アーセナル

【サッカー】「ずっとナカムラを目指してきた!」アーセナルに駆け込み移籍をした俊英SBは熱心な“中村俊輔マニア”だった

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/08/10(土) 14:04:11.42 ID:grhKhvNV9.net

 現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。

 現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。

 今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。

 そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。

 そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。

 9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。

 当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。

「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

 その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。

「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。

 僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」

 スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565413451
続きを読む

【サッカー】「ずっとナカムラを目指してきた!」アーセナルに駆け込み移籍をした俊英SBは熱心な“中村俊輔マニア”だった

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/08/10(土) 14:04:11.42 ID:grhKhvNV9.net

 現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。

 現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。

 今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。

 そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。

 そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。

 9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。

 当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。

「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

 その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。

「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。

 僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」

 スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565413451
続きを読む

【サッカー】アーセナル、ブラジル代表DFダビド・ルイス獲得発表。チェルシー在籍7季で通算248試合に出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/08/09(金) 14:34:57.04 ID:PENmj+Xc9.net

 現地時間8日、アーセナルはチェルシーからブラジル代表DFダビド・ルイスの獲得を発表した。


 32歳のルイスは2016年8月にパリ・サンジェルマン(PSG)からチェルシーに移籍を果たす。在籍7季で通算248試合に出場しチャンピオンズリーグ優勝など合計8個のタイトル獲得に貢献した。

 ウナイ・エメリ監督は「ダビドは経験豊富で彼と一緒に仕事が出来る事が今から楽しみだ」と語った。アーセナルはDFローラン・コシエルニーを今月6日にフランス1部ボルドーへ放出したこともあり後釜を探していた。

 なお、移籍金の発表は行われていないが、英紙『ミラー』など複数のメディアは800万ポンド(約10億円)でクラブ間合意に達し、ルイスと2年契約を締結することになると報じている。背番号は23に決まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00333760-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565328897
続きを読む

【サッカー】<浅野拓磨>アーセナルから“セルビア名門”パルチザン・ベオグラードへ完全移籍! 2022年までの3年契約

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/08/02(金) 09:21:43.04 ID:uIpLiIfy9.net

セルビア1部のパルチザン・ベオグラードが1日、アーセナルに所属する24歳のFW浅野拓磨を獲得したと発表

 クラブの発表によると、2022年6月までの3年契約を結んだという。移籍金は100万ユーロ(約1億2000万円)とのこと。公式ツイッターを通じて「浅野、ようこそ! 過去2シーズン、ブンデスリーガでプレーした日本人FWが、アーセナルから100万ユーロの移籍金で加入した。彼は今日ベオグラードに到着し、3年間の契約を結ぶ予定になっている」とコメントしている。

 パルチザン・ベオグラードはセルビアの名門クラブ。ヨーロッパリーグ本戦出場を目指して戦っており、2回戦では2戦合計4-0でウェールズのギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズFCを下し予選3回戦進出を果たしている。

8/2(金) 8:52 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00332896-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190802-00332896-footballc-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564705303
続きを読む

【サッカー】<浅野拓磨>アーセナルから“セルビア名門”パルチザン・ベオグラードへ完全移籍! 2022年までの3年契約

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/08/02(金) 09:21:43.04 ID:uIpLiIfy9.net

セルビア1部のパルチザン・ベオグラードが1日、アーセナルに所属する24歳のFW浅野拓磨を獲得したと発表

 クラブの発表によると、2022年6月までの3年契約を結んだという。移籍金は100万ユーロ(約1億2000万円)とのこと。公式ツイッターを通じて「浅野、ようこそ! 過去2シーズン、ブンデスリーガでプレーした日本人FWが、アーセナルから100万ユーロの移籍金で加入した。彼は今日ベオグラードに到着し、3年間の契約を結ぶ予定になっている」とコメントしている。

 パルチザン・ベオグラードはセルビアの名門クラブ。ヨーロッパリーグ本戦出場を目指して戦っており、2回戦では2戦合計4-0でウェールズのギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズFCを下し予選3回戦進出を果たしている。

8/2(金) 8:52 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00332896-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190802-00332896-footballc-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564705303
続きを読む

【サッカー】浅野拓磨の期限付きでのセルビアの名門パルチザン移籍は確実に…アーセナルは契約延長の必要性も

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/07/31(水) 07:44:21.73 ID:188/QRhp9.net

現地メディアがクラブ間合意と報道

アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨は今シーズン、セルビアの名門パルチザンでプレーすることになりそうだ。
同国メディア『MAXBETSPORT』によると、クラブ間は期限付きの移籍で合意に至ったという。

2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに渡り、ここまでの欧州での3シーズンはシュトゥットガルトやハノーファーとドイツで過ごした浅野。
今年7月初旬からもパルチザンからの興味が伝えられていたが、自ら交渉を担当したと伝えられる同クラブのサボ・ミロシェビッチ監督の下でプレーする可能性が濃厚になりつつある。

『MAXBETSPORT』曰く、アーセナルは浅野に対するパルチザンの買い取りオプション付きの1年レンタルのオファーを受け入れ、クラブ間の合意に至ったとのこと。
また、「タクマ・アサノはセルビアのコンペティションでプレーすることが確実となった」とまで伝えられている。

一方、アーセナルは浅野との契約を2020年まで残すが、契約最終年の選手をレンタルで送り出すことは認められていない。
今回の報道が事実であれば、アーセナルは浅野との契約を延長することになるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010022-goal-socc
7/30(火) 17:41配信

https://power-shower.com/wp-content/uploads/2018/04/wst1612240011-p1.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564526661
続きを読む

【サッカー】久保建英、アーセナル戦もベンチスタートに…ヨヴィッチとベンゼマの2トップが実現 レアル先発発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/07/24(水) 07:04:43.55 ID:mnFuANLF9.net

7/24(水) 6:55配信
久保建英、アーセナル戦もベンチスタートに…ヨヴィッチとベンゼマの2トップが実現

レアル・マドリーのMF久保建英は、アーセナル戦もベンチからのスタートとなった。

久保は20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)バイエルン戦でデビュー。後半からのプレーながら、好プレーを連発し、スペインメディアからも称賛の声を浴びていた。


ジネディーヌ・ジダン監督からも「彼は自分がどこにいるのかを分かっている。とにかく、彼はしっかり練習に取り組み、気後れすることなくプレーしている」との評価を受けていた久保だが、23日のアーセナル戦でもベンチから見守ることとなっている。

他には、エデン・アザールが中盤で先発し、前線ではルカ・ヨヴィッチとカリム・ベンゼマが2トップを形成。『レアル・マドリーTV』は4-4-2の布陣を予想している。


レアル・マドリーのスタメンは以下の通り。

GK:ナバス
DF:カルバハル、ナチョ、ラモス、メンディ
MF:モドリッチ、クロース、アザール、バスケス
FW:ヨヴィッチ、ベンゼマ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00010004-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190724-00010004-goal-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563919483
続きを読む

【サッカー】“81分間”を10人で戦ったレアル、アーセナルと2-2ドロー 逆境のベイルが1得点、久保は出場せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/07/24(水) 10:03:57.70 ID:EHbirYBb9.net

ICCアーセナル戦は前半に両チームが退場者を出す展開 0-2からベイルとアセンシオのゴールで追いつく

 レアル・マドリードは現地時間23日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)第2戦、アーセナル戦に臨んだ。日本代表MF久保建英はこの日、出番が巡ってこなかった。試合はレアル退団濃厚とされるFWギャレス・ベイルがゴールを決めるなど、意地を見せるプレーぶりで2-2のドローで終わった。

 20日のバイエルン戦(1-3)で“レアルデビュー”を飾った久保は、後半の45分間プレー。軽快なドリブルなどで、ブンデスリーガ王者相手にチームの攻撃を促進した。アーセナル戦もバイエルン戦に続いてスタメンこそならなかったものの、出場に期待が高まるなかでキックオフを迎えた。

 試合は序盤からアーセナルのパスワークが冴え、前半9分にレアルDFナチョがペナルティーエリア内でハンドの反則を取られPKの判定が下る。また、これが決定機阻止と見なされ、いきなりのレッドカードを受けて退場となり、レアルは早々に10人となってしまった。このチャンスにキッカーを務めたアーセナルFWアレクサンドル・ラカゼットは、冷静に決めて1-0と先制に成功した。

 同24分には軽快なパスワークから最終ラインを抜け出したFWピエール=エメリク・オーバメヤンが、レアルGKケイラー・ナバスとの1対1を冷静に制して追加点。2-0としてアーセナルがより優位に立った。

 しかし同41分には、MFルカ・モドリッチを倒したアーセナルDFソクラティス・パパスタソプーロスも一発退場となり、両チーム10人での戦いを強いられることに。レフェリングに当惑するなかでハーフタイムを迎えた。

 後半開始に向けて、ジダン監督は多くの交代選手を使ったが、そのうちの1人に退団濃厚で関係性の悪化が伝えられていたベイルも含まれていた。後半6分にはMFマルコ・アセンシオが右サイドから切り込み、痛烈なポスト直撃のミドルシュートを放つなどレアルが反撃態勢を取る。

 すると同11分、レアルが左サイドを崩すと、アセンシオが詰めたゴール前の混戦からベイルがプッシュ。逆境の背番号11が1点差に詰め寄るゴールを決めた。3分後には再び左を切り崩したDFマルセロの折り返しをアセンシオが決めて2-2。レアルが底力を見せて同点に追いついた。しかしその8分後には、アセンシオが膝を痛めたのか、担架に乗せられて退場するアクシデントが起きた。

 同30分にはアーセナルが波状攻撃から決定機を迎えたが、ベイルがゴールライン上でシュートをかき出すクリアでチームを救う。その後もベイルは左サイドのカットインからアウトサイドキックで際どいシュートを放つなど気を吐いた。試合はそのまま終了したが、ジダン監督の見解を含めて、ベイルの動向が今後も注目される展開となったのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00205747-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563930237
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ