ユベントス

【サッカー】<ユベントス>オランダの逸材DFデリフト(19を移籍金約93億7500万円で獲得! バルサ、パリSG、マンCなど“大争奪戦”を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/07/17(水) 08:58:22.55 ID:5TgYAeYJ9.net

気になる契約内容は?

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190717-00060825-sdigestw-000-16-view.jpg

現地時間7月16日、ユベントスが、アヤックスからオランダ代表DFのマタイス・デリフトの獲得を内定させた。

 ユーベは公式サイトで、同日にデリフトがトリノのカゼッレ空港に到着したことを動画付きで報告。その足でメディカルチェックに向かったことも伝えた。

 メディカルチェックで問題がなければ、晴れて正式契約となるデリフト。移籍の詳細についてまだ明からかになっていないものの、イタリア・メディア『Sky Italia』などによると、移籍金は7500万ユーロ(約93億7500万円)、年俸は750万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスとなったと報じられている。

 また、ミーノ・ライオラ代理人がこだわったとされる契約解除金は、1億5000万ユーロ(約187億5000万円)に設定されたようだ。

 19歳ながら名門アヤックスのキャプテンを担い、18-19シーズンはエールディビジ優勝とチャンピオンズ・リーグ準決勝進出に貢献したデリフトは、そのずば抜けたポテンシャルで、今夏の移籍マーケットでメガクラブ垂涎の存在となっていた。

 バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、マンチェススター・シティと、メガクラブがこぞって参戦した“大争奪戦”は、当初、バルサとパリSGがデッドヒートを繰り広げていたが、6月中旬に入ってポールポジションに立ったユーベがライオラ代理人との交渉を巧みに進め、早々に個人合意。クラブ間の話し合いにはやや時間を要したものの、最終的にアヤックス側の条件を飲む形となった。

 16日に公式SNSでデリフトは次のようにファンへ挨拶をした。

「やぁ、ビアンコネーリ。マタイスだ。ここに来られて本当に嬉しいよ」

 オランダ・サッカー界の未来を担う新鋭DFは、新シーズンから智将マウリツィオ・サッリが指揮を執るイタリアの絶対王者でいかなるパフォーマンスを見せるのか。大きな注目を浴びそうだ。

7/17(水) 6:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00060825-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563321502
続きを読む

【サッカー】<ユベントス>オランダの逸材DFデリフト(19を移籍金約93億7500万円で獲得! バルサ、パリSG、マンCなど“大争奪戦”を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/07/17(水) 08:58:22.55 ID:5TgYAeYJ9.net

気になる契約内容は?

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190717-00060825-sdigestw-000-16-view.jpg

現地時間7月16日、ユベントスが、アヤックスからオランダ代表DFのマタイス・デリフトの獲得を内定させた。

 ユーベは公式サイトで、同日にデリフトがトリノのカゼッレ空港に到着したことを動画付きで報告。その足でメディカルチェックに向かったことも伝えた。

 メディカルチェックで問題がなければ、晴れて正式契約となるデリフト。移籍の詳細についてまだ明からかになっていないものの、イタリア・メディア『Sky Italia』などによると、移籍金は7500万ユーロ(約93億7500万円)、年俸は750万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスとなったと報じられている。

 また、ミーノ・ライオラ代理人がこだわったとされる契約解除金は、1億5000万ユーロ(約187億5000万円)に設定されたようだ。

 19歳ながら名門アヤックスのキャプテンを担い、18-19シーズンはエールディビジ優勝とチャンピオンズ・リーグ準決勝進出に貢献したデリフトは、そのずば抜けたポテンシャルで、今夏の移籍マーケットでメガクラブ垂涎の存在となっていた。

 バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、マンチェススター・シティと、メガクラブがこぞって参戦した“大争奪戦”は、当初、バルサとパリSGがデッドヒートを繰り広げていたが、6月中旬に入ってポールポジションに立ったユーベがライオラ代理人との交渉を巧みに進め、早々に個人合意。クラブ間の話し合いにはやや時間を要したものの、最終的にアヤックス側の条件を飲む形となった。

 16日に公式SNSでデリフトは次のようにファンへ挨拶をした。

「やぁ、ビアンコネーリ。マタイスだ。ここに来られて本当に嬉しいよ」

 オランダ・サッカー界の未来を担う新鋭DFは、新シーズンから智将マウリツィオ・サッリが指揮を執るイタリアの絶対王者でいかなるパフォーマンスを見せるのか。大きな注目を浴びそうだ。

7/17(水) 6:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00060825-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1563321502
続きを読む

【サッカー】チェルシーのサッリ監督、ユベントスとローマが引き抜き狙う 後任候補にランパード氏

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/05/22(水) 10:15:42.43 ID:/pGB2RX69.net

ユーヴェとローマがサッリ監督引き抜きを狙う…後任候補はランパード氏

ユヴェントスとローマが、現在チェルシーを率いているマウリツィオ・サッリ監督を新指揮官候補としてリストアップしているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が21日に報じている。

 ユヴェントスは17日、5シーズンに渡ってチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が今シーズン限りで退任することを発表した。就任後のセリエA5連覇など数多くの偉業を成し遂げた同監督の後任が誰になるのか注目が集まっており、同メディアの報道によると、前述のサッリ監督か現在ラツィオを指揮するシモーネ・インザーギ監督の名前が候補に挙がっているようだ。一方のローマもクラウディオ・ラニエリ監督が今シーズン限りでの退団を明言しており、現在は後任探しに着手している。

 サッリ監督とチェルシーの契約はもう1シーズン残っているものの、同監督自身はイタリア復帰に前向きな姿勢を見せているという。サッリ監督は昨シーズンまでナポリを率いており、当時7連覇中だったユヴェントスと激しいスクデット争いを繰り広げた。今シーズンはチェルシーを率いて、プレミアリーグを3位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグでもクラブを決勝進出に導いている。現時点でクラブに同監督を解任する意思はないものの、サッリ監督自身がイタリア復帰を希望した場合には要望に応じると見られている。その場合、チェルシーはクラブOBで現在はダービー・カウンティを率いているフランク・ランパード監督の招へいに動くと報じられている。

 果たして、サッリ監督は来シーズンどのクラブを率いているのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00939818-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558487742
続きを読む

【サッカー】ユベントス、アッレグリ監督が退任 事実上の解任か?「クラブは指揮官交代がベストと決めた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/05/19(日) 13:21:30.99 ID:w/IQ5Chj9.net

ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズン終了後に退任することがクラブの決断であると認めた。

2014年から5シーズンにわたってユヴェントスを指揮したアッレグリ監督。セリエA3連覇を成し遂げたアントニオ・コンテ前監督の後を継いだ同指揮官は、在任中に5度のスクデット獲得、4度のコッパ・イタリア制覇など11個ものタイトルを獲得する。しかし、同クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、2014-15、2016-17シーズンと2度の決勝進出を果たすも、ビッグイヤー獲得には至らず、今シーズンに関してはベスト8で敗退した。

イタリア国内では突出した力を持つユヴェントスだが、CL制覇にまたしても手が届かなかったことを受け、17日にアッレグリ監督の退任を発表。そして、翌18日に行われた会見で、同指揮官は残り2試合でクラブから離れる経緯などについて語った。

「イタリアでこれからも成功を収め続け、チャンピオンズリーグでも最高の結果を残せるポテンシャルを持ったチームから私は離れる。残念ながら、今シーズン我々はいくつかの場面で良い結果を残せなかった。そして、ユヴェントスの将来にとって何がベストであるかを議論した」

「その結果、クラブは私が新シーズンの指揮を執らないことがベストであると決めた。ただし、私と会長の(アンドレア)アニェッリ、ディレクターの(パヴェル)ネドヴェド、(ファビオ)パラティッチとの関係は最高のままだ。今はチームを去るのにベストなタイミングだ」

また、将来については「これからどうなるかはわからない。少しばかり休憩も必要だ。7月15日が過ぎれば仕事に戻りたくなると感じるかもしれないし、これからの状況を見極めることになるだろう。もしくは、1年間自分自身や家族のために時間を費やすかもしれない。いずれにせよそのうちわかるだろう」と言及するに留めた。

アッレグリ監督は、20日のアタランタ戦で本拠地アリアンツ・スタジアムでのラストゲームを迎え、26日のセリエA最終節サンプドリア戦が5年間の集大成となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010008-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558239690
続きを読む

【サッカー】<マンチェスター・ユナイテッド>ユベントスFWディバラ獲得に123億円用意か?「原則的に合意した」と英紙が指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/05/09(木) 16:09:49.22 ID:Y73MG9zD9.net

獲得の必須条件は…ルカク、ポグバ、デ・ヘアの3人がチームを去ることか


 マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で大型補強に動くと見られている。そんななか、ターゲットの1人だったユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・デイバラと、「原則的に合意した」と英紙「デイリー・スター」が報じた。移籍金は8600万ポンド(約123億円)になるという。

 25歳のディバラは、2015年にパレルモからユベントスへ移籍。加入初年度から19ゴールを挙げるなど、3年連続で二桁得点を挙げ、リーグ優勝に貢献した。だが今季、レアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入すると出場機会が減少。公式戦10ゴールこそ記録したが、リーグ戦は27試合5得点にとどまり、満足のいくシーズンを過ごせていない。

 今夏の移籍市場ではレアルやバルセロナがディバラ獲得に関心を寄せていたが、先日フットボールコンサルタントのイアン・マクガリー氏が大胆な主張をしたことでユナイテッド入りが大きく噂されている。

「ユナイテッドがディバラへの関心を表明したというイタリアの報告があったが、我々の情報源が伝えているところで言うと、実際にはユナイテッドがユベントスからディバラを引き抜くためにかかるであろう8600万ポンド(約123億円)の買収条項を支払うことで原則的に同意したようだ」

 もっとも、この話には続きがあり、記事では来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失ったユナイテッドは、ディバラを獲得するには3選手がチームを去る必要があるしている。それがベルギー代表FWロメロ・ルカク、フランス代表MFポール・ポグバ、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの3人だ。

 チームの中核を担う彼らがチームを離れた場合、中盤や前線の補強が急務になることは間違いない。そのなかでディバラという選択肢は、チームの強化へとつながるだろう。

2019.05.09フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/187803

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/05/20190509_dybala.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557385789
続きを読む

【サッカー】ユベントス、縦じまユニ終了か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/05/06(月) 02:16:55.30 ID:ZfG1gw679.net

5/5(日) 21:01配信
footballista
ユベントスが縦縞でなくなる? 不信感か、新しいものへの興味か
文 神尾光臣

伝統の白黒縦縞から大胆なイメチェン?

「ニュースを見た。あれは3rdか4thユニフォームであってほしいと思う。シエナのパリオ(古式競馬)の騎手が着る服みたいだ。私なら変えないし、多くのファンも賛成していないだろう。重要なのはユベントスが勝つことなので、それに比べれば些細なことだろう。でもユーベの伝統といえば白と黒の縦縞で、ファンだって思い入れがある。世界にもあの縦縞で認識されているんじゃないのかね」

 80年代にユベントスの正GKとして活躍したステファノ・タッコーニが先月、こんなコメントをした。ユベントスの来シーズン用の1stユニフォームが大きく変わるというニュースが流れたのだ。

 伝統の縦縞ではなく、白と黒の大胆な切り替えに、1897年に発足した際のチームカラーであったピンク色の縦線が一本入る。フルアムのそれとあまりに似ているため、同クラブの公式ツイッターが「常に我われの影にいる」などとジョークを飛ばしたほどだった(現在は削除されている)。

 そして4月24日、イタリアの各紙は「正式に変わることになった」と一斉に報道した。変更の理由はマーケティング、それも海外を睨んだものだという。『イル・ジョルナーレ』紙は「白と黒の縦縞はアメリカだと審判のユニフォームとして認識されるもので、それを嫌って変更された」と報じている。

賛否両論、でも時代は変わってきている

 このようなユニフォームの大胆な塗色変更は、これまでにも様々なクラブで行われている。そして、そのたびに物議を醸した。

 白地に十字のユニフォームを伝統としていたパルマは90年代後半、黄色と青の横縞のユニフォームへと変更し、ファンからはいまだに恨みを持たれている。13-14シーズンにはインテルが赤色の2ndユニフォームを発表したが、ミランのチームカラーでもあることからファンの怒りを買った。ウルトラスからは他のファンに向けて「アレを買ってスタジアムに行くことを禁ずる」といった発表までされたのだ。

 さて、来季のユーベの1stユニフォームについて、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が実施したアンケートでは実に75%のファンが反対を表明している。ただ、ユーベファンの声を生で拾ってみると、賛成意見も意外に多かった。「見た目が単純にカッコイイ」とは30代の男性ファン。「個人的にはシマウマ模様が好きだけど、ロゴが大胆に変更されても結局受け入れられたのだから、今回もそうなるだろう」と筋金入りのユベンティーノを自認するジャンパオロさんは語った。

 どこのクラブも、とりわけユベントスは海外市場への訴求を強めている。「(マーケティングに強い)NBAではユニフォームの塗色変更が頻繁に行われているが、それで議論は起こっていない。最終的には不信感よりも新しいものに対する興味が勝る」。スポーツマーケティングに携わる者の間ではそんな話がされているというが、そういう価値観のもとで各クラブがマーケティング戦略を図る流れは今後も強まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00010001-fballista-socc
ユベントスと言えば白黒縦縞。だが来季からは……?(Photo: Getty Images)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggkj_pX8OpzM9VVqXJWnBVHA---x900-y597-q90-exp3h-pril/amd/20190505-00010001-fballista-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557076615
続きを読む

【サッカー】<マンチェスター・ユナイテッド>ユベントスFWディバラ獲得に123億円用意か?「原則的に合意した」と英紙が指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/05/09(木) 16:09:49.22 ID:Y73MG9zD9.net

獲得の必須条件は…ルカク、ポグバ、デ・ヘアの3人がチームを去ることか


 マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で大型補強に動くと見られている。そんななか、ターゲットの1人だったユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・デイバラと、「原則的に合意した」と英紙「デイリー・スター」が報じた。移籍金は8600万ポンド(約123億円)になるという。

 25歳のディバラは、2015年にパレルモからユベントスへ移籍。加入初年度から19ゴールを挙げるなど、3年連続で二桁得点を挙げ、リーグ優勝に貢献した。だが今季、レアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入すると出場機会が減少。公式戦10ゴールこそ記録したが、リーグ戦は27試合5得点にとどまり、満足のいくシーズンを過ごせていない。

 今夏の移籍市場ではレアルやバルセロナがディバラ獲得に関心を寄せていたが、先日フットボールコンサルタントのイアン・マクガリー氏が大胆な主張をしたことでユナイテッド入りが大きく噂されている。

「ユナイテッドがディバラへの関心を表明したというイタリアの報告があったが、我々の情報源が伝えているところで言うと、実際にはユナイテッドがユベントスからディバラを引き抜くためにかかるであろう8600万ポンド(約123億円)の買収条項を支払うことで原則的に同意したようだ」

 もっとも、この話には続きがあり、記事では来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失ったユナイテッドは、ディバラを獲得するには3選手がチームを去る必要があるしている。それがベルギー代表FWロメロ・ルカク、フランス代表MFポール・ポグバ、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの3人だ。

 チームの中核を担う彼らがチームを離れた場合、中盤や前線の補強が急務になることは間違いない。そのなかでディバラという選択肢は、チームの強化へとつながるだろう。

2019.05.09フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/187803

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/05/20190509_dybala.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557385789
続きを読む

【サッカー】ユベントス、縦じまユニ終了か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/05/06(月) 02:16:55.30 ID:ZfG1gw679.net

5/5(日) 21:01配信
footballista
ユベントスが縦縞でなくなる? 不信感か、新しいものへの興味か
文 神尾光臣

伝統の白黒縦縞から大胆なイメチェン?

「ニュースを見た。あれは3rdか4thユニフォームであってほしいと思う。シエナのパリオ(古式競馬)の騎手が着る服みたいだ。私なら変えないし、多くのファンも賛成していないだろう。重要なのはユベントスが勝つことなので、それに比べれば些細なことだろう。でもユーベの伝統といえば白と黒の縦縞で、ファンだって思い入れがある。世界にもあの縦縞で認識されているんじゃないのかね」

 80年代にユベントスの正GKとして活躍したステファノ・タッコーニが先月、こんなコメントをした。ユベントスの来シーズン用の1stユニフォームが大きく変わるというニュースが流れたのだ。

 伝統の縦縞ではなく、白と黒の大胆な切り替えに、1897年に発足した際のチームカラーであったピンク色の縦線が一本入る。フルアムのそれとあまりに似ているため、同クラブの公式ツイッターが「常に我われの影にいる」などとジョークを飛ばしたほどだった(現在は削除されている)。

 そして4月24日、イタリアの各紙は「正式に変わることになった」と一斉に報道した。変更の理由はマーケティング、それも海外を睨んだものだという。『イル・ジョルナーレ』紙は「白と黒の縦縞はアメリカだと審判のユニフォームとして認識されるもので、それを嫌って変更された」と報じている。

賛否両論、でも時代は変わってきている

 このようなユニフォームの大胆な塗色変更は、これまでにも様々なクラブで行われている。そして、そのたびに物議を醸した。

 白地に十字のユニフォームを伝統としていたパルマは90年代後半、黄色と青の横縞のユニフォームへと変更し、ファンからはいまだに恨みを持たれている。13-14シーズンにはインテルが赤色の2ndユニフォームを発表したが、ミランのチームカラーでもあることからファンの怒りを買った。ウルトラスからは他のファンに向けて「アレを買ってスタジアムに行くことを禁ずる」といった発表までされたのだ。

 さて、来季のユーベの1stユニフォームについて、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が実施したアンケートでは実に75%のファンが反対を表明している。ただ、ユーベファンの声を生で拾ってみると、賛成意見も意外に多かった。「見た目が単純にカッコイイ」とは30代の男性ファン。「個人的にはシマウマ模様が好きだけど、ロゴが大胆に変更されても結局受け入れられたのだから、今回もそうなるだろう」と筋金入りのユベンティーノを自認するジャンパオロさんは語った。

 どこのクラブも、とりわけユベントスは海外市場への訴求を強めている。「(マーケティングに強い)NBAではユニフォームの塗色変更が頻繁に行われているが、それで議論は起こっていない。最終的には不信感よりも新しいものに対する興味が勝る」。スポーツマーケティングに携わる者の間ではそんな話がされているというが、そういう価値観のもとで各クラブがマーケティング戦略を図る流れは今後も強まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00010001-fballista-socc
ユベントスと言えば白黒縦縞。だが来季からは……?(Photo: Getty Images)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggkj_pX8OpzM9VVqXJWnBVHA---x900-y597-q90-exp3h-pril/amd/20190505-00010001-fballista-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557076615
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ