ミラン

【サッカー】<柴崎岳>欧州移籍市場で大人気!ドルトムント、ミラン、ポルトに加え 争奪戦にイングランド勢も参戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/07/26(木) 17:57:59.23 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)が欧州市場で“人気者”になっている。

 複数のスペインメディアは24日、ヘタフェの強化責任者、ニコラス・ロドリゲス氏が「ガクへの他クラブからのオファーがある。彼の代理人と話をする必要がある」と語ったと報道。ホセ・ボルダラス監督(54)は昨季後半以降、柴崎をスタメンから外すことが多くなっていただけに今後、移籍話が進展しそうな状況だ。

 イタリア1部ACミランやドイツ1部ドルトムントに加え、ポルトガル1部ポルトからの関心も現地メディアでは報じられているが、ここにきてイングランド勢も争奪戦に加わりそうだ。

柴崎に近い関係者は「W杯で良いパフォーマンスを見せたから、幅広いところから声がかかっている。特にベルギー戦でのプレーは評価されていて、イングランドからの照会もあるようだ」と明かす。

 柴崎はロシアW杯で日本の16強進出をけん引。決勝トーナメント1回戦ベルギー戦では逆転負けしたものの、絶妙なスルーパスでMF原口元気(27=ハノーバー)の先制点をアシストするなど出色のプレーを披露。イングランド強豪クラブの主力選手が顔を揃えるベルギー相手に大活躍し、注目度が上昇した。

 今後はレスターやエバートン、ウェストハムといった中堅クラブが獲得に乗り出す構えで大ブレークを果たした柴崎の動向から目が離せない。

7/26(木) 16:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000026-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532595479
続きを読む

【サッカー】わずか1年で“チャイナミラン”が終焉…米ファンドがクラブ保有権を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:THE FURYφ ★:2018/07/11(水) 21:56:36.57 ID:CAP_USER9.net

“チャイナ・ミラン”はわず1年で幕を閉じることになった。

2017年4月13日、中国人投資家のリー・ヨンホン氏がミランを買収し、チャイナマネーによるクラブ再建が
スタートした。買収当時にアメリカのエリオット・ファンドの出資を受けた同氏だが、返済期限内までに
3200万ユーロ(約42億円)を支払うことができず、エリオット側にミランの保有権が移ることが決定した。

エリオット・ファンドのポール・シンガー氏は「オーナーシップと株式は我々の下へ移ることになった。
以前のオーナーがエリオットとの契約を守れなかったことでこのような結末に至った」と声明を出した。

「財政の安定化、マネージメントをエリオットが担い、ミランに長期の成功をもたらすためにUEFAが定める
フィナンシャル・フェア・プレーに則った永続的なビジネスモデルを構築する。エリオットは困難な時期に
直面するこのクラブをサポートできる喜びだけではなく、コーチの(ジェンナーロ)ガットゥーゾと選手たちとともに
将来の成功をつかむための挑戦を支えられることをうれしく思う。まずは財政の健全化のために5000万ユーロ
(約65億円)をクラブに提供する」

「経済的な支援、安定化、適切な監視はフィールド内での成功とファンにとって必要不可欠だ。エリオットは
このクラブが欧州のトップクラブとして再び君臨するための挑戦を楽しみにしている。ミランの価値を高められる
チャンスがあると強く信じている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000026-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531313796
続きを読む

【サッカー】柴崎岳にミランとドルトムントが熱視線!伊メディア「シバサキ、W杯の宝石」と去就注目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ばーど ★:2018/07/04(水) 13:25:28.33 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180704-00119154-soccermzw-000-view.jpg


 ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本の4試合全てにスタメン出場し、強烈なインパクトを残したヘタフェMF柴崎岳に、欧州トップクラブが熱視線を送っているようだ。イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」ではACミランが獲得に興味を持っているとしたほか、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントからの関心も伝えられている。

 柴崎は西野朗監督の就任を機にレギュラーに定着。ロシアW杯では4試合全てで先発出場し、中盤の司令塔として躍動した。2-3で敗れた現地時間2日のベスト16・ベルギー戦(2-3)ではロングスルーパスでMF原口元気の先制ゴールをお膳立てした。

 スペインのヘタフェでプレーする柴崎の活躍は、イタリアメディアでも称賛されている。西野監督からMF長谷部誠とのコンビに抜擢された26歳は、すぐに期待に応え、「常にロジカルな選択をし、常に正しいタイミングでプレーする」と評された。

 2016年末に行われたFIFAクラブワールドカップではレアル・マドリードから2得点を奪い、その後にスペインへ移籍。2部テネリフェでの半年間を経てヘタフェに加入すると、17年9月のバルセロナ戦では圧巻の左足ボレー弾を決めるなど大一番で輝きを放ってきた。初参戦のW杯での活躍も印象的で、今ではスペインの強豪クラブや香川の所属するドルトムントを含むドイツのクラブから関心を寄せられているという。
.
■ミランは「数年前、すでに視察をしていた」

 イタリアのミラン専門メディア「ピアネッタ・ミラン」でも柴崎に対するミランからの関心が報じられている。「シバサキ、W杯の宝石」と称えられ、「日本代表のガク・シバサキはロシアW杯でみんなを驚かせた。ACミランは数年前、すでに視察をしていた」と以前から柴崎に注目していたことが紹介されている。

 ロシアW杯で評価を高めた柴崎。この夏にステップアップを果たすことになるのだろうか。

7/4(水) 13:16
Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00119154-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530678328
続きを読む

【サッカー】ミランに激震 UEFAが欧州カップ戦2シーズンの出場停止を発表…来季ELも不参加

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:神々廻 ★:2018/06/28(木) 00:27:35.90 ID:CAP_USER9.net

欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、ミランが今後2年間UEFA主催大会へ出場停止となることを発表した。

UEFAは、以下のような声明を発表している。

「クラブ財務管理機関(CFCB)の審議委員会は、ミランがUEFAのクラブライセンス、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則を違反したとして、決定を下しました。クラブは、次の2シーズン(2018-19、2019-2020シーズン)UEFAの大会に参加することはできません」

「この決定は、UEFAクラブ財務管理機関を規定する規則の第34条(2)ならびにUEFA規約の第62条および第63条に従うものであり、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することができます」

これにより、2017?18シーズンを6位で終えヨーロッパリーグ出場権を獲得していたミランだが、来季は欧州カップ戦に参加できないことになった。また、代わりに7位で終えたアタランタがグループリーグ進出、8位フィオレンティーナが予選に参加することも合わせて発表している。

昨季開始前、2億ユーロを超える大型補強を敢行したミラン。しかし、UEFAが定めるFFP規則をクリアすることはできなかったようだ。

https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18xn5drg8t991tozeyh17u4ld.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530113255
続きを読む

【サッカー】ミラン、キソンヨン獲りから撤退

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 11:35:18.43 ID:CAP_USER9.net

4/27(金) 11:00配信
フットボールチャンネル

 スウォンジー・シティに所属する29歳の韓国代表MFキ・ソンヨンに興味を示していたミランが撤退し、代わりにアーセナル所属のイングランド代表MFジャック・ウィルシャー獲得を狙っているようだ。『カルチョ・メルカート』が報じている。

 今季終了後にスウォンジーとの契約が終了するキ・ソンヨン。以前からミランが同選手の獲得を目指しているとの報道があった。しかし同メディアによると、ミランは交渉の最終段階まで進まず、獲得を見送る姿勢を示しているとのこと。

 代わりにウィルシャーに注目しているが、こちらは欧州サッカー連盟(UEFA)から下されるファイナンシャルフェアプレー(FFP)の結果を見て判断するという。現在はエバートンを含めたプレミアリーグの複数のクラブがキ・ソンヨンに興味を示しており、イングランド国内で移籍することになるかもしれない。同選手は今季公式戦29試合に出場し2得点3アシストを記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00267146-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524796518
続きを読む

【サッカー】<ACミラン>「本田圭佑に続くアジア人選手」を獲得か!?韓国代表MFキ・ソンヨンと条件合意...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/04/10(火) 17:26:14.06 ID:CAP_USER9.net

セリエAの名門ミランで史上2人目の「アジア人プレーヤー」が誕生するかもしれない。
 
 アジア人選手で初めてロッソネーロのユニホームを纏ったのは、ご存知の通り14年1月にCSKAモスクワからフリーエージェントで加入した本田圭佑。この日本代表MFが昨夏に契約満了で退団して以来、ミランにアジア人選手はいなかった。
 
 そんな中、イタリア・メディア『calciomercato.com』は、ミランが以前から関心を寄せていた韓国代表MFのキ・ソンヨンと今夏の加入で条件合意したと報じた。現在所属するスウォンジーとの契約は今年6月30日で切れるため、本田と同じく移籍金ゼロでの加入。強化資金が限られるミランにとっては願ってもないローコスト補強だ。
 
 現在29歳のキ・ソンヨンは、FCソウルとセルティックを経て、12年夏にスウォンジーへ加入。13-14シーズンにレンタル移籍したサンダーランドには、強化部門でイタリア人のマッシミリアーノ・ミラベッリが働いていた。このミラベッリは現ミランSDで、当時のコネクションがお互いにとってモノをいったようだ。
 
 パスセンスと運動量を兼備し、中盤中央ならどこでも機能するキ・ソンヨン。昨年11月に新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ政権下のミランは4-3-3を採用しているが、インサイドハーフの控えが心許なく、フランク・ケシエとジャコモ・ボナベントゥーラがほぼフル稼働を強いられている。ルーカス・ビグリア、リッカルド・モントリーボ、マヌエル・ロカテッリを擁するアンカーよりも、インサイドハーフでの起用がメインになるか。
 
 ちなみに、キ・ソンヨンは韓国代表でキャプテンマークを巻き、妻も人気女優ハン・ヘジンという国民的な人気選手。17年4月に中国資本となったミランとしては、アジア市場におけるマーケティングという意味でも小さくないプラスアルファとなるかもしれない。

4/10(火) 16:29配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00038587-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180410-00038587-sdigestw-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523348774
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>本田圭佑に太鼓判!「お世辞抜きで圭佑の状態いい」「ミラン時代と全然違う」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/21(水) 12:31:30.70 ID:CAP_USER9.net

ベルギー遠征中の日本代表が20日、同国リエージュで2日目の練習を行った。

 DF長友はトルコ移籍と第1子誕生後、初の代表合宿となった。「イタリアの先生に(誕生後)1カ月たったら飛行機に乗っていいと言われたので」と合流直前に愛する母子がトルコに到着。

入れ替わるようにベルギーに来ることになって、少し寂しそう。ただここには、半年ぶりに盟友・本田がいる。「お世辞抜きに圭佑のコンディションはいい」と太鼓判を押した。

3/21(水) 7:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00155505-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180321-00155505-nksports-000-3-view.jpg


18 名前:Egg ★:2018/03/21(水) 12:44:45.66 ID:CAP_USER9.net

>>1
つづく

長友、本田の代表復帰に「落ち着く」…コンディションにも言及し「ミラン時代と全然違う」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、盟友・本田圭佑の状態について言及した。

長友はガラタサライに移籍してからは、日本代表に招集されるのは初めて。イタリア・ミラノでの生活が長かっただけに慣れるのに不安があったと明かしながら、トルコでの生活が想像以上だったことを語る。

「最高ですよ。正直、思ってた以上で、僕はイタリアしか知らなくて、しかもミラノに7年間住んでいたんで、正直、他の町に自分がフィットできるのかというか、慣れられるのかという不安も正直ありましたけど、正直、想像を超える居心地のよさです。トルコ素晴らしいです」

また、今シーズンは非常に良いコンディションで、移籍もポジティブに働いたと認める長友。インテル時代と比べて、プレー面では何が変わったのだろうか。

「イタリアでは守備を求められていて、例えばここ上がりたいなっていうタイミングでも守備のバランスをかなり意識してた部分があったんです。それは戦術だったりって部分で。ただ、今のトルコのガラタサライの監督の求めるサッカーはどんどんサイドバックに攻撃させるんで、なんか昔の自分に戻ったような、がむしゃらにイキイキしてるなっていう、水を得た魚じゃないですけど、なんかそのくらい居心地も良くて楽しいですよ」

そして今回は、ともに長年に渡り代表を支えてきた本田が復帰。個人としても「落ち着く」と話し、チーム全体にとってもいい効果が現れていると語る。

「2008年から10年間やってきてるってところで落ち着きますよね。単純に合宿入って、ホテル入って、いつも食事は圭佑と前で、向かい側に座っているんですけど、まあ落ち着くなと。このポジションに彼帰ってきて(笑)。単純に精神的な部分でも自分自身がやっぱり戦友でもあり、いい仲間だなっていう感覚があって、チームにもああいうどっしりとした選手がいることによって、引き締まりますよね。若手もいい緊張感を持ってると思います」

本田もパチューカで、ゴールに絡み続けて長友同様に好調をキープ。長友から見てもコンディションの良さは伝わっているという。

「練習の中でもああやっぱ全然違うなっていうふうに。これ別にみなさんメディアの前だから言うわけじゃなくて、実際にミランで試合にずっと出てない時とかと比べると明らかにコンディションが違うんでね。体のキレとか裏へ抜け出す動きとかもやっぱりちょっと違っていた。やっぱりいい状態なんだなっていうのはお世辞抜きに今日思いました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000032-goal-socc

19 名前:Egg ★:2018/03/21(水) 12:45:00.91 ID:CAP_USER9.net

>>1
つづく

長友、本田の代表復帰に「落ち着く」…コンディションにも言及し「ミラン時代と全然違う」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、盟友・本田圭佑の状態について言及した。

長友はガラタサライに移籍してからは、日本代表に招集されるのは初めて。イタリア・ミラノでの生活が長かっただけに慣れるのに不安があったと明かしながら、トルコでの生活が想像以上だったことを語る。

「最高ですよ。正直、思ってた以上で、僕はイタリアしか知らなくて、しかもミラノに7年間住んでいたんで、正直、他の町に自分がフィットできるのかというか、慣れられるのかという不安も正直ありましたけど、正直、想像を超える居心地のよさです。トルコ素晴らしいです」

また、今シーズンは非常に良いコンディションで、移籍もポジティブに働いたと認める長友。インテル時代と比べて、プレー面では何が変わったのだろうか。

「イタリアでは守備を求められていて、例えばここ上がりたいなっていうタイミングでも守備のバランスをかなり意識してた部分があったんです。それは戦術だったりって部分で。ただ、今のトルコのガラタサライの監督の求めるサッカーはどんどんサイドバックに攻撃させるんで、なんか昔の自分に戻ったような、がむしゃらにイキイキしてるなっていう、水を得た魚じゃないですけど、なんかそのくらい居心地も良くて楽しいですよ」

そして今回は、ともに長年に渡り代表を支えてきた本田が復帰。個人としても「落ち着く」と話し、チーム全体にとってもいい効果が現れていると語る。

「2008年から10年間やってきてるってところで落ち着きますよね。単純に合宿入って、ホテル入って、いつも食事は圭佑と前で、向かい側に座っているんですけど、まあ落ち着くなと。このポジションに彼帰ってきて(笑)。単純に精神的な部分でも自分自身がやっぱり戦友でもあり、いい仲間だなっていう感覚があって、チームにもああいうどっしりとした選手がいることによって、引き締まりますよね。若手もいい緊張感を持ってると思います」

本田もパチューカで、ゴールに絡み続けて長友同様に好調をキープ。長友から見てもコンディションの良さは伝わっているという。

「練習の中でもああやっぱ全然違うなっていうふうに。これ別にみなさんメディアの前だから言うわけじゃなくて、実際にミランで試合にずっと出てない時とかと比べると明らかにコンディションが違うんでね。体のキレとか裏へ抜け出す動きとかもやっぱりちょっと違っていた。やっぱりいい状態なんだなっていうのはお世辞抜きに今日思いました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000032-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521603090
続きを読む

【サッカー】アーセナルがELベスト8進出!ウェルベック2発、ジャカ逆転弾でミラン連破

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/03/16(金) 06:57:21.98 ID:CAP_USER9.net

[3.15 EL決勝T2回戦第2戦 アーセナル3-1ミラン]

 ヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント2回戦第2戦を行った。エミレーツ・スタジアムではアーセナル(イングランド)とミラン(イタリア)が対戦。3-1で勝利したアーセナルが2試合合計5-1で8強入りを決めた。なお、組み合わせ抽選会は16日に行われる。

 アウェーでの第1節を2-0で先勝したアーセナルは、11日のプレミアリーグ第30節ワトフォード戦(3-0)から7人を変更。前回対戦からは2人を入れ替え、DFナチョ・モンレアルとDFエクトル・ベジェリンが先発起用された。対するミランは、11日のセリエA第28節ジェノア戦(1-0)、前回対戦からそれぞれ先発3人を変更。MFリカルド・モントリーボとFWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニがスターティングメンバーに名を連ねた。

 開始早々の前半1分、右サイドの深い位置にパスをつなぎ、ボリーニのグラウンダーのクロスをA・シウバが右足で合わせ、逆転に向けて良い入りをみせたミラン。だが、アーセナルの高い位置からのプレッシャーを受け、なかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

 ボールの主導権を握るアーセナルは、前半5分にMFヘンリク・ムヒタリアンの右CKからDFローラン・コシールニーがヘディングシュート。これは枠を大きく外れたが、この際に左わき腹あたりを痛めたようで、しばらくプレーを続けたが、11分にDFカルム・チャンバースとの交代を余儀なくされた。

 試合は前半36分に動いた。劣勢のミランはDFリカルド・ロドリゲスの横パスをPA左手前で受けたMFハカン・チャルハノールが思い切りよく右足を一閃。“FKの名手”が右にカーブしながら鋭く落ちるミドルシュートをゴール右隅に沈め、ミランが先制に成功した。

 しかし、アーセナルがすぐに追いつく。前半38分、ムヒタリアンのスルーパスでPA右に抜け出したFWダニー・ウェルベックがR・ロドリゲスに倒され、PKを獲得。これをウェルベック自らゴール左に決め、同点とした。アディショナルタイム1分には、ウェルベックの折り返しをムヒタリアンがヘッド。2分にはMFジャック・ウィルシャーが左足ミドルを放つなど、前半終盤に猛攻を仕掛けたが、一気に逆転とはならなかった。

 2戦合計3-1と試合を優勢に進めるアーセナル。後半5分、PA左へMFメスト・エジルが出したパスをムヒタリアンが右足ダイレクトでニアを狙うが、GKジャンルイジ・ドンナルンマがストップ。11分には、右サイドのハーフェーライン付近でボールを奪い、右サイドを抜け出したエジルが中央へ折り返す。ウェルベックが相手を引き付けて空いたスペースにMFアーロン・ラムジーが飛び込んだが、右足シュートはクロスバー上を越えていった。

 後半14分にミランの決定機が訪れる。右サイドからMFスソがクロスを入れ、FWパトリック・クトローネが体を倒しながらうまく右足ボレーを放ったが、わずかにゴール右。22分には、クトローネに代わってFWニコラ・カリニッチを入れ、直後にDFレオナルド・ボヌッチのセンタリングからカリニッチが頭で合わせたが、GKダビド・オスピナの正面を突いた。

 互いに1枚交代カードを使って迎えた後半26分、ラムジーのパスを受けたMFグラニト・ジャカがPA右手前から左足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール右下を捉え、GKドンナルンマが弾いたボールが左サイドネットに吸い込まれ、2-1。アーセナルが試合をひっくり返した。

 アーセナルは後半32分、ミランのA・シウバのヘディングシュートがDFシュコドラン・ムスタフィに当たって枠内に飛んだが、GKオスピナが好セーブ。41分には、途中出場のMFモハメド・エルネニーの縦パスが起点となって、PA左からウィルシャーが上げたクロスをラムジーがヘッド。GKドンナルンマが弾いたボールをウェルベックが頭で押し込み、3-1で逆転勝ち。2試合合計5-1とし、アーセナルが準々決勝進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-01651548-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521151041
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ