ボローニャ

【サッカー】「最悪のニュース」 冨安健洋の負傷にボローニャ地元メディアが嘆き「心配している」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/10/11(金) 21:53:10.60 ID:fRDIMCqx9.net

モンゴル戦の終了間際に左太もも裏を負傷、試合翌日に代表離脱が決定

日本代表DF冨安健洋は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦(6-0)の試合終盤に、左太もも裏を負傷してプレー続行不可能になった。
これを受けて所属するイタリア・セリエAのボローニャ専門ニュースサイト「トゥットボローニャ・コム」は、「最悪のニュース」と報じている。

冨安はモンゴル戦でDF吉田麻也と最終ラインを組み、安定感のあるプレーを見せていたが、6-0とリードした試合終盤にジャンプしてボールに競りかけようとしたところで左足の太もも裏を負傷。
プレー続行不可能となり、交代枠を使い切っていたことから日本はその後10人で戦った。試合後、日本サッカー協会からは冨安が病院へ直行したことが明かされていた。

こうした事態に、同メディアは「ボローニャにとって最悪のニュースだ」として、「ボローニャから各国の代表に行っていた6人のうちの1人である冨安が、モンゴル戦で筋肉を痛めた。
彼の状態は絶えず監視される。
もし怪我が大したことのないものなら、タジキスタンへの遠征に帯同するだろうが、詳細な検査を必要とするくらい酷い場合はすぐにボローニャに戻るだろう」と、その動向を報じている。
そして試合翌日、怪我のため冨安が代表を離脱することが発表された。

ボローニャはインターナショナル・マッチウィーク明けが王者ユベントス戦になるが、これまで右サイドバックは全試合で冨安がフル出場していた。
それだけに「ミハイロビッチは彼以外の選択肢を考えてこなかったので、心配している。冨安が出られなければ、(イブラヒマ・)エムバイエが今季初めてピッチに立つ。
冨安が間に合わなければ、彼がクリスティアーノ・ロナウドと対峙する」と、その影響力の大きさを報じた。

現地メディアでは「すでにロッソ・ブルーのアイドル」とも評価されている冨安だが、
試合後の記者会見で日本代表の森保一監督は「今後について、恐らく次の試合はできないと思う」「恐らく、すぐ治るような痛みではないと思う」と、厳しい見通しを話していた。

セリエAでの初年度は順風満帆と言えるスタートを切っていただけに、王者ユベントス戦への出場が難しい情勢なのは、冨安にとってもボローニャにとっても残念なニュースになってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00222794-soccermzw-socc
10/11(金) 21:50配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570798390
続きを読む

【サッカー】セリエA第7節 冨安健洋、7試合連続のフル出場。ボローニャは指揮官の復帰戦を白星で飾れず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/10/07(月) 01:40:34.30 ID:s4yfVZuf9.net

【ボローニャ 2-2 ラツィオ セリエA第7節】

イタリア・セリエA第7節、ボローニャ対ラツィオが現地時間6日に行われた。
試合は2-2のドローに終わった。

日本代表DF冨安健洋はこの日も右サイドバックで先発し、開幕から7試合連続のフル出場となった。
また、白血病治療中のボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は5試合ぶりにベンチ入りしてチームを指揮することになった。

先制したのはボローニャだった。21分、右サイドでオルソリーニが中央にクロスを供給。これをクレイチーがヘディングで合わせた。
先制に成功したボローニャだったが、直後の23分にインモービレのゴールで同点に追いつかれてしまった。

31分、ボローニャが勝ち越しに成功する。左サイドからボールを受けたスバンベリがシュート。
これは右ポストに直撃するも、こぼれ球にパラシオが反応し、ゴールに押し込んだ。リードした喜びもつかの間、
インモービレの2点目でボローニャは、またも同点に追いつかれた。

60分、ラツィオのルーカス・レイバが悪質なファールでこの日2枚目のイエローカード。
レイバは退場処分となり、ラツィオは1人少ない状態で残りの時間を戦うことになった。
だが、ボローニャもメデルが一発レッドで退場処分。両チーム共10人で戦うことになる。

ラツィオは終盤にPKを獲得するも、コレアが外してしまい、逆転の機会を逃してしまう。
結局、試合はこのまま終了し、2-2のドローに終わった。

【得点者】
21分 1-0クレイチー(ボローニャ)
23分 1-1 インモービレ(ラツィオ)
31分 2-1 パラシオ(ボローニャ)
39分 2-2 インモービレ(ラツィオ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341484-footballc-socc
10/7(月) 0:04配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081165
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570380034
続きを読む

【サッカー】<DF冨安健洋(ボローニャ)>地元紙記者も太鼓判!「普通じゃない」CBサイズでSBこなす「卓越した身体能力」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/09/24(火) 09:32:34.95 ID:UPAew+qH9.net

イタリア・セリエAの古豪ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋(20)が新天地イタリアで好スタートを切った。22日にホームのローマ戦にフル出場し、開幕からリーグ4試合連続、公式戦5試合連続のフル出場。ファン投票による8月のクラブ月間MVPに輝いた。本職のセンターバック(CB)ではなく、右サイドバック(SB)で高いパフォーマンスを発揮しているセリエA11人目の日本人選手について、地元のボローニャ担当記者に話を聞いた。(取材協力=ボローニャ・神尾光臣通信員)

 カテナチオ(イタリア語でかんぬき)と呼ばれる堅守が伝統のイタリアで、冨安は“二刀流”でインパクトを与えた。地元記者が口をそろえて語った印象は「普通じゃない」。身長1メートル88のセンターバックが、開幕から全試合で右サイドバックで起用されている理由についてコリエレ・ディ・ボローニャ紙のモッシーニ記者は「卓越した身体能力を持っている。チームはそれを生かすため、あえてSBをやらせている」と説明した。

 トゥット・ボローニャ・ウェブのミングッツィ記者は「センターバックのフィジカルを持つ冨安が、敏しょう性が求められるサイドバックでプレーしているのは普通じゃない。2つのポジションができるのは監督にとって有利」と評価。似たタイプの選手を聞くと「挙げるのは難しい」「ある意味、一番答えるのに困る」とともに思いつかないそうで、冨安は現在、セリエAで唯一無二の存在と言えるのかもしれない。

 今後の起用法については意見が分かれた。モッシーニ記者は「もし(CB)デンスビルの調子が上がらなければ、遅かれ早かれ冨安を本職でプレーさせることになるのではないか」と予想。一方、ミングッツィ記者は「DFの人数が少ないから、たまにCBで出ることになると思うが、今のチームでは当分SBで出続けることになると思う」と層が薄い右SBに固定されるとの見方を示した。

 モッシーニ記者は「守備のマンマーク、攻撃の組み立てもしっかりできる」とプレーの良い点を挙げた一方で課題については「戦術面を鍛えればもっと良くなると思う。ここ2戦はやや苦しんでいるが、まだ20歳だし、シーズンの最初で浮き沈みがあるのは当然のこと」。月間MVPにも選出され、「ファンは関心を持って冨安のことを見て、好きになっている」という。既に地元サポーターのハートをつかんでおり、主力選手として大きな期待を集めそうだ。

9/24(火) 9:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000112-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00000112-spnannex-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569285154
続きを読む

【サッカー】ボローニャ、ローマに敗れて今季初黒星…冨安健洋は強力攻撃陣に奮闘も後半AT弾に泣く

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/09/23(月) 00:00:01.76 ID:KpU+yocJ9.net

ローマは公式戦3連勝
セリエA第4節が21日に行われ、ボローニャとローマが対戦した。

ここまで2勝1分けと好スタートを切ったボローニャが、ホームに初とも言える強豪クラブを迎え入れた一戦。日本代表DF冨安健洋は4試合連続で右サイドバックとして起用され、ヘンリク・ムヒタリアン、アレクサンダル・コラロフといったスター選手とマッチアップすることとなった。

試合は前半からローマが押し込む展開ではあったものの、ペースを握るまでには至らず。ローマは長いボールを使いながら、コラロフの突破で違いを作っていく。冨安は精度の高いボールを供給できるコラロフの対応に苦しみつつ、粘り強く対応していった。

冨安とのマッチアップが予想されたムヒタリアンがやや中央寄りでプレーした一方、FWエディン・ジェコが左サイドに流れるシーンが多くなり、前半から冨安の対応する場面は多くなっていった。

スコアレスで後半を迎えたが、49分にコラロフがゴールやや左からの直接FKを沈めてローマが先制に成功する。GKウカシュ・スコルプスキは一歩も動けず。

しかし直後に、またも意外な形でボローニャがチャンスを作る。左サイドからの折り返しにロベルト・ソリアーノが飛び込んでくると、コラロフがエリア内で倒してしまい、PKを獲得。これをニコラ・サンソーネがきっちりと右に決め、試合は振り出しに。

さらに59分には高い位置でボールを奪うと、左から中央へと華麗な連携を経てソリアーノがゴール至近距離からシュートに至る。しかし、これはGKパウ・ロペスのファインセーブに遭い、選手たちは頭を抱える。

その後、冨安はファウルでセリエA初のイエローカードを受けるものの、ペースはホームのボローニャへ。シュートチャンスを作り、逆転弾へと近づいていく。すると84分にはボローニャのカウンターがヒット。スルーパスに抜け出したフェデリコ・サンタンデールがジャンルカ・マンチーニに倒される。マンチーニは2枚目のイエローカードで退場となり、ボローニャが数的優位に立つ。

昨シーズンから続くホームの連勝を「9」に伸ばすため、最後まで攻め続けたボローニャだったが、逆にスキが生まれる。アディショナルタイム、ローマの速い攻撃から、最後はロレンツォ・ペッレグリーニのクロスにジェコが頭で合わせ、勝ち越し。ローマが2-1で勝利し、公式戦3連勝を飾った。ボローニャは今季初黒星となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010043-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569164401
続きを読む

【サッカー】<DF冨安健洋(ボローニャ)>地元紙記者も太鼓判!「普通じゃない」CBサイズでSBこなす「卓越した身体能力」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/09/24(火) 09:32:34.95 ID:UPAew+qH9.net

イタリア・セリエAの古豪ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋(20)が新天地イタリアで好スタートを切った。22日にホームのローマ戦にフル出場し、開幕からリーグ4試合連続、公式戦5試合連続のフル出場。ファン投票による8月のクラブ月間MVPに輝いた。本職のセンターバック(CB)ではなく、右サイドバック(SB)で高いパフォーマンスを発揮しているセリエA11人目の日本人選手について、地元のボローニャ担当記者に話を聞いた。(取材協力=ボローニャ・神尾光臣通信員)

 カテナチオ(イタリア語でかんぬき)と呼ばれる堅守が伝統のイタリアで、冨安は“二刀流”でインパクトを与えた。地元記者が口をそろえて語った印象は「普通じゃない」。身長1メートル88のセンターバックが、開幕から全試合で右サイドバックで起用されている理由についてコリエレ・ディ・ボローニャ紙のモッシーニ記者は「卓越した身体能力を持っている。チームはそれを生かすため、あえてSBをやらせている」と説明した。

 トゥット・ボローニャ・ウェブのミングッツィ記者は「センターバックのフィジカルを持つ冨安が、敏しょう性が求められるサイドバックでプレーしているのは普通じゃない。2つのポジションができるのは監督にとって有利」と評価。似たタイプの選手を聞くと「挙げるのは難しい」「ある意味、一番答えるのに困る」とともに思いつかないそうで、冨安は現在、セリエAで唯一無二の存在と言えるのかもしれない。

 今後の起用法については意見が分かれた。モッシーニ記者は「もし(CB)デンスビルの調子が上がらなければ、遅かれ早かれ冨安を本職でプレーさせることになるのではないか」と予想。一方、ミングッツィ記者は「DFの人数が少ないから、たまにCBで出ることになると思うが、今のチームでは当分SBで出続けることになると思う」と層が薄い右SBに固定されるとの見方を示した。

 モッシーニ記者は「守備のマンマーク、攻撃の組み立てもしっかりできる」とプレーの良い点を挙げた一方で課題については「戦術面を鍛えればもっと良くなると思う。ここ2戦はやや苦しんでいるが、まだ20歳だし、シーズンの最初で浮き沈みがあるのは当然のこと」。月間MVPにも選出され、「ファンは関心を持って冨安のことを見て、好きになっている」という。既に地元サポーターのハートをつかんでおり、主力選手として大きな期待を集めそうだ。

9/24(火) 9:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000112-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00000112-spnannex-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569285154
続きを読む

【サッカー】ボローニャ、ローマに敗れて今季初黒星…冨安健洋は強力攻撃陣に奮闘も後半AT弾に泣く

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/09/23(月) 00:00:01.76 ID:KpU+yocJ9.net

ローマは公式戦3連勝
セリエA第4節が21日に行われ、ボローニャとローマが対戦した。

ここまで2勝1分けと好スタートを切ったボローニャが、ホームに初とも言える強豪クラブを迎え入れた一戦。日本代表DF冨安健洋は4試合連続で右サイドバックとして起用され、ヘンリク・ムヒタリアン、アレクサンダル・コラロフといったスター選手とマッチアップすることとなった。

試合は前半からローマが押し込む展開ではあったものの、ペースを握るまでには至らず。ローマは長いボールを使いながら、コラロフの突破で違いを作っていく。冨安は精度の高いボールを供給できるコラロフの対応に苦しみつつ、粘り強く対応していった。

冨安とのマッチアップが予想されたムヒタリアンがやや中央寄りでプレーした一方、FWエディン・ジェコが左サイドに流れるシーンが多くなり、前半から冨安の対応する場面は多くなっていった。

スコアレスで後半を迎えたが、49分にコラロフがゴールやや左からの直接FKを沈めてローマが先制に成功する。GKウカシュ・スコルプスキは一歩も動けず。

しかし直後に、またも意外な形でボローニャがチャンスを作る。左サイドからの折り返しにロベルト・ソリアーノが飛び込んでくると、コラロフがエリア内で倒してしまい、PKを獲得。これをニコラ・サンソーネがきっちりと右に決め、試合は振り出しに。

さらに59分には高い位置でボールを奪うと、左から中央へと華麗な連携を経てソリアーノがゴール至近距離からシュートに至る。しかし、これはGKパウ・ロペスのファインセーブに遭い、選手たちは頭を抱える。

その後、冨安はファウルでセリエA初のイエローカードを受けるものの、ペースはホームのボローニャへ。シュートチャンスを作り、逆転弾へと近づいていく。すると84分にはボローニャのカウンターがヒット。スルーパスに抜け出したフェデリコ・サンタンデールがジャンルカ・マンチーニに倒される。マンチーニは2枚目のイエローカードで退場となり、ボローニャが数的優位に立つ。

昨シーズンから続くホームの連勝を「9」に伸ばすため、最後まで攻め続けたボローニャだったが、逆にスキが生まれる。アディショナルタイム、ローマの速い攻撃から、最後はロレンツォ・ペッレグリーニのクロスにジェコが頭で合わせ、勝ち越し。ローマが2-1で勝利し、公式戦3連勝を飾った。ボローニャは今季初黒星となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010043-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569164401
続きを読む

【サッカー】<DF冨安健洋(ボローニャ>チーム3失点も“個人”の出来は伊メディア及第点!「決勝ゴールは彼のサイドから生まれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/09/16(月) 10:48:13.86 ID:nSRinDbA9.net

国際Aマッチウィークの強行日程のなかでフル出場 チームも打ち合いの末に逆転勝利

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190916-00217900-soccermzw-000-1-view.jpg

日本代表DF冨安健洋が所属するセリエAのボローニャは、現地時間15日のリーグ第3節ブレシア戦で壮絶な打ち合いの末に4-3で逆転勝利を飾った。現地メディアは3失点した最終ラインでフル出場した冨安に、個人のプレーとしては一定の評価を与えた。

【動画】冨安フル出場の一戦は壮絶な打ち合い…「ブレシア×ボローニャ」(3-4)ハイライト
https://www.football-zone.net/archives/217900/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=217900_6

 ボローニャはブレシア戦の前半だけで3失点。DFマッティア・バニが1得点したものの苦しい状況で後半を迎えた。しかし、後半4分に相手MFダニエレ・デッセーナが2枚目のイエローカードで退場すると怒涛の反撃。そこから3得点を重ねて逆転勝利を飾った。

 イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、冨安に「5.5点」とやや低めの採点を付け、「他の選手と同様に活力のあるブレシアの選手たちに手を焼いた」と言及。その一方で「決勝ゴールは彼のサイドから生まれた」と、ポジティブな要素も評価している。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、冨安を及第点の「6点」と採点。寸評では「前の2試合に比べれば、そこまで良いパフォーマンスではなかった」としたが、「後半に入って前半よりも改善した」と、立て直した点に触れている。

 冨安はこのブレシア戦前に日本代表活動で日本とミャンマーでそれぞれ1試合ずつフル出場してイタリアに戻った。ハードスケジュールのなかだったがスタメンの座を守り、まずまずのプレーを見せてチームも勝利。まだリーグ戦で強豪と言えるクラブと対戦していないとはいえ、それでも2勝1分と無敗に貢献している。

9/16(月) 10:20 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00217900-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568598493
続きを読む

【サッカー】右SB冨安健洋は公式戦4試合連続フル稼働! ボローニャは4-3大逆転勝利で暫定2位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/09/16(月) 00:00:56.02 ID:ykXHis379.net

[9.15 セリエA第3節 ブレシア3-4ボローニャ]

 セリエAは15日に第3節を行った。日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地で昇格組ブレシアと対戦し、4ー3で勝利して暫定2位に浮上。右サイドバックで先発した冨安は今季公式戦全4試合でフル出場を果たした。22日の第4節ではホームでローマと対戦する。

 日本代表から帰還した冨安はさっそく右SBで先発。コッパイタリア3回戦(○3-0)、セリエA開幕節(△1-1)、第2節(○1-0)に続き、公式戦4試合連続で先発の座を勝ち取っている。前半5分には最後方からロングパスをFWロドリゴ・パラシオにつなげる。さらに同8分、PA右にMFロムロの進入を許すが、冨安が体を入れてファウルを誘発してピンチを防いだ。

 しかし先制はブレシア。前半10分、ロムロがPA左からクロスを上げ、ファーサイドのFWアルフレッド・ドンナルンマが頭で合わせる。ゴールマウスに向かうボールはGKウーカシュ・スコルプスキにかき出されるが、ゴールラインテクノロジーによりラインを越えていたことが認められ、ブレシアの得点となった。

 さらにブレシアは追加点。前半19分、MFサンドロ・トナーリがPA右外からFKを蹴るが守備のブロックに遭い、ボールはPA外へ。するとボールを拾ったDFアレス・マテイウがノールックからPA左に鋭いパス。受けたドンナルンマが冷静に右足シュートをゴールのファーサイドに蹴り込み、2-0とリードを2点差に広げた。

 ボローニャは前半22分にパラシオがPA手前から左足シュートを放つも、鋭い弾道も相手GKの正面に。一方、ブレシアは同27分にMFダニエレ・デッセーナがPA左に入り込むが、冨安に体で阻まれた。

 するとボローニャが1点を返す。前半36分、FWニコラ・サンソーネのFKをDFマッティア・バーニが頭で押し込んだ。しかしブレシアも2-1で迎えた同42分、トナーリの右CKをDFアンドレア・チスターナがニアサイドから頭で合わせ、再び点差を2とした。

 ブレシアは3-1で前半を折り返すと後半3分、デッセーナが敵陣近くで倒れるが、シミュレーションが認められて逆に警告を受ける。すでに1回イエローカードを受けていたため、デッセーナは退場処分。追いかけるボローニャは数的優位に立った。

 するとボローニャは後半12分から反撃開始。PA右へのスルーパスにFWリッカルド・オルソリーニが反応し、深い位置から折り返すと、最後はパラシオが押し込んだ。さらに2-3で迎えた同15分、右CKをパラシオがニアサイドで合わせ、ブロックされたところをDFステファノ・デンスウィルが押し込み、3-3と試合を振り出しに戻した。

 ボローニャは後半32分に敵陣でボールを奪われ、トナーリにカウンターを仕掛けられそうになるも、すかさず冨安がコースを消しながら鋭いプレス。ファウルになってしまったが、抜群の反応でカウンターのピンチを防いだ。

 数的優位のボローニャが少しずつ攻め立てると、後半35分にいよいよ試合をひっくり返す。冨安の右サイドからのクロスは相手の守備に跳ね返されるが、ボールを拾ったボローニャは細かいパス回しからPA左角の手前にいたパラシオがファーサイドに柔らかい浮き球パス。PA右に走り込んだオルソリーニが左足ダイレクトで合わせ、4-3と逆転に成功した。

 試合はそのまま終了し、ボローニャが4-3で勝利。リーグ戦で3試合無敗(2勝1分)を継続させ、7位から暫定2位に浮上した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-43471699-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568559656
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ