来たりて彼は、彼の地を目にし、そしてゴールを残した――。
岡崎慎司は、自らのゴールでマインツをヨーロッパのカップ戦出場へと導こうとしている。
ついに、その日本代表ストライカーのゴールの秘訣が解き明かされた。
岡崎は、非常にスペシャルな“成功のレシピ”を持っている。マインツの郊外にあるレストランに、
まさにそのレシピはある。「ウナギを食べると、得点できるんです」と、岡崎はゴールの秘密を明かす。
しかもゴールを奪う時には、1点で止まらず2点決めることもある。マインツのオフィスでは、
よくこんな冗談が飛び交う。「まだここにいたのか、何をしているんだ!? 早くウナギを食べに行くんだ!」
この冬の原稿(1月7日掲載、「サムライたちのブンデスリーガ前半戦」)で、ブンデスリーガにいる日本人選手の中で、
岡崎をベストの存在に挙げた。先週土曜に行われた第31節ドルトムント戦のピッチに足を踏み入れる前にも、
岡崎はすでに11ゴールを決めていた。かつて、もう一人の日本人選手が輝きを放っていた、そのピッチに入る前に。

ドルトムントファンが目にした違う「シンジ」の2ゴール
香川真司はイングランドへと渡る前、このドルトムントのスタジアムで1シーズンにリーグ13得点を決めていた。
日本人選手で、これほどまでにゴールを量産する選手はいなかった。ただし、岡崎が並ぶまでは。
試合前の岡崎は、香川が残した記録まで、あと2ゴールに迫っていた。近いようで遠い記録。
だが、岡崎は一気にその距離を縮めた。90分のうちに2ゴールを挙げて、香川の記録に追いついたのだ。
ドルトムントのファンは、かつてはサムライが挙げるゴールを喜んだものだが、この日は違った。
ゴールを挙げたのは、2シーズン前までとは違う「シンジ」だったのだ。
ゴールは2つとも、相手の“アシスト”もあってのものだった。1点目はDFマッツ・フメルスの脚に当って方向が変わっており、
2点目はMFヌリ・シャヒンのGKへのバックパスを抜け目なくかっさらったものだった。
それでも2ゴールの重みに変わりはなかったが、残念ながらマインツが勝利を収めるには十分でなかった。
(全文)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/1314/columndtl/201404220001-spnavi?page=1


本田健の書斎探訪 ―知的経済自由人の生き方【渡部昇一、田原総一朗、森永卓郎 他】
本田健の書斎探訪 ―知的経済自由人の生き方【渡部昇一、田原総一朗、森永卓郎 他】
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote