レアル

【サッカー】<メッシ>レアル戦で衝撃データ “歩いてプレー”が90分間で「83.1%」…地元紙も驚愕

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/27(水) 00:06:29.91 ID:CAP_USER9.net

レアル戦1得点1アシストのバルサFWメッシ、スペイン地元紙トラッキングデータ公開
 
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節レアル・マドリード戦で試合を決定づけるPKに加え、
片方のスパイクが脱げながらアシストもマークするなど、1得点1アシストの活躍を見せた。

バルセロナの地元紙「エル・ペリオディコ」はトラッキングデータを公開し、メッシが90分間のうち83.1%の時間で「歩いていた」と伝えている。

クラシコでのメッシは前半こそ相手MFダリオ・コバチッチのマンマークを受けて存在感が希薄だったが、バルサの攻撃にエンジンがかかった後半に入って調子を上げた。
後半19分のPKを沈めると、アディショナルタイムにはスパイクが脱げながらも左足アウトサイドキックでDFアレイクス・ビダルのダメ押し弾をアシストするなど、相変わらずの“クラシコ王”ぶりを見せつけた。

印象的なプレーぶりだったが、ボールを持っていない時のメッシのデータもまた驚きのものだった。同紙調べのデータではこんなデータが出ている。
「歩き:83.1%(6.67km)、ジョギング:10.8%(ジョギング867m)、走る:4.95%(397m)、スプリント:1.15%(92.3m)、最高時速33.59km」

緩急つけたプレー称賛「監視されていても…」
 
同紙はメッシの歩いた距離についてを「バルセロナのエスパーニャ広場からバゾス川くらいまで」とご丁寧に紹介。そして「メッシはベルナベウで歩いていた。クラシコで歩いてプレーしていた」と驚きを持って伝えている。
もっとも、それは緩急をつけたプレーをしていた証でもあり、ここぞの場面で爆発的なスピードを見せたということの裏返しだろう。

「彼がどんなに監視されていたとしても、スペースがどこかしらにあることを見つけていた」と、タイミングの良いプレーぶりを称賛している。
試合を決めるのは走行距離ではなく質の高い動き――。世界一流のメッシだからこそとも言えるが、非常に興味深いデータと言えそうだ。

12/26(火) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010021-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggR0iUgRQEjUBBDkDtvMUhLQ---x900-y642-q90-exp3h-pril/amd/20171226-00010021-soccermzw-000-view.jpg


【サッカー】<クラシコの戦犯は監督ジダンか?>多くのメディアの批判の的に..
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514200117/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514300789
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリード>クラシコ不発のベンゼマが放出対象に? 会長が268億円投じ冬に補強すると報道!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/24(日) 12:23:33.85 ID:CAP_USER9.net

23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節でレアル・マドリーはバルセロナに0-3で敗れた。
至高の一戦“エル・クラシコ”で敗れたレアルはこの結果、首位バルセロナに勝ち点差を14まで放される形となっている。

この状況を受けて、スペイン『Diario Gol』は「今冬の移籍市場でフロレンティーノ・ペレス会長が2億ユーロ(約268億円)を投じて大型補強を敢行するのではないか」と報じている。
その獲得候補はすでに交渉が進んでいるというGKケパ・アリサバラガのほか、ミランDFレオナルド・ボヌッチ、インテルのFWマウロ・イカルディが対象となっているようだ。

その一方で『Don balon』が報じたところによると、バルセロナ戦ではポスト直撃のヘディングシュートを放ったもののノーゴールに終わったカリム・ベンゼマが、
冬の移籍市場で放出される可能性が高まっているという。その代案としてインテルのイカルディに関心を示しているようだ。

バルセロナに敗れ、リーガ連覇から大きく遠ざかったレアル・マドリー。クラシコでの完敗は、今後のクラブ方針に様々な影響を及ぼすことになっているようだ。

12/24(日) 12:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000004-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggdl5N0Zcu3iGqKfKze.TBAw---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20171224-00000004-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514085813
続きを読む

【サッカー】<S・ラモス(レアル・マドリッド>ルイス・スアレスの顔をビンタ!イエローカードが提示される

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/24(日) 15:24:27.16 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリードの主将セルヒオ・ラモスがFCバルセロナのFWルイス・スアレスに暴力的なファウルをした。サンティアゴ・ベルナベウで23日に開催されたクラシコ戦の試合の後半の出来事だった。ルイス・スアレスの進行をカゼミロに次いで抑えようとしたラモスは、見るからにナーバスになっていた。

【ハイライト動画】http://sport-japanese.com/news/id/14516

ラモスはスアレスを遠ざけようとする振りをして、スアレスを手で暴力的に叩いた。
ラモスは主審の目を欺いたと思っていたが、主審はこの行為に気が付きイエローカードを提示した。その後ラモスは主審に対ししきりに文句を言った。唇の動きを読むと、ラモスが「あのビッチの息子のウルグアイ人が・・・」と言っているのがわかる。
先制点を奪ったスアレスにラモスは怒りを覚えていたのだろう。

このラモスの行為はレッドカードに値するものだが、主審はイエローカードを提示したにとどまり、ラモスはそのままプレーを続行した。

12/24(日) 15:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00010004-sportes-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171224-00010004-sportes-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514096667
続きを読む

【サッカー】≪クラシコ≫バルサが敵地でレアル撃破!! 3発快勝で無敗キープ…両チームの勝ち点差は「14」に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/23(土) 22:53:39.86 ID:CAP_USER9.net

12/23(土) 22:52配信
バルサが敵地でレアル撃破!! 3発快勝で無敗キープ…両チームの勝ち点差は「14」に
[12.23 リーガ・エスパニョーラ第17節 R・マドリー0-3バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第17節5日目が23日に開催され、勝ち点31で4位のレアル・マドリーと勝ち点42で首位に立つバルセロナによる『クラシコ』が行われた。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半8分にFWルイス・スアレスの得点でバルセロナが先制。同19分にFWリオネル・メッシがPKで加点したバルセロナが2-0の完封勝利を収め、両チームの勝ち点差は「14」まで広がった。

 仮に敗れることになれば、首位チームとの勝ち点差を「14」に広げられてしまうレアルが、序盤から積極的にゴールに迫る。前半2分、MFトニ・クロースのCKをDFラファエル・バランが競り勝ち、流れたボールをFWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで押し込むも、これはオフサイドの判定に取り消されてしまう。さらに同10分にはクロースの折り返しからC・ロナウドがPA内でフリーになるも、まさかの空振りで好機を逸してしまった。

 前半30分にはバルセロナが好機を創出。右サイドでボールを受けたFWリオネル・メッシが最終ライン裏に抜け出すMFパウリーニョを見逃さずにボールを送ると、パウリーニョが右足ダイレクトで合わせるが、好反応を見せたGKケイラー・ナバスに弾き出されてしまう。同33分にはレアルがゴールを脅かすが、左サイドから切れ込んだC・ロナウドのシュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに左足1本で防がれてしまった。

 前半38分にはDFジョルディ・アルバ、MFアンドレス・イニエスタとの細かいパスワークから左サイドを突破したメッシのクロスにパウリーニョが飛び込むが、ダイビングヘッドで合わせたシュートはナバスにまたもや阻まれてしまう。同43分にはレアルがゴールに迫り、マルセロのクロスからFWカリム・ベンゼマがヘディングシュートを狙うが、ボールはポストを叩いてネットを揺らすには至らなかった。

 ともに得点は生まれずに0-0のまま後半を迎えると、後半9分にバルセロナが鮮やかなカウンターから先制点を奪取する。中央をドリブルで運んだMFイバン・ラキティッチが右サイドにはたくと、MFセルジ・ロベルトがダイレクトで逆サイドへ。フリーで走り込んだFWルイス・スアレスが右足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 さらに後半18分にはバルセロナが波状攻撃を仕掛ける。メッシのスルーパスから抜け出したL・スアレスのシュートはK・ナバスに弾かれ、こぼれ球を拾ったメッシのパスからL・スアレスが放ったシュートはポストを叩く。しかし、はね返ったボールを押し込もうとしたパウリ―ニョのシュートをPA内のDFダニエル・カルバハルが手で防いでしまい、カルバハルが一発退場に。さらに、このプレーで得たPKをメッシがきっちりと沈めて、バルセロナがリードを2点差に広げた。

 2点のビハインドを背負っただけでなく、数的不利に立たされたレアルは後半21分にベンゼマに代えてDFナチョ・フェルナンデスを、さらに同27分にはMFマテオ・コバチッチとMFカゼミーロに代えてMFガレス・ベイルとMFマルコ・アセンシオを同時にピッチに送り込んだ。同33分には右サイドを突破したモドリッチのグラウンダーのクロスをベイルが合わせるも、シュートはテア・シュテーゲンに阻まれてしまう。

 その後も1人少ないながらも執念を見せるレアルがゴールに迫るが、最後までバルセロナゴールをこじ開けられず。バルセロナが2-0の完封勝利を収め、開幕からの無敗(14勝3敗)を継続させた。一方の1試合消化試合が少ないレアルは9勝4分3敗となり、早くも昨季の黒星(29勝6分3敗)に並んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-01648143-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171223-01648143-gekisaka-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514037219
続きを読む

【サッカー】≪先発発表≫伝統の一戦クラシコに向けた先発発表、El Clasico(エル・クラシコレアル・マドリード対FCバルセロナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/23(土) 20:10:24.77 ID:CAP_USER9.net

12/23(土) 19:57配信
伝統の一戦クラシコに向けた先発発表

2017年12月23日土曜日(日本時間21:00キックオフ)に伝統の一戦“El Clasico(エル・クラシコ)レアル・マドリード対FCバルセロナ”が行われる。


未だ負けなしのバルサは圧倒的な強さを見せつけ、リーガのトップを走り続けている。無敗を継続するためにも、そしてタイトルを獲るためも、この試合での勝利は大きな意味を持つものになる。

対するマドリーは1試合未消化で4位。既にバルサに11ポイントも離されているマドリーにとって、この試合はリーガ連覇の最後のチャンスとなる可能性が高い。

【FCバルセロナの先発メンバー】
■GK
テア・シュテーゲン

■DF
ジョルディ・アルバ
フェルマーレン
ジェラール・ピケ
セルジ・ロベルト

■MF
セルヒオ・ブスケツ
イニエスタ
ラキティッチ
パウリーニョ

■FW
ルイス・スアレス
レオ・メッシ

【レアル・マドリードの先発メンバー】
■GK
ケイラー・ナバス

■DF
カルバハル
ヴァラン
セルヒオ・ラモス
マルセロ

■MF
カゼミーロ
ルカ・モドリッチ
トニ・クロース
コバチッチ

■FW
クリスティアーノ・ロナウド
カリム・ベンゼマ

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00010013-sportes-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171223-00010013-sportes-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514027424
続きを読む

【サッカー】<フィーゴ>エル・クラシコはレアル・マドリードを応援!「ファンなんだ。常に彼らの勝利を望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/23(土) 19:28:28.75 ID:CAP_USER9.net

エル・クラシコを前にバルセロナ、レアル・マドリーの両クラブでプレーした経験を持つルイス・フィーゴ氏が、『Goal』で意見を語っている。

23日に迎えるエル・クラシコ。首位バルセロナと4位レアル・マドリーの間には勝ち点11もの差があり、ホームで戦うレアル・マドリーとしては勝利しか許されない。

バルセロナからレアルへ“禁断の移籍”をした経緯があるフィーゴ氏は白い巨人の勝利を望んでいるという。

「私はレアル・マドリーのファンで、いつでも彼らの勝利を望んでいる。この試合だけでなく、スペインの全ての試合でね」

また、現役時代はともにプレーしたジネディーヌ・ジダン監督にも言及。今シーズンは昨シーズンに比べるとリーグ戦で苦しんでいるが、フィーゴ氏は指揮官の評価は揺るがないようだ。

「常に何が起きるか予期するのは難しい。ただ、彼はレアル・マドリーで何年も指揮を執るのに必要なものを全て備えていると思うし、そうなることを望んでいるよ」

注目の一戦は23日21時から。サンティアゴ・ベルナベウで開催される。

12/23(土) 19:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000018-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggD3Q8eFxCX4Z0QORRPi940w---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20171223-00000018-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514024908
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリードの歴代ベスト11は?>“史上最高のストライカー”やシンボルも…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/20(水) 09:18:41.34 ID:CAP_USER9.net

12月23日に行われる、レアル・マドリーとバルセロナというスペインの2強がプライドをかけてぶつかる「クラシコ」。世界が注目する欧州最高峰の戦いでは、数々の名選手がしのぎを削ってきた。

豪華布陣!レアル・マドリー歴代ベスト11

そんな「クラシコ」を前に、『Goal』スペイン版はそれぞれのクラブの歴代ベスト11を選出。今回は、ロス・ブランコス(レアル・マドリーの愛称)最高の11人を紹介する。

●GK:イケル・カシージャス| 1999-2015|

2000年頃から、レアル・マドリー、そしてスペイン代表の正ゴールキーパーの座を守り続けた。3度のチャンピオンズリーグ制覇を含む、ロス・ブランコスの黄金時代においてキャプテンを務め、重要な役割を果たした。

●DF:チェンド|1982-1998|

レアルでデビューを飾ってから497試合目までずっと勝者のメンタリティーを発揮し続けた。1997-98シーズンに自身7度目のラ・リーガ制覇とともにスパイクを脱いだ。

●DF:セルヒオ・ラモス|2005-現在|

現在、世界最高峰のチームであるロス・ブランコスを束ねるキャプテンを務める。セビージャから加入して以来、ワールドクラスのディフェンダーに進化した。セットプレーも得意であり、ここ一番で見せる得点力は驚異的だ。

●DF:フェルナンド・イエロ|1989-2003|

マドリーに在籍した14年間で、3度のチャンピオンズリーグ優勝、127ゴールを挙げ、ディフェンスラインの要として君臨した。

●DF:ロベルト・カルロス|1996-2007|

サイドバックの歴史を変えてしまったブラジル出身の左サイドバック。通算527試合に出場し、4度のリーガ制覇、3度のチャンピオンズリーグ優勝をもたらした。爆発的なスピードとパワーを活かし、ブラジル代表としても2002年ワールドカップ優勝に貢献した。

●MF:ピッリ|1964-1980|

10度のリーガ優勝をもたらしたレジェンドは、ディフェンダー、ミッドフィルダー、そして必要であればフォワードとしてもプレーをするという超ポリバレントな選手だった。

●MF:ジネディーヌ・ジダン|2001-2006|

マジシャンのようにボールを扱い、そのプレーにはエレガントさと品格がにじみ出ていた。キャリア最後の5年間を「サンチャゴ・ベルナベウ」で過ごし、2002年のチャンピオンズリーグ決勝で見せたボレーシュートは史上最も美しいボレーであろう。選手として偉大な成功を収めた後、現在はロス・ブランコスの指揮官に就任。史上初のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げるなど、監督としてもクラブ史に名を残している。

●MF:アルフレッド・ディ・ステファノ|1953-1964|

おそらく、世界最高のクラブであるレアル・マドリーを、最も体現した男であろう。1950年代のマドリーに新風を巻き起こし、5度のヨーロッパカップ制覇の立役者となった。

●MF:フランシスコ・ヘント|1953-1971|

歴代最多となる6度のヨーロッパカップ優勝を経験。スピードとダイナミックさで、サイドを制圧した。ヨーロッパカップでは89試合に出場し、30ゴールを記録した。

●FW:クリスティアーノ・ロナウド|2008-現在|

史上最高の点取り屋の1人であり、5度のバロンドール勝者である彼を形容する言葉を見つけるのは難しい。ディ・ステファノと同様に、レアル・マドリーを体現している選手だ。9年間で421ゴールを挙げ、クラブ史上最多得点者となり、数え切れないほどの記録を打ち立てている。

●FW:ラウール|1992-2010|

「サンチャゴ・ベルナベウ」のアイコンだ。レアル・マドリーで18シーズンプレーし、3度のチャンピオンズリーグ優勝をもたらした。ピーク時には、比類ない決定力を誇り、世界最高の点取り屋の1人であった。マドリディスタの永遠のアイドルだ。

12/19(火) 12:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000007-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513729121
続きを読む

【サッカー】<パリSG>ネイマール狙うレアル・マドリーに警告「C・ロナウドがバロンドールを獲った日に...」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/19(火) 22:48:43.00 ID:CAP_USER9.net

パリ・サンジェルマンのアンテロ・エンリケSD(スポーツディレクター)は、FWネイマールを狙うレアル・マドリーに警告を発している。
今夏パリSGに加入したばかりのネイマールだが、早くも移籍報道が出始めている。ブラジル代表FWは指揮官やチームメートとの確執があるとされ、パリで不満を抱いているというのだ。

だがエンリケSDはネイマールの移籍を完全に否定している。
「ネイマールは移籍しない。彼はパリで幸せだ。お金の問題じゃない。彼は我々の考え方に共感してくれた。彼には野心があり、パリSGはその余白を埋めようとしている」

「ネイマールはパリに来てから、自身が素晴らしい選手だと証明している。彼は個人技になんて走らない。謙虚に、チームのためにプレーしている。それが一番重要なことだと思う」
マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、先日FWクリスティアーノ・ロナウドが2017年のバロンドール賞を受賞した際、ネイマールについて「マドリーならバロンドールを獲れる」と話していた。

この発言に対して、エンリケSDはペレス会長に反撃している。
「ロナウドがバロンドールを獲得した日に、他クラブの選手についてコメントするなんて...。自クラブの選手への敬意を欠いていると思うがね」

12/19(火) 22:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000024-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513691323
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ