宇佐美

【サッカー】デュッセルドルフ、逆転で2部リーグ優勝達成!宇佐美貴史が反撃の狼煙あげる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/05/14(月) 00:27:16.49 ID:CAP_USER9.net

 ブンデスリーガ2部最終節が行われ、宇佐美貴史と原口元気が所属するデュッセルドルフとニュルンベルクが対戦した。

 リーグ戦1位ニュルンベルクと2位デュッセルドルフの直接対決となり、勝ったほうが優勝となる一戦で、宇佐美と原口は先発出場した。

 開始早々に先制点を奪われると13分、自陣左サイドを深い位置まで押し込まれ、中央にクロスを送られる。マークを外したティム・レイボルドに合わせられ、早くも2点のリードを奪われた。

 しかし、宇佐美が反撃の狼煙をあげる。37分、左サイドでボールを持ったニコ・ギーセルマンが中央へクロスを上げると、相手のマークを外した宇佐美がヘディングでファーサイドに流し込み、点差を縮めた。

 さらに60分、敵陣ペナルティエリア外中央でボールを奪ったギーセルマンが思い切って左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まって、スコアをタイに戻した。

 そして後半アディショナルタイム2分、左サイドからクロスが上がると、カーン・アイハンがヘディングで流し込み逆転に成功。試合はこのまま終了し、デュッセルドルフがリーグ優勝を達成した。原口は75分に途中交代、宇佐美はフル出場を果たした。

【スコア】
ニュルンベルク 2-3 デュッセルドルフ

【得点者】
1-0 6分 ゲオルク・マルクライター(ニュルンベルク)
2-0 13分 ティム・レイボルド(ニュルンベルク)
2-1 37分 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
2-2 60分 ニコ・ギーセルマン(デュッセルドルフ)
2-3 90+2分 カーン・アイハン(デュッセルドルフ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00757498-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526225236
続きを読む

【サッカー】<欧州視察でわかったサッカー日本代表・西野監督の構想…> 本田、宇佐美当確 香川はけがの影響で落選か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/09(水) 17:46:53.94 ID:CAP_USER9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180509-00000021-ykf-000-1-view.jpg


サッカー日本代表の西野朗監督(63)が8日午後、12日間に及ぶ欧州視察から帰国。W杯ロシア大会(6月14日開幕)直前の指揮官交代で、誰が笑い、誰が泣くことになるのか。

若手ではFW宇佐美貴史(25)=デュッセルドルフ、MF井手口陽介=(21)=レオネサ=がW杯メンバー入りへ急浮上している。

一方“ビッグ3”では、FW本田圭佑(31)=パチューカ=が当確。FW岡崎慎司(32)=レスター=の代表復帰も有力だが、MF香川真司(29)=ドルトムント=は崖っぷちに追い込まれ、明暗を分けている。

 4月27日に日本を発ち、ゴールデンウイーク返上で欧州組視察行脚を敢行した西野監督。8日の帰国後、14日はW杯ロシア大会の予備登録(35人)の提出期限。18日にはW杯前国内最終戦のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(30日=日産ス)のメンバー発表を行わなければならず、休んでいる暇はない。

 指揮官は「どの選手もコンディショニングが大事」と強調。その点、西野戦術の核になるとみられる本田は申し分ない。好調のままメキシコリーグ全日程を終え、3日に帰国。コンディショニングなどを担当する複数の専属コーチのもと、国内で調整を進めている。

 岡崎とは欧州視察中に面談し、現在抱えている左足首痛が重症でないことを確認した。

 大きな期待をかけていることがうかがえるのは、ドイツ・ブンデスリーガ2部でプレーする宇佐美である。もともとG大阪監督時代に手塩にかけた“西野チルドレン”で、6日にホームのキール戦を視察。「守備の意識も高くなった」と評価し、日本代表スタッフには「貴史(宇佐美)はトップ下でも使える」と漏らしているという。

 井手口に対する評価も高い。スペイン2部のチームでほとんど出番がなく、事実上の飼い殺し状態。G大阪出身といっても、西野監督退任後の2014年にトップチームに昇格しており直接指導を受けたことはない。それでも西野監督が予定を変更してわざわざ練習を見に行ったところに、並々ならぬ思い入れをうかがわせる。

 対照的に、一気に土俵際に追い込まれたのは香川だ。2月に左足首を負傷したのをきっかけに、出場機会が激減。本人は代表入りを逃した3月のベルギー遠征をわざわざドイツから見学に出かけ、W杯出場に意欲を示したが、ハリルホジッチ監督(当時)との面会はかなわず。

西野監督は視察行脚中に香川と面談し、ハリルホジッチ電撃解任の経緯だけは説明したが、本人のコンディションは悪化の一途。ポジションも本田、宇佐美とかぶるだけに、厳しい状況といえる。

 仮に香川が代表から外れた場合、背番号4を付けてきた本田に念願のエースナンバー「10」が転がり込む可能性もある。

 ハリル前監督に引き立てられたFW久保裕也(24)=ヘント、前線への長い縦パスを多用するハリル戦術のキーマンだったMF山口蛍(27)=C大阪=も、その座を危ぶまれている。
 
ハリルジャパンに何度か招集されたMF乾貴士(29)は、今季限りでスペイン1部・エイバルを退団する意向を表明。競争率の高いトップ下タイプだけに、こちらも厳しい立場だ。

 W杯ロシア大会の最終メンバー23人の発表は、ガーナ戦翌日の31日。西野ジャパンの参謀役で、東京五輪代表監督も務める森保一コーチ(49)は「みなさん(報道陣)はサプライズ選出を期待すると思いますが、まずは普通にコンディションのいい選手を報告するようにしています」とした上で、「最後は西野さんのフィーリングで選ぶことになると思います」と断言した。

 西野監督は本田を軸に、宇佐美&井手口の“ガンバ人脈”を絡ませることによって、自分のフィーリングを示すことになりそうだ。

夕刊フジ 5/9(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000021-ykf-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525855613
続きを読む

【サッカー】<西野監督>“教え子”宇佐美貴史のトップ下起用検討!原口原因も評価「相変わらず活発」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/05/07(月) 13:07:12.47 ID:CAP_USER9.net

日本代表の西野朗監督は6日、FW宇佐美貴史とFW原口元気が所属するデュッセルドルフの試合を視察した。原口は左サイドで先発し86分までプレー。右サイドで先発した宇佐美は68分からトップ下でもプレーしフル出場した。西野監督は試合後、両選手と約1時間の会談を行った。

 ブンデスリーガ2部で首位のデュッセルドルフは、ホームで行われた第33節で3位のキールと対戦し、1-1で引き分けた。前節すでに1部昇格を決めたデュッセルドルフは今節で優勝の可能性もあったが、勝ち点1獲得にとどまり2位に後退。優勝の行方は、得失点差で首位に浮上したニュルンベルクとの最終節・直接対決に持ち越しとなった。

 西野監督は試合について「上位対決でもあったし、優勝もかかっているゲームで、雰囲気も良かった」とコメント。日本人選手2人の印象は、「ずっとスタートでやっているだけあって、チームにも信頼感を持たれている。元気は相変わらず活発ですし、貴史もインサイドでいけると(日本代表の)スタッフも話しているぐらい。ディフェンスもかなり意識が高くなっている」と語った。

 ガンバ大阪時代の教え子である宇佐美に関しては、「インサイドがいいのか、アウトサイドがいいのか、ポジションのことは言っています」と、トップ下などを含め、起用法を具体的に検討しているようだ。

「チームでの彼の評価はシュート力、キック、リスタート(セットプレー)。そういうことを考えれば、もっと前線に近いところのほうがいいのかなとスタッフとは話している。ガンバ時代はそういうポジションで、得点に絡む宇佐美がいたので、それは特徴だと思う。」

 西野監督は欧州視察終了後、代表候補を35名に絞り込み、予備登録メンバーとして5月14日までにFIFA(国際サッカー連盟)へ提出する。同30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦で初陣を迎え、翌日31日にW杯本戦メンバー23名を発表する見込みだ。

5/7(月) 10:29配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754088-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180507-00754088-soccerk-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525666032
続きを読む

【サッカー】<西野新監督>10日で9面談の欧州視察ツアーへ!DF吉田、FW岡崎、MF香川、浅野、宇佐美らと…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/04/26(木) 06:11:54.74 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表の西野朗新監督が25日、かねてから計画していた欧州視察の詳細を明かした。

柏-浦和戦の視察後、欧州視察について問われると「3月(遠征)に招集できなかった選手を中心にと思っている。ここにきて累積(警告による出場停止)や、負傷などもあって、細かい日程はクリアになっていないが、いろいろ微調整、微修正して選手と話をしたいと思っている」と話した。

 27日に日本を出発する10日間ほどの視察では、現状で9人の代表候補選手と会う予定。西野監督によれば「まずはイングランドに入って、そこからスペイン、ドイツへと行きたい」という行程で、まずはDF吉田(サウサンプトン)、FW岡崎(レスター)と面談。スペインでは現地4月29日のヘタフェ-ジローナ戦、クルトゥラル・レオネサ-コルドバ戦のダブルヘッダー視察の可能性にも言及。MF柴崎(ヘタフェ)、井手口(クルトゥラル・レオネサ)、FW乾(エイバル)の3人と面会をプランニングしているという。

 さらにドイツではMF香川(ドルトムント)、FW浅野(シュツットガルト)、宇佐美、原口(共にデュッセルドルフ)とも面談を希望。合計9人の海外組の名前を挙げるなど、強行軍での面談行脚に出る計画という。

4/25(水) 22:15配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000145-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524690714
続きを読む

【サッカー】原口、宇佐美が全3ゴールに絡む活躍!デュッセルドルフが優勝へ前進/ブンデスリーガ2部第31節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/04/22(日) 22:23:50.12 ID:CAP_USER9.net

■ブンデスリーガ2部第31節 デュッセルドルフ 3-0 インゴルシュタット

デュッセルドルフ:ヘニングス(6分)、ギーゼルマン(39分)、ボルムート(65分)

ブンデスリーガ2部第31節が22日に行なわれ、首位のフォルトゥナ・デュッセルドルフはインゴルシュタットと対戦した。

2部優勝目前まで来て3連敗と、足踏み状態の続くデュッセルドルフ。この日も原口元気、宇佐美貴史を両サイドに配置し、ゴールを狙う。

立ち上がり、先に結果を残したのは原口。7分、FKのトリックプレーから原口が左サイドを駆け上がってクロスを上げると、ローヴェン・ヘニングスが流し込み、ホームのデュッセルドルフが先制に成功する。

さらに39分には、今度は宇佐美のコーナーからニコ・ギーゼルマンが頭で合わせ追加点。デュッセルドルフが2点をリードして前半を終える。

後半立ち上がりには原口が抜け出し、キーパーと一対一のチャンスを迎えるが、GKの好守でゴールはならず。その後も宇佐美とのコンビネーションでカウンターの起点となり、決定機を作っていく。

すると65分には宇佐美のコーナーキックから最後はDFロビン・ボルムートが押し込み、決定的な3点目を挙げる。

その後、原口に再び決定機が訪れる。クロスにワントラップからボレーで狙うが、再びGKの好セーブでゴールは生まれず。

それでも両日本人アタッカーの活躍もあり、デュッセルドルフは3-0で快勝。リーグ戦残り3試合で首位をキープしている。なお、原口はフル出場、宇佐美は79分に途中交代した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000030-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524403430
続きを読む

【サッカー】宇佐美貴史の芸術ミドルも…原口元気も先発したデュッセルドルフは3連敗/ブンデスリーガ2部

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/04/15(日) 22:26:46.71 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ2部は14日に試合が行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはハイデンハイムと対戦した。

連敗中のなか、敵地に乗り込んだデュッセルドルフでは、原口元気・宇佐美貴史の両日本人選手が先発。原口がトップ下に、宇佐美は左サイドにポジションをとった。

開始5分、原口はミドルシュートを放つなど積極的な入りを見せる。宇佐美も18分、原口が競ったボールを受けると、得意のカットインからミドルシュート。惜しくも枠を外れたが、果敢にゴールを狙っていく。

試合を優位に進めていたデュッセルドルフだったg、22分に失点。右サイドを突破されると、クロスボールのクリアが味方に当たり、こぼれたボールを押し込まれた。前半はリードを許して折り返す。

得点がほしい後半立ち上がり、宇佐美はエリア内でボールを拾ってシュートまで持ち込むが、ここはGKに阻まれる。直後に原口がエリア外から狙ったが、ここもGKにセーブされた。

すると51分、宇佐美が待望の同点ゴールを挙げる。ゴール左手前でフリーで受けた宇佐美は、エリア外から右足で狙う。美しい軌道のボールは、ネットに吸い込まれた。宇佐美にとってこれが今季7ゴール目となっている。

しかし、リードは長く続かない。5分後には失点し、再びリードを許す。さらに78分には3失点目を喫し、差を広げられる。

結局、このまま追いつくことはできず。宇佐美のゴールも及ばず、デュッセルドルフは3連敗を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000032-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523798806
続きを読む

【サッカー】<解明すべき検証課題>なぜ宇佐美は プラチナ世代は日本代表の軸になり切れないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/28(水) 22:00:34.64 ID:CAP_USER9.net

「レアル・マドリーにも各国代表にも貴史は負けていなかった」
 
すでに中学に入学した頃から、宇佐美貴史の名前は全国区になりつつあった。ガンバ大阪の最高傑作との評判は一気に広まり、中学2年時にはU-15のキャプテンを務め、
全日本クラブユース選手権で決勝ゴールを突き刺すと、3年時にはユースに昇格。17歳でクラブ史上最年少のトップデビューを果たした。
また宇佐美が牽引する年代別日本代表は、圧倒的な攻撃の質を誇り、ライバル韓国を寄せつけなかったことから「プラチナ世代」と呼ばれるようになる。

現在東京ヴェルディで不可欠のボランチとなった内田達也は、年代別代表の主将としてU-17ワールドカップを戦ったが
「レアル・マドリーをはじめ、各国代表や有名クラブとも試合を重ねてきたが、貴史はどの試合でも負けていなかった」と述懐している。

2008年北京五輪を経験した本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、吉田麻也らが次々に海外に出て、
さらにプラチナ世代が突き上げる状況が生まれ、本来ならロシア・ワールドカップは最高潮に期待が膨らんでいるはずだった。
 
だがプラチナ世代は、天才肌の攻撃的資質が溢れる反面、もともと守備面への課題を抱えていた。
U-17日本代表を率いた池内豊監督も、攻撃的MFの高い競争率とは対照的に「少しでも守備の出来る選手がいれば、ボランチに回したい」と頭を悩ませた。

結局一貫してプラチナを牽引して来た宇佐美にしても柴崎岳にしても、そこが解消されたとは言い難い。
宇佐美はホッフェンハイム時代から、攻撃面では非凡なプレーも見せてきたが、現地ドイツでは「戦えない」とのレッテルが貼られてしまった。

日本代表でも、ハビエル・アギーレは招集しようとしなかったし、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に指摘されると途端に走行距離が急増していったから、
意識づけが遅れていたことは否めない。また柴崎も、アギーレ、ハリルホジッチ両監督ともに、日本代表でのボランチ起用は考えていない。
 
おそらく7~8年前の日本関係者の未来図には、宇佐美や柴崎が核となり、経験を重ねた香川真司らと創造的に連動する日本代表が描かれていたに違いない。
メディアが先導して若い才能を無条件で讃えたという点では、現在の久保建英への熱視線にも似ているのかもしれない。

つづく
 
3/28(水) 17:41配信 サッカーダイジェストオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00037874-sdigestw-socc&p=1

2 名前:Egg ★:2018/03/28(水) 22:00:50.58 ID:CAP_USER9.net

指揮官の最優先の選択は、攻守にハードワークが出来る原口元気か。
 
おそらく宇佐美も柴崎もロシアに行く可能性は高い。たぶんハリルホジッチ監督には、前任のアギーレが使わなかったこともあり、宇佐美は自分が発掘した選手だという思い入れもある。
だが現実に日本代表の置かれた立場は、グループリーグでも一番の大穴で、堅守速攻が基調となる。

なによりハリルホジッチ監督自身が「チャンスの数は少ない」と断言しているように、耐える時間帯が長い劣勢から少ない確率の勝利を追求していくことになる。
それでも惨敗したE-1選手権では、さすがに指揮官も「今回は清武弘嗣のように芸術的なパスを出せる選手もいなくて」と、攻撃面の質の低さにもショックを受けた様子なので、それがウクライナ戦での柴崎スタメンテストの一因だろう。
 
しかし一方で左MF(ウイング)は最激戦区で、指揮官の最優先の選択は、攻守にハードワークが出来る原口元気になる。また今回の遠征では、ポルトガルで評価を高めた中島翔哉が交代の切り札として浮上してきたし、
シーズン終盤のアピール次第では乾貴士を再招集の可能性も消えてはいない。ようやくデュッセルドルフで本来の能力を発揮し始めた宇佐美も、マリ戦ではスタメン出場し、いくつかのシーンで攻撃面での違いを見せた。

独特の視野とキックの精度は健在で、前半には久保裕也、後半にも大迫勇也の決定機を演出し、自らダイアゴナルに走り込み果敢にシュートも狙った。ただし若い中島が、デビュー戦でゴールというインパクトを残したため、
本大会で運動量の多い原口の交代を誰に託すかは微妙だ。
 
いずれにしてもロシアでの宇佐美はギャンブル用のカードになる。追う展開、あるいは劣勢な条件下での試合が出番なので、幸か不幸か、ベンチに座ったままということもない。
ただし宇佐美を筆頭に、期待を集めたプラチナ世代はロシアで軸になり切れず、その結果、今、日本サッカー界全体が停滞感に覆われている。それはやはり将来に向けて解き明かすべき重要な検証課題となるはずである。
 
取材・文●加部 究(スポーツライター)
 
写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180328-00037874-sdigestw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522242034
続きを読む

【サッカー】<ドイツ2部デュッセルドルフが乾貴志士に興味!>「無敵」宇佐美&原口コンビの活躍受け白羽の矢か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/03/30(金) 21:05:34.82 ID:CAP_USER9.net

 ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、日本代表FW宇佐美貴史とFW原口元気の活躍を受け、新たな日本人アタッカーに熱視線を送っているようだ。ドイツメディア「RPオンライン」は、エイバルのMF乾貴士に興味を持っていると報じている。

 デュッセルドルフは昨夏にアウクスブルクから宇佐美、今年1月の移籍市場ではヘルタ・ベルリンから原口を獲得した。前半戦は存在感の薄かった宇佐美も、原口加入後にまるで水を得た魚のように覚醒。直近5試合で4得点を決めて日本代表にも復帰した。記事でも「この二人の日本人は無敵だ」と、その活躍が称えられている。

 しかし、その一方で来季に向けては不安も残る。宇佐美、原口ともに期限付き移籍での加入で今季終了後にはそれぞれの所属クラブに戻ることになる。クラブとしては引き止めが最優先で選手も残留を希望しているというが、去就はまだ不透明な状況だ。

 デュッセルドルフは現在2部リーグ首位を走り、来季の1部昇格に近づいている。戦力の維持、あるいは上積みは不可欠なだけに、シーズン終了後の動きは注目される。

 そして新たに獲得候補として浮上しているのが、ブンデスリーガでプレー経験のある乾だという。

 スペインで躍動する乾にはベティス移籍の噂が浮上しているが、デュッセルドルフもかつてフランクフルトで75試合7得点16アシストを記録した実績を買って白羽の矢を立てたようだ。

 来季1部挑戦を目指すデュッセルドルフの命運は、宇佐美、原口、そして乾という3人の日本人選手の動向が鍵を握りそうだ。

3/30(金) 20:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00010017-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522411534
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ