1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:38:50.32 ID:CAP_USER9.net

文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)

■日本、オランダ、ロシアでは未経験のことを…。

なぜ、本田の幸福指数は天から地に落ちてしまったのだろうか?
 
まずはなにより本田が、“ロシア・リーグ”からやってきた“日本人選手”であったことを忘れてはならない。
セリエAはそれまで彼がいた世界とはかけ離れていただろうし、習慣も違えば、モノの考え方も違う。カルチョの洗礼は予想以上にハードだったはずだ。
 
おまけにやっとチームに慣れてきた頃になると、本田は自分の運の悪さに気付いたことだろう。1
986年から続く長きに渡るシルビオ・ベルルスコーニ統治下のミランの中でも、もっとも最低の時期に来てしまったことに……。
 
ヨーロッパ・カップ戦はなく、チームは勝ったり負けたりを繰り返し、そして監督が次々と変わる。
本田はミランに来てからまだ3年も経っていないというのに、実に6人もの監督に師事しているのだ。

マッシミリアーノ・アッレグリにはじまり、クラレンス・セードルフ、フィリッポ・インザーギ、シニシャ・ミハイロビッチ、
クリスティアン・ブロッキ、そしてモンテッラ。セリエAを18回、チャンピオンズ・リーグを7回も制している超名門とは思えない混乱ぶりである。まるでどこかのプロビンチャ(地方の中小クラブ)だ。
 
もちろん監督が変われば、チーム内の序列が一旦リセットされ、戦術も変わる。
その度に新たなボスにアピールし、信頼を勝ち取る必要がある。日本、オランダ、ロシアでそんな経験をしかたことがない本田にとっては、大きな負担だったに違いない。
 
また、本田にとっては言葉も障害の一つだった。イタリアに来てもうすぐ丸3年を迎える今や、監督や審判、チームメイトの言っていることは大概理解できるし、自分の意志を伝えることもできる。
それでもまだ、彼のイタリア語は初級の域を出ない。相手次第ですぐに英語を使ってしまうからだ。そのため本田はなかなかロッカールームに溶け込めずにいた。
ただ今やすっかりチームに馴染み、チームメイトたちの評判はいいし、その陰日向なく努力するプロフェッショナル魂を評価されてもいる。
 
しかし、監督にとってはそれだけでは十分でない。ここでまた2つの問題が生じてくる。戦術とフィジカルについてだ。
 
本田は本来トレクアルティスタ(トップ下)だが、戦術的に考えるとイタリアで彼がその花形ポジションで生き残るのは難しい。理由は簡単だ。
世界中に認知されている通り、セリエAのディフェンス組織はとにかく強固で、息が詰まるほどハードだ。一瞬遅れただけで、あっという間に3、4人もの敵に囲まれてしまう。
 
言い換えると、トレクアルティスタを担うには本田は、あまりにも思慮深いというか、鈍いのだ。
ボールをストップする、頭を上げる、周囲を見渡してパスを出すのに最適なチームメイトを探す――。正しい動きなのだが、彼はその全てに時間がかかりすぎる。
 
だから監督たちは誰もが、本田をサイドに移した。努力の成果とプロフェッショナル魂をもとに右サイドで戦う術を身に付け、長くレギュラーを担った時期もあった。

一部抜粋

SOCCER DIGEST Web 10月20日(木)16時52分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161020-00019823-sdigestw-socc&p=1

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:39:03.20 ID:CAP_USER9.net

■本田は元10番たちのようなフォーリクラッセ(規格外の選手)ではない。
 
しかし、次にフィジカルな部分が問題となってくる。彼の最大の武器はパスとアシストセンスの良さ、シュート、そしてプレービジョンだ。
ただ、パワーやスピードなどフィジカル能力は凡庸の域を出ない。だから、敵の激しいチャージに耐えてボールをキープし、さらには抜き去ることができないのだ。
 
まさにこの部分が、本田がモンテッラのチームで控えに甘んじる最大の理由である。
指揮官がアタッカーに求めている資質が、本田には備わっていないのだ。逆にライバルのスソやエムバイ・ニアングは、そうしたクオリティーが極めて高い。
 
最後に本田とサポーターとの関係。これは良い時もあれば、悪い時もありと、かなり波がある。最も良好だったのは2014年秋。開幕7試合で6ゴール・2アシストの大活躍を演じた時期だ。
 
ただ、サポーターが心から本田を愛したことは、残念ながら一度もない。大多数のミラニスタは、彼が栄光ある「ミランの10番」を背負っていることを不愉快に思っているのだ。ベ
ンチを温めるばかりのここ最近は、風当たりがさらに強まっている。
 
たしかにジャンニ・リベーラ、ルート・フリット、デヤン・サビチェビッチ、マヌエル・ルイ・コスタ、
クラレンス・セードルフといったかつてのナンバー10はいずれも真のフォーリクラッセ(規格外の選手)だったが、本田はそうではない。
 
加えて本田は、“超”がつくほど内向的で、インタビューやTVカメラが嫌いだ。日本ではどうかは知らないが、少なくともイタリアではそうだ。
だから多くのイタリア人は、本田の本当の姿を知らない。これはサポーターと良好な関係を築くうえでかなりマイナスだろう。
 
しかし、一度喋ると決めたら、今度はあまりにも率直に自分の考えを口にしてしまう。つい先日も、そんなことがあったばかりだ。
前回のコラムにも書いた通り、本田は「ミラニスタはブーイングしすぎ」と公然と批判したのだ。
 
サン・シーロが本田をどう迎えるか、まだそれは分からない。発言後の最初のホームゲームであるユーベ戦の反応を、まずは見守る必要がある。ピッチに立つチャンスがあれば、だが……。


写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161020-00019823-sdigestw-000-view.jp

【サッカー】<本田圭佑(ACミラン)>今冬にも中国スーパーリーグへ移籍へ…上海上港が“爆買い”向け本格調査
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476907912/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1476952730
5 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:41:14.15 ID:CGYJriiV0.net

日本人も恥ずかしく思っている

11 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:42:42.55 ID:mHiSrJuy0.net

サッカー以外にいろいろ手を出しすぎでしょ

12 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:45:16.60 ID:2qFkkDTY0.net

本田叩きの魂がサカキン→サカマガ→サカダイへと順調に受け継がれてる

15 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:46:15.69 ID:MUrsARMK0.net

落ち目のクラブに落ち目の選手が来たというだけなのに

18 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:46:54.95 ID:xyJ7qpdu0.net

ACミランですよ我々は…って言ってたのに…

19 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:47:04.51 ID:YRfAhKwz0.net

ロシアには1シーズン以上いるべきでないことが証明されたな。

22 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:48:38.33 ID:Xsu2zQxO0.net

言うほど栄光でもないやろ、ミランの10番

26 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:52:16.20 ID:kTLM9EUE0.net

10番なんか要求しなきゃ良かったのに



27 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:52:22.10 ID:nh6zdHYY0.net

金のためなんだから我慢しろよ



30 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:56:04.62 ID:hDUZknUt0.net

日本人でさえ望んでいない一番恥ずかしい10番

32 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:57:11.25 ID:LwZo6aL2O.net

納得しているミラニスタが多からずいるかのような書き方だな



33 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/20(木) 17:57:27.32 ID:MPRWVugQ0.net

完全に安いイメージ付いちゃったもんね


CYBER ・ フットボールカバー ( 3DS LL 用) ブラック×レッド 【専用充電台 併用可能】
CYBER ・ フットボールカバー ( 3DS LL 用) ブラック×レッド 【専用充電台 併用可能】
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote