1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:48:41.76 ID:CAP_USER*.net

 開始5分にカルロス・バッカが挙げた先制点で1?0とリードしながら、その後はやや停滞感に包まれていたACミラン。
今季、下位に低迷するジェノアに何度かカウンターを繰り出されるなど、不安要素も少なからず見て取れた。
 そんな中、“ロッソネリ”(赤と黒=ミランの愛称)のエースナンバー10・本田圭佑が後半19分、モヤモヤを吹き飛ばす
大仕事をしてみせる。マティア・デ・シリオから右サイドでパスを受けるとドリブルで中央へ持ち込み、
相手マークが寄せて来ないのを見逃さずに左足を一閃。約30メートルの距離から鋭いシュートをゴール右隅に蹴り込んだ。
今季のセリエA25節目にして、本田のシーズン初得点は極めて劇的な形から生まれた。
 キャプテンのリカルド・モントリーボらに手荒い祝福を受けた後、本田はミランのエンブレムにキス。
さらには背中の10番を誇らしげに両手で指すという派手なパフォーマンスを披露し、ミランへの愛情と忠誠心を体いっぱいに表現した。
 2016年2月14日(現地時間、以下同)、小雨の降る本拠地・サンシーロでジェノアを2?1で下したこの一戦は、
彼が「真のミランの10番」に大きく近づく重要な節目となったのである。

「漠然とコースが何となく空いてるなという感じやったんで。今までなら外す流れやったけど、打ってみようかなと。
まあ、入る時は入りますよね」と試合後、報道陣の前に現れた本田は喜びを抑えつつ、努めて冷静にシュートの場面を分析した。

 だが、2014年10月19日のベローナ戦以来、1年4カ月ぶりのゴールいう話題を振られた途端に苦笑い。
そのうえで「僕的にはいい意味って言ったらいいんかな。みんなが僕のことをどう思ってるか分からないですけど、
よくも悪くもいつも通り自分らしく、もうムリだろうと思われたところで1つ山をまた越えた。
これが自分の今後の人生に大きく生きていくでしょう。またとんでもない谷底に落ちそうな時にも、
僕の言葉に耳を傾けてもらえればなと思います」と率直な思いを口にし、安堵(あんど)感をにじませた。

目に見える結果が出なければ、自分が何を発信しても聞き入れてもらえない現実の厳しさを、本田は誰よりもよく分かっている。
「優勝を狙う」と公言してはばからなかった2014年ワールドカップ・ブラジル大会で惨敗した後、
「自分が言ったことに対しての責任もありますし、非常にみじめですけどこれが現実。僕が言うことの信用も下がる。
全てを受け入れてまた明日から進んでいかないといけない」と言ったのは、その自覚を示す1つの象徴的出来事だった。
 ミランで昨年10月4日のナポリ戦後に自身の起用やクラブのあり方に苦言を呈した時も、
イタリアのニュースサイト『alanews』のアンドレア・エウゼビオ記者のように「ミランに問題があるのは事実。
本田は正論を言っているだけ」と擁護に回るメディアはほんのわずか。「試合に出ていないやつが、何を言ってるんだ」
という見方が圧倒的多数を占めていた。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」という傾向が世界一強いと言うべきイタリアで生き抜き、成功を収めようと思うなら、
どうしてもゴールに直結する仕事が必要不可欠だ。本田が垣間見せた安堵感は、こうした複雑な背景から
来るものなのだろう。長い時を経て、手に入れた1つのゴールによって、周囲を取り巻く空気は劇的に変化したが、
本田自身は己のスタンスを変えるつもりはないようだ。

「とにかく僕はミランでのゴールより、チームが勝った方がいい。僕が勝たせたというふうに書いてもらえれば、
僕は嬉しいです」というコメントが、今の偽らざる心境ではないか。

5 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:51:07.74 ID:CAP_USER*.net

実際、ジェノア戦を見ても、本田は自分のエゴを押し出すようなプレーを全くしていなかった。
強烈ミドルを沈めたシーンは確かに見る者の度肝を抜いたが、それ以外のところでは「チーム第一」のスタンスを貫き続けたのだ。
例えば、バッカの先制点の場面。モントリーボのパスをゴールラインぎりぎりのところで粘ってキープし、
絶妙のクロスを入れたのが本田だった。ムバイ・ニヤングの頭に当たってバッカがゴールしたため、
アシストはつかなかったが、彼の献身性がゴールを呼び込んだのは事実だろう。
その後、前半は右の縦関係に位置するデ・シリオとうまく絡みながら効果的な仕掛けを繰り返し、後半は右から
ゴール前へ流れる形が増えた。モントリーボやアンドレア・ベルトラッチも困った時には毎回のように本田にボールを預け、
攻撃を組み立て直してもらっていた。こうした一挙手一投足は試合のダイジェストにも出ず、記録にも残らない。
けれど、本田がチームの潤滑油になっているのは紛れもない事実である。
「黒子になってチームを支えよう」という姿勢が見て取れたもう1つのポイントがリスタート時だ。
位置も影響したのだろうが、この日、試合を通してFKを蹴ったのは、本田ではなくジャコモ・ボナベントゥーラだった。
かつて日本代表で中村俊輔に「キックを蹴らせてくれ」と強引に主張した頃とは180度異なる行動パターンには
驚かされるばかりだが、本人にしてみれば「チームメートを気持ちよくさせることが、自分にとってもプラスに働く」
という冷静な判断があるのだという。

「FKはね、基本的に向こう(左)サイドは代表ではヤット(遠藤保仁)さんに譲ってきたし、こっちサイドでは僕と。
前の試合でも、マリオ(バロテッリ)のFKがうまいのは周知の事実で、それは僕も認めるところなんで、マリオに任せました。
マリオとのやり取りでは、まずは譲ってあげる方がその後、交渉しやすいんで。
次にこっちサイドがあれば、僕が蹴りたいなと思いますけど」(本田)

それはボナベントゥーラや他の選手との間でも一緒だろう。このように仲間を尊重し、生かし生かされようとする姿を
シニシャ・ミハイロビッチ監督も認めているから、指揮官は試合後の会見で「やる気と犠牲心を見せてくれている」
と名指しで賛辞を贈ったのである。
ジェノア戦を機に、本田に対する正当な評価が増えていくという期待は少なくない。イタリア最大級の
全国紙『コリエレ・デッラ・セーラ』のミラン担当、アリアンナ・ラベッリ記者もそんな流れを願う1人だ。

6 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:51:16.94 ID:CAP_USER*.net

「私はこのジェノア戦が、本田の今季最初のベストゲームだとは思っていません。1月31日のミラノダービーも、
2月3日のパレルモ戦も非常に良かった。彼は積極的に攻撃にいくだけでなく、守備面でもハードワークを惜しまず、
チームのために誰よりも身を粉にして働いている。モントリーボとの連係も日に日によくなっているし、
右サイドの(イグナツィオ・)アバーテ、デ・シリオともお互いにいいフィーリングを持ちながらプレーできています。
ミハイロビッチ監督も『12月20日のフロジノーネ戦の後、もし本田がこのレベルのプレーを続けるのなら、
今後もずっと使うと本人に言った』と記者会見でコメントしていましたが、そこから1カ月以上、彼はトップパフォーマンスを維持している。
このゴールによって、本田は自分を辛らつに批判したメディアやサポーターを納得させました。今季は残り13試合ですが、
ミランの目標はチャンピオンズリーグ出場権内の3位以内。本田がそのための重要な戦力になるのは間違いない。
先月までは移籍話が出ていましたが、彼は来季もミランに残留するでしょう」と彼女は太鼓判を押す。
ミランは現在、25試合を終えて勝ち点43の6位。3位・フィオレンティーナとは6ポイント差あり、巻き返しは容易ではない。
しかしながら、一時はチーム構想外かと目されながら「失敗しても信じてやり続けることが大事」と自らを奮い立たせ、
強靭(きょうじん)なメンタリティーで逆境を跳ね除けた本田なら、奇跡を起こせるかもしれない。

「本田のみならず、チーム全体が自信を深め、急ピッチで成長している。3カ月後にはもっと勝ち点を積み重ねているはず。
欧州リーグ圏内の5位以内なら十分、手が届くでしょう。本田自身もここから得点を量産できる可能性が大いにあると思います」(ラベッリ記者)
そうした追い風を力にして、“背番号10”にはより一層の輝きを放ってほしい。「自分は新たな環境に適応するまでに
すごく時間がかかるタイプ」と前々から口癖のように話していたこの男の本領発揮は、ここからが本番だ。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201602170006-spnavi?p=2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455803321
2 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:49:09.29 ID:J6RUWP1W0.net

どうせまたくるくるする事になるぞ



7 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:53:16.17 ID:9Ab+l2PN0.net

1ゴールでどんだけスレ乱立するの?w



9 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 22:58:50.67 ID:sOdS2fTI0.net

>>7
こないだゴールだけが評価されてるじゃなくて今年に入ってからずっと高いパフォーマンスでチームを勝利に導いてるから賞賛されてる


11 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:03:30.13 ID:fKN1Uwdh0.net

次ナポリ戦だからって上げ過ぎ

12 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:06:10.84 ID:XSFnkUaJ0.net

本田が場外乱闘したおかげでミランがパスサッカーをするようになって勝てるようになりおもしろいサッカーをするようになったぞ



19 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:25:10.19 ID:aEMHej9S0.net

>>12
パスサッカーとはちょっと違う
みんながカバーやフォローをより意識して動きだしやスペース造る事をしだした
只そうは言ってもまだまだキチンとそれが意識出来てるのは本田、バッカ、モントリーボ、クツカとDF陣位まあニアンとボナベンは守備意識高いし特攻型だからいいとしてベルトラッチと他のFW控え組はまだまだ


21 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:26:56.94 ID:nx4ojkDb0.net

>>12
パスサッカーではない
よく走り守備をするようになったからいくらかつながりが出てきたってぐらい


16 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:08:47.77 ID:nKXfdUsM0.net

イタリアメディアの批評なんて無視でいいって誰か元選手が言ってたね

17 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:13:56.67 ID:x5Hm6olX0.net

海外のスポーツメディア、けっこういいかげん説

24 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/02/18(木) 23:39:59.50 ID:t666Ke/R0.net

このシュートは凄かったけど次はいつ決めるかだ!


CYBER ・ フットボールカバー ( 3DS LL 用) ブラック×レッド 【専用充電台 併用可能】
CYBER ・ フットボールカバー ( 3DS LL 用) ブラック×レッド 【専用充電台 併用可能】
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote