バルサ

【サッカー】<久保建英を待ち受けるバルサの熾烈な生存競争>韓国のメッシらも登録枠の問題でメンバー外

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 13:45:45.07 ID:CAP_USER9.net

バルセロナBは今季スペイン2部に昇格し、20日にリーグ開幕戦バジャドリード戦を迎えるが、「韓国のメッシ」と呼ばれたFWイ・スンウとMFペク・スンホがメンバー外となったことが明らかになった。バルセロナの下部組織「マシア」の公式ツイッターが遠征メンバー19人を発表したもので、韓国人コンビはメンバー外となった。

 若き韓国人コンビはかつてバルセロナでプレーしたジェラール監督の信頼を手にすることができなかった。韓国地元紙「スポーツソウル」では開幕戦のメンバー落ちの理由をEU外国人選手枠の問題と説明している。

 2部リーグ戦のEU外国人選手登録はわずか二人。ブラジル人MFビチーニョ、ホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノが今回メンバー入りしており、イ・スンウとペク・スンホに用意された登録枠は存在しなかったという。

 さらには、プレシーズンでトップチームに合流していたMFカルレス・アレナもバルサBに再編成されるなど、ライバルも台頭している。そして、イ・スンウはチームと合流しているが、出場機会も手にできず、移籍先を探しているという。

久保は18歳でバルサ復帰と報じられるも…

「バルサBから3年契約後、レンタル移籍の要求を受けて、去就問題は難航している」と記事では報じられている。世界の神童との熾烈なレギュラー争いに加え、EU外国人選手の登録選手枠という問題も韓国人コンビには立ちはだかっている。

 2015年までバルセロナの下部組織で活躍したU-17日本代表の16歳FW久保建英(FC東京U-19)は18歳の誕生日を迎えた後、バルサに復帰すると報じられているが、バルセロナでは外国人選手枠を含めた苛烈な生存競争が待ち受けているようだ。

8/19(土) 11:04配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00010003-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170819-00010003-soccermzw-000-2-view.jpg


【サッカー】<リトバルスキーが警鐘!>若き才能がクラブ名で進路を決めるリスク「イ・スンウがいい例」久保建英、中井卓大の未来は? 
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502867796/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503117945
続きを読む

【サッカー】リヴァプール、コウチーニョに対するバルサの160億円オファーを拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 13:33:54.41 ID:CAP_USER9.net

リヴァプールが、フィリペ・コウチーニョ獲得のためにバルセロナが提示した1億1400万ポンド(約160億円)のオファーを拒否したことが分かった。

今夏、退団したネイマールの穴埋め役としてコウチーニョ獲得を強く望んでいるバルセロナは、リヴァプールに3度目の正式オファーを提示。以前提示した7200万ポンド(約104億円)、9000万ポンド(約127億円)のオファーよりもさらに高額なオファーを送ったものの、リヴァプール側はこのオファーにも応じるつもりがないようだ。

コウチーニョは先週、”トランスファー・リクエスト”を提出したが、今夏の移籍市場で同選手を売却する意志のないリヴァプールのスタンスは明確であり、ブラジル代表MFは移籍市場閉幕後もアンフィールドでプレーすると主張している。

また、今週に入ってからバルセロナのゼネラルマネージャー、ジョゼップ・セグラ氏がコウチーニョ獲得に近づいていると言及。しかし、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督はこの発言に対して「他人が何と言っているかなんて私は知らない。ましてや彼のことも知らないし、会ったこともない」とうわさを完全否定していた。

なお、背中の故障を理由に開幕戦を欠場したコウチーニョは、ホーム開幕戦となる第2節のクリスタル・パレス戦でも出場を回避することが決定的となっている。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000004-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503117234
続きを読む

【サッカー】<バルサの「デンベレ&コウチーニョ獲得に前進」>ドルトムントとリバプールは完全否定!「1ミリたりとも近づいていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:49:49.94 ID:CAP_USER9.net

「1ミリたりとも近づいていない」(ドルトムントCEO)

現地時間8月16日、バルセロナのペップ・セグラGMは、ドルトムントのウスマンヌ・デンベレとリバプールのフィリッペ・コウチーニョへの関心を認め、獲得に「近づいている」と述べた。
 
 だがこれは、同日のスーペルコパ第2レグで宿敵レアル・マドリーに0-2と敗れ、2戦合計1-5とライバルに完敗した直後の発言。それだけに、サポーターに向けてのアピールという側面もあったのかもしれない。
 
 実際、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ドイツ誌『キッカー』で、「何を言っているのか分からない」と一蹴。「バルセロナはデンベレ獲得を実現させたいと望んでいるようだが、今のところ1ミリたりとも近づいていない」と、セグラGMのコメントを完全否定している。
 
 リバプールも同様だ。移籍志願が伝えられているコウチーニョは、今週末のクリスタル・パレス戦も負傷を理由に欠場することになった。だが、クラブは同選手について「売りに出してはいない」という姿勢を示し続けている。
 
 ユルゲン・クロップ監督は、8月17日の会見で「私のほうから言うことは何もない」と、コウチーニョの去就をめぐる状況に変化はないことを明かした。『ESPN』が伝えている。
 
「他の人たちが何を言っているのかは知らない。私はその人たち、特にこの人(セグラGM)のことを知りもしないんだ。彼とは会ったことはない。だから、理解できないよ」
 
 それでも、バルセロナが両選手を望んでいることに変わりはない。ロベルト・フェルナンデスSDは17日に行なわれたパウリーニョの入団会見の場で、「我々は複数の選手の獲得のためにそれぞれのクラブと交渉している。困難であることは分かっているけどね」とコメントした。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

 彼は、デンベレとコウチーニョへの関心を認め、難しい取引と認識しつつ、獲得を目指すと述べた。
 
「デンベレとコウチーニョは、我々が長いこと気にしている重要な選手たちだ。適切な年齢で、我々のサッカーにも適応できるだろう。リバプールとドルトムントに敬意を払っているが、交渉は時間を必要とするものだ。最終的に彼らの獲得を実現できるかどうかは相手クラブ次第だがね」
 
 パリ・サンジェルマンに史上最高額でネイマールを引き抜かれたバルセロナは、ターゲットに据えたデンベレとコウチーニョを獲得できるだろうか――。欧州移籍市場の締切日(8月31日)は刻一刻と迫っているが、果たして!?

8/18(金) 15:47配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00028938-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503046189
続きを読む

【サッカー】<バルサに大打撃!>負傷のFWスアレスが4週間以上の離脱!“MSN”で残るはメッシのみ......

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 23:00:41.40 ID:CAP_USER9.net

バルセロナに、大きな打撃だ。FWルイス・スアレスが負傷で4週間から5週間の離脱を余儀なくされることになった。

スアレスは16日に行われたスペイン・スーパーカップ第2戦のレアル・マドリー戦(0-2)の終盤に負傷。だがチームが交代枠3枚を使い切っていたため、ピッチを去ることができずに最後までプレーを続けていた。

ウルグアイサッカー連盟は17日、精密の検査の結果、スアレスが右ひざの負傷で4週間~5週間戦列から離れることを発表している。ウルグアイ代表が8月末のロシア・ワールドカップに向けた南米予選に同選手を招集できない旨も併せて伝えている。

一方、バルセロナは20日にリーガエスパニョーラ開幕節ベティス戦を迎える。FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルセロナだが、スアレスも負傷離脱となり、厳しい状況に置かれている。

8/17(木) 22:12配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000034-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502978441
続きを読む

【サッカー】<小柳ルミ子>サッカー専門誌に殴り込み!?「新シーズンのバルサはレアル・マドリーに勝てる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 12:12:52.96 ID:CAP_USER9.net

 歌手・女優の小柳ルミ子といえば、今やサッカー好き芸能人の代表格。以前からブログでクラブや選手への思いの丈を書き綴っていた彼女、年間で2000試合以上もテレビ観戦するというから驚きだ。とくに大ファンだというバルセロナに対する愛は尋常ではなく、パリSGを下した昨シーズンの“奇跡の逆転劇”はなんと30回以上も観たとも。
 
 今年7月には来日中だったジェラール・ピケ(バルセロナ)のインタビュアー、浦和対ドルトムントの副音声を担当するなど、サッカー関連の仕事もここにきて一気に増加。そのストレートかつ情熱的なコメントや独特の視点が大きな話題となった。
 
 そんな彼女が7月某日、海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』の編集部を電撃訪問。まさに“ルミ子節”全開で殴り込みをかけた。
 
「年間で2000試合以上を観ているのは本当です、みなさんはどれくらい観るんですか?」
 
「バルサは右サイドバックが問題。なんでアウべスを出しちゃったのかしら……」
 
「新シーズンのバルサはレアル・マドリーに勝てる」
 
「ネイマールは本当にパリに行くの?」(その後、バルサからパリSGへの移籍が正式決定)
 
「スアレスはピュア過ぎるから噛み付くの。悪質なタックルより全然いいわ」
 
「サッカーを分析することに価値がある。サッカーは人生論に置き換えられる」
 
「バルサはパスサッカーだけが美しいのではない。人としての振る舞いも美しい」
 
 はたして、彼女がワールドサッカーダイジェストを訪問した理由とは? 詳細は8月17日19時56分からの『有吉ジャポン ゴールデン!芸能人のリアルお金事情大調査SP』、8月18日深夜0時20分からの『有吉ジャポン ゴールデンSP延長戦!』で明らかになる。

8/17(木) 12:06配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00028859-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170817-00028859-sdigestw-000-5-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502939572
続きを読む

【サッカー】<C・ロナウド抜きでもレアル・マドリード強し!>アセンシオ&ベンゼマが美弾 バルサに2連勝でスーパー杯制覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 08:35:06.17 ID:CAP_USER9.net

■スペイン・スーパー杯2ndレグ

レアル・マドリー ド2-0(5-1) バルセロナ

【得点者】
4分 1-0 アセンシオ(マドリー)
39分 2-0 ベンゼマ(マドリー)

http://www.eurosport.com/football/spanish-supercopa/2017-2018/live-real-madrid-fc-barcelona_mtc944671/live.shtml

 スペインスーパー杯第2戦が16日に行われ、リーガ王者のレアル・マドリーとコパ・デル・レイ王者のバルセロナが対戦した。前半4分にMFマルコ・アセンシオ、同39分にFWカリム・ベンゼマがゴールを記録したレアルが2-0の完封勝利。2試合合計5-1として5年ぶりにスーパー杯を制し、リーガ連覇に向けて弾みをつけた。

 13日にカンプ・ノウで行われた第1戦で3-1の勝利を収めたレアルだが、その試合で退場したFWクリスティアーノ・ロナウドが出場停止。第1戦を出場停止で欠場したMFルカ・モドリッチがスターティングメンバーに名を連ね、前線にはベンゼマとともにFWルーカス・バスケスとアセンシオが起用された。逆転でのスーパー杯制覇を狙うバルセロナは第1戦から先発3人を入れ替えてMFセルジ・ロベルト、MFアンドレ・ゴメス、MFハビエル・マスチェラーノが先発起用された。

 立ち上がりから圧力を掛けたレアルがいきなり試合を動かす。前半4分、DFダニエル・カルバハルのスローインのこぼれ球を拾ったアセンシオが、PA外から左足の鮮やかなミドルシュートを突き刺してスコアを1-0とした。アセンシオにとっては第1戦に続いての2戦連発。急激に落下するブレ球ミドルは、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが一歩も動けない見事な一撃となった。

 攻撃の手を緩めないレアルは前半32分、高い位置でボールを奪ったベンゼマのスルーパスからPA内に進入したL・バスケスが狙いすまして左足シュートを放ったものの、ボールはポストを叩いて追加点とはいかず。だが同39分、再び高い位置でボールを奪って左サイドに展開すると、DFマルセロのグラウンダーのクロスをベンゼマが鮮やかなタッチで浮かせ、左足ボレーでネットを揺らしてリードを2点差に広げた。

 前半のシュートを1本に抑えられたバルセロナは、後半5分にDFジェラール・ピケに代えてDFネルソン・セメドを投入。同7分には相手のパスミスを奪ったFWルイス・スアレスのパスを受けたFWリオネル・メッシがPA内まで持ち込んで左足シュートを放つが、GKケイラー・ナバスに触れられたボールはクロスバーを叩いてネットを揺らすには至らない。

 後半26分にはバルセロナが立て続けにゴールを脅かす。しかし、L・スアレスのスルーパスに走り込んだS・ロベルトのシュートはK・ナバスに阻まれ、こぼれ球を拾ったMFイバン・ラキティッチのパスを受けたメッシのミドルシュートは再びK・ナバスに弾き出される。さらに、こぼれ球に反応したL・スアレスのヘディングシュートはポストを叩いてしまった。

 後半はレアルに追加点こそ生まれなかったものの、バルセロナの反撃を許さずに2-0の完封勝利を収めた。2連敗を喫したバルセロナは試合終盤にL・スアレスが右ヒザを気にする素振りを見せるなど、リーガ開幕に向けて不安を残すこととなった。

 今週末に開幕するリーガでレアルはアウェーでデポルティボ、バルセロナはホームでベティスと対戦する。

17/8/17 07:49 ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?223747-223747-fl

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170817-00628274-soccerk-000-2-view.jpg

■クラシコ レアル貫禄の優勝
2017年08月17日07時49分 スポルト
http://sport-japanese.com/news/id/12336

■スーペルコパ第2戦:バルサはべルナベウで逆転できず
 8/17(木) 8:00ムンドデポルティーボ日本語公式
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00010000-mdjp-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502926506
続きを読む

【サッカー】<バルサ行き希望のデンベレがまた「暴走」> 自宅から大量の荷物を車に詰め込んでその場を後にした...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 07:31:19.98 ID:CAP_USER9.net

バルセロナへの移籍を希望しているドルトムントのMFウスマンヌ・デンベレの“暴走”が止まらない。
 
 ネイマールをパリSGに引き抜かれたバルサから、ドルトムントのもとにデンベレ獲得のオファーが届いたのが8月上旬。提示額は1億ユーロ(約128億円)という破格の条件だったが、「選手の価値に見合わない」(ミヒャエル・ツォルクSD)との理由でこの申し出を断った。
 
 2014~16年に在籍したレンヌ時代からバルサ行きを夢見ていたデンベレは、ここで強硬手段に打って出る。8月10日のトレーニングを無断欠席したのだ。ドルトムントから活動停止処分を受けた後も公の場に姿を現わさず、その動向に注目が集まっていた。

 そして、 『ビルト』紙によれば、デンベレはすでにドルトムントにある自宅を引き払ったようだ。8月14日夜に3人の友人がデンベレ宅を訪れ、大量の荷物を車に詰め込んでその場を後にしたという。
 
 8月16日時点で、デンベレの所在は明らかになっていない。ドルトムントを離れた可能性は高いものの、バルセロナにそのまま向かった、あるいはパリに滞在しているという報道もある。
 
 何とかしてバルサ移籍を実現しようとしているデンベレだが、ドルトムント側にこの20歳の逸材を容易に手放す意思はない。要求している1億5000万ユーロ(約192億円)のオファーがない限りは、退団を容認しない構えだ。
 
 現状ではバルセロナから二度目のオファーはなく、デンベレはいわば宙に浮いている状態。今後どのような動きを見せるのか、要注目だ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年8月16日 サッカーダイジェストWeb
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=28885

写真
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/28885_ext_03_0.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502922679
続きを読む

【サッカー】<バルセロナに加わったパウリーニョ>「バルサもカタルーニャもクソ!」過去のツイートで早くも窮地…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 21:56:31.90 ID:CAP_USER9.net

8月14日に広州恒大からバルセロナに加わったパウリーニョは、カンプ・ノウのピッチに立つ前に早くも批判に晒されている。
 
 現在29歳のパウリーニョにバルサは、移籍金4000万ユーロ(約51億2000万円)を投下。さらに契約解除金を1億2000万ユーロ(約153億6000万円)に設定し、4年契約を締結させた。
 
 8月3日に契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)を残してパリSGへ旅立ったネイマール退団後、初の補強となったが、パス能力よりもアグレッシブさが売りのパウリーニョの加入には、「クラブのスタイルに適していないのでは?」と、年齢や移籍金の高さを含めてバルサ・ファンから懐疑的な声が上がっている。
 
 そんななか、入団からわずか1日にして、パウリーニョの過去の行ないが明るみになり、熱狂的なサポーターたちから反感を買っている。ドイツ・メディア『スポルト・ビルド』は、パウリーニョが「バルサとカタルーニャを侮辱するツイートをしていた!」と報じたのだ。
 
 当時、トッテナムに在籍していたパウリーニョは、2013年10月26日に行なわれたクラシコ(リーガ・エスパニョーラ7節)を前に、「行け! マドリー! バルサはクソ! カタルーニャもクソ!」とツイートしていたことを同メディアは伝えた。
 
 あろうことか宿敵R・マドリーを応援し、さらにスペイン語で最も汚い言葉とされる「Puta(売春婦やクソ野郎などの意)」を用いてのバルサとカタルーニャへの侮辱。過去の出来事であったとはいえ、見逃せない行為ではある。ツイートのスクリーンショット画像が拡散されたSNSでは、ブラジル代表MFに対して様々な声が上がっている。
 
「パウリーニョ、お前こそクソだ」
 
「パウリーニョも酷いが、そんな奴に51億も払って連れてきたバルトメウ(バルサ会長)の方がクソ」
 
「あながち間違ったことは言ってない。バルサは良い補強をした」
 
「パウリーニョのクソみたいな意見を尊重しよう」
 
 パウリーニョはすでにこのツイートを削除しているものの、新天地でのプレーを前に出鼻を挫かれる形となった。
 
 なお、バルサの公式リリースによれば、パウリーニョは現地時間8月17日にメディカルチェックを行ない、問題がなければ、同日中に本拠地カンプ・ノウで正式契約と記者会見に臨む予定となっている。
 
 はたして、クラブと街を侮辱していたパウリーニョは、バルサ・ファンから歓迎されるのだろうか……。

8/16(水) 14:36配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00028865-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170816-00028865-sdigestw-000-6-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502888191
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ