インテル

【サッカー】<元イタリア代表GKのジャンルカ・パリューカ>「元インテルのロナウドはC・ロナウドよりずっとずっと強かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/25(土) 08:13:12 ID:JT74Y2YM9.net

元イタリア代表GKのジャンルカ・パリューカが23日、イタリアのサッカー情報ラジオ『TMW Radio』のインタビューに応じ、自身の見解を述べた。

現在、古巣ボローニャの下部組織でGKコーチを務めるパリューカは、まもなく42歳を迎えるユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンについて自身の考えを述べた。

「残念ながら誰でも年はとる。私自身もそれはよく知っているよ。彼はまだ意欲と情熱を持ち続けているのだろう。それにリーダーでもある。昨日、彼がチームメートたちを鼓舞している様子を見たよ。彼がユーヴェにいるのは、(パオロ)マルディーニの記録を破るためではなく、別の目標を達成するためだろう」

続いてパリューカは、1994年から1999年にかけて所属したインテルについて見解を示した。インテルは今シーズン、新指揮官アントニオ・コンテの下、セリエAで2位につけるなど好成績を収めている。

「物凄い前半戦を送り、やや息切れしているようだが、前半戦を戦ったメンバーをサポートするために重要な選手を獲得しようというクラブの路線は賛同できる。競争相手はほとんど負けないユーヴェだからね。非常に優秀な監督はたくさんいるが、コンテは間違いなく最高峰の監督の1人だ。素晴らしいパーソナリティを持つ上、彼に足りないものは本当に何もないと思う」

また昨夏に白血病を公表したボローニャの指揮官シニシャ・ミハイロヴィッチにも言及。「ショッキングな出来事だったが、それで全員が団結し、素晴らしいシーズンを見せている。シニシャは恐れを知らない偉大なカリスマ指揮官であることを証明した」と称えた。

さらに世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドおよびFWリオネル・メッシと、元ブラジル代表のロナウド氏の比較を求められると持論を展開、「ロナウドはメッシとは違うタイプの選手だったが、C・ロナウドよりもずっとずっと強かった」と感想を述べた。

1/24(金) 22:30配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00010036-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200124-00010036-goal-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579907592
続きを読む

【サッカー】去就注目のエリクセン、今冬のインテル移籍が濃厚に すでに合意間近と母国紙報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:数の子 ★:2020/01/04(土) 11:24:03.27 ID:7XVcuqGp9.net

1/4(土) 9:20配信 Football ZONE web


去就問題が注目されていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンはインテル移籍が濃厚となったようだ。デンマーク地元紙「Ekstra Bladet」によれば、セリエAの強豪が争奪戦を制し、移籍金は1億5000万から1億8000万クローネ(約24億~29億円)になるという。

 エリクセンは今季開幕前に移籍希望を表明し、レアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されていた。しかし、夏の移籍市場の期限内に決まらず残留。熱望していた新しいチャレンジは叶わなかった。

 トットナムとの契約が今季限りということで、この冬には他クラブとの交渉が可能になり、再び去就問題が過熱していた。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、ユベントスといったメガクラブが関心を示していたが、その激しい争奪戦にインテルも参戦。記事によれば、両クラブは合意間近で、1月中に移籍が完了する見込みだという。移籍金は約24億から29億円と推測されている。

 精度の高いキックを武器に攻撃を組み立て、得点力の高さも光るエリクセン。アヤックス出身のテクニシャンは、イタリアの地でさらなるステップアップを狙うことになりそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238702-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578104643
続きを読む

【サッカー】去就注目のエリクセン、今冬のインテル移籍が濃厚に すでに合意間近と母国紙報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:数の子 ★:2020/01/04(土) 11:24:03.27 ID:7XVcuqGp9.net

1/4(土) 9:20配信 Football ZONE web


去就問題が注目されていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンはインテル移籍が濃厚となったようだ。デンマーク地元紙「Ekstra Bladet」によれば、セリエAの強豪が争奪戦を制し、移籍金は1億5000万から1億8000万クローネ(約24億~29億円)になるという。

 エリクセンは今季開幕前に移籍希望を表明し、レアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されていた。しかし、夏の移籍市場の期限内に決まらず残留。熱望していた新しいチャレンジは叶わなかった。

 トットナムとの契約が今季限りということで、この冬には他クラブとの交渉が可能になり、再び去就問題が過熱していた。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、ユベントスといったメガクラブが関心を示していたが、その激しい争奪戦にインテルも参戦。記事によれば、両クラブは合意間近で、1月中に移籍が完了する見込みだという。移籍金は約24億から29億円と推測されている。

 精度の高いキックを武器に攻撃を組み立て、得点力の高さも光るエリクセン。アヤックス出身のテクニシャンは、イタリアの地でさらなるステップアップを狙うことになりそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238702-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578104643
続きを読む

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/12/11(水) 06:57:50 ID:ekAsYpDw9.net

グループF
ドルトムント 2-1 スラビア・プラハ
[得点者]
ジェイドン・サンチョ(前半10分)ドルトムント
トマシュ・ソウチェク(前半43分)スラビア・プラハ
ユリアン・ブランド (後半16分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083152


インテル 1-2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153


グループG
ベンフィカ 3-0 ゼニト
[得点者]
フランコ・セルビ   (後半02分)ベンフィカ
ルイス・フェルナンデス(後半13分)ベンフィカ
オウンゴール     (後半35分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083163

リヨン 2-2 ライプツィヒ
[得点者]
エミル・フォルスベルグ(前半09分)ライプツィヒ
ティモ・ヴェルナー  (前半33分)ライプツィヒ
ホッセム・オーアル  (後半05分)リヨン
メンフィス・デパイ  (後半37分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083164


グループH
チェルシー 2-1 リール
[得点者]
タミー・アブラハム  (前半19分)チェルシー
セサル・アスピリクエタ(前半35分)チェルシー
ロイク・レミー    (後半33分)リール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083080


アヤックス 0-1 バレンシア
[得点者]
ダニエル・パレホ(前半24分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083081

CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

UEFA-CL第6節 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

7 名前:久太郎 ★:2019/12/11(水) 06:58:56.16 ID:ekAsYpDw9.net

>>1
バルセロナ、アンス・ファティのCL最年少ゴールなどで勝利…インテルをCL敗退に追い込む

10日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループF最終節、インテル対バルセロナは2-1でバルセロナの勝利に終わった。

すでにグループF首位通過を決めているバルセロナと、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並びながら直接対決の成績により2位に位置するインテルの対戦。インテルはスラヴィア・プラハと対戦するドルトムントの同じ結果を手にすれば、2位での通過を決めることができる。

バルセロナはメッシ、ピケ、セルジ・ロベルトを招集外にしたほか、ルイス・スアレスらそのほかの主力もベンチに置き、インテル同様に3/5バックのシステムを使用。スタメンはGKネト、DFトディボ、ユムティティ、ラングレ、MFワゲ、ビダル、ラキティッチ、アレニャー、ジュニオール、FWカルラス・ペレス、グリーズマンと、完全にメンバーを落としたが、それでもグループF突破のために勝利がほしいインテルの焦りを前に、落ち着いてボールを回しながら試合を進める。

バルセロナが先制点を記録したのは、23分のことだった。ペナルティーエリア手前中央のグリーズマンがエリア内に鋭い縦パス。このボールを受けたビダルはすぐさま横にいたC・ペレスにつなぎ、この27番が左足のダイレクトシュートでGKハンダノヴィッチを破っている。しかしビハインドを負ったインテルも、ここから速いトランジションによる攻撃で幾度か決定機を迎えていき、44分に同点に追いつく。ラウタロがトディボを背負いながらロングパスを受けると、落とされたボールからルカクがミドルシュートを突き刺している。

後半立ち上がりは、攻守が激しく入れ替わるオープンな展開。バルセロナはグリーズマン、インテルはルカクがシュートチャンスを手にしたが、ハンダノヴィッチ、ネトの両GKが好守を見せている。バルベルデ監督は63分に交代カードを切り、グリーズマン、ラキティッチに代えてL・スアレス、フレンキー・デ・ヨングを投入。その一方で、ドルトムントがスラヴィア・プラハに2-1で勝利していることで後がなくなったコンテ監督は、68分にビラーギをラザロに代えている。

焦りが募るインテルは72分、ラウタロが個人技からミドルシュートまで持ち込んだが、ボールはわずかに枠を外れる。さらに73分にはゴディンの浮き球から最終ラインを抜け出したラウタロが今度はネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定となった。

コンテ監督は74分にダンブロージオをポリターノ、76分にボルハ・バレーロをエスポジトに代えて交代枠を使い切る。しかし、やはりグループ突破を決めるゴールは遠い……。79分には、今度はルカクがボールを枠内に押し込んだものの、こちらもオフサイドを取られている。

バルベルデ監督は84分に最後の交代カードを切り、C・ペレスを下げてアンス・ファティを投入。そして86分、投入さればかりの17歳がインテルを絶望に陥れる勝ち越し弾を獲得。ペナルティーエリア手前からシュートを放つと、ボールは左ポストに当たって枠内に吸い込まれた。アンスは17歳40日でのゴールにより、CL史上最年少得点者となっている。

後がなくなったインテルは決死の猛攻を仕掛けようとするが、バルセロナのボール保持を前に満足に攻撃を仕掛けることができず、1点ビハインドのまま試合終了を迎えた。もう1試合のドルトムント対スラヴィア・プラハは、結局2-1のスコアのまま終わり、グループFの順位は首位バルセロナ(勝ち点14)、2位ドルトムント(勝ち点10)、3位インテル(勝ち点7)、4位スラヴィア・プラハ(勝ち点2)に。インテルはヨーロッパリーグに回ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010009-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070
続きを読む

【サッカー】安部裕葵、インテル戦で待望のバルサトップチームでの公式戦&CLデビューか

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/09(月) 13:13:37.69 ID:P6UCqDgw9.net

日本代表MF安部裕葵が、バルセロナでのトップチーム公式戦とチャンピオンズリーグ(CL)でのデビューを果たすかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。

今夏に鹿島アントラーズからバルセロナB入りした安部は、9月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部Bの第2節タラゴナ戦で公式戦デビュー。先月17日に行われた第13節のコルネジャ戦で移籍後初ゴールを決めると、第14節のジェイダ戦でもヘディング弾を沈め、2試合連続ゴールを挙げた。

トップチームを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、バルセロナBで存在感を増す安部をCLで起用するかもしれない。バルセロナは、10日に行われるグループF最終節でインテルとのアウェー戦を控えている。だが、すでに首位での決勝トーナメント進出を確定しているチームにとって、この試合はローテーションを採用すべき一戦となっている。

『アス』によれば、バルベルデ監督は第16節のマジョルカ戦から9選手の変更を考慮。セルジ・ロベルト、ジェラール・ピケ、イヴァン・ラキティッチらの遠征が見込まれている一方、リオネル・メッシやルイス・スアレス、セルヒオ・ブスケツら主力を休ませる考えだという。

そのため、バルセロナBの一部選手が遠征に帯同することになりそうだ。リキ・プッチやアレックス・コリャードらと共に安部にチャンスが与えられるかもしれないことが伝えられている。

バルサの突破には関わらないものの、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並んでおり、グループ2位通過をかけているインテル相手の一戦は、世界的にも多くの注目を集める。安部のバルサトップチームでの公式戦&CLデビュー、そして出場した際の活躍に期待がかかる。

12/9(月) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010015-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575864817
続きを読む

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2019/12/11(水) 06:57:50 ID:ekAsYpDw9.net

グループF
ドルトムント 2-1 スラビア・プラハ
[得点者]
ジェイドン・サンチョ(前半10分)ドルトムント
トマシュ・ソウチェク(前半43分)スラビア・プラハ
ユリアン・ブランド (後半16分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083152


インテル 1-2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153


グループG
ベンフィカ 3-0 ゼニト
[得点者]
フランコ・セルビ   (後半02分)ベンフィカ
ルイス・フェルナンデス(後半13分)ベンフィカ
オウンゴール     (後半35分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083163

リヨン 2-2 ライプツィヒ
[得点者]
エミル・フォルスベルグ(前半09分)ライプツィヒ
ティモ・ヴェルナー  (前半33分)ライプツィヒ
ホッセム・オーアル  (後半05分)リヨン
メンフィス・デパイ  (後半37分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083164


グループH
チェルシー 2-1 リール
[得点者]
タミー・アブラハム  (前半19分)チェルシー
セサル・アスピリクエタ(前半35分)チェルシー
ロイク・レミー    (後半33分)リール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083080


アヤックス 0-1 バレンシア
[得点者]
ダニエル・パレホ(前半24分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083081

CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

UEFA-CL第6節 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

7 名前:久太郎 ★:2019/12/11(水) 06:58:56.16 ID:ekAsYpDw9.net

>>1
バルセロナ、アンス・ファティのCL最年少ゴールなどで勝利…インテルをCL敗退に追い込む

10日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループF最終節、インテル対バルセロナは2-1でバルセロナの勝利に終わった。

すでにグループF首位通過を決めているバルセロナと、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並びながら直接対決の成績により2位に位置するインテルの対戦。インテルはスラヴィア・プラハと対戦するドルトムントの同じ結果を手にすれば、2位での通過を決めることができる。

バルセロナはメッシ、ピケ、セルジ・ロベルトを招集外にしたほか、ルイス・スアレスらそのほかの主力もベンチに置き、インテル同様に3/5バックのシステムを使用。スタメンはGKネト、DFトディボ、ユムティティ、ラングレ、MFワゲ、ビダル、ラキティッチ、アレニャー、ジュニオール、FWカルラス・ペレス、グリーズマンと、完全にメンバーを落としたが、それでもグループF突破のために勝利がほしいインテルの焦りを前に、落ち着いてボールを回しながら試合を進める。

バルセロナが先制点を記録したのは、23分のことだった。ペナルティーエリア手前中央のグリーズマンがエリア内に鋭い縦パス。このボールを受けたビダルはすぐさま横にいたC・ペレスにつなぎ、この27番が左足のダイレクトシュートでGKハンダノヴィッチを破っている。しかしビハインドを負ったインテルも、ここから速いトランジションによる攻撃で幾度か決定機を迎えていき、44分に同点に追いつく。ラウタロがトディボを背負いながらロングパスを受けると、落とされたボールからルカクがミドルシュートを突き刺している。

後半立ち上がりは、攻守が激しく入れ替わるオープンな展開。バルセロナはグリーズマン、インテルはルカクがシュートチャンスを手にしたが、ハンダノヴィッチ、ネトの両GKが好守を見せている。バルベルデ監督は63分に交代カードを切り、グリーズマン、ラキティッチに代えてL・スアレス、フレンキー・デ・ヨングを投入。その一方で、ドルトムントがスラヴィア・プラハに2-1で勝利していることで後がなくなったコンテ監督は、68分にビラーギをラザロに代えている。

焦りが募るインテルは72分、ラウタロが個人技からミドルシュートまで持ち込んだが、ボールはわずかに枠を外れる。さらに73分にはゴディンの浮き球から最終ラインを抜け出したラウタロが今度はネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定となった。

コンテ監督は74分にダンブロージオをポリターノ、76分にボルハ・バレーロをエスポジトに代えて交代枠を使い切る。しかし、やはりグループ突破を決めるゴールは遠い……。79分には、今度はルカクがボールを枠内に押し込んだものの、こちらもオフサイドを取られている。

バルベルデ監督は84分に最後の交代カードを切り、C・ペレスを下げてアンス・ファティを投入。そして86分、投入さればかりの17歳がインテルを絶望に陥れる勝ち越し弾を獲得。ペナルティーエリア手前からシュートを放つと、ボールは左ポストに当たって枠内に吸い込まれた。アンスは17歳40日でのゴールにより、CL史上最年少得点者となっている。

後がなくなったインテルは決死の猛攻を仕掛けようとするが、バルセロナのボール保持を前に満足に攻撃を仕掛けることができず、1点ビハインドのまま試合終了を迎えた。もう1試合のドルトムント対スラヴィア・プラハは、結局2-1のスコアのまま終わり、グループFの順位は首位バルセロナ(勝ち点14)、2位ドルトムント(勝ち点10)、3位インテル(勝ち点7)、4位スラヴィア・プラハ(勝ち点2)に。インテルはヨーロッパリーグに回ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010009-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070
続きを読む

【サッカー】バルサBの安部裕葵はCLメンバー入りならず 10日インテル戦、メッシはメンバー外

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:豆次郎 ★:2019/12/09(月) 23:00:52.16 ID:qPWmHOKN9.net

12/9(月) 22:56配信
スポニチアネックス

 スペイン1部リーグのバルセロナは9日、欧州チャンピオンズリーグ第6戦のアウェー・インテル・ミラノ戦(10日)に向けた招集メンバー20人を発表。スペインの一部メディアで初のメンバー入りの可能性が報じられていたバルセロナB(スペイン3部)所属のMF安部裕葵(20)は選ばれなかった。

 バルセロナは第5戦を終えて3勝2分け無敗の勝ち点11。1次リーグF組首位通過が既に決定しており、FWリオネル・メッシ(32)はメンバーから外れた。

 バルセロナ公式サイトによると、9日のトップチーム練習にはバルセロナBからDFモレル、MFプッチ、FWペレスら7人が参加。安部は含まれていなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000235-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575900052
続きを読む

【サッカー】安部裕葵、インテル戦で待望のバルサトップチームでの公式戦&CLデビューか

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/09(月) 13:13:37.69 ID:P6UCqDgw9.net

日本代表MF安部裕葵が、バルセロナでのトップチーム公式戦とチャンピオンズリーグ(CL)でのデビューを果たすかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。

今夏に鹿島アントラーズからバルセロナB入りした安部は、9月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部Bの第2節タラゴナ戦で公式戦デビュー。先月17日に行われた第13節のコルネジャ戦で移籍後初ゴールを決めると、第14節のジェイダ戦でもヘディング弾を沈め、2試合連続ゴールを挙げた。

トップチームを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、バルセロナBで存在感を増す安部をCLで起用するかもしれない。バルセロナは、10日に行われるグループF最終節でインテルとのアウェー戦を控えている。だが、すでに首位での決勝トーナメント進出を確定しているチームにとって、この試合はローテーションを採用すべき一戦となっている。

『アス』によれば、バルベルデ監督は第16節のマジョルカ戦から9選手の変更を考慮。セルジ・ロベルト、ジェラール・ピケ、イヴァン・ラキティッチらの遠征が見込まれている一方、リオネル・メッシやルイス・スアレス、セルヒオ・ブスケツら主力を休ませる考えだという。

そのため、バルセロナBの一部選手が遠征に帯同することになりそうだ。リキ・プッチやアレックス・コリャードらと共に安部にチャンスが与えられるかもしれないことが伝えられている。

バルサの突破には関わらないものの、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並んでおり、グループ2位通過をかけているインテル相手の一戦は、世界的にも多くの注目を集める。安部のバルサトップチームでの公式戦&CLデビュー、そして出場した際の活躍に期待がかかる。

12/9(月) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010015-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575864817
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ