2018年09月

【サッカー】 マドリー、セビージャに3失点 今季リーガ初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アルテミス@ ★:2018/09/27(木) 11:08:40.70 ID:CAP_USER9.net

ラ・リーガ第6節、セビージャ対レアル・マドリーの一戦が行われ、3対0でセビージャが勝利を収めている。


マドリーはボールポゼッションは6割と試合をコントロールし、シュート本数も20本を越えたが、枠内シュートはわずか3本。前半に奪われた3点は大きく、後半多くのシュートを放ったが得点は奪えず試合は終了している。

【得点者】
アンドレ・シルバ〔17分、21分〕
ベン・イェデル〔39分〕

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00010001-sportes-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538014120
続きを読む

【サッカー】セリエA第6節 ディバラが待望の今季公式戦初ゴール!ユベントスが開幕6連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/09/27(木) 07:31:29.64 ID:CAP_USER9.net

[9.26 セリエA第6節 ユベントス2-0ボローニャ]

セリエAは26日、第6節を行った。
ユベントスはホームでボローニャと対戦し、2-0で勝利。開幕6連勝とした。

前半11分、ユベントスはDFレオナルド・ボヌッチのロングフィードからチャンスを作ると、
MFブレーズ・マテュイディのシュートはGKに防がれたが、FWパウロ・ディバラがボレーで押し込んで先制。
ディバラは待望の今季公式戦初ゴールとなった。

ユベントスは勢いのままに前半16分、ディバラのクロスをFWクリスティアーノ・ロナウドが折り返すと、マテュイディが詰めて加点に成功。
その後の追加点はなかったが、危なげなく勝ち切って、開幕からの連勝を伸ばした。
30日の次節は、ナポリとの天王山になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02126206-gekisaka-socc
9/27(木) 7:10配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163305.html
試合スコア


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538001089
続きを読む

【ラグビー】 車の下敷きになったラグビー日本代表の浅原が文書で陳謝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:朝一から閉店までφ ★:2018/09/27(木) 19:13:00.82 ID:CAP_USER9.net

2018年9月27日19時0分 スポーツ報知

 ラグビー日本代表プロップで、23日未明に東京・府中市内で泥酔して車の下敷きにされる交通事故に遭った浅原拓真(31)=東芝=が27日、日本ラグビー協会を通じて文書で陳謝した。
「私自身の自覚が足りなかったために事故を起こしてしまい、運転手の方や地域の皆様、ラグビー関係者に多大なご迷惑をお掛けしてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
運転手の方にも直接お詫びを申し上げ、その際に励ましのお言葉もちょうだいしました。改めて自身を律し、ラグビーに真摯(しんし)に取り組んで参ります」とした。

 浅原は23日未明に京王線・府中駅前の路上で泥酔。あおむけのまま寝込んでいたところを車に引かれ、その際、所属チームメートで日本代表主将のリーチ・マイケル(29)らに救助されていた。
一時は車の下敷きになったが、リーチら同僚が車を持ち上げて浅原を救出。幸いにも擦り傷や打撲などの軽傷で済んでいた。


https://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20180927-OHT1T50223.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538043180
続きを読む

【サッカー】 宇佐美今季初出場も不発「もっとバリエーションを」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ほニーテール ★:2018/09/27(木) 08:55:07.70 ID:CAP_USER9.net

<ブンデスリーガ:デュッセルドルフ1-2レーバークーゼン>◇26日◇デュッセルドルフ

MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは、ホームでレーバークーゼンに1-2で敗れた。

前半は0-0で折り返したが、後半に入りFWフォランドに2ゴールを奪われ、同ロスタイムにFWヘニングスがPKを決めたが届かなかった。

3試合連続でベンチ入りの宇佐美は、0-2とリードされた後半29分から今季公式戦初出場。右MFに入り、同37分にはDFギーセルマンとのタイミングの良いワンツーを見せ、同42分にはDFにブロックされたものの、左からのカットインでミドルシュートを放ったが不発に終わった。

「追い上げていく中で勢いづかせるようなプレーをできれば」とピッチへ入ったが、結果的にはゴールを決めることはできなかった。「良いシーンが1本あったり。シュートもブロックされましたけど、ああいう風に、中に入って(シュートを打つ)とか。ボールに触る機会も少なくなる中で、そういうコンビネーションであったり、アイディアであったり、仕掛けであったりというバリエーションを攻撃面でもやっぱり出していきたい。そこをもっとアピールしていかないといけない」と課題を挙げた。

ようやく今季の第1歩を踏み出せた。「出ないとやっぱり積みあがっていかないものもある。日頃から常に続けていくしかないと思います。どんな状況になっても」とうなずいた。

デュッセルドルフは1勝2分け2敗の勝ち点5で13位。(鈴木智貴通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00343662-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538006107
続きを読む

【サッカー】 バルセロナが最下位レガネス相手に不覚…わずか1分で2失点、今季初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アルテミス@ ★:2018/09/27(木) 11:09:44.43 ID:CAP_USER9.net

ラ・リーガは26日に第6節が行われ、バルセロナはレガネスに1-2と敗れた。

前節ジローナと引き分け、開幕からの公式戦連勝が「5」でストップしたバルセロナ。敵地で勝利を取り戻したい一戦で、バルベルデ監督はローテンションを採用。スアレスらを温存し、ムニルを今季初めて起用した。

バルセロナは12分に先制。ドリブルで運んだメッシのラストパスをコウチーニョがエリア外で受けると、トラップは浮いてしまったものの、落ち際をダイレクトシュート。強烈なミドルがネットに突き刺さった。

その後も優位に試合を進めたバルセロナだったが、後半開始早々に厳しい状況に追い込まれる。52分にロングパスでSBの裏を突かれると、クロスをエル・ザルに押し込まれて同点に追いつかれる。すると再開直後の53分、中盤でボールを奪われると、ロングパスに抜け出される。ピケが追いついたものの、クリアミスがエリア内に走り込んだオスカルの元へ飛び、ダイレクトで押し込まれた。

あっという間に逆転を許してしまったバルセロナは、その後ボールを支配して相手を攻め続ける。しかし、11人全員が自陣で守備をするレガネス相手に苦戦し、なかなかブロックを崩せない。

結局ボール支配率「77%」を記録したものの、ゴールをこじ開けることはできず。1-2で敗れた。

バルセロナにとって、これが今季初黒星に。ここまで1分4敗と最下位に沈んでいたレガネス相手に、不用意な失点の代償を支払うこととなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000028-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538014184
続きを読む

【ラグビー】“泥酔”ラグビー日本代表選手が車の下敷きに・・・事故直後の衝撃写真を独自入手(※画像あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あずささん ★:2018/09/27(木) 12:13:52.11 ID:CAP_USER9.net

“泥酔”日本代表の浅原選手が道路に寝て車の下敷きに… 

9月23日午前2時過ぎ、東京・府中市で1本の110番通報が入った。
交通事故を起こしてしまった。人が車の下敷きになっている」
40代の男性運転手から通報を受けた警察官が急いで現場に向かうと、そこには普通乗用車の下敷きになっている男性がいた。
下敷きになっていたのはラグビー日本代表で東芝ラグビー部に所属する浅原拓真選手(31)だった。


騒ぎ聞きつけた他の選手らが駆け付け救出活動
実は浅原選手は、直前まで東芝ラグビー部の同僚らと飲食店で食事や酒を飲むなどしていたが、酩酊状態となり1人で府中市の道路に寝てしまっていたのだ。
そして、その寝てしまった場所は40代の男性が停車していた車の前だった。
警視庁によると、運転手は休憩のため車のシートを倒して車内で休んでいたという。
そして、一休みして車を発進させようとしたところ、まさか人が道路で寝ているとは思わず、浅原選手を轢いて下敷きにしてしまった。
午前2時を過ぎた深夜の現場だったが、駆け付けた警察官などによって周辺の騒ぎが大きくなっていた。
すると、騒ぎに気付いた日本代表キャプテンのリーチ・マイケル選手や東芝ラグビー部の同僚らが現場に駆け付け、その車を持ち上げて浅原選手を救助した。
浅原選手はその後、病院に搬送されたものの奇跡的に軽傷だったという。

浅原選手「反省しています」…東芝ラグビー部「再発防止徹底」
今回の交通事故を受けて浅原選手は、東芝ラグビー部の聞き取りに対して「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。反省しています」と話しているという。
また東芝ラグビー部はフジテレビの取材に対して、「浅原が飲食後、道路に横たわり交通事故を起こした事で関係する人たちにご迷惑とご心配をお掛けして大変申し訳ありませんでした。チームとして再発防止に関し、徹底していきたいと思います」とコメントしている。
しかし、車の下敷きになったにも関わらず軽傷だった浅原選手。
また、浅原選手を救出するために、その車を持ち上げてしまうリーチ・マイケル選手たち。
ラグビートップ選手たちの鍛えられた肉体の凄さを図らずも知ることになった事故である。

画像(※浅原選手は軽傷でした)
https://www.fnn.jp/image/program/00367480HDK?n=11&s=nc

ソース/FNN
https://www.fnn.jp/posts/00367480HDK


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538018032
続きを読む

【サッカー】<日本代表の森保一監督>フランス代表のデシャン監督に直訴!「練習試合をしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/27(木) 06:18:53.63 ID:CAP_USER9.net

日本代表の森保一監督(50)が26日、各国代表監督が参加した研修会を終え、ロンドンから帰国した。世界的名将を前に、大胆行動に出たことを明かした。まずは、ロシアW杯を制したフランス代表のデシャン監督に簡単なあいさつを済ませて、「今度練習試合をしたい」と申し出た。

 さらにW杯16強のスイス代表のペトコビッチ監督からは指導法を聞き出す。「GKからのビルドアップ(攻撃の組み立て)がうまい。練習から多くやっているのか(と聞いた)」。森保監督もGKから組み立てるサッカーを目指しており、日本代表にも取り入れる考えだ。

 元広島の監督で、南アフリカ代表を率いるバクスター監督からは逆に「練習試合をしてほしい」と提案されたという。「刺激になった。チーム作りに生かしたい」と話した。

9/27(木) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000085-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537996733
続きを読む

【サッカー】<香川真司>途中出場!ドルトムント、圧巻ゴールショー!久保先発のニュルンベルクに7発大勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/27(木) 06:07:32.73 ID:CAP_USER9.net

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180927-02124255-gekisaka-000-4-view.jpg


9.26 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント7-0ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第5節2日目が26日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムント(2勝2分)がFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1勝2分1敗)と対戦し、7-0の完封勝利を収めた。前節ホッフェンハイム戦で今季初先発を飾った香川はベンチスタートとなったが、後半17分から途中出場。開幕4戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ねて後半41分までプレーしている。

 前半9分に試合を動かしたのはホームのドルトムントだった。左サイドから切れ込んだMFクリスティアン・プリシッチの巧みな浮き球のパスからPA内に走り込んだFWヤコブ・ブルーン・ラルセンが、飛び出したGKファビアン・ブレドロウよりも先にボールに触れると、鮮やかな軌道を描いたループシュートがネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは前半14分、CKの流れから右サイドでボールを受けた久保が果敢に右足シュートを狙うも、GKロマン・ビュルキの正面を突いてしまう。すると同32分、FWマキシミリアン・フィリップのパスに走り込んだFWマルコ・ロイスがPA外から放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりながらもネットに突き刺さり、ドルトムントがリードを2点差に広げた。

 2-0とドルトムントがリードしたまま後半を迎えると、同4分にニュルンベルクのCKからドルトムントがカウンターを発動させ、ボールを運んだMFマルコ・ロイスのラストパスからDFアクラフ・ハキミがネットを揺らして3点目。さらに同13分にはラルセンとの鮮やなワンツーからロイスがゴールを陥れ、リードは4点差に広がった。

 すると後半17分にドルトムントベンチが動き、ロイスに代えて香川、MFアクセル・ビツェルに代えてMFユリアン・バイグルが同時にピッチへと送り込まれた。その後は同29分にDFマヌエル・アカンジ、同40分にMFジェイドン・サンチョ、同43分にバイグルがゴールを奪い、ドルトムントが7-0で快勝した。

9/27(木) 5:22フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02124255-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537996052
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ