2018年01月

【サッカー】<本田圭佑>直近4試合2G3A!大活躍に伊メディアも注目「メキシコで生まれ変わった!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/29(月) 19:06:59.61 ID:CAP_USER9.net

パチューカFW本田圭佑の活躍に、イタリアメディアも注目しているようだ。

今シーズンから、活躍の場をメキシコに移した本田。初挑戦のリーガMXの舞台で序盤戦は負傷で出遅れはしたが、ここまで公式戦22試合に出場し、7ゴール4アシストを記録。後期リーグに入ってからは、4試合で2ゴール3アシストと、チームを引っ張る存在となっている

この活躍に、イタリアメディアも注目。『コリエレ・デッロ・スポルト』や、『トゥットスポルト』らは、「ミランのホンダがメキシコで生まれ変わった!」と27日のティグレス戦でのゴールを動画付きで紹介している。

2014年から2017年までプレーしたミランでは、公式戦92試合で11ゴール14アシストを記録した本田だが、背番号「10」へのプレッシャーや、その発言がファンの反感を買うこともあり、チームの不調も手伝って批判にさらされることも多かった。

それでも、本拠地「サン・シーロ」最後の試合ではFKからゴールも記録し拍手を浴び、さらにミラン最後の試合ではキャプションマークも巻いた本田。イタリアを離れた後も現地で取り上げられるように、日本代表FWがイタリアに残した功績は大きかったようだ。

1/29(月) 11:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000004-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000004-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517220419
続きを読む

【サッカー】≪香川真司(28≫ 日本代表落選の悔しさ胸に…急激に調子を上げてきたワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/01/29(月) 17:12:44.66 ID:CAP_USER9.net

1/29(月) 16:00配信
香川真司、代表落選の悔しさ胸に…急激に調子を上げてきたワケ〈dot.〉

 香川真司が急ピッチでペースを上げている。今季は左肩の負傷、チーム不振の影響もあって出遅れていた香川だが、ウィンターブレイクを挟み、公式戦最近7試合で3ゴール4アシストというハイペースで結果を残している。ロシアW杯出場を目指す28歳は、なぜここにきて急激に調子を上げているのだろうか?

 考えられる要因はいくつかある。ひとつ目は経験を重ねた選手としての自覚だ。ドルトムントに所属する選手の平均年齢は25.5歳で、28歳の香川は年長組に入る。在籍年数もチームトップクラスになり、シーズン前に契約を更新したクラブも香川に若手を引っ張る役割を期待した。

 チームは10月半ばから公式戦13試合でわずか1勝しかできない大不振に陥ったが、そのなかで香川は自覚を持ってチームを変えようとしていた。なかなか勝てないことで自信を失ったチームメートたちが消極的になっていくなか、「リスクを負って思い切りやること」を自分の仕事だと自覚して取り組んだ。

 監督交代が与えた影響も少なくない。ピーター・ボス前監督の解任は香川にその責任を感じさせた一方で、新たな監督の下で「やらなければいけない」という想いを強くさせた。その影響もあってか、ペーター・シュテーガー新監督のもとで香川は次々と結果を残した。

 戦術面でも、香川に求められるものは大きくなっていた。シュテーガー監督が守備の安定のためにウイングのポジショニングを低めに取ったことでサイド攻撃の脅威は弱まった。後方からの攻撃の組み立てで中心的な役割を果たす香川だが、チャンスとなればゴール前に入って行くことを徹底している。中央からの攻撃をけん引する香川がやらなければ、チームはゴールを奪えない状況になっているのだ。

 ただ、香川を大きく変えたのは日本代表からの落選だろう。これを境に香川から漂う雰囲気が一変した。代表メンバー発表後に行われた試合後、落選について記者から問われた香川は代表についての想いを語り、それは大きな議論を呼んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00000075-sasahi-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000075-sasahi-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517213564
続きを読む

【サッカー】パチューカ本田圭佑が敵地で今季5点目!猛アピール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2018/01/28(日) 12:36:19.56 ID:CAP_USER9.net


パチューカ本田圭佑が敵地で今季5点目、猛アピール
[2018年1月28日12時30分]

競り合うパチューカの本田(共同)

<メキシコリーグ:ディグレス3-2パチューカ>◇27日◇ディグレス

 パチューカFW本田圭佑が敵地でのディグレス戦に先発フル出場し、今季5点目となるゴールを決めた。

 後半35分、1点を追う展開で右サイドからのクロスをゴール前に走り込み左足で合わせた。一時同点となるゴールに敵地スタンドは静まりかえった。

 試合はその後、ティグレスに再び勝ち越され、パチューカは敗れた。

 本田は20日のBUAP戦でも2アシストを決め、チームを後期初勝利に導いた。後期開幕戦のUNAM戦では1ゴールを挙げて全得点に絡むなど、ロシアW杯(ワールドカップ)へ向け、好調を維持して代表復帰へ猛アピールした。

 パチューカは1勝1分け2敗で勝ち点4のまま。

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201801280000322.html
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517110579
続きを読む

【サッカー】<インテルのスパレッティ監督>長友移籍容認発言!「私は、何も彼に約束できない」ベティスやフェネルバフチェが名乗り

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/29(月) 06:46:30.00 ID:CAP_USER9.net

【ミラノ(イタリア)28日=倉石千種】地元メディアは28日、インテルのスパレッティ監督が、日本代表DF長友佑都の移籍を容認したと報じた。

 同国メディアなどによると、スペイン1部ベティスやトルコ1部フェネルバフチェが長友獲得に名乗りを上げている。スパレッティ監督は長友の移籍について問われると「長友はいい選手。でも私は、何も彼に約束できない。彼はプレーできるチームを探しているみたいだ。選手はプレーできるところへ行けるなら、行かなければならない」と、移籍を容認するような発言をしている。

1/29(月) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000035-sph-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000035-sph-000-2-view.jpg


【サッカー】<インテル>またも勝ちきれず…90分に同点弾を許し7試合未勝利、長友佑都は出番なし/セリエA第22節
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517147091/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517175990
続きを読む

【サッカー】アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/01/29(月) 09:20:46.03 ID:CAP_USER9.net

1/29(月) 8:01配信
アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円

アーセナルとドルトムントが、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍でついに合意に至ったようだ。

ドルトムントの“黒歴史”を暴く!史上最低の獲得選手とは?ワースト31名を一挙公開

アーセナルとオーバメヤンはすでに個人合意をしていると伝えられていたが、これまで移籍金のオファー額がドルトムントを納得させることができていなかった。これまで2度オファーを送っていたが、いずれもドルトムントは拒否し、6500万~7000万ユーロ(約88億~95億円)でない限り取引に応じない構えであることを示していた。

そして、ドイツ誌『キッカー』によると、アーセナルは6300万ユーロ(約85億円)のオファーを提示し、ついにドルトムントは折れる形で合意に至ったようだ。また、取引に含まれると見られていたFWオリヴィエ・ジルーはチェルシーに行くことが濃厚となり、ドルトムント行きは消滅したという。

オーバメヤン流出が決定的となったドルトムントは、元ケルンのFWアンソニー・モデストの獲得に3000万ユーロ(約40億5000万円)を準備していると伝えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000038-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000038-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517185246
続きを読む

【サッカー】<メッシが語るバルサ好調の理由!>「彼(ネイマール)が去り、バランスを取るようにした」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/28(日) 18:04:54.82 ID:CAP_USER9.net

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チームが好調な理由を語った。イギリスメディア『ミラー』が伝えている。

 昨夏にレギュラーだったブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンへ去り、不安が囁かれていたバルセロナだったが、蓋を開けてみれば、リーガ・エスパニョーラで2位のアトレティコ・マドリードと勝ち点「11」差で首位を独走。不振に陥るライバルのレアル・マドリードとは、勝ち点「19」差をつけている。

 メッシは好調の理由を「バランスをとったこと」と明かした。「ネイマールがクラブを出て行ったことで、僕たちはやり方を変えなくてはいけなかったんだ。絶大な攻撃力を持った選手がいなくなったんだからね」

「だから僕たちは守備の力をつけようと考えたんだ。以前は中盤でプレーする時間が多かったけど、今のチームはディフェンスが強くなっている」

 メッシの言葉を裏付けるように、バルセロナはリーグ戦第21節終了時点で9失点と、アトレティコ・マドリードと並び失点数1位タイである。未だリーグ戦で無敗のバルセロナは次節、28日にアラベスとホームで対戦する。 

1/28(日) 17:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00707935-soccerk-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180128-00707935-soccerk-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517130294
続きを読む

【サッカー】<インテル>またも勝ちきれず…90分に同点弾を許し7試合未勝利、長友佑都は出番なし/セリエA第22節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/28(日) 22:44:51.28 ID:CAP_USER9.net

■セリエA第22節 SPAL 1-1 インテル

SPSL:パロスキ(90分
インテル:オウンゴール(48分)

イタリア・セリエAは28日に第22節が行われ、SPALとインテルが対戦した。

現在リーグ戦6試合勝ちがないインテル。去就が注目されるDF長友佑都は、この一戦でもスタメンから外れ9試合連続のベンチスタートとなった。左サイドバックには、右サイドが本職のカンセロが入っている。また、今冬加入したMFラフィーニャとDFリサンドロ・ロペスがベンチに入っている。

SPALのホームに乗り込んだインテルだが、なかなか攻撃の形を作れない。前半終了間際にようやくイカルディにチャンスが訪れたが、エリア内でボレーシュートを狙ったエースはボールを上手くミートできず。前半の両チームのシュートは3本ずつと、決定機はほとんど無く前半を折り返す。

ゴールの欲しいインテルは、後半頭からカンドレーヴァに替えてエデルを投入。先制点を奪いに行く。すると48分、左サイドからカンセロが挙げたクロスを、クリアを試みたヴィカーリが自陣ゴールに押し込んでしまう。思わぬ形で、インテルが先制点を挙げた。

リードを手にしたインテルは、左サイドから攻撃のリズムを手にし、ベシーノのチャンスやカンセロのシュートなど、徐々にゴールに近づいていく。71分にはブロゾヴィッチがミドルを放つも、GKメレトが好セーブを連発しなかなか追加点を奪えない。

逆に後半終盤にはSPALにチャンス。79分には、エリア内でパロスキのヘディングを許すも、ここは枠を外れて事なきを得た。

しかし、このまま終了かと思われた90分、SPALが同点に追いつく。CKの流れから、クリアボールを拾ったアントヌッチが低いクロスをエリア内に入れる。すると、パロスキが頭で合わせ、ネットを揺らした。

その後、新加入のラフィーニャを投入したインテルだが、勝ち越し点は奪えず。土壇場で追いつかれたインテルは、リーグ戦7試合勝利無しとなった。

1/28(日) 22:25配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000024-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180128-00000024-goal-000-4-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517147091
続きを読む

【サッカー】<GK川島永嗣(メス)>フランスで最初のPK3本を阻止した初のGKに! この10年で1人しかいない

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/01/28(日) 13:32:14.18 ID:CAP_USER9.net

リーグアン第23節、メスはホームでニースと対戦した。

後半12分にはPKの大ピンチが到来。GK川島永嗣が、マリオ・バロテッリと対峙すると…。

コースを読み切ってセーブ!だが、こぼれ球を押し込まれ、無念の失点…。

ただ、記録上はPK阻止となるようだ。Optaによれば、「川島はここ10年間以上のリーグアンにおいて最初のPK3本を阻止した初のGKになった」とのこと。

川島は昨年5月のトゥールーズ戦、10月のサンテティエンヌ戦でもPKを阻止している。リーグアン加入後にPKを3本連続してストップしたのは、この10年で彼しかいないということのようだ。

一方、PK職人として知られるバロテッリは、2016年10月以降一度も失敗がなかったようなのだが…。

そんな試合は最下位メスが2-1で勝利する大金星!ニースは前半に退場者を出したことも響いた。

2018年1月28日 8時
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14220496/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517113934
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ