チェルシー

【サッカー】<マンチェスター・シティの無敗を止めたのはチェルシー!>プレミアリーグ唯一無敗のリバプールが首位に...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/09(日) 05:33:18.02 ID:CAP_USER9.net

【チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第16節】

 現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー対マンチェスター・シティは、2-0でホームのチェルシーが勝利した。

 ここまで無敗を維持するシティと、対策が講じられ始めたチェルシーの一戦。前半は圧倒的なシティペースで進む。高い位置からの激しいプレスでチェルシーに自由を与えず、主導権を握った。

 しかし、チェルシーはシティの猛攻に耐えて無失点で踏ん張ると、前半終了間際に先制点。ペナルティエリア左でボールを持ったアザールがマイナスに折り返したボールに2列目から入ったカンテが合わせ、チーム初シュートを得点にした。

 追いかけるシティは53分、ザネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。チェルシーはコバチッチが負傷したため、65分にバークリーと交代した。

 守備の意識が高いチェルシーを攻略できないシティは、なかなか1点差を詰めることができない。

 すると78分、チェルシーが大きな追加点を挙げる。左からのCKにダビド・ルイスがヘディングで合わせて2-0とした。

 チェルシーは残り時間で集中した守備を披露し、シティにチャンスを与えない。最後までこの守りを続けたチェルシーが、シティに勝利している。

 この結果、シティの無敗がストップ。同日の試合で勝利したリバプールがリーグで唯一の無敗チームとなり、シティは2位に順位を下げた。

【得点者】
45分 1-0 カンテ(チェルシー)
78分 2-0 ダビド・ルイス(チェルシー)

12/9(日) 4:22 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300375-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544301198
続きを読む

【サッカー】神戸、今度は元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31チェルシー)獲り 来季以降の新戦力候補か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/06(木) 08:14:02.96 ID:CAP_USER9.net

神戸が元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31=チェルシー)獲得に向けて動いていることが5日、分かった。
関係者によると、来季以降の新戦力として、補強リストに名前を挙げているもよう。

イニエスタやポドルスキを擁する神戸は、1日に元スペイン代表FWビジャの獲得を発表したばかり。
アーセナルやバルセロナでも主力を担ってきたセスクも加わることになれば、大きな話題となるのは確実だ。
ただし、ACミランやAマドリードも獲得に乗り出しているとされ、本人は欧州でのプレーを望んでいると伊紙に報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000072-spnannex-socc
12/6(木) 7:51配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/478575
成績

http://www.golaco.club/uploads/article/image/2231/Cesc-Fabregas.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544051642
続きを読む

【サッカー】<プレミア強豪・チェルシー>来夏“日本上陸”が決定! 12年クラブW杯以来、二度目の来日

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/26(月) 10:38:21.43 ID:CAP_USER9.net

クラブ公式サイトで発表、プレシーズンマッチの相手など詳細は未定

プレミアリーグの強豪チェルシーが、2019-20シーズンに向けたプレシーズンに来日することが決まった。クラブとしては2012年のクラブワールドカップ以来、二度目となる。

チェルシーは2015年に日本のタイヤメーカーである横浜ゴムとスポンサー契約を締結しており、日本との関係も深まった。
チェルシー公式サイトでは「日本のファンとの距離感を近づけてくれたプリンシパルパートナーであるヨコハマの密接な協力のもと、
マウリツィオ・サッリ率いるチームのシーズン開幕に向けた準備を進めていく運びとなっている」と伝えられている。プレシーズンにトップチームが来日するのは、今回が初となる。

チェルシーのクラブアンバサダーとしてイベント出席のために来日中の元チェルシーFWディディエ・ドログバ氏も、「チェルシーの選手にとって、日本でのプレーは素晴らしい経験になるはず」と日本遠征を歓迎。
「ファンの熱気を感じているよ。誰にとっても素晴らしいものになるだろう」と、日本でのチェルシー人気の高さを肌で感じ取っているようだ。

日程や試合会場、気になる対戦クラブ、そしてチケットの詳細も今後追って公開される予定だという。
マウリツィオ・サッリ監督率いるタレント軍団が日本のピッチで躍動する姿を目に焼きつけたいというファンにとっては、待望のプレシーズンツアーとなりそうだ。

11/26(月) 9:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00150271-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181126-00150271-soccermzw-000-view.jpg

チェルシー日本語公式
https://www.chelseafc.com/ja


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543196301
続きを読む

【サッカー】コートジボワールの英雄ドログバ、現役引退を発表 チェルシーの一時代を牽引

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/11/22(木) 10:12:53.08 ID:CAP_USER9.net

 元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが21日、選手生活からの引退を発表した。UEFAチャンピオンズリーグ制覇1回、プレミアリーグ制覇4回。チェルシーの一時代を築いたストライカーは、自身がオーナーを務めるフェニックス・ライジング(アメリカ3部)でのプレーを最後に、20年間の現役生活に幕を閉じた。

 ドログバは1998年、フランスのル・マンでプロ生活をスタート。2002年にギャンガンへ移籍し、23歳で初めてトップカテゴリに所属すると、そこから一気にマルセイユ、チェルシーとステップアップした。2006-07シーズンには年間20ゴールを挙げ、初めてプレミアリーグ得点王を獲得した。

 チェルシーでは移籍初年度の2004-05シーズンを始め、05-06シーズン、09-10シーズンにプレミアリーグを制覇。11-12シーズンには欧州CLをPK戦で制し、同点ゴールを挙げた自身は決勝のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

 2012年夏にチェルシーを退団し、そこから上海申花、ガラタサライを渡り歩いたが、2014年に再びチェルシーに復帰。4度目のリーグタイトルを経験すると、同年限りでアメリカへ。モントレアル・インパクトを経て、2017年からはフェニックス・ライジングのオーナーに就任し、自身もプレーしていた。

 通算成績はリーグアン80試合39得点、プレミアリーグ254試合104得点。日本を破ったブラジルW杯を最後に引退したコートジボワール代表では、105試合65得点を記録している。

 ドログバは自身の公式ツイッターを通じて、1989年に自身がサッカーを始めた当時の写真を投稿し、「あの時、あの場所で全てが始まった!」とコメントを発表。「お前の夢は大きすぎるって誰から言われようが、ただ『ありがとう』って言っておけ。あとはよりハードワークし、そしてスマートに実現させていくだけだ」などとメッセージを送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-06100998-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542849173
続きを読む

【サッカー】<コンテ前監督>チェルシーと訴訟か…30億円要求

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/08(木) 22:35:59.44 ID:CAP_USER9.net

チェルシー前監督のアントニオ・コンテ氏は未払いの給与をめぐり古巣相手に訴訟を起こす準備をしていると、8日にスカイスポーツ電子版が報じた。チェルシーとの話し合いを拒否しているという。

コンテ氏は今夏クラブ側から解雇されていたが、契約に準じて敬意を示されるべきだと感じている。同氏の弁護士は労働裁判所とスポーツ仲裁裁判所(CAS)への申し立てに向けて準備しているという。チェルシーは法廷での争いを避けるためコンテ氏に面会を申し込んでいるが、拒否されている。

一部報道によると、同氏は残りの契約分給与1130万ポンド(約16億8000万円)のほか、870万ポンド(約13億円)の賠償金、計2000万ポンド(約30億円)の支払いを求めている。しかし、チェルシーはディエゴ・コスタに対する扱い、スポンサー関連イベントへの欠席、記者会見への遅刻や練習場で指定された場所に駐車しなかったなど、在籍中の態度から支払いを否定的だという。

11/8(木) 22:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00386378-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541684159
続きを読む

【サッカー】バカヨコ、ミランへのレンタル打ち切り? チェルシー復帰の可能性浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/16(火) 11:45:48.18 ID:CAP_USER9.net

10/16(火) 11:43配信
バカヨコ、ミランへのレンタル打ち切り? チェルシー復帰の可能性浮上

 ミランへレンタル移籍で加入しているMFティエムエ・バカヨコが、所属元のチェルシーへ復帰する可能性が浮上しているようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の報道を引用しつつ、イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に伝えている。

 バカヨコは今年8月、ミランへのレンタル移籍加入が決定。移籍期間は1年間で、完全移籍へ移行する買い取りオプションも契約に盛り込まれている。『スカイスポーツ』によれば、買い取りオプション行使時には移籍金3556万ポンド(約50億3000万円)が発生するとのことだった。

 しかし、バカヨコは初挑戦のセリエAで苦戦。第8節終了時点で4試合に途中出場するにとどまり、プレータイムはわずか105分となっている。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の信頼を得られず、指揮官はバカヨコよりも経験のある選手を求めているとも報じられている。

 バカヨコは1994年生まれの24歳。レンヌの下部組織出身で、2013年夏にトップチームへ昇格した。翌2014年夏、モナコに加入。昨年夏に移籍金4000万ポンド(約56億6000万円)でチェルシーへ加入し、公式戦43試合に出場して3得点を記録した。

 今回の報道によると、バカヨコは来年1月の移籍市場でチェルシーに復帰する可能性があるという。ミランでの挑戦は不本意な形で終幕となるのか、挽回することができるのか。今後のパフォーマンスに注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00848137-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181016-00848137-soccerk-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539657948
続きを読む

【サッカー】チェルシーを変貌させた「サッリ・ボール」 リバプール戦で見えた新戦術の真髄とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/10/02(火) 21:13:52.14 ID:CAP_USER9.net

10/2(火) 20:30配信 Football ZONE web
サッリ新監督が導入した、ナポリ仕込みのポゼッションスタイル

 今季のチェルシーが大変貌を遂げている。長年にわたって「堅守速攻」を主体としてきたチームスタイルから一変し、オン・ザ・ボールで試合を掌握するポゼッションスタイルとなった。

 プレミアリーグ公式サイトと英サッカーサイト「Whoscored.com」のデータによれば、リーグ第7節終了時点でのチェルシーの総パス数「5077本」、1試合平均パス数「725本」、ポゼッション率「63.1%」はいずれもマンチェスター・シティに次ぐリーグ2位の数字(シティの総パス数は「5111本」、1試合平均パス数「730本」、ポゼッション率「67.3%」)。昨季通算では総パス数「2万1264本」、1試合平均パス数「560本」、ポゼッション率「54.4%」といずれもリーグ5番目の数値だったことを考えれば、スタイルが変化していることが分かる。

 変貌した大きな要因は、今季セリエAのナポリから招聘したイタリア人のマウリツィオ・サッリ新監督の手腕によるところが大きい。ボールを保持して相手陣内に相手を押し込むだけでなく、縦横への揺さぶりや緩急によってスペースを生み出し、そこを素早く突いていくスピード感満載のポゼッション「サッリ・ボール」を、たった1カ月でチームに落とし込んだ。

「サッリ・ボール」のキーマンを担うMFジョルジーニョ

 新指揮官とセットで、愛弟子のイタリア代表MFジョルジーニョを今夏ナポリから獲得できたことも大きい。第3節ニューカッスル戦(2-1)では、相手のチーム全体のパス成功数「131本」を超える「158本」ものパスを一人で成功させたり、第6節ウェストハム戦(0-0)では1試合パス本数「180本」のプレミアリーグ新記録を樹立するなど、「サッリ・ボール」に欠かせない存在となっている。前線にボールを当ててジョルジーニョに落とし、裏への配球、サイドへの散らしなど変幻自在なパスワークで相手を揺さぶることで、チェルシーの攻撃は確実に迫力を増している。

 そして9月29日に行われた注目の上位対決、リーグ第7節リバプール戦(1-1)で先制点を奪ったシーンには、「サッリ・ボール」の真髄が詰まっていた。



 リーグ最少失点数「2」でこの試合を迎えたリバプールの最終ラインすら混乱に陥れたサッリ監督率いる新生チェルシーは、プレミアリーグ開幕後の公式戦はいまだ負けなし(7勝2分)。各チームが対策を講じてくるシーズン中盤戦へ向けて、サッリ監督が次なる一手をどのように繰り出してくるのか見ものだ。

全文はこちらからhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00138781-soccermzw-socc&p=1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538482432
続きを読む

【サッカー】<メッシやC・ロナウドより上!>MFアザールをチェルシー同僚が絶賛!「彼は世界最高だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/29(土) 01:47:44.32 ID:CAP_USER9.net

リバプール戦で圧倒的な個人技を見せつけたアザール 同僚MFバークリーが太鼓判

チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは現地時間26日のリーグカップ3回戦でリバプール相手に圧倒的な個人技を見せて決勝ゴールを奪った。今季公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せる「背番号10」を同僚選手も「世界一」だと称えている。英紙「テレグラフ」が報じた。

【動画】超絶タッチで相手を翻弄! 絶好調のベルギー代表MFアザール、圧巻のハットトリック達成

 アザールはリバプールとの一戦で後半11分からピッチに立つと、1-1で迎えた同40分に右サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

 開幕からトップフォームを維持し、圧巻の個人技を披露したアザールを“世界一“に推す声も上がっている。同僚のイングランド代表MFロス・バークリーは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較したうえで、“自己中心的”ではないアザールこそナンバーワンだと手放しで称賛する。

「比較すると、ロナウドとメッシのほうがエデンより利己的かもしれない。彼は利己的な選手ではない。二つのアシストでチームが勝利してもハッピーだ。ゴールも増え、日々良くなっている。リバプール戦で彼がやってのけたプレーは、正直言ってトレーニングで毎回やっている。だから驚きはないよ。現時点で彼は世界最高の選手だ。僕はそう信じている」

 メッシやロナウドに並ぶ実力者という評価を得ているアザール。二人の壁に阻まれて、バロンドールなど個人賞の獲得はまだない。この調子を維持し、名実ともに世界最高の称号を手にすることができるだろうか。

写真https://amd.c.yimg.jp/im_siggYwzxjfKOOPzZeHo7KBJkCg---x264-y264-q90-exp3h-pril/amd/20180830-10000243-bunshuns-000-2-thumb.jpg


9/28(金) 15:10 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138049-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538153264
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ