インテル

【サッカー】<インテル長友>エバートンが興味! 本人もプレミア希望

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 09:36:19.39 ID:CAP_USER9.net

 インテルの日本代表DF長友に関し、プレミアのエバートンが興味を示していると17日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙が報じた。

 サッカー専門サイトのインテルニュースも、国内ではサンプドリア、国外ではドイツ、プレミアの複数クラブが長友の動向を見守っていると報道。複数の関係者によれば、長友はかねてプレミアでのプレーを希望しており、インテルを去ることになれば、移籍先はプレミアが最有力という。長友はインテルとの契約を19年6月末まで残している。

スポニチアネックス 5/18(木) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000017-spnannex-socc

【サッカー】<インテル>長友に続くSNSトラブル…オーナー息子がフェラーリの写真を投稿…サポーターが激怒!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494973297/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495067779
続きを読む

【サッカー】<インテル>長友に続くSNSトラブル…オーナー息子がフェラーリの写真を投稿…サポーターが激怒!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/05/17(水) 07:21:37.65 ID:CAP_USER9.net

ここ8試合でわずか勝点2のインテルにまたもトラブル。
 
誰にでも息抜きは必要だが、タイミングを見誤ってはいけない。少なくともチームが低迷している今は、インテルの関係者はSNSでの不用意な投稿を自重すべきかもしれない。
 
インテルは現地時間5月14日、サッスオーロ相手に本拠地サン・シーロで1-2と敗戦。クラブワーストに並ぶ(1947-48シーズンと1981-82シーズン)8試合白星なし、
この間に挙げた勝点はわずか2(2分け6敗)という体たらくで、サポーターやメディアから酷評され続けている。
 
さらに試合後、中国人オーナーの息子でインテルの取締役であるスティーブン・チャンが、自身の『インスタグラム』で、「Sunday Drive」とコメント付きでフェラーリの写真を投稿。
この行為に対して、一部のインテル・サポーターから批判の声が寄せられたのだ。
 
15日にイタリアの『トゥットスポルト』紙が報じた情報によると、インテルのファンからは「車よりもチームのことを考えろ」といった罵倒に加え、
この資金を補強に回せという要求もあったという。

また、フェラーリとユベントスの親会社である『フィアット』との関係から、「(フェラーリとユーベは)実質的に同じだということを知っているのか?」という怒りの声も挙がった。
 
インテルの関係者によるSNSといえば、4月30日のナポリ戦(34節)で決勝点を献上するミスを犯した日本代表DFの長友佑都が『ツイッター』で、
「イタリアでは、良ければ神様かのように賞賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。そこに人としてのモラル、リスペクトはない」と反論し、炎上したことが記憶に新しい。
 
また、アディショナルタイムの失点でミランに追いつかれ、ドローに終わった4月15日のミラノ・ダービー(32節)でも、
出場がなかったマルセロ・ブロゾビッチが試合後に自宅プールでリラックスしている写真を投稿し、同じく炎上している。
 
また、SNSではないが、キャプテンのマウロ・イカルディが昨年10月に自伝を出版した際にもトラブルが起こっている。
ウルトラス(熱狂的なサポーター)と衝突したという内容が事実と異なるとして抗議を受け、カリアリ戦(8節)で大ブーイングを浴びることになった。
さらに、試合でPKを失敗した元アルゼンチン代表FWは、自費で自伝を回収し、改訂する破目になった。

クラブ関係者のSNS使用については、サッカー界でも議論が分かれるところだが、タイミングに配慮が必要なことは間違いない。
ピッチ外での不毛な騒動が頻発していることが、現在のインテルの低迷を如実に表わしていると言えるかもしれない。

SOCCER DIGEST Web 5/16(火) 17:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00025757-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170516-00025757-sdigestw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494973297
続きを読む

【サッカー】<インテル>日本代表3人指導の知日家監督に年俸12億円オファー!長友佑都は残留の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 12:32:58.55 ID:CAP_USER9.net

インテルは今季終盤に大失速の失態、低迷ぶりにサポーターも激怒

日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、トットナムの若き名将マウリシオ・ポチェッティーノ監督に対して招聘オファーを出したことが発覚。違約金420万ポンド(約5億9000万円)に加え、年俸850万ポンド(12億円)を提示していることが明らかになった。衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

 インテルは中国企業「蘇寧グループ」が買収し、今季開幕前にはポルトガル代表MFジョアン・マリオ、イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバら大型補強に出たが、チームは終盤に大失速の失態を演じている。

 直近8試合は2分6敗という低迷ぶりにサポーターは激怒。前節の本拠地サッスオーロ戦では選手に罵声を浴びせかけ、「お前らにはサポートする価値がない。今日は挨拶だけで、これからランチに行ってくる」と書かれた横断幕を掲げると、前半途中にサポーターがぞろぞろと帰宅。不甲斐ないチームに三行半を突きつける異常事態となった。

 チームのマネジメントも迷走していた。今季開幕前にロベルト・マンチーニ監督が辞任すると、フランク・デブール監督、ステファノ・ピオリ監督が次々に解任された。現在は下部組織のステファノ・ベッキ監督が暫定で指揮している。

45歳の知日家監督が就任となれば…

 現役時代にアルゼンチン代表DFだったポチェッティーノ監督は現在45歳。今季トットナムをリーグ2位に導き、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手にしている。

 2009年にエスパニョール監督に就任して監督のキャリアをスタートさせ、元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)を指導。2013年から14年まで就任したサウサンプトンでは元日本代表FW李忠成(浦和レッズ)と日本代表DF吉田麻也を指導。日本代表をこれまでに3人指導している知日家でもある。

 長友はリーグ戦5試合連続で先発出場ながらも低調なパフォーマンスが続き、今季で放出される話も浮上しているが、日本人の特徴をよく知るポチェッティーノ監督就任となれば、来季残留の可能性も出てくるかもしれない。

Football ZONE web 5/16(火) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010006-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494905578
続きを読む

【サッカー】長友と交代で出場したエデル怒る「インテルに100%捧げられないなら出ていけ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 23:24:15.84 ID:CAP_USER9.net

「インテルに100%捧げられないなら出ていけ」 伊代表FWが闘志なき同僚に怒りの移籍勧告

Football ZONE web 5/15(月) 18:50配信

インテルは14日の本拠地サッスオーロ戦に1-2と敗れ、直近8試合で2分6敗と泥沼に陥っている。
ゴール裏のサポーターは自軍選手に罵声を浴びせ、この試合が現地時間12時30分のキックオフだったことから、
「応援する価値がない。ランチに行ってくる」との横断幕を掲げて試合中に一斉退席。
不甲斐ないチームは、熱狂的なサポーターにも見捨てられてしまった。
この日、意地のゴールを決めたイタリア代表FWエデルは「やる気のない奴は出ていけ」と、闘志を見せない同僚に苦言を呈している。

本拠地ジュゼッペ・メアッツァは異常事態を迎えた。
チームを鼓舞するはずのゴール裏のサポーター集団「クルバ・ノルド」は不甲斐ない戦いを続ける選手と、
ステファノ・ピオリ前監督を解任したクラブに対する不満を表明。
試合開始前にインテルの先発メンバーがアナウンスされると大ブーイングを開始し、
試合開始直後には「お前らには価値はない。クソ野郎どもに価値などない!」「とっとと働け!」という辛辣なチャントを浴びせかけた。

極めつけは「我々のサポートに値しない。今日は挨拶して、これからランチに行くことにする」という横断幕を示すと、ゴール裏のサポーターは解散。
ぞろぞろと座席を離れ、ゴール裏は一気に空席になった。

そうしたなか、ハーフタイムで交代となった日本代表DF長友佑都、ポルトガル代表MFジョアン・マリオと交代でピッチに入ったエデルは、
0-2で迎えた後半25分に意地のゴールを決めた。
だが反撃及ばず、チームは泥沼の4連敗。
試合後、エデルはインテルの公式番組「インテル・チャンネル」に登場し、次のように語った。

「私はファンの落胆を理解できる」

「我々はチャンピオンズリーグ出場権を手にするものと思っていたシーズンで、またしても敗戦についてコメントしなければいけない。
だが、我々はヨーロッパリーグ出場圏も逃してしまった(数字上は6位となり出場権獲得の可能性残す)」

今季開幕前に中国企業の蘇寧グループがチームを買収し、ジョアン・マリオ、アルゼンチン代表MFエベル・バネガ、
イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバら大型補強を敢行したが、まさかの8位に低迷。
開幕直前に退任したロベルト・マンチーニ監督、フランク・デ・ブール監督、
そしてステファノ・ピオリ監督と1シーズンの間に3人の指揮官が退任する異常事態に陥っている。

「私はファンの落胆を理解できる。なぜなら、インテルが王者を失ってから5、6年が経ってしまった。
ファンはチームを本当に心配している。だからこそ、抗議のためとはいえ、スタジアムもたくさんの人が詰めかけてくれた。監督や選手は出たり入ったりするが、ここではその大切な部分が変わらない」

ゴール裏で怒りを示したサポーターに対して、心から申し訳ないという気持ちをエデルは示した。
そして非難されるべきは、ピッチに立つ選手だと自覚している。

「我々に必要なのは100%ここに残りたい人間」

「全員が自分自身を見つめ直すべきだ。もしも、インテルの一員でいたければ、クラブにそう言うべきだろう。
もしも、インテルに100%の貢献ができないのなら、そう話すべきだ。そして、チームを去れ」

ピッチ上で粉骨砕身のプレーができていない同僚に対して、エデルは厳しい口調で移籍勧告をしている。

「我々に必要なのは、100%ここに残りたい人間だ」

チームには去就問題も浮上している選手もいる。
長友にも今季終了後に放出されるという現地報道も出ている。
先の見えない暗いトンネルから抜け出すためにもがき苦しむなか、「闘志なき者は去れ」とエデルは主張していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010017-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494858255
続きを読む

【サッカー】<セリエA/第36節>インテル、監督解任も効果なし!4連敗...8戦未勝利と出口見えず 長友佑都は前半のみで交代...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/14(日) 21:33:11.29ID:CAP_USER9.net

【スコア】
インテル 2-1 サッスオーロ

【得点者】
0-1 36分 ピエトロ・イエンメッロ(サッスオーロ)
0-2 50分 ピエトロ・イエンメッロ(サッスオーロ)
1-2 70分 エデル(インテル)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931518


セリエAは14日に第36節を行った。ホームのインテルはサッスオーロに1-2で敗れた。インテルはこれで4連敗。8戦未勝利とトンネルの出口が見えない戦いが続いている。5戦連続の先発出場だったDF長友佑都は、前半45分で途中交代した。

 インテルの歯車は、狂ったままでシーズンを終えるのだろうか。9日に今季3度目となるステファノ・ピオリ監督の解任を発表したインテルは、プリマベーラで指揮を執るステファノ・ベッキ氏を暫定監督に迎えて、残り3試合を戦うことになった。しかしホームに14位サッスオーロを迎えたゲームだったが、前半36分と後半5分にFWピエトロ・イエンメッロに連続ゴールを許し、苦しい展開を強いられる。

 ハーフタイムで長友を下げるなど、一気の2枚替えをしていたインテルは、試合終盤にようやく流れを掴みだすと、後半25分に途中出場のMFエデルが左サイドからミドルシュートを蹴り込んで、反撃の1点を返す。ただ同33分からはFWガビゴルを投入して攻撃に厚みを持たすが、同点弾までは奪えず。勝てばミラン、フィオレンティーナと争う来季のヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまることが出来たが、一歩後退する痛い敗戦を喫した。

ゲキサカ 5/14(日) 21:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-01639706-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494765191
続きを読む

【サッカー】長友らわずか3人…インテル解任ピオリ監督見送り

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/11(木) 22:18:42.40ID:CAP_USER9.net

9日にインテルミラノの監督を解任されたステファノ・ピオリ氏(51)の見送りに、日本代表DF長友佑都(30)ら選手3人しか現れなかった。11日付の情報サイト・インテルニュースが報じた。

 10日午後、荷物を取りにクラブにきたピオリ監督だが、待っていた選手は、長友、GKハンダノビッチ(32)、DFアンドレオッリ(30)のベテラン3人のみだったという。同サイトはあまりにも寂しい最後となったピオリ監督について「チームはすでに、ピオリ監督に従うことはなくなっていた」と、選手から信頼を失っていたと主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-01821893-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494508722
続きを読む

【サッカー】インテル長友“バッシング”にも「未来へ繋がる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/05/03(水) 00:19:45.38 ID:CAP_USER9.net


日刊スポーツ 5/3(水) 0:03配信

 インテルミラノのDF長友佑都(25)が2日、自身のツイッターでここ数日の“バッシング”について心境をつづった。

 「イタリアでは、良ければ神様かのように賞賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。
そこに人としてのモラル、リスペクトはない。限られた人しか経験できないこの厳しい環境で、
仕事ができることに誇りを感じる。ここにきて7年。全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」

 長友は4月30日のホームのナポリ戦にフル出場。前半43分に自身のクリアミスが相手の
MFカジェホンにパスを出すような形となり、そのカジェホンにゴールを許し、チームは0-1で敗れていた。

 一夜明けた5月1日のガッゼッタ・デロ・スポルトやコリエレ・デロ・スポルトなど伊紙は
軒並みチーム最低の4の評価で、辛口の寸評が掲載された。ガッゼッタ紙は「太った独身男対既婚者の
公園でのミニゲームのような軽いプレー」とし、コリエレ紙も「カジェホンにプレゼントを
包装したのは彼だった。カジェホンはそのプレゼントを開けるだけで良かった。このレベルの
ミスは受け入れられない。しかもこの試合での唯一のミスではなかった」と手厳しかった。

 それでも「限られた人しか経験できない」セリエAで7シーズン目を戦っている長友は
「この厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる」と記し、文面からは全てを
受け入れている様子が伝わっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-01817145-nksports-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1493738385
続きを読む

【サッカー】<インテルのDF長友佑都>自身への猛烈な批判に言及!「そこに人としてのモラル、リスペクトはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:@Egg ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 23:47:27.16 ID:CAP_USER9.net

◆自身のツイッターを更新 ナポリ戦での痛恨ミスで伊メディアやサポーターから酷評の嵐
 
インテルの日本代表DF長友佑都が自身のツイッターを更新し、イタリアで自身に降りかかる批判について言及している。

長友は3戦連続スタメン出場した4月30日の本拠地ナポリ戦(0-1)で、クロスボールの対応で痛恨のミスを犯して決勝点を献上。
衝撃的なプレーに現地メディア、サポーターから大炎上の状態になっていた。イタリアでのプレーが約7年となったなかで、その経験も踏まえてこう語っている。

「イタリアでは、良ければ神様かのように賞賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。そこに人としてのモラル、リスペクトはない」

現地メディアでの厳しい批判があるのは日常だが、今回のプレーはSNSでも大炎上した。
インテルのエンブレムを長友が真っ二つに斬るコラージュ画像で「ザ・サムライ」と揶揄されるものもあれば、
インテルのチャン・ジンドン会長の画像に「長友を今すぐ北朝鮮送りにしろ」という過激なメッセージを記載したものや、
「彼の国では、これをハラキリと呼ぶ」などと、緊迫する東アジアの政治情勢に悪ノリしたものもあった。

こうした行為に対し、モラルやリスペクトはないと長友も不快感を示している。その一方で、そうした状況でプレーを続けることの誇りも語った。

◆「厳しい環境で仕事ができることに誇り」

「限られた人しか経験できないこの厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる。ここにきて7年。全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」

2010-11シーズン冬の移籍市場で名門インテルに加入した長友は、今やチーム最古参となっている。
その間には「お辞儀」のゴールパフォーマンスなどでサポーターから人気を博したこともあったが、
最終ラインの選手である以上、失点に絡むと痛烈な批判を浴びる。そうした繰り返しを財産になると語っている。

昨季終了間際に3年間の契約延長を勝ち取ったが、次の移籍市場での放出も取り沙汰される長友。
手痛いミスでの大炎上となったが、その悔しさを糧に反抗へとつなげていく。

Football ZONE web 5/2(火) 23:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170502-00010023-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170502-00010023-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1493736447
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ