サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表23人が発表される5月12日まで、あと2週間となった。
ザッケローニ監督が初めて指揮を執った2010年10月のアルゼンチン戦以降、日本代表に招集されたのは計85人。
個人的な見解だが、以下の17人には当確ランプを灯していいのではないか。

【GK】川島永嗣(スタンダール) 西川周作(浦和) 権田修一(FC東京)

【DF】吉田麻也(サウサンプトン) 今野泰幸(G大阪) 森重真人(FC東京) 長友佑都(インテル・ミラノ)

    内田篤人(シャルケ) 酒井豪徳(シュツットガルト) 酒井宏樹(ハノーファー)

【MF】遠藤保仁(G大阪)山口蛍(C大阪)本田圭佑(ACミラン)

    香川真司(マンチェスター・ユナイテッド) 清武弘嗣(ニュルンベルク)

【FW】岡崎慎司(マインツ) 柿谷曜一朗(C大阪)

もっとも、ザッケローニ監督によると、メンバー選考の俎上にはまだ55人が載せられているという。
右膝手術からの復活を期す主将の長谷部誠(ニュルンベルク)を含め
残り6枠を38人で争う-というのが筆者の見立てである。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/140425/wsp14042512030002-n1.htm


心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote