2018年09月

【サッカー】<メッシやC・ロナウドより上!>MFアザールをチェルシー同僚が絶賛!「彼は世界最高だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/29(土) 01:47:44.32 ID:CAP_USER9.net

リバプール戦で圧倒的な個人技を見せつけたアザール 同僚MFバークリーが太鼓判

チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは現地時間26日のリーグカップ3回戦でリバプール相手に圧倒的な個人技を見せて決勝ゴールを奪った。今季公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せる「背番号10」を同僚選手も「世界一」だと称えている。英紙「テレグラフ」が報じた。

【動画】超絶タッチで相手を翻弄! 絶好調のベルギー代表MFアザール、圧巻のハットトリック達成

 アザールはリバプールとの一戦で後半11分からピッチに立つと、1-1で迎えた同40分に右サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

 開幕からトップフォームを維持し、圧巻の個人技を披露したアザールを“世界一“に推す声も上がっている。同僚のイングランド代表MFロス・バークリーは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較したうえで、“自己中心的”ではないアザールこそナンバーワンだと手放しで称賛する。

「比較すると、ロナウドとメッシのほうがエデンより利己的かもしれない。彼は利己的な選手ではない。二つのアシストでチームが勝利してもハッピーだ。ゴールも増え、日々良くなっている。リバプール戦で彼がやってのけたプレーは、正直言ってトレーニングで毎回やっている。だから驚きはないよ。現時点で彼は世界最高の選手だ。僕はそう信じている」

 メッシやロナウドに並ぶ実力者という評価を得ているアザール。二人の壁に阻まれて、バロンドールなど個人賞の獲得はまだない。この調子を維持し、名実ともに世界最高の称号を手にすることができるだろうか。

写真https://amd.c.yimg.jp/im_siggYwzxjfKOOPzZeHo7KBJkCg---x264-y264-q90-exp3h-pril/amd/20180830-10000243-bunshuns-000-2-thumb.jpg


9/28(金) 15:10 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138049-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538153264
続きを読む

【サッカー】<ヘルタ・ベルリン>王者バイエルンを2-0撃破…バイエルンはシュート24本も無得点で初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/29(土) 06:46:11.96 ID:CAP_USER9.net

現地時間28日、ブンデスリーガ第6節ヘルタ・ベルリンvsバイエルンが行われ、バイエルンが今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した。

22分、ジェローム・ボアテングがサロモン・カルーをペナルティエリア内で倒したとして、ヘルタ・ベルリンのPKが与えられる。このチャンスにヴェダド・イビシェヴィッチがきっちり決め、ホームのヘルタが先制。

ヘルタは44分、ヴァレンティーノ・ラザロが右サイドを深くえぐり、マイナスのクロスを放つ。そこにオンドレイ・ドゥダがダイレクトで合わせ、ヘルタが追加点を記録する。

2点ビハインドとなったバイエルンはこの後も猛攻を仕掛けるが1点が遠く、2-0でヘルタ・ベルリンが勝利を収めた。バイエルンは開幕4連勝を飾った後、第5節で引き分け、第6節で今季リーグ戦初黒星を喫する形に。

ちなみにボールポゼッションは30-70%、シュート本数は6-24という内容だった。

9/29(土) 6:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000023-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538171171
続きを読む

【サッカー】日本代表に暗雲? 10月12日対戦予定のパナマ代表、国内騒動の余波で来日回避の可能性急浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/09/28(金) 15:47:57.80 ID:CAP_USER9.net

9/28(金) 10:10配信
Football ZONE web

FIFA規定に反して国内リーグ戦実施、パナマのプロサッカー選手会が反発して抗議文

 10月12日に新潟で日本代表と対戦予定のパナマ代表が来日しない可能性が浮上している。現地時間27日に「パナマ・アメリカ」紙など複数の地元メディアが報じた。


 発端はパナマの国内リーグだ。試合と試合の間には48時間以上の間隔を空けなければならないというFIFA(国際サッカー連盟)の規定に反し、FIFAと同じ規定に基づいている国内リーグで、前の試合から46時間後に試合が行われたことに対して、同国のプロサッカー選手会が反発。選手会は「パナマ代表サッカー選手」の連名でパナマサッカー連盟やパナマリーグに対して抗議文を出し、この規則を守るという正式書類での回答を早急に得られない場合、10月のアジア遠征(12日の日本戦、16日の韓国戦)に選手を派遣しない旨を通達した。

 問題となっているのは、現地時間9月21日20時から行われたプラサ・アマドール対インデペンディエンテ戦。プラサ・アマドールはその前の試合、スポルティングSM戦を2日前の9月19日20時から行い、2試合ともプラサ・アマドールが2-1と勝利しているが、インデペンディエンテ戦はスポルティングSM戦終了から46時間後の試合開始だった。これに対し、選手会側はパナマサッカー連盟やパナマリーグに対し、規則違反だと訴えている。

 元パナマ代表選手で、選手会の会長を務めるファン・ラモン・ソリス氏は、問題となっている21日の試合会場を訪れたが、リーグ側から締め出しを食らう出来事もあったようだ。

選手会が抗議したなか、現代表メンバーやロシアW杯で同国初ゴールの決めた英雄も支持

 連盟側は「ソリス氏は、もう解説者ではないにも関わらず、テレビ局の報道用パスで(入れない)選手ロッカーに入ろうとしたので警備員が止めた」「彼は自主的に会場から去った」などと説明している。

 一方、ソリス会長は今季の報道用パスの有効性を訴えており、「彼らは卑怯だ」「私は(警備員と警察の)警護に囲まれて外に出た」と明かしており、水掛け論も勃発。さらにソリス会長は「(連盟やリーグは)試合時間を変更できるにも関わらず変更しなかった」「労働者としての選手の体調面が考慮されていない。選手たちの権利が守られていない。連盟やリーグの身勝手な決断だ」と主張している。

 野球大国のパナマは、今回のロシア・ワールドカップで初出場を果たし、国内でのサッカー人気も上昇中。だが、まだサッカー選手の地位は低く、選手会では今回、連盟や各クラブに対し、労働契約や、問題が起こった際の協議室の設置、給料、女子サッカー選手のギャラなどについての条項も明記するよう求めた。

 選手会の抗議に対し、代表メンバーのGKホセ・カルデロン(デポルティボ・グアスタトヤ/グアテマラ)やMFエドガル・バルセナス(レアル・オビエド/スペイン)、ロシアW杯で同国史上初ゴールを決め、大会後に現役を引退した元DFフェリペ・バロイも自身のツイッターで選手会の抗議文をリツイートするなど、選手側からも支持の声が上がっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138002-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538117277
続きを読む

【サッカー】<マンチェスター・ユナイテッド>モウリーニョ派か? ポグバ派か? 内部分裂が勃発! ルカクやラッシュフォードまでもが…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/28(金) 21:05:54.83 ID:CAP_USER9.net

モウリーニョとポグバの不和をきっかけに起きた内部分裂

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180928-00047904-sdigestw-000-5-view.jpg


指揮官と司令塔の軋轢によって、マンチェスター・ユナイテッドに暗雲が立ち込めている――。

 今シーズンに5年ぶりのプレミアリーグ制覇を懸けているユナイテッドだが、そのチーム状態が芳しくない。きっかけとなったのが、就任3年目を迎えた指揮官ジョゼ・モウリーニョとチームの“メインキャスト”であるフランス代表MFのポール・ポグバの関係悪化だ。

 以前から“不仲”が噂されてきた両者だが、現地9月26日に、英衛星放送『Sky Sports』が、練習場で何事かを話し合った末に睨み合うという、一触即発の緊張感が漂う様子をカメラに収めたことで、その亀裂がもはや修復不可能なところにまで来ていると憶測を呼んでいる。

 ついには、チームそのものが内部分裂の危機に瀕していることも伝えられた。英紙『Mirror』を始めとする複数の国内メディアが一斉に報道したのだ。

『Mirror』によれば、一連の騒動により、ユナイテッドには、モウリーニョに対立する派閥が生まれており、ポグバを中心にアントニー・マルシアル、エリック・バイリーなどのフランス語圏の選手、さらに若手注目株のマーカス・ラッシュフォードやルーク・ショーも指揮官に対して反旗を翻しているという。

 一方、モウリーニョを支持するグループも存在するようで、アシュリー・ヤングやネマニャ・マティッチを中心に、チームキャプテンのアントニオ・バレンシアやマルアン・フェライニなどの中堅・ベテラン勢が占めており、同紙は「自己中心的な振る舞いの目立つポグバと距離を置いている」と綴っている。

 ここで気になるのは、チームの頼れる点取り屋で、「ドレッシングルームの中心人物(Mirror紙)」であるロメル・ルカクがどちらについているのか、だ。『Mirror』によれば、一緒にオフを過ごすなどポグバと友人関係にあったベルギー代表FWだが、ここ最近は距離をおいており、モウリーニョ支持派に回っているようだ。

 ライバルのリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティらが順調なスタートを切った一方で、ピッチの内外で混沌とした状況が続いているユナイテッド。現状を打破すべく、クラブ首脳はいかなる策を講じるのか? もはや看過できるレベルではないはずだが……。

9/28(金) 19:27サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00047904-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538136354
続きを読む

【サッカー】<アジアカップ>賞金総額は過去最高16億8000万円! F組の日本代表はトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/28(金) 19:09:55.58 ID:CAP_USER9.net

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、アジアカップ2019の開幕100日前を記念したワークショップを開催し、大会の賞金額をあらためて公表している。優勝チームには500万ドル(約5億6750万円)が支払われる予定だという。

 アラブ首長国連邦(UAE)で行われるアジアカップ2019は来年1月5日に開幕。過去最多の24か国が出場し、6組に分かれたグループリーグと決勝トーナメントで優勝を争う。賞金も過去最高額にのぼる見込みで、総計1480万ドル(約16億8000万円)が投入される。

 AFCの発表によると、優勝賞金は500万ドル。準優勝には300万ドル(約3億4000万円)、ベスト4にはそれぞれ100万ドル(約1億1350万円)が贈られ、全ての参加チームにも20万ドル(約2270万円)が配られる。

 F組の日本代表はグループリーグでトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと対戦。各組2位以上と各組3位の上位4チームが決勝トーナメントに進出し、2月1日に行われる決勝戦を目指す。

2018年9月28日 18時23分ゲキサカ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15371409/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538129395
続きを読む

【サッカー】<インテルDFが語る長友佑都>「同僚で一番面白かったのはナガトモ。挨拶だけで笑える」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/28(金) 14:01:51.54 ID:CAP_USER9.net

インテルに所属するDFダニーロ・ダンブロージオが、インテル公式チャンネル『インテルTV』のインタビューに応じ、今年1月まで同僚だった日本代表DF長友佑都やチームメートについて言及した。

インテルにおいて6シーズン目を迎えたダンブロージオは、ミラノでのチームメートについて語っている。「多くのチームメートと知り合った。僕がサッカーだけでなく、人間として成長していく上で、全員が大切だった」と話すダンブロージオ。今年1月までインテルでプレーしていたガラタサライの長友とも、4年間を一緒に過ごした。過去には、日本代表DFに対し女優の平愛梨さんへのプロポーズ方法をアドバイスしたことを明かしたこともあるが、長友のことは印象に残っているようだ。「一番面白かったのは、ナガトモだよ。彼はすごく楽しくて、彼と挨拶するだけで笑いだしていたよ」と明かしている。

また他の選手についても言及。「エデルとはずっと相部屋だった。ピッチ外でもよく連絡を取り合っていたよ。今は(ロベルト)ガリアルディーニや(アントニオ)カンドレーヴァ、(トンマーゾ)ベルニ、(サミル)ハンダノヴィッチらと一緒に過ごすことが多い。でも全員とも仲が良いし、若手選手にはアドバイスをするように努めているよ」と述べた。

続いてインテルの右サイドバックは、自身のサッカー観についても言及。「情熱、愛、そして献身性かな。だが犠牲も伴う。自分のキャリアを誇りに思っているよ」と胸を張った。

9/28(金) 12:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000004-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538110911
続きを読む

【サッカー】<メッシかとリーグ絶賛!>日本代表MF宇佐美、華麗な“三人抜きドリブル弾”に再脚光

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/28(金) 13:58:02.66 ID:CAP_USER9.net

今季ドイツ1部に昇格したデュッセルドルフで在籍2年目のシーズンを迎えている日本代表MF宇佐美貴史は、26日の第5節レバークーゼン戦で後半29分から投入され、今季初出場を果たした。ブンデスリーガ公式ツイッターの英語版では、“ゴールアルファベット企画”を実施し、「U」枠で宇佐美(USAMI)が登場。かつて叩き込んだスーパーゴール動画を紹介し、「リオネル・メッシか、それとも日本から来た中盤の名手か」と称賛している。

【動画】「メッシか」とブンデス公式も再脚光で絶賛! 日本代表FW宇佐美貴史、華麗な三人抜きドリブルから圧巻ゴールの瞬間
https://www.football-zone.net/archives/137972/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=137972_6

 2011年夏にガンバ大阪からドイツの名門バイエルンに移籍した宇佐美。リーグ戦3試合0ゴールに終わり、翌シーズンにホッフェンハイムに籍を移した。ドイツ2年目は20試合に出場を果たし、ブンデスリーガ初ゴールを含む2ゴールをマーク。2013年から2016年まで古巣G大阪に復帰し、2016年夏にアウクスブルクへ移籍、2017年夏からデュッセルドルフでプレーを続けている。

 ブンデスリーガ公式ツイッターの英語版では“ゴールアルファベット企画”(AからZ)を実施しており、「O」枠では日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)も特集されたなか、今度は「U」枠で宇佐美が取り上げられている。「Uはウサミ(USAMI)のU」と記して投稿したスーパーゴール動画は、ホッフェンハイム時代の2012年9月26日シュツットガルト戦で生まれた衝撃の一撃だった。

 開始4分にいきなり宇佐美が魅せた。左サイドでパスを受けた宇佐美は縦方向へ一気に加速し、相手二人の間を強引に突破。カバーリングに入った三人目もかわすと、追いすがった相手を華麗な切り返しフェイントで翻弄し、最後は右足で鮮やかなグラウンダーのシュートを流し込んだ。

 切れ味鋭いドリブルで相手三人を翻弄した圧巻の一撃でチームを勢いづかせ、試合も3-0と快勝した。ブンデスリーガ公式ツイッター英語版では「リオネル・メッシか、それとも日本から来た中盤の名手か」と言及。名門バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシと見間違うほどの華麗なプレーを絶賛した。

 今季1部昇格のデュッセルドルフで活躍が期待される宇佐美。2012-13シーズンのホッフェンハイム時代以来となる1部でのゴールが見られるだろうか。

9/28(金) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00137972-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538110682
続きを読む

【サッカー】<先発出場乾貴士が決勝ゴールの起点!>ベティスがアウェーでジローナを下す..柴崎岳はついにメンバー外/リガ第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/09/28(金) 07:39:36.92 ID:CAP_USER9.net

現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第6節ジローナvsベティスの一戦が行われた。この試合で乾貴士は先発出場を果たしている。

アウェーながら、この試合でもベティスは高いボールポゼッションを記録。多くの決定機を創出するが、なかなか1点が遠い。

ようやく均衡が破れたのは64分だった。MFアンドレス・グアルダードが中央突破を仕掛け、乾へと一旦はたく。乾は右サイドに展開すると、フランシスがクロスを放ち、最後はFWロレンソ・モロンがダイレクトで流し込んでベティスが先制。

その後、ジローナはクリスティアン・ストゥアーニ、セイドゥ・ドゥンビアらが好機をものにすることができず、このまま1-0で試合終了。ベティスが今シーズン2勝目を飾った。なお、乾は65分まで出場し、ホアキン・サンチェスとの交代でピッチから去っている。

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180928-00000025-goal-000-3-view.jpg


9/28(金) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000025-goal-socc

柴崎岳はついにメンバー外…ヘタフェ、AT被弾で3勝目お預け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-02155145-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538087976
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ