伊野波

【サッカー】元日本代表DF伊野波、神戸復帰「サッカーを辞めることを考えたことも」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/09(火) 16:57:02.57 ID:CAP_USER*.net

J1神戸は9日、昨シーズン限りで磐田を退団した元日本代表のDF伊野波雅彦(30)が4年ぶりに復帰することを発表した。

 伊野波はクラブを通じ「この度、再びヴィッセル神戸でお世話になることになりました」と復帰を報告すると、
続けて「昨年、シーズン終了と同時にジュビロ磐田から戦力外通告を受け、国内外の様々なチームと
移籍の交渉を進めてきました。この間、考える期間が長かったため、このままサッカーを辞めることを考えたこともありました」
と引退を考えていたことも明かした。

 神戸が、2012年にJ2に降格するタイミングでチームを離れていたことに触れ、「色々な思いを巡らす中で、
常に頭の中に神戸でやり残してきた思いがありました。神戸では何も成し遂げられなかったと思っていました」と
当時を振り返り、「今回、色々な方の尽力により、再びヴィッセル神戸でプレー出来るチャンスをいただき、
J1の舞台で戦う環境をいただきました。本当に感謝しております。
2016シーズン、全身全霊でチームのため、神戸のために、全てをかけてプレーしたいと思います」と活躍を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000537-sanspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455004622
続きを読む

【サッカー】伊野波退団 今季32試合、来季J1磐田と契約せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2015/11/27(金) 11:41:58.29 ID:CAP_USER*.net

 来季J1に昇格する磐田DF伊野波雅彦(30)が契約満了で退団することが26日、分かった。

 13年に神戸から加入し、今季は守備の要として32試合に出場。2-1で勝利した最終節の大分戦では
先制点を挙げたが、期限に伴い、来季の契約を結ばないことになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000022-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448592118
続きを読む

【サッカー】伊野波 今季32試合出場も磐田退団が決定的に…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/11/27(金) 07:14:57.82 ID:CAP_USER*.net

元日本代表DF伊野波雅彦(30)がJ2磐田を退団することが決定的となった。

FC東京、鹿島、ハイデュク・スプリト(クロアチア)を経て13年に神戸から完全移籍で加入。
3年契約の最終年だった今季は、センターバックの主力として32試合に出場、
J1昇格を決めた23日の最終節・大分戦では今季初得点となる先制弾を決めていた。
J1通算191試合4得点、J2通算57試合2得点。
日本代表としては国際Aマッチ21試合1得点で、昨季のW杯ブラジル大会では代表メンバー23人に選出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000067-spnannex-socc
スポニチアネックス 11月27日(金)7時6分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000067-spnannex-socc.view-000
J2磐田を退団することが決定的となった元日本代表DF伊野波


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448576097
続きを読む

【サッカー/日本代表】伊野波雅彦「守備を心配している人を見返したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:そまのほ ★@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:26:03.67 ID:???0.net

J2からブラジルへ 伊野波雅彦「守備を心配している人を見返したい」

http://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/140000/139509/news_139509_1.jpg


 日本代表のブラジルW杯メンバーにJ2から唯一の選出となったDF伊野波雅彦(磐田)。A代表デビューを飾った2011年1月のアジア杯以降、
国際Aマッチ出場数こそ20試合と多くないが、センターバックとサイドバックをこなし、3バックにも対応できるユーティリティー性は
アルベルト・ザッケローニ監督からも高く評価されている。自身初のW杯を直前に控え、
どんな心境で、どんな決意を胸に秘めているのか――。

―まずW杯メンバーに選ばれた率直な感想をお願いします。
「ザッケローニ監督になって、東アジア杯以外はずっと代表に呼んでもらっていましたが、(W杯メンバーに)入れるかどうかは
分かりませんでした。ただ、もし落ちたとしても悔いはなかったですし、それまで経験させてもらったことに感謝しています。
ですので、発表のときは意外と冷静というか、落ち着いていました」

―名前を呼ばれた瞬間はどんな気持ちでしたか?
「うれしかったですけど、それと同時に、これまで一緒にやってきた選手もいますし、一緒にやってきたチームメイトもいます。
彼らの分までがんばらないといけない、結果を残さないといけない。そういう使命を果たさなければいけないという気持ちになりました」

―どういう状況でメンバー入りを知ったんですか?
「家にいたんですが、僕はテレビを見ていなくて、妻がテレビで見ていました。北京オリンピックのときも見ていなかったですし、
(メンバーが)出てからでいいかなと」

―奥さんから聞いて知ったということですか?
「そうですね。携帯が鳴り始めて、これは入ったなと」

―ご家族も含めて周りの反応というのはいかがでしたか?
「W杯はやっぱりすごいんだなと。今までアジア杯やコンフェデなど、いろんな大会に出ましたが、
W杯はまた別物なんだなと思いました。それは携帯が鳴り始めたときに感じました」

―大久保選手は1000通ぐらいメールが来たそうですが、同じような感じでしたか?
「2日間ぐらい止まらなかったですね」

―一方でチームメイトの前田選手や駒野選手は残念ながら選ばれませんでした。
「今までどおり、何事もなかったように接してもらっていて、もちろん悔しい思いはあるはずですが、そういう様子を見せずにというか、
そういう状況をつくってくれています。細貝萌とも代表でずっと一緒にやってきて、僕と同じようにずっと最初から呼ばれていた選手でした。
彼と一緒に行けないのは本当に残念ですが、彼の分までがんばりたいという気持ちです。(細貝とは)一緒にいることも多かったですし、
お互い試合に出られないことも多かったんですが、その中でアジア杯では2人とも同じような感じで点も取りました。
4年間ずっと一緒にやってきたので、彼の思いは絶対に一緒に乗っけてブラジルに行かないといけないと思っています」

―監督からは自分のどういうところが評価されていると感じていますか?
「センターバック、サイドバック、3バックになったときと、3つのポジションを果たせるというのもありますし、
その中でスピードやビルドアップ、1対1の対応という部分ですかね。
とにかくスピードが一番重要なところで、そこを重要視して選んでもらっているのかなと思っています」

―ザッケローニ監督の戦術はかなり緻密なイメージがあります。
「本当に細かいですね。例えばDFラインだったら、相手がどういう体勢で、どこにボールがあるかという状況に応じて、
体の向きやポジショニングも1m単位で指示されます。ここにボールがあって、
こういう状況のときは1m下がる、このときは3m下がる。何mという感じで言われています」

(ソース抜粋)
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?139509-139509-fl

2 名前:そまのほ ★@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:26:12.61 ID:???0.net

―一番最初に指導を受けたときは衝撃的でしたか?
「日本人はどうしても言われたことを聞いてしまって、それにとらわれ過ぎて、型にハマりすぎる面もあります。
それで苦労した部分はありましたし、メディアからもそう言われていた時期もありました。
今までだったらそれで終わっていたかもしれないですが、選手で話したりして、それだけにとらわれずにやろうという雰囲気が
2年目ぐらいから出てきました。セルビアやベラルーシに負けたときも、ハセさん(長谷部誠)が指揮を執ってミーティングで
自分たちのイメージを共有して、それを監督にも伝えました。めちゃくちゃ細かいですけど、自分たちの意見も共有してくれる感じですね」

―プラスアルファができてきていると?
「できているし、それを飲んでくれる監督でもありますね」

―W杯についてはどんなイメージを持っていますか?
「今までは夢というか、たどり着いて満足してしまうような状況だったんですが、やっぱりそこに行ってからが勝負だと思いますし、
そこで結果を残すことが日本代表にも求められている時代だと思います。
本当に大きな大会ですが、そこで結果を残さないといけないと思っています」

―気になるチームや選手はいますか?
「僕はクロアチアに行っていたので、そこで一緒にやっていた選手は気になりますね。今、モナコにいるGKのダニエル・スバシッチとは
すごく仲良くしていたというのもありますし、クロアチア代表には僕のいたハイドゥク・スプリトから3人ぐらい、
友達も含めたら4、5人入っています。ちょっと厳しいグループですけど(編集部注:ブラジル、メキシコ、カメルーンと同じA組)、
自分がやっていたリーグでもあるので、知っている選手もいますし、気になりますね」

―W杯への意気込みと個人的な目標をお願いします。
「ここ数年、日本のサッカーに対する周りの見る目も変わってきたと思いますし、結果を求める時代になったと思います。
結果を残さないと何も始まらないと思いますし、まずはそこですね。結果を残すことが一番の目的で、個人的には試合に出て、
しっかり結果を残す。ピッチに立って仕事をするということですね。みんなも言ってますが、ベスト8以上は行きたいと思っています」

―個人的に結果を出すというのは?
「どういう状況でも、どういう環境でも、しっかり対応して、そこで結果を残す。失点を減らすということですね。
今、守備面を心配されている人もいると思うんですけど、そういう人を見返すというか、驚かせられるようなプレーができればいいかな
と思っています」


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400934363
続きを読む

【サッカー】日本代表DF伊野波 児童160人から「イノハ、イノハ、カメハメハー」とジェスチャー付きのエールを受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★@\(^o^)/:2014/05/16(金) 18:28:27.60 ID:???i.net

伊野波に「カメハメハ~!」小学校訪問、子供からパワー

 日本代表DF伊野波が子供たちからW杯へのパワーをもらった。15日午前中のトレーニングを終えると、午後からチームの行事で磐田市の豊浜小を訪問。

 全校児童160人から「イノハ、イノハ、カメハメハー」とジェスチャー付きのエールを受け、
「みんなでテレビを見て応援してください」と笑顔で返した。その後は磐田市役所と浜松市役所を表敬訪問。自ら車を運転しながら駆け巡り、
“代表特需”に沸く多忙な一日を過ごした。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/05/16/kiji/K20140516008169730.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400232507
続きを読む

【サッカー/代表】どよめきが起こったのは大小4回 「青山、伊野波、大久保、齋藤」 最後の「ェオザコ」で奇妙な間が生まれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

理にかなった「サプライズ」日本代表の23名を考察する
スポーツナビ 5/13 11:10

2002年大会より「4年に一度の国民的行事」となった感のあるこのイベント。
今回も300人収容できる会場に、
400人弱の報道関係者が詰めかけていた。それだけ人数がいるので、意外な名前が読み上げられると、およそ400人分のどよめきが起こる。
今回は大小含めて4回のどよめきと1回の奇妙な間(ま)が生まれた。

 まず5人目の「イノハ」で小さなどよめき、14人目の「アオヤマ」で中くらいのどよめき、
そして16人目の「オオクボ」で最も大きなどよめき、そして22人目の「サイトウ」で再び中くらいのどよめき、

そして最後の「ェオザコ」で記者たちの頭上にいくつもの「?」マークが浮かんだ。

すかさず矢野大輔通訳が「大迫(勇也)です」とフォロー。23名全員の名前が確認できた直後、「あれ、細貝(萌)は?」という声が聞こえた。

http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201405130001-spnavi

【サッカー】ジュビロ磐田“草刈り場危機”…主力去就不透明 前田「今は何もわからない」伊野波「それはすべてが終わってから」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:大梃子φ ★:2013/11/11(月) 12:32:11.63 ID:???0

磐田“草刈り場危機”…主力去就不透明
「J1、鳥栖1-0磐田」(10日、ベアスタ)

 J2降格で、磐田が“草刈り場”となる可能性が出てきた。高比良慶朗社長は
「主力選手の多くは残ってくれると思うし、そういう情報は得ている」と楽観視するが、
来季はW杯イヤーだけに、その去就は不透明だ。

 FW前田が「今は何もわからない」と話せば、
DF駒野は「残り3試合をしっかり戦うことを考えている」。
DF伊野波も「それはすべてが終わってから」と語るなど、
去就についてはそれぞれ言葉を濁した。
さらにはFW金園、MF山田といった若手に関心を示すJクラブも多い。

 今季末までの契約である関塚監督についても、同社長は
「残り全勝しようという話をしていたので、全く考えていない。
これからの話になる」と語った。

http://www.daily.co.jp/soccer/2013/11/11/0006487611.shtml
http://www.daily.co.jp/soccer/2013/11/11/1p_0006487611.shtml
関連スレッド
【サッカー】名門ジュビロ磐田が20季目で初降格 生え抜き一掃からクラブ崩壊
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384124875/
【サッカー】1年でのJ1復帰を誓ったジュビロ磐田 高比良社長「主力選手は残ってくれる」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384125263/
【サッカー】大宮アルディージャ、来季の監督候補に磐田・関塚氏をリストアップ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384130343/


引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384140731
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ