ミラン

【サッカー】<ACミラン>韓国代表主将キ・ソンヨンをターゲットに!?夏に移籍金ゼロで獲得可能…21歳MFの控えか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/02/25(日) 06:19:43.42 ID:CAP_USER9.net

ミランが夏の移籍市場で、スウォンジー・シティに所属する29歳の韓国代表MFキ・ソンヨン獲得を検討しているようだ。24日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、21歳のコートジボワール代表MFフランク・ケシエの控えとしてキ・ソンヨンの獲得を狙っているという。今季終了後にスウォンジーとの契約が満了となるため、契約延長しなければフリーで獲得することが可能となる。

 キ・ソンヨンは2006年から2009年まで韓国1部のFCソウルでプレーした後、セルティックに移籍した。2012年にスウォンジーへ移籍したが、その翌年にはサンダーランドへレンタル移籍。

2014年にスウォンジーへ復帰し、今季は公式戦20試合出場で1得点2アシストを記録している。韓国代表としては通算88試合の出場経験があり、2010年と2014年のワールドカップでもプレーしていた。

2/24(土) 23:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00257833-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519507183
続きを読む

【サッカー】EL、ベスト16の対戦カード決定 香川vs南野の日本人対決、ミランはアーセナルと激突

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/02/23(金) 21:27:01.34 ID:CAP_USER9.net

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ベスト16)の組み合わせ抽選会が23日にスイス・ニヨンで行われた。

 1回戦でアタランタ(イタリア)を2戦合計4-3でMF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)は、2回戦でMF南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦する。

 DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)は、1回戦でブラガを2戦合計3-1で下した。2回戦では、アスレティック・ビルバオ(スペイン)と激突。

 また、

 決勝トーナメント2回戦は、ファーストレグが3月8日に、セカンドレグは15日に行われる。

 ELベスト16の対戦カードは以下のとおり。

ラツィオ(イタリア) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ライプツィヒ(ドイツ) vs ゼニト(ロシア)
アトレティコ・マドリード(スペイン) vs ロコモティブ・モスクワ(ロシア)
CSKAモスクワ(ロシア) vs リヨン(フランス)
マルセイユ(フランス) vs アスレティック・ビルバオ(スペイン)
スポルティング(ポルトガル) vs ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)
ドルトムント(ドイツ) vs ザルツブルク(オーストリア)
ミラン(イタリア) vs アーセナル(イングランド)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00720006-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519388821
続きを読む

【サッカー/EL】EL16強が決定!! ドルトムント、ミラン、A・マドリーなど…気になる組み合わせ抽選は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/02/23(金) 09:01:45.49 ID:CAP_USER9.net

EL16強が決定!! ドルトムント、ミラン、A・マドリーなど…気になる組み合わせ抽選は?

UEFAヨーロッパリーグ(EL)は23日、決勝トーナメント1回戦第2戦を各地で行った。ドルトムント(ドイツ)、ミラン(イタリア)、アトレティコ・マドリー(スペイン)がベスト16に進出した。

 ドルトムントは敵地でアタランタ(イタリア)と対戦。前半11分にDFラファエウ・トロイのゴールで先行される展開となったが、後半38分にDFマツセル・シュメルツァーのアウェーゴールが決まり、合計スコア4-3で辛くも上回った。

 敵地で行われた第1戦を3-0で大勝したミランはホームでルドゴレツと戦った。前半21分にFWファビオ・ボリーニのゴールで先制すると、その後は相手の攻撃を退け、合計スコア4-0で勝ち抜けを決めた。

 過去2回の優勝を誇るアトレティコ・マドリーはホームでコペンハーゲン(デンマーク)と対戦した。第1戦を4-1で勝利し、大量リードで臨んだ一戦となったが、前半7分に決まったFWケビン・ガメイロの先制弾を守り切り、堅守で16強進出を果たした。

 決勝トーナメント2回戦の組み合わせ抽選は23日に実施。試合は3月8日、15日にホーム&アウェーで行われる。

第2戦の結果は以下のとおり

(2月21日)
☆CSKAモスクワ 1-0 レッドスター
※2戦合計1-0でCSKAモスクワが決勝T2回戦進出

(2月22日)
☆ロコモティフ・モスクワ 1-0 ニース
※2戦合計4-2でロコモティフ・モスクワが決勝T2回戦進出

ビジャレアル 0-1 リヨン☆
※2戦合計4-1でリヨンが決勝T2回戦進出

☆ゼニト 3-0 セルティック
※2戦合計3-1でゼニトが決勝T2回戦進出

☆S・リスボン 3-3 アスタナ
※2戦合計6-4でS・リスボンが決勝T2回戦進出

☆A・マドリー 1-0 コペンハーゲン
※2戦合計5-1でA・マドリーが決勝T2回戦進出

☆ディナモ・キエフ 0-0 AEKアテネ
※2戦合計1-1、アウェーゴール差でディナモ・キエフが決勝T2回戦進出

☆ラツィオ 5-1 ステアウア・ブカレスト
※2戦合計5-2でラツィオが決勝T2回戦進出

☆ライプツィヒ 0-2 ナポリ
※2戦合計3-3、アウェーゴール差でライプツィヒが決勝T2回戦進出

ビクトリア・プルゼニ 2-0 パルチザン☆
※2戦合計3-1でプルゼニが決勝T2回戦進出

☆ビルバオ 1-2 スパルタク・モスクワ
※2戦合計4-1でビルバオが決勝T2回戦進出

アタランタ 1-1 ドルトムント☆
※2戦合計4-3でドルトムントが決勝T2回戦進出

ブラガ 1-0 マルセイユ☆
※2戦合計3-1でマルセイユが決勝T2回戦進出

☆ミラン 1-0 ルドゴレツ
※2戦合計4-0でミランが決勝T2回戦進出

☆ザルツブルク 2-1 ソシエダ
※2戦合計4-3でザルツブルクが決勝T2回戦進出

☆アーセナル 1-2 エステルスンド
※2戦合計4-2でアーセナルが決勝T2回戦進出

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-01650815-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519344105
続きを読む

【サッカー】元ACミランのCEOが断言するクラブ史上最強の選手とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/02/12(月) 19:59:49.44 ID:CAP_USER9.net

昨年4月までミランでCEOを務めていたアドリアーノ・ガリアーニ氏が11日、イタリアメディア『ラ・7』のテレビ番組に出演し、過去のエピソードを語った。

ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ元会長の下で、右腕を務めたガリアーニ氏がクラブの歴史を振り返った。31年間続いたベルルスコーニ体制において、ミランは通算29個ものトロフィーを獲得しているが、最も苦しめられた試合を問われると、2007年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリヴァプール戦を挙げた。

「おそらくアテネで開催された2007年のCL決勝だろう。2-0でリードしていたが、リヴァプールに1点返され、終盤、引き分けに持ち込まれるリスクがあった。その2年前のイスタンブール(同じくCL決勝でリヴァプールがPK戦を制し優勝)の再来のように思えたしね」

続いて、自身が考える史上最高のミラン選手については、「間違いなくマルコ・ファン・バステンだ」と断言。1987年にアヤックスからミランに加入し、スクデットを3度獲得(1987-88、1991-92、1992-93)、CLの前身であるチャンピオンズカップを2度制し(1988-1989、1989-1990)、バロンドール賞も3度にわたり受賞(1988、1989、1992)するなどタイトルを総なめにした元オランダ代表FWの名前を挙げている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000019-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518433189
続きを読む

【サッカー】復調ミランは4発完封勝利! 20歳の生え抜きクトローネがドッピエッタ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2018/02/11(日) 13:41:26.41 ID:CAP_USER9.net

[2.10 セリエA第24節 SPAL0-4ミラン]

 セリエAは10日に第24節を行い、ミランは敵地でSPALと対戦し、4ー0の勝利。12月27日のコッパ・イタリア準々決勝インテル戦(1-0)の勝利から公式戦8試合負けなし(5勝3分)と復調を見せている。

 前節・ウディネーゼ戦(1-1)はDFダビデ・カラブリアの退場から同点に追いつかれてドローに終わったミラン。しかし今節は攻撃陣がブレイクし、序盤から試合を有利に運んでいく。

 前半2分、右サイドのMFスソが精度の高い左足クロスを上げると、ファーサイドのDFアレッシオ・ロマニョーリが頭で合わせる。相手GKにはじかれるが、FWパトリック・クトローネが好反応を見せてゴールに押し込んだ。追加点を狙うミランだが、そのまま1-0で前半を折り返す。

 後半20分にミランは待望の追加点。右サイドから再三仕掛けるスソが巧みなドリブルでPA右に入り、左足シュートを放つ。相手GKに阻まれるがそこには再びクトローネ。体で押し込んだボールは一度左ポストに当たるが、再びゴールに押し込んでドッピエッタ(一試合で2得点)を決めた。

 ミランは後半28分、相手GKの味方へのアンダースローをMFルーカス・ビリアがカット。ゴール右に狙いすましたシュートを放ち、3点目を決めた。後半45分にはMFリカルド・モントリーボからのパスを受けたFWファビオ・ボリーニが、PA左からの豪快な左足ダイレクトでダメ押しの4点目。ミランは4-0のゴールラッシュで勝利を収め、暫定順位を8位から7位に上げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-01650427-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518324086
続きを読む

【サッカー】<本田は終わった選手ではない>元ミラン10番の“無回転FK弾”に伊メディア絶賛「サムライはそう簡単にあきらめない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/02/06(火) 12:00:51.47 ID:CAP_USER9.net

28mの圧巻ゴラッソに“古巣”イタリアも賛辞「サムライはそう簡単にあきらめない」

 メキシコ1部パチューカFW本田圭佑が3日(日本時間4日)のモレリア戦で28メートルの“無回転FK弾”を炸裂。2戦連発となった“らしい”スーパーゴールの瞬間をリーグ公式ツイッターが動画付きで紹介すると、かつて名門ACミランの10番を背負ったレフティーについて“古巣”イタリアのメディアが「サムライはそう簡単に諦めることはしない」「ケイスケ・ホンダは終わった選手ではないと印象づけた」と絶賛している。

【動画】「ホンダは終わった選手ではない」と絶賛! 28mの距離から描いた軌道は…リーグ公式ツイッターが公開した本田の“無回転FK弾”の瞬間
https://the-ans.jp/news/16847/3/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=16878_6


 美しく、そして、鋭く――。本田が魅せたのは、1-2で迎えた後半15分だった。

 ゴール前ほぼ中央からのFK、28メートルの距離。慎重にボールをセットし、4、5歩と距離を取る。ゆっくりと助走で駆け出すと、左足を一閃。放たれたシュートは驚きの軌道を描いた。ボールは無回転。ブレ球にとまどったのか、GKは一瞬、反応が遅れた。そして、ボールは枠内目がけて一直線。懸命に飛びついたGKも及ばず、豪快にゴール右隅に突き刺さった。

 驚愕のゴールに一気に熱狂と化したスタジアム。ゴール裏のサポーターは総立ちとなり、大歓声に包まれた。殊勲の本田は笑顔で味方のもとに駆け出し、感情を爆発させた。

 圧巻の“無回転FK弾”の瞬間を、リーグ公式ツイッターは「ケイスケ・ホンダのゴーーーール!!」と動画付きで紹介。映像を目の当たりに海外ファンも「これこそがケイスケに感嘆する理由だ」などと感嘆の声を上げていたが、反響はかつての“古巣”イタリアにも届いた。

色あせない元ミラン10番の今に脚光「ケイスケ・ホンダは終わった選手ではない」

 イタリアサッカー専門メディア「GianlucaDiMarzio」は「ホンダの再燃…元ミランが新たなゴラッソ」と見出しを打って特集している。

「ミランで10番を着た男は、志半ばでイタリアを去ることになった。しかし、サムライはそう簡単に諦めることはしない。彼は残りのキャリアをサッカーを楽しむために過ごす時間にするつもりはない。ホンダは、まだ多くのものを与え、魅せることができることを証明している」

 このようにつづり、本田がまだ輝きを放っていることをレポート。さらに、今回のゴラッソについて絶賛している。

「このFKは、そんな彼を象徴するようなゴールだ。この日本人選手のスタイルである、“無回転FK”が唸りを上げた。おそらく、彼がどれほどのパフォーマンスを示しても、遠方にいるミランファンの間では彼を手放した後悔が生まれることはないだろう。しかし、ケイスケ・ホンダは終わった選手ではないということは印象付けることができたはずだ」

 本田はまだ終わっていない――。今後はJリーグ、海外組を含め、W杯ロシア大会の日本代表メンバー入りをかけて争うが、遠くイタリアでも、その存在が脚光を浴びている。

2/6(火) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00016878-theanswer-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517886051
続きを読む

【サッカー/セリエA】ミランの新10番に現地で厳しい評価「あれほど批判されたホンダより優れていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2017/12/26(火) 14:22:06.24 ID:CAP_USER9.net

12/26(火) 12:50配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000009-goal-socc

日本代表のMF本田圭佑からミランの背番号10番を受け継いだトルコ代表MFハカン・チャルハノールについて、ミラン情報サイト『ピアネータ・ミラン』は25日、厳しい評価を下した。

4月から中国グループが新オーナーに就任したミランでは、夏の移籍市場において、2億ユーロ(約268億円)を投じる大型補強を敢行した。しかしトップチームに11名もの新選手が加入した影響からかすぐさま結果につながらず、11月末に昨シーズンからチームを率いていたヴィンチェンツォ・モンテッラが解任。プリマヴェーラの監督だったOBジェンナーロ・ガットゥーゾが昇格するも、チームの低迷は続いている。

特集では今シーズンの前半戦を総括し、ミランの新戦力について評価が下されているが、ワースト1位にはチャルハノールおよびラツィオから加入したDFルーカス・ビリアが選出された。

トルコ代表の23歳はレヴァークーゼンから移籍金2500万ユーロ(約32億円)で加入し、本田がパチューカに移籍するまで3年半にわたり背負った10番を継承した。これまで公式戦で2ゴールを挙げているものの、本来の輝きを放てていない。

「高いレベルのプレーを見せた試合は1試合もない。ヨーロッパリーグやセリエAの数試合で多少輝きを見せただけだ。ミランの10番としてはあまりに少ない。過去にあれほど批判されたケイスケ・ホンダより優れていることをこれまで証明できていない」と、最低点の「4」の評価となった。ただ同時に、「純粋なトップ下の選手だが、トップ下を置かずにプレーするチームに買われてしまった」と同情も示している。

なお最高評価はサンダーランドから加入したFWファビオ・ボリーニの「6,5」で、出場機会がほとんどなかったDFアンドレア・コンティおよびGKアントニオ・ドンナルンマは採点外となっている。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514265726
続きを読む

【サッカー】<期待を裏切り11位・ACミランのガットゥーゾ監督>辞任否定!「(采配批判は)無礼だ。私は選手以上に価値がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/24(日) 13:58:02.86 ID:CAP_USER9.net

ミランは、23日のセリエA第17節アタランタ戦で0-2で敗れた。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、「決して辞任はしない」と語っている。

前節ヴェローナに0-3と完敗し、上位追走のため連敗は避けたいミラン。しかし、本拠地「サン・シーロ」で巻き返したい一戦で前半にリードを許すと、
その後も得点を奪えず。後半71分にもイリチッチに追加点を許し、最後まで反撃できずに敗れている。

これでガットゥーゾ監督就任後、公式戦2勝1分3敗となったミラン。開幕前の大型補強で高まっていた期待とは程遠く、リーグ戦では11位となっている。
一部では早くも解任報道が出始め、采配にも批判の声が上がっているが、ミランの黄金期を知るOBは「決して辞任しない」と宣言している。

「(采配批判は)無礼だ。私は選手以上に価値がある存在だ。この船の船長であり、圧力なく選択する」
「決して辞任はしない。クラブが私を解任するのは、選手が私に反発するときと、私が重荷になったときだ」

監督交代後もなかなか浮上のキッカケを見つけられないミラン。次戦は27日、コッパ・イタリア準々決勝で宿敵インテルと対戦する。

12/24(日) 13:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000006-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggxcKz6mCStEIrBgCJA9biKw---x900-y507-q90-exp3h-pril/amd/20171224-00000006-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514091482
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ