.net

現地時間18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのレアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘンのあと、
審判団の控え室から選手が警察によって追い出される事態となっていたようだ。スペインメディア『エル・チリンギート』が伝えている。

C.ロナは137試合で100得点 チャンピオンズリーグ通算得点ランキング

延長戦の末に敗退が決まったバイエルンは、判定に大きな不満を持っていた。
そのため、84分に退場となったMFアルトゥーロ・ビダルのほか、
FWロベルト・レバンドフスキやチアゴといった選手が試合後に審判団の控え室へ向かったという。

そして、判定についての不満をぶつけたようだ。
バイエルンの選手たちの怒りはおさまらず、警察が連れ出すことになったという。

ビダルは試合後、「僕たちが勝ちそうになって強奪された」と怒りをあらわにしていた。
つかみかけたCL準決勝行きの切符を“取り上げられた”憤りはしばらく続くかもしれない。

フットボールチャンネル 4/19(水) 20:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00010030-footballc-socc

【サッカー】<UEFA-CL>疑惑の判定に割れる両監督の意見…アンチェロッティ「ビデオ判定導入が必要」ジダン「これがサッカー」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492586193/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492604870
続きを読む

【サッカーCL】レアル、誤審含むCロナの”ハット”で延長死闘を制す。バイエルン下しCLベスト4進出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:黄金伝説 ★@\(^o^)/:2017/04/19(水) 06:20:11.27 ID:CAP_USER9.net

【レアル・マドリー 4-2(6-3) バイエルン チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝 2ndレグ】

 現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグの試合が行われ、レアル・マドリーはホームでバイエルン・ミュンヘンと対戦。延長戦まで突入した試合はマドリーが4-2の勝利をおさめている。2戦合計6-3となり、マドリーがベスト4進出を果たした。

 今回の試合では、負傷したガレス・ベイルやペペ、ラファエル・ヴァランなどは帯同メンバーに加わらなかった。一方でクリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマ、イスコは先発出場を果たしている。

 試合開始して53分、ペナルティエリア内に侵入したアリエン・ロッベンをカゼミーロが倒してしまいバイエルンにPK献上。このPKをレバンドフスキがしっかり決めてバイエルンが先制する。それでも76分、クロスボールをC・ロナウドがヘディングで押し込みマドリーが同点に追いついた。

 しかし、直後の77分にDFとGKケイラー・ナバスの意思疎通が上手くいかずにオウンゴールしてしまう。勝ち越しに成功したバイエルンだったが、84分にアルトゥーロ・ビダルが2枚目のイエローカードを提示され退場。そして、90分が終了し2戦合計3-3(1stレグでは2-1でマドリー勝利)の状況になったため延長戦に突入した。

 延長に突入した105分、セルヒオ・ラモスから浮き玉のパスを受けたC・ロナウドが胸トラップしてシュートをゴールに決めている。オフサイドのポジションにいるようにも見えたがゴールは認められマドリーが同点に追いついている。

 さらに109分、ドリブル突破したマルセロからラストパスを受けたC・ロナウドが冷静にゴールを決めてハットトリック達成。111分にもマルコ・アセンシオの得点が決まり、結局マドリーは4-2の勝利をおさめている。激戦を制したマドリーがベスト4進出を決めた。

【得点者】
53分 0-1 レバンドフスキ(バイエルン)
76分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
77分 1-2 オウンゴール(バイエルン)
105分 2-2 C・ロナウド(マドリー)
109分 3-2 C・ロナウド(マドリー)
111分 4-2 アセンシオ(マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00010003-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492550411
続きを読む

【サッカー】バイエルン選手陣、判定に激怒「狂っている」 退場者、オフサイド…不利な判定の数々

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/19(水) 08:50:20.03 ID:CAP_USER9.net

判定に泣いたバイエルン (C)Getty Images

Goal編集部
2017/04/19 8:18:45

レアル・マドリー戦で不利な判定に見舞われたバイエルン。それもフットボールの一部だと見る向きもあるが…。

バイエルン・ミュンヘンの選手たちがレアル・マドリー戦で下された不利な判定の数々に怒りを示している。

バイエルンは18日、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでレアル・マドリーと対戦。90分間を2-1と終え、合計スコアをタイで延長戦に突入したバイエルンだったが、終了間際にアルトゥーロ・ビダルが退場したのが響き、残り30分間では3ゴールを叩き込まれている。

一方で、延長戦で勝負を決めたゴールには議論の余地があり、クリスティアーノ・ロナウドが挙げた2点目、3点目はリプレイで見るとオフサイドにも見えるため、バイエルンの選手から不満の声が上がっている。今シーズン限りで引退を表明し、結果的に最後のCLの試合となったフィリップ・ラームは「僕らは今夜、チームが勇気を備えていることを証明した。全員が勝利に向かって努力していたんだ」とパフォーマンスを評価しながら、「ただ、判定によるいくつかの不運があった」と審判の決定に不満を見せた。

また、アリエン・ロッベンも「こういったビッグゲームが審判の判定によって決められてしまった。狂っているよ」と怒り心頭。ジェローム・ボアテングは「オフサイドによって2つのゴールが生まれたし、僕らにとってとても残念な判定だった。退場も本来なかったはずだよ」と話し、シャビ・アロンソも「11対11なら準決勝に進んだのは僕ら」と語っている。

欧州最高峰の舞台で生まれた退場やオフサイドなど疑惑の判定の数々。ロッベンらが語るとおり、ビッグマッチに水を差したことは間違いない。

http://www.goal.com/jp/news/175/CL/2017/04/19/34727602/angry


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492559420
続きを読む

【サッカー】レアル、史上初となる7季連続準決勝進出!ロナウドのハットでバイエルンとの死闘を制す/CL準々決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/19(水) 06:18:39.44 ID:CAP_USER9.net

GOAL 4/19(水) 6:15配信

レアル・マドリー、史上初となる7季連続での準決勝進出! C・ロナウドのハットでバイエルンとの死闘を制す/CL準々決勝

ボールを追いかけるボアテング&C・ロナウド

18日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグ、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘンは4?2でレアル・マドリーの勝利に終わった。レアル・マドリーは合計スコアでも6?3で上回り、7シーズン連続で準決勝進出を果たしている。

アリアンツ・アレーナでのファーストレグは、1?2でレアル・マドリーの勝利に終わった欧州カップ戦のクラシコ。統計において、アウェーでのファーストレグに勝利したレアル・マドリーが欧州カップ戦で敗退した経験はわずか一度だけ、1994?95シーズンのUEFAカップ、オーデンセ戦しか存在しない。さらに1999-00シーズン、2000-01シーズン、2013-14シーズンと、決勝トーナメントでバイエルンと対戦したシーズンではいずれもCL制覇を達成しているという縁起の良さもある。

ジダン監督は先の報道通り、負傷のベイルの代わりに絶好調イスコを起用。イスコをトップ下、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマを2トップとする中盤ダイヤモンドの4?4?2を採用した。一方バイエルンはレヴァンドフスキが復帰し、ハビ・マルティネスを出場停止で欠く以外はほぼベストと称せるスタメンを揃え、普段の4?3?3を採用した。

チーム紹介アナウンスでは、レアル・マドリーを古巣とするシャビ・アロンソ&アンチェロッティ監督に大喝采が送られたベルナベウ。もちろん試合になると打って変わって、バイエルンがボールを持つ度に強烈なブーイングが吹かれることとなった。しかし序盤のバイエルンはそのような重圧をものともせず、レアル・マドリーを自陣に押し込んでいく。レアル・マドリーは守備時にモドリッチが右サイドに張り、イスコがボランチとなるフラットの4?4?2となるも、サイドの守備が後手に回る場面が目立った。

そしてバイエルンは10分に決定機を迎える。リベリの折り返しから、ペナルティーエリア内でフリーとなっていたチアゴがシュートを放った。しかしながら必死に戻ったマルセロが、滑り込みながら頭でボールを止めて、レアル・マドリーがなんとか失点を防いでいる。

対して、イスコがいながらもボールを保持するでもなく、速攻に終始していたレアル・マドリーは、20分過ぎにようやくラインを押し上げて厚みのある攻撃を展開。観衆の後押しを受けるホームチームの方が牙が鋭く、バイエルンの守備を穿っていったが、幾度も迎える決定機を決め切るまでには至らない。23分にはマルセロの上げたクロスにベンゼマが頭で合わせるも、ボールは枠外へ。また28分にはノイアーがクリアし損ねたボールをセルヒオ・ラモスが押し込もうとしたが、ボアテングにゴールライン上でボールを弾かれた。

レアル・マドリーはさらに36分、カウンターからC・ロナウドがペナルティーエリア内右に侵入。逆側にはベンゼマがいたがシュートを選択し、ボールはノイアーの正面に飛んだ。ホームチームが度重なる決定機を逸し、スコアレスのまま試合は折り返しを迎えた。

そして後半開始から6分後、バイエルンが逆転への一歩を踏む。ロッベンがペナルティーエリア内でカセミロに倒されてPKを獲得(かなり際どい判定だったが…)。キッカーのレヴァンドフスキが11メートルからのシュートを冷静に決め、逆転まであと1点と迫った。

その後は、バイエルンの一方的ペースとなり、レアル・マドリーもベルナベウもナーバスな雰囲気を醸し出すように。ジダン監督はこの状況を打開しようと64分に最初の交代カードを切り、ベンゼマを下げてアセンシオを投入する。が、その後もバイエルンがボールを保持する状況は変わらない。アンチェロッティ監督は70分にリベリをドウグラス・コスタ、シャビ・アロンソをミュラーに代えて攻勢を強める。対してジダン監督は71分にイスコとの交代で守備も計算できるルーカス・バスケスをピッチに立たせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000030-goal-socc

2 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/19(水) 06:18:50.23 ID:CAP_USER9.net

すると75分、再度スコアが動く。劣勢だったレアル・マドリーが、C・ロナウドが電光掲示板に1の文字を輝かせた。ポルトガル代表FWはカセミロの浮き球から得意のヘディングシュートを放ち、ついにノイアーの壁を破った。4000人のバイエルンファンの掛け声を前に存在感を薄めていたマドリディスタたちは、このゴールで一気に息を吹き返し、狂喜乱舞といった様子。だったが、それが静まり返るのも早かった。77分、ミュラーのパスがS・ラモスのオウンゴールを誘発してスコアは1?2となり、合計スコアもイーブンとなった。

その後にはレアル・マドリーがマルセロ、アセンシオと決定機を迎えるが、ゴールには至らない。対するバイエルンは、84分にアセンシオを倒したとしてビダルが2枚目のイエローカードで退場に……。ビダルはアセンシオより先にボールに触れていたために、バイエルンは納得のいかない形で数的不利を強いられることになった。アンチェロッティ監督は88分にレヴァンドフスキをキミッヒに代えて、中盤の選手を補充している。結局、後半はそれ以上点が入らず終了し、延長戦に突入した。

数的優位に立ち、さらに交代カードを1枚残しているレアル・マドリーと、シメオネ監督の言葉を借りれば「30分長いアウェーゴールを決める時間」を手にしているバイエルンによる延長戦。前半は最初にバイエルンがレアル・マドリーを攻め立て、ホームチームが徐々に押し返していくという展開。レアル・マドリーは97分にC・ロナウドがボールを叩くもノイアーの好守に遭い、一方バイエルンはその1分後に速攻からドウグラス・コスタがフィニッシュに持ち込んだが、こちらは枠を外れた。

その後も執拗に攻撃を続けたのはレアル・マドリーだったが、105分についにそれが実る。苦しい状況で電光掲示板を1から2に変えたのは、やはりというべきか、C・ロナウドだった。ペナルティーマーク付近に位置した背番号7は、後方のS・ラモスから送られた浮き球を胸でトラップし、左足を一閃。またもやノイアーを破り、観衆はあの「ウーーーーーー!」の叫び声をこだまさせている。

「バモス・レアル!アスタ・フィナル!(行こうぜレアル!最後まで!)」の韻を踏むチャントとともに開始された延長戦後半、レアル・マドリーはそれに従うようにバイエルン相手に得点を重ねる。まず110分にマルセロのお膳立てからC・ロナウドがハットトリックを達成。その2分後にはアセンシオがバイエルンDF2枚をかわしてネットを揺らした。

「アシ・ガナ・エル・マドリー!(マドリーはこうやって勝つ!)」のチャントが響き渡る中で、ジダン監督はクロースをコバチッチに代えて中盤の守備を強化。アウェーゴールを1点決めても追いつけなくなったバイエルンの攻撃を跳ね返しながら、試合終了のホイッスルを迎えている。オーデンセ戦の再現を阻止したレアル・マドリーは、CL史上初となる7シーズン連続での準決勝進出を達成。バイエルンを破ったことで、史上初のCL連覇に向けても弾みをつけた格好になった。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492550319
続きを読む

【サッカー】<マテウス氏>「バイエルンにとってブンデスリーガでの仕事は簡単すぎるんだ。彼らにはライバルがいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/17(月) 20:51:55.62 ID:CAP_USER9.net

リーグ戦とUCLの切り替え難しく

国内リーグで圧倒的な力を持つチームは、チャンピオンズリーグでも結果を出しやすいと考えられている。シーズンの終盤になれば決着が見えてきたリーグ戦で主力を休ませ、チャンピオンズリーグに100%の状態で臨むことが可能だからだ。ブンデスリーガを支配するバイエルンもそうだ。

バイエルンは今季もリーグ制覇に近づいており、トラブルがなければこのまま5連覇するだろう。

そのため、15日のレヴァークーゼン戦でもフィリップ・ラームやアリエン・ロッベンなど一部の主力をベンチスタートにしており、18日に行われるレアル・マドリード戦に向けて準備を整えている。

これは競争が激しすぎるプレミアリーグなどと比べると大きなアドバンテージとなるはずなのだが、元ドイツ代表のローター・マテウス氏は別の見方をしている。

独『TZ』によると、同氏は「バイエルンにとってブンデスリーガでの仕事は簡単すぎるんだ。彼らにはライバルがいない。これはスペインだったり、他の国のリーグとは違って見える」とコメントしており、リーグ戦を簡単に支配できることは問題になると見ている。

今回のレヴァークーゼン戦はスコアレスドローに終わったが、バイエルンならば70、80%程度の力でもリーグ戦なら十分に勝てる。選手の気持ちが緩むことはないはずだが、レアルやバルセロナを相手にするのとは大きな違いがあるのは事実だ。

同氏も「切り替えるのは難しい。それはグアルディオラのチームでも見られたことだ」とコメントしており、国内リーグでの余裕がチャンピオンズリーグの舞台でトラブルを引き起こすとの考えだ。

バイエルンは先日行われたレアルとの準々決勝1stレグをホームで落としてしまったが、これにも国内リーグでの余裕が悪い影響を与えていたのだろうか。2ndレグでは100%の実力を出せるよう上手く切り替えていく必要がありそうだ。

heWORLD(ザ・ワールド) 4/16(日) 21:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010028-theworld-socc

■ブンデスリーガ第29節順位

1位 バイエルン(勝ち点69)
2位 ライプツィヒ(勝ち点61)
3位 ホッフェンハイム(勝ち点54)
4位 ドルトムント(勝ち点53)
==========CL==========
5位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点43)
6位 フライブルク(勝ち点41)
==========EL==========
7位 ケルン(勝ち点40)
8位 ブレーメン(勝ち点39)
9位 ボルシアMG(勝ち点39)
10位 フランクフルト(勝ち点38)
11位 シャルケ(勝ち点37)
12位 レヴァークーゼン(勝ち点36)
13位 ヴォルフスブルク(勝ち点33)
14位 ハンブルガーSV(勝ち点33)
15位 マインツ(勝ち点32)
========入れ替え戦========
16位 アウクスブルク(勝ち点32)
==========降格=========
17位 インゴルシュタット(勝ち点28)
18位 ダルムシュタット(勝ち点18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00577025-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492429915
続きを読む

【サッカーCL】レアルがC・ロナの2発で逆転勝利…バイエルンはPK失敗と退場者で白星落とす

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Japanese girl ★@\(^o^)/:2017/04/13(木) 05:56:23.04 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
バイエルン 1-2 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 25分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
1-1 47分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
1-2 77分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)


チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが12日に行われ、バイエルンとレアル・マドリードが対戦した。

 6年連続の準決勝進出を目指すバイエルンが、史上初の連覇を狙うレアルをホームに迎えての一戦。バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は古巣対決となり、レアルで指揮していた当時アシスタントを務めていたジネディーヌ・ジダン監督との師弟対決となった。

 バイエルンは、守護神マヌエル・ノイアーが先発復帰したものの、マッツ・フンメルスとロベルト・レヴァンドフスキが負傷欠場。スタメンにはシャビ・アロンソ、アリエン・ロッベン、フランク・リベリー、トーマス・ミュラーらが名を連ねた。レアルはペペとラファエル・ヴァランが負傷欠場。カリム・ベンゼマ、ギャレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”らが先発メンバーに入った。

 試合は25分に動く。右CKでチアゴからのボールを、中央のアルトゥーロ・ビダルが頭で叩き込み、ゴールネットを揺らした。攻勢に出ていたホームのバイエルンが先制に成功した。

 追い付きたいレアルは42分、C・ロナウドがエリア手前中央でパスを受けると、反転から右足を振り抜くが、シュートはGKノイアーにセーブされた。すると45分、バイエルンはリベリーのシュートが、ゴール前のレアルDFダニエル・カルバハルの腕に当たったとしてPKを獲得。キッカーのビダルが右足を振り抜いたが、シュートは枠を大きく外し、追加点のチャンスを逃した。

 1点ビハインドで折り返したレアルだが、後半開始直後の47分に追い付く。右サイドのカルバハルからのクロスに、中央のC・ロナウドが右足ボレーで同点ゴールを奪った。

 逆転へ勢い付くレアルは56分、ルカ・モドリッチの右サイドからのクロスに、ゴール前に飛び出したベイルが頭で合わせるが、シュートはGKノイアーの好セーブに阻まれた。すると61分、C・ロナウドへのファールでハビ・マルティネスがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

 数的有利となったレアルがボールを支配する中、ベンゼマが72分に右サイドからのクロスを頭で合わせるが、枠を捉えられない。73分にもカルバハルのパスからゴール前で右足ダイレクトシュートを放つが、GKノイアーに阻まれる。75分にはエリア内中央のC・ロナウドがフリーで強烈な右足シュートを放つが、これもGKノイアーに右手1本でセーブされた。

 ゴールが遠かったレアルだが、77分に逆転に成功する。途中出場のマルコ・アセンシオが左サイドからクロスを入れると、ゴール前に飛び出したC・ロナウドが右足で合わせてネットを揺らした。C・ロナウドはクラブでのUEFA主催大会で通算100ゴールに到達した。

 試合はこのまま終了し、レアルがアウェイで2-1の逆転勝利。師弟対決はジダン監督に軍配が上がった。

 セカンドレグは18日にレアルのホームで行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00575471-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492030583
続きを読む

【サッカー】<香川真司欠場のドルトムント>バイエルンに4失点完敗…レヴァンドフスキが2得点

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/09(日) 08:10:34.31 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第28節が8日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。前節、今シーズンのリーグ初得点を記録した香川は負傷欠場となった。

 前節のホッフェンハイム戦で公式戦21試合ぶりの敗戦を喫したバイエルン。リーグ戦では、昨年11月のドルトムントとの前回対決以来の黒星となった。連敗を避けたい今節は前半戦でのリベンジを狙う。ロベルト・レヴァンドフスキやチアゴ、アリエン・ロッベンらがスタメン入りしたが、古巣対決のマッツ・フンメルスはベンチスタート。GKマヌエル・ノイアーが負傷欠場で、GKスヴェン・ウルライヒが先発出場した。

 一方のドルトムントは前節ハンブルガーSVで快勝し、勢いに乗って大一番に挑みたかったが、好調の香川と中盤の要であるユリアン・ヴァイグルが負傷欠場。マルコ・ロイスやアンドレ・シュールレらも離脱が続いており、主力選手を複数欠いての一戦となった。先発メンバーには、ピエール・エメリク・オーバメヤンやラファエル・ゲレイロ、クリスティアン・プリシッチ、ウスマン・デンベレらが名を連ねた。

 試合は開始わずか4分に動いた。バイエルンは右サイドのフィリップ・ラームがマイナスの折り返しを入れると、中央でフリーのフランク・リベリーが右足シュートで合わせてゴールネットを揺らした。さらに10分にはペナルティエリア手前中央からのFKで、レヴァンドフスキが右足で直接ゴール左隅に沈めて、はやくも2点差とした。

 出鼻を挫かれたドルトムントだったが、黙ってはない。20分、右サイドのフェリックス・パスラックが入れたクロスは相手にクリアされるが、エリア手前中央のゲレイロがセカンドボールを左足ダイレクトで叩き、ゴール左上隅に突き刺した。その後はバイエルンが主導権を握った一方で、ドルトムントはカウンターを狙う。だが、試合は落ち着きを見せ、バイエルンの1点リードで前半を終えた。

 ドルトムントはゴンサロ・カストロを下げ、セバスティアン・ローデを投入して後半を迎えた。開始直後の49分、ロッベンが右サイドから中央へ切り込み、左足を振り抜いてシュートをゴール左隅に決めた。バイエルンがさっそくリードを2点に戻した。

 反撃したいドルトムントは67分、オーバメヤンが抜け出し、GKとの1対1で右足シュート。GKをかわしたが、シュートに力がなく、戻ったDFにクリアされた。すると直後の68分、バイエルンはレヴァンドフスキがエリア内でGKロマン・ビュルキに倒されてPKを獲得。これを自らGKと逆のゴール左隅に決めて、バイエルンがリードを3点に広げた。レヴァンドフスキは今シーズンのリーグ戦26ゴールに伸ばし、25ゴールのオーバメヤンを上回って、得点ランク首位に躍り出た。

 ドルトムントは69分にゲレイロに代えてミケル・メリーノを投入。バイエルンは71分にレヴァンドフスキを下げてジョシュア・キミッヒ、74分にリベリーを下げてドウグラス・コスタ、80分にはハビ・マルティネスに代えてフンメルスをピッチに送り出した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントは1-4で敗戦。バイエルンが前回対決のリベンジを果たした。

 次戦、バイエルンは12日にチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでレアル・マドリードと、ドルトムントは11日に同ファーストレグでモナコと対戦する。

SOCCER KING 4/9(日) 3:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573883-soccerk-socc

【スコア】アリアンツ・アレーナ(75000人)

バイエルン 4-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 4分 フランク・リベリー(バイエルン)
2-0 10分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-1 20分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
3-1 49分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
4-1 68分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2255149&season=12593

順位表
http://web.ultra-soccer.jp/ranking/list?tid=566

3 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/09(日) 08:11:41.28 ID:CAP_USER9.net

関連

【サッカー】<香川真司>バイエルン戦欠場が決定…ミュンヘンに向かったチームに帯同せず©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1491614635/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491693034
続きを読む

【サッカー】<ドルトムントMF香川真司>バイエルンとの大一番で独紙が先発予想! 復活の“魔法使い”が再び輝くか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 15:51:06.45 ID:CAP_USER9.net

■香川はインサイドハーフ、ドルトムントは前節から3人を入れ替え

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間8日の敵地バイエルン・ミュンヘンでもチームを勝利に導くことができるだろうか。
独紙「キッカー」でブンデスリーガ第28節の予想先発が公開され、復活を遂げた背番号23の魔法使いが公式戦6試合連続スタメン出場に向けて11人のリストに名を連ねた。

ドルトムントの予想スターティングイレブンはGKビュルキ、最終ラインはピスチェク、ソクラティス、バルトラ、シュメルツァー、
中盤はヴァイグルをアンカーに、その前にプリシッチ、香川、カストロ、デンベレ、ワントップにオーバメヤンという布陣が予想されている。

香川とオーバメヤンがともに1得点1アシストと躍動した4日のハンブルガーSV戦からスタメン3人が入れ替わると見られている。
負傷離脱していた主将のシュメルツァーと出場停止だったソクラティスが先発に復帰し、

攻撃陣では18歳MFモルに代わってアメリカ代表で10番を背負う19歳MFプリシッチが起用されそうだ。
今季は3バックを中心に戦ってきたが、2試合続けて4バックでのスタートと見られている。

本拠地にライバルを迎えるバイエルンは、守護神GKノイアーが負傷しており、3試合連続でウルライヒが最後尾に起用されるだろう。
ラーム、ボアテング、古巣対決のフンメルス、アラバという盤石の4バック。シャビ・アロンソ、ビダルという3列目に、ロッベン、チアゴ、リベリーが並ぶ2列目の破壊力は抜群だ。
最前線も古巣対戦となるレバンドフスキという顔ぶれで、ドイツ代表FWミュラー、ブラジル代表MFコスタらが不在でも全く隙のない陣容となりそうだ。

■香川に監督期待「午前3時に起こしても…」
 
米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は先日、ハンブルガー戦で活躍した香川をトーマス・トゥヘル監督が称賛したと伝えていたが、指揮官はバイエルン戦での活躍にも期待を寄せている。

「午前3時にシンジを叩き起こしたとしても、彼はアリアンツ・アレナ(バイエルン戦)で最初のPKを決めることができるだろう。
彼はキャリアで重要な試合を何度も経験している。彼は経験深い選手なんだ。必要な時には、いつだっていてくれる」

復活を遂げた香川への注目度が増すなか、「デア・クラシカー」と呼ばれる大一番で勝利を手にするのは一体どちらになるのだろうか。

Football ZONE web 4/7(金) 15:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170407-00010010-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170407-00010010-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491547866
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ