アーセナル

【サッカー】リヴァプールOB、サッリのチェルシーを酷評「サッリを見てくれ。本当に弱いチーム。アーセナルみたいにした」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/12(火) 17:45:36.87 ID:staFMZVu9.net

リヴァプールのレジェンドで現在は解説者を務める元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、チェルシーを酷評した。

チェルシーは、9日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティと対戦。終盤の厳しいチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに向けて敗戦を避けたい試合だったが、0-6という歴史的な惨敗を喫し、一気に6位にまで転落した。

イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めたキャラガー氏は、「私はこれまで、チェルシーのパフォーマンスについて恥だと言ってきたことがあったが、今回はその中でも酷いね」と酷評。さらに、「サッリを見てくれ。シーズンも半分を越えているが、彼はチェルシーをアーセナルみたいにした。アーセナルはこの7,8年、敵地でのビッグゲームで脆さを見せてきたからね」と、アーセナルを引き合いに出して、マウリツィオ・サッリ監督を糾弾した。

そして再び、「我々は本当に弱いフットボールチームを目撃した」と切り捨てたキャラガー氏。チェルシーは今後、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32のマルメ戦のほか、マンチェスター・ユナイテッド(FAカップ5回戦)、マンチェスター・シティ(カラバオカップ決勝)、トッテナム(プレミアリーグ第28節)ら強豪との連戦が続くが、批判を跳ね返すパフォーマンスを見せることができるだろうか。
https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/1/1uqvboifm10s91b1rvj7hegu9c


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549961136
続きを読む

【サッカー】英紙が浅野拓磨に厳しい評価…「プレミアで通用しない」「アーセナルは売却に苦労する」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/10(日) 15:50:06.53 ID:G1+5AkAV9.net

 英『デイリー・エクスプレス』が今季アーセナルから期限付き移籍している選手の現在の評価を掲載した。ハノーファーに所属するFW浅野拓磨(24)については、10段階中「4」と評価した。

 2016年7月にサンフレッチェ広島からアーセナルに完全移籍した浅野。イギリスの労働許可証が下りず、ドイツのシュツットガルトに期限付き移籍し、移籍初年度にリーグ戦26試合4得点でチームの2部優勝に大きく貢献した。

 今季からハノーファーに所属している浅野は、ここまでリーグ戦では9試合に出場しているが得点はない。昨年12月には、アジアカップに出場する日本代表のメンバーに招集されていたが、怪我のため離脱していた。

 同紙は浅野に対して「4」をつけ、「2016年に獲得するも労働許可証が下りず、直後からドイツでローンの日々を過ごしている。だが、これまでプレミアリーグで通用することを証明できていない」と厳しい評価をつけた。

 さらに「今シーズンはハノーファーにいて、ここまで11試合1ゴール1アシストを記録。怪我のため、アジアカップ出場を逃したため、労働許可証を取得するチャンスを逃した。彼の価値は下がっているので、アーセナルは彼を売却しても利益を得るのに苦労するだろう」と、将来的にアーセナルでプレーする可能性は低いとみている。

 怪我から復帰を果たし、1日のライプツィヒ戦では昨年12月15日のバイエルン戦以来のスタメン入りとなった浅野。残りのシーズンでこの厳しい評価を跳ね除け、チームに欠かせない選手として活躍してみせる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-27084234-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549781406
続きを読む

【サッカー】アーセナルの元チェコ代表GKチェフ、今季での引退を表明「プロとして20年…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/01/15(火) 20:57:18.59 ID:kX5RH2Hi9.net

アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフが、2018-19シーズン限りでの現役引退を表明した。自身の公式ツイッターにて伝えている。

 チェフは15日にツイッターを更新し、英語でのメッセージを記した画像を掲載。「これ(今シーズン)がプロ選手としての20年目で、初めてプロ契約を締結してから20年が経った。だから、今シーズンの終わりをもって引退することを表明するにふさわしい時だと思っている」と記し、今シーズン限りで現役を引退する意向を表明した。

 そしてチェフは「アーセナルでハードワークを続け、さらにもう一つのトロフィーを今シーズンに獲得できることを願っている。それからは、オフ・ザ・ピッチでの人生を楽しみにしたいね」などと思いをつづっている。

 チェフは1982年生まれの36歳。2002年2月、19歳の若さでA代表デビューを果たした。ユーロ2004予選以降はレギュラーに定着。長年に渡ってチェコ不動の守護神としてチームを支えてきた。ワールドカップは2006年のドイツ大会と2014年のブラジル大会、ユーロは2008、2012、2016の3大会に出場。同国代表歴代最多となる124試合出場を記録し、2016年7月に代表引退を表明した。

 クラブレベルでは、母国チェコでのプレーを経て2002年にフランスのレンヌへ移籍し、2004年から2015年まではチェルシーでプレー。2015年夏にアーセナルへ完全移籍で加入し、プレーを続けている。チェルシーではプレミアリーグとFAカップを各4回、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを各1回制覇するなど、数々のタイトルを獲得。アーセナルでもFAカップ制覇を経験している。

 プレミアリーグで長きに渡って活躍を続けてきた守護神が、選手生活にピリオドを打つ決断をした。今シーズンのプレミアリーグでは7試合出場にとどまっているが、約半年となった選手生活、チェフのプレーから目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00892998-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547553438
続きを読む

【サッカー】アーセナル、ハメス入りでエジルが玉突き移籍か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/01/09(水) 18:43:50.34 ID:8rZQ1WwC9.net

アーセナルがハメスの保有元であるレアルにオファー提示か

 プレミアリーグに、またもビッグネームが参戦するかもしれない。アーセナルが、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得のために、6300万ポンド(約87億円)のオファーを出したと、英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【移籍一覧】2018-19退団&新加入選手|海外リーグ冬の移籍市場

 ハメスは2017年7月にスペインのレアル・マドリードからドイツのバイエルンに加入した。しかし、この移籍は2年間のレンタル移籍のため、ハメスの所有権は、レアルにある。バイエルンではニコ・コバチ監督との関係が良好とは言えず、レアルもハメスを戦力として考えていないという。

 プレミアリーグで首位を走っているリバプールも、ハメスの獲得に興味を示しているとの報道もあるが、アーセナルが先に具体的なオファーを提示したようだ。記事によると、アーセナルはウナイ・エメリ監督が獲得を希望しており、6300万ポンドのオファーを提示して14年ブラジルW杯で得点王に輝いたアタッカーの獲得に動いているようだ。

 仮にハメスがアーセナルに移籍することになれば、退団が囁かれているドイツ代表MFメスト・エジルの将来が、さらに不透明になるだろう。エジルの去就については、19年に入って代理人が「昨年1月に結んだ契約をまっとうする気持ちに変化はない」と説明し、エジル自身は21年までアーセナルでプレーする意思があることを明らかにしていた。しかし、コロンビア代表10番の加入が決まれば状況は変わってくるはず。多くの選手が巻き込まれる、“玉突き移籍”が起こりかねないため、ハメスの去就は今後も大きな注目を集めそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00160267-soccermzw-socc&pos=1


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547027030
続きを読む

【サッカー】<止まらない>リバプールがアーセナルを粉砕!大量5得点で豪快逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/30(日) 07:46:50.52 ID:CAP_USER9.net

【リバプール 5-1 アーセナル プレミアリーグ第20節】

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第20節のリバプール対アーセナルは、5-1でホームのリバプールが勝利した。

開幕から無敗を維持して首位を快走するリバプールだが、この日先制したのは5位のアーセナルだった。
11分、敵陣でロングフィードをカットすると、左サイドからイウォビがクロスを供給。フリーで走り込んだメイトランド=ナイルズがゴールを決める。

だが、これがリバプールの攻撃に火をつけた。

14分、相手DFリヒトシュタイナーのクリアが味方に当たってこぼれたボールを拾ったフィルミーノが同点弾を決めると、
16分にもフィルミーノ。中央で2人のDFを抜き去り、逆転弾を奪う。

32分にはサラーの折り返しをマネが押し込んで3-1となると、
前半終了間際にはサラーのPKで4点目が決まり、大差で折り返した。

リバプールは後半に入っても攻撃の手を緩めず、5点目を狙う姿勢で入った。
すると65分、ロブレンが倒されて得たPKをフィルミーノが担当。冷静にGKの逆を突き、ハットトリックを達成する。

これでリードが4点となったリバプールは、残り時間も隙を見せず、5-1のまま勝利を収めた。
同日の試合では、2位のトッテナムがウォルバーハンプトンに敗れている。このため、リバプールと2位の勝ち点差は9となった。

【得点者】
11分 0-1 メイトランド=ナイルズ(アーセナル)
14分 1-1 フィルミーノ(リバプール)
16分 2-1 フィルミーノ(リバプール)
32分 3-1 マネ(リバプール)
45+2分 4-1 サラー(リバプール)
65分 5-1 フィルミーノ(リバプール)

12/30(日) 4:21配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00303050-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181230-00303050-footballc-000-view.jpg

第20節 その他試合12月29日(土)

ブライトン 1-0 エバートン
フルハム 1-0 ハダースフィールド
レスター・シティ 0-1 カーディフ
ワトフォード 1-1 ニューカッスル

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=16180&type=now

7 名前:Egg ★:2018/12/30(日) 07:49:33.05 ID:CAP_USER9.net

▲2位トッテナム、首位リヴァプール追走に失敗…3失点でウルブスに逆転負け/プレミアリーグ第20節

プレミアリーグ第20節、トッテナムvsウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズが29日に開催された。

リーグ5連勝で前節に2位浮上を果たしたトッテナムと、11位のウォルヴァーハンプトンが対戦した。
首位リヴァプールを6ポイント差で追うトッテナム。ポチェッティーノ監督は、5-0で圧勝した前節のボーンマス戦からローズ、
ウォーカー=ピータース、ファン・フォイト、ルーカス・モウラに代えてトリッピアー、ダビンソン・サンチェス、ベン・デイビス、デレ・アリというレギュラー級の選手を復帰させた。

試合は立ち上がりからトッテナムが押し気味に進める。好調のソン・フンミンが積極的な仕掛けを見せるトッテナムは、20分に決定機を演出する。
ソン・フンミンのミドルシュートがブロックされたこぼれ球を拾って再び仕掛けると、最後はペナルティアークのエリクセンがコントロールシュートを放つ。
このボールがゴール左上を捉えたが、GKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれた。

それでも、トッテナムは直後の22分にエースのゴールで先制する。中盤でボールを奪うと、ソン・フンミンからパスを受けたケインがボックス右手前まで進入。
切り返したケインが左足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール左上に突き刺す。スーパーゴールを決めたケインの3試合連続弾で、トッテナムが先手を取った。

ハーフタイムにかけてもトッテナムが優位に進めたが、追加点は奪えないまま後半へ。
迎えた後半は、やや重心を下げてカウンターを主体としたトッテナムに対して、ウォルヴァーハンプトンがボールを保持する時間が長くなっていく。

終盤にかけてトッテナムを押し込んだウォルヴァーハンプトンだが、ダビンソン・サンチェスとアルデルヴァイレルトを中心としたトッテナムの守備をなかなか崩すことができない。
それでも、72分にはセットプレーからワンチャンスを活かす。右CKに正面のボリーが打点の高いヘディングで合わせてシュートを突き刺し、スコアを1-1のタイとした。

これで勢いに乗ったウォルヴァーハンプトンは、83分にもトッテナムに牙をむく。カウンターからボックス左手前でフィードを受けたカバレイロが横パス。
正面でボールを受けたヒメネスが、コントロールしたグラウンダーシュートをゴール左に流し込み、ウォルヴァーハンプトンが逆転に成功した。

その後、トッテナムは同点弾を狙ったが、逆に前がかりになったところをカウンターで狙われると、87分にエルデル・コスタにゴールを許して敗戦。
トッテナムはリーグ戦の連勝が5試合でストップし、リヴァプール追走に失敗している。

■試合結果
トッテナム 1-3 ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

■得点者
トッテナム:ケイン(22分)
ウォルヴァーハンプトン:ボリー(72分)、ラウール・ヒメネス(83分)、エルデル・コスタ(87分)

12/30(日) 1:53配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00010001-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181230-00010001-goal-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546123610
続きを読む

【サッカー】低調な司令塔エジル、アーセナルOBプテイも苦言 「幽霊だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/12/29(土) 16:01:32.14 ID:CAP_USER9.net

プティ氏も30歳レフティーの現状に厳しい評価 「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ」

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、2018年ラストゲームとなる現地時間29日の敵地リバプール戦の遠征メンバーから外れた。低調なパフォーマンスが続き、批判にさらされている司令塔に対し、クラブOBでもある元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏も「この2年間は幽霊だ」などと苦言を呈した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 エジルは試合前日の練習には参加していたようだが、膝の痛みを訴えたために遠征メンバーから外れたと報じられている。前節のブライトン戦(1-1)では前半のみの出場でベンチに下がり、ウナイ・エメリ監督は「戦術的な理由」としていた。

 このところの低調なパフォーマンスと出場機会の減少から、冬の移籍市場で新天地を求めるのではという報道が盛んになっているエジル。首位リバプールとの大一番は負傷欠場のようだが、去就に関わる憶測がさらに加速する材料となりそうだ。

 同紙では、元フランス代表MFプティ氏のエジルに対するコメントを紹介。同氏は「私はエジルの大ファン」と語る一方で、「しかし、この2年間は幽霊だ」と近年は求められているプレーができていないと厳しい評価を与えている。

「いくつものアシストやゴールを重ね、世界でも屈指の選手だったエジルはどこへ行ったんだ。私は彼がピッチ上での欲望を失っているように思うよ」

 セリエAインテルやトルコのバシャクシェヒルといったクラブへの移籍が噂されるエジル。30歳のレフティーはアーセナルで本来の輝きを取り戻すことができるのか。それとも、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157804-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546066892
続きを読む

【サッカー】吉田麻也、フル出場し2連勝に貢献!サウサンプトンはアーセナル戦に続き連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/12/23(日) 13:21:06.43 ID:CAP_USER9.net

サウサンプトン、アーセナル戦に続き連勝。吉田はフルで2連勝に貢献
【ハダースフィールド 1-3 サウサンプトン プレミアリーグ第18節】

 イングランド・プレミアリーグ第18節が現地時間の22日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンがアウェイでハダースフィールドと対戦し、3-1で勝利した。吉田は大金星を飾った前節アーセナル戦に続き先発フル出場を果たした。

 試合はアウェイのサウサンプトンが先制する。15分、中央のスルーパスに抜け出したFWネイサン・レドモンドが冷静にGKとの1対1を制し、先制。幸先よく先制したサウサンプトンは42分、FWダニー・イングスがPKを沈め追加点を奪った。

 その後、58分にDFフィリップ・ビリングがゴールを奪い、ハダースフィールドが1点差に詰め寄る。だが、サウサンプトンが突き放し試合を決める。71分、レドモンドが相手ペナルティエリア内でボールを奪うと、中央にいたFWマイケル・オバフェミにパスを送り、3点目を決めた。

 これで完全に優位に立ったサウサンプトンは吉田を中心に守備を固め、相手を寄せ付けず、3-1で勝利した。

【得点者】
15分 0-1 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
42分 0-2 ダニー・イングス(サウサンプトン)
58分 1-2 フィリップ・ビリング(ハダースフィールド)
71分 1-3 マイケル・オバフェミ(サウサンプトン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00302152-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545538866
続きを読む

【サッカー】UEFAヨーロッパリーグ(EL)32強対戦カード決定 乾、長谷部、南野、長友が参戦、アーセナルやチェルシーも

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2018/12/17(月) 22:05:54.26 ID:CAP_USER9.net

南野所属ザルツブルクはクラブ・ブルージュ、乾所属ベティスはレンヌ、長谷部所属フランクフルトはシャフタールと対戦
 UEFAヨーロッパリーグ(EL)32強の組み合わせ抽選会が17日に行われた。

 来年1月のアジアカップ日本代表に選出されたDF長友佑都が所属するガラタサライはベンフィカと対戦。また同じく代表に選出されたMF南野拓実が所属するザルツブルクはクラブ・ブルージュと対戦する。

 その他の日本人選手では、MF乾貴士が所属するベティスがレンヌ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトがシャフタールと激突する。

 32強の第1戦は来年2月14日、第2戦は2月21日に行われる。抽選会の結果は以下のとおり。

プルゼニ(チェコ)vsディナモ・ザグレブ(クロアチア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)vsザルツブルク(オーストリア)
ラピッド・ウィーン(オーストリア)vsインテル(イタリア)
スラヴィア・プラハ(チェコ)vsヘンク(ベルギー)
クラスノダール(ロシア)vsレバークーゼン(ドイツ)
チューリッヒ(スイス)vsナポリ(イタリア)
マルメ(スウェーデン)vsチェルシー(イングランド)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)vsフランクフルト(ドイツ)
セルティック(スコットランド)vsバレンシア(スペイン)
スタッド・レンヌ(フランス)vsレアル・ベティス(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)vsディナモ・キエフ(ウクライナ)
ラツィオ(イタリア)vsセビージャ(スペイン)
フェネルバフチェ(トルコ)vsゼニト(ロシア)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビジャレアル(スペイン)
BATEボリゾフ(ベラルーシ)vsアーセナル(イングランド)
ガラタサライ(トルコ)vsベンフィカ(ポルトガル)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00155024-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545051954
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ