レアル

【サッカー】レアル、ディバラ獲得に金銭+選手1人を譲渡へ その放出候補が豪華すぎる……?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 18:05:28.27 ID:CAP_USER9.net

彼らはどうしてもパウロ・ディバラを手中に収めたいようだ。スペインのレアル・マドリードがユヴェントスでプレイするアルゼンチン代表FW獲得に向けて、“大胆な計画”を企てている。

古巣パレルモから2ゴールを奪い改めてその価値を知らしめたレフティーは、2021年までとなる新契約締結が目前に迫っており、ユヴェントスで年俸700万ユーロを手にするだろうと言われている。
だが、そこに割って入ろうと企てているのが、レアル・マドリードに他ならない。
スペイン『Don Balon』によると、白い巨人はこの小柄な技巧派ストライカーを猛烈に求めており、ユヴェントスに対し破格の金銭だけでなく、所属選手を1名譲渡する覚悟があるとのこと。
曰く、その放出選手はダニーロかハメス・ロドリゲス、アルバロ・モラタ、イスコ、そしてカリム・ベンゼマの中から選ばれるのだという。

今季のセリエAで18試合出場7ゴールという戦績を残すディバラを巡っては、レアルの他にもバルセロナが関心を示しており、ユヴェントスとしては一刻も早く同選手と新契約のサインを済ませるのが賢明と言えるかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010019-theworld-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170219-00010019-theworld-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487495128
続きを読む

【サッカー】ネイマール、240億円でバルサ退団へ レアル会長が彼の本音をリークと現地メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 07:57:29.26 ID:CAP_USER9.net

夏に大金が動く?

夏が来るたびに、ネイマールの周辺は騒がしくなる。バルセロナでプレイするブラジル代表FWが、今夏の退団を視野に入れているようだ。
2013年にサントスからカタルーニャへと渡ったネイマールの電撃移籍を確信しているのは、他でもないレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長だという。
仲介者から情報を仕入れたという同会長は、ネイマールの電撃退団が今夏に実現することになると友人へ漏らしたようだ。
スペイン『Don Balon』が報じている。曰く、ネイマールは金銭面よりも野心によって退団を決意するとのことだが、レアル・マドリードは約240億円を要する同選手の獲得レースには参戦せず、パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがライバルの弱体化を成功させることに期待しているという。
これまでにも幾度か報じられてきたネイマールの移籍話だが、現在の彼はカンプノウでの美しいフットボールを心から謳歌しているようにも見える。
果たしてメガクラブによるネイマール強奪計画は奏功するのだろうか。
今後の展開に注目だ。

https://www.theworldmagazine.jp/20170216/01world/spain/112258


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487285849
続きを読む

【サッカー】スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はレアルのあの選手

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 18:29:23.76 ID:CAP_USER9.net

「世界で最も足の速いサッカー選手10名は誰か?」という特集記事を、スペイン紙『マルカ』が15日付で掲載している。

 同紙によると、この調査はパチューカ(メキシコ)が各選手のデータをまとめたもの。多くのサッカーファンが思い浮かべる選手たちはランクインしているだろうか。

 まず10位に入ったのは、イングランド代表MFウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)だ。時速31.2キロを計測している。9位には、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)がランクイン。バルセロナのエースは時速32.5キロを計測した。続く8位には、イングランド代表FWセオ・ウォルコット(アーセナル)が入った。この快足ウインガーは、時速32.7キロを記録している。7位にランクインしたのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)だ。昨年、FIFA最優秀選手とバロンドール(世界年間最優秀選手)をダブル受賞した同選手は、時速33.6キロをマークした。そして6位には、エヴァートンのイングランド人MFアーロン・レノン(エヴァートン)が時速33.8キロでランクインしている。

 5位に入ったのは、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)だ。レアル・マドリードなどビッグクラブへの移籍も噂される韋駄天ストライカーは、時速34.6キロを記録している。4位には、エクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)がランクイン。ここ数年は右サイドバックとして評価を高めている同選手は、時速35.1キロを計測した。3位に入ったのは、メキシコ代表MFユルゲン・ダム(ティグレス/メキシコ)。現在24歳の同選手は、時速35.2キロを計測している。続く2位にも、南米からランクイン。コロンビア代表FWオーランド・べリオ(フラメンゴ/ブラジル)が時速36キロをマークした。

 そして、栄えある第1位に輝いたのが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)だ。高速ドリブルが武器の同選手は、なんと時速36.9キロを計測。2位以下に大差をつけている。同選手は右足首の負傷から間もなく復帰すると伝えられており、そのスピードを再びピッチで見られる日が近づいている。

 ここに名を連ねた10選手以外にも、世界には数多くの快足選手が存在する。そんな選手たちの圧倒的なスピード感に、注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00552591-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487237363
続きを読む

【サッカー】ナダルがレアル会長に?「サッカークラブを所有する他競技のスーパースター」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 00:02:44.92 ID:CAP_USER9.net

先日、スペインが生んだテニス界のスーパースター、ラファエル・ナダルが引退後にレアル・マドリーを所有する夢を明かした。

彼の叔父ミゲル・アンヘル・ナダルはバルセロナなどでプレーした“肉体派”のサッカー選手だったが、自身はレアル・マドリーのファンであることを以前より公言している。

ナダルは、 「今話すことは夢だけど、もし尋ねられるならもちろん僕は(レアル・マドリーの)会長になりたいよ」 と語った。

http://qoly.jp/media/c51aaab0-b1aa-44cb-978f-970bd110d40a
レアルの選手と交友もあるナダル

そこで今回は、現在サッカークラブの会長を務めている“他競技のスーパースターたち”をご紹介しよう。

スティーブ・ナッシュ(元NBAプレーヤー)
2005、2006年と2年連続でシーズンMVPを受賞し、NBAが輩出した「歴代最高のポイントガード」に数えられるナッシュ。
彼の父ジョンはイングランド出身の元プロサッカー選手で、弟マーティンもカナダ代表MFとして活躍したサッカー一家であった。
2008年にMLSバンクーバー・ホワイトキャップスのオーナーの一人となり、昨年には、かつて家長昭博(現川崎)が在籍したスペイン・マジョルカの株を古巣フェニックス・サンズオーナーであるロバート・サーバーと買収し、共同オーナーに就任した。

オスカー・デ・ラ・ホーヤ(元ボクシング世界王者)
昨今、何かと話題の“メキシコ系アメリカ人”としてカリフォルニアに生まれたデ・ラ・ホーヤ。バルセロナ五輪のライト級で金メダルを獲得すると、プロでは史上初となる6階級制覇を成し遂げ、「ゴールデンボーイ」の異名で知られた。
そんな彼は2008年2月、MLSヒューストン・ディナモの株式25%を自身が関連するグループとともに取得。その後、ダイナモのクラブロゴが入ったパンツを履いて(写真左下)スティーブ・フォーブスと戦った。
http://qoly.jp/media/23dad5f1-ad87-47ad-8ed4-bde87d84ad48

サチン・テンドルカール(元クリケット選手)
プロ野球が盛んな日本ではあまり知名度の高くないクリケットだが、人口10億人を超えるインドでは絶大な人気を誇る。
そんな同競技の“神”などと崇められたスーパースターがサチン・テンドルカールで、彼の年収は引退前でも20億円を超えていたのだとか。
彼は現在、2014年に発足したインド・スーパーリーグのケーララ・ブラスターズで共同オーナーを務めている(同リーグに参加するチェンナイ、アトレティコ・コルカタ、FCゴアの3クラブも、クリケット選手がオーナーとなっている)。
その他、MLSニューヨーク・シティの株式をMLBニューヨーク・ヤンキースが一部保有しており、同じくMLSのDCユナイテッドは日本生まれの実業家で、ラグビー出身のウィル・チャン氏らがオーナーを務めている。
やはり、サッカーがスポーツ界の頂点に立っていない国のほうがこうした例は多いようだ。

http://qoly.jp/2017/02/10/rafael-nadal-would-want-to-be-real-madrid-president-hys-1?part=4


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486738964
続きを読む

【サッカー】テニス界の英雄ナダルがサッカー界への転身を示唆「レアル・マドリーの会長になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/08(水) 12:50:20.43 ID:CAP_USER9.net

テニスで過去14度のグランドスラムを制覇したラファエル・ナダルが、将来的にレアル・マドリーの会長になりたいと発言し、欧州メディアで話題を集めている。スペインの『エル・ムンド』が報じた。

ナダルは「もし、レアル・マドリーの会長を任されるとしたら、僕は自ら進んで会長職に就きたいね」と語っている。

「今のマドリーについても、(フロレンティーノ)ペレス会長は素晴らしい仕事ぶりをしていると思う。マドリーに影響力のある会長が必要かどうかは分からないけど、あの会長職は名誉なこと。将来、何が起こるか分からない」

ナダルといえば叔父がかつてバルセロナやマジョルカでプレーしたミゲル・アンヘル・ナダル。しかし、甥のラファエルはレアル・マドリーの熱心なファンとして知られ、過去にサンティアゴ・ベルナベウで試合を観戦したり、クリスティアーノ・ロナウドやイケル・カシージャス、ラウール・ゴンサレスと親交があることでも有名。

今年1月に行われたテニスのグランドスラム、全豪オープンではロジャー・フェデラーに決勝で敗れて準優勝に終わったものの、まだまだトップクラスのプレーヤーであることを証明した30歳のナダル。先々テニス界から引退した場合、サッカー界へ転身する可能性も十分にありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00010005-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486525820
続きを読む

【サッカー】<浦和レッズMF柏木陽介>「クラブW杯を見て腹が立った」「なにしとんねん、レアル。ぶち負かせよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 16:30:08.70 ID:CAP_USER9.net

思えば、浦和レッズの2016年シーズンは、不意に終わりを迎えたのではなかったか。

2ステージ制だった昨季のJ1。ファーストステージでは3位に終わった浦和だったが、セカンドステージで優勝を果たし、
Jリーグチャンピオンシップ出場を決定。と同時に、年間勝ち点でも1位となり、チャンピオンシップでの“第1シード“を獲得した。

意気揚々と決戦に挑んだ浦和は、鹿島アントラーズとの対戦となったチャンピオンシップ決勝第1戦でも1-0と勝利。
第2戦は引き分けでも年間優勝が決まるとあって、浦和は2006年以来となる覇権をほぼ手中に収めたかに思われた。

J1優勝を果たした先には、FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリード(スペイン)をはじめとする世界の列強との対戦も待っている。
厳しくも楽しみな戦いはまだまだ続く。当然、浦和の選手たちにはそんな思いもあっただろう。

ところが、だ。ホーム・埼玉スタジアムでの第2戦、前半早々に先制点を奪った浦和は、その後受け身に回り、2点を失って逆転負け。
アウェーゴールの差で鹿島に優勝をさらわれてしまう。

もちろん、クラブW杯への出場権もまた、鹿島の手に渡った。すでに天皇杯は、チャンピオンシップを前に4回戦で敗退していた浦和に、
気持ちを切り替えて向かう舞台は残されておらず、突然にしてシーズンの幕が下ろされたのである。

「クラブW杯を見るのは、ちょっと悔しかったっていうのは正直あった。そこで(鹿島が)結構結果が出たっていうのが何か腹立って
『なにしとんねん、レアル。ぶち負かせよ』と思ったけど(笑)」

2カ月ほど前の出来事を振り返り、そう語ったのは浦和の背番号10、MF柏木陽介である。
冗談めかし、笑いにくるまれて発せられたその言葉は、しかし、偽らざる彼の本心だったに違いない。

年間勝ち点1位になった時点で、普通のリーグ戦なら文句なしの優勝だった。ところが、チャンピオンシップという制度により、浦和はタイトルを失った。
しかも、自分たちから優勝を奪っていった相手が檜舞台でスポットライトを浴び、世界を相手に堂々たる戦いを繰り広げている。これが悔しくなかったはずはない。

だが、その一方で柏木は、優勝をさらわれたライバルが不気味な強さを発揮し始めていること――
それはすなわち、クラブW杯で躍進する予兆めいたものでもあったわけだが――に気づいてもいた。

「鹿島がどんどん強くなっていっているのは感じていた。オレらとの試合のなかでも強くなったなって、やりながら感じていたから。
(鹿島は)セカンドステージは全然やったけど、(チャンピオンシップでは)なんか強いときの鹿島やなっていうか......。
そういう勝負強さとか、チームとしての(一発勝負への)持っていき方とかはうまいなって思う。そこらへんは自分たちも意識せなあかんなと思った」

鹿島に敗れ、突然のシーズン終了を迎えてからは、柏木は努めて気持ちを切り替えることで、受け入れがたい結果を消化しようとしたという。
「もうなんか、年間勝ち点1位っていうことだけを......、自分のなかでそういうふうにした感じ。オレらは年間通して1位だったと」

だからこそ、柏木は昨季優勝できなかった「悔しさをバネに」ではなく、自分たちは勝ち点トップだったという「自信を胸に」新たなシーズンへと向かうと決めた。
「(年間勝ち点1位の)自信と、あとは久しぶりに休めるなって思うようにした。シンプルに、神様から休みをいただいたと。そういう気持ちを持ってオフに入ったかな」

webスポルティーバ 2/4(土) 17:30配信   全文はこちら
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00010002-sportiva-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170204-00010002-sportiva-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486279808
続きを読む

【サッカー】レアル、73億円以上のオファーでモラタ放出か…選手は出場機会に不満

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 17:15:51.79 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリードが、オファー次第ではスペイン代表FWアルバロ・モラタの売却を認めるようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が26日付で伝えている。

 以前から出場機会への不満が伝えられ、移籍が噂されていたモラタ。アーセナルなどからの関心が伝えられていたが、同紙の報道によると、レアル・マドリードは適正価格のオファーであれば同選手を放出するという。そして、同クラブがその価格として移籍金を6000万ユーロ(約73億円)に設定していることも併せて報じた。

 同紙は、アーセナルに加えてチェルシーもモラタの動向を注視していると伝えている。昨夏にレアル・マドリード復帰を果たしたばかりのモラタだが、わずか半年で再び同クラブを去ることになるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00546517-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485504951
続きを読む

【サッカー】レヴァンドフスキ、今後も移籍を考えず「自分にとってレアルやバルサはステップアップではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 21:44:01.80 ID:CAP_USER9.net

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがドイツ誌『シュポルト・ビルト』の独占インタビューに応え、スカッドや自身の契約について語っている。

バイエルンは今シーズン、カルロ・アンチェロッティ監督の元で新たな冒険をスタートした。アンチェロッティ監督は多くの選手を使うことなく、スカッドを最小限にとどめ、継続的に出場機会を得ているのは18、9人だ。こういった“スモール・スカッド”に不安はないか?と問われたレヴァンドフスキは「何も14人しかいないわけじゃない」と答え、以下のように続けている。

「スカッドのサイズは完璧で、タイトルを狙うにあたって大きな強みだとすら思うよ。選手の数は正しい。すべての選手が次の11人に入れると考え、練習でモチベーションを維持できるからね」

「選手層が厚すぎるというのは間違っていると思う。チームスピリットを培うのが難しくなるからね」

また、レヴァンドフスキは昨年12月にバイエルンとの契約を延長。将来的な移籍についても考慮していないことを示唆している。

「バイエルンはレアル・マドリーやバルセロナと同格で、世界最高のクラブだ。僕にとってバルサやレアルへの移籍はタイトルを獲得する上でステップアップだとは思わない。ミュンヘンでとても快適に過ごしているからね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000030-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485348241
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ