バルサ

【サッカー】<バルサ出身新戦力>サガン鳥栖FWクエンカ2発“デビュー”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/03(日) 12:38:15.04 ID:GuY3VWKX9.net

 2発デビュー! 沖縄キャンプ中のJ1サガン鳥栖は2日、読谷村陸上競技場でJ2東京Vとトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、2-1で逆転勝ちした。チーム合流8日目の新戦力、スペイン出身MFクエンカロペス(27)がスタメンでいきなり2ゴール。3週間後の開幕へ上々の仕上がりを見せた。

■4-3-3のWGで先発

 背番号7の新戦力がキャンプ地に詰めかけた多くのサポーターを沸かせた。0-1の後半15分すぎ、ゴール前に詰めたクエンカロペスが福田のパスに左足を合わせ同点弾。その約4分後には相手DFから奪ったボールをそのまま右足でゴールに流し込み、続けざまに2発をお見舞いした。

 「ゴールを入れられて本当に良かったし、より数を増やしていけたらいい。そういった状態を続けていきたい」。鳥栖加入後8日目で決めた待望の初ゴール。ガッツポーズで喜びを表し、チームに流れを引き寄せた。

 4-3-3の布陣だったこの日はウイングで出場。対外試合で初共演となった同じスペイン出身でキャンプテンマークを巻いたフェルナンドトーレスとの連係にも注目が集まった。何度もチャンスはあったが、2人が同時にピッチに立った時間のゴールはなかった。

 クエンカロペスは「どんどん(出場)時間が長くなることによって彼とのコンビネーション、適応も良くなると思う」と自信をのぞかせる。スペイン1部の強豪バルセロナに所属していた2011年にクラブワールドカップで優勝を経験。メッシやイニエスタらとプレーした経験も新天地で生かす構えだ。

 スペイン2部サバデル時代も指導を受けたカレーラス監督は、攻撃的なコンビネーションサッカーの戦術を浸透させようとしている。クエンカロペスは「日に日に良くなっているのが分かる。良くなっているから、ピッチでも結果につながっている」と手応えを口にした。23日の開幕戦へ向けて「日々努力することで自分もいい状態になって結果に出ると思う」とプレーの精度を高めることを誓った。

 ◆ファン・イサック・クエンカロペス 1991年4月27日生まれ。スペイン出身。バルセロナの下部組織を経て、同国下部リーグのチームでプレー。2010~11年はカレーラス監督が率いるサバデルに在籍した。11年にバルセロナ復帰、同年にクラブワールドカップ優勝を経験。その後オランダ1部のアヤックスなどを経て、今年1月、スペイン2部のレウスから鳥栖に完全移籍した。179センチ、68キロ。背番号7。

2/3(日) 11:53配信 西日本スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00010008-nishispo-socc

写真
https://www.nishinippon.co.jp/import/sagan/20190203/201902030002_000_m.jpg
?1549141288


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549165095
続きを読む

【サッカー】神戸と交渉中の元バルサDFカセレス「ユヴェントスのオファーで日本移籍がストップ」か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/01/25(金) 15:14:02.29 ID:Pl5AEUW49.net

Jリーグ行きの可能性が報じられているラツィオのウルグアイ代表DFマルティン・カセレスについて、ユヴェントスが獲得に関心を寄せていると25日、イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトで報じられている。


今冬の移籍市場において、ユヴェントスはステファノ・ストゥラーロを期限付きでジェノアに放出したが、続いてモロッコ代表メディ・ベナティアの退団が濃厚となっている。ベナティアは今シーズン、リーグ戦の出場数はわずか5試合と出場機会に恵まれておらず、カタールのアル・ドゥハイルから届いたオファーを検討している。

このためユヴェントスのチーフ・フットボール・オフィサーを務めるファビオ・パラティチ氏は、後釜として「ビッグマッチにおいて即戦力となる経験豊かな選手」の獲得を目指しており、その筆頭候補にラツィオのカセレスが挙げられている。ウルグアイ代表DFは2009-10シーズンおよび2012年から2016年にかけてユーヴェでプレーして経験があり、まさに適役と見られている。

このほかカセレスにはボローニャが関心を示していたほか、ヴィッセル神戸からもオファーが届いている。当初、バルセロナでのプレー経験もあるカセレスは、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャらが所属する神戸に魅力を感じており、移籍交渉成立に近づいていると『スカイスポーツ』が報じていた。だが現在、状況は急転。「ユヴェントスからのオファーにより、日本移籍はストップ」した格好となった。カセレス争奪戦の行方は注目されるところだ。

5 名前:数の子 ★:2019/01/25(金) 15:19:48.24 ID:Pl5AEUW49.net

>>1 ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00010016-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548396842
続きを読む

【サッカー】神戸、今度はウルグアイ代表DFカセレス獲り 大型補強“バルサ化”着々

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/01/24(木) 07:27:09.45 ID:kqNj8PWo9.net

神戸がセリエAラツィオのウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(31)の獲得に動いていることが23日、分かった。
欧州代理人筋の話によると、すでに正式オファーを提示。
W杯3度出場の守備のスペシャリストで、獲得が決まれば今季新加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)に続く大型補強になる。

悲願のJ1リーグ優勝を目指す神戸の妥協なき姿勢の表れだ。関係者によると、カセレス側に接触。
推定年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の複数年契約とみられる正式オファーを提示し、交渉を進めているという。

カセレスは現役ウルグアイ代表で、昨年10月16日の日本代表との親善試合でも来日。
本職はセンターバックだが両サイドバックも可能な守備のスペシャリストで、国際Aマッチ通算86試合を誇る。
10年南ア大会からW杯は3大会連続出場。18年ロシア大会では全5試合フル出場し、ベスト8進出に貢献した。

1メートル78と上背はないが強さと速さを高い水準で備え、抜群のフィード能力で攻撃の起点にもなれる。
12年から所属したユベントスでは、リーグ戦とカップ戦を合わせて計6冠獲得。
レギュラーをつかむことはできなかったが、08~09年シーズンにはバルセロナでもプレーした。
元スペイン代表MFイニエスタとは元同僚で、“バルサ化”を進める神戸のスタイルには合致する。

今季、ラツィオではリーグ戦4試合出場のみ。1月末に契約が切れるが、クラブ側は契約延長オプションを行使しない見込みとなっている。
移籍金なしで獲得できるためボローニャやミランなど複数クラブとの争奪戦になっているが、加入が正式決定すれば攻守ともに盤石の体制が整う。

◆マルティン・カセレス 1987年4月7日生まれ、ウルグアイのモンテビデオ出身の31歳。
06年にプロデビューすると07年2月にビリャレアル(スペイン)に完全移籍。
バルセロナやユベントスを経て17年にはサウサンプトン(イングランド)に移籍。吉田麻也とチームメートだった。
17年にベローナ(イタリア)に移籍し、18年1月にラツィオ加入。1メートル78、77キロ。利き足は右。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000004-spnannex-socc
1/24(木) 4:00配信

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8a/Mart%C3%ADn_C%C3%A1ceres_against_Chile.jpg/200px-Mart%C3%ADn_C%C3%A1ceres_against_Chile.jpg

https://f.image.geki.jp/data/image/news/253/143000/142209/news_icon_l_142209_7.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548282429
続きを読む

【サッカー】デンベレがバルサで覚醒中、エムバペ「自分にとってはデンベレが若手において世界最高の選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/01/22(火) 23:05:39.51 ID:oR87uqKE9.net

相手は、デンベレの動きを予測することができず、彼を脅威に感じている。走っているとき、まるで空中に浮いているようであり、圧倒的なスピードでボールを残忍なまでの効率的に運ぶことができる。そして、相手の動きを観察し、加速するべきか、スピードを緩めファウルを誘うべきか、いいポジショニングを取っている味方にパスをするか判断している。

さらに障害物が現れ、それが大きな岩のようであっても抜き去ってしまい、その光景は、まるで時間が止まっているようである。それは相手にとってカットインしてくるのか縦に仕掛けてくるのか予測するのは不可能である。切り返すのかシュートを打つのかも予測できず、相手ディフェンダーやゴールキーパーにとってはとても大変な仕事となる。

デンベレは、各所属クラブとフランス代表ですでに40ゴールを挙げており、左足で20ゴール、右足で20ゴールというデータを『Squawka』が出している。驚くべきバランスであり、フットボール界でこれは普通ではなく、デンベレのように両足を器用に使いこなせる選手だけが可能である。

今シーズンすでにデンベレは、13ゴールを決めており、レンヌで記録した自身最多ゴール数である12ゴールを上回っている。このゴール数が間違いなく、今シーズンのデンベレの覚醒につながっているだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010018-sportes-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548165939
続きを読む

【サッカー】<サウジは“中東のバルサ”>ボール支配率1年半負けなし、1次L脅威の71%「日本戦も同じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/21(月) 06:24:52.89 ID:9J/6vVnR9.net

サウジアラビアから試合の主導権を握ることは容易ではない。1次リーグ3試合の平均ボール支配率は71・3%。出場24チームの中でダントツだ。
FWの頭を狙った一か八かのロングキックや守備の枚数がそろった敵陣へのドリブルは、彼らにとって愚の骨頂。パスを繰り返して敵陣に迫り、相手にチャンスを与えない戦術は脅威だ。

■1トップは身長168センチ

かつてスペイン1部バルセロナでプレーしたピッツィ監督は「我々のスタイルは変わらない。日本が相手でも同じだ」と不敵に笑った。
1トップの絶対的エースFWムワラド(24)の身長は168センチ。FW大迫のようなポストプレーヤーは必要としない。
一時期は身長170センチのFWメッシ(31)をセンターFWに据え、“ゼロトップ”と呼ばれたバルセロナのようなポゼッションスタイルを貫く。

■W杯で28年ぶり勝利

 ロシア、ウルグアイ、エジプトと対戦したロシアW杯でも全試合で支配率50%超えを記録した。エジプト戦では同65%と相手を圧倒し、W杯で28年ぶりの白星。
最後に支配率で相手を下回った公式戦は、ピッツィ監督就任前の17年6月までさかのぼる。約1年半、支配率に限れば負け知らずなのだ。

■「喜びを爆発させる日だ」

 ロシアW杯最終予選では日本と勝ち点1差の2位で3大会ぶりのW杯出場を決め、日本とは1勝1敗だった。ピッツィ監督は「この2か国のサッカーには多くの対戦の歴史がある。
我々は時に喜び、悲しんできた。あすは喜びを爆発させる日だ」と自信を示した。4度目のアジア制覇を狙う中東のポゼッション軍団が日本の行く手を阻む。(岡島 智哉)

 ◆サウジアラビア 中東の絶対君主制国家で首都はリヤド。国土の大半が砂漠に覆われている。原油埋蔵量は世界2位。面積は約215万平方キロ(日本の約5・7倍)。
人口は3228万人。公用語はアラビア語。18年10月、政府批判を繰り返してきた同国出身ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺害疑惑で世界から注目を集めた。

1/21(月) 6:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000011-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190121-00000011-sph-000-view.jp


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548019492
続きを読む

【サッカー】<バルサFWクエンカ>サガン鳥栖との契約にサインか。インスタをのぞくと、プロフィール画像が鳥栖のエンブレムになっている

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/19(土) 01:55:43.03 ID:p1IPy3W79.net

スペイン人FWイサーク・クエンカのサガン鳥栖加入はほぼ間違いないようだ。同選手が自身のSNSではっきりとしたメッセージを発している。
バルセロナの下部組織出身で現在はスペイン2部のレウスに所属しているクエンカは、この数日、鳥栖への移籍が話題になっていた。

スペイン『ムンドデポルティボ』は18日、「27歳のクエンカは金曜日にサインをした」と報道。契約期間は3年間で、1年の延長オプションがついているとのことだ。
まだ公式発表はないが、クエンカの『インスタグラム』をのぞくと、プロフィール画像がサガン鳥栖のエンブレムになっている。どうやら正式な発表は近そうだ。

1/19(土) 1:48配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00305583-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190119-00305583-footballc-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547830543
続きを読む

【サッカー】<元バルサのクエンカ> サガン鳥栖入り決断!カレーラス監督と師弟関係

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/01/16(水) 23:31:53.53 ID:NJRiYNL49.net

元バルセロナでレウスのFWイサック・クエンカ(27)が、J1サガン鳥栖でプレーすることを決めたとスペイン紙ASが報じた。

鳥栖の監督に就任したルイス・カレーラス氏とは10-11年シーズンにプレーしたサバデル時代に師弟関係だったという。

1/16(水) 22:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00449186-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547649113
続きを読む

【サッカー】バルサでもがくコウチーニョ クロップの予言が的中「残れば名誉像が建つが、移籍すれば別の選手になってしまうだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/01/12(土) 15:59:27.96 ID:64HgJIUh9.net

「ここに残るんだ!そうすればクラブは君の名誉像を建てる事になるだろう。どこか別の場所に行けば、君は別の選手になってしまうだろう。ここで君はさらなる選手になる事ができる」
クロップは2017年5月にコウチーニョにそのように語った。

結果的にその年の夏にPSGがネイマールを獲得し、バルサがコウチーニョの獲得に関心を示した後、選手本人はリヴァプールを離れ、2018年1月からチーム・ブラウグラナに加入する事を決断した。

同シーズン、彼はリヴァプールの一員としてチャンピオンズリーグのグループリーグに出場していたため、バルサでは同大会に出場する事が出来ないというハンディキャップを負っていたにもかかわらずだ。

今シーズンからコウチーニョは全ての大会に出場しているが、彼のパフォーマンスはかつてないほど疑問視されている。選手自身は満足のいく出場時間を与えられない事に不満を感じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010006-sportes-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547276367
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ