ミラン

【サッカー】UEFA-EL ベスト32が決定!ミランが敗退、フランクフルトは全勝 長谷部は負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/12/14(金) 10:23:13.83 ID:CAP_USER9.net

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節(最終節)が13日に各地で行われた。

 グループAはレバークーゼンとチューリッヒの突破がすでに決定。最終節ではレバークーゼンが勝利し、チューリッヒはドローで試合を終えている。

 グループBはMF南野拓実が所属する首位ザルツブルクが2位セルティックも打ち破り全勝で首位突破。セルティックは敗れたものの、3位ライプツィヒが4位ローゼンボリとドローで試合を終えたため、そのまま2位で決勝トーナメント進出を決めている。

 グループCでは、ゼニトがスラヴィア・プラハに敗れたが首位通過。スラヴィア・プラハが2位通過となっている。

 グループDでは、すでに突破を決めているディナモ・ザグレブが4位で敗退の決まっているアンデルレヒトとドロー。またスパルタク・モスクワを下したフェネルバフチェがグループ2位に入って決勝トーナメント進出を果たした。

 グループEは、第5節を終えた時点でアーセナルとスポルディングが決勝トーナメント進出を決定。最終節は両チームとも勝利を収めている。

 グループFは、乾が先発フル出場したベティスが4位のデュドランジュとドロー。首位通過を決めている。2位ミランは3位オリンピアコスとの直接対決で1-3と敗戦。ミランが3位に転落してまさかの敗退となった。

 グループGでは、首位ビジャレアルと2位ラピード・ウィーンが、最終節も勝利を収め、そのままベスト32入りを決めている。

 MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、最終節も勝利。全勝で決勝トーナメント進出を決めた。なお、2位はラツィオとなっている。

 グループIはヘンクは首位通過。マルメはベシクタシュとの直接対決を制し2位に浮上し、逆転でグループステージ突破を決めている。

 グループJは首位セビージャが2位グラスノダールに勝利。3位スタンダールは4位アクヒサルに勝利すれば2位突破の可能性があったものの、ドローで試合を終え敗退が決まった。

 グループKは、ディナモ・キエフがヤブロネツを2-0で下し首位通過を決め、2位に滑り込んだのはレンヌ。アスタナとのホームゲームを2-0で制し、勝ち点を「9」に伸ばして逆転で決勝トーナメント進出を果たした。

 グループLでは、首位通過を決めているチェルシーがヴィデオトンに4-1と快勝。勝ち点「13」で首位突破を果たした。また、PAOKを下したBATEが2位通過となっている。

 なお、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位に与えられるEL出場権はクラブ・ブルージュ、インテル、ナポリ、ガラタサライ、ベンフィカ、シャフタール、ヴィクトリア・プルゼニ、バレンシアの8クラブが獲得しており、これで決勝トーナメント進出32チームが決定した。

 EL決勝トーナメント1回戦の組合せ抽選会は18日に行われる予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00876734-soccerk-socc ' target='_blank'>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00876734-soccerk-socc

フランクフルトの長谷部誠、ハムストリングを負傷…年内は離脱か

フランクフルトに所属する長谷部誠が前半途中で負傷した。

 13日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージH組第6節の試合が行われ、フランクフルトはラツィオと対戦。試合はアウェイのフランクフルトが2-1の勝利をおさめた。

 この試合に先発出場した長谷部は31分に太ももを抑え込みプレー続行不能をジェスチャーで示唆。直後に交代が決まり、太ももをおさえながらピッチをあとにしていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00876734-soccerk-socc

>>2以降に続きます

2 名前:久太郎 ★:2018/12/14(金) 10:23:52.96 ID:CAP_USER9.net

>>1
■ELグループステージ第6節
▼グループA
AEKラルナカ(キプロス) 1-5 レヴァークーゼン(ドイツ)
ルドゴレツ(ブルガリア) 1-1 チューリッヒ(スイス)

▼グループB
ライプツィヒ(ドイツ) 1-1 ローゼンボリ(ノルウェー)
セルティック(スコットランド) 1-2 ザルツブルク(オーストリア)

▼グループC
スラヴィア・プラハ(チェコ) 2-0 ゼニト(ロシア)
コペンハーゲン(デンマーク) 0-1 ボルドー(フランス)

▼グループD
スパルタク・トルナヴァ(スロバキア) 1-0 フェネルバフチェ(トルコ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 0-0 アンデルレヒト(ベルギー)

▼グループE
スポルディング(ポルトガル) 3-0 ヴォルスクラ(ウクライナ)
アーセナル(イングランド) 1-0 カラバフ(アゼルバイジャン)

▼グループF
デュドランジュ(ルクセンブルク) 0-0 ベティス(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ) 3-1 ミラン(イタリア)

▼グループG
ビジャレアル(スペイン) 2-0 スパルタク・モスクワ(ロシア)
ラピード・ウィーン(オーストリア) 1-0 レンジャーズ(スコットランド)

▼グループH
マルセイユ(フランス) 1-3 アポロン(キプロス)
ラツィオ(イタリア) 1-2 フランクフルト(ドイツ)

▼グループI
ベシクタシュ(トルコ) 0-1 マルメ(スウェーデン)
ヘンク(ベルギー) 4-0 サルプスボルグ(ノルウェー)

▼グループJ
セビージャ(スペイン) 3-0 クラスノダール(ロシア)
アクヒサル(トルコ) 0-0 スタンダール・リエージュ(ベルギー)

▼グループK
レンヌ(フランス) 2-0 アスタナ(カザフスタン)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) 0-1 ヤブロネツ(チェコ)

▼グループL
PAOK(ギリシャ) 1-3 BATEボリソフ(ベラルーシ)
ヴィデオトン(ハンガリー) 2-2 チェルシー(イングランド)

6 名前:久太郎 ★:2018/12/14(金) 10:24:33.18 ID:CAP_USER9.net

>>1
>>2
■ELグループステージ第6節順位

▼グループA
1位 レヴァークーゼン(勝ち点13/得失点差7)
2位 チューリッヒ(勝ち点10/得失点差1)
3位 AEKラルナカ(勝ち点5/得失点差-6)
4位 ルドゴレツ(勝ち点4/得失点差-2)

▼グループB
1位 ザルツブルク(勝ち点18/得失点差11)
2位 セルティック(勝ち点9/得失点差-2)
3位 ライプツィヒ(勝ち点7/得失点差1)
4位 ローゼンボリ(勝ち点1/得失点差-10)

▼グループC
1位 ゼニト(勝ち点11/得失点差1)
2位 スラヴィア・プラハ(勝ち点10/得失点差1)
3位 ボルドー(勝ち点7/得失点差0)
4位 コペンハーゲン(勝ち点5/得失点差-2)

▼グループD
1位 ディナモ・ザグレブ(勝ち点14/得失点差8)
2位 フェネルバフチェ(勝ち点8/得失点差0)
3位 スパルタク・トルナヴァ(勝ち点7/得失点差-3)
4位 アンデルレヒト(勝ち点3/得失点差-5)

▼グループE
1位 アーセナル(勝ち点16/得失点差10)
2位 スポルディング(勝ち点13/得失点差10)
3位 ヴォルスクラ(勝ち点3/得失点差-9)
4位 カラバフ(勝ち点3/得失点差-11)

▼グループF
1位 ベティス(勝ち点12/得失点差5)
2位 オリンピアコス(勝ち点10/得失点差5)
3位 ミラン(勝ち点10/得失点差3)
4位 デュドランジュ(勝ち点1/得失点差-13)

▼グループG
1位 ビジャレアル(勝ち点10/得失点差7)
2位 ラピード・ウィーン(勝ち点10/得失点差-3)
3位 レンジャーズ(勝ち点6/得失点差0)
4位 スパルタク・モスクワ(勝ち点5/得失点差-4)

▼グループH
1位 フランクフルト(勝ち点18/得失点差12)
2位 ラツィオ(勝ち点9/得失点差-2)
3位 アポロン(勝ち点7/得失点差0)
4位 マルセイユ(勝ち点1/得失点差-10)

▼グループI
1位 ヘンク(勝ち点11/得失点差6)
2位 マルメ(勝ち点9/得失点差1)
3位 ベシクタシュ(勝ち点7/得失点差-2)
4位 サルプスボルグ(勝ち点5/得失点差-5)

▼グループJ
1位 セビージャ(勝ち点12/得失点差12)
2位 クラスノダール(勝ち点12/得失点差0)
3位 スタンダール・リエージュ(勝ち点10/得失点差-2)
4位 アクヒサル(勝ち点1/得失点差-10)

▼グループK
1位 ディナモ・キエフ(勝ち点11/得失点差3)
2位 レンヌ(勝ち点9/得失点差-1)
3位 アスタナ(勝ち点8/得失点差0)
4位 ヤブロネツ(勝ち点5/得失点差-2)

▼グループL
1位 チェルシー(勝ち点16/得失点差9)
2位 BATEボリソフ(勝ち点9/得失点差0)
3位 ヴィデオトン(勝ち点7/得失点差-2)
4位 PAOK(勝ち点3/得失点差-7)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544750593
続きを読む

【サッカー】イブラヒモビッチ、ミラン復帰は破断!LAギャラクシー残留が決定的…レオナルドSDが明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/12/10(月) 20:47:36.01 ID:CAP_USER9.net

イブラのLAギャラクシー残留が決定的に…ミランのレオナルドSDが破談明かす

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)ロサンゼルス・ギャラクシー残留が決定的になったようだ。9日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。

 イブラヒモヴィッチはかねてより、ミランがロサンゼルス・ギャラクシーとクラブ間交渉を進め、今冬のレンタルでの加入が報じられていた。

 しかし今回メディアインタビューに応じたミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が同選手の獲得交渉に言及。破断していたことを明かした。

「彼はミランに戻ってこないだろう。彼はクラブとの契約を更新したと我々に明かした。我々は彼をミランに復帰させることを考えていたし、彼もそう考えていただろう。しかし彼はMLSでプレーし続けることを選んだ。これは非常に素晴らしい物語だったし、実現する可能性は十分あったけど、実現不可能なものになりそうだね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00874974-soccerk-socc

17 名前:久太郎 ★:2018/12/10(月) 21:02:29.81 ID:CAP_USER9.net

>>1
失礼しました。タイトルミスです
誤【サッカー】イブラヒモビッチ、ミラン復帰は破断!LAギャラクシー残留が決定的…レオナルドSDが明かす
正【サッカー】イブラヒモビッチ、ミラン復帰は破談!LAギャラクシー残留が決定的…レオナルドSDが明かす


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544442456
続きを読む

【サッカー】ドルトムント香川 今冬イタリア行き浮上 インテルやラツィオなど複数クラブが動向をチェックし熱心なのがACミラン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ゴアマガラ ★:2018/11/27(火) 19:53:15.27 ID:CAP_USER9.net

去就が騒がしくなってきた元日本代表MF香川真司(29=ドルトムント)の“未来”は――。
欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグA組で首位に立つドルトムント(ドイツ)は28日(日本時間29日)、
ホームでクラブ・ブリュージュ(ベルギー)を迎え撃つ。トップチームで出場機会に恵まれない香川にとっては正念場の一戦となるが、今冬の移籍市場を控えて気になる動きも出てきた。

 香川の所属するドルトムントはCL1次リーグA組で勝ち点9の首位と好調。今節引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。そんななかで注目を集めるのはやはり香川だ。
今季就任したルシアン・ファーブル監督(61)のもとで出場機会を失い、リーグ戦では7試合連続出番なし。24日のマインツ戦もベンチ外だった。
CLでも3試合連続で出場機会がなく、好調のチームで構想外となりつつある。

 そうなると来年1月の移籍市場を前に香川の去就からも目が離せない。香川は残留を基本線としつつも、強豪クラブなど魅力的なオファーがあれば移籍を決断する可能性もある。
クラブ・ブリュージュ戦の起用法次第では、その動きも加速する。これまで“本命”としてきたイングランド・プレミアリーグのほか、
ドイツやフランス、トルコでも獲得に関心を示すクラブも増えそうだ。

 仰天情報も浮上している。欧州事情に詳しい関係者は「イタリアで名門と呼ばれるクラブから具体的な動きが出てくるかもしれない」と話す。
インテルやラツィオなど複数クラブが香川の動向をチェックしているほか、とりわけ熱心なのがACミランだという。

Jリーグの鹿島でプレー経験があり、インテル監督時代にDF長友佑都(32=ガラタサライ)を指導して日本人選手に理解のあるレオナルド氏(49)が今季からスポーツディレクターに就任。
現在5位で来季のCL出場権も視野に入っているが、課題の得点力アップに向けて攻撃陣を整備する構えだ。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37=LAギャラクシー)の復帰も取り沙汰されるなか、
獲得候補として香川の名前もリストアップされている。

 ミランといえば、元日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が10番を背負って3年半プレーした姿が記憶に新しい。
代表の盟友の後を追うことになれば大きな話題を呼びそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000052-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543315995
続きを読む

【サッカー】ACミラン、ガットゥーゾ監督「政治のことを考えろ」、観戦後ゲームプランを批判したイタリア副首相に反論

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:しじみ ★:2018/11/27(火) 18:20:19.14 ID:CAP_USER9.net

【11月26日 AFP】
イタリア・セリエA、ACミラン(AC Milan)のジェンナロ・ガットゥーゾ(Gennaro Gattuso)監督は25日、1-1の引き分けに終わったラツィオ(SS Lazio)戦のゲームプランを批判したマッテオ・サルビーニ(Matteo Salvini)副首相に対し、サッカーではなく政治に集中するようくぎを刺した。

「怒り狂っている。この国には問題が山積しているのに、サルビーニがACミランについておしゃべりしている時間があるなんてね」

 ミランサポーターを公言するサルビーニ副首相は、ローマのスタディオ・オリンピコ(Stadio Olimpico)でラツィオ戦を観戦。ミランは78分にフランク・ケシエ(Franck Kessie)の得点でリードしたが、終了間際にホアキン・コレア(Joaquin Correa)に同点ゴールを許した。

 試合後サルビーニ副首相はテレビのインタビューで、「もし私がガットゥーゾだったら何人か選手を代えただろう。選手は疲れていたからね。彼がなぜ後半に選手交代をしなかったのか理解できない」とコメントした。

「激しい雨で泥だらけになったピッチで消耗している選手が少なくても3人いた。誰か私にガットゥーゾの頑固さについて説明してくれないか?」「きょうは3バックを見たときから祈っていたよ」

 来季の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)出場権が与えられる4位ラツィオと1ポイント差の5位につけるミランは、首位ユベントス(Juventus)に15ポイント差をつけられている。

 サルビーニ副首相のコメントについて質問されたガットゥーゾ監督は、「私は政治については話さない。何も分かっていないからね」と答え、「彼には政治について考えるように伝えるよ。この国は多くの問題を抱えている。もし副首相がサッカーについて話をしているようならそれ自体、国民が危険な状態にあるということだ」と続けた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3199109


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543310419
続きを読む

【サッカー】故障者続出ACミランがイブラヒモビッチ獲得へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/11/20(火) 16:57:18.51 ID:CAP_USER9.net

11/20(火) 16:48配信
デイリースポーツ

 故障者が続出しているサッカーイタリア1部リーグのACミランが、元スウェーデン代表で米МLSロサンゼルス・ギャラクシーのFWイブラヒモビッチの獲得に乗り出す。20日のガゼッタ・デロ・スポルトなど、イタリア主要スポーツ紙が報じた。

 同紙などによると、ミランのスポーツ・ディレクターレオナルド氏らとイブラヒモビッチの代理人ライオラ氏が、話し合いに入っている。

 イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランでプレーし、2011年のスクデット獲得に貢献した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000092-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542700638
続きを読む

【サッカー】セリエA第12節 ユヴェントスがミランを撃破!古巣戦に燃えるイグアインはPK失敗&退場 Cロナウドゴール 12試合8ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/11/12(月) 09:18:26.44 ID:CAP_USER9.net

現地時間11日、イタリア・セリエAは第12節が行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

毎年、大型補強を繰り返しながらもチャンピオンズリーグ復帰が遠いミランと、すでにスクデット獲得は最低ノルマと化し、チャンピオンズリーグ優勝に心血を注いでいるユヴェントス。
そのチャンピオンズリーグで公式戦初黒星を喫したが、公式戦連敗だけは避けたいところ。

ミランとしては0-0の時間帯を少しでも長く続けたいところだったが、立ち上がりに失点を許してしまう。
8分、左サイドのアレックス・サンドロが入れたアーリークロスを、ファーサイドのマリオ・マンジュキッチが頭で叩きつける。
リカルド・ロドリゲスとのギャップを狙われた打点の高いヘディングはGKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なく、ユヴェントスがあっさりと先制した。

11分には、クリスティアーノ・ロナウドの左クロスに再びマンジュキッチが飛び込むも、今度はアレッシオ・ロマニョーリが競り勝ってCKへと逃れる。

その後も両サイドから厚みのある攻撃を仕掛け、ミランゴールへと迫るユヴェントス。
反撃に出たいミランだが、ユヴェントスの素早い攻守の切り替えと高い位置からのプレッシングによってミスが多く、古巣対決に燃えるゴンサロ・イグアインまでほとんどボールを運ぶことができない。

それでも38分、右サイドをドリブルで持ち上がったスソのパスを、ゴール前で受けたのはイグアイン。
ここは対峙したメディ・ベナティアがブロックしたかに見えたが、イグアインが手で防がれたと猛抗議すると、VARの結果、ミランにPKが与えられる。
これをイグアインがゴール左へと狙うが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触り、左のポストを叩いて外れる。

同点に追いつく絶好機を逸したミランが1点ビハインドのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的な入り方を見せたミランに対し、
ユヴェントスは焦らずどっしりと構えてこれを受け切り、前半同様に自分たちのペースに持ち込んでいく。

流れを変えたいミランは62分、サムエル・カスティジェホに代えてパトリック・クトローネを投入。66分にはカウンターからイグアインがチャンスを得るも、折り返しはベナティアがブロック。
72分にも、高い位置でボールを奪ってミランがチャンスを得るも、イグアインのトラップ際をベナティアが狙ってボール奪取し、ピンチの芽を摘み取る。

追加点を奪いに行くか、このまま逃げ切るか。判断を迫られる時間帯を迎え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は74分、ミラレム・ピャニッチを下げてサミ・ケディラを投入する。
同時に、ミランはハカン・チャルハノール、イニャツィオ・アバーテに代えてディエゴ・ラクサールとファビオ・ボリーニを投入し、交代枠を使い切る。

ユヴェントスは79分にパウロ・ディバラを下げてドウグラス・コスタを投入。追加点を奪いに行く姿勢を見せる。
すると迎えた81分、ラクサールのクリアを拾ったジョアン・カンセロがドリブルで切り込みペナルティーエリア内右からシュート。
これはGKドンナルンマがはじいたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで待望の追加点をゲットする。

これで苦しくなったミランだが、84分にさらに追い打ちをかけるような出来事が起こる。
ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示されたイグアインが、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。
すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。C・ロナウドをはじめとしたかつてのチームメイトにも怒りを抑えられず、最後は目を潤ませてピッチを後にした。

エースを失い、10人となったミランにユヴェントスからゴールを奪う力は残されておらず、時間を使って試合を終わらせたユヴェントスが勝ち点3を手にした。

■試合結果

ミラン 0-2 ユヴェントス

■得点者

ユヴェントス:マンジュキッチ(8分)、C・ロナウド(81分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000031-goal-socc
11/12(月) 6:26配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163365.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking
得点ランキング

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=1zE0-_v6mSQ
https://www.youtube.com/watch?v=f5GoR_b5eJ0
Ronaldo Scores Juventus 100th Goal At San Siro | Milan 0-2 Juventus | Top Moment | Serie A


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541981906
続きを読む

【サッカー】ミラン・ガットゥーゾ監督が解任危機「責任は私に」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/10/26(金) 18:14:13.48 ID:CAP_USER9.net

ACミランのガットゥーゾ監督は解任される危機にあることを自覚しているようだ。

欧州リーグ1次リーグでミランは25日、ホームでベティスに1-2で敗戦。26日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、同監督は「これまでで最もひどい試合の1つだった」と落胆。セリエAでも21日に宿敵インテルに0-1で敗れ、現在12位と低迷している。ガットゥーゾ監督は「私たちはコンパスを失ってしまっていた。責任は私にある。なんとか解決策を見いださなければならない。私の解任危機? それは当然のことだ」と答えたという。

一方、スポーツ・ディレクターのレオナルド氏はガットゥーゾ監督の解任の可能性があることを否定した。

しかし、同紙は28日のサンプドリア戦が決め手となるかもしれないと報じた。ガットゥーゾ監督の後任候補としてロベルト・ドナドニ氏、アントニオ・コンテ氏の名を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00373623-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540545253
続きを読む

【サッカー】バカヨコ、ミランへのレンタル打ち切り? チェルシー復帰の可能性浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/10/16(火) 11:45:48.18 ID:CAP_USER9.net

10/16(火) 11:43配信
バカヨコ、ミランへのレンタル打ち切り? チェルシー復帰の可能性浮上

 ミランへレンタル移籍で加入しているMFティエムエ・バカヨコが、所属元のチェルシーへ復帰する可能性が浮上しているようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の報道を引用しつつ、イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に伝えている。

 バカヨコは今年8月、ミランへのレンタル移籍加入が決定。移籍期間は1年間で、完全移籍へ移行する買い取りオプションも契約に盛り込まれている。『スカイスポーツ』によれば、買い取りオプション行使時には移籍金3556万ポンド(約50億3000万円)が発生するとのことだった。

 しかし、バカヨコは初挑戦のセリエAで苦戦。第8節終了時点で4試合に途中出場するにとどまり、プレータイムはわずか105分となっている。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の信頼を得られず、指揮官はバカヨコよりも経験のある選手を求めているとも報じられている。

 バカヨコは1994年生まれの24歳。レンヌの下部組織出身で、2013年夏にトップチームへ昇格した。翌2014年夏、モナコに加入。昨年夏に移籍金4000万ポンド(約56億6000万円)でチェルシーへ加入し、公式戦43試合に出場して3得点を記録した。

 今回の報道によると、バカヨコは来年1月の移籍市場でチェルシーに復帰する可能性があるという。ミランでの挑戦は不本意な形で終幕となるのか、挽回することができるのか。今後のパフォーマンスに注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00848137-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181016-00848137-soccerk-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539657948
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ