インテルミラノのエリック・トヒル会長は29日
MFハビエル・サネッティが今季限りで現役を引退し、クラブの幹部に就任する予定だと語った。

 40歳のサネッティは1995年にインテルミラノに加入。以降、公式戦で800試合以上を戦い
インテルミラノ一筋で不動のキャプテンとしてチームをけん引してきた。

 昨季終盤にアキレス腱断裂という重傷を負いながら、引退せずに現役続行を決断。
復帰を果たしたが、今季はリーグ戦10試合、コッパ・イタリア1試合の計11試合出場に終わっている。

 以前からシーズン終了後の引退と幹部入りが内定と言われてきたサネッティについて
トヒル会長はイタリアメディアのインタビューで、次のように話している。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

 「彼とはすでに2カ月前から話し合っている。彼の考えを知るためだ。だが、決断は下されている。
彼はマネジメントの一員となる。同時に、彼とは合意しているんだ。
今は欧州の舞台にたどり着くこと(ヨーロッパリーグ出場権獲得)が必要だとね」

 DF長友佑都も憧れの人として、「彼のようになりたい」と話しているサネッティ。
インテルミラノの背番号4の勇姿を見ることができるのも、残念ながらあとわずかのようだ。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140430/ser14043011080002-n1.html


日本型モノづくりの敗北 零戦・半導体・テレビ
日本型モノづくりの敗北 零戦・半導体・テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote