ユヴェントス

【サッカー】セリエA第12節 ユヴェントスがミランを撃破!古巣戦に燃えるイグアインはPK失敗&退場 Cロナウドゴール 12試合8ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/11/12(月) 09:18:26.44 ID:CAP_USER9.net

現地時間11日、イタリア・セリエAは第12節が行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

毎年、大型補強を繰り返しながらもチャンピオンズリーグ復帰が遠いミランと、すでにスクデット獲得は最低ノルマと化し、チャンピオンズリーグ優勝に心血を注いでいるユヴェントス。
そのチャンピオンズリーグで公式戦初黒星を喫したが、公式戦連敗だけは避けたいところ。

ミランとしては0-0の時間帯を少しでも長く続けたいところだったが、立ち上がりに失点を許してしまう。
8分、左サイドのアレックス・サンドロが入れたアーリークロスを、ファーサイドのマリオ・マンジュキッチが頭で叩きつける。
リカルド・ロドリゲスとのギャップを狙われた打点の高いヘディングはGKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なく、ユヴェントスがあっさりと先制した。

11分には、クリスティアーノ・ロナウドの左クロスに再びマンジュキッチが飛び込むも、今度はアレッシオ・ロマニョーリが競り勝ってCKへと逃れる。

その後も両サイドから厚みのある攻撃を仕掛け、ミランゴールへと迫るユヴェントス。
反撃に出たいミランだが、ユヴェントスの素早い攻守の切り替えと高い位置からのプレッシングによってミスが多く、古巣対決に燃えるゴンサロ・イグアインまでほとんどボールを運ぶことができない。

それでも38分、右サイドをドリブルで持ち上がったスソのパスを、ゴール前で受けたのはイグアイン。
ここは対峙したメディ・ベナティアがブロックしたかに見えたが、イグアインが手で防がれたと猛抗議すると、VARの結果、ミランにPKが与えられる。
これをイグアインがゴール左へと狙うが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触り、左のポストを叩いて外れる。

同点に追いつく絶好機を逸したミランが1点ビハインドのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的な入り方を見せたミランに対し、
ユヴェントスは焦らずどっしりと構えてこれを受け切り、前半同様に自分たちのペースに持ち込んでいく。

流れを変えたいミランは62分、サムエル・カスティジェホに代えてパトリック・クトローネを投入。66分にはカウンターからイグアインがチャンスを得るも、折り返しはベナティアがブロック。
72分にも、高い位置でボールを奪ってミランがチャンスを得るも、イグアインのトラップ際をベナティアが狙ってボール奪取し、ピンチの芽を摘み取る。

追加点を奪いに行くか、このまま逃げ切るか。判断を迫られる時間帯を迎え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は74分、ミラレム・ピャニッチを下げてサミ・ケディラを投入する。
同時に、ミランはハカン・チャルハノール、イニャツィオ・アバーテに代えてディエゴ・ラクサールとファビオ・ボリーニを投入し、交代枠を使い切る。

ユヴェントスは79分にパウロ・ディバラを下げてドウグラス・コスタを投入。追加点を奪いに行く姿勢を見せる。
すると迎えた81分、ラクサールのクリアを拾ったジョアン・カンセロがドリブルで切り込みペナルティーエリア内右からシュート。
これはGKドンナルンマがはじいたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで待望の追加点をゲットする。

これで苦しくなったミランだが、84分にさらに追い打ちをかけるような出来事が起こる。
ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示されたイグアインが、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。
すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。C・ロナウドをはじめとしたかつてのチームメイトにも怒りを抑えられず、最後は目を潤ませてピッチを後にした。

エースを失い、10人となったミランにユヴェントスからゴールを奪う力は残されておらず、時間を使って試合を終わらせたユヴェントスが勝ち点3を手にした。

■試合結果

ミラン 0-2 ユヴェントス

■得点者

ユヴェントス:マンジュキッチ(8分)、C・ロナウド(81分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000031-goal-socc
11/12(月) 6:26配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163365.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking
得点ランキング

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=1zE0-_v6mSQ
https://www.youtube.com/watch?v=f5GoR_b5eJ0
Ronaldo Scores Juventus 100th Goal At San Siro | Milan 0-2 Juventus | Top Moment | Serie A


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541981906
続きを読む

【サッカー】<堂安律>ユヴェントスがリストアップ!史上初の日本人に!伊メディア、本田や長友の事例を挙げ獲得に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/27(土) 14:04:48.78 ID:CAP_USER9.net

各国ビッグクラブが熱視線を送るフローニンゲンの日本代表MF堂安律について、『FOXスポーツ』イタリア版が25日、特集記事を組み、関心を示している。

世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

オランダ2年目のシーズンを過ごす堂安は今シーズン、ここまで開幕から全試合フル出場。最下位に沈むチームの中でも存在感を示している。今月行われたウルグアイ戦で初ゴールを決めた日本代表でも中心選手となりつつある堂安については、これまでマンチェスター・シティやPSV、さらにはユヴェントスやアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられてきた。

7年間にわたりイタリア王者に君臨するユヴェントスがリストアップしたことで、伊メディアは20歳の新星に注目。史上初となる日本人選手の獲得に向けて、期待を寄せている。

「この選手の何が特殊なのか?国際舞台において技術レベルを見ても有望株の1人と言えるが、それに加えて若きウィンガーは日本代表選手だ。移籍が実現すれば、これまで日本人選手を獲得したことのないユヴェントスにとって史上初の出来事になる」

2011年冬から7年間、インテルでプレーしたDF長友佑都や、2014年冬から3年半、ミランに所属したMF本田圭佑の事例を挙げ、イタリアの名門クラブにとって日本人選手の獲得がマーケティング戦略において有効であると指摘した。

「(イタリア)北部のビッグ3のうちでユヴェントスが唯一、日本人選手と契約したことがないクラブだ。だがインテルのナガトモ、ミランのホンダの経験を踏まえると、ピッチ内での貢献の有無に関わらず、日出ずる国の選手が組織に所属していることで、非常に大きなメディアの注目を浴びることができる」

今夏には、世界規模でのメディア効果を狙い、レアル・マドリーから世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユヴェントス。果たしてユーヴェは各国ビッグクラブとの堂安争奪戦を制することはできるのか、注目されるところだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000001-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540616688
続きを読む

【サッカー】<堂安律>C・ロナウドと同僚になる可能性も? マン・Cだけでなくユヴェントス、アトレティコらで冬に争奪戦か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/25(木) 12:33:43.02 ID:CAP_USER9.net

フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律に各国ビッグクラブが注目している。イギリス『ミラー』が報じた。

オランダ2年目のシーズンを過ごす堂安は今シーズン、開幕から全試合フル出場。最下位に沈むチームの中でも存在感を示している。今月行われたウルグアイ戦で初ゴールを決めた日本代表でも中心選手となりつつある堂安については、これまでマンチェスター・シティやPSVからの関心が伝えられてきた。

さらに今回伝えられるところによれば、ユヴェントスとアトレティコ・マドリーも堂安の獲得に向けて熱を入れているようだ。マンチェスター・シティは1月に堂安を手中に収めたいと考えているようだが、争奪戦になる様相を呈している。

一方でフローニンゲンは堂安を高く評価しており、現在500万ポンド(約7億2000万円)と評価される若き才能を最低でも来夏までは手放したくないとのこと。堂安がオランダで活躍を続ければ、さらに価値を高めてビッグクラブにわたる可能性も十分にありそうだ。

10/25(木) 11:58 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00010000-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181025-00010000-goal-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540438423
続きを読む

【サッカー】<C・ロナウド>ユヴェントスでのCL初戦で一発退場!不可解判定に涙の抗議...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/20(木) 05:03:48.63 ID:CAP_USER9.net

ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドにとってチャンピオンズリーグ(CL)初戦は苦いものとなってしまった。

【動画】C・ロナウド、涙の一発退場…
http://www.goal.com/jp/ニュース/cロナウドユヴェントスでのcl初戦で一発退場不可解判定に涙の抗議/syn5nbxg9aa217dkqnfbu4zp2


チャンピオンズリーグ(CL)グループHの第1節が19日に行われ、ユヴェントスはバレンシアとアウェーで対戦した。ユヴェントスの前線にはクリスティアーノ・ロナウド、フェデリコ・ベルナルデスキ、マリオ・マンジュキッチといった面々が先発。試合は敵地に乗り込んだユーヴェが実力差を見せる形で、前半から次々とチャンスを作り出す。

マンジュキッチ、サミ・ケディラ、ロナウドといずれも決定的なシーンを生み出すが、シュートが枠に飛ばず、ゴールを割るには至らない。すると29分にまさかのアクシデント。ロナウドがボールのないところでの相手DFと小競り合いから一発退場を命じられてしまう。ロナウドは涙を浮かべて抗議するも、判定は覆らず、ユヴェントスは数的不利となる。

逆に一人多くなったバレンシアが、ミヒー・バチュアイなどが決定機を作り出すも、前半終了間際に落とし穴。ダニ・パレホがペナルティーエリア内でジョアン・カンセロにハイキックを見舞ってしまい、PKを献上。これをミラレム・ピャニッチが冷静に決め、ユヴェントスが1点リードで前半を終えている。

9/20(木) 4:54配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00010000-goal-socc


ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節のバレンシア戦で一発退場となった。

 新天地でのCLデビュー戦はわずか29分で終了となった。今夏にレアル・マドリードからユヴェントスに移籍したC・ロナルドは、CL初戦のバレンシア戦に先発出場。しかし29分、激しい競り合い後、倒れた相手選手に言い寄って頭をつかむと、両チームが入り交じる小競り合いに発展。主審は副審に確認後、C・ロナウドにレッドカードを提示した。

 これに納得のいかない様子のC・ロナウドは、目に涙を浮かべながら抗議したが、判定は覆ることなく、ピッチを後にした。

9/20(木) 4:38 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00834759-soccerk-socc

写真

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180920-00010000-goal-000-2-view.jpg


https://amd.c.yimg.jp/amd/20180920-00834759-soccerk-000-6-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537387428
続きを読む

【サッカー】ユヴェントスが開幕2連勝!C・ロナウド不発もラツィオに完勝/セリエA第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/08/26(日) 03:03:48.65 ID:CAP_USER9.net

現地時間25日、イタリア・セリエAは第2節が行われ、王者ユヴェントスはホームにラツィオを迎えた。

ユヴェントスのスポンサーを務める日本のゲーム会社「Cygames(サイゲームス)」が初めてマッチスポンサーを務めたことでも注目を集めたこの一戦。クリスティアーノ・ロナウドが2試合連続で先発したユヴェントスは、マリオ・マンジュキッチをトップに起用し、パウロ・ディバラはベンチからのスタートとなった。

開幕戦でゴールこそなかったものの、積極的にシュートを放ち、惜しいチャンスも作り出していたC・ロナウド。ホームでのデビュー戦となるこの試合でも、立ち上がりからゴールへの積極的な姿勢を見せる。8分、フェデリコ・ベルナルデスキのロングパスから、ゴール前に走りこんだC・ロナウドがヘディング。これは枠に飛ばせなかったが、チームメイトもボールを持つと真っ先にC・ロナウドを意識していることが分かる場面だった。

一方のラツィオは、奪ってからのカウンターに活路を見出す。11分、高い位置で奪い、ペナルティーエリア手前のセナド・ルリッチがシュートを放つも、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触ってゴール左へと外れる。

19分、レオナルド・ボヌッチからのロングパスをブレーズ・マテュイディが落とし、ゴール前のロナウドが飛び込む。ここはDFが一瞬先に触って逃れるが、ボールが向かった先にいたサミ・ケディラが押し込む。しかし、ここもDFが必死に体を寄せ、シュートは右のポストを叩いた。

試合が動いたのは30分。C・ロナウドの展開から、右に開いて受けたベルナルデスキのクロスを、ファーサイドのマンジュキッチが頭で落とす。これはクリアされるが、こぼれ球をペナルティーエリア手前のミラレム・ピャニッチがボレーで叩くと、抑えの利いたシュートがゴール右隅へと決まってユヴェントスが先制する。

追いつきたいラツィオは前半終了際、ゴール前でつないで左サイドからのクロスをルイス・アルベルトが頭で捉えるも、ゴール上へと打ち上げてしまう。

後半もユヴェントスが主導権を握り、ラツィオがカウンターから少ないチャンスを窺う構図は前半と変わらず。開幕戦では先制後に一度は逆転を許しているユヴェントスだけに、早い時間帯に追加点を奪っておきたいという気持ちがプレーに表れていた。

追加点が欲しいユヴェントスは60分、フェデリコ・ベルナルデスキに代えてドウグラス・コスタを投入。追いつきたいラツィオも64分にホアキン・コレアとミラン・バデリを投入する。

69分にピャニッチを下げてエムレ・ジャンを投入したユヴェントスは71分、D・コスタのサイドチェンジから、ペナルティーエリア手前左で受けたC・ロナウドが右足を振り抜く。鋭く落ちるシュートが枠を捉えるが、ここはGKトーマス・ストラコシャがファインセーブでC・ロナウドのセリエA初ゴールを阻止する。

75分にもC・ロナウドに絶好機。右サイドを抜けたジョアン・カンセロの折り返しに反応するも、上手く合わせることはできず。しかしこれがGKストラコシャのファンブルを誘い、こぼれ球をマンジュキッチが押し込んでユヴェントスが2-0とリードを広げる。

2点を追いかける形となったラツィオは思うようにカウンターを仕掛けられず、逆にボールを持たされては奪われ、ユヴェントスに狙い通りのカウンターを許す展開となってしまう。

アディショナルタイムの3分間も含め、最後までラツィオにゴールを許さなかったユヴェントスが開幕2連勝を飾った。今シーズン初の完封勝ちを収めたユヴェントスは次節、敵地でパルマと対戦。C・ロナウドのセリエA初ゴールは生まれるだろうか。

■セリエA第2節
ユヴェントス 2-0 ラツィオ

■得点者

ユヴェントス:ピャニッチ(30分)、マンジュキッチ(75分)

ラツィオ:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000031-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535220228
続きを読む

【サッカー】ユヴェントス、在籍25年の“レジェンド”マルキージオとの契約解除を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/08/17(金) 18:19:33.77 ID:CAP_USER9.net

 ユヴェントスは17日、元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオとの契約解除を発表した。

 現在32歳のマルキージオはユヴェントスの育成組織出身。2007-08シーズン、エンポリへの期限付き移籍期間を除き、ユヴェントスに計25年間在籍した。公式戦通算389試合出場はクラブで18番目の記録。またイタリア・スーパーカップを3回、コッパ・イタリアを4回制し、7シーズン連続でスクデットを獲得した。11年目の昨シーズンは、セリエAで15試合の出場と加入以来最も少ない出場回数に終わり、イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』は7月13日に契約解除の可能性を報じていた。

 ユヴェントスは「今までありがとう、クラウディオ!今後の幸運を祈っています!」と感謝のメッセージを発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00814464-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534497573
続きを読む

【サッカー】<ACミランとユヴェントスで大型移籍成立!>イグアインがレンタル、ボヌッチとカルダーラがトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/08/03(金) 05:52:32.05 ID:CAP_USER9.net

ミランは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインとマッティア・カルダーラの獲得を、ユヴェントスはDFレオナルド・ボヌッチの復帰をそれぞれ発表した。

一時ヨーロッパリーグから締め出されることが決まったものの、スポーツ仲介裁判所の決定により来季の出場権が確実となったミラン。欧州での挑戦、そしてチャンピオンズリーグ出場権獲得のため、ストライカーの補強を最優先で進めてきた。

そして2日、ミランはイグアインの獲得を発表。買い取りオプションが付帯した2019年までのレンタルとなる。報道によると、1800万ユーロ(約23億円)の1年間のレンタル移籍で加入し、2018-19シーズン終了までに行使可能な買い取りオプションは3600万ユーロ(約47億円)になるという。

2015-16シーズン、当時所属していたナポリでセリエA最多得点記録となる36ゴールを挙げたイグアイン。同年には、当時のイタリア市場最高額とみられる9000万ユーロ(約117億円)でユヴェントスへ加入した。イタリア王者では、2シーズンで公式戦105試合に出場、55ゴール12アシストを記録。セリエA、コッパ・イタリアの2連覇に貢献した。

また、ミランとユヴェントスでは、センターバックのトレードも完了。およそ3500万ユーロ(約46億円)と評価されるミランDFレオナルド・ボヌッチとDFマッティア・カルダーラがトレードされることとなった。

ボヌッチは、ユヴェントスと5年契約を結んでいる。昨シーズンにミランに加入したばかりの31歳イタリア代表DFだったが、1年で古巣に復帰することとなった。

8/3(金) 5:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000019-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533243152
続きを読む

【サッカー】イタリア王者vsドイツ王者はユヴェントスに軍配!21歳FWファヴィッリが2Gで猛アピール/ICC

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/07/26(木) 10:46:17.85 ID:CAP_USER9.net

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が25日に行われ、ユヴェントス対バイエルンの試合が対戦。ユヴェントスが2-0で勝利した。

ユヴェントスは、新加入のGKペリンやカンセロ、ジャンらが先発。プレシーズンマッチとはいえ、ピャニッチら主力を先発させた。対するバイエルンは、リベリらが先発するも、若手主体でこの一戦に臨んでいる。

イタリアとドイツの絶対王者同士の一戦は、バイエルンがハイプレスから主導権を握り、何度もチャンスを作る。

しかし、先制したのはユヴェントスだった。31分、マルティネスの雑なバックパスをGKウルライヒが処理しきれずにいると、相手ゴール付近でユヴェントスがボールをカット。最後は、21歳FWファヴィッリが無人のゴールに蹴り込んだ。

さらにその8分後、ユヴェントスが追加点。自陣からのロングパスに抜け出したファヴィッリが、落ち着いてネットを揺らした。

後半は、互いに選手を入れ替えながら進めていく。バイエルンでは、ロッベンやコマンら主力級の選手が登場するも、ゴールを奪えない。

結局、試合はこのまま終了。ユヴェントスがファヴィッリの2ゴールを守って勝利を挙げた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000000-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532569577
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ