レアル

【サッカー】レアルが234億円で18歳ムバッペ獲得に合意

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 996b-/OAu):2017/07/26(水) 17:49:08.24 ID:CAP_USER9.net


7/26(水) 17:33配信
デイリースポーツ

 サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードがモナコ(フランス)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得で基本合意に達したという。26日のスペインのマルカ紙など複数メディアが伝えている。ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍の動向など不確定要素があるものの、現状で世界最高額移籍になる可能性がある。

 情報によると、Rマドリードとモナコのクラブ間で基本合意に到達。移籍金は1億8000万ユーロ(約234億2000万円)。1億6000万ユーロに出来高2000万ユーロ、もしくは1億5000万ユーロに出来高としてプラス3000万ユーロと、詳細は明らかになっていないが、いずれにしろ昨年夏にフランス代表MFポグバ獲得に際しマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が支払った1億500万ユーロを上回ることになる。6年契約で年俸はおよそ700万ユーロ(約9億1000万円)に設定されるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000081-dal-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501058948
続きを読む

【サッカー】レアル・マドリー、ムバッペ獲得へ...移籍金最大232億円でモナコと基本合意か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 21:18:31.94 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーが、モナコFWキリアン・ムバッペ獲得に動きを見せた。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーは、移籍金最大1億8000万ユーロ(約232億円)を出すことでムバッペ獲得に際してモナコと基本合意に至った模様。固定額1億6000万ユーロ+成果報酬額2000万ユーロ、あるいは固定額1億5000万ユーロ+成果報酬額3000万ユーロの形式でマドリーは移籍金を支払う考えだとされる。

マドリーはムバッペに年俸700万ユーロ(約9億円)の6年契約を準備している。ジネディーヌ・ジダン監督に確認を取り、獲得の了承を得てから取引を成立させるようだ。

マドリーは今夏ムバッペを獲得し、1年間モナコにレンタル移籍させるプランも用意していた。だがムバッペ自身が移籍を希望していることで、その案を取り消したとみられている。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000016-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500985111
続きを読む

【サッカー】<9歳でレアル下部組織入りの中井卓大>所属するU-14でトップ下のレギュラーを確保!「スペイン人化」して成長中!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:11:44.08 ID:CAP_USER9.net

日本人の少年がレアル・マドリードのカンテラに入団――。そんなビックニュースが流れてから4年ほどの歳月が過ぎた。当時9歳だった中井卓大(たくひろ)は着実に成長を遂げ、所属するインファンティールA(U-14)でトップ下のレギュラーを確保。得点とアシストを積み重ね、スペイン『AS』紙で「マドリーの宝」と報じられるほどの活躍をみせている。

 バルセロナのカンテラで技術を磨いた久保建英(現・FC東京U-18)が注目される中、未来の日本代表で”2人の天才”が共演する姿に期待を寄せるファンも多いだろう。中井の情報が日本に入ってくる機会は少ないが、今回、当時のレアルのカンテラコーチで、中井の入団を後押ししたイニアッキベニ氏に”天才少年”の現状を聞くことができた。

 イニアッキベニ氏は、レアルのカンテラで2004年から10年間にわたってコーチを務めた人物。現在もドバイスポーツシティのサッカースクールのヘッドコーチとして、多くの有望選手を指導しているが、そんな同氏にとっても中井は特別な存在だという。

「”ピピ”(中井の愛称)は、初めて見た時からとにかくうますぎました。足元の技術が高く、どんな時でもボールを失わない。ボールを失わないということは、味方が信頼して預けられるということ。これはレアルのカンテラの中でも、非常に優れた個性です」

 中井がカンテラ入団前に在籍していた、滋賀県にあるアズーフットボールクラブ代表の嶌村寿次(しまむら ひさつぐ)氏も、イニアッキベニ氏と同様の印象を抱いていた。

「圧倒的な技術を持った子供でしたね。私の中でも”特別な選手”という印象で、特にボールを扱う技術に関しては突出していた。まさかレアル・マドリードのカンテラに入団を果たすまでの選手とは思いませんでしたが、非常に高いポテンシャルを感じました」

 レアルのカンテラに入団する際には、「若すぎる、早すぎる、前例がない」といった、周囲からの反対の声もあった。だが、中井はそんな雑音を強靭なメンタルでかき消した。優れた技術を、どのように試合で活かすか。それは、レアルの”優れた選手”を判断する基準となっている。

「いかに技術が優れていても、それを発揮できるメンタルがなければ意味がない。これは大きなポイントです。ピピは、強靭な意志と自分の長所を、しっかりとテストで披露していました。才能だけではなく、成功できるメンタリティも持ちあわせていたということです」(イニアッキベニ氏)

 中井はレアルのカンテラ入団以降、慣れない環境に苦しみながらも徐々にチームに適応していった。各カテゴリーで20名ほどの在籍しか許されない世界最高峰のカンテラでは、毎年のように半数近い選手が入退団する。その競争に勝ち残っている事実は、中井の実力と成長を語る上で明確な指標となっている。

つづく

7/13(木) 7:50配信  スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00010001-sportiva-socc

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:11:55.97 ID:CAP_USER9.net

イニアッキベニ氏から見て、最も大きな中井の変化は、「もはやスペイン人化した内面」だという。

「入団当初は、スペイン人に交じって戦うには少しハートが弱かったかもしれません。ただ、今は精神的にも肉体的にも逞(たくま)しくなり、スペイン人よりスペイン人らしいパーソナリティを持っている。世界でトップクラスのレアルというクラブで揉まれているという経験は、ピピの将来にとって必ずいい結果につながると思います」

“愛弟子”の成長に表情を緩めたイニアッキベニ氏は、最後に中井の将来について語った。

「あえて挙げるとするならば、プレースタイルはマンチェスター・シティのダビド・シルバに近いかもしれない。柔らかいボールタッチとキープ力に加えて、的確にスペースを見つける戦術眼とそこに正確にパスを通す技術を併せ持っています。しかし、ピピはピピでオリジナルな選手。誰かと比較して、こんな選手を目指してほしいということはありません。彼なりの目標を持って、しっかり成長していってほしいです」

 U-20W杯やJリーグで久保建英が強烈なインパクトを残しているように、突出した才能は年齢の枠を超えてチャンスを得ることができる。閉塞感が漂う日本サッカー界にとって、アンダー世代からの底上げは確かな光明といえる。

 かつて、「泣き虫だから」とつけられた”ピピ”というあだ名。スペインで大きな成長を遂げたマドリードの宝に、もはやその名はそぐわない。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499901104
続きを読む

【サッカー】レアル・ソシエダ、“ユナイテッドの至宝”ジャヌザイ獲得 モイーズの推薦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 21:46:18.28 ID:CAP_USER9.net

元アーセナルMFベラ同様バスクの地で再出発


レアル・ソシエダが、マンチェスター・ユナイテッドMFアドナン・ジャヌザイ獲得に迫っている。

ソシエダは移籍金1000万ユーロ(約13億円)をユナイテッドに支払うことで、ジャヌザイ獲得を決めたようだ。契約期間は2022年までになる見込みである。

ジャヌザイのソシエダ移籍に一役買ったのは、デイビッド・モイーズ監督だ。モイーズ監督はジャヌザイをユナイテッドでトップに定着させた指揮官。モイーズ監督は2014年11月から翌年11月までソシエダで指揮を執っていた。

ソシエダはジャヌザイがメキシコ代表MFカルロス・ベラのようになることを期待している。若くしてアーセナルに移籍したベラは、プレミアリーグでは輝きを放てなかったものの、ソシエダ移籍で再起に成功している。

16歳でユナイテッドの下部組織に入団したジャヌザイは、18歳でトップデビューを果たした。その後、プレミアリーグ50試合に出場して5得点を記録。現在22歳のジャヌザイに、成長の余地が残されているのは間違いないはずだ。
http://www.goal.com/jp/news/73/1/2017/07/12/37014872/1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499863578
続きを読む

【サッカー】ジダンの次男がレアルのトップチームに昇格か 第3GKとして スペイン紙報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 20:25:24.24 ID:CAP_USER9.net

ジダンの次男がレアルのトップチームに昇格か 第3GKとして スペイン紙報じる
2017.7.8(Sat)
https://www.daily.co.jp/soccer/2017/07/08/0010352727.shtml

 スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の次男ルカ(19)が第3GKとしてトップチームに昇格する可能性がある。スペインのマルカ紙が伝えている。
 同紙によると、これまで2シーズンにわたって第3GKとしての役割を務めていたジャニェスが出場機会を求めて他チームに移る見通しから、2軍チームに所属する若手を引き上げるという。
 ジダン監督にとっては長男のエンソがアラベスへレンタル移籍したばかりで、入れ替わりで弟を手元に置くことにもなり得る。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499513124
続きを読む

【サッカー】<アーセナル>仏代表FWムバッペ獲得へ! レアル・マドリードに対抗、サッカー史上最高160億円オファー準備

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 13:06:57.70 ID:CAP_USER9.net

合意寸前のラカゼットに続き、フランスの新星ムバッペ獲得に動く可能性浮上と英紙

 アーセナルはクラブ史上最高額の移籍金で、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット獲得が合意寸前に迫っていると言われている。

そんななか、さらなる大金を投じてモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得に動く可能性が浮上した。英紙「デイリー・ミラー」がサッカー史上最高額を大きく超える1億2500万ポンド(約160億円)のオファーを準備すると報じた。

 アーセナルはすでにラカゼットと合意寸前と報じられ、その移籍金は2013年にレアル・マドリードから獲得したドイツ代表MFメスト・エジルの4240万ポンド(約62億円)を超えるとされている。

 しかし、2016-17年シーズンにプレミアリーグ5位に終わり、19年間続いたUEFAチャンピオンズリーグの連続出場が途絶えたガナーズ(アーセナルの愛称)は、さらなる大型補強でフランスの超新星まで手中に収めようとしているという。

 記事によれば、アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルは今週中にもムバッペ獲得へ1億2500万ポンドのオファーを出すという。スペインの名門レアル・マドリードもフロレンティーノ・ペレス会長自ら交渉を行ったとされるが、それに対抗してサッカー史上最高額の移籍金を投じる構えだ。

父親はレギュラー入り有力なアーセナル派!?

 記事では、鍵となるのはムバッペが出場機会を得られるかどうかにかかっているとしている。同選手の父ウィルフリード氏は息子に対し、レアルへ移籍した場合はトップチームでの出場機会が限られると忠告。アーセナルであればレギュラーのファーストチョイスになれるだろうと話したという。

 今夏の移籍市場で最大の目玉とされるムバッペ。モナコ残留か、それとも新天地を求めるのか。激しい争奪戦の行方には今後も注目が集まりそうだ。

7/2(日) 12:20配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170702-00010007-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498968417
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>「ACミランの3年半で成功してたらレアルの10番いけたかもしれないですけど、逆に失敗した。挫折を味わった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/30(金) 23:25:34.97 ID:CAP_USER9.net

29日、日本テレビ「NEWS ZERO」では、「本田圭佑(31)移籍先は?・・・注目発言」として、本田に行った単独インタビューの模様を放送。アフリカ・ウガンダで行った慈善活動で、同番組の密着取材を受けた本田は、他クラブからのオファーや今後の展望について語った。

所属するACミランとの契約が6月で終了する本田は、現時点で届いているオファーを「いくつかある」としながらも、「僕が行こうと思っている、行きたい国、レベル、その国におけるチームの強さっていうところが、僕が満足できるところからのオファーはない」とキッパリ。その上で「当分、妥協するつもりはない」と言葉を続けた。

さらに、7月からフリーエージェントになる状況を「強みだと思っている」という本田。「決断の時期は、しっかり慎重に時間を取ろうと思っている」と話すも、「ミランで悔しい思いをしたのは一つの挫折だと思っている。これを次に繋げるということは色んな受け入れたくない状況も受け入れないといけない」などと決断に伴う覚悟を口にした。

また、かねてから本田は「レアル・マドリードの10番」になることを自身の夢と語っていた。だが、今回のインタビューにおいて、「明らかに終わってしまった夢」と言い切ると、この3年半を「ACミランの3年半で成功してたらレアルの10番いけたかもしれないですけど、逆に失敗したと。プロジェクトとしては挫折を味わった」と総括している。

それでも今後については、「とにかく面白い人生を歩みたい。僕にしかできない人生を歩みたい」と前置きした本田。その最後は「そういう意味では期待して貰っても裏切ることはない。僕の才能の範囲でのサプライズは常にお見せできると思います」と前向きに語っている。

2017年6月30日 15時0分 Sports Watch
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13273402/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498832734
続きを読む

【サッカー】<元レアル・マドリードDFダビド・マテオス>日本移籍熱望!今夏J入りも。190cm超えの大型センターバック

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 15:47:27.66 ID:CAP_USER9.net

Jリーグクラブにとって今夏の“掘り出し物”となるかもしれない。

 名門レアル・マドリーの下部組織で10年以上過ごし、現在はフリーとなっているスペイン人DFが日本への移籍を希望しているという。
フリーのためもちろん移籍金(移籍元クラブとの契約解除に必要な違約金)はかからない。ゼロ円で獲得できるのだ。

その選手とはダビド・マテオス。名前に聞き覚えのある人は少ないかもしれない。それもそのはず。

レアル・マドリーではトップチーム昇格こそ果たしたものの、公式戦は国内カップ戦とチャンピオンズリーグの2試合に出場したのみで、
昇格した翌年にギリシャの強豪AEKアテネに期限付き移籍。

その後、スペインのレアル・サラゴサ、ハンガリーのフェレンツバロ
アメリカのオーランド・シティとクラブを渡り歩き、今年3月にフリーとなっている。

現在マテオスは新たな所属先を探している最中だが、そこで目を付けたのが日本
実はAEKアテネ時代、現在FC東京に在籍しているオーストラリア人FWネイサン・バーンズと同僚だった。離れ離れになった今も、情報交換をする仲だという。

バーンズからJリーグの環境面の良さや過ごしやすさなど、日本の良い面を聞いたマテオスはJクラブ入りを熱望。
日本以外にも世界中にネットワークを持つマネージメント・エージェント会社である株式会社Naocastle(本社:日本、代表取締役CEO:今矢直城)に直接コンタクトをとり、
日本でプレーしたい意向を伝えたという。現在は獲得に手をあげるJクラブを待っている状態だ。

マテオスは身長191cmの大型センターバック。対人戦を得意とし、空中戦での強さも期待できる。
またアメリカなどでプレーしていた経験があるため、英語でのコミュニケーションも問題ない。年俸も高くなく、フリー選手のためクラブの財政状況によっては条件面で交渉の余地もある。

レアル・マドリーでは満足な活躍を見せられなかったマテオスだが、その他のクラブではまずまずの実績を残している。
J1昇格を目指すJ2クラブ、あるいは現在低迷しているが浮上のきっかけを掴みたいJ1クラブにとっては、貴重な戦力となりうる存在と言えるだろう。

マテオスはすぐにでも新天地に合流できるよう自主トレーニングでコンディションを維持している。果たして、今夏のJリーグ入りはあるだろうか。

6/26(月) 14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00218992-footballc-socc

写真
http://static.goal.com/122700/122702_news.jpg

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-00218992-footballc-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498459647
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ