インテル

【サッカー】35歳スナイデルが現役引退を表明…インテルで“親友”長友とプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/08/13(火) 07:09:48.71 ID:i5FrjikD9.net

元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが現役引退を明かした。
オランダ紙『デ・テレグラフ』が12日に伝えた。

スナイデルは同日に地元クラブのユトレヒトと契約を締結。
ただ、選手としてではなく、本拠地ガルゲンワールド・スタディオンにあるビジネスラウンジの利用とユトレヒト・ビジネス・クラブ加入に関する契約にサインしたという。

その際にクラブ公式チャンネルのインタビューで「この街への思いは強い。僕は今、フットボールをプレーすることを辞めた。
僕の思い出を共有できる素敵な場所がほしいんだ。ここに自分のオフィスを設置する予定だ」とコメント。現役引退とビジネスマンへの転身を明かしている。

現在35歳のスナイデルは、アヤックスの下部組織出身で2003年2月2日のヴィレムII戦でトップデビューを飾った。
2007年夏にレアル・マドリードへ移籍し、07-08シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献。
2009年夏にはインテルに加入し、09-10シーズンにセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグの三冠達成を支え、
2011年1月~2013年1月には日本代表DF長友佑都ともプレーした。
その後はガラタサライ、ニースを経て、2018年1月からはカタールのアル・ガラファに在籍していた。
クラブキャリアでは通算573試合に出場し、152ゴールを記録している。

また、オランダ代表では2003年4月30日のポルトガル戦でデビューし、2018年3月に引退を表明して同9月に引退試合を行っていた。
代表では歴代最多の通算134試合に出場し、31ゴールをマーク。
2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本戦で決勝ゴールを決めていた。

なお、この夏には同じく元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンも現役を引退。
その他、元スペイン代表のMFシャビとFWフェルナンド・トーレス、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランなどもスパイクを脱ぐ決断をしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00967444-soccerk-socc
8/13(火) 2:27配信

https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2018/03/GettyImages-841298494-800x533.jpg

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/35753_ext_04_0_L.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565647788
続きを読む

【サッカー】インテル、マンUからルカク獲得を発表! 推定移籍金は最大95億円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/08/08(木) 23:58:14.94 ID:Bxq1WbBY9.net

8/8(木) 23:56配信 SOCCER KING


インテルは8日、マンチェスター・Uからベルギー代表FWロメル・ルカクを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 イギリスメディア『BBC』によると、両クラブはボーナス込みの移籍金7400万ポンド(約95億円)でクラブ間合意に至った模様。また、契約にはインテルがルカク売却時にマンチェスター・Uが移籍金の数パーセントを受け取るボーナスが含まれているようだ。

 2017年夏にエヴァートンから7500万ポンド(当時レートで約1億500万円)の移籍金で加入したルカク。同クラブでは公式戦96試合の出場で42得点13アシストを記録したものの、ビッグマッチでの得点力不足が指摘されるなど、低迷するチームとともに批判の対象になることも少なくなかった。心機一転、挑戦が夢だと語っていたセリエAでは、インテルを復権へと導く活躍に期待が集まる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00965832-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565276294
続きを読む

【サッカー】35歳スナイデルが現役引退を表明…インテルで“親友”長友とプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/08/13(火) 07:09:48.71 ID:i5FrjikD9.net

元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが現役引退を明かした。
オランダ紙『デ・テレグラフ』が12日に伝えた。

スナイデルは同日に地元クラブのユトレヒトと契約を締結。
ただ、選手としてではなく、本拠地ガルゲンワールド・スタディオンにあるビジネスラウンジの利用とユトレヒト・ビジネス・クラブ加入に関する契約にサインしたという。

その際にクラブ公式チャンネルのインタビューで「この街への思いは強い。僕は今、フットボールをプレーすることを辞めた。
僕の思い出を共有できる素敵な場所がほしいんだ。ここに自分のオフィスを設置する予定だ」とコメント。現役引退とビジネスマンへの転身を明かしている。

現在35歳のスナイデルは、アヤックスの下部組織出身で2003年2月2日のヴィレムII戦でトップデビューを飾った。
2007年夏にレアル・マドリードへ移籍し、07-08シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献。
2009年夏にはインテルに加入し、09-10シーズンにセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグの三冠達成を支え、
2011年1月~2013年1月には日本代表DF長友佑都ともプレーした。
その後はガラタサライ、ニースを経て、2018年1月からはカタールのアル・ガラファに在籍していた。
クラブキャリアでは通算573試合に出場し、152ゴールを記録している。

また、オランダ代表では2003年4月30日のポルトガル戦でデビューし、2018年3月に引退を表明して同9月に引退試合を行っていた。
代表では歴代最多の通算134試合に出場し、31ゴールをマーク。
2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本戦で決勝ゴールを決めていた。

なお、この夏には同じく元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンも現役を引退。
その他、元スペイン代表のMFシャビとFWフェルナンド・トーレス、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランなどもスパイクを脱ぐ決断をしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00967444-soccerk-socc
8/13(火) 2:27配信

https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2018/03/GettyImages-841298494-800x533.jpg

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/35753_ext_04_0_L.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565647788
続きを読む

【サッカー】インテル、マンUからルカク獲得を発表! 推定移籍金は最大95億円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/08/08(木) 23:58:14.94 ID:Bxq1WbBY9.net

8/8(木) 23:56配信 SOCCER KING


インテルは8日、マンチェスター・Uからベルギー代表FWロメル・ルカクを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 イギリスメディア『BBC』によると、両クラブはボーナス込みの移籍金7400万ポンド(約95億円)でクラブ間合意に至った模様。また、契約にはインテルがルカク売却時にマンチェスター・Uが移籍金の数パーセントを受け取るボーナスが含まれているようだ。

 2017年夏にエヴァートンから7500万ポンド(当時レートで約1億500万円)の移籍金で加入したルカク。同クラブでは公式戦96試合の出場で42得点13アシストを記録したものの、ビッグマッチでの得点力不足が指摘されるなど、低迷するチームとともに批判の対象になることも少なくなかった。心機一転、挑戦が夢だと語っていたセリエAでは、インテルを復権へと導く活躍に期待が集まる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00965832-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565276294
続きを読む

【サッカー】FWイカルディ、インテルで事実上の戦力外 全体練習への合流も許可されない状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/07/14(日) 15:50:55.56 ID:U1ib3T6s9.net

買い手がつくまで“個人練習”と現地報道、強豪ユベントスとナポリが獲得に興味か
 イタリアの強豪インテルで前主将を務めながら、今夏の移籍市場での放出が見込まれているアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、全体練習への合流を許されていないという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 イカルディは昨季中に契約延長問題でクラブと対立。代理人で妻のワンダ・ナラ氏がSNSを通じて、クラブ批判やチームメート批判を繰り広げたことも騒動に油を注ぐ形となった。その結果、昨季のルチアーノ・スパレッティ監督はイカルディから主将の座をはく奪。さらに、ワンダ・ナラ氏がTV出演した際、元イタリア代表アントニオ・カッサーノ氏から「この状況を作ったのはお前のせいだ。イカルディはインテルを出ていくしかない」と、面と向かって痛罵される事態になっていた。

 イカルディはその後、インテル愛を強調してワンダ・ナラ氏も残留への望みを発信する方向に切り替えた。しかし、ユベントスからやってきたジュゼッペ・マロッタCEOは規律を求めるタイプで、過去のインテルのように許されることがなかった。結局、すでにマロッタ氏はイカルディが事実上の戦力外であることを内外に発信している。

 そうした状況のなか、インテルはアントニオ・コンテ新監督の下でプレシーズンをスタートしているが、14日に初の実戦として行うルガーノ戦でイカルディは試合のメンバーに入らないどころか、全体練習への合流も許されていないという。現状では「買い手がつくまでクラブの“パーソナル・トレーナー”と個人練習を行っている」とレポートされている。

 現状では、イカルディが国外への移籍を拒んでいることから、国内の強豪ユベントスとナポリが獲得に興味を示している模様。インテルは、ライバルクラブの強化につながってでも規律の強化を求める方針のようだ。騒動が絶えないストライカーの獲得に向けて、強豪2クラブは最終的にどのような判断を下すのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190714-00203458-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563087055
続きを読む

【サッカー】インテル、ウルグアイ代表DFゴディンの獲得を正式発表! 2022年までの契約締結

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/07/01(月) 14:45:18.49 ID:lj2Znhdz9.net

インテルは1日、アトレティコ・マドリーに所属していたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを獲得したことを公式発表した。契約期間は2022年6月までとなっている。

2010-11シーズンにアトレティコ・マドリー入りしたゴディンは、在籍した9シーズンで公式戦389試合に出場して27得点をマーク。加入初年度からアトレティコ守備陣の中心的存在となり、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スペイン・スーパーカップ、ヨーロッパリーグ(2回)、UEFAスーパーカップ(3回)と合計8タイトルの獲得に貢献した。

ディエゴ・シメオネ監督と共に近年の強いアトレティコの象徴の一人になってきたゴディンは、5月に今シーズン限りの退団を発表。退団発表会見では愛するクラブを離れることに関して、涙を流しながら感謝の言葉を述べていた。

33歳のゴディンが新天地に選んだインテルは、2018-19シーズンのリーグ戦を4位でフィニッシュしてチャンピオンズリーグ出場権を獲得。新シーズンはアントニオ・コンテ監督を迎え、さらなる上昇を目指すことになる。

なおゴディンは、現在行われているコパ・アメリカ2019にウルグアイ代表として参戦。4試合でフル出場したが、チームは準々決勝でペルー代表に敗れた。ウルグアイ代表では通算131試合に出場して8得点を記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00010012-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561959918
続きを読む

【サッカー】インテル、ウルグアイ代表DFゴディンの獲得を正式発表! 2022年までの契約締結

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/07/01(月) 14:45:18.49 ID:lj2Znhdz9.net

インテルは1日、アトレティコ・マドリーに所属していたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを獲得したことを公式発表した。契約期間は2022年6月までとなっている。

2010-11シーズンにアトレティコ・マドリー入りしたゴディンは、在籍した9シーズンで公式戦389試合に出場して27得点をマーク。加入初年度からアトレティコ守備陣の中心的存在となり、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スペイン・スーパーカップ、ヨーロッパリーグ(2回)、UEFAスーパーカップ(3回)と合計8タイトルの獲得に貢献した。

ディエゴ・シメオネ監督と共に近年の強いアトレティコの象徴の一人になってきたゴディンは、5月に今シーズン限りの退団を発表。退団発表会見では愛するクラブを離れることに関して、涙を流しながら感謝の言葉を述べていた。

33歳のゴディンが新天地に選んだインテルは、2018-19シーズンのリーグ戦を4位でフィニッシュしてチャンピオンズリーグ出場権を獲得。新シーズンはアントニオ・コンテ監督を迎え、さらなる上昇を目指すことになる。

なおゴディンは、現在行われているコパ・アメリカ2019にウルグアイ代表として参戦。4試合でフル出場したが、チームは準々決勝でペルー代表に敗れた。ウルグアイ代表では通算131試合に出場して8得点を記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00010012-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561959918
続きを読む

【サッカー】サン・シーロ解体へ。ミランとインテルが新スタジアム建設で合意か? 新スタジアムのモデルはメットライフ・スタジアム

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/06/24(月) 00:22:35.36 ID:ku5SRUX49.net

6/24(月) 0:01配信
サン・シーロ解体へ。ミランとインテルが新スタジアム建設で合意か?

 イタリア・セリエAのミランとインテルが本拠地であるサン・シーロを解体し、新スタジアムの共同建設で合意に達したようだ。建設費は6億3000万ポンド(約861億円)の見込みになるという。英メディア『サン』などが現地時間の23日に報じた。

 サン・シーロは1926年に完成し、1947年からミランとインテルが共同でホームスタジアムとして使用している。以前から解体されるという報道がされていていた。

 伊メディア『フットボール・イタリア』によると、両クラブはサン・シーロの解体と新スタジアムの建設で合意に達したようだ。新スタジアムの建設費用は6億3000万ポンド(約861億円)で、2022/23シーズンまでには完成させる意向であるという。

 また、新スタジアムの収容人数は現在の7万8000人から6万人に減る。この新スタジアムのモデルとなるのは、アメリカNFLのニューヨーク・ジェッツとニューヨーク・ジャイアンツが本拠地とするメットライフ・スタジアムであるという。

 サン・シーロは100年近い歴史に幕を閉じることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00327701-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190624-00327701-footballc-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561303355
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ