ボローニャ

【サッカー】セリエA第14節 冨安はフル出場も失点に絡む…ボローニャはミランに3失点を喫して敗戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/09(月) 11:32:56.84 ID:jZeM7W6d9.net

[12.8 セリエA第14節 ボローニャ2-3ミラン]

セリエAは8日に第15節を行った。DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでミランと対戦し、2-3で敗戦。冨安は右サイドバックでフル出場している。

ボローニャは4日のコッパ・イタリア4回戦でウディネーゼに0-4の敗戦。主力を休ませていたボローニャは冨安も加入後初のベンチ入りとなっていた。休養も挟んで迎えた冨安は今節右サイドバックとして先発出場する。

ボローニャは前半15分、GKからパスを受けた冨安がMFハカン・チャルハノールにボールを奪われる。そこを起点にミランの攻撃を受けてしまい、DFマッティア・バーニがFWクシシュトフ・ピョンテクを倒してPKを献上してしまう。
ピョンテクにPKを決められ、ボローニャは先制を許した。

さらにボローニャは2失点目を喫する。前半32分、MFスソのラストパスからDFテオ・エルナンデスに2試合連続のゴールを決められ、0-2とリードを広げられる。しかし同40分にはT・エルナンデスのオウンゴールで1点を返し、前半を1-2で折り返した。

後半開始直後、冨安は相手の右サイドのクロスをPA中央からはね返す。しかし転がったボールをPA手前でMFジャコモ・ボナベントゥーラに拾われ、豪快シュートでゴールに突き刺された。

ボローニャは後半35分にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入からPA内でのファウルが認められてPKを獲得。FWニコラ・サンソーネが決め切り、2-3と点差を縮めるも、そこで試合終了となった。

ボローニャは12位から順位は変わらないものの、直近6試合で1勝1分4敗と苦しい状況が続く。今季初の3得点を記録したミランは、今季2度目の連勝を達成して11位から10位に上げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-43474972-gekisaka-socc
12/9(月) 7:10配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/293000/292468/news_292468_1.jpg

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ita/ita-20081245.html
試合スコア


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575858776
続きを読む

【サッカー】ボローニャ対ミラン戦でサポーターが腹部を刺され救急搬送…原因はパンツの取り合い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/09(月) 18:41:04.91 ID:qg+8HhDs9.net

8日のボローニャ対ミラン戦(2-3)終了後、スタディオ・ダッラーラの出口付近でミランのサポーターが刺される事件が発生した。
イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが9日、報じている。

8日、セリエA第15節のボローニャ対ミランがスタディオ・ダッラーラでおこなわれ、15分にエースFWクシシュトフ・ピョンテクのPKで先制したミランが終始リードを保ち、3-2で勝利を収めた。
しかし試合終了後、サポーターの間で事件が発生。刃物で刺された1人が病院へ救急搬送される事態となった。

問題が起きたのは、スタディオ・ダッラーラの出口付近。
2人のミランサポーターがたわいもないことがきっかけで争いとなり、刃物沙汰に発展したとみられる。
サポーターの1人は腹部を刺され、深刻な状態で病院に救急搬送され、現地のトリアージによると5段階中2~3(1が最も緊急を要する)に該当すると報じられている。

地元メディア『E’ TV』のアレッシオ・デ・ジュゼッペ記者は、2人はビジター席に投げ込まれたミランの選手のユニフォームパンツをめぐってトラブルになった可能性を指摘。
2人の間で殴り合いのケンカ始まると、その後、このうちの1人が刃物を取り出したと報じた。
地元当局はすでに容疑者を拘束している。

なおセリエAでは、昨年12月のインテル対ナポリ戦の試合前にもサポーター同士がスタジアム外で衝突。
サポーター1人が死亡する事故が発生している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010025-goal-socc
12/9(月) 17:38配信

https://i1.wp.com/italiaryokou.info/wp-content/uploads/2018/01/bologna-calcio3.jpg

http://www001.upp.so-net.ne.jp/takebou/bologn10.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575884464
続きを読む

【サッカー】<ナガトモでは小さすぎる>長友佑都のボローニャ移籍は消滅か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/12/08(日) 19:07:22.46 ID:mdUC589p9.net

本命はジェノアの左SBか?
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191208-00067487-sdigestw-000-8-view.jpg

戦列離脱中のミッチェル・ダイクスが復帰までさらに2~3カ月を要することが判明し、冨安健洋が所属するボローニャは、冬のマーケットでの左SB獲得が注目されている。

 トルコのメディアからは、ガラタサライの長友佑都がその候補だとの報道が届いた。だが、イタリア紙『Corriere dello Sport』は12月7日、ボローニャが狙うのはモナコからジェノアにレンタル中のアントニオ・バレーカだと報じている。

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督がトリノ時代に指導したバレーカは、国外に飛び出してからモナコ、ニューカッスルで思うように活躍できず。今季加入したジェノアでも、セリエAの14試合を終えて6試合出場のみ。直近8試合では1試合で途中出場しただけだ。
 
 だが、『Corriere dello Sport』紙は、ミハイロビッチ監督との関係性に加え、バレーカには高さもあると報道。183センチのバレーカと違い、長友(170センチ)では守備陣の高さが低くなる恐れがあると指摘している。

 バレーカのほかには、パルマでの武者修行を終え、インテルに戻ったものの、ほとんど出場機会がないフェデリコ・ディマルコも候補と言われている。『Gazzetta dello Sport』紙ボローニャ版は、両選手が「ポールポジション」と報道。やはり長友の移籍には否定的だ。

 ミハイロビッチ監督が望み、リッカルド・ビゴンSDらが獲得に動くのは、だれになるのだろうか。

 なお、コッパ・イタリア4回戦でウディネーゼに0-4と大敗したボローニャは、セリエAでのここ5試合で1勝1分け3敗と苦しんでいる。次節は8日、ミハイロビッチ監督の古巣ミランと敵地で対戦する。

12/8(日) 13:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00067487-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575799642
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>冨安健洋と同じチームに? イタリア紙が今冬にセリエA復帰の可能性、ボローニャも候補と報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2019/12/07(土) 00:16:51.03 ID:2ZTQFpFn9.net

右SBを務める冨安とコンビを組むことも?
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191206-00067446-sdigestw-000-5-view.jpg

イタリア1部リーグで、日本人ふたりが同じチームで両SBを務めることになるかもしれない。

 トルコのメディアは、ガラタサライに所属する長友佑都が、今冬、冨安健洋所属のボローニャや、かつて指導を受けたクラウディオ・ラニエリ監督が率いるサンプドリアに移籍する可能性があると報じた。

 また、イタリア紙『Corriere dello Sport』は、ミッチェル・ダイクスやラディスラフ・クレイチが所属するボローニャはSBの獲得を考えていない様子と報じていたが、状況が変わった可能性がある。

 ボローニャは12月5日、クラブの公式サイトで、戦列を離れているダイクスが母国で専門家の診察を受けた結果、さらに2~3カ月の離脱が必要だと明らかにしたのだ。

 ダイクスの復帰が早くても春の見込みとなったことで、ボローニャが今冬に左SBの補強に動く可能性は小さくない。実際、『Corriere dello Sport』紙も、「状況が変わったようだ」と伝えている。

 チェゼーナとインテルで7年半にわたりセリエAでプレーした長友だけに、イタリアに復帰しても環境適応の問題はないだろう。もしボローニャに加入したとすれば、日本代表の同僚である冨安との両SBは話題性も抜群だ。

 さらに、同クラブを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は、現役時代を含めてインテルに長く関わった経験を持ち、指導者転身後に対戦もしているだけに、長友をよく知っている。

 ただ、12月6日付の『Gazzetta dello Sport』紙は、長友の噂は確認が取れないと報道。今季インテルで出場機会がないフェデリコ・ディマルコや、モナコからジェノアにレンタル中のアントニオ・バレーカらが補強候補だとも伝えている。後者はミハイロビッチ監督がトリノ時代に指導した選手だ。

 ボローニャ、あるいはサンプドリアで長友のセリエA復帰は実現するのか。冬の移籍マーケットでの進展が注目される。

12/6(金) 16:42
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00067446-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575645411
続きを読む

【サッカー】冨安健洋は右SBフル出場で貢献!…ボローニャ、ナポリに逆転勝利で5戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ぜかきゆ ★:2019/12/02(月) 05:19:54.51 ID:E2CfHzxs9.net

 セリエA第14節が12月1日に行われ、ナポリと日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は2試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 試合は41分、ホームのナポリが先制した。ロレンツォ・インシーニェがペナルティエリア前右からミドルシュートを放つと、GKに弾かれたボールをフェルナンド・ジョレンテが押し込んで先制点を挙げた。

 だが、1点ビハインドで折り返したボローニャは58分、冨安が右サイドからパス交換で攻め上がり、最後はエリア左のニコラ・サンソーネがクロスを送ると、DFのクリアでファーに流れたボールをアンドレアス・スコフ・オルセンがダイレクトで押し込み、同点に追いついた。さらに80分には、ブレリム・ジェマイリからのパスでサンソーネがエリア内に抜け出して、冷静に右足シュートを沈めて逆転に成功した。

 ナポリは後半アディショナルタイム4分、カリドゥ・クリバリからのロングパスをジョレンテがエリア中央で胸トラップから左足で流し込むが、VARの判定により、オフサイドでノーゴールとなった。試合はこのままタイムアップ。ボローニャが難敵ナポリに逆転勝利を収め、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

 次節、ボローニャは8日にホームでミランと、ナポリは7日にアウェイでウディネーゼと対戦する。

【スコア】
ナポリ 1-2 ボローニャ

【得点者】
1-0 41分 フェルナンド・ジョレンテ(ナポリ)
1-1 58分 アンドレアス・スコフ・オルセン(ボローニャ)
1-2 80分 ニコラ・サンソーネ(ボローニャ)

SOCCER KING 12/2(月) 4:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004683-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575231594
続きを読む

【サッカー】長友佑都が冨安健洋と同僚に? ボローニャまたはサンプへ移籍濃厚と現地報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/12/05(木) 14:00:14.08 ID:ozpAEX079.net

トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、1月の移籍市場でイタリアのボローニャあるいはサンプドリアへ移籍する可能性があるという。トルコ紙『アクシャム』などが4日付で伝えている。

 レアル・マドリーに0-6の大敗を喫したチャンピオンズリーグの試合で失点に絡むなどの低調なパフォーマンスを見せたあと、冬の移籍市場での放出の可能性が盛んに報じられ始めた長友。先週末のトラブゾンスポル戦では土壇場の同点ゴールでガラタサライに勝ち点1をもたらしたが、状況は変わっていないとみられている。

 トルコでの報道によれば、長友はイタリアのボローニャまたはサンプドリアのどちらかを移籍先に選ぶ見通しだという。実現すれば2018年1月にインテルからガラタサライにレンタルされて以来、2年ぶりにセリエAに復帰することになる。

 日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャは、左サイドバックを務めるステファノ・デンスビルやラディスラフ・クレイチーのバックアップとして長友の獲得を検討しているという。冨安は右サイドバックに起用されており、両サイドバックを日本人選手が務めることもあるかもしれない。

 一方のサンプドリアは降格圏間際の17位と低迷中。左サイドバックはニコラ・ムッルが全試合フルタイム出場中だが、負傷などに備えるため長友の獲得を望んでいるとされている。10月からサンプドリアを率いているクラウディオ・ラニエリ監督は2011年から2012年にかけてインテルで長友と仕事をしたこともある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00351335-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575522014
続きを読む

【サッカー】冨安健洋は右SBフル出場で貢献!…ボローニャ、ナポリに逆転勝利で5戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:ぜかきゆ ★:2019/12/02(月) 05:19:54.51 ID:E2CfHzxs9.net

 セリエA第14節が12月1日に行われ、ナポリと日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は2試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 試合は41分、ホームのナポリが先制した。ロレンツォ・インシーニェがペナルティエリア前右からミドルシュートを放つと、GKに弾かれたボールをフェルナンド・ジョレンテが押し込んで先制点を挙げた。

 だが、1点ビハインドで折り返したボローニャは58分、冨安が右サイドからパス交換で攻め上がり、最後はエリア左のニコラ・サンソーネがクロスを送ると、DFのクリアでファーに流れたボールをアンドレアス・スコフ・オルセンがダイレクトで押し込み、同点に追いついた。さらに80分には、ブレリム・ジェマイリからのパスでサンソーネがエリア内に抜け出して、冷静に右足シュートを沈めて逆転に成功した。

 ナポリは後半アディショナルタイム4分、カリドゥ・クリバリからのロングパスをジョレンテがエリア中央で胸トラップから左足で流し込むが、VARの判定により、オフサイドでノーゴールとなった。試合はこのままタイムアップ。ボローニャが難敵ナポリに逆転勝利を収め、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

 次節、ボローニャは8日にホームでミランと、ナポリは7日にアウェイでウディネーゼと対戦する。

【スコア】
ナポリ 1-2 ボローニャ

【得点者】
1-0 41分 フェルナンド・ジョレンテ(ナポリ)
1-1 58分 アンドレアス・スコフ・オルセン(ボローニャ)
1-2 80分 ニコラ・サンソーネ(ボローニャ)

SOCCER KING 12/2(月) 4:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004683-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575231594
続きを読む

【サッカー】冨安健洋が6戦ぶりに戦線復帰! 加入後初のCB起用に、ボローニャは劇的ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/11/24(日) 22:36:25.16 ID:WkwVL6Xy9.net

[11.23 セリエA第13節 ボローニャ2-2パルマ]

 セリエAは23日に第13節を行い、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでパルマと対戦。2ー2で引き分けた。代表招集中に負傷した冨安は10月6日の第7節以来となる6試合ぶりの戦線復帰。センターバックとして初めてプレーし、後半39分に途中交代している。

 ボローニャは4-2-3-1の布陣を敷く。最終ラインの主力だったDFマッティア・バーニとDFダニーロ・ラランゲイラが揃って出場停止になっており、負傷から復帰した冨安はこれまでのポジションである右サイドバックでなく、右センターバックとして初めてピッチに立った。

 パルマの攻撃に圧されたボローニャは前半17分に失点を喫する。DFステファノ・デンスウィルがPA手前でパルマの攻撃をカットするが、こぼれ球をMFデヤン・クルセフスキに左足で打たれ、ゴール左隅に決められた。

 冨安は186cmのFWユライ・クツカとマッチアップ。ボールの収めどころをしっかりとマークして妨害するが、前半38分にクツカを偶発的に小突いてしまい、今季3回目のイエローカードを受けてしまった。

 ボローニャは前半40分に同点に追いつく。MFブレリム・ジェマイリの右足シュートは相手GKの好セーブに阻まれて右CKとなる。FWリッカルド・オルソリーニがCKを蹴ると、ニアサイドのFWロドリゴ・パラシオが頭で合わせ、ゴールに流し込んだ。

 前半を1-1で折り返すと、冨安が存在感を発揮していく。後半4分に左サイドのクロスからクツカと競り合うも、しっかりと体を張ってガード。直後のビルドアップでは正確かつスピードのあるパスでチャンスを狙う。同10分にはセンターサークル付近までボールを運び、左サイドを走るFWニコラ・サンソーネにピンポイントパス。攻撃でも貢献してみせた。

 冨安はボール保持時は少し右サイドに寄り、後方に下りてくるMFガリー・メデルとともに攻撃を組み立てる。後半22分には自ら中盤までドリブルで運び、相手のハンドを誘発。FKを得てチャンスを作った。

 しかしボローニャは後半26分に失点。中盤でボールを奪ったパルマにカウンターを許すと、クツカの単独ドリブル突破に冨安が立ちはだかる。すると、その冨安の裏にスルーパスを通され、DFシモーネ・イアコポーニにGKとの1対1からゴールを決められた。

 6試合ぶりの実戦となった冨安は後半37分に足を攣ってしまう。その2分後には途中交代となった。

 だが、ボローニャは終了直前に左CKを得ると、混戦からジェマイリが豪快ボレーをゴールに突き刺す。試合はそのまま終了し、ボローニャは2-2で連敗を「3」でストップ。勝ち点1をゲットした。12月1日の第14節では敵地でナポリと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-43474352-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574602585
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ