インテル

【サッカー】長友佑都、5戦ぶり先発で勝利決めるPK沈める…インテルがセリエCクラブに辛勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/13(水) 08:06:05.74 ID:CAP_USER9.net

12/13(水) 7:51配信
長友佑都、5戦ぶり先発で勝利決めるPK沈める…インテルがセリエCクラブに辛勝

コッパ・イタリア5回戦が12日に行われ、インテルとセリエCのポルデノーネが対戦した。

インテルは控え組中心のメンバー編成となり、マウロ・イカルディ、イヴァン・ペリシッチがベンチスタート。長友佑都は5試合ぶりに先発出場を果たしている。

インテルはホームでセリエCのポルデノーネを攻め立ててゴールへと近づくが、なかなかネットは揺らせず。延長戦にまでもつれこむが、そこで待望の先制点は生まれない。ついには120分間でどちらも最高の瞬間を迎えることなく、PK戦に突入する。

インテルのGKダニエレ・パデッリが1本目をセーブするが、3人目のミラン・シュクリニアルが失敗。直後、相手の4人目が失敗したものの、ロベルト・ガリアルディーニも続いて失敗してしまい、PKでも互角の戦いに。サドンデスにまで突入したPK戦は、パデッリのスーパーセーブで決着。7人目のキックを横っ飛びでセーブすると、最後は長友が落ち着いて左に沈めて、次のラウンドへの進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000041-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171213-00000041-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513119965
続きを読む

【サッカー】強すぎインテル5発大勝、開幕から15戦不敗でついに首位浮上!!長友は3戦出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/04(月) 03:08:10.31 ID:CAP_USER9.net

12/4(月) 1:02配信
強すぎインテル5発大勝、開幕から15戦不敗でついに首位浮上!!長友は3戦出番なし
[12.3 セリエA第15節 インテル5-0キエーボ]

 セリエAは3日、第15節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでキエーボと対戦し、5-0で快勝した。これで3連勝。開幕から15戦不敗で、勝ち点を39に伸ばして首位に浮上した。

 好調インテルはこの日も危なげなく勝利した。前半23分にDFサントンのシュートをGKが弾いたボールをFWイバン・ペリシッチがボレーで押し戻して先制。同38分にはカウンターからFWマウロ・イカルディが得点し、リードを2点に広げる。イカルディは3戦連発。今季16得点で得点ランキング単独トップに立った。

 後半もインテルは後半12分にペリシッチがゴールネットを揺らす。同15分にはDFミラン・シュクリニアル、そして後半アディショナルタイムにはペリシッチがハットトリックとなる、チームこの試合5点目を決めて、ゴールラッシュを締めくくった。

 なおベンチスタートの長友に最後まで出番は回ってこなかった。これで3戦連続出番なし。強いインテルでこそ、長友の活躍を見たいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-01647118-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171204-01647118-gekisaka-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512324490
続きを読む

【サッカー】インテル主将、長友の人気に驚き「なんでユートにファンがこんなにいるんだ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2017/11/20(月) 08:10:33.60 ID:CAP_USER9.net

 インテルミラノの主将FWマウロ・イカルディが13日、インスタグラム上でライブ動画を配信し、ファンの質問に応じた。

 イカルディは5日のトリノ戦で右ひざを負傷し、アルゼンチン代表の招集を辞退しているが、妻のワンダ・ナラさんとともにSNS上でファンへ向けてライブ配信を行った。ケガについては精密検査の結果、損傷はなく早期復帰が見込まれることが発表されていた。イカルディ自身も「ひざの状態は良くなっている。腫れがひいてきた」と述べ、順調に回復していることを報告した。早ければ19日のアタランタ戦でピッチに立てる可能性がある。

 またイカルディ一家は本人を含め7人家族の大所帯として知られているが、犬好きが高じてペットも3匹いる。今後、さらに家族が増えるかどうかを問われると、「子供がもう1人欲しいか? もう子供は5人いるし、犬も3匹いて多すぎる。ワンダは中でも1番手がかかるし、これで十分だ」とジョークを交えて応えている。

 最後に、同僚の日本代表DF長友佑都が話題に上った。ファンから長友によろしく伝えるよう頼まれると、「ダメだ。ユートは今、日本代表にいる」と返答。続いて「なんで彼にこんなにファンがいるんだろうね? 分からないな」とつぶやき、長友人気に首を傾げた。(Goal.com)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20171117/ser17111713400001-n1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511133033
続きを読む

【サッカー】異色ドリブラードイツ1部ハンブルガーSVの伊藤達哉にマンC、インテルも興味

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/11/17(金) 17:43:17.42 ID:CAP_USER9.net

20年東京五輪世代の主役候補、ドイツ1部ハンブルガーSVのMF伊藤達哉(20)に欧州6カ国の計10クラブが興味を示していることが16日、分かった。
各国関係者の話を総合すると、日本からJリーグを経由せず本場欧州に引き抜かれた異色ドリブラーに対し、
イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー、イタリアのインテルミラノ、トリノ、ドイツのライプチヒ、シャルケ、フランクフルト、ウォルフスブルク、
オランダのPSV、ポルトガルのベンフィカ、オーストリアのザルツブルクが熱視線を送っているという。

伊藤は9月24日のレーバークーゼン戦で初出場。
20歳にして通算30人目の日本人ブンデスリーガーになった。
6試合連続の出場となった直近4日のシュツットガルト戦も先発し、3-1の勝利に貢献。
左右のウイングを主戦場に、キレのある突破でカウンターの味方ターゲットになっている。

伊藤は18歳になった15年6月に、ハンブルガーSVと来年6月までの3年契約を結んだ。
クラブは契約延長を希望して交渉を進めているが、予想以上の活躍で市場価値が上がっているといい、他クラブも人気沸騰前の獲得を視野に入れている。
9日には代表期間明けの敵地シャルケ戦があり、出場が濃厚。
スカウトが大挙する可能性も出てきた。
9日の5部相手の練習試合で“トップチーム初ゴール”を記録するなど好調を維持。
クラブが「旋風」と形容する東京世代・伊藤の周囲が騒がしくなってきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054956-nksports-socc
11/17(金) 9:20配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510908197
続きを読む

【サッカー】伊紙が今季のインテルを総括、長友佑都をワースト選手に選ぶも守備陣全体には賛辞

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シャチ ★:2017/11/15(水) 21:08:31.43 ID:CAP_USER9.net

今シーズン、指揮官ルチアーノ・スパレッティの下で躍進を続けるインテルについて、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が12日、総括を行った。

インテルは今シーズン、セリエA第12節を終えて9勝3分で30ポイントと現在、ナポリ、ユヴェントスに続く3位につけている。
昨シーズンは7位と低迷し、ヨーロッパリーグ出場権すら逃していたが、新指揮官の下で復活を遂げた。
「苦しいときでも貴重なポイントを持ち帰ることができる気迫のあるチーム」であり、開幕以降、
首位のナポリと同様に無敗記録が続いている。

指揮官については「今夏最高の補強はルチアーノ・スパレッティだ」と述べ、称えたほか、
レギュラー陣の中のベストプレーヤーとして、11ゴールをマークし採点の平均が「6,62」と高評価の主将FWマウロ・イカルディを挙げた。

一方、ワーストプレーヤーには日本代表のDF長友佑都が選出された。長友は今シーズン、新加入の24歳、
DFダルベルト・エンリケとポジション争いを演じたのち、序列をひっくり返し、レギュラーの座をつかみ取った。
しかしこれまでの平均採点は「5,6」となり、レギュラー陣の中で最低点となっている。長友について
「目立ったことは特別ない」と前置きした上で、「日本人選手は自身3度目となるワールドカップ出場を目指しているが、
スパレッティの守備陣において固定メンバーとなった。チームの強みの1つとなった守備陣において彼は左サイドを務めている」と言及。
長友を含めた「インテル守備陣はこれまで9失点と、首位のナポリおよびローマに次ぐ記録を収め、
長らく見られなかったほどの堅固さを見せている」と称えた。

11/14(火) 18:48配信 GOAL 伊紙が今季のインテルを総括、長友佑都をワースト選手に選ぶも守備陣全体には賛辞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00010004-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510747711
続きを読む

【サッカー】HSVの20歳FW伊藤達哉に2つのビッグクラブが関心か インテルとマンチェスター・シティ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2017/10/12(木) 16:42:09.98 ID:CAP_USER9.net

 ハンブルガーSVの20歳FW伊藤達哉に対し、インテルとマンチェスター・シティが興味を示しているようだ。英『トーク・スポーツ』が伝えている。

 伊藤は2015年7月に柏レイソルの下部組織からハンブルガーSVに加入。U-23チームで経験を積み、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦で途中出場からトップチームデビューを果たした。続く同30日の第7節のブレーメン戦では早くもトップチーム初先発。途中交代する際にスタンディングオベーションを受けるなど、キレのあるドリブルでファンの心をつかんだ。今季はブンデスリーガで2試合に出場し、U-23チームが在籍する4部リーグでは7試合の出場で5アシストを記録している。

 記事では「このウィンガーのパフォーマンスがインテルとマンチェスター・シティの目を引いており、両クラブは1月からアプローチしている」とレポート。ビッグクラブからの関心が伝えられる伊藤だが、ドイツ『ビルト』によると、ハンブルガーSVは20歳FWの残留を希望し、新たな契約を用意しているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-01645061-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507794129
続きを読む

【サッカー】<インテルDF長友佑都のライバルDFにファンから早くも疑問の声>「本当にこんなのを2カ月も追っていたのか」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/12(火) 00:43:39.25 ID:CAP_USER9.net

インテルで日本代表DF長友佑都に代わり、今シーズン初先発を果たしたDFダルベルト・エンリケに対し、観客から不満の声が漏れた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日に伝えている。

インテルは10日のセリエA第3節において、昇格組のスパルと対戦。FWマウロ・イカルディのPKで先制に成功したインテルが2-0で勝利を収めた。この試合において輝きを放った新加入のセンターバック、DFミラン・シュクリニアルが称賛を受ける一方、左サイドバックのダルベルトは課題が浮き彫りとなった。

「ダルベルトは相手陣内奥までたどり着くことができず、守備ではマヌエル・ラザリを追走するのに苦労した。ドリブルでは2回抜かれ、6回クロスに持ち込まれた」と指摘している。観客席からは、「本当にこんなのを2カ月も追っていたのか」といった声や「ニースに2000万ユーロ(約26億円)も出したなんて」などとパフォーマンスに幻滅する意見が上がっていたと伝えている。

ただし、シュクリニアルが早々にインテルにフィットしたことについては、移籍金が2000万ユーロだけでなくFWジャンルカ・カプラーリの所有権も含まれており高額だった点や、加入が6月末と早かった点を考慮する必要があると言及。インテルは6月からダルベルトの獲得に向けて、ニースと交渉を行っていたものの、なかなか合意に至らず、加入が8月9日にずれ込んだ。「皆が絶賛するあの左足の真価が分かるまでにはまだ時間はある」と結論づけ、サポーターに辛抱を促している。長友との熾烈なポジション争いはますます注目が集まるところだ。

9/11(月) 19:35配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000026-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170911-00000026-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505144619
続きを読む

【サッカー】インテル、イカルディの2発などでローマ撃破! 先発の長友は後半途中までプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:シコリアン ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 05:53:20.04 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
ローマ 1-3 インテル

1-0 15分 エディン・ジェコ(ローマ)
1-1 67分 マウロ・イカルディ(インテル)
1-2 77分 マウロ・イカルディ(インテル)
1-3 87分 マティアス・ベシーノ(インテル)

 セリエA第2節が26日に行われ、ローマと日本代表DF長友佑都所属のインテルが対戦した。長友は2試合連続で先発出場した。

 先制したのはホームのローマ。15分、ラジャ・ナインゴランが左足でペナルティエリア内に浮き球のパスを送ると、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したエディン・ジェコがワントラップから右足のボレーでネットを揺らした。

 後半に入り56分、インテルは長友に変えてダルベルトを投入した。そのインテルは67分、エリア内で縦パスを受けたマウロ・イカルディが反転から右足のシュートを流し込み、スコアをタイに戻す。

 勢いに乗るインテルは77分、左サイドからイヴァン・ペリシッチが鋭いクロスを入れると、中央で受けたイカルディがワントラップから右足で流し込み、逆転に成功した。さらに87分、再び左サイドからペリシッチが折り返したボールを今度はマティアス・ベシーノがダイレクトで合わせ、決定的な3点目となった。

 試合はこのまま3-1でタイムアップ。インテルが敵地で逆転勝利を収め、開幕2連勝を飾った。

 次節、ローマは9月10日にアウェイでサンプドリアと、インテルは同日にホームでSPALと対戦する。

8/27(日) 5:48配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00633998-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503780800
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ