マンU

【サッカー】ELラウンド16の組み合わせが決定! インテルはヘタフェと、マンUはLASKと激突!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/28(金) 22:08:28 ID:5HwwgORR9.net

 ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が、28日に行われた。

 ラウンド32で昨シーズンのファイナリストであるアーセナルを撃破したオリンピアコスは、エスパニョールを破ったウルヴァーハンプトンと激突。またしてもイングランド勢との対決が決まった。

 優勝候補の一角であるインテルは、アヤックスを下して勝ち上がったヘタフェとの対戦が決定。またラウンド32で2戦合計6-1の大勝を収めたマンチェスター・Uは、オーストリアのLASKと対戦することになった。

 なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と、長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐の影響で日本時間2月29日2時へキックオフが延期に。そのため、現在16チームは出揃っていない状況となっている。

 ラウンド16の組み合わせは以下の通り。(※正式な日程は未定)

イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
オリンピアコス(ギリシャ) vs ウルヴァーハンプトン(イングランド)
レンジャーズ(スコットランド) vs レヴァークーゼン(ドイツ)
ヴォルフスブルク(ドイツ) vs シャフタール(ウクライナ)
インテル(イタリア) vs ヘタフェ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs ローマ(イタリア)
<ザルツブルクvsフランクフルトの勝者> vs バーゼル(スイス)
LASK(オーストリア) vs マンチェスター・U(イングランド)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-01041208-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582895308
続きを読む

【サッカー】「冨安はマイコン」 “世界最高の右SB”の再現に伊メディア注目「マンUでプレーできる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/02/12(水) 13:51:29 ID:FJ8yU+Kj9.net

ボローニャで右SBのレギュラーを務める冨安「世界最高レベルに到達する」

ボローニャの日本代表DF冨安は現地時間7日、セリエA第23節ASローマ戦に先発フル出場し、3-2の勝利に貢献した。
伊メディアは「冨安はマイコンのようだ」と見出しを打ち、クラブ関係者のコメントを紹介。「マンチェスター・ユナイテッドでもプレーできる選手」と惜しみない太鼓判を押している。

昨夏にボローニャへと加入した冨安は、本職のセンターバック(CB)ではなく、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を獲得。
リーグ戦17試合に出場しており、ローマ戦ではマンチェスター・シティでも左SBで活躍していた相手DFアレクサンダル・コラロフと熾烈な攻防を見せていた。

イタリア初挑戦ながら右SBとして評価を高めている冨安に対し、伊メディア「トゥット・メルカート」は「冨安はマイコンのようだ。
ビッグゲームでプレーできる」と見出しを打ち、クラブのテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏が日本代表DFを称賛するコメントを紹介している。

「彼はボローニャに残るが、すでにマンチェスター・ユナイテッドでもプレーできる選手だ。日本人らしい素晴らしい規律を備えているので、自分でも目標を設定できている。
ローマで働いていた時代にも、彼と同じような特徴を備えた選手がいた。それがマイコンだ。冨安は彼を思い出させる存在だ。まだ21歳であることからも、世界最高レベルに到達することだろう」

サバティーニ氏は、かつてセリエAで圧倒的な活躍を披露し、“世界最高の右SB”と評されていた元ブラジル代表DFマイコンを引き合いに出し、冨安の才能に太鼓判を押していた。
今後ビッグクラブからオファーを受けることがあれば、マイコンのような大ブレークを果たすのも不可能ではないのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00246130-soccermzw-socc
2/12(水) 12:01配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581483089
続きを読む

【サッカー】「冨安はマイコン」 “世界最高の右SB”の再現に伊メディア注目「マンUでプレーできる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/02/12(水) 13:51:29 ID:FJ8yU+Kj9.net

ボローニャで右SBのレギュラーを務める冨安「世界最高レベルに到達する」

ボローニャの日本代表DF冨安は現地時間7日、セリエA第23節ASローマ戦に先発フル出場し、3-2の勝利に貢献した。
伊メディアは「冨安はマイコンのようだ」と見出しを打ち、クラブ関係者のコメントを紹介。「マンチェスター・ユナイテッドでもプレーできる選手」と惜しみない太鼓判を押している。

昨夏にボローニャへと加入した冨安は、本職のセンターバック(CB)ではなく、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を獲得。
リーグ戦17試合に出場しており、ローマ戦ではマンチェスター・シティでも左SBで活躍していた相手DFアレクサンダル・コラロフと熾烈な攻防を見せていた。

イタリア初挑戦ながら右SBとして評価を高めている冨安に対し、伊メディア「トゥット・メルカート」は「冨安はマイコンのようだ。
ビッグゲームでプレーできる」と見出しを打ち、クラブのテクニカルディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏が日本代表DFを称賛するコメントを紹介している。

「彼はボローニャに残るが、すでにマンチェスター・ユナイテッドでもプレーできる選手だ。日本人らしい素晴らしい規律を備えているので、自分でも目標を設定できている。
ローマで働いていた時代にも、彼と同じような特徴を備えた選手がいた。それがマイコンだ。冨安は彼を思い出させる存在だ。まだ21歳であることからも、世界最高レベルに到達することだろう」

サバティーニ氏は、かつてセリエAで圧倒的な活躍を披露し、“世界最高の右SB”と評されていた元ブラジル代表DFマイコンを引き合いに出し、冨安の才能に太鼓判を押していた。
今後ビッグクラブからオファーを受けることがあれば、マイコンのような大ブレークを果たすのも不可能ではないのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00246130-soccermzw-socc
2/12(水) 12:01配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581483089
続きを読む

【サッカー】リバプール戦で規則違反…マンUに286万円の罰金処分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:伝説の田中c ★:2020/02/01(土) 20:20:18 ID:jLE8m42T9.net

 マンチェスター・ユナイテッドに罰金が科された。英『BBC』が報じている。

 対象の試合は、19日に行われたプレミアリーグ第23節のリバプール戦。1点ビハインドの前半24分、右CKの流れからFWロベルト・フィルミーノにゴールを揺らされると、GKダビド・デ・ヘアを中心にユナイテッドの選手たちがクレイグ・ポーソン主審を取り囲んで抗議した。

 結局、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入もあり、フィルミーノのシュートシーンの前にGKデ・ヘアと競り合ったDFフィルヒル・ファン・ダイクにファウルがあったとして、得点は取り消された。

 だが、『BBC』によると、複数選手で主審を取り囲むのは規則違反に当たるとのこと。ユナイテッド側はこの違反を認め、罰金2万ポンド(約286万円)の処分を科された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-43477562-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580556018
続きを読む

【サッカー】プレミア第23節 南野拓実、2戦連続ベンチ入りも出番なし 無敗リバプールは宿敵マンU撃破で首位独走

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/20(月) 03:25:10 ID:oG+eNKyW9.net

リバプールが1-0でユナイテッドに勝利 南野のリーグ戦デビューはお預けに
 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第23節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利を収めた。
日本代表MF南野拓実は2戦連続でベンチ入りを果たしたが、またもリーグ戦デビューはお預けとなった。

ホームでの“ナショナル・ダービー”となった今季無敗のリバプールだが、敵地で行われた第9節の“第1ラウンド”では、唯一の引き分けで、ユナイテッドは勝ち点を落とした相手でもあった。
試合は前半14分、CKをオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが高い打点で合わせて先制点を奪い、前半を折り返した。

後半もリバプールが開始から猛攻を仕掛けるものの、幾度となく決定機を逃したため、なかなか追加点は奪えず。
後半21分に元イングランド代表MFアダム・ララーナ、同37分にベルギー代表FWディボック・オリギ、ブラジル代表MFファビーニョが同時投入されたため、2戦連続ベンチ入りとなった南野のリーグ戦デビューはまたもお預けとなった。
リバプールは終了間際にエジプト代表FWモハメド・サラーが単独カウンターから追加点を決めて勝負あり。2-0で宿敵ユナイテッドを下した。

同節に2位マンチェスター・シティがクリスタル・パレスに1-1と引き分け、3位レスターがバーンリーに1-2と敗れたため、1試合消化の少ない状況で勝ち点16差に開き、リバプールがさらなる独走態勢に入った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00241912-soccermzw-socc
1/20(月) 3:21配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075424
試合スコア

■試合結果
リヴァプール 2-0 マンチェスター・U

■得点者
リヴァプール:ファン・ダイク(14分)、サラー(90+3分)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579458310
続きを読む

【サッカー】プレミア第23節 南野拓実、2戦連続ベンチ入りも出番なし 無敗リバプールは宿敵マンU撃破で首位独走

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/20(月) 03:25:10 ID:oG+eNKyW9.net

リバプールが1-0でユナイテッドに勝利 南野のリーグ戦デビューはお預けに
 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第23節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利を収めた。
日本代表MF南野拓実は2戦連続でベンチ入りを果たしたが、またもリーグ戦デビューはお預けとなった。

ホームでの“ナショナル・ダービー”となった今季無敗のリバプールだが、敵地で行われた第9節の“第1ラウンド”では、唯一の引き分けで、ユナイテッドは勝ち点を落とした相手でもあった。
試合は前半14分、CKをオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが高い打点で合わせて先制点を奪い、前半を折り返した。

後半もリバプールが開始から猛攻を仕掛けるものの、幾度となく決定機を逃したため、なかなか追加点は奪えず。
後半21分に元イングランド代表MFアダム・ララーナ、同37分にベルギー代表FWディボック・オリギ、ブラジル代表MFファビーニョが同時投入されたため、2戦連続ベンチ入りとなった南野のリーグ戦デビューはまたもお預けとなった。
リバプールは終了間際にエジプト代表FWモハメド・サラーが単独カウンターから追加点を決めて勝負あり。2-0で宿敵ユナイテッドを下した。

同節に2位マンチェスター・シティがクリスタル・パレスに1-1と引き分け、3位レスターがバーンリーに1-2と敗れたため、1試合消化の少ない状況で勝ち点16差に開き、リバプールがさらなる独走態勢に入った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00241912-soccermzw-socc
1/20(月) 3:21配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075424
試合スコア

■試合結果
リヴァプール 2-0 マンチェスター・U

■得点者
リヴァプール:ファン・ダイク(14分)、サラー(90+3分)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579458310
続きを読む

【サッカー】<独占>香川真司が語る!南野拓実リヴァプール移籍「本当に感慨深い」「マンUでの経験は財産」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/12/19(木) 22:59:50.53 ID:3d40fIkA9.net

現地時間12月19日、ついに日本代表MF南野拓実がプレミアリーグの名門リヴァプールに移籍すると正式に発表された。

奇しくも、この移籍報道が出た12月12日、『REAL SPORTS』では香川真司にインタビューを実施していた。香川のインタビュー記事は後日あらためて掲載するが、今回はその中から、ビッグクラブへとステップアップした同じ“セレッソ大阪育ち”の仲間について話してくれた部分を先行してお届けする。

(インタビュー・構成=岩本義弘[REAL SPORTS編集長])

自分の力でリヴァプール移籍を勝ち取った南野は「本当にすごい」

――南野拓実選手のリヴァプール移籍が確定的となりました(編集部注:このインタビューは南野選手のリヴァプール移籍確定的報道が出た2019年12月12日に実施。その後、12月19日にリヴァプールが南野選手の加入を正式に発表)。

香川:いや素直にビックリしました。拓実はすごいと思います。それこそ、2018年のロシア・(FIFA)ワールドカップ前、2月に(UEFA)ヨーロッパリーグでドルトムントと(レッドブル・)ザルツブルクが対戦した時、僕はケガしてその試合には出られなかったんですが、その時に拓実と話して。なかなか試合に出られていない状況だったのに、アイツはよく耐えたなと。耐えたというか、そもそも、拓実はザルツブルクにもう5年もいたわけじゃないですか。いや、僕は正直、「早く移籍しろ」とずっと思ってました。もちろん、彼自身、移籍したい想いはずっとあったと思いますが、そこで粘ってやり続けて、また試合に出られるようになって、(UEFA)チャンピオンズリーグでの出場も勝ち取って。代表でも結果を出して、自分自身で(ビッグクラブ入りを)勝ち取った。本当にすごいと思います。

――ザルツブルクで試合に出られない状況から、たった1年ですもんね。

香川:本当に早いんですよ、サッカーは一日一日が。明日、何が起こるかわからない世界ですからね。でも、いや、ホンマにすごい。彼自身としてだけじゃなく、ヨーロッパの中位国でプレーしていても、ビッグクラブにいけるという道を彼が作ったわけですから。後に続く日本人選手にとっても大きいと思います。

――それにしても、リヴァプールはトップトップすぎて、いきなりあのレベルで大丈夫か、とも思ってしまいますが、監督が(ユルゲン・)クロップ監督だというのが心強いですよね。

香川:最高だと思いますよ。拓実もやっぱりクロップに合うプレースタイルですし。もちろん、ポジション争いは熾烈だと思います。だって、世界ナンバーワンのクラブですからね。でも、そこでやるということを、本当に楽しんでほしいと思います。他人事みたいに聞こえちゃうかもしれないですけど、本当に楽しんでほしいなって。やっぱり、サッカー選手にとっては、25歳から29、30歳までがベストな時間だと思うから、拓実自身で勝ち取ったこの環境を、最大限に楽しんでほしい。もちろん、その壁は本当に厳しいものだと思うし、苦しい時も多いだろうし、むしろそういうことばかりかもしれない。いや、ホンマに他人事に聞こえちゃうけど、それでも楽しんで自分の最高の時を過ごしてほしいなと思います。

つづく

12/19(木) 21:31配信 REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00010002-realspo-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191219-00010002-realspo-000-7-view.jpg

4 名前:Egg ★:2019/12/19(木) 23:01:12.94 ID:3d40fIkA9.net

ビッグクラブ移籍は「身を置かなきゃわからないこともある」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20191219-00010002-realspo-001-7-view.jpg

――振り返って、香川真司にとって、自分自身のマンチェスター・ユナイテッドでのキャリアというのは、どういう時間だったんでしょう?

香川:財産ですよ。あの時間がなかったら、今の僕はありませんし。

――あの時のマンチェスター・ユナイテッドも、今のリヴァプールと同じく、本当に世界のトップトップでした。そのマンチェスター・ユナイテッドに鳴り物入りで入って、もちろん、本人としては納得いく活躍ではなかったかもしれないですが、でも間違いなく、何度もあのメンバーの中で輝きを放ちました。

香川:セレッソ(大阪)からドルトムントに行って、変な話、あんまり苦労せずにリーグ戦連覇して、(2011-12シーズンは)カップ戦でも優勝して2冠を達成して、「もう何も怖いものはない」という感じでマンチェスター・ユナイテッドに行って。でも、ユナイテッドは(ドルトムントとは)全くの別物でしたね。環境だけじゃなく、戦術一つにしても。「全然、連動性ないやん、マンチェスター・ユナイテッド。めっちゃ、個で解決しようとするやん、ユナイテッド。守備陣も全然押し上げてくれへんやん」みたいな(苦笑)。でも、(リオ・)ファーディナンド、(ネマニャ・)ヴィディッチ、(パトリス・)エヴラとか、最終ラインの一人一人の雰囲気は本当にすごくて、多少はやらしても、身体能力でどうにかしちゃう感じだった。ドルトムントも個の能力はもちろん高かったけれど、よりチームとして連動して走って戦う感じで、若い選手も含め連動性が特徴だったから。でも、マンチェスター・ユナイテッドは全く違うから、そこが衝撃的だった。前線の選手たちも、全然連動しないし、守備のサポートもしないし、でも、最終的には(ウェイン・)ルーニーや(ロビン・)ファン・ペルシーが解決する。個の力はやっぱり圧倒的にすごかったですね。結局、優勝したわけですし。ただ、自分はあそこで勝ち取れなかった。結果的に、2年で出たわけだから。やっぱり、それはすごく悔しい。ただ、あの経験があったからこそ、またいろんな自分に気づくことができたし、あの時の自分はただただ、まだ甘かったなと。本当にそう感じてます。もっとやれる努力であったり、気持ちであったり、本当にすべてをかけてやっていたのかと言われたら、やっぱりまだまだ甘かったっていう想いが強い。実際、2014年のブラジル・ワールドカップはそれがシンプルにピッチに表れたし、でもそれを得たからこそ2018年のロシア・ワールドカップにつながったとも思ってます。

――マンチェスター・ユナイテッドで味わった悔しさがあって、その後もあがき続けているからこそ、成長もあるわけだと。

香川 結局、実際に、そういうところに身を置かなきゃわからないと思うんですよね。想像はあくまで想像でしかなくて、実際に直面してみないと本当のところはわからない。でも、もう僕には23歳の時は返ってこないから、だからこそ、それを経験した人間としては、拓実にはとにかく楽しんで頑張ってほしいなって。その挑戦はオマエにしかできないし、ただ、最高な経験であることは間違いないから、それを楽しんでほしいなと心から思う。そうやって勝ち取って、それをまた下の世代につなげてもらいたい。僕はビッグクラブでは最終的には勝ち取れたかと言ったら勝ち取れていないわけで、でも、拓実にはリヴァプールというビッグクラブで勝ち取ってほしい。そういう日本人選手が出てこないといけないと思うから。それにしても、マンチェスター・ユナイテッドとセレッソが試合した時、わざわざ、「ユニフォームを交換してください」って言ってきたあの男が、今じゃリヴァプールの選手になるわけですから(笑)。同じセレッソ育ちとして、本当に感慨深いです。とにかく、楽しんで、そして活躍してくれることを願ってます


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576763990
続きを読む

【サッカー】<独占>香川真司が語る!南野拓実リヴァプール移籍「本当に感慨深い」「マンUでの経験は財産」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/12/19(木) 22:59:50.53 ID:3d40fIkA9.net

現地時間12月19日、ついに日本代表MF南野拓実がプレミアリーグの名門リヴァプールに移籍すると正式に発表された。

奇しくも、この移籍報道が出た12月12日、『REAL SPORTS』では香川真司にインタビューを実施していた。香川のインタビュー記事は後日あらためて掲載するが、今回はその中から、ビッグクラブへとステップアップした同じ“セレッソ大阪育ち”の仲間について話してくれた部分を先行してお届けする。

(インタビュー・構成=岩本義弘[REAL SPORTS編集長])

自分の力でリヴァプール移籍を勝ち取った南野は「本当にすごい」

――南野拓実選手のリヴァプール移籍が確定的となりました(編集部注:このインタビューは南野選手のリヴァプール移籍確定的報道が出た2019年12月12日に実施。その後、12月19日にリヴァプールが南野選手の加入を正式に発表)。

香川:いや素直にビックリしました。拓実はすごいと思います。それこそ、2018年のロシア・(FIFA)ワールドカップ前、2月に(UEFA)ヨーロッパリーグでドルトムントと(レッドブル・)ザルツブルクが対戦した時、僕はケガしてその試合には出られなかったんですが、その時に拓実と話して。なかなか試合に出られていない状況だったのに、アイツはよく耐えたなと。耐えたというか、そもそも、拓実はザルツブルクにもう5年もいたわけじゃないですか。いや、僕は正直、「早く移籍しろ」とずっと思ってました。もちろん、彼自身、移籍したい想いはずっとあったと思いますが、そこで粘ってやり続けて、また試合に出られるようになって、(UEFA)チャンピオンズリーグでの出場も勝ち取って。代表でも結果を出して、自分自身で(ビッグクラブ入りを)勝ち取った。本当にすごいと思います。

――ザルツブルクで試合に出られない状況から、たった1年ですもんね。

香川:本当に早いんですよ、サッカーは一日一日が。明日、何が起こるかわからない世界ですからね。でも、いや、ホンマにすごい。彼自身としてだけじゃなく、ヨーロッパの中位国でプレーしていても、ビッグクラブにいけるという道を彼が作ったわけですから。後に続く日本人選手にとっても大きいと思います。

――それにしても、リヴァプールはトップトップすぎて、いきなりあのレベルで大丈夫か、とも思ってしまいますが、監督が(ユルゲン・)クロップ監督だというのが心強いですよね。

香川:最高だと思いますよ。拓実もやっぱりクロップに合うプレースタイルですし。もちろん、ポジション争いは熾烈だと思います。だって、世界ナンバーワンのクラブですからね。でも、そこでやるということを、本当に楽しんでほしいと思います。他人事みたいに聞こえちゃうかもしれないですけど、本当に楽しんでほしいなって。やっぱり、サッカー選手にとっては、25歳から29、30歳までがベストな時間だと思うから、拓実自身で勝ち取ったこの環境を、最大限に楽しんでほしい。もちろん、その壁は本当に厳しいものだと思うし、苦しい時も多いだろうし、むしろそういうことばかりかもしれない。いや、ホンマに他人事に聞こえちゃうけど、それでも楽しんで自分の最高の時を過ごしてほしいなと思います。

つづく

12/19(木) 21:31配信 REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00010002-realspo-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191219-00010002-realspo-000-7-view.jpg

4 名前:Egg ★:2019/12/19(木) 23:01:12.94 ID:3d40fIkA9.net

ビッグクラブ移籍は「身を置かなきゃわからないこともある」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20191219-00010002-realspo-001-7-view.jpg

――振り返って、香川真司にとって、自分自身のマンチェスター・ユナイテッドでのキャリアというのは、どういう時間だったんでしょう?

香川:財産ですよ。あの時間がなかったら、今の僕はありませんし。

――あの時のマンチェスター・ユナイテッドも、今のリヴァプールと同じく、本当に世界のトップトップでした。そのマンチェスター・ユナイテッドに鳴り物入りで入って、もちろん、本人としては納得いく活躍ではなかったかもしれないですが、でも間違いなく、何度もあのメンバーの中で輝きを放ちました。

香川:セレッソ(大阪)からドルトムントに行って、変な話、あんまり苦労せずにリーグ戦連覇して、(2011-12シーズンは)カップ戦でも優勝して2冠を達成して、「もう何も怖いものはない」という感じでマンチェスター・ユナイテッドに行って。でも、ユナイテッドは(ドルトムントとは)全くの別物でしたね。環境だけじゃなく、戦術一つにしても。「全然、連動性ないやん、マンチェスター・ユナイテッド。めっちゃ、個で解決しようとするやん、ユナイテッド。守備陣も全然押し上げてくれへんやん」みたいな(苦笑)。でも、(リオ・)ファーディナンド、(ネマニャ・)ヴィディッチ、(パトリス・)エヴラとか、最終ラインの一人一人の雰囲気は本当にすごくて、多少はやらしても、身体能力でどうにかしちゃう感じだった。ドルトムントも個の能力はもちろん高かったけれど、よりチームとして連動して走って戦う感じで、若い選手も含め連動性が特徴だったから。でも、マンチェスター・ユナイテッドは全く違うから、そこが衝撃的だった。前線の選手たちも、全然連動しないし、守備のサポートもしないし、でも、最終的には(ウェイン・)ルーニーや(ロビン・)ファン・ペルシーが解決する。個の力はやっぱり圧倒的にすごかったですね。結局、優勝したわけですし。ただ、自分はあそこで勝ち取れなかった。結果的に、2年で出たわけだから。やっぱり、それはすごく悔しい。ただ、あの経験があったからこそ、またいろんな自分に気づくことができたし、あの時の自分はただただ、まだ甘かったなと。本当にそう感じてます。もっとやれる努力であったり、気持ちであったり、本当にすべてをかけてやっていたのかと言われたら、やっぱりまだまだ甘かったっていう想いが強い。実際、2014年のブラジル・ワールドカップはそれがシンプルにピッチに表れたし、でもそれを得たからこそ2018年のロシア・ワールドカップにつながったとも思ってます。

――マンチェスター・ユナイテッドで味わった悔しさがあって、その後もあがき続けているからこそ、成長もあるわけだと。

香川 結局、実際に、そういうところに身を置かなきゃわからないと思うんですよね。想像はあくまで想像でしかなくて、実際に直面してみないと本当のところはわからない。でも、もう僕には23歳の時は返ってこないから、だからこそ、それを経験した人間としては、拓実にはとにかく楽しんで頑張ってほしいなって。その挑戦はオマエにしかできないし、ただ、最高な経験であることは間違いないから、それを楽しんでほしいなと心から思う。そうやって勝ち取って、それをまた下の世代につなげてもらいたい。僕はビッグクラブでは最終的には勝ち取れたかと言ったら勝ち取れていないわけで、でも、拓実にはリヴァプールというビッグクラブで勝ち取ってほしい。そういう日本人選手が出てこないといけないと思うから。それにしても、マンチェスター・ユナイテッドとセレッソが試合した時、わざわざ、「ユニフォームを交換してください」って言ってきたあの男が、今じゃリヴァプールの選手になるわけですから(笑)。同じセレッソ育ちとして、本当に感慨深いです。とにかく、楽しんで、そして活躍してくれることを願ってます


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576763990
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ