マンU

【サッカー】元マンU監督のアレックス・ファーガソンが脳出血で緊急手術

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/05/06(日) 04:27:53.32 ID:CAP_USER9.net

Former Manchester United manager Sir Alex Ferguson undergoes emergency surgery after suffering a brain haemorrhage
http://www.dailymail.co.uk/sport/sportsnews/article-5694969/Doncaster-boss-Darren-Ferguson-misses-final-match-season-severe-family-issue.html

Sir Alex Ferguson undergoes emergency surgery for brain haemorrhage
https://www.theguardian.com/football/2018/may/05/sir-alex-ferguson-emergency-surgery-brain-haemorrhage


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525548473
続きを読む

【サッカー】マンUが逆転で決勝へ!トッテナムは準決勝8連敗…/FAカップ準決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/04/22(日) 07:04:59.43 ID:CAP_USER9.net

Goal
準決勝で7連敗中のトッテナムが幸先よく先制したが…

■FAカップ マンチェスター・U 2-1 トッテナム

マンチェスター・U:サンチェス(24分)、エレーラ(62分)
トッテナム:デレ・アリ(11分)

現地時間21日、イングランド・FAカップ準決勝が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムの一戦は2-1でユナイテッドが逆転勝ちを収め、決勝戦へと駒を進めた。決勝戦の相手はチェルシーvsサウサンプトンの勝者となる。

今シーズンのプレミアリーグでは互いにホームで勝利し、1勝1敗の両者。トッテナムは普段ホームとして使用しているウェンブリー・スタジアムで試合を行えることは地の利ではあるが、一方で準決勝7連敗中という嫌なデータもある。最後に勝ったのは優勝した1990-91シーズンまで遡らなければならない。

そんなトッテナムだが、立ち上がりから得意のパスワークでユナイテッドを押し込むと、11分にクリスティアン・エリクセンがロングパスに抜け出し、右サイドから速いクロスを折り返す。これをゴール前にトップスピードで飛び込んできたデレ・アリが押し込んでトッテナムが幸先よく先制する。

しかし、このままで終わらないのがユナイテッド。徐々に守備からリズムを作ると、24分に左サイドでポール・ポグバがボールを奪い返し、すかさずゴール前にクロスを入れる。これをヤン・フェルトンゲンとベン・デイヴィスの間に上手く入ったサンチェスが頭で合わせ、ユナイテッドが同点に追いつく。

その後もパスをつなぐトッテナムと、カウンターを狙うユナイテッドという構図は変わらず。前半終了間際にはエリック・ダイアーのミドルシュートが左のポストを直撃。名手ダヴィド・デ・ヘアも諦めて見送らざるを得ない一撃を放った。

後半、ペースを握ったのはユナイテッド。前半以上の堅守でトッテナムにチャンスを与えず、逆に少ない手数でスパーズゴールに迫る。

すると迎えた62分、エリア内左でボールをキープしたアレクシス・サンチェスからの落としを受けたルカクが、ゴール前に横パス。これがDFに当たって若干コースが変わり、ペナルティーエリア手前右で受けようとしたジェシー・リンガードがスルーし、後方から走りこんできたアンデル・エレーラがダイレクトで押し込む。これがGKミシェル・フォルムを破り、ユナイテッドが逆転に成功する。

一度守ると決めたユナイテッドの守備は強力で、65分にはポグバのロングパスにロメル・ルカクが抜け出しチャンスを迎えるなど、カウンターの脅威も増す。なかなかユナイテッド守備陣を攻略できないトッテナムは73分、エリクセンが強烈なミドルシュートを放つものの、わずかに枠を外れた。

80分、アントニオ・バレンシアに代えてマッテオ・ダルミアンを投入して守備を固めつつ、ジェシー・リンガードに代えてマーカス・ラッシュフォードを投入しカウンターの武器も残すユナイテッド。一方、ゴールが欲しいトッテナムはルーカス・モウラ、ヴィクター・ワニャマ、そして86分にエリク・ラメラを投入し、交代枠を使い切る。

終盤は攻めるトッテナム、守るユナイテッドという構図がより鮮明に浮き上がったが、アディショナルタイムの5分を含めても決定機と呼べるチャンスは作れないまま。最後まで集中した守備で逃げ切ったユナイテッドが、2シーズンぶりに決勝進出を果たした。決勝では、チェルシーvsサウサンプトンの勝者と対戦する。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCu%E3%81%8C%E9%80%86%E8%BB%A2%E3%81%A7%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E3%81%B8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AF%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D8%E9%80%A3%E6%95%97fa%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D/1p9ncuk65ctn1npildxfofsw0


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524348299
続きを読む

【サッカー】C・ロナウドが古巣に復帰?マンUは巨額オファーで出迎えか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/03/30(金) 00:34:49.00 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドに対して、巨額のオファーを提示する予定だという。29日、英『エクスプレス』が伝えている。

 2003年から09年まで所属していたユナイテッドに、C・ロナウドが復帰するかもしれない。GKを補強したいレアルはユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアを狙っており、一方でユナイテッドはデ・ヘアと3500万ポンド(約52億4200万円)を引き換えに、ポルトガルの大エースを獲得しようと画策しているという。

 また、ジョゼ・モウリーニョ監督やフロント陣はC・ロナウドを呼び戻すために、2600万ポンド(約38億9400万円)の年俸という“本気”を見せるとも伝えられている。明らかな衰えこそ見られないものの、少しずつ現役選手としての晩年に向かいつつあるC・ロナウド。古巣復帰という大ニュースは真実となるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-01652083-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522337689
続きを読む

【サッカー】<UEFA-CL>マンU、CLベスト16敗退…“EL番長”セビージャに競り負ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/14(水) 06:43:07.00 ID:CAP_USER9.net

【マンU 1-2(1-2) セビージャ チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

◆マンチェスター・U 1-2 セビージャ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11146212

【得点者】
74分 0-1 ベン・イェデル(セビージャ)
78分 0-2 ベン・イェデル(セビージャ)
84分 1-2 ルカク(ユナイテッド)


現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはホームにセビージャを迎えて対戦。
敵地に乗り込んで行われた1stレグでは0-0の引き分けに終わったユナイテッド。試合開始して52分、ゴール前でパスを受けたジェシー・リンガードがシュートを放つもGKセルヒオ・リコに止められてしまう。

すると74分、縦パスを受けたウィサム・ベン・イェデルにシュートを打たれゴールを決められてしまった。続く78分にもベン・イェデルにヘディングシュートを叩き込まれ2点差に。
直後の80分にはフリーキックからクリス・スモーリングに決定的なチャンスが訪れるが、上手く合わせることが出来ずゴールが決まらない。

それでも84分、コーナーキックからロメル・ルカクが強烈なシュートを叩き込みユナイテッドが1点を返した。だが、時すでに遅し。結局、逆転することは出来ずユナイテッドは1-2の敗戦を喫している。
ヨーロッパリーグ(EL)で3連覇を経験したことがある“EL番長”のセビージャに競り負けベスト16で敗退することになった。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00260583-footballc-socc

◆ローマ 1-0 シャフタール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11146214

【得点者】
52分  1-0 エディ・ジェコ(ローマ)

【ローマ 1-0 (2試合合計2-2) シャフタール・ドネツク チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、ローマはシャフタール・ドネツクと対戦した。
試合はホームのローマが1-0で勝利し、2試合合計2-2ながらアウェイゴールの差でベスト8進出を決めた。

1stレグを落としたローマは開始から積極的にプレスをかけシャフタールにプレッシャーをかけボールを奪うもゴールは遠く無得点のままハーフタイムへ。
エンドが変わった52分に試合が動く。ストロートマンのスルーパスをオフサイドぎりぎりのタイミングで抜け出したジェコが飛び出してきたGKの股間を抜くシュートを決めローマが先制点を挙げる。

リードした後は守備を固めカウンターから追加点を狙う。シャフタールも選手交代で流れを変えに出るも79分にオルデツが一発レッドカードで退場し勝負あり。
このままローマが1-0で勝利しアウェイゴールの差で2007/08シーズン以来10季ぶりのベスト8進出を決めた

3/14(水) 6:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00260639-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520977387
続きを読む

【サッカー】「プレミアリーグでもNBAのようにオールスターゲームを」。マンUルカクが提言

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/03/01(木) 02:02:12.44 ID:CAP_USER9.net

「プレミアリーグでもNBAのようにオールスターゲームを」。マンUルカクが提言


マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクは、プレミアリーグでもNBAのように「オールスターゲーム」を開催してはどうかと提言している。


 あるリーグでプレーする選手たちの中からファン投票などで選ばれた選手でチームを組んで対戦するという形のオールスターゲームは、アメリカンスポーツなどで一般的な文化だが、サッカー界では開催される例はそれほど多くはない。

 MLS(メジャーリーグサッカー)では2004年まで東西対抗の形で行われていたが、現在はオールスターチームが欧州などから招待したビッグクラブと対戦する形の試合で行われている。Jリーグでも、オールスターゲームという形では2007年を最後に開催されていない。

 だがルカクは、プレミアリーグで「南北対抗」のオールスターゲームを行うことを提言した。「ひとつのアイディアだが、NBAにはオールスターゲームというものがある。プレミアリーグでも開催してはどうだろうか? 北対南でね! そしてファンが投票するんだ」と26日にツイッターの公式アカウントで投稿している。

 もしプレミアリーグで開催されるとすれば、南はチェルシーやアーセナル、トッテナムなどのロンドン勢中心、北はマンチェスター勢やリバプールなどの選手を中心としたメンバー構成が想定される。ファンにとっては楽しみなアイディアかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00258302-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519837332
続きを読む

【サッカー】マンUの“絶対的守護神”が神セーブ連発! セビージャの猛攻耐え抜き敵地でドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/22(木) 07:15:13.63 ID:CAP_USER9.net

2/22(木) 6:35配信
マンUの“絶対的守護神”が神セーブ連発! セビージャの猛攻耐え抜き敵地でドロー

【セビージャ 0-0 マンU チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


 現地時間21日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはセビージャのホームに乗り込んで対戦。

 試合開始して4分、セビージャのルイス・ムリエルに強烈なシュートを打たれるがGKダビド・デ・ヘアがセーブし失点を免れる。対するユナイテッドも38分、スコット・マクトミネイがシュートを放ちセビージャのゴールを脅かす。しかし、GKセルヒオ・リコに阻まれて先制ならず。前半終盤はセビージャに何度もチャンスを作られたが、GKデ・ヘアがセーブを連発し相手に得点を許さない。

 後半に入ってもセビージャペースは変わらず。83分にはロメル・ルカクがゴール前でキープした後、反転してゴールを決めたがハンドの判定によりノーゴールに。結局、お互いに得点を奪うことが出来ず0-0の引き分けに終わっている。2ndレグは現地時間3月13日にユナイテッドのホームで行われる予定だ。

【得点者】
なし

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00257321-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180222-00257321-footballc-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519251313
続きを読む

【サッカー】ルーニー「マンUは来季もシティに追いつけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/02/07(水) 14:36:23.57 ID:CAP_USER9.net

 エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティに追いつくのは来季も難しいという考えを述べた。英『スカイ・スポーツ』の番組で話している。

 シティは今季プレミアリーグで順調に首位を走っており、12試合を残した時点で2位のユナイテッドに13ポイント差。ユナイテッドも過去数年に比べれば好成績を残しているが、同じ町のライバルチームには大きく水を開けられている。

 昨季まで在籍したユナイテッドでエースとして長年活躍したルーニーは、今季だけでなく来季もこの力関係が変わることはないと予想している。「シティに追いつけるかどうかという話なら、今年はもちろん無理だ。率直に言えば、来季も追いつくのは難しいだろう」と語った。

「シティは4、5年前のバルセロナのレベルに達しようとしている。僕からこういうことは言いにくいが、ほぼ完璧なサッカーをしていることもある」とルーニーはシティの戦いぶりに賛辞を送った。

 バルサを2008年から2012年まで率いて“黄金時代”を築いたのが、現在シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だった。今季シティはチャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオ・カップ(リーグ杯)でも勝ち残り、前人未到の4冠達成の可能性も残している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00254934-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517981783
続きを読む

【サッカー】<C・ロナウド獲得の必要経費は520億円とマンUが試算!?> マドリーファンは7割が移籍を容認 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/19(金) 21:31:45.01 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドは、契約延長を巡ってフロレンティーノ・ペレス会長と衝突し、古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰を検討しているといわれる。

 スペイン紙『アス』によると、同国のメディア『セクスタ』は現地時間1月18日、マンチェスター・Uも「C・ロナウド復帰大作戦」にゴーサインを出したと報じた。
 
 2017年のC・ロナウドは、クラブ通算12度目の欧州制覇やクラブワールドカップ連覇に貢献し、自身は2年連続通算5度目のバロンドール受賞と、数々の栄光を手にした。それだけに、リオネル・メッシらとのサラリー差が不満で、契約を更新しないペレス会長に「騙された」と感じていると騒がれている。
 
 シーズン後の去就が取り沙汰されるC・ロナウドの新天地候補は、2003年から09年まで在籍したマンチェスター・Uだ。だが、彼の獲得には莫大なコストがかかるのは言うまでもない。そのため、実現は難しいとの声もあった。
 
 しかし『セクスタ』によると、マンチェスター・UはC・ロナウド復帰に要するコストを試算。移籍金2億ユーロ(約260億円)を含め、合計で4億ユーロ(約520億円)と計上し、メディアでのインパクトやマーケティングによって投資額を取り戻せるとの結論に達したという。
 
 また報道では、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督も、マドリーで共闘した同胞であるC・ロナウドの加入を了承したとされている。
 
 取引が実現すれば、マドリーにとっては一大事だ。だが、サポーターの心もC・ロナウドから離れつつあるのかもしれない。アス紙のアンケートでは、約13万人のうち、67パーセントものファンが「(マドリーでのプレーを)続けるべきではない」と回答した。実に7割近いサポーターが、C・ロナウドの移籍を容認しているのだ。
 
 長年にわたりエースとして君臨してきたC・ロナウドが、ついにスペインの地を去ることになるのか注目される。

1/19(金) 18:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00034901-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516365105
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ