ローマ

【サッカー】元ローマのサラーがアフリカ年間MVPを初受賞!リバプールで今季17得点マーク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/01/05(金) 11:31:37.34 ID:CAP_USER9.net

1/5(金) 9:41配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-01648880-gekisaka-socc

 リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)がアフリカ最優秀選手賞を受賞した。

 昨夏ローマからリバプールに加入したサラーは、スピードと高い決定力を活かし、ここまでプレミアリーグ21試合で17得点を記録。さらにエジプト代表としても28年ぶりのW杯出場に導いた。

 サラーは、最終候補に挙がっていたチームメイトのセネガル代表MFサディオ・マネ、ドルトムント所属のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを抑えて、年間最優秀選手賞初受賞となった。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515119497
続きを読む

【サッカー】<中田英寿>ローマを代表する冬の補強選手に選出!「スクデットをもたらした」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/26(火) 23:15:42.64 ID:CAP_USER9.net

ローマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏について、イタリアの移籍情報サイト『カルチョメルカート・コム』が25日付の特集で名前を挙げている。

クリスマスにあたるこの日、「(マリオ)バロテッリ、ナカタ、(カレル)ポボルスキー、(エドガー)ダーヴィッツ…7姉妹の“クリスマスプレゼント”」と題し、セリエAの7強(ユヴェントス、ミラン、インテル、ラツィオ、フィオレンティーナ、ローマ、ナポリ)の会長が過去に冬の移籍市場でプレゼントした補強選手を特集した。

シーズン途中の冬に行われる移籍市場で加入した選手が「チームを再び軌道に乗せ、勝利をもたらし、救世主となる」可能性は多々ある。同サイトはローマを代表する“クリスマスプレゼント”として、「まさにサプライズとなった移籍だった。翌年、スクデットをもたらした」と綴り、2000年1月に加入した中田氏を紹介している。

中田氏は1998年のフランスW杯での活躍後、セリエAペルージャへ加入。デビュー戦となったユヴェントス戦でドッピエッタ(1試合2得点)を決め、衝撃的な活躍を見せた。翌シーズンの冬、フランチェスコ・トッティ氏らが在籍していた強豪ローマへ移籍。ローマでの2シーズン目には、スクデットを懸けたユヴェントス戦で起死回生の同点ゴールを決め、この年のセリエA制覇に大きな貢献をした。中田氏はローマにスクデットをもたらした英雄として、今でもファンに愛されていることで知られている。

12/26(火) 20:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000026-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20171226-00000026-goal-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514297742
続きを読む

【サッカー】元ローマのサラー、早くもリバプールで20得点達成。クラブ史トップレベルのペースで量産中

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2017/12/18(月) 12:06:32.49 ID:CAP_USER9.net

12/18(月) 7:39配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00247437-footballc-socc

 リバプールのFWモハメド・サラーが、クラブ史に残るスピードでゴールを量産している。英紙『デイリー・ミラー』が伝えた。

 現地時間17日、リバプールは敵地でボーンマスと対戦し、4-0で大勝した。サラーは前半終了間際に3点目を決め、この日もチームに貢献している。

 今年夏の移籍市場でローマからリバプールに移籍したサラーは、移籍後の得点がこれで20となった。加入後26試合で20得点という数字は、FWダニエル・スタリッジと同じで、イアン・ラッシュ氏でも、ロビー・ファウラー氏でも、現バルセロナのルイス・スアレスでも届かないスピードだ。

 しかし、クラブ史で最速ではないという。1895年、ジョージ・アラン氏が加入後わずか19試合で20得点を達成した記録が残っているとのことだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513566392
続きを読む

【サッカー/CL】<GL6節一日目結果>マンUとユーベ、ローマ、バーゼルが決勝T進出!前回4強のアトレティコはELへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2017/12/06(水) 07:55:57.74 ID:CAP_USER9.net

12/6(水) 7:22配信 ゲキサカ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-01647223-gekisaka-socc

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は5日、グループリーグ第6節1日目を行い、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバーゼル(スイス)、ローマ(イタリア)、ユベントス(イタリア)の決勝トーナメント進出が決まった。組み合わせ抽選会は11日に行われる。

 最終節までグループリーグ突破のチームが決まっていなかったA組は、2位バーゼルと勝ち点3差で首位のユナイテッドがCSKAモスクワ(ロシア)に2-1で逆転勝ち。首位通過を決めた。バーゼルは敵地でベンフィカ(ポルトガル)を2-0で下し、2位をキープした。3位のCSKAはヨーロッパリーグ(EL)に回る。

 B組では、首位パリSG(フランス)と2位バイエルン(ドイツ)の首位攻防戦が行われ、3-1でバイエルンに軍配。勝ち点15で並び、直接対決も1勝1敗だったが、直接対決の得失点差により(前回は3-0)パリSGの首位が確定した。3位争いもアンデルレヒト(ベルギー)が1-0でセルティック(スコットランド)に勝ったため、勝ち点3で並んだが、前回の直接対決で3-0で勝利していたセルティックがEL出場権を得た。

 前節で首位チェルシー(イングランド)の突破が決まっていたC組は、勝ち点2差で2位のローマがカラバフ(アゼルバイジャン)を1-0で完封勝ち。首位通過が懸かるチェルシーはアトレティコ・マドリー(スペイン)と1-1で引き分けに終わった。この結果、ローマがチェルシーと勝ち点11で並んだものの、直接対決が1勝1分のため、逆転での首位通過が決定。チェルシーは2位となった。最終節、勝利が絶対条件だった昨季4強のアトレティコは敗退となり、ELに出場することとなった。

 D組は、バルセロナ(スペイン)がスポルティング・リスボン(ポルトガル)に2-0で完封勝ち。首位通過となった。敗退の可能性もあったユベントスは、2-0でオリンピアコス(ギリシャ)を下し、2位で決勝トーナメント進出を決めた。ELに回る3位にはS・リスボンが入っている。

 以下、グループリーグ第6節1日目の結果

[A組]
ベンフィカ 0-2 バーゼル
[バ]モハメド・エルユヌシ(5分)、ディミトリ・オベルリン(65分)

マンチェスター・U 2-1 CSKAモスクワ
[マ]ロメル・ルカク(64分)、マーカス・ラッシュフォード(66分)
[C]ビシニウス(45分)

[B組]
バイエルン 3-1 パリSG
[バ]ロベルト・レワンドフスキ(8分)、コランタン・トリッソ2(37分、69分)
[パ]キリアン・ムバッペ(50分)

セルティック 0-1 アンデルレヒト
[ア]オウンゴール(62分)

[C組]
チェルシー 1-1 A・マドリー
[チ]オウンゴール(75分)
[A]サウール・ニゲス(56分)

ローマ 1-0 カラバフ
[ロ]ディエゴ・ペロッティ(53分)

[D組]
バルセロナ 2-0 S・リスボン
[バ]パコ・アルカセル(59分)、オウンゴール(90分+1)

オリンピアコス 0-2 ユベントス
[ユ]ファン・クアドラード(15分)、フェデリコ・ベルナルデスキ(90分)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512514557
続きを読む

【サッカー】<UEFA-CL/GL第2節2日目>注目の強豪対決はチェルシー、パリSGに軍配…ローマやバーゼルなども初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 06:18:54.24 ID:CAP_USER9.net

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第2節2日目が行われた。

A組は、白星スタート同士のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とCSKAモスクワ(ロシア)が激突。FWロメル・ルカクの2ゴールなどでユナイテッドが4-1で快勝し、2連勝とした。
また、バーゼル(スイス)はベンフィカ(ポルトガル)を5-0で下し、今季初白星を飾った。

B組では、グループリーグ突破本命のパリSG(フランス)とバイエルン(ドイツ)が対戦し、“PK騒動”のFWエジソン・カバーニとFWネイマールの揃い踏みでパリSGが3-0で完封勝ち。
セルティック(スコットランド)も敵地でアンデルレヒト(ベルギー)を3-0で破っている。

C組でも強豪同士が激突。チェルシー(イングランド)はアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦し、終了間際のFWミヒー・バチュアイの決勝点により2-1で競り勝った。
ローマ(イタリア)はDFコスタス・マノラスとFWエディン・ジェコの2ゴールでカラバフ(アゼルバイジャン)に2-1で勝利している。

D組では、バルセロナ(スペイン)がオウンゴールの1点にとどまったが、スポルティング・リスボン(ポルトガル)に逃げ切り勝利。
初戦を落としたユベントス(イタリア)はFWゴンサロ・イグアインとFWマリオ・マンジュキッチの得点でオリンピアコス(ギリシャ)を2-0で下している。

なお、第3節は10月17、18日に開催される。

 以下、第2節2日目の結果

[A組]
バーゼル 5-0 ベンフィカ
[バ]ミヒャエル・ラング(2分)、ディミトリ・オベルリン2(20分、69分)、リッキー・ファン・ウォルフスウィンケル(60分)、ブラス・ミゲル・リベロス(76分)

CSKAモスクワ 1-4 マンチェスター・U
[C]コンスタンチン・クチャエフ(90分)
[マ]ロメル・ルカク2(4分、27分)、アントニー・マルシャル(19分)、ヘンリク・ムヒタリアン(57分)

[B組]
パリSG 3-0 バイエルン
[パ]ダニエウ・アウベス(2分)、エジソン・カバーニ(31分)、ネイマール(63分)

アンデルレヒト 0-3 セルティック
[セ]リー・グリフィス(38分)、パトリック・ロバーツ(50分)、スコット・シンクレア(90分+3)

[C組]
カラバフ 1-2 ローマ
[カ]ペドロ・エンリキ(28分)
[ロ]コスタス・マノラス(7分)、エディン・ジェコ(15分)

A・マドリー 1-2 チェルシー
[A]アントワーヌ・グリエーズマン(40分)
[チ]アルバロ・モラタ(60分)、ミヒー・バチュアイ(90分+4)

[D組]
S・リスボン 0-1 バルセロナ
[バ]オウンゴール(49分)

ユベントス 2-0 オリンピアコス
[ユ]ゴンサロ・イグアイン(69分)、マリオ・マンジュキッチ(80分)

9/28(木) 6:12配信  ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-01644531-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170928-01644531-gekisaka-000-view.jpg


試合結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41
http://www.uefa.com/uefachampionsleague/season=2018/matches/index.html#md/33346

【サッカー】<UEFA-CL/GL第2節1日目>ハリー・ケインがハットトリック!トッテナム、レアル、マンC、ベシクタシュが連勝発進!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506461422/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506547134
続きを読む

【サッカー/CL】GL第1節結果 バルセロナvsユベントス、ローマvsAマドリー、セルティックvsパリ、マンUvsバーゼル etc

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/13(水) 06:17:10.18 ID:CAP_USER9.net

【グループリーグ】第1節
9月12日(火)

[グループ A]
ベンフィカ 1-2 CSKAモスクワ
50' 1-0 セフェロヴィッチ
63' 1-1 ヴィチーニョ(PK)
71' 1-2 ジャマレトジノフ

マンチェスター・U 3-0 バーゼル
35' フェライニ
53' ルカク
84' ラシュフォード


[グループ B]
バイエルン 3-0 アンデルレヒト
12' レヴァンドフスキ(PK)
65' ティアゴ・アルカンタラ
90' キミヒ

セルティック 0-5 パリSG
19' ネイマール
34' ムバッペ
40' カバーニ(PK)
83' OG(ルスティ)
85' カバーニ

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=14294&type=now

3 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/13(水) 06:18:19.05 ID:CAP_USER9.net

[グループ C]
チェルシー 6-0 カラバフ
5' ペドロ
30' ザッパコスタ
55' アスピリクエタ
71' バカヨコ
76' バチュアイ
82' バチュアイ

ローマ 0-0 A・マドリー


[グループ D]
バルセロナ 3-0 ユベントス
45' メッシ
56' ラキティッチ
69' メッシ

オリンピアコス 2-3 S・リスボン
2' 0-1 ドゥンビア
13' 0-2 ジェルソン・マルティンス
43' 0-3 ブルーノ・フェルナンデス
89' 1-3 パルド
90' 2-3 パルド


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505251030
続きを読む

【サッカー】インテル、イカルディの2発などでローマ撃破! 先発の長友は後半途中までプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シコリアン ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 05:53:20.04 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
ローマ 1-3 インテル

1-0 15分 エディン・ジェコ(ローマ)
1-1 67分 マウロ・イカルディ(インテル)
1-2 77分 マウロ・イカルディ(インテル)
1-3 87分 マティアス・ベシーノ(インテル)

 セリエA第2節が26日に行われ、ローマと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合連続で先発出場した。

 先制したのはホームのローマ。15分、ラジャ・ナインゴランが左足でペナルティエリア内に浮き球のパスを送ると、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したエディン・ジェコがワントラップから右足のボレーでネットを揺らした。

 後半に入り56分、インテルは長友に変えてダルベルトを投入した。そのインテルは67分、エリア内で縦パスを受けたマウロ・イカルディが反転から右足のシュートを流し込み、スコアをタイに戻す。

 勢いに乗るインテルは77分、左サイドからイヴァン・ペリシッチが鋭いクロスを入れると、中央で受けたイカルディがワントラップから右足で流し込み、逆転に成功した。さらに87分、再び左サイドからペリシッチが折り返したボールを今度はマティアス・ベシーノがダイレクトで合わせ、決定的な3点目となった。

 試合はこのまま3-1でタイムアップ。インテルが敵地で逆転勝利を収め、開幕2連勝を飾った。

 次節、ローマは9月10日にアウェイでサンプドリアと、インテルは同日にホームでSPALと対戦する。

8/27(日) 5:48配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00633998-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503780800
続きを読む

【サッカー】ローマ会長がミランの“自転車操業”を非難 無謀な大型投資に「正気を失っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:鶴仙人 ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 01:55:01.88 ID:CAP_USER9.net

 中国人オーナーになったACミランは、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど、移籍市場に2億1000万ユーロ(約273億円)を投じる大型補強を敢行した。しかし、メンバーを大きく入れ替えて復権を誓う名門に、ライバルチームの会長は「正気を失っている」と非難しているという。米デジタルラジオ局「シリウスXM」が報じた。

 ミランの現状について、見解を述べたのはASローマのジェームス・パロッタ会長だ。
「ACミランについて言及するなら、いったい何が起きているのか分からない。全く意味を成さない行動だ。そもそも彼らにはチームを買収する金などなかったんだ。そこで彼らは私がロンドンで知っている人間から、かなり高い金利で3億ユーロ(約390億円)を借りたんだ。少なくとも高額の頭金を費やし、選手たちに支払っている。だが、どこかの時点で全額支払わなければいけない」

 同局によれば、パロッタ会長は危険な“自転車操業”について指摘しているという。
 実際、ミランの株式99%を取得した中国企業グループの代表であるリー・ヨンホン氏は、買収資金を調達できず、何度も支払いを延期。最終的に、高金利で融資を受けてなんとか期日までに交渉にこぎつけていたのだ。

「サラリーが収入に見合うものではない」

 買収資金の用意もおぼつかなかった中国人オーナーが、なぜ大型補強を実現できたのか。そこには、UEFA(欧州サッカー連盟)の設定する「ファイナンシャル・フェアプレー規定」を度外視した無謀な資金計画がそこに存在するという。

 ミランの今季の目標を、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に設定している。それを実現できれば多額の放映権料を手にできるが、放映権収入ではミランを救えないとパロッタ氏は語る。

「彼らはチャンピオンズリーグ出場権獲得のためだと言う。それだけでは十分ではないだろう。彼らのサラリーが収入に見合うものではない。なぜこんなことが起きているのか。セリエAで唯一正気を失っているのが彼らなんだよ。いつか理解できるような大きなマスタープランが存在するかもしれないが、他のチームは少なからず合理的なんだ」

 覇権復活に向けて大きく舵を切ったミランだが、果たして思い通りかつての黄金時代を取り戻すことはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
http://news.livedoor.com/article/detail/13400145/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501260901
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ