アーセナル

【サッカー】<アーセナルファン>孫興民に「犬を食う人」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/04(火) 09:40:48.27 ID:CAP_USER9.net

PK獲得のための「ダイビング」と見なされた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム、26)に対するアーセナル現地ファンの非難が人種差別に発展している。ダイビングとは相手のファウルを得るために意図的に倒れる行動をいう。

イングランドプロサッカーのトッテナム・ホットスパーに所属する孫興民は2日(現地時間)、英ロンドンのエミレーツスタジアムで行われた2018-19シーズンプレミアリーグ第14節のアーセナル戦で「ダイビング」をしたという批判を受けた。前半33分、孫興民はアーセナル選手のタックルを受けたが、孫興民が「演技」をして倒れたという解釈が出てきたのだ。

これを受け、アーセナルのファンは孫興民のインスタグラムに非難のコメントを書き込んだ。アーセナル現地ファンは「トリックを使った詐欺師」「ドラマ俳優としてキャリアを積むのはどうか」「孫興民が素晴らしいダイビングを見せた」と孫興民を揶揄した。「アジアン、チャイニーズ」「犬肉を食う人」という人種差別的な表現もあった。

これに対しトッテナムのファンと孫興民のファンは「明らかにペナルティーキックだった」とし、孫興民をかばった。トッテナムのファンは「アーセナルのファウルだった」「アーセナルのファンは勝ったにもかかわらず汚い行動をしている」と反論した。人種差別発言を指摘する内容もあり、論争は激しさを増した。

この日の試合の前半33分、孫興民は相手ペナルティーエリアでアーセナル選手のタックルを受け、主審はPKを告げた。このチャンスを生かしてトッテナムは得点した。しかし英BBCは文字中継で「孫興民とアーセナルDF選手の間に接触はなかった。ダイビングだった」と疑惑を提起し、孫興民に対する非難が続いた。この日、トッテナムは2-4でアーセナルに敗れた。

孫興民は試合後のインタビューで「私がペナルティボックス内でボールを持っている状況でホールディングと接触があった。私の観点でその場面は間違いなくPKを宣言するほどの状況だった。私はダイビングをする選手ではない」と主張した。

一方、この日の試合は地域のライバル、トッテナムとアーセナルのプライドがかかった対戦だった。両チームともにロンドン北部を縁故地とするため「北ロンドンダービー」と呼ばれている。

12/4(火) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000010-cnippou-kr


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543884048
続きを読む

【サッカー】バナナの皮を投げ込みサポーター逮捕 差別的行為で出禁に イングランド・プレミアリーグ アーセナル-トットナム戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/12/03(月) 11:04:43.06 ID:CAP_USER9.net

サッカーのイングランド・プレミアリーグで、2日に行われたアーセナル―トットナムでバナナの皮をピッチに投げ込んだサポーターが逮捕されたと英BBC放送(電子版)が伝えた。

 得点後に喜んでいたアーセナルのガボン代表FWオバメヤンに向かって、トットナムのファンが投げ込んだことが差別的行為ととられた。トットナムは当該人物を入場禁止とすることを決めた。

 この他にも試合中に発煙筒を使ったアーセナルのファンら6人が逮捕された。(ロンドン共同)

2018/12/3 10:51
共同通信
https://this.kiji.is/442141391154054241


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543802683
続きを読む

【サッカー】 今季初のノース・ロンドン・ダービーはアーセナルに軍配! トッテナムとの乱打戦を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アルテミス@ ★:2018/12/03(月) 01:11:18.19 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第14節が2日に行われ、アーセナルとトッテナムが対戦した。

 公式戦18試合無敗の5位アーセナルと公式戦6連勝中の3位トッテナムによる今シーズン初となる“ノース・ロンドン・ダービー”は、思わぬ形で試合が動く。9分、ペナルティエリア内でヤン・フェルトンゲンの振り上げた手にボールが当たりアーセナルがPKを獲得。
キッカーを務めたピエール・エメリク・オーバメヤンが左に決め、ホームのアーセナルが先制した。

 一方のトッテナムは30分、クリスティアン・エリクセンのFKにニアサイドでエリック・ダイアーが頭で合わせ同点に。さらに直後の34分には、エリア内でソン・フンミンが倒されPKを獲得。これをハリー・ケインが左に決め、わずか4分間で逆転に成功した。

 後半に入り56分、縦パスに抜け出したラムジーがワンタッチで中に折り返すと、オーバメヤンのダイレクトシュートがゴール右隅に決まり、試合を振り出しに戻した。

 再び試合が動いたのは75分、相手DFのミスからアーロン・ラムジーがボールを奪うと、最後はアレクサンドル・ラカゼットがエリア外から左足を振り抜く。これが相手DFに当たりコースが変わってゴールに吸い込まれ、逆転に成功。さらに、77分には縦パスに抜け出したルーカス・トレイラがゴールを決め、リードを2点に広げた。

 このまま4-2で試合終了。“ノース・ロンドン・ダービー”を制したアーセナルはトッテナムを抜き、4位に浮上した。次節、アーセナルは5日にアウェイでマンチェスター・Uと、トッテナムは同日にホームでDF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
アーセナル 4-2 トッテナム

【得点者】
1-0 10分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK/アーセナル)
1-1 30分 エリック・ダイアー(トッテナム)
1-2 34分 ハリー・ケイン(PK/トッテナム)
2-2 56分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
3-2 75分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
4-2 77分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3-4-3)
レノ;ムスタフィ(71分 ゲンドゥージ)、パパスタソプーロス、ホールディング;ベジェリン、トレイラ、ジャカ、コラシナツ;ムヒタリアン(46分 ラムジー)、オーバメヤン、イウォビ(46分 ラカゼット)

トッテナム(4-4-2)
ロリス;オーリエ、フォイス、ヴェルトンゲン、デイヴィス(82分 ローズ);ダイアー、シソコ、エリクセン、アリ(79分 ウィンクス);ケイン、ソン・フンミン(79分 ルーカス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00871580-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543767078
続きを読む

【サッカー】アーセナル元指揮官のヴェンゲル氏、就職先は未定も「日本に向かうことだって考えられる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/10/17(水) 19:44:42.97 ID:CAP_USER9.net

今夏アーセナル指揮官の座から退任したアーセン・ヴェンゲル氏は、自身の将来に関しては、「日本も考えられる」と話している。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。

先日、ハノーファーで行われた元ドイツ代表DFのペア・メルテザッカー氏の引退試合に監督として参加したヴェンゲル氏。メディアに「“サッカー年金者”の姿は似合わないのでは?」と問われると、リラックスした様子で「私は“サッカー年金者”としては最悪だよ。ただ、35年間あのレベルで休みなく働いてきた。それも珍しいだろう。なので、健康のためにも2~3カ月休むのも悪くないかもしれない」と返答。またその後については次のように続けた。

「その後、またすべてが始まる。絶対とは言えないが、(就職先は)おそらくブンデスリーガにはならないだろう。でも実際にどうするのかについてはまだ言えない。自分でもまだハッキリしていないからね」

「私にとってコンペティションはとても大切。だが、どのような役職となるのかについては分からない。どことなるのかもまだ分からない。故郷の村かもしれないし、日本に向かうことだって考えられるよ」

90年代には2シーズンほど名古屋グランパスエイトを率いたこともある現在68歳のフランス人指揮官だが、やはり今後もクラブレベルのサッカーに携わっていきたいようだ。代表の監督を務めることについては「それも可能」としながらも、「だがその場合には問題が生じる。週末には『薬』を欲する。どんな『薬』と同じように、それを突然失うとなれば、辛いだろう」と表現している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000005-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539773082
続きを読む

【サッカー】EL第2節 日本人選手は全員出場!アーセナルやチェルシー、ミランなどが2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/10/05(金) 10:14:49.97 ID:CAP_USER9.net

UEFAヨーロッパリーグ(EL)は4日、欧州各地でグループリーグ第2節を行った。アーセナルやチェルシー(ともにイングランド)、ミラン(イタリア)、レバークーゼン(ドイツ)などが2連勝した。

 日本勢では、FW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)はホームでセルティック(スコットランド)と対戦し、3-1で勝利。南野は後半16分にチーム2点目を挙げ、後半26分までプレーし、2連勝に貢献した。MF乾貴士の所属するベティス(スペイン)はホームでデュドランジュ(ルクセンブルク)を3-0で下し、今大会初勝利。スタメンの乾は後半27分まで出場した。

 フランクフルト(ドイツ)はラツィオ(イタリア)をホームに迎え、4-1で2連勝。リベロで出場のMF長谷部誠はフル出場した。DF酒井宏樹の所属するマルセイユ(フランス)は敵地でアポロン(キプロス)と対戦し、2ー2で引き分けた。先発した酒井は、ハーフタイムで交代している。

 MF森岡亮太の所属するアンデルレヒト(ベルギー)はホームでディナモ・ザグレブ(クロアチア)と戦い、0-2で敗れた。今季、出場機会に恵まれない森岡は、後半44分からピッチに立った。

 なお、第3節は今月25日に行われる。

【第2節】
10月4日(木)
[グループ A]
レバークーゼン 4-2 AEKラルナカ
チューリヒ 1-0 ルドゴレツ

[グループ B]
ローゼンボリ 1-3 ライプツィヒ
ザルツブルク 3-1 セルティック

[グループ C]
ボルドー 1-2 コペンハーゲン
ゼニト 1-0 スラビア・プラハ

[グループ D]
フェネルバフチェ 2-0 スパルタク・トルナバ
アンデルレヒト 0-2 ディナモ・ザグレブ

[グループ E]
ボルスクラ・ポルタバ 1-2 S・リスボン
カラバフ 0-3 アーセナル

[グループ F]
ベティス 3-0 デュドランジュ
ミラン 3-1 オリンピアコス

[グループ G]
スパルタク・モスクワ 3-3 ビジャレアル
レンジャーズ 3-1 ラピド・ウィーン

[グループ H]
アポロン 2-2 マルセイユ
フランクフルト 4-1 ラツィオ

[グループ I]
マルメ 2-0 ベシクタシュ
サルプスボルグ 3-1 ゲンク

[グループ J]
クラスノダール 2-1 セビージャ
S・リエージュ 2-1 アクヒサル

[グループ K]
アスタナ 2-0 レンヌ
ヤブロネツ 2-2 ディナモ・キエフ

[グループ L]
BATE 1-4 PAOKテッサロニキ
チェルシー 1-0 ビデオトン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-02394695-gekisaka-socc


長谷部巧みなラインコントロール!フランクフルトが9人のラツィオ破りEL2連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-02393141-gekisaka-socc

ファウルに悶絶の酒井宏樹は前半で交代…マルセイユ、2点リードを守り切れず土壇場でEL初勝利を逃す
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181005-00048167-sdigestw-socc

ベティスがホームでF91ディドランジュ相手に3発快勝…乾貴士は72分まで出場/EL第2節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000034-goal-socc

【サッカー】南野が代表戦に弾みつく大仕事!!逆転ゴール含む2点に絡みEL2連勝導く
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538680094/

6 名前:久太郎 ★:2018/10/05(金) 10:17:56.03 ID:CAP_USER9.net

>>1
森岡後半44分から出場 アンデルレヒト2連敗
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00352388-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538702089
続きを読む

【サッカー】UEFA-EL第1節 セビージャが5得点大勝…ラツィオ、アーセナルらも白星発進/EL・GS第1節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/09/21(金) 10:20:16.97 ID:CAP_USER9.net

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が20日に各地で行われた。

 ミラン(イタリア)は敵地でデュドランジュ(ルクセンブルク)と対戦。アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインのゴールでウノ・ゼロ勝利を収めている。セビージャ(スペイン)はアルゼンチン代表MFエベル・バネガとフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルが2得点ずつ決める活躍を見せ、5-1と快勝した。また、アーセナルも4-1快勝をみせ、ラツィオ(イタリア)は2-1、チェルシー(イングランド)は1-0勝利と強豪クラブが順当に白星発進している。

 また、今季のELグループステージには、5人の日本人選手が出場。MF長谷部誠のフランクフルト(ドイツ)はDF酒井宏樹の所属するマルセイユ(フランス)と対戦し、2-1で勝利した。なお、長谷部はフル出場。酒井はベンチ入りしたものの出番はなかった。

 MF南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)はライプツィヒ(ドイツ)に3-2勝利。南野は61分から途中出場している。MF乾貴士の所属するベティス(スペイン)はオリンピアコス(ギリシャ)とスコアレスドロー。乾は83分から途中出場した。黒星発進となったアンデルレヒト(ベルギー)のMF森岡亮太はベンチ外となっている。

 今節の結果と各グループの順位は以下のとおり。

■ELグループステージ第1節

▼グループA
AEKラルナカ(キプロス) 0-0 チューリッヒ(スイス)
ルドゴレツ(ブルガリア) 2-3 レヴァークーゼン(ドイツ)

▼グループB
ライプツィヒ(ドイツ) 2-3 ザルツブルク(オーストリア)
セルティック(スコットランド) 1-0 ローゼンボリ(ノルウェー)

▼グループC
スラヴィア・プラハ(チェコ) 1-0 ボルドー(フランス)
コペンハーゲン(デンマーク) 1-1 ゼニト(ロシア)

▼グループD
スパルタク・トルナヴァ(スロバキア) 1-0 アンデルレヒト(ベルギー)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 4-1 フェネルバフチェ(オランダ)

▼グループE
スポルディング(ポルトガル) 2-0 カラバフ(アゼルバイジャン)
アーセナル(イングランド) 4-2 ヴォルスクラ(ウクライナ)

▼グループF
デュドランジュ(ルクセンブルク) 0-1 ミラン(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ) 0-0 ベティス(スペイン)

▼グループG
ビジャレアル(スペイン) 2-2 レンジャーズ(スコットランド)
ラピード・ウィーン(オーストリア) 2-0 スパルタク・モスクワ(ロシア)

▼グループH
マルセイユ(フランス) 1-2 フランクフルト(ドイツ)
ラツィオ(イタリア) 2-1 アポロン(キプロス)

▼グループI
ベシクタシュ(トルコ) 3-1 サルプスボルグ(ノルウェー)
ヘンク(ベルギー) 2-0 マルメ(スウェーデン)

▼グループJ
セビージャ(スペイン) 5-1 スタンダール・リエージュ(ベルギー)
アクヒサル(トルコ) 0-1 クラスノダール(ロシア)

▼グループK
レンヌ(フランス) 2-1 ヤブロネツ(チェコ)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2-2 アスタナ(カザフスタン)

▼グループL
PAOK(ギリシャ) 0-1 チェルシー(イングランド)
ヴィデオトン(ハンガリー) 0-2 BATEボリソフ(ベラルーシ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00835601-soccerk-socc

2 名前:久太郎 ★:2018/09/21(金) 10:20:56.10 ID:CAP_USER9.net

>>1
■ELグループステージ第1節順位

▼グループA
1位 レヴァークーゼン(勝ち点3/得失点差1)
2位 チューリッヒ(勝ち点3/得失点差1)
3位 ルドゴレツ(勝ち点0/得失点差-1)
4位 AEKラルナカ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループB
1位 ザルツブルク(勝ち点3/得失点差1)
2位 セルティック(勝ち点3/得失点差1)
3位 ライプツィヒ(勝ち点0/得失点差-1)
4位 ローゼンボリ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループC
1位 スラヴィア・プラハ(勝ち点3/得失点差1)
2位 ゼニト(勝ち点1/得失点差0)
3位 コペンハーゲン(勝ち点1/得失点差0)
4位 ボルドー(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループD
1位 ディナモ・ザグレブ(勝ち点3/得失点差3)
2位 スパルタク・トルナヴァ(勝ち点3/得失点差1)
3位 アンデルリヒト(勝ち点0/得失点差-1)
4位 フェネルバフチェ(勝ち点0/得失点差-3)

▼グループE
1位 アーセナル(勝ち点3/得失点差2)
2位 スポルディング(勝ち点3/得失点差2)
3位 ヴォルスクラ(勝ち点0/得失点差-2)
4位 カラバフ(勝ち点0/得失点差-2)

▼グループF
1位 ミラン(勝ち点3/得失点差1)
2位 オリンピアコス(勝ち点1/得失点差0)
3位 ベティス(勝ち点1/得失点差0)
4位 デュドランジュ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループG
1位 ラピード・ウィーン(勝ち点3/得失点差2)
2位 レンジャーズ(勝ち点1/得失点差0)
3位 ビジャレアル(勝ち点1/得失点差0)
4位 スパルタク・モスクワ(勝ち点0/得失点差-2)

▼グループH
1位 フランクフルト(勝ち点3/得失点差1)
2位 ラツィオ(勝ち点3/得失点差1)
3位 アポロン(勝ち点0/得失点差-1)
4位 マルセイユ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループI
1位 ベシクタシュ(勝ち点3/得失点差1)
2位 ヘンク(勝ち点1/得失点差0)
3位 サルプスボルグ(勝ち点1/得失点差0)
4位 マルメ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループJ
1位 セビージャ(勝ち点3/得失点差4)
2位 クラスノダール(勝ち点3/得失点差1)
3位 アクヒサル(勝ち点0/得失点差-1)
4位 スタンダール・リエージュ(勝ち点0/得失点差-4)

▼グループK
1位 レンヌ(勝ち点3/得失点差1)
2位 アスタナ(勝ち点1/得失点差0)
3位 ディナモ・キエフ(勝ち点1/得失点差0)
4位 ヤブロネツ(勝ち点0/得失点差-1)

▼グループL
1位 BATEボリソフ(勝ち点3/得失点差2)
2位 チェルシー(勝ち点3/得失点差1)
3位 PAOK(勝ち点0/得失点差-1)
4位 ヴィデオトン(勝ち点0/得失点差-2)

 なお、第2節は10月4日に行われる。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537492816
続きを読む

【サッカー】 エメリ、アーセナルの選手達に“フルーツジュース禁止”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ほニーテール ★:2018/08/30(木) 22:28:06.69 ID:CAP_USER9.net

アーセナルのスペイン人監督ウナイ・エメリはガナーズが数シーズン前から失っているエリートクラブとしての地位を取り戻す事を目指している。

そのために彼はこれまでのチームのトレーニング方法を変える事を望んだ。 その修正はフィジカルトレーニングからチームトレーニングを準備する方法にまで及ぶ。
現在、チームはよりパーソナライズされたセッションや強度の高いグループトレーニング、要求度の高いジムでのトレーニングをこなしている。

『The Mirror』の報道によると、エメリは同様に選手達の食生活にも最新の注意を払っているという。 エメリはいくつかの食べ物を規制し、他のものに取り替えた。
そしてヴェンゲルが既に行っていたように、エメリも選手達にオーブンで焼いたものか蒸したもので栄養を取るよう要求している。

しかし、食事面に関してエメリはヴェンゲルよりも厳しいようだ。
エメリは砂糖を取り除く事で選手達のパフォーマンスを改善し、シーズン終盤にトップフォームに達する事ができると考えているため、フルーツジュースすらも排除したという。

果たして、この厳しい規則が実を結ぶのか今後のアーセナルの動向に注目しよう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00010015-sportes-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535635686
続きを読む

【サッカー】昨季王者シティが開幕白星発進。敵地でエメリ新体制のアーセナルを下す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/08/13(月) 02:13:23.85 ID:CAP_USER9.net

8/13(月) 2:10配信
昨季王者シティが開幕白星発進。敵地でエメリ新体制のアーセナルを下す

 プレミアリーグの第1節が12日に行われ、昨季王者のマンチェスター・シティが敵地でアーセナルを2ー0で下した。

 立ち上がりの主導権争いを制して5分過ぎからペースをつかんだのはアウェイのマンチェスター・Cだった。右ウイングに入った新戦力のリヤド・マフレズを起点に徐々に攻撃のリズムをつかむと、9分には左サイドのラヒーム・スターリングがセルヒオ・アグエロとのコンビネーションから抜け出してシュート。14分にはスターリングがカットインから右足で鮮やかにゴールネットを揺らし、昨季王者があっさりと先制に成功した。

 アーセナルも21分にエクトル・ベジェリンが際どいシュートを放つが、ホームチームの攻撃ターンは長く続かない。ボランチに入ったグラニト・ジャカとマテオ・ゲンドゥージが中盤の主導権争いで劣勢に立たされ、攻撃陣に良い形でボールを供給することができない。28分に与えたFKの場面で、ペトル・チェフがマフレズの直接FK、アイメリク・ラポルテのシュートを連続セーブしていなければ、失点はさらに増えていたはずだ。

 劣勢のアーセナルに追い打ちをかけるように30分過ぎには左サイドバックのエインズリー・メイトランド・ナイルズが相手との交錯で足を負傷。35分に交代を余儀なくされる。前半終了間際には中盤でボールカットしたヘンリク・ムヒタリアンが味方とのダイレクトパスから抜け出してシュートまで持ち込んだが、同点ゴールとはならなかった。

 アーセナルは54分、アーロン・ラムジーに代えてストライカーのアレクサンドル・ラカゼットを投入。そのラカゼットが交代からわずか2分後に際どいシュートを放って同点への希望を抱かせる。しかし、63分にゲンドゥージのミスからアグエロに独走を許して肝を冷やすと、その1分後にバンジャマン・メンディのマイナスの折り返しをベルナルド・シルヴァに決められて2点目。決定的な追加点を奪われる。

 マンチェスター・Cは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のアーセナルの攻撃もシャットアウト。王者が盤石の試合運びで開幕白星スタートを飾った。

【スコア】
アーセナル 0ー2 マンチェスター・C

【得点者】
マンチェスター・C:スターリング(14分)、ベルナルド・シルヴァ(64分)

【スターティングメンバー】
アーセナル(4ー2ー3ー1)
チェフ;ベジェリン、ムスタフィ、ソクラティス、メイトランド・ナイルズ(35分 リヒトシュタイナー);ゲンドゥージ、ジャカ(70分 トレイラ);エジル、ラムジー(54分 ラカゼット)、ムヒタリアン;オーバメヤン

マンチェスター・C(4ー3ー3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ;ギュンドアン、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シルヴァ;マフレズ(59分 デ・ブライネ)、アグエロ(79分 G・ジェズス)、スターリング(87分 サネ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00811164-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180813-00811164-soccerk-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534094003
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ