ドルトムント

【サッカー】<ドルトムント>規律違反のオーバメヤンにもはやお手上げ!「何を考えているのか分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/15(月) 18:51:38.03 ID:CAP_USER9.net

ボルシア・ドルトムントは14日に行われたブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦に向けてFWピエール=エメリク・オーバメヤンをメンバーから外した。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は試合後にクラブの決断を説明している。

ドルトムントはヴォルフスブルク戦の直前に公式ツイッターで、オーバメヤンに規律違反のため、制裁処分を課したことを発表。ドイツ『スカイ』で試合前にこのことについて聞かれたペーター・シュテーガー監督は、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングに現れなかったことを明かし、「集中していない」ことを理由に出場停止処分を言い渡したと説明した。

また、0-0で終わった試合後、ツォルクSDは次のように語った。

「彼は以前から目立った存在であったし、多少外向的な性格でもあった。いつも模範的な働きを見せ、規律やプロ精神を持って仕事に臨んでいた。それが現時点では見えない」

「昨日は練習のあと、みんなで集まって食事をとってから、大事なチームミーティングが行われた。今日の試合に限らず、行動規範、チームとしての目標などについて話すためにね。だが、彼はそこに現れなかったんだ」

「今日彼と非常に厳しく話をし、この試合は出場停止にする決断を伝えた。もちろん罰金処分も課すことになる。それは当然だ」

オーバメヤンは、これでトーマス・トゥヘル、ピーター・ボス、そしてシュテーガー監督の下でクラブより出場停止処分を言い渡された。

「今までのことも考慮しなければいけない。このような誤った行為は初めてではないのでね。現在、彼が何を考えているのか分からない。今の彼は私が知る彼ではない、と正直に認めなければいけない」

もちろん、チームにとってオーバメヤンの得点能力は大きい。だが、同SDはクラブが何よりも重要だと強調している。

「プロ精神が問われるところだ。最も大事なのは、クラブとその目標だ。我々はすべての行動をそれを基準に取っている。それらを危うくするわけにいかない」

「我々のゴールやアシストの約5割は彼によるもの。それも見なければいけない。だが、あのような行為は、いつまでも許してはいけない」

1/15(月) 14:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000013-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180115-00000013-goal-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516009898
続きを読む

【サッカー】<ドルトムント>決定機生かせずヴォルフスブルクとスコアレス…香川は先発フル出場「リスク冒さないと怖い存在になれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/15(月) 06:16:37.06 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第18節が14日に行われ、ドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。

 40分、ジェイドン・サンチョの浮き球のパスに香川真司が反応したが、シュートは相手GKにブロックされた。前半はスコアレスで折り返す。後半に入り52分、アンドリー・ヤルモレンコのパスに香川が抜け出しクロスを送る。しかし、サンチョのシュートはポストに阻まれた。

 試合は0-0で終了。ホームのドルトムントが数多くのチャンスを作ったものの決めきれず、ウィンターブレイク明けの一戦は勝ち点1を分け合う結果となった。ドルトムントの香川は先発フル出場を果たしている。

 次節、ドルトムントはアウェイでヘルタ・ベルリンと、ヴォルフスブルクはホームでフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 0-0 ヴォルフスブルク
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046021


1/15(月) 3:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00701878-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180115-00701878-soccerk-000-1-view.jpg


2 名前:Egg ★:2018/01/15(月) 06:18:12.70 ID:CAP_USER9.net

・より決定的な活躍を目指す香川真司「リスク冒さないと怖い存在になれない」


ボルシア・ドルトムントのMF香川真司が、現地時間14日に行われたブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦を振り返った。

 リーグ戦再開初戦に先発した香川は、チャンスの起点になるなどの存在感を示した。だが、自分でもっと決定的な働きをしなければいけないと感じている。

 0-0で引き分けたあと香川は、「勝ちたかったですね、やはり。ホームっていうこともあったし、内容的に見ても、勝ちたかったというのは本音としてあります」と話した。

 ただ、香川はこれからドルトムントの調子が上がっていくと自信を持っている。

「メンバーが多少なり代わったし、代われば必然的に時間が必要になる。その中で良い若手をたくさん見られた。こういった試合の中で、僕たち出ている選手がもっとうまくリズムをつくれたら良かったんですけど。そういったところが今日はもったいなかったかなと思います」

「(ウィンターブレーク明けで)久しぶりのブンデスリーガで、良い試合になるか、パッとしない試合になるかは割と出る試合だったと思う。結果として出なかったんでね、また勝てるように、まず何より勝利が必要。継続してやり続ければ、このチーム含めて、個人としても必ず良い結果が出せるし、2試合目、3試合目と、もっともっと上がっていくと思います」

 多くのチャンスをつくりながらも攻めきれなかったドルトムント。香川は自分がリスクを冒しきれなかったと感じている。

「アイデアがなかった。特に最後は単調なクロスに終始したので、そこのアイデアを出すところは自分自身が担わなければいけない。そこは次の試合に向けて、もう少しリスクを冒さないと、個人的には怖い存在になれないと思っています」

 ワールドカップイヤーが始まったが、今は目の前の試合に集中している。

「(3月の代表戦は)まだ考えることではないですし。その前に、1月、2月と…。ヨーロッパリーグもありますしね。本当に1試合1試合の積み重ねだと思っているんで、それを徹底してやっていきたいと思います」

 ドルトムントは次節、敵地でヘルタ・ベルリンと対戦する。香川は決定的な働きを見せられるだろうか。

1/15(月) 5:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00251254-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180115-00251254-footballc-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515964597
続きを読む

【サッカー】鶏肉のグリルが原因か…ドルトムント9選手ダウン 14日のウォルフスブルク戦には間に合うとみられる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/01/12(金) 23:33:38.45 ID:CAP_USER9.net

鶏肉のグリルが原因か…ドルトムント9選手ダウン
2018年1月11日18時29分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201801110000528.html

ダウンしたドルトムントGKロマン・ワイデンフェラー(左)、中央は香川真司(2016年2月13日)
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/201801110000528-w500_0.jpg


スペインで合宿中のドルトムントで最終日を前に9人がダウンしたと、11日の独紙ビルトが報じた。

ワイデンフェラー、ビュルキ、バルトラ、シュルレ、プリシッチ、トプラク、ラルセン、シャヒン、ライマンが胃腸系の風邪で療養。原因は鶏肉のグリルだったもようだ。だが、9選手とも14日のウォルフスブルク戦には間に合うとみられている。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515767618
続きを読む

【サッカー】<名古屋グランパスに移籍のジョー>ナポリ&ドルトムントからの誘いを断っていた.....

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/12(金) 07:07:03.16 ID:CAP_USER9.net

今季から名古屋グランパスに加入することが決まった元ブラジル代表FWジョーだが、Jリーグ移籍前には多くのオファーを受け取っていたようだ。

 これまでは中国からの関心をジョー本人が拒否したことなどが伝えられていたが、ブラジル『UOL』によれば、今冬はイタリア・セリエAのナポリやドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントからも獲得の打診を受けていたという。

 仮に欧州復帰が実現していれば、香川真司とチームメイトになっていた可能性もあった。昨年のブラジルリーグ得点王&MVPを引き抜くために、名古屋が用意した1100万ユーロ(約15億円)の移籍金は、財政難に陥っているコリンチャンスにとっても断れないものだったに違いない。

 ここ数年の私生活の乱れやピッチ内での低調ぶりから、30歳を前に“終わった選手”と見なされていたジョー。しかしコリンチャンス復帰後は完全復活を遂げて、いまやブラジル代表復帰の可能性さえ囁かれている。ナポリやドルトムントのような強豪での欧州復帰を断念してまで選んだ日本の地で、自らの決断を後悔しないで済むような大活躍が期待される。

1/11(木) 23:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00250872-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180111-00250872-footballc-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515708423
続きを読む

【サッカー】<ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド>この冬にもドルトムント復帰希望!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/27(水) 22:22:05.43 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアンは可能であればこの冬にもドルトムントへの復帰を願っている。

 27日の独紙ビルトが報じた。エキセントリックな監督ジョゼ・モウリーニョ監督の下で繊細なムヒタリアンはうまくいっていない。人心掌握術にたけたドルトムント新監督ペーター・シュテーガーの下でプレーしたいようだ。

 ただ、復帰話の前にムヒタリアンは首脳陣に謝罪をしなければならない。

ドルトムントからマンチェスターUへの移籍の際、フェアなやり方でなかったことが遺恨となっている。ドルトムントのサポーターのハートはパフォーマンスで取り戻さなければならない。

12/27(水) 19:03配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00087413-nksports-socc

【サッカー】<香川真司>「温泉でもいきたいな」 粋な“浴衣姿”の写真公開にファン反響!「お似合い!」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514370029/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514380925
続きを読む

【サッカー】<ドルトムント>復調の要因は香川真司? ドイツ誌がシュテーガー新体制を分析「カウンターが似合う」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/19(火) 19:27:54.97 ID:CAP_USER9.net

シュテーガー新監督の初陣から2連勝 香川が前線に押し上げる働きぶりを独誌は評価
 
ドルトムントは今月10日、今季就任したペーター・ボス監督を成績不振で解任。
前ケルン指揮官のペーター・シュテーガー監督が電撃就任し、リーグ戦2連勝と復活の兆しを見せている。
8試合未勝利(3分5敗)のトンネルから抜け出した要因について、ドイツメディアは日本人プレーメーカーの存在を挙げている。

香川はシュテーガー監督の初陣となる現地時間12日の第16節マインツ戦(2-0)でゴールを記録。
16日に行われた本拠地での第17節ホッフェンハイム戦で3試合連続スタメンを果たすと、PK奪取と決勝点アシストで逆転勝利(2-1)に貢献している。

ドイツサッカー専門誌「11 Freunde」は、
「いかにしてペーター・シュテーガーはドルトムントのサッカーを厳格に変貌させたのか」と特集を組んだ。

第一の理由は、ボス政権下で定番となった4-3-3システムから4-1-4-1システムへの移行だった。
ウイングの位置取りは新体制で明らかに低くなったが、「理由は明確だ。シュテーガーは守備的な安定感を求めている」と分析。
最終ラインと中盤の距離を縮めるアプローチで、全体にバランスを生んでいるという。

二つ目は、香川の躍動だ。

記事では、「新戦術では速攻でカウンターを狙える。この理念は序盤で明らかになった。ボールを奪った後、シンジ・カガワは前線に押し上げ、
ホッフェンハイムの守備陣に問題を突きつけた」と指摘。ボス政権下で見られなかった、香川を中心としたカウンターが復調の要因の一つになっているとしている。

「攻撃的MFとして確信を持たせた」

「個々のプレーヤーが自分の強みを取り戻した」という項目では、ボス政権で高いポジション取りを求められたドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルに言及。
「このヴァイグルは彼ではなかった。彼は深い位置からのゲームメークを好む。シュテーガー政権でそれが可能となった」「ヴァイグルは通常な状態に戻った」と本領を発揮していると見ている。

また、同項目では香川にもフォーカス。「ホッフェンハイムとマインツとのゲームでは、二人の選手が花開いた。シンジ・カガワは攻撃的MFとして確信を持たせた」と記し
攻守のスイッチ役として機能したことを「彼にはカウンターが似合う」と評価した。そして、香川とともに主将のサイドバック、元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの復調ぶりも特筆されている。

勝利から見放されていた日々を脱したドルトムント。復活の立役者の一人として、香川はドイツで再び評価を高めている。

12/19(火) 16:50配信 フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00010013-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggJbud5zhFEam5rp6LWotdTQ---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20171219-00010013-soccermzw-000-view.jpg


【サッカー】<ブンデスリーガ/前半、日本人9人の通知表>復活ムードの香川真司、冷や飯の原口元気ら・・・
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513633829/

香川真司、独誌がMOMに選出!「彼がスピードを加える度にドルトムントは危険性を発揮」
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000059-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513679274
続きを読む

【サッカー】< 香川真司(ドルトムント)>絶妙な切り返しから見事なお膳立て!バイエルン戦でカップ戦2アシスト目を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/21(木) 06:32:18.78 ID:CAP_USER9.net

DFBポカール3回戦が現地時間12月20日に行われ、ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司がバイエルン・ミュンヘン戦でアシストを記録した。

先発出場した香川は、0-2とビハインドで迎えた76分、左のエリア付近でボールを受けると切り返しからふわりとしたクロスをファーサイドに供給。これをヤルモレンコが頭で決めている。

なお、このアシストは香川にとって大会2つ目となっている。


12/21(木) 6:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000029-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggQBOHqtb8Zf5OmqfaJNgyhg---x900-y501-q90-exp3h-pril/amd/20171221-00000029-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513805538
続きを読む

【サッカー】≪香川真司≫先発フル出場の香川がPKゲット&逆転弾演出! ドルトムント、監督交代後2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/17(日) 04:31:18.65 ID:CAP_USER9.net

12/17(日) 4:29配信
先発フル出場の香川がPKゲット&逆転弾演出! ドルトムント、監督交代後2連勝

 ブンデスリーガ第17節が16日に行われ、ドルトムントとホッフェンハイムが対戦した。

 21分、右サイドを駆け上がったパベル・カデジャーベクが抜け出すと、折り返しをマルク・ウートが押し込んで、アウェイのホッフェンハイムが先制する。前半はホッフェンハイムの1点リードで折り返す。

 後半に入り63分、エリア内で香川真司が倒されて、ドルトムントがPKを獲得する。ピエール・エメリク・オーバメヤンがしっかりと決めて、ドルトムントが同点に追いつく。試合終了間際の89分には香川のスルーパスにクリスティアン・プリシッチが反応。シュートは一度GKに阻まれたが、こぼれ球を自ら押し込んでドルトムントが勝ち越しに成功した。

 試合は2-1で終了し、ドルトムントが監督交代後2連勝を飾った。香川は先発フル出場を果たし、2得点に絡む活躍を見せている。

【スコア】
ドルトムント 2-1 ホッフェンハイム

【得点者】
0-1 21分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)
1-1 63分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK/ドルトムント)
2-1 89分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00685533-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171217-00685533-soccerk-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513452678
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ