2018年11月

【サッカー】<日本代表/中島・南野・堂安の新ビッグ3>4戦連続破壊力を示せるか?長友不在の守備の連係も注目/ベネズエラ戦プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 17:19:43.39 ID:CAP_USER9.net

予想フォーメーション
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181116-00010003-goal-001-view.jpg

屈強なフィジカルとテクニックのベネズエラ

来年1月に迫ったアジアカップ(UAE)で8年ぶり5回目のアジア王者を目指す日本代表。
本日11日16日に大分で開催されるキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦は、ビッグトーナメントを控えた数少ない調整の場となる。

森保一監督も「9、10月の戦いはベストなことにトライし、いい結果を得られたが、それが11月の試合に勝たせてくれるという保証にはならない。
今回も個の良さを出すことと、チームのクオリティを上げることの両方に選手たちにはトライしてほしい」と意気込みを新たにする。

FIFAランク29位のベネズエラは武藤嘉紀(ニューカッスル)の同僚FWサロモン・ロンドンらに象徴される通り、屈強なフィジカルを擁する選手が多いチーム。
ただ、そのフィジカル的長所を前面に押し出すのではなく、丁寧にボールをつないで組み立てるテクニカルなサッカーを志向する。
昨年のU-20ワールドカップ韓国大会準優勝の若い世代も台頭しており、タフな相手なのは間違いない。

引いて守る相手の多いアジアカップのシミュレーションにはなりづらい部分もあるが、決勝トーナメントで対峙するであろう韓国やオーストラリアなどを視野に入れた一戦としては有効だ。
アジアを制するためには、相手によって戦い方を変化させられる柔軟性が求められてくるだけに、今回のベネズエラ戦で日本の新たな一面を示せれば理想的なシナリオだ。

中島・南野・堂安の新ビッグ3は4戦連続破壊力を示せるか?長友不在の守備の連係も注目/ベネズエラ戦プレビュー
ベネズエラ戦予想フォーメーション(C)Goal
ウルグアイ戦のメンバー中心に先発の見込み
「ベネズエラ戦に関しては、今のところ(10月の)ウルグアイ戦のメンバーをベースに考えています」と指揮官も明言。今回は4-3で打ち勝ったタフな一戦の先発がほぼピッチに立つだろう。

GKは東口順昭(ガンバ大阪)、最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、冨安健洋(シントトロイデン)、吉田麻也(サウサンプトン)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、
ボランチは遠藤航(シントトロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)、2列目は右から堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、1トップ・大迫勇也(ブレーメン)という顔ぶれが有力視される。

肺気胸で離脱中の長友佑都(ガラタサライ)のポジション左SBは、森保監督の秘蔵っ子である佐々木が務める見通し。
今回初招集された山中亮輔(横浜F・マリノス)含めて、彼らで長友不在の穴をカバーできるのか否かはチェックしなければならない点だ。

センターバックに関しても、ウルグアイ戦は吉田と三浦弦太(G大阪)のコンビだったが、長身揃いの相手ディフェンス陣がリスタート攻撃時に上がってくることを考えると、
190cm近い吉田(189cm)冨安(188cm)のコンビを試しておきたいところ。冨安にとっては自らのミスで苦杯を喫した1年半前のU-20ワールドカップのリベンジの場となる。

吉田も同じプレミアリーグで戦うサロモン・ロンドンとの対戦ということで負けられない。「優れた選手というのはよく知っている」とロンドンも警戒心を口にしていただけに、2人のマッチアップは興味深い。
いずれにしても、ウルグアイ戦で3失点したことを忘れてはならない。今回はセットプレーの守備含めて完封を狙っていきたいもの。

>>2以降につづく

11/16(金) 11:53配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00010003-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181116-00010003-goal-000-view.jpg

2 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 17:20:00.43 ID:CAP_USER9.net

求められる多彩な攻撃バリエーション

一方、中盤の柴崎と遠藤航は攻守のいいバランスを保つことが肝要だ。特に柴崎は所属のヘタフェで出場機会に恵まれていないだけに、彼自身の状態が気になるところ。
「今、自分にできることはすべてやっている」と本人は言うものの、ウルグアイ戦では少し動きの重さが見えた。彼のところから攻撃のスイッチを入れるタテパスが入って初めて、新ビッグ3も生きてくる。
背番号7の戦術眼とゲームコントロール力にかいあらためてフォーカスしたい。

その彼がお膳立てする2列目トリオがこれまで3戦を超える輝きを示せるかどうかは、ベネズエラ戦最大の注目点と言っていい。
森保体制になってから南野が4点、堂安が1点、中島はゴールこそないが、数多くの得点機を演出している。

指揮官も「彼らが思い切ってプレーしてくれて、個の良さを出し、連係・連動やコンビネーションも考えながらいいプレーをしてくれている」と大きな手ごたえをつかんでいる様子だ。

とはいえ、本田圭佑(メルボルン)・岡崎慎司(レスター)・香川真司(ドルトムント)の「旧ビッグ3」もつねに爆発し続けたわけではない。
例えば、4年前の2015年アジアカップオーストラリア大会で、グループステージまでは3人が揃って得点を挙げていたものの、準々決勝・UAE戦で彼らに得点は生まれず、日本はPK負け。まさかの8強止まりに終わった。
新ビッグ3もいつ壁にぶつかるか分からないのだ。

「今はうまくいっているところが多いかもしれないけど、苦しくなってきた時に何ができるかだと思うし、大会になってみないと分からないところはある。親善試合は評価が難しいので、僕自身は周りの声は気にせず、しっかりプレーすることだけを意識しています」

4試合連続ゴールへの期待が懸かる南野も言うように、ここで自身を研ぎ澄ませておくことが肝要だろう。

「3人の長所はタテへの推進力。全員がつっかけてゴールへ迫って行ける」と遠藤航も語っていたが、その形を止められた時に違った引き出しや解決策を見せることもベネズエラ戦のテーマの1つではある。
1トップ・大迫を含めた攻撃陣には先々に希望を感じられるような多彩な攻撃バリエーションを強く求めたい。

「アジアカップにいい形でつなげていくためにも、まずは勝利という結果が大事。それと同時に内容にもこだわる必要がある」。2015年アジアカップの数少ない経験者である柴崎が強調した通り、
9・10月シリーズの勢いを持続しながら、森保体制4連勝を挙げること。まずはそこに注力してほしいものだ。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542356383
続きを読む

【サッカー】ベネズエラ戦に挑む日本代表に緊急事態…槙野「皆さんの力が必要です」「バスが・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/11/16(金) 18:25:20.90 ID:CAP_USER9.net

11/16(金) 18:21配信
ベネズエラ戦に挑む日本代表に緊急事態…槙野「皆さんの力が必要です」

 日本代表DF槙野智章が自身のツイッター(@tonji5)を更新。大分銀行ドームに向かうバスが渋滞でスタジアムに入れないことを伝えている。

 日本代表は16日の19時半にベネズエラ代表とキリンチャレンジカップで対戦する。しかし槙野はツイッターで「これから代表戦。だが、大渋滞でスタジアム入り出来ていない」と渋滞にはまっていることを報告。「皆さんの力が必要です。バスを通して下さい。すいません…お願いします!」と周囲への協力を呼び掛けた。

 槙野の投稿を見たDF吉田麻也も自身のツイッター(@MayaYoshida3)で「大分自動車道スタジアムへ向かうみなさん右側車線あけてください!」と渋滞解消に向けて協力を呼び掛けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-05473649-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542360320
続きを読む

【サッカー】日本代表、大渋滞でバス車内に“軟禁”…吉田がツイッターで懇願「右側車線をあけてください」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ゴアマガラ ★:2018/11/16(金) 18:23:55.55 ID:CAP_USER9.net

◆国際親善試合 日本―ベネズエラ(16日・大銀ドーム)

 森保体制発足から3連勝中の日本代表は、ベネズエラ代表と対戦する。

 大銀ドームに向かう道中が大混雑し、選手の会場入りが遅れるトラブルが発生した。DF吉田麻也は自身のツイッターに「大分自動車道スタジアムへ向かうみなさん、
右側車線あけてください!」と投稿。DF槙野智章は「皆さんの力が必要です。バスを通して下さい。すいません…お願いします!」と書きつづった。

 本来なら代表宿舎から15分程度の道中だが、バス車内に90分以上“軟禁”される事態となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000158-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542360235
続きを読む

【サッカー】<日本代表>ベネズエラ戦のチケットは完売!当日券の販売はなし。大分スポーツ公園総合競技場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/15(木) 16:04:48.38 ID:CAP_USER9.net

16日に日本代表がキリンチャレンジカップで対戦するベネズエラ代表の来日メンバーが発表になった。試合は大分スポーツ公園総合競技場で19時30分キックオフ。

 またチケットの完売も発表。当日券の販売はない。日本代表は20日の豊田スタジアムでキルギス代表と対戦するが、こちらのチケットも完売している。両試合ともTBS系で全国生中継される。

▽GK
22 ラファエル・ロモ(アポエル・ニコシア /CYP)
1 ウイルケル・ファリニェス(ミジョナリオス FC/COL)

▽DF
18 ベルナルド・アニョル(カラカスFC)
16 ロベルト・ロサレス(エスパニョール/ESP)
4 ジョン・チャンセジョル(アンジ・マハチカラ/RUS)
3 ジョルダン・オソリオ(ビトリア・ギマラエス/POR)
14 ルイス・マゴ(カラボボFC)
20 ロナルド・エルナンデス(スターベク IF/NOR)
6 ナウエル・フェラレシ(ペララダジローナ B/ESP)

▽MF
8 トマス・リンコン(トリノ/ITA)
11 ルイス・ゴンサレス(アトレティコ・トリマ/COL)
7 ダルウィン・マチス(ウディネーゼ/ITA)
5 フニオル・モレノ(DCユナイテッド/USA)
19 アリストテジェス・ロメロ(FCクロトーネ)
15 ジョン・ムリジョ(CDトンデラ/POR)
10 ヘフェルソン・サバリノ(レアル・ソルトレーク/USA)
13 ジャンヘル・エレラ(ニューヨーク・シティー/USA)

▽FW
23 サロモン・ロンドン(ニューカッスル・ユナイテッド/ENG)
17 ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/USA)
9 アンドレス・ポンセ(アンジ・マハチカラ/RUS)
21 セルヒオ・コルドバ(アウクスブルク/GER)

11/15(木) 14:59 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00863596-soccerk-socc

【サッカー】<日本代表・森保ジャパン>20日キルギス戦(豊田スタジアム)のチケット完売!ベネズエラ戦(大分銀行ドーム)はまだ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542082638/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542265488
続きを読む

【サッカー】<元日本代表>アスルクラロ沼津44歳伊東輝悦が現役続行明言!プロ生活26年目の今季は公式戦に出場していないが...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 12:58:33.15 ID:CAP_USER9.net

サッカー元日本代表でJプロ生活26年目の今季は公式戦に出場していないが、この日も練習でフルメニューを消化3アスルクラロ沼津MF伊東輝悦(44)が15日、日刊スポーツに来季も現役を続ける意思を示した。「少なくとも現時点では、辞めるとは思っていません」と言い切った。プロ生活26年目の今季は公式戦に出場していないが、この日も練習でフルメニューを消化。紅白戦でも精力的な動きを見せるなど、闘志は衰えていない。

一方で、1学年下で前日14日に引退会見をしたJ3SC相模原GK川口能活(43)には、ねぎらいの言葉を向けた。「今は『お疲れさま』と言いたいです」。

清水市(現静岡市清水区)出身の伊東は袖師中出身で、富士市出身の川口は東海大一中(現東海大静岡翔洋中)出身。伊東は東海大一(現東海大静岡翔洋)に、川口は清水商(現清水桜が丘)に進み、高校でもしのぎを削った。96年アトランタ・オリンピック1次リーグのブラジル戦(1-0)では、川口は28本のシュートを浴びながらも完封。伊東は決勝ゴールを挙げた。「マイアミの奇跡」の立役者同士で、伊東は懐かしそうに川口のプレーを振り返った。「彼が味方の時は頼もしかった。でも、敵に回したら本当にやっかいでした」。

次節は18日のホーム相模原戦。終了後には、伊東らから川口への「花束贈呈セレモニー」が実施される。2人がどんな会話を交わすのかも注目される。

【古地真隆】

11/16(金) 12:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00393711-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542340713
続きを読む

【サッカー】<香川真司>輝かせる“唯一の解決策”は移籍か? ドイツ誌が厳しい分析「もはや居場所がない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/16(金) 13:02:28.18 ID:CAP_USER9.net

ドルトムントに所属するMF香川真司にとって、厳しい状況が続いている。今季はルシアン・ファブレ監督の下、システムに合わないとされ、ブンデスリーガ開幕から3試合連続でベンチ外に。第4節、第5節で起用されるも、足首の怪我で戦列を離れると、現地時間10月31日に行われた2部ウニオン・ベルリンとのDFBポカール2回戦で先発出場してから、トップチームで出場のない状況となっている。

 その香川について、ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は「唯一の解決策は移籍か」と見出しを打ち、特集している。

 同誌は香川が今週初めに、バルセロナの浜辺でランニングを行っている様子をSNSで配信したことを伝え、「彼の150万人のツイッターフォロワーと、140万人のインスタグラムフォロワーは彼からの報告を喜んだだろう。というのも、この日本人選手の姿をBVBで見ることはなくなっているからだ」と述べた。

 香川は今季トップチームで公式戦4試合にしか出場しておらず、「キッカー」も実戦経験不足を指摘。クラブOBでプロ選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏は、「彼にとっては厳しい状況だ」と話しているという。

 記事では「カガワはこれまでドルトムントで148試合に出場し、41得点36アシストと、印象的な成績を残しているものの、29歳の彼にはもはや居場所がない。彼の好むトップ下にはマルコ・ロイスが左サイドから位置を移してきており、現在大活躍。マリオ・ゲッツェがその二番手という状況で、カガワは観客席から見つめるしかない。サイドでプレーしようにも、彼にはスピードが欠けている」と、香川の苦境について語られている。

今夏に移籍を検討も「状況は良くなるどころか…」

 夏に退団の噂があり、セビージャ、マルセイユ、ベジクタシュなどが新天地候補に挙がっていた香川。「キッカー」も、「カガワと代理人のトーマス・クロート氏は夏の移籍市場閉幕間際に移籍について検討していた。それ以降、(行き詰まった)状況は良くなるどころか逆を辿っている」とし、「6年半を過ごしたクラブと別れることが、今冬彼に残された唯一の解決策と考えられるだろう」と述べている。

 代表ウィークに入ったため、国内リーグは一時中断。この機会を利用し、ドルトムントは16日に3部シュポルトフロインデ・ロッテとテストマッチを行う。先頃、セカンドチームにあたるU-23チームで4部リーグの試合に出場し、アシストを連発して5-0勝利に貢献した香川。この試合にも出場し、試合勘を取り戻したことをアピールできるだろうか

11/16(金) 6:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00148010-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542340948
続きを読む

【サッカー】<日本代表の森保監督>ベネズエラ戦のスタメンを示唆!「ウルグアイ戦のメンバーをベースに戦いたいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/15(木) 19:40:14.06 ID:CAP_USER9.net

「ベネズエラは戦術の浸透がされているチーム」

11月15日、日本代表の森保一監督は、翌日のベネズエラ戦(大分スポーツ公園総合競技場)に向けた公式会見に登場した。

 森保監督は冒頭、「ベネズエラの印象は監督がA代表とアンダー世代を兼任でやられているので、戦術が浸透しているチームだなと感じています。個の力もあるチームです。何よりも規律が取れています」とコメント。
 
 またベネズエラ戦のスタメンに関しては、10月のウルグアイ戦のメンバーを踏襲することを説明した。
 
「明日のベネズエラ、キルギスの2試合において、まずは試合が始まってみないと、また怪我人の状況を踏まえて戦わないといけないので分かりませんが、少しでも多くの選手にプレーしてもらいたいとの考えを持っています。ベネズエラ戦に関してはウルグアイ戦のメンバーをベースに戦いたいです。今日の練習を見て変わるかもしれませんが、今のところはそう考えています」

 ウルグアイ戦で先発した長友佑都は負傷のため選外となっているが、残りのメンバーは今回も招集。ゴールを挙げた南野拓実、堂安律らが軸となりそうだ。

11/15(木) 17:24 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00050269-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542278414
続きを読む

【サッカー】<吉田麻也>森保ジャパンとハリルジャパンとの違い。森保ジャパンのテーマは“柔軟性”と“人とボールが動く”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/11/15(木) 23:21:32.45 ID:CAP_USER9.net

ベネズエラとの一戦を翌日に控えた日本代表が15日、大分市内で調整。キャプテンで、守備の要である吉田麻也は「前回だけじゃなく、ここ1年くらいは取られ続けているので、セットプレーからの失点はなくさないといけないと」と注意喚起した。
 
 ロシア・ワールドカップのベルギー戦ではCKの流れから失点し、10月のウルグアイ戦でもFKの流れから失点。体格で劣る日本にとってセットプレーの守備は積年の課題だ。
 
 もっとも発足して間もない森保ジャパンではトレーニングの時間が限られており、「前回は初めての選手も多くて、監督と話しましたが、セットプレーではないところにプライオリティを置き、時間はそこまで取れませんでした。それは今回も同じですが、セットプレーは時間をかけてやらなくちゃいけないと思っているので、一番、できるのはアジカップに入る前だと思います。共通理解を持ってやりたいです。あとは精神論になってしまいますが、絶対に失点をしないという強い気持ちが必要です」と話す。
 
 一方、森保一監督のサッカーに関しては「とにかく人とボールを動かしながらプレーするのがテーマ」と説明。「練習ではワンタッチの制限があるので、必然的に身体を動かしながら、考えながらボールを動かさなくてはいけないので楽しいです」と続ける。
 
 これは以前に指揮を執っていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督のスタイルとは異なる点で、「どっちが良いというわけではなくて」と付け加えたうえで、「ハリルさんはこれと言ったら、これ以外はノーと言っていましたが、森保さんはこうと示すけど、でもこういう時もあるよねという柔軟性があります」と説明した。
 
 柔軟性があり、人とボールが動くサッカー――。森保監督のスタイルが現われ始めている日本代表は、ベネズエラ戦で史上初となる初陣からの4連勝を目指す。

11/15(木) 21:24 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00050281-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542291692
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ