トッテナム

【サッカー】イングランド、ロシアW杯へ23名発表!ケイン、デレ・アリらトッテナムから5人選出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/05/16(水) 22:26:45.48 ID:CAP_USER9.net

イングランド代表は16日、ロシア・ワールドカップへ臨む23名を発表した。

エースのハリー・ケインやデレ・アリらトッテナム勢が最多となる5名選出され、レスター・シティで岡崎慎司の相棒であるジェイミー・バーディーも初のワールドカップへと臨むことが決まった。

一方で、代表常連メンバーとなっていたGKジョー・ハート(ウェスト・ハム)、MFジャック・ウィルシャー(アーセナル)はクラブでの芳しくないパフォーマンスから、本大会行きのメンバーから外れることとなった。

なお、グループGに入っているイングランドは、ロシア・ワールドカップでベルギー、パナマ、チュニジアと対戦する。

発表されたメンバーは以下のとおり。

GK

ジャック・バトランド(ストーク・シティ)

ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

ニック・ポープ(バーンリー)

DF

アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)

ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

ガリー・ケーヒル(チェルシー)

ダニー・ローズ(トッテナム)

フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)

ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)

アシュリー・ヤング(マンチェスター・U)

キーラン・トリッピアー(トッテナム)

カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)

MF

デレ・アリ(トッテナム)

ファビアン・デルフ(マンチェスター・C)

エリック・ダイアー(トッテナム)

ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)

ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

ルーベン・ロフタス=チーク(クリスタル・パレス)

ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

FW

ハリー・ケイン(トッテナム)

マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

ジェイミー・バーディー(レスター・シティ)

ダニー・ウェルベック(アーセナル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000026-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526477205
続きを読む

【サッカー】マンUが逆転で決勝へ!トッテナムは準決勝8連敗…/FAカップ準決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/04/22(日) 07:04:59.43 ID:CAP_USER9.net

Goal
準決勝で7連敗中のトッテナムが幸先よく先制したが…

■FAカップ マンチェスター・U 2-1 トッテナム

マンチェスター・U:サンチェス(24分)、エレーラ(62分)
トッテナム:デレ・アリ(11分)

現地時間21日、イングランド・FAカップ準決勝が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムの一戦は2-1でユナイテッドが逆転勝ちを収め、決勝戦へと駒を進めた。決勝戦の相手はチェルシーvsサウサンプトンの勝者となる。

今シーズンのプレミアリーグでは互いにホームで勝利し、1勝1敗の両者。トッテナムは普段ホームとして使用しているウェンブリー・スタジアムで試合を行えることは地の利ではあるが、一方で準決勝7連敗中という嫌なデータもある。最後に勝ったのは優勝した1990-91シーズンまで遡らなければならない。

そんなトッテナムだが、立ち上がりから得意のパスワークでユナイテッドを押し込むと、11分にクリスティアン・エリクセンがロングパスに抜け出し、右サイドから速いクロスを折り返す。これをゴール前にトップスピードで飛び込んできたデレ・アリが押し込んでトッテナムが幸先よく先制する。

しかし、このままで終わらないのがユナイテッド。徐々に守備からリズムを作ると、24分に左サイドでポール・ポグバがボールを奪い返し、すかさずゴール前にクロスを入れる。これをヤン・フェルトンゲンとベン・デイヴィスの間に上手く入ったサンチェスが頭で合わせ、ユナイテッドが同点に追いつく。

その後もパスをつなぐトッテナムと、カウンターを狙うユナイテッドという構図は変わらず。前半終了間際にはエリック・ダイアーのミドルシュートが左のポストを直撃。名手ダヴィド・デ・ヘアも諦めて見送らざるを得ない一撃を放った。

後半、ペースを握ったのはユナイテッド。前半以上の堅守でトッテナムにチャンスを与えず、逆に少ない手数でスパーズゴールに迫る。

すると迎えた62分、エリア内左でボールをキープしたアレクシス・サンチェスからの落としを受けたルカクが、ゴール前に横パス。これがDFに当たって若干コースが変わり、ペナルティーエリア手前右で受けようとしたジェシー・リンガードがスルーし、後方から走りこんできたアンデル・エレーラがダイレクトで押し込む。これがGKミシェル・フォルムを破り、ユナイテッドが逆転に成功する。

一度守ると決めたユナイテッドの守備は強力で、65分にはポグバのロングパスにロメル・ルカクが抜け出しチャンスを迎えるなど、カウンターの脅威も増す。なかなかユナイテッド守備陣を攻略できないトッテナムは73分、エリクセンが強烈なミドルシュートを放つものの、わずかに枠を外れた。

80分、アントニオ・バレンシアに代えてマッテオ・ダルミアンを投入して守備を固めつつ、ジェシー・リンガードに代えてマーカス・ラッシュフォードを投入しカウンターの武器も残すユナイテッド。一方、ゴールが欲しいトッテナムはルーカス・モウラ、ヴィクター・ワニャマ、そして86分にエリク・ラメラを投入し、交代枠を使い切る。

終盤は攻めるトッテナム、守るユナイテッドという構図がより鮮明に浮き上がったが、アディショナルタイムの5分を含めても決定機と呼べるチャンスは作れないまま。最後まで集中した守備で逃げ切ったユナイテッドが、2シーズンぶりに決勝進出を果たした。決勝では、チェルシーvsサウサンプトンの勝者と対戦する。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCu%E3%81%8C%E9%80%86%E8%BB%A2%E3%81%A7%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E3%81%B8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AF%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D8%E9%80%A3%E6%95%97fa%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D/1p9ncuk65ctn1npildxfofsw0


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524348299
続きを読む

【サッカー】トッテナムの未熟さと百戦錬磨ユヴェントスの強さ 経験の差で明暗くっきり

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2018/03/10(土) 18:24:52.02 ID:CAP_USER9.net


UEFAチャンピオンズリーグ
経験の差で明暗くっきり…トッテナムの未熟さと百戦錬磨ユヴェントスの強さ【CL現地レポート】
田嶋コウスケ

ファーストレグでは互角以上に渡り合ったトッテナムだが、セカンドレグでは老獪なユヴェントスを相手に経験のなさを露呈。差はどこに表れたのだろうか。

「経験の差が、あまりに大きかった。ユヴェントスは勝利への道が見えていた。一方、トッテナムは敗戦への道を進んでいった」

そう語ったのは、7日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・第2戦でダイジェスト番組の解説を務めたロイ・キーンである。マンチェスター・Uの主将として幾多のタイトルを勝ち取ってきた元アイルランド代表MFの目には、ユヴェントスとトッテナムの経験の差がはっきりと見えたという。

その差とは、いったいどこにあったのか。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E7%B5%8C%E9%A8%93%E3%81%AE%E5%B7%AE%E3%81%8C%E6%98%8E%E6%9A%97%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%9C%AA%E7%86%9F%E3%81%95%E3%81%A8%E7%99%BE%E6%88%A6%E9%8C%AC%E7%A3%A8%E3%83%A6%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BC%B7%E3%81%95cl%E7%8F%BE%E5%9C%B0%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/h3rbf3v17flb1ue6s0geudnhr
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520673892
続きを読む

【サッカー/CL】3分間の逆転劇!ユヴェントスが敵地でトッテナム破り4季連続ベスト8進出/CL決勝T1回戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/03/08(木) 06:46:51.76 ID:CAP_USER9.net

■チャンピオンズリーグ決勝T1回戦
トッテナム 1-2 ユヴェントス(2戦合計 3-4)

トッテナム:ソン・フンミン(39分)
ユヴェントス:イグアイン(64分)、ディバラ(67分)


チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが7日に行われ、トッテナムとユヴェントスが対戦した。

ファーストレグは2-2の引き分けで終えていた両者。聖地「ウェンブリー・スタジアム」での一戦に、ユヴェントスがマンジュキッチを欠いたものの、互いにほぼベストメンバーで臨んだ。

立ち上がり主導権を握ったのはトッテナムだった。ソン・フンミンやケインらが立て続けにビッグチャンスをむかえ、一度ペナルティエリア内でフェルトンゲンがD・コスタを倒しあわやPKという場面もあったが、試合の主導権を握っていく。

すると39分、右サイドからのクロスにこの日抜群のキレをみせるソン・フンミンが合わせ、ホームチームが先制に成功した。

1点ビハインドを背負ったことにより、突破のために最低でも2点が必要になったユヴェントスだが、押される展開が続いていく。60分には最初の交代カードでマテュイディを下げ、アサモアを投入。さらにその直後にはベナティアとリヒトシュタイナーを交代した。

すると、ユヴェントスは1点を返す。64分、交代で入ったリヒトシュタイナーの右クロスにケディラが頭で合わせ、宙に浮いたボールをイグアインが巧みに押し込んだ。

流れを掴んだユヴェントスは、そのまま逆転に成功。キエッリーニの縦パスをイグアインが収めると、裏のスペースに走り込んだディバラへラストパス。背番号10は独走し、冷静にGKを破った。アッレグリ監督の采配が見事機能し、アウェイチームがわずか3分間で試合をひっくり返す。

逆転を許したトッテナムは、エリクセンやソン・フンミンらを中心に反撃を開始するもネットを揺らすまでには至らない。ポチェッティーノ監督は、ラメラやジョレンテを投入して打開を図る。

しかし、イグアインとストゥラーロを交代して守りを固めるユヴェントス守備陣をなかなか崩すことはできない。89分のケインのヘッドは、ポストに阻まれた。

結局試合はこのまま終了。ユヴェントスが悲願の“ビッグイヤー”獲得へ向け、4季連続のベスト8進出を決めた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00010000-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520459211
続きを読む

【サッカー】ソン・フンミン、2年連続プレミア二桁ゴール達成! トッテナムは公式戦17戦無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:shake it off ★:2018/03/04(日) 09:15:04.32 ID:CAP_USER9.net

トッテナム 2-0 ハダーズフィールド プレミアリーグ第29節】

 現地時間3日にプレミアリーグ第29節の試合が行われ、トッテナムはハダーズフィールドをホームに迎えて対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合でトッテナムに所属する25歳の韓国代表FWソン・フンミンが2得点決めて今季リーグ戦10得点とし、2年連続のプレミア二桁ゴールを達成している。

 試合開始して27分、デレ・アリのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがGKヨナス・レッスルを交わして先制点を決めた。続く54分には、全速力で走ってきたソン・フンミンがハリー・ケインのクロスに合わせて2点目を決めている。結局、ソン・フンミンの活躍によりトッテナムは2-0の勝利をおさめた。

 今節のゴールによりソン・フンミンは今季公式戦41試合出場で15得点9アシストに。リーグ戦だけに限れば10得点に到達しており、昨季のリーグ戦14得点に続いて2年連続で二桁ゴールを達成したことになる。


https://www.footballchannel.jp/2018/03/04/post258996/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520122504
続きを読む

【サッカー】北朝鮮人FWにトッテナムも急接近!? セリエA6連覇中のユーベに続き交渉開始か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/01/17(水) 08:39:28.67 ID:CAP_USER9.net

1/17(水) 7:27配信 フットボールチャンネル
 セリエAのカリアリからセリエB(イタリア2部)のペルージャに期限付き移籍している19歳のU-19北朝鮮代表FWハン・グァンソン獲得に向けて、ユベントスに続きトッテナムも動き出した。16日にイタリアの『トゥットメルカートウェブ』など複数のメディアが報じている。

 同メディアによると、トッテナムがハン・グァンソンの代理人と連絡を取り合っているとのこと。先日は伊紙『トゥットスポルト』が、ハン・グァンソンのユベントス移籍に関して一面で報道。「カリアリとの合意に近い」と報じ話題を呼んだ。

 ハン・グァンソンは北朝鮮人として初のセリエA出場&得点を記録している。今季は公式戦19試合に出場し7得点3アシストを決めていた。ユベントスはセリエA6連覇中のビッグクラブで、トッテナムはプレミアリーグ上位を争う強豪クラブだ。トッテナムにハン・グァンソンが加入した場合、韓国代表FWソン・フンミンとの朝鮮半島コンビが誕生するかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00251596-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516145968
続きを読む

【サッカー】<プレミアリーグ第20節>ケインがハットトリック&22年ぶり快挙!…トッテナム、吉田出場のサウサンプトンに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/27(水) 00:17:21.23 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第20節が26日に行われ、トッテナムと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。吉田はキャプテンマークを巻き、センターバックで先発出場した。

試合は開始22分、左サイドからのFKでクリスティアン・エリクセンのボールを、中央のハリー・ケインが頭で叩き込み、ホームのトッテナムが先制した。
ケインは、2017年のリーグ戦で通算37得点目となり、1995年に当時ブラックバーンのアラン・シアラー氏が樹立したプレミアリーグ年間最多得点記録を22年ぶりに塗り替えた。

さらにトッテナムは39分、DFの裏をとったソン・フンミンがエリア内左に走り込み、デレ・アリのスルーパスをダイレクトで折り返すと、ファーでフリーのケインが左足で合わせて追加点。前半を2点リードで折り返した。

後半に入っても勢いが止まらないトッテナムは49分、アリが左サイドから中央に切り込み、右足で狙いすましたシュートをゴール右隅に沈める。
51分にはアリのスルーパスを受けたソン・フンミンが右足シュートを決め、一気に4点リードに広げた。

反撃したいサウサンプトンは64分、エリア内左に進入したソフィアン・ブファルが強烈な左足シュートでニアを貫き、1点を返す。
しかし、トッテナムも67分、アリのパスでエリア内左に抜け出したケインが、吉田を振り切りつつ、ループシュートを沈めて、2試合連続のハットトリックを達成。
今シーズン18点目を決め、2017年のプレミアリーグ年間得点数も39に伸ばした。

サウサンプトンは82分、左CKの流れでクリアボールを拾ったドゥシャン・タディッチが左足で狙うと、ループ気味のシュートはGKウーゴ・ロリスに触れられたが、そのままゴールに吸い込まれた。
試合はこのままタイムアップを迎え、トッテナムが5-2で勝利。敗れたサウサンプトンは7試合未勝利となった。なお、吉田はフル出場した。

【スコア】
トッテナム 5-2 サウサンプトン

【得点者】
1-0 22分 ハリー・ケイン(トッテナム)
2-0 39分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3-0 49分 デレ・アリ(トッテナム)
4-0 51分 ソン・フンミン(トッテナム)
4-1 64分 ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)
5-1 67分 ハリー・ケイン(トッテナム)
5-2 82分 ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン)

12/26(火) 23:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00690485-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171226-00690485-soccerk-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514301441
続きを読む

【サッカー】3戦ぶり先発の岡崎、トッテナム撃破で高評価8「いまだバーディーの最高の相棒」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2017/11/29(水) 17:01:15.93 ID:CAP_USER9NIKU.net


トッテナム戦の勝利に貢献した岡崎慎司。改めてバーディーのベストパートナーであると評価されたようだ。

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、トッテナム撃破でイギリスメディアから高評価を受けている。

レスターは28日、プレミアリーグ第14節でトッテナムと対戦。クロード・ピュエル監督就任以降、なかなかチャンスを与えられない岡崎であったが、この日は3試合ぶりの先発出場を果たした。

試合はジェイミー・バーディー、リヤド・マフレズが前半にゴールを挙げ、レスターが2-1で逃げ切った。岡崎も献身的なプレスと、安定感のあるポストプレーでチームの4試合ぶりの勝利に貢献している。

地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎に対してチーム2位タイとなる「8」の採点。寸評では「いまだこのシステムではバーディーのベストパートナー」と記され、働きを評価された。チーム最高はビセンテ・イボーラやバーディーの「9」となっている。

また、イギリス紙『デイリー・メール』では「6.5」の評価で、チーム最高はDFウェズ・モーガンの「7.5」となった。

確かな存在感で勝利に貢献した岡崎。次節のバーンリー戦でもチャンスは巡ってくるだろうか。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/okazaki/13rmfs7qrzdnq1wroc02rmnjve
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511942475
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ