トッテナム

【サッカー】不振のトッテナム、敵地でブライトンに0-3完敗…19歳の伏兵に2得点を許す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/10/05(土) 22:41:35.83 ID:2p/dLuy69.net

 プレミアリーグ第8節が行われ、ブライトンとトッテナムが対戦した。

 チャンピオンズリーググループステージ第2節でバイエルンに屈辱の7失点を喫するなど公式戦ここ5試合でわずか1勝と苦しむトッテナム。ムサ・シソコを右のサイドバックとして起用するなどマウリシオ・ポチェッティーノ監督の苦悩ぶりが窺える。

 先制したのはホームのブライトン。3分、左サイドでパスカル・グロスがボールを受けると、キックフェイントで右足に持ち替えてから中央へ浮き球のパスを送る。ゴール方向へ直接飛んだボールをGKウーゴ・ロリスが慌ててキャッチしようとしたが失敗、詰めていたニール・モペイが押し込んだ。さらにこのシーンで着地に失敗したロリスは左腕を負傷し、交代を余儀なくされた。

 悪夢の幕開けとなったトッテナムはブライトンのプレスに苦しみなかなかチャンスを生み出せない。すると32分、ダン・バーンが素早いスローインを見せると、アーロン・ムーイとのワンツーからゴール前へクロス。巧みに合わせたアーロン・コノリーのシュートは1度は防がれたものの、こぼれ球を再びコノリーが詰めて追加点を奪った。トッテナムは人員が定まらない右サイドから2点を失う形となってしまった。

 トッテナムは後半開始とともにハリー・ウィンクスをタンギ・エンドンベレとの交代で投入した。しかしブライトンも中盤の2枚がフィルターとして機能し、ポゼッションをトッテナムへ譲らない。ブライトンペースでゲームが進む。

 65分、ルイス・ダンクのロングパスから左サイドのスペースにコノリーが抜け出す。トビー・アルデルヴァイレルトと対峙したコノリーは巧みな仕掛けからシュートコースを作り出すと、右足を振り抜いてファーサイドのネットを揺らした。

 その後ルーカス・モウラがゴール前に迫るシーンもあったが得点を挙げることはできず。プレミア初先発の19歳コノリーの活躍でブライトンがトッテナムを3-0で下した。

【スコア】
ブライトン 3ー0 トッテナム

【得点者】
3分 1-0 ニール・モペイ(ブライトン)
32分 2-0 アーロン・コノリー(ブライトン)
65分 3-0 アーロン・コノリー(ブライトン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00986601-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570282895
続きを読む

【サッカー】<屈辱の7失点大敗!>バイエルンに打ちのめされたトッテナムの面々の反応は?「恥ずかしい」「このうえなく傷ついている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/02(水) 22:38:54.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

【動画】大量7失点…。トッテナムがバイエルンに打ちのめされたハイライトはこちら


 現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

 英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

 それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
 そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

 さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

 グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

10/2(水) 18:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064817-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191002-00064817-sdigestw-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570023534
続きを読む

【サッカー】UEFA-CL第2節 レアル×クラブ・ブルージュ、トッテナム×バイエルン、ユベントス×レバークーゼン等

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/10/02(水) 05:59:54.50 ID:Q9w/5xsB9.net

グループA
レアル・マドリード 2-2 クラブ・ブルージュ
[得点者]
エマニュエル・デニス(前半10分)(クラブ・ブルージュ)
エマニュエル・デニス(前半39分)(クラブ・ブルージュ)
セルヒオ・ラモス  (後半10分)(レアル・マドリード)
カゼミーロ     (後半40分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083084


ガラタサライ 0-1 パリ・サンジェルマン
[得点者]
マウロ・イカルディ(後半7分)(PSG)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083085

※長友佑都先発出場 後半33分で交代



グループB
トッテナム 2-7 バイエルン
[得点者]
ソン・フンミン      (前半12分)(トッテナム)
ヨシュア・キミヒ     (前半15分)(バイエルン)
ハリー・ケイン      (後半16分)(トッテナム)PK
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半45分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半08分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半10分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半38分)(バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半42分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半43分)(バイエルン)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083096


レッドスター・ベオグラード 3-1 オリンピアコス
[得点者]
ルーベン・セメド   (前半37分)(オリンピアコス)
ミロシュ・ヴリッチ  (後半17分)(レッドスター)
ネマンヤ・ミルノビッチ(後半42分)(レッドスター)
リッチモンド・ボアキエ(後半45分)(レッドスター)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083097


グループC
アタランタ 1-2 シャフタール
[得点者]
ドゥヴァン・ゼパタ  (前半28分)(アタランタ)
モラエス・ジュニオール(前半41分)(シャフタール)
マノル・ソロモン   (後半50分)(シャフタール)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083108


マンチェスター・シティ 2-0 ディナモ・ザグレブ
[得点者]
ラヒム・スターリング(後半21分)(マンC)
フィル・フォーデン (後半50分)(マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083109


グループD
ユベントス 3-0 レバークーゼン
[得点者]
ゴンサロ・イグアイン   (前半17分)(ユベントス)
フェデリコ・ベルナルデスキ(後半17分)(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(後半44分)(ユベントス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083120


ロコモティヴ・モスクワ 2-0 アトレティコ・マドリード
[得点者]
ジョアン・フェリックス(後半03分)(アトレティコ)
トーマス       (後半13分)(アトレティコ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083121

UEFA-CL
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

15 名前:久太郎 ★:2019/10/02(水) 06:01:46.49 ID:Q9w/5xsB9.net

>>1
バイエルンが怒涛の7発ゴールショー!! ニャブリ4発、トッテナム粉砕でCL連勝

[10.1 欧州CLグループB第2節 トッテナム2-7バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は1日、グループリーグ第2節を各地で行い、トッテナム(イングランド)はホームでバイエルン(ドイツ)と対戦した。MFセルジュ・ニャブリが4ゴール、FWロベルト・レワンドフスキが2ゴールとバイエルンの攻撃力が爆発し、7-2で逆転勝利。2連勝でB組首位を守った。

 トッテナムはMFタンギ・エンドンベレの絶妙な縦パスに抜け出す形でFWソン・フンミンが決定的なシュートを連発するが、GKウーゴ・ロリスがゴールを阻む。それでも前半12分、3度目のチャンスを仕留め、トッテナムが先制に成功した。

 MFデレ・アリの鋭いプレスでDFニクラス・ズーレのパスが乱れると、こぼれ球をおさめたMFムサ・シソコがスルーパスを通し、背後に抜け出したソン・フンミンが右足シュート。好反応を見せたロリスが手に当てたが、シュートの威力が上回り、ゴールマウスに吸い込まれた。

 1点を追うバイエルンは反攻に出ると、すぐさま試合を振り出しに戻した。15分、こぼれ球に反応したDFヨシュア・キミッヒが切り返して相手をかわし、PA右手前の位置から右足を一閃。回転のかかったミドルシュートをゴール左下隅に沈めた。1-1のまま時間が経過したが、次の一点を奪ったのもバイエルンだった。

 前半45分、右サイド深い位置からDFベンジャマン・パヴァールがスローインを入れ、PA右を突破したレワンドフスキがクロス。これは相手にクリアされたが、こぼれ球に反応したレワンドフスキがアーク内に持ち出すと、鋭いターンから右足ミドルをゴール右下隅に突き刺した。

 前半終了間際に試合をひっくり返したバイエルン。後半開始と同時に最初のカードを切り、DFダヴィド・アラバを下げてDFチアゴ・アルカンタラを投入。トッテナムの反撃を振り切り、バイエルンが攻撃を畳み掛けた。

 後半8分、パヴァールとワンツーの形で左サイドを突破したニャブリがDFセルジュ・オーリエのスライディングをかわしてエリア内に侵入。鋭いカットインから右足の弾丸ショットを放ち、ファーポストに突き刺した。

 3-1にリードを広げたバイエルンは相手の隙を突き、勝負を決めにいく。後半10分、高い位置でアンカーのMFハリー・ウィンクスに寄せたMFコランタン・トリッソがボールを奪い返す。ショートカウンターを発動し、縦に持ち出したトリッソが斜めにスルーパス。ニャブリは左足ダイレクトで押し込み、ドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 トッテナムは後半16分、FWハリー・ケインがPKで追撃弾を奪ったが、反撃もここまで。後半37分、チアゴのロングフィードで背後に抜け出したニャブリがGKとの1対1を制し、ハットトリックを達成。さらにレワンドフスキ、ニャブリがゴールを陥れ、ゴールショーを締めくくった。終盤崩れたトッテナムは2-7で敗れ、1分1敗と今季CL初勝利は持ち越しとなった。第3節は22日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-43472266-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569963594
続きを読む

【サッカー】不振のトッテナム、敵地でブライトンに0-3完敗…19歳の伏兵に2得点を許す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/10/05(土) 22:41:35.83 ID:2p/dLuy69.net

 プレミアリーグ第8節が行われ、ブライトンとトッテナムが対戦した。

 チャンピオンズリーググループステージ第2節でバイエルンに屈辱の7失点を喫するなど公式戦ここ5試合でわずか1勝と苦しむトッテナム。ムサ・シソコを右のサイドバックとして起用するなどマウリシオ・ポチェッティーノ監督の苦悩ぶりが窺える。

 先制したのはホームのブライトン。3分、左サイドでパスカル・グロスがボールを受けると、キックフェイントで右足に持ち替えてから中央へ浮き球のパスを送る。ゴール方向へ直接飛んだボールをGKウーゴ・ロリスが慌ててキャッチしようとしたが失敗、詰めていたニール・モペイが押し込んだ。さらにこのシーンで着地に失敗したロリスは左腕を負傷し、交代を余儀なくされた。

 悪夢の幕開けとなったトッテナムはブライトンのプレスに苦しみなかなかチャンスを生み出せない。すると32分、ダン・バーンが素早いスローインを見せると、アーロン・ムーイとのワンツーからゴール前へクロス。巧みに合わせたアーロン・コノリーのシュートは1度は防がれたものの、こぼれ球を再びコノリーが詰めて追加点を奪った。トッテナムは人員が定まらない右サイドから2点を失う形となってしまった。

 トッテナムは後半開始とともにハリー・ウィンクスをタンギ・エンドンベレとの交代で投入した。しかしブライトンも中盤の2枚がフィルターとして機能し、ポゼッションをトッテナムへ譲らない。ブライトンペースでゲームが進む。

 65分、ルイス・ダンクのロングパスから左サイドのスペースにコノリーが抜け出す。トビー・アルデルヴァイレルトと対峙したコノリーは巧みな仕掛けからシュートコースを作り出すと、右足を振り抜いてファーサイドのネットを揺らした。

 その後ルーカス・モウラがゴール前に迫るシーンもあったが得点を挙げることはできず。プレミア初先発の19歳コノリーの活躍でブライトンがトッテナムを3-0で下した。

【スコア】
ブライトン 3ー0 トッテナム

【得点者】
3分 1-0 ニール・モペイ(ブライトン)
32分 2-0 アーロン・コノリー(ブライトン)
65分 3-0 アーロン・コノリー(ブライトン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00986601-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570282895
続きを読む

【サッカー】<屈辱の7失点大敗!>バイエルンに打ちのめされたトッテナムの面々の反応は?「恥ずかしい」「このうえなく傷ついている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/02(水) 22:38:54.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

【動画】大量7失点…。トッテナムがバイエルンに打ちのめされたハイライトはこちら


 現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

 英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

 それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
 そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

 さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

 グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

10/2(水) 18:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064817-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191002-00064817-sdigestw-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570023534
続きを読む

【サッカー】UEFA-CL第2節 レアル×クラブ・ブルージュ、トッテナム×バイエルン、ユベントス×レバークーゼン等

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/10/02(水) 05:59:54.50 ID:Q9w/5xsB9.net

グループA
レアル・マドリード 2-2 クラブ・ブルージュ
[得点者]
エマニュエル・デニス(前半10分)(クラブ・ブルージュ)
エマニュエル・デニス(前半39分)(クラブ・ブルージュ)
セルヒオ・ラモス  (後半10分)(レアル・マドリード)
カゼミーロ     (後半40分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083084


ガラタサライ 0-1 パリ・サンジェルマン
[得点者]
マウロ・イカルディ(後半7分)(PSG)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083085

※長友佑都先発出場 後半33分で交代



グループB
トッテナム 2-7 バイエルン
[得点者]
ソン・フンミン      (前半12分)(トッテナム)
ヨシュア・キミヒ     (前半15分)(バイエルン)
ハリー・ケイン      (後半16分)(トッテナム)PK
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半45分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半08分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半10分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半38分)(バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半42分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半43分)(バイエルン)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083096


レッドスター・ベオグラード 3-1 オリンピアコス
[得点者]
ルーベン・セメド   (前半37分)(オリンピアコス)
ミロシュ・ヴリッチ  (後半17分)(レッドスター)
ネマンヤ・ミルノビッチ(後半42分)(レッドスター)
リッチモンド・ボアキエ(後半45分)(レッドスター)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083097


グループC
アタランタ 1-2 シャフタール
[得点者]
ドゥヴァン・ゼパタ  (前半28分)(アタランタ)
モラエス・ジュニオール(前半41分)(シャフタール)
マノル・ソロモン   (後半50分)(シャフタール)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083108


マンチェスター・シティ 2-0 ディナモ・ザグレブ
[得点者]
ラヒム・スターリング(後半21分)(マンC)
フィル・フォーデン (後半50分)(マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083109


グループD
ユベントス 3-0 レバークーゼン
[得点者]
ゴンサロ・イグアイン   (前半17分)(ユベントス)
フェデリコ・ベルナルデスキ(後半17分)(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(後半44分)(ユベントス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083120


ロコモティヴ・モスクワ 2-0 アトレティコ・マドリード
[得点者]
ジョアン・フェリックス(後半03分)(アトレティコ)
トーマス       (後半13分)(アトレティコ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083121

UEFA-CL
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

15 名前:久太郎 ★:2019/10/02(水) 06:01:46.49 ID:Q9w/5xsB9.net

>>1
バイエルンが怒涛の7発ゴールショー!! ニャブリ4発、トッテナム粉砕でCL連勝

[10.1 欧州CLグループB第2節 トッテナム2-7バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は1日、グループリーグ第2節を各地で行い、トッテナム(イングランド)はホームでバイエルン(ドイツ)と対戦した。MFセルジュ・ニャブリが4ゴール、FWロベルト・レワンドフスキが2ゴールとバイエルンの攻撃力が爆発し、7-2で逆転勝利。2連勝でB組首位を守った。

 トッテナムはMFタンギ・エンドンベレの絶妙な縦パスに抜け出す形でFWソン・フンミンが決定的なシュートを連発するが、GKウーゴ・ロリスがゴールを阻む。それでも前半12分、3度目のチャンスを仕留め、トッテナムが先制に成功した。

 MFデレ・アリの鋭いプレスでDFニクラス・ズーレのパスが乱れると、こぼれ球をおさめたMFムサ・シソコがスルーパスを通し、背後に抜け出したソン・フンミンが右足シュート。好反応を見せたロリスが手に当てたが、シュートの威力が上回り、ゴールマウスに吸い込まれた。

 1点を追うバイエルンは反攻に出ると、すぐさま試合を振り出しに戻した。15分、こぼれ球に反応したDFヨシュア・キミッヒが切り返して相手をかわし、PA右手前の位置から右足を一閃。回転のかかったミドルシュートをゴール左下隅に沈めた。1-1のまま時間が経過したが、次の一点を奪ったのもバイエルンだった。

 前半45分、右サイド深い位置からDFベンジャマン・パヴァールがスローインを入れ、PA右を突破したレワンドフスキがクロス。これは相手にクリアされたが、こぼれ球に反応したレワンドフスキがアーク内に持ち出すと、鋭いターンから右足ミドルをゴール右下隅に突き刺した。

 前半終了間際に試合をひっくり返したバイエルン。後半開始と同時に最初のカードを切り、DFダヴィド・アラバを下げてDFチアゴ・アルカンタラを投入。トッテナムの反撃を振り切り、バイエルンが攻撃を畳み掛けた。

 後半8分、パヴァールとワンツーの形で左サイドを突破したニャブリがDFセルジュ・オーリエのスライディングをかわしてエリア内に侵入。鋭いカットインから右足の弾丸ショットを放ち、ファーポストに突き刺した。

 3-1にリードを広げたバイエルンは相手の隙を突き、勝負を決めにいく。後半10分、高い位置でアンカーのMFハリー・ウィンクスに寄せたMFコランタン・トリッソがボールを奪い返す。ショートカウンターを発動し、縦に持ち出したトリッソが斜めにスルーパス。ニャブリは左足ダイレクトで押し込み、ドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 トッテナムは後半16分、FWハリー・ケインがPKで追撃弾を奪ったが、反撃もここまで。後半37分、チアゴのロングフィードで背後に抜け出したニャブリがGKとの1対1を制し、ハットトリックを達成。さらにレワンドフスキ、ニャブリがゴールを陥れ、ゴールショーを締めくくった。終盤崩れたトッテナムは2-7で敗れ、1分1敗と今季CL初勝利は持ち越しとなった。第3節は22日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-43472266-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569963594
続きを読む

【サッカー】トッテナム、SB獲得候補に再び酒井宏樹の名前…依然としてネックは年齢

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/08/06(火) 12:35:30.78 ID:yOaS1Ss99.net

トッテナムが酒井宏樹を始めとする新たなサイドバック確保に動いているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

トッテナムでは先日、アルゼンチン代表DFジョゼ・フォイスが負傷。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は中長期的な離脱を明かしており、今夏にはキーラン・トリッピアーもアトレティコ・マドリーに放出したため、クラブは代役確保に動いている。

最有力候補に挙げられるのはナポリのDFエルセイド・ヒサイ。プレミアリーグの移籍市場閉幕が迫っているなか、終盤の獲得を目指しているようだ。

そして、ヒサイとともに名前が挙がっているのがマルセイユの酒井だ。以前にもトッテナム行きの噂が浮上したが、SB不足の台所事情も相まって再び可能性が伝えられる。しかし、依然として29歳という年齢の高さがネックになっているという。

トッテナムはSBを確保することができるのか、移籍市場最終日まで注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00010012-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565062530
続きを読む

【サッカー】ディバラと破談したトッテナム、ロ・チェルソ&セセニョンの逸材レフティーをダブル獲り!エリクセンは退団か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/08/09(金) 14:37:50.71 ID:PENmj+Xc9.net

アルゼンチン代表MFをレンタルで
 プレミアリーグの移籍期限の最終日、いわゆるデッドラインデーとなった8月8日に精力的な動きを見せたのが、トッテナム・ホットスパーだ。

 ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得を目指して、粘り強く交渉を続けたものの、最終的にユーベ側が放出しない決断を下し、このディールは破談となった。

 とはいえ、その裏でふたりの俊英レフティーを手中に収めている。フルアムのイングランドU-21代表MFライアン・セセニョンと、ベティスのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソだ。
 
 前者は2024年までの5年契約を締結。英公共放送『BCC』によると移籍金は2500万ポンド(約32億5000万円)で500万ポンド(約6億5000万円)のインセンティブが付与されるという。また後者は、買い取りオプション付きのレンタル移籍となっている。

 19歳のセセニョンはSBからウイングまでこなせる左サイドのスペシャリストで、17-18シーズンにイングランド2部で46試合・15ゴールを挙げて昇格に貢献し、大ブレイク。ただ、プレミア1年目となった昨シーズンは本領を発揮できず、チームも降格の憂き目に遭っていた。

「ネクスト・ベイル」とも評されるスピードスターが、“本家”がトッププレーヤーの仲間入りを果たしたトッテナムで殻を破れるか。

 一方、23歳のロ・チェルソは、17年の1月に渡ったパリ・サンジェルマンでは思うような結果が残せなかったが、昨夏に移籍したベティスで覚醒。キケ・セティエン監督の攻撃サッカーにすぐさまフィットし、チーム最多の9ゴール挙げただけでなく、高精度のパスでチャンスメークでも寄与した。同胞のマウリシオ・ポチェティーノ監督の下で、さらなる飛躍が期待される。

 このロ・チェルソという後釜を確保したことで、スペイン行きを志願しているクリスティアン・エリクセンの移籍交渉が一気に進むことになるのか。注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00062581-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565329070
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ