ドルトムント

【サッカー】<香川真司( ドルトムント>ドイツメディアは大絶賛!「攻撃陣で最も目立った」「常にボールに絡んでいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/13(水) 20:03:13.36 ID:CAP_USER9.net

現地時間12日ブンデスリーガ第16節が行われボルシア・ドルトムントはアウェイでマインツと対戦し2-0で勝利した。

この試合でドルトムントの日本代表MF香川真司はフル出場を果たし、先制点の起点となるFK及び89分には今季3ゴール目を挙げるなど全得点に絡む活躍を見せた。
このパフォーマンスに複数の独メディアが高評価を与えている。

『ルールナハリヒテン』では香川をチーム最高評価となる「2,5」と採点し「豊富な運動量で常にボールに絡んでいた。
78分のシュートは決めなければならなかったが、終了間際のチャンスはしっかり決めた」と寸評している。

また『sportbuzzer』は評点のみの掲載だがチームトップタイの「2」を香川に与えた。

『WAZ』は「この日本人は攻撃陣で最も目立った選手だった。チャンスを演出するだけでなく89分には試合を決めるゴールを決めた。
79分のシュートチャンスを決める事と味方選手のコンビネーションをもっと深めるなどの改善点はある」とこの日の香川のプレーを分析し平均点の「3」と評価した。

(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

12/13(水) 9:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246526-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00246526-footballc-000-view.jpg


【サッカー】<香川真司( ドルトムント>試合を決める追加点! オーバメヤンとのコンビネーションから今季3点目
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513114292/

今季3点目の香川に独紙が最高タイ評価 新生ドルトムントに「骨格をもたらした」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00010009-soccermzw-socc

香川真司、9戦ぶり勝利に導く今季3点目「絶対チャンスはあると思っていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246517-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513162993
続きを読む

【サッカー】<香川真司( ドルトムント>試合を決める追加点! オーバメヤンとのコンビネーションから今季3点目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/13(水) 06:31:32.01 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第16節が12日に行われ、香川真司が所属するドルトムントはマインツと対戦した。

先発した香川はFKから1点目の起点になると、89分にピエール・エメリク・オーバメヤンとのコンビネーションから2人で相手守備陣を崩してチーム2点目をゲット。香川のリーグ戦3点目でリードを広げた。

試合はそのまま2-0で終了。ドルトムントはペーター・シュテーガー監督体制初戦で勝利を飾り、第7節以来の勝ち点3を手にした。

12/13(水) 6:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683688-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00683688-soccerk-000-view.jpg
"

13 名前:Egg ★:2017/12/13(水) 06:34:39.90 ID:CAP_USER9.net

関連

【サッカー】<ハリルジャパン>香川真司(ドルトムント)に“新境地”で逆転復帰も!コンバートが幸運をもたらすかもしれない
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513069449/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513114292
続きを読む

【サッカー】<ハリルジャパン>香川真司(ドルトムント)に“新境地”で逆転復帰も!コンバートが幸運をもたらすかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/12(火) 18:04:09.44 ID:CAP_USER9.net

ハリルジャパンで窮地に立たされているFW香川真司(28=ドルトムント)に“新境地”で逆転復帰の目が出てきた。
来年6月のロシアW杯に向けてサバイバルが続く日本代表だが、ここへきて懸案事項となりつつあるのが左FW問題だ。

主力となる選手に不安が続出し、国内組も現在開催中の東アジアE―1選手権でインパクト不足。
欧州最高峰の舞台で実現した左FWへのコンバートが香川に幸運をもたらすかもしれない。

これまで日本代表で長らく最激戦区だった左サイド戦線に異変が起きている。
バヒド・ハリルホジッチ監督(65)がアジア最終予選で重用してきたFW原口元気(26=ヘルタ)はクラブで出場機会を失っており、
今季好スタートを切ったFW武藤嘉紀(25=マインツ)も、背中の痛みを発症して直近3試合で欠場。

ドイツ2部でプレーするFW宇佐美貴史(25=デュッセルドルフ)もここ数試合で出場時間が減っており、
左FW枠の欧州組でまともにプレーしているのはFW乾貴士(29=エイバル)だけだ。

この状況にハリルホジッチ監督は「海外で試合に出続けている選手が少ない。
フィジカルコンディションが心配だ」と嘆き、E―1東アジア選手権の国内組に期待を寄せた。

だが9日の北朝鮮戦に左サイドで出場したFW倉田秋(29=G大阪)とFW阿部浩之(28=川崎)は低調なパフォーマンスで、レギュラー争いに加わるのは厳しい状況。
そこで白羽の矢を立てられそうなのが“元10番”だ。

ハリルジャパンではインサイドハーフやトップ下などで起用されてきたが精彩を欠き、11月の欧州遠征ではついに落選。
W杯メンバー入りに黄信号がともった。クラブでアピールしたくても、ケガ人続出のチームは低迷から抜け出せず、負のスパイラルに陥っていた。

だが、そんなどん底の状態が香川にはプラスに働き始めた。ケガ人が多いため、多くのポジションで出場機会が増加。
6日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのレアル・マドリード戦では3トップの左FWとして先発し、欧州王者を相手に奮闘した。

ドイツ誌「キッカー」がチーム2位タイの評価を与えたのをはじめ、地元紙は揃って高評価。
ハリルホジッチ監督は欧州で目立ったプレーを見せると飛びつく傾向が強いだけに、ビッグクラブ相手に左FWとしての才能を見せた香川を代表でもコンバートし、復帰させる流れも見えてきた。

香川にとって今回のコンバートは、最悪に近いチーム状態での“偶然の産物”。
それでも欧州最高峰の舞台でハリルホジッチ監督が求める「縦に速い攻撃」を実践したことは格好のアピールとなった。

メンバー外だった11月の欧州遠征時も代表の試合を訪れてスタッフと意見交換。日本サッカー協会の西野朗技術委員長(62)が「代表に対する強い意識がある」と話したように、
復帰への思いは並々ならぬものがある。新たな戦場を得た香川にはまだロシアへの道がつながっている。

12/12(火) 16:41配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000034-tospoweb-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171212-00000034-tospoweb-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513069449
続きを読む

【サッカー】<ドルトムントが決断!>ポス監督の解任を発表!後任にケルンの監督を解任されたばかりのシュテーガー氏が就任

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/10(日) 20:36:16.27 ID:CAP_USER9.net

ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督(54)の解任を発表した。後任にケルンの監督を解任されたばかりのペーター・シュテーガー氏が就任する。

ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕が評価され、今季からドルトムントの指揮官に就任したボス監督。ブンデスリーガでは開幕7戦無敗(6勝1分)で首位につけていたが、第8節ライプツィヒに今季初黒星を喫すると、9日のブレーメン戦も1-2で落とし、泥沼の8戦未勝利(3分5敗)。この結果、首位バイエルンと勝ち点13差となってしまった。

さらにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では、レアル・マドリー(スペイン)、トッテナム(イングランド)という強豪クラブと同居したものの、4敗2分の白星なしでグループリーグ終え、3位でヨーロッパリーグにまわることとなった。

低迷するドルトムントの再建を任されたのは、今月3日にケルンを解任されたばかりのシュテーガー氏だ。これまでオーストリア・ウィーンなどを指揮し、2013年夏に当時2部だったケルンの監督に就任すると、翌シーズンに1部昇格を成し遂げ、今季でクラブ史上最長となる5季目の指揮を執っていた。

12/10(日) 20:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-01647437-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171210-01647437-gekisaka-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512905776
続きを読む

【サッカー】CLグループリーグ最終順位まとめ、ドルトムント、アトレティコ、ナポリらが敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/07(木) 07:11:13.82 ID:CAP_USER9.net

12/7(木) 6:56配信
ドルトムント、アトレティコ、ナポリらが敗退…CLグループリーグ最終順位まとめ

チャンピオンズリーグは6日にグループリーグのすべての試合が終了し、決勝トーナメント進出チームが決定した。


“死の組”グループHに入った香川真司所属のドルトムントは、2分4敗でグループ3位となり、1勝もできずに敗退となった。

その他、こちらも厳しい組に入ったアトレティコ・マドリーも、ディエゴ・シメオネ監督就任後、初めて決勝トーナメント進出を逃した。また、セリエAで好調を維持するナポリも、シャフタール・ドネツクに2位の座を明け渡し、敗退が決定している。

以下、各グループの最終順位。

●グループA
1位:マンチェスター・ユナイテッド
2位:バーゼル
3位:CSKAモスクワ
4位:ベンフィカ

●グループB
1位:パリ・サンジェルマン
2位:バイエルン・ミュンヘン
3位:セルティック
4位:アンデルレヒト

●グループC
1位:ローマ
2位:チェルシー
3位:アトレティコ・マドリー
4位:カラバフ

●グループD
1位:バルセロナ
2位:ユヴェントス
3位:スポルティング・リスボン
4位:オリンピアコス

●グループE
1位:リヴァプール
2位:セビージャ
3位:スパルタク・モスクワ
4位:マリボル

●グループF
1位:マンチェスター・シティ
2位:シャフタール・ドネツク
3位:ナポリ
4位:フェイエノールト

●グループG
1位:ベシクタシュ
2位:ポルト
3位:ライプツィヒ
4位:モナコ

●グループH
1位:トッテナム
2位:レアル・マドリー
3位:ドルトムント
4位:アポエル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000038-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171207-00000038-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512598273
続きを読む

【サッカー】<香川真司>がヒールパスで同点弾演出…ドルトムント、王者レアル・マドリードに敗戦もEL進出決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/07(木) 06:44:15.83 ID:CAP_USER9.net

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が6日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェイでレアル・マドリードと対戦した。香川は先発出場した。

 試合は開始8分、すでに2位通過を決めているレアルが先制した。左サイドから切り込んだクリスティアーノ・ロナウドがエリア内へパスを送ると、ターンをしながら受けイスコには収まらなかったが、こぼれ球をボルハ・マジョラルが押し込み、先制点を挙げた。

 さらにレアルは12分、マテオ・コヴァチッチからパスを受けたC・ロナウドがエリア手前左で右足を一閃。相手GKも動けない絶妙なシュートがゴール右隅に決まり、はやくもリードは2点に広がった。C・ロナウドはリーガ・エスパニョーラで10戦2ゴールと不調だが、CLではグループステージ史上初の6戦連発を達成し、計9ゴール目と好調を維持している。

 ヨーロッパリーグ(EL)進出圏内の3位を守りたいドルトムントは27分、香川がプリシッチからのスルーパスでエリア内右に抜け出してシュート、35分にはピエール・エメリク・オーバメヤンもエリア内右からシュートを放つが、ゴールにはつながらない。レアルは38分、ラファエル・ヴァランが負傷交代を強いられ、代わりにマルコ・アセンシオを投入した。

 ドルトムントの反撃が実ったのは43分。マルセル・シュメルツァーが高い位置でボールを奪い、素早くクロスを送ると、中央に飛び込んだオーバメヤンがダイビングヘッドで合わせて、1点を返した。

 ドルトムントはこのまま1点ビハインドで折り返したが、後半立ち上がりの49分に追い付く。エリア手前の香川がヌリ・シャヒンからの縦パスをヒールで後方に流すと、オーバメヤンがエリア内中央で受けてシュート。これはGKケイラー・ナバスに阻まれたが、こぼれ球を自らループシュートで沈めて同点ゴールを奪った。

 追い付かれたレアルは勝ち越しを狙って攻勢に出るが、C・ロナウドが77分に放ったヘディングシュートはGKにセーブされ、80分にはCKのこぼれ球を押し込むが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。

 それでも直後の81分、相手GKのクリアボールをテオ・エルナンデスが頭でつなぎ、エリア手前中央のルーカス・バスケスが右足ダイレクトボレーで合わせると、ボールはゴール右隅に吸い込まれ、レアルが勝ち越しに成功した。

 88分、香川に絶好のチャンスが訪れるが、キックフェイントで相手をかわし、エリア内中央で打った右足シュートは無情にもクロスバー上に外れた。香川はその後、後半アディショナルタイム1分にアンドリー・ヤルモレンコと交代となった。

 試合はこのまま終了し、ドルトムントはレアルに2-3で敗戦。同組で3位を争うアポエルもトッテナムに敗れたため、3位キープでELベスト32に回ることが決まった。

 決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は11日に行われる。

【スコア】
レアル・マドリード 3-2 ドルトムント

【得点者】
1-0 8分 ボルハ・マジョラル(レアル)
2-0 12分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
2-1 43分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-2 49分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-2 81分 ルーカス・バスケス(レアル)

12/7(木) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00680339-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171207-00680339-soccerk-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512596655
続きを読む

【サッカー】レアルが接戦を制す…ドルトムントは未勝利でグループリーグ敗退、香川は途中交代/CLグループH第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/07(木) 06:40:46.04 ID:CAP_USER9.net

12/7(木) 6:37配信
レアルが接戦を制す…ドルトムントは未勝利でグループリーグ敗退/CLグループH第6節
■レアル・マドリー 3-2 ドルトムント

レアル・マドリー:マジョラル(8分)、C・ロナウド(12分)、ルーカス・バスケス(80分)

ドルトムント:オーバメヤン(43分、49分)

チャンピオンズリーグ(CL)は6日に第6節の試合が行われ、グループHではレアル・マドリーとドルトムントが対戦した。

グループHでは、すでにトッテナムが首位、レアル・マドリーが2位での決勝トーナメント進出が確定しており、ドルトムントはグループ敗退が決定。勝ち点は2で、最下位のアポエルと並んでいる。しかし、グループ3位になればヨーロッパリーグ決勝ラウンドへの出場権を獲得できるため、欧州の舞台にとどまれるために勝利がほしいところだ。

そんな一戦で、香川真司は戦前の予想に反し先発出場。攻撃時はトップ下、守備時は3-4-3の左ウィングにポジションをとった。その他、スボティッチもスタメンに名を連ねている。

一方、消化試合のレアル・マドリーでは、ローテーションを採用。エースのC・ロナウドはスタメンに名を連ねたものの、コヴァチッチやナチョ、ルーカス・バスケスといった出場機会の少ない選手や、テオ・エルナンデス、マジョラルら若手選手が先発出場を果たしている。

試合は、序盤からレアルが圧倒する。8分、C・ロナウドが左サイドからカットインし、エリア内にパスを送る。イスコがルーレットで背後のスペースに流すと、フリーとなっていたマジョラルが押し込んだ。ホームチームが、早い時間帯に先制する。

さらに、12分には追加点。決めたのはC・ロナウドだ。エリア左手前でパスを受けると、少しボールを動かしてから1ステップでシュートを放つ。これがきれいな弧を描き、ネットを揺らした。立ち上がりから相手を圧倒するレアルが、早くもリードを2点に広げる。

その後はドルトムントがボールを保持し、レアルはカウンターから得点を狙う展開に。香川もチャンスの起点を作るが、なかなか得点を奪うには至らない。35分には、エリア内でオーバメヤンがパスを受けるも、シュートは左に外してしまった。香川もエリア内に侵入してシュートを放つシーンもあったが、これは相手GKナバスの好セーブに阻まれた。

レアルは38分にアクシデント。ヴァランがケガでプレー続行不可能となり、アセンシオがピッチに入った。アセンシオは右ウィングに入り、バスケスが右サイドバック、ナチョがセンターバックにポジションを変更した。

ドルトムントは43分に反撃。左サイドの高い位置でボールを奪うと、シュメルツァーがアーリークロスを送る。すると、オーバメヤンが頭で飛び込みゴールを決めた。前半終了間際にアウェイチームが1点を返し、前半を折り返す。

前半終了間際で良い流れを掴んだドルトムントは、49分に同点に追いつく。シャヒンのパスを香川がスルーすると、中で待っていたオーバメヤンの足元に。エースは、一度はセーブされながらも、こぼれ球を冷静にループシュートで決めた。

その後は、追いつかれ焦りを見せるレアルがクロス攻撃中心に反撃。すると80分に勝ち越す。ペナルティーエリア手前、テオ・エルナンデスがヘディングで落とすと、バスケスが右足アストサイドでシュートを放ち、GKビュルキを破った。

3失点目を喫したドルトムントだが、直後の89分にペナルティーエリア手前でボールを受けた香川が、相手DFを巧みにかわして思い切りよくシュートを放つ。しかしボールはクロスバーの上へ外れていった。香川はアディショナルタイムにヤルモレンコと交代でピッチを後にした。

結局、ドルトムントは追いつくことができず、グループリーグ未勝利で大会を後にすることとなった。これで公式戦8戦未勝利となり、泥沼から抜け出せずにいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000036-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512596446
続きを読む

【サッカー】<ドルトムントからアーセナル入りの敏腕スカウト>「一番こだわった補強は香川とオーバメヤン」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/04(月) 23:28:56.76 ID:CAP_USER9.net

ボルシア・ドルトムントの元チーフスカウト、スヴェン・ミスリンタート氏は1日からアーセナルのスカウティングを統括。
ドイツ誌『キッカー』のインタビューで、過去獲得に導いた選手たちについて話している。

長年に渡って、数々のタレントをドルトムントに連れてきたミスリンタート氏。現バイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルスやFWロベルト・レヴァンドフスキ、
現在もドルトムントでプレーするMF香川真司やFWピエール=エメリク・オーバメヤンらの獲得にあたるなど、重要な役割を果たしたことで広く知られる敏腕スカウトだ。

『キッカー』のインタビューで、過去に自身が絡んだオペレーションについて聞かれたミスリンタート氏は、
「私が一番頑固にこだわった補強は香川真司とピエール・エメリク・オーバメヤンだよ」と返答。その理由については次のように説明している。

「トーマス・クロート(代理人)が彼のことを教えてくれた。そして、まだあまり長く在籍していなかったスヴェン・ミスリンタートという者が立ち上がり、上司たちに言ったのさ。
『(日本の)2部でプレーする日本人がいる。彼を獲ってみよう!』と。説得は大仕事だったね。視察のために6回も日本に向かった。そして香川はたったの35万ユーロで加わることになったんだ」

オーバメヤンに関しては、次のように語っている。

「ロベルト・レヴァンドフスキの後釜としてスカウティングしていたが、私たちの目に彼はそう映らなかった。まったく別のタイプの『9番』で、レヴァンドフスキの絶対的な強みを体現していない。
なので、獲得の決断が下されるまで時間がかかったんだ。当初はウィングとして獲ったね」

一方、実現に至らなかった補強で最も悔やんだのは、現在ポルトでプレーするMFオリベル・トーレスだという。
同選手の獲得を巡って、ミスリンタート氏は2016年1月にトーマス・トゥヘル前監督と対立し、最終的には練習場への立ち入りを禁じられた。

「(当時)アトレティコ・マドリーのO・トーレスを巡ってのトゥヘルとの衝突は、なんとくなく起こったものではないね。
彼は天才的なポゼッション系のフットボーラーで、私は獲得を望んでいた。『8番』(インサイドハーフ)としてのパスワークはベストの中に入り、わずかな弱点はあるものの前方への意識がずば抜けている。
半年後に移籍する予定だったイルカイ・ギュンドアンの完璧な代案になれただろう」

またミスリンタート氏は、トゥヘル氏との対立におけるクラブ側の対応にも言及。「誰も恨んでいない」と強調し、
「私の退団を容認してくれることが、アキ・ヴァツケ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)とミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)の私のここ数年の仕事に対する最大級の評価だ」と述べた。

GOAL 12/4(月) 21:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000027-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171204-00000027-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512397736
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ