マンU

【サッカー】マンUがヤヌザイ放出で合意か…ソシエダが移籍金約14億円で獲得へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 17:11:02.42 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・Uのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、レアル・ソシエダへの移籍に迫っているようだ。イギリスメディア『BBC』が12日付で伝えている。

 同メディアによると、すでにマンチェスター・Uはヤヌザイの売却に同意しているという。移籍金は980万ポンド(約14億4000万円)になる見込み。

 ヤヌザイは2013-14シーズンにプレミアリーグで27試合4得点を記録してブレイクしたものの、その後の成績は下降気味。2016-17シーズンはサンダーランドにレンタル移籍で放出された。同クラブでは25試合に出場したもののゴールを挙げられず。チームも2部降格となっていた。

 若手有望株として期待を受けてきたヤヌザイだが、新天地で輝きを取り戻すことができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00611788-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499847062
続きを読む

【サッカー】マンUに加入した雑魚専ルカク、対トップ6相手のゴール数はルーニー以下

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:39:52.26 ID:CAP_USER9.net

 エヴァートンからマンチェスター・Uに移籍金7500万ポンド(約110億1000万円)で移籍することで合意に達しているベルギー代表FWロメル・ルカクだが、ビッグマッチでの活躍は期待できないかもしれない。イギリス紙『サン』がデータを挙げて検証している。

 マンチェスター・Uは9日、13年間に渡って同チームに所属したイングランド代表FWウェイン・ルーニーがキャリアをスタートさせたエヴァートンへ移籍することを発表した。当然のことながらルカクにはルーニー以上の活躍が期待されている。

 しかし『サン』紙が掲載したデータによれば、2014-15シーズンの開幕から現在までの過去3シーズンにおいて、プレミアリーグの上位6チーム(昨シーズン終了時段階)を相手にルカクは全選手中で最多の35試合に出場しながら、わずか5ゴールしか記録できていない。

 同条件においてルーニーは、ゴール数こそルカクと同じだが、出場試合数は20試合となっており、どちらがビッグゲームで効率良く得点を決めてきたのかは一目瞭然だ。

 なお、過去3シーズンでトップ6を相手に最も多くのゴールを決めているのはマンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロで19ゴール(27試合)。以下、レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーの15ゴール(33試合)、トッテナムの同代表FWハリーケイン14ゴール(26試合)となっている。

 昨シーズンはプレミアリーグ37試合に出場し、ケインに次ぐ25ゴールを記録しているルカクだが、2月のボーンマス戦での4得点など、“格下”相手の固め取りが少なくなかった。しかしマンチェスター・Uで主力を務めるには、アグエロやケインのようにビッグゲームでも結果を残さなければならない。

 才能は疑う余地もない24歳のストライカーは、新天地でもサポーターを納得させる活躍ができるだろうか。

(記事/Footmedia)
SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00610999-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499683192
続きを読む

【サッカー】マンU移籍のルカクを逮捕 米ビバリーヒルズで騒音トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/09(日) 10:25:30.07 ID:CAP_USER9.net


7/9(日) 10:17配信
AFP=時事

イングランド・プレミアリーグのハル・シティ戦でボールに走り込むエバートンのロメルー・ルカク(2017年3月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)への移籍が発表されたロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)が8日、滞在先の米ビバリーヒルズ(Beverly Hills)にあるマンションでホームパーティーを開いて騒音トラブルを起こし、ユナイテッドで受け取る巨額の給与の中から罰金を支払うことが明らかになった。

【特集】写真で振り返るサッカー選手のビフォーアフター

 ビバリーヒルズ警察は、2日に騒音で繰り返し苦情を受けたルカクが滞在先で逮捕されたと発表している。

 警察は声明で、ルカクはその場で身柄を釈放されたが、度を超えた騒音により出頭命令が出されたと発表している。警察には同じマンションの住人から5件の苦情が出されていたという。

 ベルギー代表FWのルカクは、10月2日に米ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に出頭すると発表されたが、本人が出頭する義務はないという。

 24歳のルカクは、ユナイテッドでチームメートになるポール・ポグバ(Paul Pogba)とロサンゼルスで休暇を過ごしている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000009-jij_afp-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499563530
続きを読む

【サッカー】ペップ・グアルディオラが最も契約したい選手は“元マンU”のあのMF

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 17:29:28.58 ID:CAP_USER9.net

ライバルチームの英雄を讃える

イングランドのマンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督が、最も契約したい選手として元マンチェスター・ユナイテッドの英雄を挙げている。

2008年にバルセロナで指揮官としてのデビューを飾り、チャンピオンズリーグやリーガ・エスパニョーラなど、あらゆるタイトルを獲得し尽くしてきたペップ。その後ドイツでも成功を収め、昨夏より金満クラブのシティへ就任した名将にとって、“最もチームに加えたい選手”は誰なのか。当初、「ユナイテッドから誰か1人を獲得するとしたら?」との“意地悪な質問”には回答しなかったペップだが、「元ユナイテッドの名手」なら話は別だ。英紙『Daily Mail』が名将の言葉を伝えている。

「(元ユナイテッドのプレイヤーで誰を獲得したいか?)あぁ、ポール・スコールズは私にとって最高の選手だったよ。彼を選ぶね」

ペップのスコールズへの想いはもはや公然の秘密だ。彼がバルサを指揮して臨んだ2011年のチャンピオンズリーグ決勝でも、試合前には「マンチェスター・ユナイテッドの全選手の中で誰か1人を外しても良いなら、私はスコールズだね。同世代のMFの中では彼がズバ抜けてトップさ」などと称賛していた。

この試合でスコールズは全盛期だったスペイン代表MFシャビやイニエスタらと対峙。攻守にわたる圧倒的な存在感は2人を凌駕するほどのものであり、ペップが心酔するのも無理はないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499416168
続きを読む

【サッカー】<ルーニー>買い手見つからず? 来季マンUで「ベンチの置物」危機に直面

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 10:48:33.92 ID:CAP_USER9.net

週給4200万円の英雄FW、マンU側は一部負担などには応じず
 
マンチェスター・ユナテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは今季限りで退団する可能性が浮上しているが、
年俸と移籍金の折り合いがつかず、来季ユナイテッドで「ベンチの置物」となる危機に直面している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

ユナイテッドのキャプテンだったルーニーは今季新加入FWズラタン・イブラヒモビッチら同僚とのポジション争いに敗れ、今季先発出場は15試合、
わずか5ゴールに終わった。今夏退団の可能性がイングランドメディアで報じられる一方で、引き取り手が見つからない苦境に立たされている。

記事では「ウェイン・ルーニーはマンチェスター・ユナイテッドが格安の移籍金での放出に消極的なため、来季オールド・トラッフォードで“ベンチの置物”となる危機に直面している。
ルーニーは移籍先を見つけることに苦労しており、彼のユナイテッドでの週給30万ポンド(約4200万円)に近いオファーも受け取っていない」と報じられている。

ユナイテッドはルーニーの移籍先を探すために、高額な年俸の一部負担にも難色を示しているという。
移籍金の割引なし、高額年俸要求に加え、ユナイテッドの年俸補填なしの3点セットが、新天地候補の「クラブ側を躊躇させている」と記事では分析されている。

中国クラブの“ルーニー熱”も冷めたか

ルーニーの古巣エバートンは移籍先候補に浮上していたが、前述した3点セットがネックとなり交渉は暗礁に。ルーニーの代わりにアヤックスからオランダ代表MFデイヴィ・クラーセンを獲得し、
スウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンをターゲットにしている。

そして、“爆買い”の噂が囁かれていた中国クラブも、中国政府が外国籍選手の補強に100%の税金をかけることを発表したため、ルーニー熱が冷めているという。
イングランド代表でもギャレス・サウスゲイト監督から招集されていない31歳の英雄ストライカーは今、危機的状況に直面している。

6/24(土) 10:41配信 サッカーマガジンZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170624-00010004-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170624-00010004-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498268913
続きを読む

【サッカー】ロナウド加入でマンU1強時代到来へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 99eb-U1Pw):2017/06/22(木) 13:35:55.89 ID:CAP_USER9.net


6/22(木) 12:01配信
日刊ゲンダイDIGITAL

ロシア選手と競り合うC・ロナウド(C)AP

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ロシアで開催中の「コンフェデ杯」で存在感をアピールした。

 ホスト国・ロシアとの一戦(22日午前0時キックオフ)に先発フル出場し、会心のシュートを決めてみせたのである。

 いつものようにキャプテンマークを左腕に巻いて登場。前半8分だった。左サイドからのクロスに反応してジャンプ一番。強烈なヘディングシュートをお見舞いした。

 この代表通算74ゴール目(出場141試合)が決勝点となり、さすがは千両役者と脱帽するしかないが、C・ロナウドはコンフェデ杯のピッチ外でも注目を集めている。

 大会開幕前に「(所属するスペインの名門)レアル・マドリードを退団する」と代表チームメートに伝えたとスペインの国内メディアが報じた。

 移籍先は英プレミアの古巣マンチェスター・ユナイテッドが有力視されており、移籍が実現した場合は「マンUの1強時代を迎える」とサッカー関係者が口をそろえる。

「カネ回りが良くてレベルの高いリーグは、やはり欧州チャンピオンズリーグ(CL)を2連覇したレアル、FWメッシ率いるバルセロナが覇権を争うスペインということになるが、もしC・ロナウドがマンUに移籍した場合、英プレミアが取って代わるでしょう。レアルやバルサが人気クラブと言っても、世界的規模で見ると、たとえば東南アジア諸国での英プレミア人気は高く、中でもマンU人気はすさまじいのひと言。当代随一のストライカーがマンUに復帰すれば、ユニホームなどグッズもバカ売れするだろうし、新規スポンサーも殺到する。マンUの台所は今まで以上に潤い、巨額の戦力補強費を投下して大物をかき集めることができる。チーム力は飛躍的に上向くでしょう」(サッカーライター)

 C・ロナウドを引き入れたマンU時代が、間違いなくやってくる――。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000022-nkgendai-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498106155
続きを読む

【サッカー】<ヤヌザイ>マンU放出へ! 移籍金17億円以下の“バーゲンセール”に?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 16:01:29.95 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF香川真司とマンチェスター・ユナイテッドやドルトムントでポジションを争うライバルだったベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、バーゲンセールでクラブから見切りをつけられるという。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 ユナイテッド幹部やジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得られなかったヤヌザイは、昨季はドルトムント、今季はサンダーランドへ期限付き移籍した状態だった。しかし、そのパフォーマンスはジョゼ・モウリーニョ監督を納得させるには至らず、来季もユナイテッドでプレーするチャンスを得られないという。

 そしてユナイテッドは、ヤヌザイに移籍市場での“値札”をつけて放出に踏み切る方針だという。しかし、その金額は800万ポンド(約11億3000万円)から1200万ポンド(約17億円)とされ、まだ22歳の将来有望な若手としては破格のバーゲンセールとなる見込みだ。

 ヤヌザイはユース時代にアレックス・ファーガソン氏が目をつけて引き抜いた逸材だったが、ユナイテッドでのキャリアは失意のうちに終えることになりそうだ。若き才能は来季、どのクラブで復権への道を歩み出すことになるのだろうか。

6/8(木) 14:10配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00010013-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496905289
続きを読む

【サッカー】マンU、ドンナルンマ獲得へ90億円用意

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 08:56:37.66 ID:CAP_USER9.net

ユナイテッドが「ブッフォン二世」獲得の可能性 デ・ヘア後継者として18歳GKに90億円用意

Football ZONE web 5/26(金) 20:39配信

マンチェスター・ユナイテッドはUEFAヨーロッパリーグ決勝戦でアヤックスを破り、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手にした。
毎年無尽蔵な資金力を生かして大型補強を敢行している赤い悪魔は、
イタリアサッカー界が誇る「ブッフォン二世」と呼ばれる18歳のACミラン守護神を7500万ユーロ(約90億円)の移籍金で獲得する可能性が浮上している。
イタリア地元テレビ局「テレ・ロンバルディア」が報じた。

ユナイテッドはスペイン代表DFダビド・デ・ヘアがレアル・マドリードに移籍する可能性が浮上している。
2年前には一度コスタリカ代表GKケイラー・ナバスとトレードで完全合意に達していたが、手続き上のミスで実現しなかった経緯もある。

そして、赤い悪魔を率いるジョゼ・モウリーニョ監督はミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを後継者としてロックオン。
2月に18歳の誕生日を迎えたばかりの守護神に90億円の移籍金を準備しているという。

2018年6月に契約満了になるドンナルンマの獲得にはマンチェスター・シティも乗り出しているなか、
ドンナルンマ側はミランとの契約延長交渉に今のところ応じていない。

次代の最強守護神との呼び声も高い神童が、鉄壁デ・ヘアの代わりに赤い悪魔のゴールマウスに君臨することになるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010020-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495842997
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ