マンC

【サッカー】板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/01/15(火) 05:11:50.11 ID:PeSCOgKu9.net

1/15(火) 5:03配信
板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ

 オランダ・エールディビジのフローニンゲンは14日、マンチェスター・シティからDF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。

 昨季、川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

 フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。

 東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。

 川崎Fの下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18439400-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190115-18439400-gekisaka-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547496710
続きを読む

【サッカー】ユベントス、124億超オファーで“10番”ディバラの売却検討か マンCやPSGが獲得興味

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/01/08(火) 18:55:10.11 ID:PERYJ0Kc9.net

1億ユーロ以上のオファーなら今夏放出の可能性と伊紙が報道

ユベントスのアルゼンチン代表FWパオロ・ディバラに対して、バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)、
マンチェスター・シティが今夏の獲得に向けて動きを見せていると伝えられるなか、
イタリア王者は1億ユーロ以上(約124億円)のオファーが届いた場合には検討することを決めたようだ。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。

ディバラは15年夏にパレルモからユベントスへ移籍。昨季までの3年間でリーグ戦52ゴールを決めるなど、チームの中心的存在として前線を牽引していた。
昨季からは元イタリア代表MFロベルト・バッジョや同アレッサンドロ・デル・ピエロらが付けた栄光の背番号「10」も継承している。

しかし、今季はレアル・マドリードから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの活躍の裏で、
ここまでリーグ戦で2ゴール3アシストと思うような結果を残すことができていない。

そうした状況もあってバイエルンやPSG、シティら各国強豪が獲得に興味があることをユベントス側に伝えたとされている。
そして同紙の報道によれば、これまでアルゼンチン人アタッカーへの関心に無視を貫いてきたユベントスも、
今季終了後に1億ユーロ以上のオファーが届いた場合には検討する余地があるという。

ユベントスは、16年にフランス代表MFポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに1億500万ユーロ(約130億円)で売却した過去がある。
25歳のアルゼンチン人アタッカーの去就を巡る報道は、今夏に向けてさらに過熱していきそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-00160111-soccermzw-socc
1/8(火) 13:10配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546941310
続きを読む

【サッカー】<マンC大ファンの元「Oasis」リアム・ギャラガー>SNSがまたも“炎上”「何がヘビーメタル・フットボールだ、ばーか!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/04(金) 20:07:43.21 ID:CAP_USER9.net

現地時間12月3日に行なわれたプレミアリーグ第21節、マンチェスター・シティは本拠地エティハド・スタジアムで首位のリバプールを2-1で撃破した。

 シティは40分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの鮮やかなゴールで先制したが、64分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの同点弾を許し、苦しい展開を強いられる。

 それでも、「勝たなければ終わりだった」と試合後にジョゼップ・グアルディオラ監督が漏らしたことからも分かるように、この一戦に並々ならぬ闘志を燃やしていたシティは、俊英MFが決定打を放った。

 72分、ラヒーム・スターリングのパスを受けたレロイ・ザネが、ペナルティーエリア内で左足を振り抜き、強烈な弾道のシュートをゴール右隅へ突き刺したのだ。

 これが決勝点となり、シーズン後半戦を占う大一番を制したシティ。敗れていれば、首位リバプールとの勝点差が「10」に開いていただけに、逆転優勝にも望みを繋ぐ重要な勝利だったことは言うまでもない。

 そんなウォーターブルーの戦士たちの奮闘を間近で見届けたサポーターたちは、大いに熱狂した。なかでも、根っからの“シティ愛”を持つ英国の大人気ロックバンド「Oasis」の元メンバー、リアム・ギャラガーは試合後、自身のツイッターで次のようにつぶやいている。

「何がヘビーメタル・フットボールだ、ばーか!」

「ヘビーメタル・フットボール」とは、リバプールのドイツ人監督ユルゲン・クロップが、戦術的に柔軟でスピーディーな攻撃を貫き、ファンをエモーショナルな気分にさせる自身の標榜するスタイルを例えた造語だ。L・ギャラガーは、これを皮肉ったのである。

 ただ、いまだリバプールが首位であることに変わりはない。ゆえにL・ギャラガーの元には、「誰がトップなのかをお忘れか?」「ストーン・ローゼズがライブをした時以外、お前らのスタジアムが沸いたのを聞いたことがない」「首位になってからものを言えよ」など、多くのコップ(熱狂的なリバプール・ファンの総称)から非難の声が相次いだ。

 過去にも、愛するシティに関する話題に首を突っ込んでは、お騒がせなロックミュージシャンらしい歯に衣着せぬ発言で“炎上”のネタを振りまいてきたL・ギャラガー。そんな男のつぶやきは、今回も“燃えた”。

1/4(金) 17:19配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00052309-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/52309_ext_04_0_1546585360.webp?v=1546590135

【サッカー】<マンチェスター・シティ>リバプールの無敗をストップ!リ勝ち点差は「4」優勝争いは再び混戦模様に...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546572536/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546600063
続きを読む

【サッカー】プレミア王者マンCに危機 FFP規定違反疑惑で欧州カップ戦出場停止の可能性が浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/12/04(火) 16:56:36.69 ID:CAP_USER9.net

過去7年間、不当なスポンサー料を上乗せしていたことが発覚してFFP規定違反の疑惑


 プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが、欧州サッカー連盟(UEFA)主催のカップ戦出場停止処分を下される可能性が浮上している。クラブの財政健全化を図るために導入されているUEFAファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規定に違反した疑いがあるためだ。


 シティのFFP規定違反に関しては今月、サッカー界の情報暴露サイト「フットボール・リークス」のハッキングによって得た情報として、ドイツ誌「デア・シュピーゲル」が報道。シティは過去7年間、クラブの予算を増やす目的で不当なスポンサー料を上乗せしていたことが明かされている。

 また、シティとフランス1部パリ・サンジェルマンは2014年にFFP規定違反の処分として、罰金とUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録人数制限が下されたが、本来は欧州カップ戦出場停止という厳罰の対象になる。これは当時のUEFA事務局長ジャンニ・インファンティーノ氏(現・国際サッカー連盟会長)がUEFAとの和解交渉で便宜を図ったとされており、「特別扱い」を受けたという疑惑も浮上していた。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」や英高級紙「ガーディアン」などでは、改めてシティのFFP規定違反が認められれば、UEFA主催の欧州カップ戦への出場停止処分が下される可能性があると報じられている。

 ペップ・グアルディオラ監督の下でプレミアを制し、次はCLのタイトルが期待されているシティ。果たして、どのような決定が下されるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00152049-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543910196
続きを読む

【サッカー】マンCがバルサとのオランダ代表MF争奪戦制す…デ・ヨングがクラブ史上最高額の最大116億円で来夏加入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/11/22(木) 11:30:35.50 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・シティは、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨング争奪戦で勝利したようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

アヤックスではCB、アンカーとして今季公式戦19試合に出場し、9月にはオランダ代表デビューも果たしたデ・ヨング。UEFAネーションズリーグでも全試合に出場し、グループ突破に大きく貢献している。

評価を高める21歳MFには、これまで世界各国のビッグクラブが関心を示していた。中でもバルセロナとマンチェスター・Cが獲得に熱心であると言われ、熾烈な争奪戦が行われていた。そんな中で、選手自身が「リオネル・メッシといつかプレーしたい」と語ったこともあり、争奪戦はバルセロナが制すとの見方が強まっていた。

しかし、軍配はマンチェスター・Cに上がったようだ。『Goal』のシティ番記者であるサム・リーの取材では、チキ・ベギリスタインSDとアヤックスのマルク・オーフェルマルスSDの間で数ヶ月間会談が行われ、来年夏にサインすることで合意に至ったことが明らかとなっている。

なお、移籍金は7000万+ボーナス2000万ユーロ(約90億+26億円)と、クラブ史上最高額となるようだ。シティは他のクラブの関心を知っているために、数ヶ月以内に契約を完了し、今季終了までアヤックスにレンタルさせることになるという。

また、争奪戦に敗れたバルセロナは、パリ・サンジェルマンMFアドリアン・ラビオにターゲットを切り替えたようだ。同選手の契約は今季終了までとなっている。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000035-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542853835
続きを読む

【サッカー】移籍専門メディアがマンCの“堂安再アプローチ”を予想

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/18(木) 16:56:58.45 ID:CAP_USER9.net

10/18(木) 16:55配信
移籍専門メディアがマンCの“堂安再アプローチ”を予想
 イタリアの移籍専門メディア『カルチョメルカート』が、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がフローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)に注目していると伝えている。

 堂安は昨年よりオランダ・エールディビジに挑戦。29試合に出場して9ゴールをあげる活躍。『フランス・フットボール』紙が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手候補にもノミネートされた。

 2年目の今季は開幕戦で得点するなど、全8試合にフル出場している。日本代表にも初選出されると、先日のウルグアイ戦では初ゴールを含む圧巻のパフォーマンスをみせた。

 『カルチョメルカート』のフェデリコ・ザノン記者は夏にもマンチェスター・シティが興味を持っていたとすると、「再びアプローチをするのは時間の問題だ」と予想。「ルイス・スアレスやアリエン・ロッベンと同様に、オランダで成長を続けている」と、フローニンゲンから巣立った先輩たちを引き合いに出して、期待を寄せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-03082100-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181018-03082100-gekisaka-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539849418
続きを読む

【サッカー】「マンC川島永嗣」は消滅…。重傷ブラーボ代役は19歳若手に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:プーアル ★:2018/08/23(木) 18:21:03.36 ID:CAP_USER9.net

 マンチェスター・シティは22日、GKアリヤネット・ムリッチをレンタル先のNACから呼び戻したことを発表した。

ムリッチはU-21モンテネグロ代表のGKで現在19歳。先月末にオランダのNACへレンタルされることが決まっていた。

 だが、シティでは今月20日に控えGKのクラウディオ・ブラーボが負傷。アキレス腱断裂の重傷で今季中の復帰も微妙なことから、急きょGK補強が必要となっていた。そのため、ムリッチが呼び戻されている。

 移籍市場閉鎖後のサブGK離脱で、獲得できるのはフリートランスファーの選手のみ。地元メディアの『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、メスを退団してフリーになっている日本代表GK川島永嗣の名前を挙げていたが、ムリッチの復帰で事実上この話は消滅した形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00286492-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535016063
続きを読む

【サッカー】マンCに激震! 司令塔デ・ブライネ(ベルギー代表MFが右膝負傷、最大4カ月の離脱と英メディア報道

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆がーる ★:2018/08/16(木) 09:44:17.39 ID:CAP_USER9.net

 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがトレーニング中に膝を負傷し、戦線離脱となりそうだ。離脱期間は2カ月から最大4カ月にもなる見込みだという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 デ・ブライネは現地時間15日の午前中の練習で右膝をひねってしまったという。詳細については検査結果を待っている状況だが、長期離脱の可能性も出てきた。

 ベルギー代表としてロシア・ワールドカップに出場し、3位決定戦まで戦ったデ・ブライネ。長めの休暇を取り、先週ようやくチームに合流。12日に行われたアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦(2-0)はベンチスタートで、後半15分から途中出場していた。

 27歳の攻撃的MFは昨季にプレミアリーグで37試合8得点16アシストを記録。リーグ新記録である勝ち点100での優勝に大きく貢献し、自身も「年間最優秀プレーメーカー」に選出された。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティの中心に君臨した。

 開幕戦でアーセナルを下して絶好のスタートを切ったシティだが、次節の本拠地ハダースフィールド・タウン戦以降、敵地ウォルバーハンプトン戦、本拠地ニューカッスル戦などは、絶対的司令塔を欠いて戦わなければならない可能性がある。(Football ZONE web編集部)

https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20180816_1534379641835006
https://portal.st-img.jp/detail/956a55daed7a4551ecb90d9174121c13_1534379641_1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534380257
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ