バルセロナ

【サッカー】レスター、奇跡のおとぎ話“第2章”の幕開けか…“バルセロナよ、かかってこい”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 17:50:47.44 ID:CAP_USER9.net

“Let slip the dogs of war (戦いの火蓋を切れ)!”。

これは英国の詩人、シェイクスピアの名言を用いてレスター・シティのサポーターがセビージャ戦で
自軍の選手たちに送ったメッセージだ。
昨シーズンの素晴らしい日々を含めても、おそらくこの試合はレスターのクラブ史上において最も重要な一戦であった。
そして選手たちは見事に任務を遂行した。

レスターのクレイグ・シェイクスピア監督はファーストレグの敗戦(1-2)を受け、自分たちの状況をよく理解していた。
得点を取りに行かなければならないこと、2015-16シーズンに大喝采を受けた
カウンター主体のスタイルに回帰する必要があること……。
指揮官は選手たちによく言い聞かせてからピッチへ送り出したようだった。
そのことはクラウディオ・ラニエリ前監督の下で停滞し、不調を囲ったチームの姿がピッチ上で一切見られなかったことを見ても明らかだろう。

■再現された“おとぎ話の雰囲気”

事実として、セビージャは調子を落としていた。リーガ・エスパニョーラで勝ち点を落とすことが多くなり、
サンチェス・ピスファンで行われたファーストレグでもレスターを沈めきれなかった。
もっとも、彼らの動きが鈍かった要因はそれだけではなかった。

サポーターが誇り高き王者を後押ししたのだ。

レスターサポーターが作り出した雰囲気は圧巻だった。
あまりに大きなノイズや拍手がスタジアムを包み、選手の背中を押した。
一方で敵チームを萎縮させ、殻に閉じこもらせた。
昨シーズン、プレミアリーグで優勝を成し遂げて以降、感じることができなかった雰囲気が
キングパワー・スタジアムに戻ってきたのだ。

“おとぎ話の再現”は、空気感だけにとどまらなかった。
ピッチ上ではジェイミー・バーディーや岡崎慎司が前線からの執拗なチェイシングや
プレッシングでセビージャのミスを誘い、粘り強いプレーからもたらされたフリーキックから先制点を手にした。
ペナルティーボックス角付近からリヤド・マフレズが高精度のクロスボールをゴール前に放り込み、
ウェズ・モーガンが押し込んで見せたのだ。彼が狙ってシュートを放ったかは定かではない。
偶然、たまたま体に当たったボールがゴールへ転がっていったようにも見えた。

だが、どちらにしても事実は変わらない。レスターは1点を手にし、キングパワー・スタジアムは興奮のるつぼと化した。
その事実さえあれば、他のことなどどうでもよかった。


■レスターが示した主人公になれる資質

スコアの上では先制ゴールだけで次のラウンドへ進むのに十分だった。
しかし、この日のレスターは昨シーズンのプレミアリーグを制したチャンピオンチームだった。
前線からかけるプレスが止まることはなく、攻撃が何度も執拗に繰り出されることを“奇跡の目撃者”である我々はよく知っている。
60分に生まれたマーク・オルブライトンによる追加点は、キックオフから60分間、
レスターが試合を支配したことに対する報いのようなものだった。

そして、サミル・ナスリは自滅したように退場へ追い込まれた。
セビージャのフラストレーションを象徴するような出来事だった。
そういう意味では、彼も被害者の一人だったのかもしれない。

ただし、優れた劇には終盤にひと波乱が訪れるものだ。そう、まさにシェイクスピアの劇のように。
この試合も例外ではなかった。

ここまで何度もレスターのヒーローとなってきたカスパー・シュマイケルがペナルティーエリア内で
ビトロを倒してしまったのだ。その刹那、スタジアムは静まり返った。
もちろん、レスターにとって完全に予期せぬ事態だった。
試合前に選手たちへ渡された脚本に書かれていたことではなかったに違いない。

しかし、ヒーローはピンチを乗り越えるものである。
物語の主人公になる資質を持った者は、どんな困難が訪れても膝をついたり立ち止まったりはしないのだ。

そういう意味で、この日のレスターは主人公であり、シュマイケルはヒーローだった。
彼は完璧にPKをストップし、スタンドに訪れていた父ピーターを喜ばせた。
ただならぬ雰囲気に包まれていたスタジアムが、最大級の喝采で満たされた瞬間でもあった。

2 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 17:50:55.06 ID:CAP_USER9.net

レスターの快進撃は終わることなく、彼らの人生で一度きりだと思われたおとぎ話は“第2章”と銘打ち、
これからも書き続けられることとなった。
セビージャ戦で見せたように、彼らの独特なスタイルはヨーロッパのどのクラブを相手にしても戦える。
ベスト8に残るクラブはどこもレスターよりはるかに大きな資金力を持ち、強力なスカッドを揃えている。
だが、今のチームはいかなる不利な予想さえ、覆すことができそうだ。

レスター市内中心部の街角の壁には、“バルセロナよ、かかってこい”という言葉が書かれている。
彼らは昨シーズン、イングランドの強豪クラブを相手に戦えることを証明した。
そしてセビージャ戦で、ヨーロッパの強豪クラブをも飲み込む力があることを示した。

クラブ史上最高の夜を迎えた後、CL史上最高の番狂わせを起こせないと誰が言えるだろうか。
バルセロナすら恐れぬプレミア王者の冒険は、まだまだ続いていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000010-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489654247
続きを読む

【サッカー】ニースのバロテッリが衝撃告白「10年前、バルセロナに加入するはずだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 18:02:08.61 ID:CAP_USER9.net

ニースのFWマリオ・バロテッリが以前、バルセロナに加入する可能性があったことを、
フランスのラジオ放送『ラディオ・モンテ・カルロ』のインタビューで明らかにした。

現在26歳のバロテッリは今シーズン、問題行動がたまに見受けられるものの、
リーグ・アンでは16試合に出場し10得点を挙げるなど好調だ。

バロテッリは自身のキャリアにおいてこれまで、インテルやミラン、マンチェスター・シティ、
リヴァプールなど、プレミアリーグやセリエAのビッグクラブでプレーした経験がある。

しかし既に10年ほど前には、FWリオネル・メッシら世界最高峰の選手が数多く所属する
スペインの強豪バルセロナに加入する可能性があったことを告白している。

「15歳のとき、半年ほどバルセロナにいたことがある。
当時オレが所属していたルメッツァーネは(バルセロナに対し)高額な移籍金を要求したんだ。
オレはバルセロナに行きたかったけど、まだ契約が残っていて、結局インテルへ移籍することになった」

バロテッリは当時の状況を回想し、自分が所属していた地元クラブとバルセロナの間で
金銭面での折り合いがつかず、移籍が破談となっていたことを明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000018-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489741328
続きを読む

【サッカー】<UEFA-CL>バルセロナvsパリSGの再戦を求める署名が20万人を超える!一般人が呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 23:54:32.10 ID:CAP_USER9.net

サッカー史に残る伝説の一戦として記憶されそうなバルセロナvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、再試合となるかもしれない。

バルセロナはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でPSGと激突。ファーストレグを敵地で0-4と大敗しながら、ホームのカンプ・ノウで6-1と勝利し、史上最大の逆転劇を演じてみせた。

しかし、一方でセカンドレグを裁いた主審のデニス・アイテキン氏には少なくない批判が集まっている。ホームチームに2つのPKを与えた一方で、PSGのためにペナルティースポットを指差すことはなかった。

PSGファンの一人であるルイス・メレンド・オルメドさんはカンプ・ノウでのスリリングでの戦いが再び行われることを求めているという。

「主審の判定はPSGにとってあまりに不利で、大きなダメージを与えました。だからこそ、再戦されなければならないと思っています」

オルメドさんは、『Change.org』というキャンペーンを立ち上げる、もしくは署名を集めることができるサイトで、再戦を呼びかける請願を投稿。すでに20万人がオルメドさんの意見に賛同している。いずれにしろ、今後UEFA(欧州サッカー連盟)はこういった意見や活動を無視できなくなるかもしれない。

GOAL 3/13(月) 19:38配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000020-goal-socc

◇動画スカパー公式ハイライト

第1戦
https://youtu.be/klOhkpG7W_A

第2戦
https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4

【サッカー】<UEFA-CL>バルセロナのPK・先制点・ハンド見逃しなど”問題点”…英紙が審判の判定を分析!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489122138/

【サッカー】<UEFA-CL>バルセロナの快挙を伝える欧州各国新聞紙の一面!「レジェンド」「カンプ・ノウの奇跡」「歴史的偉業」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489103730/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489416872
続きを読む

【サッカー】<UEFA-CL>バルセロナのPK・先制点・ハンド見逃しなど”問題点”…英紙が審判の判定を分析!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/10(金) 14:02:18.34 ID:CAP_USER9.net

現地時間7日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、バルセロナはホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し6-1の勝利をおさめた。歴史的な大逆転劇で幕を閉じた試合だが、その余韻もつかの間、英メディア『ユーロスポーツ』が試合の分析を始めている。

 同メディアはタイトルに「スアレスダイブ? マスチェラーノハンド? 審判の判定に対する我々の評決」とつけて、いくつかの問題点を挙げた。まず、試合開始して3分にバルセロナのルイス・スアレスが先制点を決めたシーンについては、オフサイドポジションにいたとして「オフサイドだった」と結論付けている。

 また、ハビエル・マスチェラーノがクロスボールをブロックした際にボールが明らかに手に当たっていたとして「ハンドだった」と指摘した。本来であればPSGがPKのチャンスを獲得していたという。

 そして、ネイマールが自ら仕掛けてPKを獲得したシーンについては、PSGのディフェンダーが頭で引っ掛けるようにしていたとして「正しい判定だった」と主張している。67分にスアレスがペナルティエリア内で倒れてイエローカードを提示されたシーンに関しても「正しい判定だった」とした。

 一方で、後半終盤にスアレスが倒されてPKとなったシーンに関しては「間違いだった」と指摘した。すでに1度スアレスがダイブしてイエローカードを提示されていたことが、審判の判断を狂わせた可能性があるという。また、後半アディショナルタイムが5分あったことに関しては「正しかった」と結論付けている。結果的にバルセロナが6-1の勝利をおさめたが、審判の判定一つで全く違う結果になっていたかもしれない。

フットボールチャンネル 3/10(金) 13:51
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00010020-footballc-socc

◇動画スカパー公式ハイライト

第1戦
https://youtu.be/klOhkpG7W_A

第2戦
https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4

AbemaTVサッカーチャンネル
https://abema.tv/now-on-air/soccer

番組表
https://abema.tv/timetable/channels/soccer

3月12日(日)20:00 ? 23:00
BarcaTVバルセロナ vs パリSG(UEFA チャンピオンズリーグ)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489122138
続きを読む

【サッカー】<バルセロナのルイス・エンリケ監督>奇跡の大逆転勝利に「ホラー映画の筋書きのようだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/09(木) 14:54:08.68 ID:CAP_USER9.net

バルセロナを指揮するルイス・エンリケ監督が、8日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマンで起こった“奇跡”を振り返った。

バルセロナはファーストレグを0-4で落とし、ベスト8進出は絶望的だと見られていた。しかし、カンプ・ノウで行われたセカンドレグで奇跡を起こした。ルイス・スアレスのゴールで先制点を奪取したのを皮切りに、次々にゴールネットを揺らした。

62分にエディンソン・カバーニにアウェーゴールを決められて万事休すかと思われたが、試合終了間際にネイマールが2ゴールを、そしてセルジ・ロベルトが“決勝点”を決めて大逆転勝利を果たした。

試合後、L・エンリケ監督は「ホラー映画の筋書きのようだった。サスペンスではなくホラーだ」と、この世の出来事とは思えないといった感想を語った。

「素晴らしいスタートを切ることができたし、カンプ・ノウの雰囲気も過去にあまり見たことがないほどのものだった。今日よりテンションの高い試合は1試合しか思い出せない。選手だった時のことだ。今日は選手たちの姿勢を見ることができた。いつもスペクタクルな戦いだが、今日の彼らは最大限のリスクを冒した。あれ以上は不可能だ。わずかな人数だけで守っていた。信じたことがもたらした勝利だった」

GOAL 3/9(木) 11:46配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000005-goal-socc

◇動画スカパー公式ハイライト

第1戦
https://youtu.be/klOhkpG7W_A

第2戦
https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4

【サッカー】バルセロナ、CL史上初の4点差跳ね返す大逆転突破!ホームでPK2発などでパリSGに6発大勝★3
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489022287/

【サッカー】<UEFA-CL>パリSG、ショッキングな敗北!監督は判定に疑問を呈すも、オーナーは「それを言い訳にはしない」©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489029895/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489038848
続きを読む

【サッカー】長友「バルセロナ。奇跡ってまじ起こるんやな。鳥肌たったわ。」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/03/09(木) 10:21:23.18 ID:CAP_USER9.net

サッカー史に残る大逆転劇となったこの試合。Twitter上では様々なフットボーラーや関係者が興奮の様子を綴っていた。その反応を見ていこう。

長友 佑都(インテル)
バルセロナ。
奇跡ってまじ起こるんやな。
鳥肌たったわ。

酒井 高徳(ハンブルガーSV)
やばい…凄すぎ… Unglaublich...Team Spirit... #championsleague #barcelona #paris #amazing #this #is #why #we #love #football

岩渕 真奈(バイエルン・レディース)
バルセロナ??????

田中 順也(ヴィッセル神戸)
バルサまじか。。

菅原 慎吾(J SPORTSプロデューサー)
6x1
https://pbs.twimg.com/media/C6bWUVbWcBYCs9r.jpg


この試合をカンプ・ノウで見ていた日本人が、『J SPORTS』の菅原慎吾氏。「Foot!」でもお馴染みのプロデューサーだ。

以下ソース
http://qoly.jp/2017/03/09/barcelona-twitter-20170309-kwm-1?part=2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489022483
続きを読む

【サッカー】<UEFA-CL>DFセルヒオ・ラモスはバルセロナへの思いを隠さず!「敗退してくれたらよく眠れる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 23:11:44.68 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーのキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、ライバルへの強い憎しみとも言える思いを隠すことはない。

レアル・マドリーは7日、決勝トーナメント1回戦2ndレグでナポリと対戦。3-1と逆転勝利し、合計スコア6-2でベスト8進出を決めた。S・ラモスは試合後、8日に運命の一戦を控えるバルセロナについて意見を述べた。

「バルセロナが敗退してくれたら、ハッピーだろうね。いつもよりよく眠れることだろう」

1stレグをアウェイで0-4と落としているバルセロナ。強豪パリ・サンジェルマンの前に、ベスト16での敗退が濃厚となっているが、バルセロナはラモスの喜ぶ姿を見ずに切り抜けることはできるのだろうか。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=269911


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488982304
続きを読む

【サッカー】<バルセロナのルイス・エンリケ監督>今季限りでの退任を発表!「忘れられない3年間」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 10:54:36.82 ID:CAP_USER9.net

バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が1日、今シーズン限りでの退任を発表した。クラブ公式ツイッターが伝えた。

 バルセロナは同日、リーガ・エスパニョーラ第25節でスポルティング・ヒホンと対戦し、6-1で勝利。試合終了後にエンリケ監督が退任を発表した。

 スペイン語版ツイッターによると、同監督は「私を信頼してくれたクラブに感謝したい。忘れられない3年間だった」とコメントしている。

 また、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは「彼はまず決断をチームに伝えてくれた。残りの試合を楽しみ、このシーズンを成功で終えたい」と語り、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「我々はルイス・エンリケの決断を受け入れた。彼は偉大な監督だった。彼の就任期間を最高の形で終えるときだ」と話している。

 エンリケ監督は2014年夏に、現役時代にもプレーしたバルセロナの指揮官に就任。1年目にリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)の3冠を達成し、昨シーズンはリーガとコパ・デル・レイの国内2冠を成し遂げていた。2015年のCL優勝直後にクラブとの契約を2017年まで延ばしたが、来シーズン以降の契約延長はせず、今シーズンの契約満了をもって退団することとなった。

SOCCER KING 3/2(木) 6:18配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00557710-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488419676
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ