伊野波

【サッカー】<元日本代表DF伊野波雅彦>投資トラブルの法廷闘争には新展開!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 01:25:15.47 ID:p1IPy3W79.net

サッカーのJ1神戸は17日、元日本代表DF伊野波(33)の退団を発表した。神戸は伊野波について「契約満了に伴い、2019シーズンの契約を更新しないことが決まりました」と報告。
伊野波は「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」と短い談話を出した。

2014年W杯ブラジル大会日本代表DFでもあった伊野波は実業家X氏とともに、08年の北京五輪代表MF梶山陽平氏(33=現J1FC東京普及部コーチ)と一般男性の2人から東京地裁へ民事提訴され、
係争中であることが昨年12月14日発行の本紙報道で明らかになった。

梶山氏と一般男性は、X氏が運用する投資を伊野波から勧められて始めたが全額を消失したとして、梶山氏は2750万円、
一般男性は9350万円の支払いを伊野波とX氏に求めた訴訟が昨年12月4日から始まっていた。元代表DFが五輪代表MFに訴えられる前代未聞の法廷バトルだ。

神戸の新シーズンの始動日である17日に伊野波の契約満了が発表され、ネット上は「このタイミングで退団って」「投資トラブルが要因かな」などとざわついた。
伊野波の退団と投資トラブルの関連性は不明だが、コンプライアンスに厳しいご時世だけに、神戸が問題視した可能性はある。

この裁判では動きがあった。関係者への取材を総合すると、梶山氏は提訴を取り下げ、一般男性のみが伊野波、X氏と係争中の構図になったという。もともと訴訟の提起を主導したのは、
梶山氏ではなく被害額が大きかった一般男性だったとされる。昨年12月の本紙報道で投資トラブルが明るみに出て、驚いた梶山氏は“伊野波もX氏に利用された面はある”と翻意して原告から降りたと考えられる。

とはいえ、伊野波が抱える裁判はまだ続く。投資トラブルの代償は小さくなかった。

1/18(金) 16:51配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000040-tospoweb-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190118-00000040-tospoweb-000-view.jpg

【サッカー】<ヴィッセル神戸>元日本代表DF伊野波雅彦と契約しないことを発表!昨季はリーグ戦10試合に出場
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547697270/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547828715
続きを読む

【サッカー】<ヴィッセル神戸>元日本代表DF伊野波雅彦と契約しないことを発表!昨季はリーグ戦10試合に出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/17(木) 12:54:30.71 ID:2MI8h/AG9.net

ヴィッセル神戸は17日、元日本代表DF伊野波雅彦と2019シーズンの契約を更新しないことを発表した。

伊野波は宮崎県出身の33歳。2006年に阪南大学からFC東京に加入すると、鹿島アントラーズ、ハイデュク・スプリト(クロアチア)、ジュビロ磐田を経て、2016年に神戸に加入した。2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは10試合に出場。日本代表としては21試合に出場して1得点を記録している。

伊野波は神戸を通じて「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」とコメントを残した。

1/17(木) 11:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010002-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547697270
続きを読む

【サッカー】 元日本代表・伊野波雅彦が元Jリーガー・梶山陽平に訴えられた前代未聞の投資トラブル・・・「2500万円損害」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2018/12/14(金) 17:00:49.55 ID:CAP_USER9.net

法廷で“キックオフ”の笛が鳴った――。

2014年のサッカーW杯ブラジル大会・日本代表DF伊野波雅彦(33=J1神戸)が、
08年の北京五輪代表MF梶山陽平(33)に民事提訴されていたことが本紙の取材で分かった。

実業家X氏が運用する投資を伊野波から「月利7%の配当をする」などと勧められて始めたが、
計2500万円を失ったとして梶山は提訴。

他にも被害者がおり、被告となった伊野波は、X氏とともにその損害賠償を請求されたのだ。
元日本代表が元Jリーガーに訴えられた前代未聞の投資トラブルを詳報する。

伊野波は、FW本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)、FW香川真司(29=ドルトムント)らとともに
「史上最強」とされた14年W杯日本代表のメンバーだった。

所属の神戸では今季のリーグ戦終盤からアンカーに起用され、話題を席巻した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、
元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)の2大スターを後方から支えた。

一方、梶山はフル代表に呼ばれなかったものの、08年北京五輪ではメンバーだった本田、香川を差し置いて背番号10を託された“天才MF”。
だが、FC東京からJ2新潟にレンタル移籍した今季限りで現役を引退した。2人は同い年で、北京五輪のアジア予選メンバーで親交があった。

トラブルが起きた発端は昨年8月だった。裁判資料によると伊野波は梶山に対し、友人で実業家のX氏が運用する月利高配当をうたった投資に勧誘。
「大丈夫だから」「万が一の時は俺が保証する」と説得したという。

勧めに乗った梶山は同月から出資を開始し、今年1月までの間、X氏に複数回にわたって計2500万円をつぎ込んだ。
リーグ戦の最中だったが、伊野波は試合や練習に支障のないよう合間を縫い、梶山の出資の立会人を務めたという。

一方で伊野波は昨年6~9月、友人の一般男性も同じように勧誘。
「自分もある程度の額を(X氏に)預けている」「梶山も(X氏を通して)運用している」と勧めたという。

一般男性は今年3月までの間、複数回にわたり、X氏になんと総額8500万円を投じたという。ここでも伊野波は立会人を務めていた。

投資後、一時的に梶山と一般男性への配当はあったが、今年6月以降、配当が停止する。X氏が出資金を全額溶かしてしまった可能性がある。
それを受け、伊野波は6月、梶山に「元本は必ず(X氏から)返させる」と伝え、X氏に対応を迫った。

ところが、伊野波は7月、X氏から「投資リスクが顕在化して配当できない」と主張され、
梶山と一般男性への返金には「応じない」と通達される。焦りまくった伊野波はX氏を「無責任すぎる」と追及したものの、その後はX氏と音信不通になった。

事態は改善しないまま、伊野波はX氏とともに、梶山と一般男性から東京地裁に民事提訴され、損害賠償を請求された。

被告である伊野波とX氏は、原告の梶山から2750万円、もう1人の原告の一般男性から9350万円の支払いを突き付けられた。
総額1億2100万円の巨額訴訟だ。

第1回口頭弁論は今月4日、東京地裁で開かれた。伊野波、梶山はともに欠席。伊野波とX氏は原告の請求棄却を求め、争う構えを示した。

伊野波の代理人弁護士は本紙に「X氏に対する債権回収に巻き込まれた不当な訴訟であり、法的責任は一切なく、裁判所に請求棄却を求めています」と回答。
X氏側は裁判の中で「原告に配当してきた実績はあったが、投資運用の結果として利益を生み出せず、配当がかなわなくなった。
投資リスクが顕在化したにすぎない以上、法的責任を負担するいわれはない」(弁護士)と主張している。

原告の梶山の代理人弁護士は「係争中なのでお答えできません」と回答した。

梶山側は、X氏の運用実態を疑問視しているようだ。これが事実であれば、いかがわしい投資に伊野波は“加担”してしまい、梶山も安易に乗ってしまった形だ。
X氏がうたっていた月利は7~10%といい、あり得ない高配当。ウマい話にはウラがある――と考えれば巨額のカネを突っ込むことはないはずだが…。
構図としては伊野波はX氏に“広告塔”のように利用されたとも考えられる。

次回期日は来月24日、弁論準備手続きが行われる。(一部敬称略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000029-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544774449
続きを読む

【サッカー】元日本代表DF伊野波、神戸復帰「サッカーを辞めることを考えたことも」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/09(火) 16:57:02.57 ID:CAP_USER*.net

J1神戸は9日、昨シーズン限りで磐田を退団した元日本代表のDF伊野波雅彦(30)が4年ぶりに復帰することを発表した。

 伊野波はクラブを通じ「この度、再びヴィッセル神戸でお世話になることになりました」と復帰を報告すると、
続けて「昨年、シーズン終了と同時にジュビロ磐田から戦力外通告を受け、国内外の様々なチームと
移籍の交渉を進めてきました。この間、考える期間が長かったため、このままサッカーを辞めることを考えたこともありました」
と引退を考えていたことも明かした。

 神戸が、2012年にJ2に降格するタイミングでチームを離れていたことに触れ、「色々な思いを巡らす中で、
常に頭の中に神戸でやり残してきた思いがありました。神戸では何も成し遂げられなかったと思っていました」と
当時を振り返り、「今回、色々な方の尽力により、再びヴィッセル神戸でプレー出来るチャンスをいただき、
J1の舞台で戦う環境をいただきました。本当に感謝しております。
2016シーズン、全身全霊でチームのため、神戸のために、全てをかけてプレーしたいと思います」と活躍を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000537-sanspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455004622
続きを読む

【サッカー】伊野波退団 今季32試合、来季J1磐田と契約せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2015/11/27(金) 11:41:58.29 ID:CAP_USER*.net

 来季J1に昇格する磐田DF伊野波雅彦(30)が契約満了で退団することが26日、分かった。

 13年に神戸から加入し、今季は守備の要として32試合に出場。2-1で勝利した最終節の大分戦では
先制点を挙げたが、期限に伴い、来季の契約を結ばないことになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000022-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448592118
続きを読む

【サッカー】伊野波 今季32試合出場も磐田退団が決定的に…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/11/27(金) 07:14:57.82 ID:CAP_USER*.net

元日本代表DF伊野波雅彦(30)がJ2磐田を退団することが決定的となった。

FC東京、鹿島、ハイデュク・スプリト(クロアチア)を経て13年に神戸から完全移籍で加入。
3年契約の最終年だった今季は、センターバックの主力として32試合に出場、
J1昇格を決めた23日の最終節・大分戦では今季初得点となる先制弾を決めていた。
J1通算191試合4得点、J2通算57試合2得点。
日本代表としては国際Aマッチ21試合1得点で、昨季のW杯ブラジル大会では代表メンバー23人に選出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000067-spnannex-socc
スポニチアネックス 11月27日(金)7時6分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000067-spnannex-socc.view-000
J2磐田を退団することが決定的となった元日本代表DF伊野波


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448576097
続きを読む

【サッカー/日本代表】伊野波雅彦「守備を心配している人を見返したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:そまのほ ★@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:26:03.67 ID:???0.net

J2からブラジルへ 伊野波雅彦「守備を心配している人を見返したい」

http://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/140000/139509/news_139509_1.jpg


 日本代表のブラジルW杯メンバーにJ2から唯一の選出となったDF伊野波雅彦(磐田)。A代表デビューを飾った2011年1月のアジア杯以降、
国際Aマッチ出場数こそ20試合と多くないが、センターバックとサイドバックをこなし、3バックにも対応できるユーティリティー性は
アルベルト・ザッケローニ監督からも高く評価されている。自身初のW杯を直前に控え、
どんな心境で、どんな決意を胸に秘めているのか――。

―まずW杯メンバーに選ばれた率直な感想をお願いします。
「ザッケローニ監督になって、東アジア杯以外はずっと代表に呼んでもらっていましたが、(W杯メンバーに)入れるかどうかは
分かりませんでした。ただ、もし落ちたとしても悔いはなかったですし、それまで経験させてもらったことに感謝しています。
ですので、発表のときは意外と冷静というか、落ち着いていました」

―名前を呼ばれた瞬間はどんな気持ちでしたか?
「うれしかったですけど、それと同時に、これまで一緒にやってきた選手もいますし、一緒にやってきたチームメイトもいます。
彼らの分までがんばらないといけない、結果を残さないといけない。そういう使命を果たさなければいけないという気持ちになりました」

―どういう状況でメンバー入りを知ったんですか?
「家にいたんですが、僕はテレビを見ていなくて、妻がテレビで見ていました。北京オリンピックのときも見ていなかったですし、
(メンバーが)出てからでいいかなと」

―奥さんから聞いて知ったということですか?
「そうですね。携帯が鳴り始めて、これは入ったなと」

―ご家族も含めて周りの反応というのはいかがでしたか?
「W杯はやっぱりすごいんだなと。今までアジア杯やコンフェデなど、いろんな大会に出ましたが、
W杯はまた別物なんだなと思いました。それは携帯が鳴り始めたときに感じました」

―大久保選手は1000通ぐらいメールが来たそうですが、同じような感じでしたか?
「2日間ぐらい止まらなかったですね」

―一方でチームメイトの前田選手や駒野選手は残念ながら選ばれませんでした。
「今までどおり、何事もなかったように接してもらっていて、もちろん悔しい思いはあるはずですが、そういう様子を見せずにというか、
そういう状況をつくってくれています。細貝萌とも代表でずっと一緒にやってきて、僕と同じようにずっと最初から呼ばれていた選手でした。
彼と一緒に行けないのは本当に残念ですが、彼の分までがんばりたいという気持ちです。(細貝とは)一緒にいることも多かったですし、
お互い試合に出られないことも多かったんですが、その中でアジア杯では2人とも同じような感じで点も取りました。
4年間ずっと一緒にやってきたので、彼の思いは絶対に一緒に乗っけてブラジルに行かないといけないと思っています」

―監督からは自分のどういうところが評価されていると感じていますか?
「センターバック、サイドバック、3バックになったときと、3つのポジションを果たせるというのもありますし、
その中でスピードやビルドアップ、1対1の対応という部分ですかね。
とにかくスピードが一番重要なところで、そこを重要視して選んでもらっているのかなと思っています」

―ザッケローニ監督の戦術はかなり緻密なイメージがあります。
「本当に細かいですね。例えばDFラインだったら、相手がどういう体勢で、どこにボールがあるかという状況に応じて、
体の向きやポジショニングも1m単位で指示されます。ここにボールがあって、
こういう状況のときは1m下がる、このときは3m下がる。何mという感じで言われています」

(ソース抜粋)
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?139509-139509-fl

2 名前:そまのほ ★@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:26:12.61 ID:???0.net

―一番最初に指導を受けたときは衝撃的でしたか?
「日本人はどうしても言われたことを聞いてしまって、それにとらわれ過ぎて、型にハマりすぎる面もあります。
それで苦労した部分はありましたし、メディアからもそう言われていた時期もありました。
今までだったらそれで終わっていたかもしれないですが、選手で話したりして、それだけにとらわれずにやろうという雰囲気が
2年目ぐらいから出てきました。セルビアやベラルーシに負けたときも、ハセさん(長谷部誠)が指揮を執ってミーティングで
自分たちのイメージを共有して、それを監督にも伝えました。めちゃくちゃ細かいですけど、自分たちの意見も共有してくれる感じですね」

―プラスアルファができてきていると?
「できているし、それを飲んでくれる監督でもありますね」

―W杯についてはどんなイメージを持っていますか?
「今までは夢というか、たどり着いて満足してしまうような状況だったんですが、やっぱりそこに行ってからが勝負だと思いますし、
そこで結果を残すことが日本代表にも求められている時代だと思います。
本当に大きな大会ですが、そこで結果を残さないといけないと思っています」

―気になるチームや選手はいますか?
「僕はクロアチアに行っていたので、そこで一緒にやっていた選手は気になりますね。今、モナコにいるGKのダニエル・スバシッチとは
すごく仲良くしていたというのもありますし、クロアチア代表には僕のいたハイドゥク・スプリトから3人ぐらい、
友達も含めたら4、5人入っています。ちょっと厳しいグループですけど(編集部注:ブラジル、メキシコ、カメルーンと同じA組)、
自分がやっていたリーグでもあるので、知っている選手もいますし、気になりますね」

―W杯への意気込みと個人的な目標をお願いします。
「ここ数年、日本のサッカーに対する周りの見る目も変わってきたと思いますし、結果を求める時代になったと思います。
結果を残さないと何も始まらないと思いますし、まずはそこですね。結果を残すことが一番の目的で、個人的には試合に出て、
しっかり結果を残す。ピッチに立って仕事をするということですね。みんなも言ってますが、ベスト8以上は行きたいと思っています」

―個人的に結果を出すというのは?
「どういう状況でも、どういう環境でも、しっかり対応して、そこで結果を残す。失点を減らすということですね。
今、守備面を心配されている人もいると思うんですけど、そういう人を見返すというか、驚かせられるようなプレーができればいいかな
と思っています」


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400934363
続きを読む

【サッカー】日本代表DF伊野波 児童160人から「イノハ、イノハ、カメハメハー」とジェスチャー付きのエールを受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/:2014/05/16(金) 18:28:27.60 ID:???i.net

伊野波に「カメハメハ~!」小学校訪問、子供からパワー

 日本代表DF伊野波が子供たちからW杯へのパワーをもらった。15日午前中のトレーニングを終えると、午後からチームの行事で磐田市の豊浜小を訪問。

 全校児童160人から「イノハ、イノハ、カメハメハー」とジェスチャー付きのエールを受け、
「みんなでテレビを見て応援してください」と笑顔で返した。その後は磐田市役所と浜松市役所を表敬訪問。自ら車を運転しながら駆け巡り、
“代表特需”に沸く多忙な一日を過ごした。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/05/16/kiji/K20140516008169730.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400232507
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ